English Portugues Japanese

2020年02月01日

【レポ】JBJJF「フルッタフルッタ柔術カップ2020」:黒帯

00
1/26(日)、東京・錦糸町の墨田区総合体育館で「フルッタフルッタ柔術カップ2020」が開催された。

アサイードリンクが主軸商品の株式会社フルッタフルッタとJBJJFの共催で行われた本大会。

同社が認定する「ブラジリアン柔術アサイーニスト」に名を連ねる選手も参戦し、会場内に設けられた特設ブースでは同社のドリンクやTシャツの販売、“アサイーぜんざい”の無料配付も行われた。



昨年の同時期に開催され、色帯から黒帯まで有力選手が多数参戦した賞金トーナメント・ガナビー杯とは大きく趣向を変えたコラボ大会となったが、エントリー数はキッズや無差別も含めれば400人超と、2020シーズンの幕開けにふさわしい大会規模だったといえる。

今回はアダルト・マスター黒帯の主な試合を紹介するが、会場の注目をもっとも集めたのは、昨年末に黒帯に昇格した石黒翔也の黒帯デビュー戦だろう。

ルースター、ライトフェザーを主戦場としてきた石黒は、本大会にはフェザーで参戦。

階級別決勝では、大塚博明相手にバックに回り込んであわやの場面もつくる熱戦を展開し、無差別でも一本勝ちを収めるなど、国内茶帯トップの実力をいかんなく発揮した。

フェザーへの転向は正月太りの影響もあったようだが、今後の階級アップも視野に入れたトライアルであることを本人は明かしている。

その他にも、昨年パラエストラTBからPATO STUDIOに移籍し、石黒と同じく黒帯に昇格した卯木豪がデビュー戦を白星で飾り、RIZINへの参戦が発表されたばかりのシュレックこと関根秀樹もマスター4黒帯無差別で優勝を果たしている。


01
アダルト黒帯ライトフェザー決勝戦
冨田尚弥(パラエストラ札幌)
vs
大西巧之(リバーサルジム川口リディプス)
ワンマッチ決勝の本階級、終盤にバックを奪った冨田が9-4と引き離して優勝を決めた。



02
アダルト黒帯フェザー決勝戦
石黒翔也(CARPE DIEM)
vs
大塚博明(フィジカルスペース柔術アカデミー)
マットの周囲に多くの人だかりができ、注目度の高さがうかがえたフェザー決勝。ともに櫻井徹也を下して勝ち上がった両者の戦いは、バックを奪取し絞めを狙う猛攻を見せた石黒が8-4で勝利。



03
アダルト黒帯ミドル決勝戦
卯木豪(PATO STUDIO)
vs
松村威(ブラジリアン柔術アカデミー野武士)
クローズドの攻防が長く続いた本戦は、下から腕十字を仕掛けてアドバンを得た卯木が0-0、A1-0で勝利。石黒同様、黒帯デビュー戦を白星で飾った。



04
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
石黒翔也(CARPE DIEM)
vs
松村威(ブラジリアン柔術アカデミー野武士)
櫻井が欠場しワンマッチ決勝となった無差別。
フェザーの石黒とミドルの松村の戦いは、3:54、襟絞めでタップを奪った石黒が勝利しWゴールド獲得。



05
マスター1黒帯オープンクラス決勝戦
ブルーノ・キクチ(Deo Filipe japan)
vs
高橋俊彦(パラエストラ吉祥寺)
マスター1黒帯は無差別のみ試合が成立し、スーパーヘビーで一人優勝のブルーノ・キクチが高橋から一本勝ち。



06
マスター2黒帯ライトフェザー決勝戦
金古一朗(シュラプネル柔術アカデミー)
vs
井上祐弥(佐渡ブラジリアン柔術クラブ)
金古と井上のワンマッチ決勝は拮抗した試合になり、試合終了間際にペナルティを食らった井上が敗北も健闘ぶりが光った。



07
マスター2黒帯オープンクラス決勝戦
橋本貴(パラエストラ吉祥寺)
vs
田端佑介(パラエストラ千葉)
ウルトラヘビーで一人優勝の橋本が田端を6-0で下して優勝。



08
マスター3黒帯フェザー決勝戦
工藤修久(禅道会小金井道場)
vs
長原稔幸(パラエストラ和泉)
3人トーナメントの本階級。初戦で工藤に破れた長原が對馬進悟を下して決勝に進むも、工藤が3:10、腕十字を極めて2連勝で階級制覇。



09
マスター4黒帯ライトフェザー決勝戦
井田悟(パラエストラTB)
vs
フラビオ・タシロ(OVER LIMIT BJJ)
吉岡広明を3-0で下した井田と、谷脇康人を14-0で下して決勝に進んだフラビオの一戦は、残り33秒でRNCを極めた井田が一本勝ち。



10
マスター4黒帯フェザー決勝戦
稲野岳(東京イエローマンズキュート)
vs
樋口弘信(DRAGON’S DEN)
金子誠を3-0で下した稲野、伊藤正規を2-0で下した樋口の決勝はスイープの奪い合いとなり、4-2で稲野が勝利。



11
マスター4黒帯ミドル決勝戦
森修(トライデントジム)
vs
中條光照(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)
ワンマッチ決勝の本階級、開始早々シングルレッグでテイクダウンに成功した森が2:24、絞めで一本勝ち。



12
マスター4黒帯オープンクラス決勝戦
関根秀樹(ボンサイ柔術)
vs
樋口弘信(DRAGON'S DEN)
6人参戦の無差別には、RIZINへの参戦が発表されたシュレックこと関根秀樹が参戦。関根は初戦で森修を13-0で下すと、準決勝の金子誠、決勝の樋口からモンジバカを奪い、盤石の強さで無差別優勝を果たした。



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔