English Portugues Japanese

2020年06月27日

大会 | F2W

【大会】今週末のF2W&KUMITE 靴梁膕餮どころ

f2w145
今週末の土曜&日曜の午前中にアメリカ・テキサスで「F2W(ファイト・トゥー・ウィン)と「KUMITE (クミテ)」が連日開催されます。

この大会はフローグラップリングで配信されるので日本でもフローグラップリングに加入すれば視聴可能となっています。

ですが日本ではあまり見ている人は多くないようで、もったいないと思うのですが、出てる選手に日本人もいないので、仕方ないかもしれません。

なので今回はこの2大会の見どころ紹介をしたいと思います。



まずは現地時間では金曜の夜に開催で、日本では土曜日の午前8:00から配信開始のF2Wです。

今大会で145回目となり、最近は毎週金曜日の夜に大会を行うことが恒例となった感があるF2Wですが、今回もメインカード2試合で注目の顔合わせが組まれています。

メインは久しぶりの試合となるシャンジ・ヒベイロが登場、ガブリエル・アルメイダと対戦します。

シャンジはムンジアル&ワールドマスターの両世界大会を制している世界王者で柔術界きってのビッグネーム。

最近はマスターでの試合が多くなってはいますが、いまだに現役バリバリです。

最近F2Wで試合をしているハファエル・ロバトJrやヴィトー・ウゴの師匠でもあり、彼らに綿々と受け継がれているオールドスクール・スタイルの本家でもあるシャンジはある程度の年齢になってもファイトスタイルを変える必要がないので、往年の実力を保持し続けることが可能なんだと思われます。

対するガブリエル・アルメイダはチェックマットの総帥・レオ・ヴィレイラとその弟のヒカルド・ヴィレイラの両人から黒帯を認められた選手で、昨年はSJJJFワールドを優勝し、ノーギではADCCサンパウロ予選でも優勝しています。

F2Wでは140でロベルト・ヒメネスと対戦し、レフェリー判定で勝利しており、今回で2回目のF2W出場となります。

この対戦ではシャンジ有利は間違いないですが、それだけにシャンジのオールドスクールスタイルの試合運びが存分に堪能できると思われるので、その点が一番の見どころかと思います。

そしてセミファイナルではゲイリー・トーナンvsオズワルド・ケイシーニョのノーギマッチが組まれました。

言わずと知れたアメリカングラップラーの旗手・トーナンにIBJJFワールドノーギ王者のケイシーニョの対戦は夢のカードですが、いかんせん体格差があるため、そこが試合にどう影響するか?がカギでしょう。

トーナンはかのゴードン・ライアンにジョン・ダナハーと共に黒帯を授けた師匠筋でもあり、ノーギ&グラップリングの強豪中の強豪。

ですがこのコロナショックで自身のジム、ブランズウィックBJJをクローズせざるを得ない状況となってしまったのは不運でした。

対するケイシーニョは試合巧者でテクニシャンだけにすでにノーギで数々の実績があるトーナンに対して無策で挑むようなことはないであろうことは明白で、秘策を練ってどこまでイケるか?に期待したいところです。

さらにアンダーカードにはブルテリアがスポンサーしているサムエル・ナガイも出場し、茶帯ライトのタイトルマッチを行うのも注目ポイントです。


145b
ガブリエル・アルメイダvsシャンジ・ヒベイロ



145c
ケイシーニョvsゲイリー・トーナン



145a
サムエル・ナガイvsエリック・コー




そして日曜の午前10:00〜配信される3GC(Third Coast Grappling=サード・コースト・グラップリングの略)が主催する「KUMITE 掘廚倭瓩も3回目の開催となりました。

過去2大会も今回同様に賞金1万ドルの8人トーナメントとして行われました。

その過去大会はブラジルブログでもレポをしており、また前回大会のハイライト動画もあるので、それらも合わせてチェックしてみて下さい。


01
「KUMITE 機彁邱腑譽櫃コチラから!



00
「KUMITE 供彁邱腑譽櫃コチラから!








今回は「KUMITE」初のノーギトーナメントで以下の8選手がエントリーしています。



3gc3a
ペドロ・マリーニョ
ジョニー・タマ
ジョン・コムス
タイ・ルオトロ
コーディ・スティール
ヴァグナー・ホシャ
ピエール・オリヴィエレ
ロベルト・ヒメネス




3gc3
トーナメント組み合わせ



注目は1回戦のルオトロvsヒメネス、ヴァグナーvsコーディ、そしてマリーニョvsタマの3試合です。


ルオトロはADCCで活躍し、3位決定戦にまで食い込み、そこでパウロ・ミヤオに敗れたもののヒザ十字を極めかけるなど大いに健闘しました。

対するロベルトはいま最も精力的に試合をこなしている選手で、ほぼ毎週末に試合をしており、F2WやKUMITE、さらにJITZKINGなど、多数のイベントを掛け持ちして八面六臂の活躍ぶりです。

残念ながら連戦連勝とはいってませんが、それでも安定した試合ぶりで着実に実績を残しています。

そしてこのルオトロもヒメネスもまだ若く10代の選手同士の対戦はフレュシュな顔合わせとも言えます。


そして反対ブロックの1回戦で組まれたヴァグナーvsコーディ、マリーニョvsタマも必見です。

ヴァグナーはUFCのベテランでノーギ・グラップリングで無類の強さを誇り、MMA戦績14勝のうち、8つの一本勝ちを誇っており勝ち星の半数以上を極めて勝つというキラーサブミッションの持ち主です。

対するコーディはレスリングをベースとしたグラップラーで、レスリング仕込みの強烈なタックル&スープレックスが持ち味で、倒してからのアグレッシブなパスガードがトレードマーク的な選手。

ノーギではEBIのコンバットJJトーナメントで優勝しており、IBJJFワールドノーギでも紫帯&茶帯で世界王者となってます。

この2人の対戦はスタンドの攻防が多くなりそうですが、どちらが勝つか予想不可です。

最後の注目カードのマリーニョvsタマも興味深い顔合わせで、マリーニョはノーギでロベルト・ヒメネスに勝ってJITZKINGのトーナメントで優勝しており、タマは昨年のIBJJFワールドノーギ世界王者。

マリーニョもタマもギよりもノーギの実績の方が多いので、この対戦も見逃せないものとなりそうです。


以上、今週末に開催される2大会、F2WとKUMITEですが、どちらもZOOMを使って実況&解説を行う予定です。

フローグラップリングで大会を見ながらZOOMで日本語実況&解説を聞いてもらえば、より一層大会を楽しめると思います。

ぜひ大会視聴と併せてZOOM実況にもご参加ください!



f2w145
F2W 145
配信時間:6/27(土) 8:00〜
■フローグラップリングの配信ページはコチラから!



00
ZOOM実況&解説(10:30〜)はコチラから!



06
「KUMITE 掘
配信時間:6/28(日) 10:00〜
■フローグラップリングの配信ページはコチラから!



00
ZOOM実況&解説(10:00〜)はコチラから!




v1
【Today's pick up】
ブルテリアTシャツ「FIRE」

ブルテリアの定番ロゴにさり気なくファイアパターンがアレンジされている最新Tシャツ。
生地にこだわりの上質な素材を使用しコットンなのにシルクのような肌触りで最高の着心地を実現。
着た瞬間に違いが判ることでしょう。



v2
■白の詳細&購入はコチラから!



v3
■黒の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週1会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩1分
WEB SITE
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔