English Portugues Japanese

2019年06月17日

【レポ】ムンジアル2019:黒帯決勝戦 Part.4

IMG_1063
ムンジアル黒帯決勝の最後のレポートは女子のヘビー以降の重量級カテゴリーをまとめで紹介する。

ここ数年のムンジアルの女子黒帯無差別はガヴィ・ガルシア、ドミニカ・オベレニテ、タイアニ・ポルフィリオらのアリアンシ勢が猛威を振るっていたが、ガヴィがステロイドチェックに引っかかってそれを機にMMA転向し、ドミニカも柔術をセミリタイア、さらにタイアニもステロイド発覚で4年間のサスペンドと、3人とも今年のムンジアルには不参加となっていた。



そこで頭角を現してきているのがナチエリ・ジーザスで、ナチエリは昨年のムンジアルも無差別決勝でタイアニと対戦し破れているものの、タイアニがステロイド発覚でサスペンドに加えて記録抹消となり、昨年度の実績が繰り上がり優勝となっていた。

だが今年は自力でヘビーとオープンクラスを制してWゴールドに輝き、名実ともに現在最強の女子選手の称号を手にしたと言えるだろう。

この無差別決勝でナチエリに敗れたビア・メスキータだが、まだムンジアルが茶帯と黒帯が合同カテゴリーで行われていた時代から常に表彰台に立ち続け、選手生命が比較的短い女子選手の中においてこれだけの実績を残しているのは驚異的であり、偉大なる王者であることもここに記しておきたい。

そしてビザ問題を抱えてムンジアル出場が危ぶまれていたクラウジーニャ・ドヴァルも無事にアメリカ入国でき参加が叶い、最重量階級のウルトラヘビーで優勝し、2017年のヘビー、2018年のミディアムヘビー、そして今年のウルトラヘビーと3年連続優勝に加え、3階級制覇も成し遂げている。


13
ヘビー決勝戦
○ナチエリ・ジーザス(ホドリゴピネイロBJJ)
vs
×フェルナンダ・マゼリ(ストライカーJJ)
2:41 絞め



14
新旧のムンジアル王者対決となったこの試合は短い試合タイムでナチが一本勝ちで優勝。
敗れたマゼリは目の上を怪我しており本調子でなかったか。



15
スーパーヘビー決勝戦
○クラウディア・ドヴァル(デラヒーバ)
vs
×ベヌラ・ルッコネン(ヒルティアカデミー)
4:53 アームロック



16
世界中を旅しながら試合をしているクラウジーニャ。
直前までビザ問題でアメリカに入ることができないかも?と心配されていたが無事に参戦し、スーパーヘビーを一本勝ちで優勝し3年連続優勝&3階級制覇達成。



17
オープンクラス決勝戦
○ナチエリ・ジーザス(ホドリゴピネイロBJJ)
vs
×ビア・メスキータ(グレイシーウマイタ)
4-0



18
昨年度の王者、タイアニがサスペンド中で不在のオープンクラス決勝はナチとビアの顔合わせ。
ビアは2014年に、ナチは2018年に繰り上がりでオープンクラス王者になっている同士の対戦で、試合はスイープを決めたナチが4-0で勝利し、今年は自力でWゴールドを獲得している。



19
オープンクラス表彰台
優 勝 ナチエリ・ジーザス(ホドリゴピネイロBJJ)
準優勝 ビア・メスキータ(グレイシーウマイタ)
3 位 アナ・カロリーナ・ヴィレイラ(GFチーム)イサドラ・クリスティーナ(カタールBJJブラジル)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔