English Portugues Japanese

2019年04月12日

【レポ】COPA BULLTERRIER JR 2019:大村兄妹

00
「COPA BULLTERRIER JR 2019」に兄妹4人揃って参戦していたのが大村兄妹だ。

この大村兄妹は今大会にレギュラー参戦中で、過去の大会でも優勝・入賞経験があるが、今年は長男の心人(あいと)、長女の莉愛(りの)、次女の怜愛(れいあ)、そして三女の栞愛(かんな)の4人が参戦し、準優勝だった栞愛以外の3人が優勝を飾っている。



特に長女の莉愛は自らのカテゴリーに対戦相手が不在だったために男子カテゴリーに入ったが、それにも関わらずに2試合を勝ちぬいての優勝を果たしたのは見事だった。

それも初戦は一本勝ちで決勝戦は昨年度は3位、一昨年は優勝という強豪相手に一歩も引かない好勝負を展開し、男子との体力差を技術力で見事に渡り合っての勝利で今大会のベストマッチ。

この試合こそ柔術の醍醐味である「力を技が凌駕する」を体現していたといえるだろう。

また長男の心人も2試合連続の一本勝ちでの優勝で、次女の怜愛もワンマッチ決勝戦を一本勝ちで制しており、極めの強さを見せていた。

残念ながら準優勝となった三女の栞愛だが3人巴戦の初戦を大差の判定勝ち、決勝戦で一本負けしたが、まだまだ伸びしろはあるはずだ。

そして大村兄妹はこの4人の下にもまだ弟がおり、その弟たちもすでに柔術を始めているというから、今後も大村兄妹には注目必須なのは間違いない。


01
大村兄妹の長女・莉愛は男子カテゴリーであるジュニア黄帯ライトにエントリー。
1回戦は3:0 腕十字を極めて一本勝ち。



02
決勝戦の相手は渡辺呂武(パラエストラ千葉)で、渡辺は昨年は3位入賞、一昨年は優勝という強豪選手。
そして男の子vs女の子という体力差もあり苦戦が予想された。



03
だが試合は渡辺のタックルをスプロールして切り、そこからバックに回るという巧みなレスリングテクニックで翻弄。
ポイントこそ取れなかったが見事に攻めを完封して0-0/4-0で勝利した。



04
ジュニア黄帯ライトは莉愛以外はみんな男の子で唯一の女の子だったが見事に優勝。
また莉愛はキッズながらハイパーフライからスポンサードもされている。



05
長男・心人はティーンオレンジ帯ライトフェザーで優勝。
初戦は2:00 腕十字、決勝戦は2:49 キムラを極め、2試合連続の一本勝ちで優勝。
また自分の試合以外では妹たちのセコンドも務めていた。



08
次女・怜愛は女子ジュニア灰帯ルースターのワンマッチ決勝戦。
引き込んですぐに腕十字を極め、わずか10秒で一本勝ちで優勝している。。



06
残念ながら準優勝だった三女の栞奈は女子ピーウィー灰色ライトフェザーにエントリー。
初戦を14-0で勝利も決勝戦では0:38 腕十字を極められて一本負けに終わった。



07
今大会に出場した大村兄妹。
左から次女・怜愛(10歳)、長男・心人(14歳)、長女・莉愛(11歳)、三女・栞奈(7歳)。
兄妹の全員がメダリストとなり、今後も活躍するのは必至だ。



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔