English Portugues Japanese

2018年05月23日

【Review Wednesday】クレイグ・ジョーンズ「THE Z GUARD ENCYCLOPEDIA」

cr
みなさんおつかれさまです、ミューズ柔術アカデミー幽霊会員の成田です。今回の「Review Wednesday」はクレイグ・ジョーンズの「THE Z GUARD ENCYCLOPEDIA」を紹介します。

QUINETやKASAIでのご活躍も記憶に新しいクレイグ・ジョーンズのDVDは3枚組ということで全部見切れるか不安でしたが、1枚が30分ほどの按配でひと安心でした。その3枚は本人の代名詞といえるZガード、リバースデラヒーバ、アンダーフックデラヒーバからの展開にそれぞれ分かれていて、1枚目はZガード・ニーシールドへの誘い込み方からスタートし、そこからの三角、ギロチン、オモプラッタ、アームバーなどのサブミッションのレクチャーが続きます。

Zガードの導入にしても、相手のウィークサイドを狙うというとっかかりから、ニースライスをされない・ニーシールドを潰されないためのセッティング、相手のコントロール方法といった説明がしっかりされています。これをしっかり叩き込まない限り、ガードに誘い込んだところで即刻パスされて終了なんでしょうね……。

2枚目はZガードへの相手のリアクションに合わせてリバースデラヒーバに移行した時のポイント(クレイグおすすめのグリップなど)に始まり、スイープのパートではバランスを崩した相手を立ち上がらせないための足のコントロール方法や体重移動など、シンプルながらもなるほどな解説が続きます。が、ここで紹介されているスイープは相手の膝に負担をかけそうな気もしました。練習の際は注意したほうがよさそうです。

そしておまちかねのヒールフックのパートでは相手のリアクションに応じたバリエーション、サドルポジションからの展開もしっかり紹介されていて、このあたり足関志向の方は必見ではないでしょうか。

3枚目はアンダーフックデラヒーバからの展開。Zガード、リバースデラからのスイッチでアンダーフックデラヒーバに入る流れで、レギュラー(オーバーフック)とアンダーフックデラで何が違うのかという解説からスタートし、スイープ、シングルレッグXからのヒールフックやアンクル、Xガードからのヒールやバックテイク、最後にはベリンボロの展開も紹介されています。

本人の試合でよく見かける動きの連発で、こういうことだったのかと感心しまくりの内容ですし、相手との距離のとり方やボディコントロールのポイントなど、とても丁寧に説明されていてわかりやすい印象でした。限りなくビギナーに近いブルーベルトの自分としてはグラップリングの練習をしてないし(通常の練習もしていない)、そもそも運用できるのか問題がありますが、足関全盛の現在進行系なテクニックを知るにはもってこいの一作だと思います!


cr2







【今日が誕生日の柔術家】タミー・グリエゴ



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔