English Portugues Japanese

2018年05月08日

【サンディエゴ日記】コパ・パシフィカ2018:大会レポート

00
今回はサンディエゴ日記・番外編として「コパ・パシフィカ2018」の大会レポを紹介します。

この大会はホイラー・グレイシーの黒帯5段であるクレバー・ルシアーノが主催している大会であり、今回で21回目を迎えたイベントです。



クレバーとは欽也さんを通じて知り合い、何度か自宅にも泊めてもらってるほどの仲で、今回もクレバーから誘われて大会に行くことになりました。


01
クレバー・ルシアーノ



かなりの歴史があるこの大会はキッズの試合から始まりました。

200人以上のキッズが出場して大人顔負けのレベルの高い試合が繰り広げられてます。

アダルト、マスター、シニアの試合では特に有名選手の出場は無かったものの将来を担う有望な選手もこの中にいるのではないのか?と思うくらいのレベルの高さに衝撃を受けました。

黒帯のスーパーファイトもありました。

この日はクレバーの黒帯も多数集まり、レフリーや自分の生徒達の応援をしてました。

中にはスケートボードの世界王者、トム・ノックスの姿もありました。

またこの大会ではクレバー新たなスポンサーであるKORAL、BJJ TEESなどの物販もあり盛況でした。

個人的にクレバーといえばVulkanのドーギが印象的だっただけにKORALにスポンサーチャンジしたのはびっくりでした。

柔術会場お馴染みのアサイーボウルの販売もあり会場も満員御礼、凄い盛り上がりで各選手の応援をしていました。

そして1番の驚きはフリーマッサージ。

この会場に来ている人は誰でも無料でマッサージを受けれるという今まで柔術会場で目にした事がないブースでした。

試合前の選手、試合後の選手が主に受けていました。

柔術の試合では珍しい前日計量も実施していて前日にはクレバー柔術のジムで朝から計量をしてました。

そんなクレバー先生はいま日本に滞在していて各地でセミナーを開催中です。

黒帯五段、MMAファイターでもあるクレバー先生のセミナー興味ある方はぜひ参加してみてください!


02
4/28にボルサグランデ高校の体育館で開催されたコパ・パシフィカ。
今回で21回目という歴史ある大会です。



03
クレバーの生徒もたくさん出場しており、応援に忙しそうでした。



04
クレバーの奥さんのリリーが今大会の実質的な主催者です。
マイクで場内アナウンスなどして大会進行をマネジメント。



05
大会はキッズの試合からスタート。
たくさんのキッズ柔術家がイキのいい試合を見せてました。



06
黒帯スーパーファイトはすべてのマットの試合をストップして1マットのみで行われました。
緊張感が抜群です。



07
このスーパーファイトにはクレバーの黒帯も多数参加しており、試合後にはストライプを巻く場面も。



08
ずらりと揃ったクレバーの黒帯たち。
クレバー門下の黒帯たちが生徒を伴って大会に参加してました。



09
クレバーの右隣にいるのがスケートボードの世界王者、トム・ノックスです。
トムはレフェリーもしてました。



10
大会前日にハンティントンビーチにあるクレバーのジムで計量も行われました。
そこではフリーマッサージのサービスもありました。



11
クレバーの新スポンサーのKORALが会場でブースを出店し物販。
この他にもBJJ TEESも物販してました。



12
クレバーは現在日本滞在中でセミナーツアー中。
今夜はミュース柔術アカデミーで明日はAXIS柔術アカデミー。
そして5/11(金)はノヴァウニオンジャパンでもセミナーが予定されてます。



【今日が誕生日の柔術家】ジョアオン・アルベルト・バヘット(83)、ジェシカ・アギラー、イルケ・ブルット(29)、マルセロ・アンドレオーリ(34)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear



この記事へのコメント

1. Posted by kinya   2018年05月09日 12:16
可能です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔