English Portugues Japanese

2020年03月25日

【Tシャツコレクション】ヘンゾ・グレイシー ・Tシャツ

1
今回から新企画「柔術Tシャツコレクション」をやりたいと思います。

記念すべき初回に紹介するのはヘンゾ・グレイシーのシャツです。

これを入手したのは90年代の終わり頃、ヘンゾがPRIDEやRINGSで頻繁に来日していたときでした。

当時の自分はまだ柔術やってなかったけど柔術家が着てたTシャツが大好きで、よく選手に声かけて譲ってもらったりしてました。



この両肩部分にロゴがプリントされてるTシャツデザインが新鮮でカッコよく、そしてそれをチーム全員で着て入場したりしてユニフォームのような感じでした。

そのチームTシャツが欲しくて選手が泊まってるホテルに行き、ロビーで選手が出入りするのをひたすら待って、そこで選手が出てきたときに「Tシャツ欲しいから売ってください!」と直談判。

たいがいの場合、自分用だけでなくセコンド用として余分に持ってきてるので、快く譲ってくれてました。

そうやって選手から直接譲ってもらったり、ブラジル行ったときに買ったりした柔術Tシャツがだんだんと増えていき、いまでは推定400?500枚はあると思われます。

それはさておき、このヘンゾTシャツです。

このTシャツも前述したように選手滞在ホテルにまで行って入手したモノですが、そのときのエピソードを紹介します。

当時のヘンゾは自分の試合だけでなく、生徒の試合のときにもセコンドとして頻繁に来日してて、そのたびにホテル行ってたので顔見知りになってました。

そしていつものように「Tシャツ欲しい」とお願いすると「いくらで買う?」と逆に言われ、Tシャツのだいたいの相場である「3000円でどうですか?」と言うと「OK、じゃ2000円だ!」と提示額より安い値段で譲ってくれました。

またそのときに一緒に行った友人に「お前もか?」と言い、友人は「お金ないから買えない」と言うとヘンゾは「ならやるよ」と気前よくプレゼント!

自分はちゃんと買ったのに友人はタダなのかよ!とやや腑に落ちない気もしましたが、ヘンゾがなんでみんなから慕われてるのがわかる兄貴分満載な対応具合でした。

Tシャツのデザインを見ると肩部分にADCCでもスポンサーしてた会社のロゴや、90年代に「コパ・シクローニ」という柔術大会をやってたブランド「シクローニ(ポルトガル語でサイクロンの意)」のロゴがあることから2000年以前のモノだったと思われます。

自分自身、何度もヘンゾにTシャツ譲ってもらってるので、これがさっきのエピソードのときのTシャツかあんま覚えてないけど、いつもヘンゾはナイスな対応してくれてました。

現在はお店でも柔術Tシャツが買えるけど、90年代はブラジル行くか、来日した選手から直接買うしかなかったのです。

こういった90年代後期〜2000年代初期に入手したTシャツは選手から譲ってもらったものがほとんどで、それぞれに入手したときのエピソードがあるので、また紹介したいと思います。



2
バックプリント



3
PRIDE.1の大会前日に会ったときのヘンゾ。
記者会見が終わった後、ホテルのロビーで声を掛けたときの1枚です。



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔