English Portugues Japanese

2018年11月03日

【結果】SJJIF WORLD 2018:ノーギ黒帯の試合

00
ギに比べるとノーギの参加者が少なくなるのは日本も海外も同じ。

大会初日のギの参加者を半分ほどに留まったノーギ黒帯。

そこで活躍したのがカイナン・ドゥアルテだ。



カイナンは紫帯時代にアンドレ・ガウヴァオンのATOS HQに加入し、紫帯&茶帯でムンジアルを制し、今年の6月に黒帯になったばかりの新人黒帯。

とはいえすでに黒帯トップクラスの実力を持っており、今大会のノーギで階級&無差別でWゴールド。

ギありだとキーナンやブラギーニャに一歩劣るが、ブラギーニャが準決勝で敗れたヒバマールに勝利して無差別を制するなど存在感を示している。



01
ノーギアダルト黒帯スーパーフェザー決勝戦
ルーカス・ピネイロ(ATOS)
vs
吉岡崇人(徳島柔術)



02
ギ&ノーギで連続対戦となったピネイロvs吉岡はピネイロが一本勝ちで連勝。
ノーギでは2:34 肩固めで極めた。



03
ノーギ・ミドル優勝はジョニー・タマ(アリアンシ)。
ギありはライトで優勝しノーギはミドルで優勝しギ&ノーギでWゴールド。



04
ノーギアダルト黒帯ミディアムヘビー決勝戦
マムエル・ヒバマール(ユニティJJ)
vs
セサール・ヘレイラ(チェックマット)



05
密かに足関の名手でもあるヒバマールが1:03 フットロックで一本勝ちで優勝。



06
ノーギアダルト黒帯スーパーヘビー決勝戦
カイナン・ドゥアルテ(ATOS)
vs
アルナンド・オリヴェイラ(チェックマット)



07
デカい両者のぶつかり合いは迫力満点。
だが意外と動きは少なくカイナンがスイープで勝利。



08
ノーギアダルト黒帯オープンクラス決勝戦
カイナン・ドゥアルテ(ATOS)
vs
マヌエル・ヒバマール(ユニティJJ)



09
ブラギーニャに勝利して決勝戦進出のヒバマールをギロチンで一蹴し秒殺勝利で優勝、Wゴールドに。
3位はブラギーニャが食い込んだ。



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔