English Portugues Japanese

2018年04月15日

【インタビュー】サトシ・ソウザ、「キング・オブ・ザ・マット」参戦決定

s1
4月24日にUAE・アブダビで開催されるアブダビワールドプロの中で行われるプロトーナメント「キング・オブ・ザ・マット(以下KOTM)」に出場することが決まったサトシ・ソウザ(ボンサイ)。

サトシは昨年末にムンジアルで負傷した肩の手術をブラジルで行い、リハビリに励んできた。

そんな中でこのKOTMの出場オファーが舞い込み、悩んだ末に出場を決意し、参戦が決まったという。

そのサトシにインタビューを行った。


──賞金総額20万ドル(日本円で2200万円)もの高額な賞金が懸かったプロトーナメント「キング・オブ・ザ・マット(以下KOTM)」に出場が決まりました。今年初の試合になりますがコンディションはどうでしょうか?

サトシ:去年の終わりに肩を手術してそれからリハビリと練習を続けてやっと試合に出ることができます。ですがまだ100%ではないので不安はありますが現状のベストを尽くして頑張りたいと思っています。肩の状態は力を入れるとまだ痛みを感じるので、そのため自分の気持ちも不安があるのでスパーリングの時もあまり手を使わないようにして練習しています。KOTMの後にはムンジアルもあるので試合を無事に終わらせることができるか心配です。

──KOTMの後にはムンジアルもあるので連戦となりますが。

サトシ:ムンジアルには必ず出たい気持ちがあるのですがまだKOTMの試合がどうなるかでその後のことも決めたいと考えています。KOTMとムンジアルまで一か月以上時間があるので、そこでしっかり自分の体調を考えながら調整します。黒帯でムンジアルに出るのは6回目です。2015年だけ出ていませんが、それ以外は全て出ています。なぜ2015年は出ていなかったのかというと練習中の怪我があったからです。去年のムンジアルの試合は決勝戦で肩を怪我して棄権となってしまいとても残念でした。決勝戦までの試合はとてもいい感じに勝っていたので決勝戦も自信があったのですがこういった結果になり悔しかったです。試合の勝ち負けはどうでもいいのですが決勝戦をしっかりとやり切りたかった気持ちがあります。その決勝戦の相手だったルーカス・レプリも過去に4回試合していて2回勝って2回負けてます。最後に試合をした2015年のワールドプロでしたが、そのときはレフリー判定で負けたので、今度こそという気持ちがありましした。なので最後までやり切りたかったですね。

──MMAの試合はどうでしょうか?

サトシ:MMAも5月に試合をする話があったのですがムンジアルがあることと肩の具合が万全でないためオファーは断りました。なのでMMAはムンジアルが終わってから考えたいと思っています。あとムンジアルの後に韓国のソウルで行われるASJJFのアジアオープンに出るので、今年の上半期の前半はリハビリで後半は試合と休みない状態ですね。

──ASJJFのアジアオープンはムンジアルの2週間後です。試合スパンが短く感じますが、それについてはどうでしょうか?

サトシ:怪我さえなければ問題ないですね。韓国では試合だけでなくセミナーも行います。いま韓国は柔術がとても盛り上がっていて勢いがあると感じています。韓国には過去にセミナーで行きましたが初めて訪れたにも関わらずにたくさんの人が集まってくれました。韓国人と試合をしたことはありますが韓国で試合をするのは初めてなのでそれも楽しみです。韓国の柔術のレベルは急激に上がっているので油断ができません。

──4月はKOTM、6月はムンジアルとASJJFのアジアオープンと連戦になりますね。

サトシ:その他にもいくつかプロマッチやプロトーナメントのオファーがあるのですが、まずは決まっている3大会に集中したいと思っています 。

──肩のリハビリをしながらの練習はどんな感じですか?

サトシ:調子をみながら問題なくできています。いまジムでは黒帯や茶帯も多く、また海外から練習に来ている選手もいるのでいい練習ができていますね。 MMAの試合の場合は打撃もあるのでキックのジムなどで練習もしないといけませんが柔術の練習だけならば自分のジムだけでやれてます。柔術の練習で大事なことはスパーリングやテクニックを覚えるだけではなく自分の柔術の強い部分と弱い部分をしっかりと把握して得意な部分を伸ばすこと、弱い部分を克服することその二つが大事だと思っています。私の場合、いま肩を怪我しているのでその怪我をしている方の肩を使わないようなテクニックを試したりしています。毎日ジムに行って練習するのは当たり前のことでそのジムでの練習をどうやってやるのか何をやるのかしっかりと目的意識を持って練習することが大事なことです。

──では最後に意気込みなどを教えてください。

サトシ:まずは目の前の目標であるKOTMでいい結果を残してムンジアルに繋げたいと思っています。そしてムンジアル王者として韓国で試合ができたら最高ですね。私はいつも日本のことを考え日本を代表して世界で戦っています。なので日本の皆さんも私のことを応援してくれると嬉しいです。頑張ります!



■「KOTM」大会詳細はコチラから!



s2




patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔