English Portugues Japanese

2020年06月22日

【結果】3GC「KUMITE 供廛凜トー・ウゴ、決勝戦を秒殺で賞金1万ドル獲得

00
いまF2Wと共に精力的に活動しているのが3GC(サードコーストグラップリング)だ。

これはF2Wと同じくテキサスを拠点とするプロモーションで、F2Wはダラスだが、この3GCはヒューストンをホームタウンとしている。

この3GCは6/8にも賞金1万ドルのミドル級8人トーナメントを開催しており、その大会では決勝戦でロベルト・ヒメネスとグスタボ・バチスタが戦い、延長戦の末にバチスタが勝利、賞金1万ドルを手にしている。

01
■その大会レポはコチラから!



そして今回はヘビー級の8人トーナメントが行われたが、面白いのがミドル級で優勝したグスタボ・バチスタがまたもエントリーしていることだ。

確かにバチスタはオープンクラスでも戦えるポテンシャルがある選手ではあるが、今トーナメントには体格で勝るだけでなく実力的にもバチスタと同等か、それ以上と思われる選手が多数エントリーしているだけに、このバチスタがどこまで勝ち上がるのか、またミドルに続きヘビーも連覇するのか?に注目が集まった。

今回のヘビー級トーナメントにエントリーしていたのは以下の8選手だ。


04
グスタボ・バチスタ(ATOS)
タナー・ライス(ライスブラザースBJJ)
ジェイク・ワトソン(グレイシーウマイタ)
フェリッペ・アンドリュー(ゼニスJJ)
ヴィトー・ウゴ(ヒベイロJJ)
ヒカルド・エヴァンゲリスタ(GFチーム)
ジョナタス・グレイシー(ATOS)
ペドロ・マリーニョ(グレイシーバッハ)




ATOSからグスタボ・バチスタとジョナタス・グレイシーの2人がエントリーしているため、それぞれ別ブロックに入ってのトーナメントとなった。

ここで興味深いのは1回戦でヴィトー・ウゴとヒカルド・エヴァンゲリスタが当たってしまうことだ。

これは個人的な予想ではあったが、この2選手が優勝の本命と対抗と思っていただけに、それが初戦でいきなり当たるトーナメントは不可解に感じられたが、どうやってトーナメントが決められたのだろうか?

そして結果的に予想通りにウゴvsエヴァンゲリスタの勝者であるウゴがトーナメントを制したので、やはりこのトーナメントの組み合わせはもっと思慮した方がよかったのでは?と思えるが後の祭りだ。

試合内容的にはヴィトー・ウゴが頭1つ抜きん出た実力を見せていた印象で、特に今大会の前日に行われたF2Wでエドウィン・ナジミに勝利したジョナタス・グレイシーをも極めたのには驚かされた。

そして決勝戦のフェリッペ・アンドリューからもフットロックで秒殺し、1回戦のvsヒカルド・エヴァンゲリスタ戦だけが延長戦にもつれ込む接戦だったが、それ以降は2試合連続の一本勝ちという圧勝ぶりでトーナメント制覇、賞金1万ドルを獲得している。

またウゴは今大会の1週間前に行われたF2Wでも試合して勝利、ヘビー級王座を獲得しており、2種連続のベルト奪取となり、いまが絶好調の様子だった。


01
1回戦
グスタボ・バチスタ
vs
タナー・ライス

最初に引き込んでスイープしたバチスタが先制もタナーはすぐにスイープし返してタイに。だがそこからバチスタの猛攻が始まり、スイープ、パスと連続してポジションを奪っていき、11-2となり、11ポイント先取で勝利となる3GCルールで勝利した。



02
1回戦
ジェイク・ワトソン
vs
フェリッペ・アンドリュー

IBJJFヨーロピアンでキーナンを極めたフェリッペだが、それ以降は主だった活躍ができずにいて、このワトソンにも大苦戦。本戦7分では拮抗した試合となり延長戦に突入し、そこでパスガードし辛くも勝利したが危うい勝ち方だった。



03
1回戦
ヴィトー・ウゴ
vs
ヒカルド・エヴァンゲリスタ

本来なら決勝戦で当たるのが順当と思われる組み合わせがなんと1回戦で組まれてしまった。試合は予想通りに拮抗した展開になるも、若さと勢いで勝るウゴが有利に進めていく。そして延長戦に突入してアグレッシブに攻めていったウゴが2−0で勝利した。



04
1回戦
ジョナタス・グレイシー
vs
ペドロ・マリーニョ

ジョナタスは前日にエドウィン・ナジミに勝利、マリーニョは1週間前にヒメネスに勝ってノーギトーナメントで優勝しており両者とも連戦となるアクティブさ。ジョナタスが圧勝するかと思われたがマリーニョが健闘し延長戦に突入、ここでスイープしたジョナタスの勝利となり準決勝へ。



05
準決勝
グスタボ・バチスタ
vs
フェリッペ・アンドリュー

トーナメント連覇を狙うバチスタが果敢に攻めていくがフェリッペも必死に食らいついていく。本戦では勝負つかずで延長戦となり、ここでガス欠となったバチスタが指を袖に入れるペナルティを犯し、これが尾を引いて時間切れとなりフェリッペが反則のペナルティによる勝利というアップセットが起こってしまった。



06
準決勝
ヴィトー・ウゴ
vs
ジョナタス・グレイシー

事実上の決勝戦を勝ち上がったウゴは最初からエンジン全開。体格差を活かしながらアグレッシブに攻めていき、ジョナタスは防戦に回らざるを得ない。そしてフィニッシュは唐突に訪れた。
パスからバックに回り込んだウゴが片羽絞めからエゼキエルに移行しジョナタスからタップアウト!5:29 一本勝ちで決勝戦進出を決めた。



07
決勝戦
フェリッペ・アンドリュー
vs
ヴィトー・ウゴ

この顔合わせは先週のF2Wでも実現済みで、その試合ではウゴが三角絞めで瞬殺しているが、この試合でも同じようにウゴが秒殺勝利を飾った。フィニッシュはフットロックで試合時間は1:49という短い試合タイムだった。2週連続でのvsフェリッペ戦を2試合連続の一本勝ちしトーナメントを制した。



08
トーナメント優勝のウゴには賞金1万ドルとベルトが贈呈された。
これでF2Wのヘビー級タイトルとともに2冠となったウゴ、まさにいまが旬といえる活躍ぶりだった。




0622bt1
【Today's pick up】
ブルテリア・キャップ「Brazil」

ブルテリアから発売中のブラジルカラーのキャップ。
これから日差しが強くなるので日射病予防のためにもキャップは必須。
柔術家ならブラジルカラーのキャップをチョイスすべし!



0622bt3
このようにつばの裏側が
ブラジルの国旗カラーになってます!




0622bt4
詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週1会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩1分
WEB SITE
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔