English Portugues Japanese

柔術

2013年09月22日

【試合結果】IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』

IMG_5796
9/21(土)、東京・新宿の新宿FACEで開催されたIF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』の全試合結果です。


IMG_5640
■ヒカルド・デラヒーバ引退記念試合
BJJルール 20分1本勝負(判定なし)
ヒカルド・デラヒーバ(デラヒーバ柔術)
vs
中井祐樹(パラエストラ東京)
時間切れドロー



続きを読む

2013年04月08日

【ガロ・カルナヴァル】賞金100万円ガロ級オンリー大会レポート

3/31(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでねわざワールド主催「ガロ・カルナヴァル」が開催されました。

本大会、ガロ級トーナメントというだけでも初の試みだと思われますが、賞金100万円という世界的に見ても階級別の賞金としては最高レベルの金額が複勝として与えられる注目すべき大会!

「日本人のブラジリアン柔術黒帯世界王者を誕生させよう!」という趣旨のもと、帯色問わず誰でも参加できるアダルト黒帯ルール適用のオープントーナメントとなりました。

大会は青帯から黒帯まで総勢23名がエントリーし、国内ガロ級のトーナメントとしては過去最大人数のエントリー。

中でも急遽参戦が決まった現役世界王者のブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)が大きな目玉!

ブルーノの参戦が発表されるや一気に注目度がUPし、大会への期待感も増したのでした。


IMG_3418
大会最注目の選手は言うまでもなく、7 times World Champion瓩海肇屮襦璽痢Ε泪襯侫.掘璽法淵▲螢▲鵐掘法
7度の世界タイトルの内訳は、
2004年/紫帯ガロ級
2005年/茶帯ガロ級
2007年、2009年、2010年、2011年、2012年/黒帯ガロ級
となっており、黒帯でなんと世界を5度制しています。今大会優勝候補最右翼!

それではブルーノの試合も含め全試合の様子をお届けします!


続きを読む

2012年09月25日

【試合レポート】「プロ柔術MATSURI」宮本泰弘vs大内敬

9月22日、大阪 世界館にて、プロ柔術「MATSURI第4戦“JIU-JITSU RENAISSANCE”」が開催されました。

「プロ柔術MATSURI」は、「柔術愛」「格闘技による地域の活性化」「檜舞台の継続提供」をコンセプトに、2010年2月21日に名古屋で第1回大会を開催。

第2回大会より会場を大阪世界館へと移し今大会が4回目の開催です。

関西では文字通り、年に一度のお祭りとして、しっかり定着してきた感があります。

今回は大会のメインイベントとして行われた、宮本泰弘選手と大内敬選手の試合をレポートします。

宮本選手は神戸に道場を構える柔専館の代表。

日本ブラジリアン柔術界の黎明期よりスパイダーガードを使いこなした選手としても有名です。

対する大内選手も柔術はもとより、総合格闘技、サンボ等あらゆる格闘技で活躍してきた名選手。

両者は茶帯時代の2005年のカンペオナート・ジャポネーゼで一度対戦しており、そのときは僅差のレフェリー判定で大内選手が勝利しています。

その再戦が「プロ柔術MATSURI」のメインで実現しました。



第17試合・メインイベント 黒帯-80kg契約
宮本泰弘(柔専館) 
VS 
大内敬(パラエストラ小岩)



続きを読む

2011年09月08日

金網の中で中村大輔vsブルーノ・フラザトの柔術マッチが決定!

10/15(日)、ディファ有明で開催される『GRABAKA LIVE!1st CAGE ATTACK』にて中村大輔vsブルーノ・フラザトの柔術マッチが決定しました!

この『GRABAKA LIVE!1st CAGE ATTACK』は金網で行われる総合の試合ですが、この柔術マッチも同じく金網で行われるため、前代未聞の金網の中で柔術の試合が行われることになります。



中村大輔(GRABAKA柔術クラブ)




ブルーノ・フラザト(ATOS)



中村大輔選手はもう説明不要なほど国内のトップ選手としての実力を見せつけており、先月の全日本選手権でも階級別と無差別の2冠を達成、大会2連覇を果たしたことは記憶に新しいことでしょう。

対するブルーノ・フラザトは今や最強の柔術アカデミーの1つであるATOS所属でこれまでにムンジアルで優勝こそないものの、準優勝2回(2008,2009)、3位入賞を3回(2005,2006,2007)と過去5年間すべてで表彰台に立つという強豪中の強豪。

今大会の前にはADCCの本戦出場を控えており、現在はサンディエゴのアンドレ・ガウヴァオンのアカデミーにてノーギの練習に集中しています。



ガウヴァオンらとノーギの練習をしているブルニーニョ。
ガウヴァオンの他にウィルソン・ヘイス、ダビ・ラモス。
そしてUFC王者のドミニク・クルーズの姿も。




国内トップの中村選手と世界レベルの強豪であるブルーノ・フラザトの一戦、これは非常に興味深い試合になるのは間違いありません。

そこでブルニーニョにメールでこの試合に向けての意気込みを聞いたところ、以下の返答が返ってきました。

「ナカムラは偉大なMMAファイターで彼はいいグランドコントロールとサブミッションを持っています。彼の立ち技はいいと思っていますが私はすでに大きなオーガニゼーションでいい試合をする準備はできてます!!!」

「Nakamura is a great MMA fighter, he has a good control and submits of the ground! I think his standing game is good and I already saw good fights in big organizations!!!」(原文)


なんと、中村大輔選手をU-FILE CAMPの中村大介選手と混同してるのでは?と思われるコメントが!

この選手の誤認の真偽の程は定かではありませんが、ブルニーニョの再来日、そして柔術マッチへの出陣はビッグニュース。

またこの来日ではセミナーの開催も予定されています。

ブルニーニョは「インポッシブルガード」と呼ばれる変幻自在のガードワークのテクニシャンとして知られており、多くのファンがいることで有名です。

セミナーではそのインポッシブルガードの全貌も明らかにしてくれることでしょう!

その他、セミナーの詳細などは決定次第お知らせしていきます!


『GRABAKA LIVE!1st CAGE ATTACK』
開催日:10/15(土)
場所:ディファ有明
時間:開場14:30/1部開始15:00/本戦開始16:30



【今日が誕生日の柔術家】ジョアオ・カワウチ




©Bull Terrier Fight Gear

2011年08月14日

ブルテリア・オープン2011:主な結果


8/14(日)、静岡県浜松市の浜松武道館で開催されたブルテリア主催「ブルテリア・オープン2011」の主な結果です。



続きを読む

2011年03月10日

BJJFJ関連のニュースを2つ!


今日はBJJFJ関連のニュースを2つ紹介します。

まずはBJJFJが独自にがランキングを制定、成績優秀者に来年のムンジアルの無料航空券を贈呈するというものです。

これは先だってドゥマウが行っているDFCのポイントシステムに酷似していますが、ポイントシステムはドゥマウのものよりやや複雑になっていて大会規模により獲得ポイントが違うようになっています。

年間を通しての集計方法はほぼ同じで年間ランキングの成績優秀者の黒帯と茶帯の1位の選手にムンジアル出場のための無料航空券が贈呈されます。

また今年の8/7に練馬区立総合体育館で開催される全日本選手権の男子アダルト黒帯、男子アダルト茶帯、女子アダルト黒/茶帯の優勝者より1名にも同じくムンジアル出場のための無料航空券が贈呈されるようです。

★ポイントシステムの詳細はコチラから!

そしてもう1つのニュースははムンジアルの歴代の日本人世界王者、及び入賞者一覧をアーカイブ化したページがオフィシャルHP内に開設されたことです。

このアーカイブは日本人選手、および日本在住の日系ブラジリアンのムンジアル優勝、入賞の一覧となっており、非常に資料性が高いページとなっています。

ここで興味深いのがムンジアルがブラジルで開催されていたときとLA開催になってからの優勝、入賞者の数の増加ぶり。

2006年は優勝、入賞は5人しかいませんでしたが、LA開催となった2007年には16人が優勝、入賞を果たしており、その数は実に3倍となっています。

ぜひこのアーカイブページを見てその推移を辿ってみてはいかがでしょうか?!

★ムンジアルの入賞者一覧アーカイブはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年03月08日

ワールドプロ2011サンディエゴ予選:主な結果


3/6(日)、サンディエゴで開催されたアブダビ・ワールドプロ2011・サンディエゴ予選の主な結果です。

今大会でもATOS勢の勢いがズバ抜けており、-65kg、-73kg、-83kgの3階級でATOS同士の同門対決になるという突出した活躍でした。

-65kg級はベスト4のうち3選手がATOS勢でバレット・ヨシダに勝利したギィ・メンデスが決勝進出を決めるとエドゥアルド・ラモスとブルーノ・フラザトがフレンドリーファイトでエドゥアルド勝利。

そしてエドゥアルドとギィ・メンデスがまたもフレンドリーファイトで戦い、ギィがポイント勝利でこの同門対決を制し優勝しています。

他にはアントニオ・ブラガ・ネトが+92kgとアブソルートを制して2冠に輝きました。

+92kg決勝ではブチェチャを、アブソ決勝ではガウヴァオンに勝利しての優勝でビッグネームを連覇しての優勝は大きな価値があるものでしょう。

その他の結果は以下のとおりです。


-65kg
準決勝
◯エドゥアルド・ラモスvsブルーノ・フラザト×
2-0

◯ギリャルミ・メンデスvsバレット・ヨシダ×
チョーク

決勝
◯ギリャルミ・メンデスvsエドゥアルド・ラモス×
8-2

-73kg
準決勝
◯ギルバート“ドゥリーニョ”バーンズvsジョナタス・グージェウ×
6-4

◯ホドリゴ・カポラルvsホドリゴ・フレイタス×
4-0

決勝
◯ギルバート“ドゥリーニョ”バーンズvsホドリゴ・カポラル×
フレンドリーファイト

-83kg
準決勝
◯アンドレ・ガウヴァオンvsクラーク・グレイシー×
0-0、レフェリー判定(非常に微妙な判定だった模様)

◯クラウジオ・カラザンスvsルーカス・レイチ×
4-2

決勝
◯アンドレ・ガウヴァオンvsクラウジオ・カラザンス×※同門のため行われず

-92kg
準決勝
◯ヴィトー・トレドvsマルセロ・ロウザド×
アドバンテージ

◯マルコ・マチャドvsマチウス・キャスタジニ×
9-0

決勝
◯マルコ・マチャドvsヴィトー・トレド×
アドバンテージ

+92kg
準決勝
◯マーカス・アルメイダ“ブチェッチャ”vsファビアノ・シェルナー×
11-0

◯アントニオ・ブラガ・ネトvsジョアオ・アシス×
チョーク

決勝
◯アントニオ・ブラガ・ネトvsマーカス・アルメイダ“ブチェッチャ”×
4-0

アブソルート
決勝
◯アントニオ・ブラガ・ネトvsアンドレ・ガウヴァオン×
7-0

女子-63kg
決勝
◯サマンサ・ファウルハーバーvsキリ・リアオ×
チョーク

女子+63kg
決勝
◯ペニー・トーマスvsニコール・レイチ×
アドバンテージ




アブソルート表彰台。




今大会でも3階級で優勝したATOS勢。
ATOS勢は今大会ごもこのままサンディエゴに滞在し、
新しくオープンしたアンドレ・ガウヴァオンのアカデミーで
合同キャンプを敢行してパン選手権に備えるそうです!


今週末にはこの日本でもワールドプロ予選が行われます。

すでに多くのビッグネームがエントリーしているとの話なので、そちらも楽しみですね!

ワールドプロ日本予選は3/13(日)川崎市のとどろきアリーナでの開催です。

★大会詳細はコチラから!



all pics by GRACIEMAG.com



©Bull Terrier Fight Gear

2011年01月04日

新明佑介選手の帯授与式@トライフォース柔術アカデミー


このブログでグレイシーマガジンのレビュアーとして執筆中の新明佑介選手(トライフォース柔術アカデミー)がこのたび茶帯に昇格しました。

その帯授与式のレポートが届いたので紹介したいと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
トライフォース柔術アカデミーの阿部ミケールです。

今回は”トライフォースの元気者”こと新明佑介くんの茶帯昇格式のレポートを担当させていただくことになりました、よろしくお願いします。

まずはフリースパーリングから、この日は忘年会もかねておりましたので白帯から黒帯が集結し、2時間のスパーリングを熱気ムンムン(死語)でこの日がスタートしました。


続きを読む

2010年12月12日

DEEP 51:シュレック関根、総合でTKO勝利!


柔術で活躍中の関根“シュレック”秀樹選手(ブルテリア・ボンサイ)が総合の試合で見事にTKO勝利を果たしました!

この試合は12/11(土)、ディファ有明で開催されたDEEP 51で行われました。

シュレック関根選手はDEEP浜松大会ですでに総合デビューを果たしていますが首都圏ではこれが総合初試合です。

柔術ではいまだ負けなしの快進撃を続けているシュレック関根選手ですが総合となると何が起こるかわかりません。

続きを読む

2010年11月02日

Gi2010:オープニングファイト・ガロ級トーナメント&ワンマッチ

本日はガロ級トーナメントとワンマッチの様子をお届けします!

このガロ級トーナメントには泊 憲史(パラエストラ博多)、芝本 幸司(トライフォース) 、北出 拓也(パラエストラ川崎) の3選手がエントリーし巴戦で試合が行われました。

泊選手は九州で柔術の普及に努めており、ここしばらくは実戦からは遠ざかっていましたが、かつてはムンジアルなどにも積極的に参戦し、黒帯でベスト8などの実績があり本場ブラジルでの試合経験も豊富です。

対する芝本選手は今年のムンジアルで茶ガロを優勝し、満を持して黒帯を巻きました。

黒帯初戦ですが、その勢いのままに優勝する可能性は十分にあるといえるでしょう。

北出選手は先日のアジアオープンアダルト黒帯ガロ級で優勝していますが、一人エントリーだったため試合は行っていませんでした。

茶帯時代までは積極的に試合出場し、全日本選手権優勝など国内トップのガロ級選手として活躍しています。

北出選手もこの試合が復帰戦になりますが、かつての実績から優勝を予想する声も多く、期待が高まっていました。

まずは泊vs芝本の初対戦からトーナメントスタートです!




<Gi2010ガロ級(道衣込-57.5kg)3人巴戦トーナメント>
泊 憲史(パラエストラ博多)
VS
芝本 幸司(トライフォース)

続きを読む

2010年11月01日

COPA ALLIANCE 主な結果


10/31(日)、東京都・東板橋体育館で開催されたALLIANCE・IF-PROJECT主催「COPA ALLIANCE」の主な結果です。

続きを読む

2010年10月19日

和道稔之選手が栃木県で柔術教室を開講!23日は無料体験もあり!


こんにちは。

アカデミアAZの和道稔之です。

今回実家のある栃木県でブラジリアン柔術教室を開きました。

きっかけは親父が大きな病気をしまして実家に戻ることを考え始めたからです。

またこれを期に初心者の方にも広め栃木の柔術の発展に貢献したく立ち上げました。

東京から宇都宮までは上野からの新幹線を使えば50分程ですが、湘南新宿ラインなどを利用すれば安く、1.5時間で来ることが可能です。

今借りている体育館も駅から歩いて10から15分ほどですので車が無い方でも比較的来られやすい場所だと思います。

もちろん駐車場も完備されています。

将来的には栃木に常設道場を作るつもりです。

東京の道場もあるので急には移れませんが、どちらの道場もうまくいくようにしたいと考えています。

もちろん現段階では東京の道場がメインとなりますので、試合などが入らなければ基本的に週一回土曜日にサークル的に始めていこうと思います。

この練習会の第一回は9日に開いたのですが6人の方に集まっていただき、幸先の良いスタートをきれました。

23日も無料で開きますので興味のある方はぜひ、参加下さい!

宜しくお願いします。

☆詳細☆

場所 宇都宮市体育館 または 清原体育館
 
日時 毎週土曜日 Pm3:00〜5:00

料金 入会金2000円(スポーツ保険込み)   
1回1500円    
出稽古料(所属ジムがある場合)2500円

*10月23日は無料です。

☆当日お持ちいただく物☆

―斉暫紊篏製冀

お持ちで無い方はボタンやチャックなど練習相手を傷つける可能性がある物がついていない衣服(Tシャツ&ジャージ)でも大丈夫です。

▲織ル

汗を拭いたり、帰りにシャワーを浴びてお帰りいただく為のものです。

0み物

体調管理の為にもマメに水分を採って下さい。


☆申し込み方法&問い合わせ☆

wado-jiujitsu@hotmail.co.jp

までお願いいたします。




23日は無料体験を実施!
興味のある方はぜひ参加を!



©Bull Terrier Fight Gear
www.b-j-j.com

2010年10月08日

Gi2010:プルーマ級・3人巴戦トーナメント

Gi2010プルーマ級トーナメントは3人巴戦になりました。

優勝候補はやはり2008年ムンジアル茶帯プルーマ級優勝、2009年パン選手権アダルト黒帯プルーマ級優勝の松本義彦選手(フリー)でしょう。

ノーギではあの佐藤ルミナ選手も破っており、日本人選手の中で最も高い実績を誇ります。

金古一朗選手(ポゴナクラブジム)は今年の全日本選手権でアダルト黒帯プルーマ級を制しています。

金的のアクシデントがあったとはいえ、植松直哉選手(クロスポイント)を破っての優勝で注目を浴びました。

トモヒロック☆84こと端智弘選手(PUREBRED大宮) は先日のアジアオープンでマスター黒帯プルーマ級で優勝。

ギだけでなく、ノーギの試合にも積極的に参戦し、ノーギムンジアルにも挑戦しています。

果たして優勝するのは誰でしょうか?



<Gi2010プルーマ級(道衣込-64.0kg)3人巴戦トーナメント 一回戦>
金古 一朗(ポゴナクラブジム)
VS
トモヒロック☆84(PUREBRED大宮)
試合開始直後にトモヒロック選手がテイクダウンで2ポイント先制も、金古選手はクロスガードでその後の追撃を防ぎます。



続きを読む

2010年10月07日

Gi2010:Gi無差別級レポート

本日は先日お送りしたNO-Gi無差別級トーナメントに引き続き、8名参加のGi無差別級トーナメントの様子をレポートします!

このトーナメントはGiアマの各地方トーナメントの無差別級王者と主催者推薦で選ばれた選手がエントリーしました。

中でも注目は小沢幸康選手(TEAM KAZE)です。

小沢選手はADCCの日本代表としてグラップリングの強豪として有名な選手でグラップリング以外でも柔道、サンボの実績も数多くあります。

が、柔術はこれが初試合なので、もちろん白帯を締めて柔術デビュー戦になりました。

グラップリングの強豪がギを着るととたんにパワーダウンということはよくありますが果たして小沢選手の場合はどうだったでしょうか?!



<Gi2010GI無差別級ジャパンオープントーナメント一回戦>
小沢 幸康(TEAM KAZE)
VS
高橋 計康(ギムナシオン札幌)
序盤から小沢選手が体格も活かしつつ優勢に試合をすすめます。



続きを読む

2010年07月12日

パラエストラ柔術合同練習会・第2回、開催!


7月3日に第1回を開催し約120名もの参加者が集まり、大盛況で終わったパラエストラの合同練習会。

中井祐樹・パラエストラ東京代表の指揮の元、支部長や黒帯も20名ほどが集まり、質・レベルとも最高クラスの練習が行われました。

★合同練習会の様子はコチラから!

この練習会は9月開催のアジアチコに向けてのものだったのですが、9月までまだ間があるのでもう一度できないか?と参加者の方々からリクエストがあり急遽、第2回の開催を決定した次第です。

第2回合同練習会もアジアチコでチーム優勝をするための強化練習ということで今回も残念ながらパラエストラ会員限定のクローズドになります。

が、他道場の参加もOKなオープン練習会も企画していますのでパラエストラ会員以外の方はもう少しお待ちください!

合同練習会の開催日時は前回と同じく土曜の夜にしました。

8月21日(土)18:00〜、2時間程度の予定です。

アジアチコの3週間前という絶好のタイミングでの開催となり、試合出場を予定している選手にはいい練習になることでしょう。

また今回も支部長の集合写真、黒帯の集合写真などの撮影もしたいと思います。

ぜひ多数のご参加、お待ちしております。



第1回は120名以上の参加者があった合同練習会。
第2回は8月21日(土)18:00からです。



★注意★
今回の合同練習会もパラエストラ会員限定のクローズドとして行ないますので、参加希望の方は当日、必ずパラエストラの会員証、または団体所属名がパラエストラとなっている連盟のID登録カードを持参して下さい。
持っていない場合は参加できない場合がありますのでお気をつけ下さい。
練習会の詳細については、パラエストラ各支部宛に書面が近日中に郵送されますのでお待ちください。


続きを読む

2010年05月26日

セルジオ・モラエス・セミナーin NY

5月22日(土)にNYにあるマルセロ・ガリシアのアカデミ−にてアリアンシのメジオ級世界王者、セルジオ・モラエスのセミナーが行われました。

このセミナーに参加したニュージャージー在住の友人、ジェリーからセミナー・レポが送られてきたので紹介します!

セルジーニョは3時間に渡るセミナーで3つのテイクダウン、2つのパスガード、そして3つのスイープを紹介したようです。

セミナーはまずテイクダウンからスタート。

相手が襟を握ってきた場合にそれを切るのがいかに重要なことかなど細かいディテールを説明しました。

そしてそれはパスガードやスイープでも同様でそれぞれで詳細な説明があり、非常に理解度が深いものになったそうです。

このNYのセミナーには男女30名ほどの参加者を集めました。

中にはマルセチーニョのスパーリング・パートナーとの触れ込みでDEEP Xに来日したポール・シュライナー、ムンジアル・女子茶黒メジオ王者、エミリー・クォークの姿もありました。




オフィスビルの5Fにあるマルセリーニョ・アカデミー。
窓から見える風景は完全にマンハッタン!て感じ。




アカデミーには広大なマットスペースがあります。




反対側から見た画像。
スパーなら10組以上は余裕でしょう!
家賃が高いNYでこの広さは凄い!




セミナー開始前から多くの参加者が待ち構えています!




左はムンジアル王者、エミリー。
右はマルセリーニョの奥さん、タチアナ。




セミナーはスタンドのテクニックから。




技の受け手はDEEP Xに来日したポール・シュライナー。




セミナーはマルセリーニョが通訳しながら和やかに進行。




セミナー後のお約束、集合写真!




女子だけの集合写真ではセルジーニョがすかさず乱入!



セミナーは英語が得意でないセルジーニョをところどころでマルセリーニョが通訳し、またジョークを交えつつ和やかな雰囲気のまま進行。

そしてセミナーの最後にはみんなとスパーもするサーヴィスっぷり!

セルジーニョはこのままNYに滞在しムンジアルに備えた練習をマルセルーニョと行うそうです。

またこの後にはフィラデルフィアにあるバランス・スタジオでもセミナーの予定も。

いつか日本にも来て欲しいですね!


Special thanks to my best friend Gerry Hurtado



2010年05月17日

「COPA ALMA 2010 TOKYO」主な優勝者

5/16(日)、練馬区・光が丘ドームで開催された「COPA ALMA 2010 TOKYO」の主な優勝者です。

★グラップリング


☆アダルトエキスパート・アブソルート
優勝  八隅 孝平(ロータスパラエストラ世田谷)
準優勝 松本 光央(マスタージャパン)
3位  鈴木 慎吾(アライアンス)、増沢マックス慶介(MAX JIU-JITSU ACADEMY&YOGA SUTUDIO)

☆アダルトエキスパート・プルーマ
優勝  都竹 暁生(GRABAKA柔術クラブ)

☆アダルトエキスパート・ペナ
優勝  丸井 憲一郎(アカデミア・アーザ)

☆アダルトエキスパート・レーヴィ
優勝  八隅 孝平(ロータスパラエストラ世田谷)

☆女子・ビギナープルーマ
優勝  八木沼 志保(アンプラグド国分寺)


★ブラジリアン柔術


☆アダルト茶アブソルート
優勝  大塚 博明(GRABAKA柔術クラブ)




☆マスター茶アブソルート
優勝  トメヤ・ササハラ・フィリオ(グレイシーウマイタ)




☆シニア1茶アブソルート
優勝  森 雄大(パラエストラ吉祥寺)



☆アダルト茶プルーマ
優勝  山田 秀之(デラヒーバジャパン)

☆マスター茶ペナ
優勝  西村 淳(アンダーグラウンド)

☆マスター茶レーヴィ
優勝  山本 健一郎(グラスコ柔術アカデミー)

☆シニア1茶レーヴィ
優勝  西村 暁(INFIGHT JAPAN)

☆アダルト紫アブソルート
優勝  関根 貴栄(アンダーグラウンド)


☆マスター紫アブソルート
優勝  田中 誠(パラエストラ小岩)




☆女子・青紫アブソルート
優勝  佐藤 瑞穂(和術慧舟會)




☆女子・青紫プルーマ
優勝  八木沼 志保(アンプラグド国分寺)


続きを読む

2010年03月29日

「Gi2010予選BJJ無差別級トーナメント&Gi2010予選NO-Giミドル級トーナメント」主な結果







3月28日(日)、光が丘ドームで開催された「Gi2010予選BJJ無差別級トーナメント&Gi2010予選NO-Giミドル級トーナメント」の主な結果です。

<Gi2010予選BJJ無差別級トーナメント>
優勝:山本健一郎(グラスこ柔術アカデミー)
準優勝:ロジャー・ヴィア(トライフォース麹町)
3位:今屋順一(RILION GRACIE JAPAN)、佐藤晶彦(トライフォース麹町)


<アダルト黒帯レーヴィ級>
優勝:関口和正(PUREBRED大宮)


<アダルト茶帯プルーマ級>
優勝:山田秀之(デラヒーバジャパン)


<アダルト紫帯ペナ級>
優勝:吉川寛康(GRABAKA柔術クラブ)
準優勝:生井新(トライフォース)


<アダルト紫帯メジオ級>
優勝:今屋順一(RILION GRACIE JAPAN)


<マスター紫帯プルーマ級>
優勝:亀田新(デラヒーバジャパン)


<アダルト青帯プルーマ級>
優勝:都竹暁生(GRABAKA柔術クラブ)
準優勝:佐藤晶彦(トライフォース麹町)


<アダルト青帯ペナ級>
優勝:鍵山士門(デラヒーバジャパン)
準優勝:松本匡史(PUREBRED川口REDIPS)


<アダルト青帯レーヴィ級>
優勝:砂山裕(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)


NO-Gi
<Gi2010予選NO-Giミドル級トーナメント>
優勝:若林琢磨(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)
準優勝:筏井ひろゆき(ノヴァウニオン)


<アダルトエキスパートプルーマ級>
優勝:坂本純(トライフォース・スタイルズインフィニティ)


<アダルトエキスパートペナ級>
優勝:筏井ひろゆき(ノヴァウニオン)


<アダルトエキスパートレーヴィ級>
優勝:永瀬功(GRABAKA柔術クラブ柔術クラブ)


<アダルトアドバンスガロ級>
優勝:小林寛史(パラエストラ東京)


<アダルトアドバンスプルーマ級>
優勝:桑原悠(PUREBRED大宮)


<アダルトアドバンスレーヴィ級>
優勝:高岡尚裕 (ねわざワールド)
準優勝:田中昭弘(グラップルレボリューション)


photo and text by Takashi Umezawa
続きを読む

2010年03月16日

ワールドプロ柔術ブラジル予選:結果


来月15日から3日間に渡りUAEのアブダビで開催されるワールドプロ柔術のブラジル代表選手が決まりました!

−65kg
ギリャルミ・メンデス(ATOS)
☆ハファと同門決勝でギィに優勝を譲る。

−74kg
クラウジオ・カロキーニャ(グレイシ−バッハBH)
☆ヴィトー・エンリケ(GFT)に2−0で勝利

−83kg
クラウジオ・カラザンス(ATOS)
☆アドリアーノ・シウバ(バルボサ)にギロチンで一本勝利

−92kg
アレッシャンドレ・セコーニ(ヒリオン・グレイシー)
☆ロドルフォ・ヴィレイラ(GFT)に3アドバンテージ差で勝利

+92kg
ヒカルド・デメンテ(ノヴァウニオン)
☆アレッシャンドレ・ソウザ(グレイシーフロリアノポリス)にパスガードで勝利

女子ー63kg
ベアトリス・メスキータ(ウマイタ)
☆ルアナ・アズギエル(アリアンシ)に2アドバンテージ差で勝利

女子+63kg
ガブリエレ・ガルシア(アリアンシ)
☆ダイアナ・メンジス(ボンサイ)にテイクダウンを決め2ー0で勝利


★大会詳細はコチラから!








2010年02月15日

「第4回 全日本新人選手権大会」の主な優勝者


2/14(日)、品川総合体育館で開催されたBJJFJ主催「第4回 全日本新人選手権大会」の主な優勝者です。

★アダルト茶帯
☆プルーマ
町田 誠人(ストライプル)

☆ペナ
山田 悦弘(ポゴナ・クラブジム)

☆レーヴィ
塚本 隆康(パラエストラ東京)

★アダルト紫帯
☆ガロ
水井 浩二(パラエストラ品川)

☆プルーマ
増澤 廣征(グレイシーバッハ東京)

☆ペナ
フランシスコ・ネット・ペレイラ・ダ・シルバ(ヒロBJJ)

☆メイオペサード
山根 大平(トライフォース柔術アカデミー)
続きを読む

2010年02月01日

エディ・ブラボー・セミナーinヒロBJJ、レポート!


2/1(月)、神奈川県横浜市のヒロBJJにてエディー・ブラボーのセミナーが開催されました。

この前日には沖縄でセミナーが開催されましたが関東では初ということで多くの受講者を集めたようです。

今回はこのセミナーに参加した近藤哲也さん(レッドシャーク柔術アカデミー)がセミナーのレポートを送ってきてくれましたので、紹介したいと思います!


★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

ヒロブラジリアン柔術アカデミーで開催されたエディブラボーセミナー。

参加者は極寒の雨の中にもかかわらず50人以上はいたんじゃないでしょうか。


セミナー不況の現在、この参加者の多さは特筆モノ!



最近では柔術やノーギの世界チャンピオンクラスのセミナーでさえ数人しか集まらないのにこの人数は驚きです。

参加者の中には塩田GOZO歩選手や勝村周一朗選手も参加していました。

日本にラバーガードやツイスターなどの第一人者がいないと言うのもあると思いますが、エディのテクニックはまだまだ日本では未開の部分が多く今回のセミナーの集客にもつながっと思います。

セミナーの内容はラバーガード中心で8割はオーバーアクションのエディのトークで占められました。



エディの代名詞、ラバーガードを徹底解説!

技の名前やムーブにはエディ独自の独特な名前が付けられておりインパクトは大きく理解しやすかったです。

今回のセミナーではラバーガードの細かいニュアンスと注意点をじっくり教えていただいたのでラバーガード使いにはたまらないセミナーになったと思います。



上半身はラッシュ、下半身はギ・パンツというのがエディのスタイル。
相変わらず饒舌だったようです!




付け加えてエディが一言「マスタリング ラバーガードの和訳本が出ているので、俺に印税は入らないから盗んでも良いので手に入れて復習してくれ」との事でした。

セミナー終了後はほとんど全員と気さくに記念写真とサインをしていました。

今回のセミナー功労者のヒロブラジリアン柔術アカデミー代表のヒロさんとミキさんにはお礼を言いたいです。
貴重な機会を与えて頂きありがとうございました。




セミナー後の記念撮影はこんなにも多くの人数!
さすがエディ!




続きを読む

2010年01月26日

道場紹介:RBアカデミー

今回は神奈川県横浜市にアカデミーを構える「RBacademy」を紹介したいと思います。

このアカデミーはノヴァウニオンハワイで柔術を学んだ小沼一平氏が2003年2月にオープンしました。

場所は東急田園都市線の市が尾駅徒歩1分という好立地!

早速ですがアカデミー内部を覗いてみましょう。



アカデミー入り口には大きな立て看板があり歓迎モード。
入りづらさはありません。




アカデミーのロゴ入りフラッグ。
ハワイでの柔術修行時代から師事しているヘナート・ベヒーシモ氏の頭文字Rと友人であるバレット・ヨシダ氏の頭文字Bの2文字をあわせてRBアカデミー!
このロゴの由来、みなさんは知っていましたか?!




マットスペースは4,5組は余裕を持ってスパーリングができるスペースが有ります。


アカデミーの壁には友人であるバレット・ヨシダ、ロバート・ドライズデールの他に小沼さんと同じノヴァウニオン所属のムンジアル黒帯ガロ級世界王者、アリソン・メロ爛キ瓩筌ックボクサーの日菜太選手のサインが!

小沼さんの多彩な交流関係がうかがえますね。



バレット・ヨシダのサイン。




これはADCC王者、ロバート・ドライズデールのサイン&メッセージ。




世界王者、キキのサインも!




キックボクサーの日菜太選手のサインも。




雑誌の広告でお馴染みのパワーブロック!
実物を見るのは初めてでちょっと感動!




サンドバッグやミットなども完備。
ボクシング、キックボクシングの指導も受けられます。



取材日にはスタンドにおけるテクニック指導。
テクニック指導はとても細やか&丁寧です。




打ち込みをする生徒一人ひとりへの細かいチェックにも余念がありません。




テクニックのあとはスパーリング!



スパーリング終了後の補強。




この日に練習に参加した方の集合写真!




筋肉3兄弟?
恰幅のよい体をした小野選手(右端)の自信に満ちた表情が真ん中で江頭ポーズの加藤選手の光を消しています。
それにしても今野選手の体は鍛え上げられていてすごいですね!




アカデミーのマスコット?の愛犬ワンタン。
鼻息は荒め。でも可愛い!




以前、このブログの「珍キモ!」で紹介したBJペン特注のギ。
取材の際着させてもらえました!
重かったですが、個人的には非常に動きやすいと感じました。

★「珍キモ!・BJ特注モデル」はコチラから!




道場イベントもたくさんあります。
これはBBQのもの。




道場内で餅つきも!
みんな練習以外でも仲良く交流しているそうです。



次回は小沼先生の紹介をしたいと思います!



RBアカデミーのホームページはコチラから!

アクセス:東急田園都市線市が尾駅 徒歩1分
〒225-0024     
TEL 045-972-5422
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1169-B1

地図はコチラから!




photo and text by Takashi Umezawa



2010年01月09日

青木vs廣田戦の腕取り・テクニック解説

今日は大晦日のDynamite!!で行われた青木vs廣田戦で青木選手が見せた背中越しに腕を取りにいくテクニックを紹介をしたいと思います。

まずは青木選手が試合で見せたテクニックから。

技の実演は林考宗選手(パラエストラ品川)です。



試合ではマウントに近い状態から相手の手首を取りにいきましたが、ハーフガードの中から狙うこともできるでしょう。




手首を握ったまま、ワキを差した腕を深く伸ばし




手首を持ち替えます




これで腕取りの完成です。
このテクニックは片腕がフリーになるのが利点です。




次はガードから腕取りをやるテクニックを紹介します。

柔術では手首を取りに行く際にギの袖を握ってもいいのでやりやすいと思います。




ガードの状態から




手首を握り




キムラを仕掛けます




そこから手首を押し出して




反対側の手に持ち替えます




これで完成です。




もし相手が帯を握って手を押し出せない場合




そのときは帯のラインに沿うようにやや内側に押すと外すことができます




帯からはずすことができたらすぐに反対の手で持ち替えます



最後にこの腕取りの状態からできる一番簡単なスイープを紹介します。



腕取りの状態から




相手の腕を取ってる側の手に持ち替えて




反対側の手で相手の肩を押しながら腰をずらし




ヒップスローのように相手の上になります




最後はマウントになりスイープの完成です。



このまま腕を極めにいってもいいですし、手首を離してマウントをキープするのいいでしょう。

このように腕取りはいろいろなアタックができる素晴らしいテクニックです。

今回紹介したテクニックの動画もあります。

動画ではもっと細かく説明されてるのでぜひ見てみて下さい!





☆ケイタイからのアクセスの方はコチラから!



2009年12月23日

道場紹介:パラエストラ岐阜


パラエストラ岐阜は、2001年に、もともとパラエストラ東京会員であった私(清水宗元)が、帰郷し、設立した柔術アカデミーです。

設立9年目を迎えたこの10月、ついに念願の常設道場を岐阜市内にオープンすることができました。


道場外観


縁があって、もともと空手道場であった場所を「いぬき」で譲り受けることができたために、フリーウェイト設備、マルチマシン、トレッドミル、エアロバイク、綱昇り用のロープ、大型サンドバッグなど、設備が非常に充実しています。



マットスペースは7m×9mという広さを備えています。


現在、パラエストラ岐阜には黒帯・1名、茶帯・4名、紫帯・12名が在籍しています。

昨年、JJFJ全日本選手権・アダルト茶帯決勝戦で、茶帯世界王者の伊東圭選手(AXIS)を降した戸所誠哲をはじめ、若い選手が多いのが特徴です。



戸所誠哲選手は小柄ながら柔道をベースにした力強い柔術が印象的。
まだ若いながらもパラエストラ岐阜のエース的存在。



道場住所は、

岐阜県岐阜市高田4丁目5−5

岐阜・各務原インターより約1km、名鉄高田橋駅(名鉄新岐阜駅より5つ目)より徒歩3分と、遠方から来られる方にも来やすい場所にあります。

お近くに来られる機会がありましたら、どなたも、気軽にお立ち寄りください。




清水宗元プロフィール
昭和45年生まれ。39歳。 パラエストラでは中井祐樹先生はじめ、鶴屋浩さんや、高谷聡さん、大内敬さんなどと同い年。 特にこのブログにもよく登場する高谷さんや大内さんとは、大学時代に「東京学生二部大会」という柔道の大会で何度か対戦し(直接対決はなし)当時からの顔見知りでありました。パラエストラ東京に入会した時期も近く、長い付き合いです。 私の主な戦績は・2003ミナスジェライス州選手権・マスター紫帯メイオペサード級優勝、2004年全日本選手権・マスター紫帯メイオペサード級優勝、2006アジア大会・マスター茶帯メジオ級第三位、2007コパ・ドゥマウ・インターナショナル大会、マスター茶帯メジオ級優勝、2008パンアメリカン選手権・シニア1黒帯メジオ級第三位 などです。ブラジルには3度遠征しており、その時お世話になった「グレイシーバッハ・ベロオリゾンチ」の選手達と親交があり、総帥・ビニシウス゛ドラクリーノ゛マガリャエスをはじめ、メイオペサード級世界王者のホムロ・バハルなどが、来日時に岐阜に訪れています。



2002年、ミナスジェライス州選手権でマスター紫メイオペサードで優勝した際の写真。
左端は当時18歳のホムロ・バハル、右端も18歳当時のサムエル・ブラガ。
両者とも黒帯世界王者です。


★パラエストラ岐阜、HPはコチラから!



2009年12月21日

「埼玉オープン柔術トーナメント2010」開催!




来年の2/28(日)に埼玉県上尾市の埼玉県立武道館にて「埼玉オープン柔術トーナメント2010」が開催されます。

この大会はTENSAI JIU JITSU ACADEMYとINFIGHT JAPAN の日系ブラジリアンのアカデミー2つが共催となっています。

参加費は男子の階級別のみは4000円、階級別&アブソルートは6000円、アブソルートのみは4000円です。

女子、ジュベニュウ以下の子供の部は3000円です。

男子のアブソルートには黒帯には優勝者は賞金5万円(ただし参加人数が8人に満たない場合は半額)が、色帯優勝者にはキモノやその他豪華賞品が用意されています。

ちなみにアブソ茶帯優勝者にはブルテリア柔術衣+ブルテリアギフトセットが贈呈されます!

参加申し込み方法はサイトから申込用紙をダウンロードして現金書留に申込用紙、出場費を同封の上、以下の住所に送付のこと。

送付先:〒332ー0012
埼玉県川口市本町1ー7ー6
新和マンション 402号
MARCIO REIS

応募締め切りは2/17(水)です。

今大会はID登録などなしで出場できるので誰でも参加OKの完全オープン大会です。

みなさんふるってご参加下さい!


★「埼玉オープン柔術トーナメント2010」大会詳細はコチラから!


続きを読む

2009年12月18日

塩田爍韮錬擅廊疂癲■團轡礇頂鄒レポ!

「ウヒョヒョードル」や「ざわざわ」など特異な言語感覚を発揮してる塩田GOZO疂發気鵑このたび、独自にTシャツを作成!

ゴーゾーで503だから503円で503枚というダジャレ発信のこの企画、多少おサムい気もしなくもないですが、こーゆーのを本当に実現させちゃうパワーはすごい!

またそれに乗っかるイサミ&磯部長もさすが!

その作業工程のレポートが届いたので紹介したいと思います!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はじめましてパラエストラ八王子代表の塩田爍韮錬擅廊疂發任后

この度、ゴーゾーTシャツを作るにあたり503円で503枚作成することになりました。

Tシャツ生地をよくしたためTシャツ原価だけでも500円近くかかります。

そのため版代とインク代をイサミの磯部長に協力してもらい、リバーサルの所お兄さん指揮のもとハンドメイドのTシャツを作製しました。

作製には5人かかりで、2回朝から晩まで作業しようやく503枚が完成したわけです。

作業工程は下記の感じで、インクがついたり、かすれたりのアクシデントが多発しプロは大変だと思ったわけです。

ざわざわ


★作業工程

まず、パソコンデーターを作り、プリントアウトの機械で透明な版を作製。



プリント版の作成機!




できたてのプリント版!




Tシャツのプリントマシーン




プリント中!



版を枠組みに取り付けます。

インクを版に塗り付け、最後にはけで押し付けシャツにプリントを印字します。



Tシャツプリント用のインク




版にインクを塗りつけたところ




これからプリントです!



その後、Tシャツ乾燥機を通して乾かせば磯部長が着ているTシャツは完成となります。



Tシャツにプリントしたところ




完成したTシャツ!




完成したTシャツを着用の磯部長!


インクがついたり、かすれたりのアクシデントが多発しプロは大変だと思ったわけです。

ざわざわ



気合いをいれて作製した503Tシャツは503円で全7種類好評発売中!

希望者は下記までご連絡ください。

ウヒョヒョードル

gozo503@t.vodafone.ne.jp(★を@に変えて下さい)

★blog「ゴーゾーが行く!」はコチラ



2009年12月08日

「Gi2009」柔術決勝戦・植松直哉vs中村大輔

Gi2009では久しぶりにプロの舞台で柔術の試合が行われました。

Giとしてプロ柔術を行うのは2005年に開催されたGi-06以来、約4年ぶりのこととなります。

今回は各地区予選を勝ち抜いた選手と主催者推薦で選ばれた精鋭8人の1dayトーナメントで行われました。

その中で決勝戦に進出したのはGiの常連選手、植松直哉選手(クロスポイント)と新鋭の中村大輔選手(グラバカ柔術クラブ)でした。

まずはその両選手の決勝戦までの試合を紹介します。




1回戦
植松 直哉(クロスポイント)
vs
武林 佑(G-FREE)




腕十字の体勢から首をヘッドシザースのように極めて1:01、一本勝利。




準決勝
植松 直哉(クロスポイント)
vs
生田 誠(トラスト柔術アカデミー)




引き込んだ生田選手をパスした瞬間に腕十字を極めて0:12、一本勝利で決勝戦進出。




1回戦
中村 大輔(グラバカ柔術クラブ)
vs
高橋 計康(ギムナシオン札幌)




5:07、腕十字を極めて一本勝利。




準決勝
中村 大輔(グラバカ柔術クラブ)
vs
大塚 博明(グラバカ柔術クラブ)




リザーバートーナメントを勝ち上がった大塚選手との同門対決を9−0で制して決勝戦へ。




決勝戦
植松 直哉(クロスポイント)
vs
中村 大輔(グラバカ柔術クラブ)




先にテイクダウンに成功した中村選手が2ポイント奪取。




植松選手も倒されながらも腕十字のカウンター。




そして足関節で極めを狙います




それらを凌ぐとトップに中村、ガードに植松という展開に。




そして立スタンドになると互いに柔道をバックボーンに持つ両者は緊迫した攻防に。




互いにテイクダウンを狙うもポイントにはならずアドバンテージまでのまま試合終了。




試合序盤の2ポイントが決め手となり中村選手が優勝を果たしました!




中村選手の試合後のコメント
「決勝で尊敬する大先輩の植松選手と戦えたことが自分にとって一番意味のあることでした。そして勝つことができて本当き嬉しかったです。来年はムンジアルに出ようと思ってるので黒帯で優勝できるように頑張ります。」




2009年11月23日

サウス・アメリカン選手権の黒帯の試合結果

77df5c63.jpg11/21、22の2日間に渡りブラジルのサンタ・カトリーナで開催されたIBJJF主催サウス・アメリカン選手権の黒帯の試合結果です。

プルーマでテレレの甥、レアンドロ・マルチンス、ペナでマリオ・ヘイス、メジオに階級を上げたセルソ・ヴィニシウスがそれぞれ優勝を果たしています。

が、レーヴィ級に階級アップしATOS柔術から離脱?のブルーノ・フラザト(Careca BJJ)はバッハのモアシール・メンデスJrに敗れ3位入賞に終わりました。

また女子・茶黒アブソではムンジアル紫2冠のベアトリズ・メスキータがルイス・フェルナンデスに敗れ準優勝でした。

黒帯の結果は以下の通りです。

★ガロ
優勝  マルコス・フランコ(バッハ)
準優勝 チアゴ・マルケス(マーカス・アウレリオ・チーム)

★プルーマ
優勝  レアンドロ・マルチンス(チェックマット)
準優勝 イルメルソン・カバウカンチ(バッハ)

★ペナ
優勝  マリオ・ヘイス(バッハ)
準優勝 マキシミリアモ・オリヴェイラ・カンポス(チェックマット)
3位  ヒカルド・アヴィラ(カミカゼ)、レオン・アマンシオ(チェックマット)

★レーヴィ
優勝  デヴィッド・ジュリアーノ・レモス(ATOS)
準優勝 モアシール・メンデスJr(バッハ)
3位  ブルーノ・フラザト(カレカBJJ)、デニス・マルチンス(デラヒーバ)

★メジオ
優勝  セルソ・ヴィニシウス(ハイアン・グレイシー)
準優勝 オルランド・ザネッティ(ATOS)
3位  ブルーノ・アルメイダ・アウヴェス(バッハPE)、マテウス・ベルナルディ(スール柔術)

★メイオペサード
優勝  アウグスト・ヴィレイラ(バッハ)
準優勝 ホドロゴ・フェイジャオ(バッハ)
3位  フェリッペ・ペレス・シマオン(バッハ)

★ペサード
優勝  アラン・ヘジス(バッハ・デトナンド)
準優勝 ホドリゴ・カンペデリ(Ciaパウリスタ)
3位  レオナルド・バレナ(アリアンシ)、マウリシオ・カハ(チェックマット)

★スペルペサード
優勝  アレッシャンドリ・セコーニ(ヒリオン・グレイシー)
準優勝 ヒカルド・アヴェルー(ノヴァウニオン)
3位  チアゴ・シエッティ(ノヴァウニオン)、フェリッペ・ペレイラ(グレイシー・フロリアノポリス)

★ペサディシモ
優勝  ルイス・フェリッペ・セオドロ(ゴドイ柔術)
準優勝 ホベルト・ピアッツァ(デラヒーバ)
3位  マウロ・フェリッペ・デ・オリヴェイラ(クローリン・グレイシー)、マーシオ・ルイス・エステヴァン(クラウヂオノール)

★アブソルート
優勝  ヒカルド・アヴェルー(ノヴァウニオン)
準優勝 ディエゴ・ヘルゾグ(グレイシー・フロリアノポリス)
3位  アレッシャンドリ・セコーニ(ヒリオン・グレイシー)、エドゥアルド・ミリオリ(ヒリオン・グレイシー)

★女子茶黒アブソ
優勝  ルイス・フェルナンデス(バッハ・デトナンド)
準優勝 ベアトリズ・メスキータ(ウマイタ)


続きを読む

2009年10月19日

デラヒーバセミナーの日程発表!


ヒカルド・デラヒーバ先生のセミナーの日程が発表されました。

この日程以外にも各アカデミーへの出張もあるようなので、それは各自調査のこと!

■10月25日(日)東京セミナー
 東京・光が丘ドーム(MAP)
  ○ 住所/ 〒176-0000 東京都練馬区高松5−7
  ○ 交通アクセス/地下鉄大江戸線光が丘駅下車、徒歩約12分

■11月1日(日)大阪セミナー
 大阪・大阪府立体育館柔道場(MAP)
  ○ 住所/ 〒556-0011大阪市浪速区難波中3-4-36
  ○ 交通アクセス/地下鉄各線なんば駅5番出口から350m・大阪難波駅から600m
              南海なんば駅南出口から250m・JRなんば駅から800m

■セミナー申込方法
 メールにて「お名前、所属、連絡先、参加希望地区(東京or大阪)」を明記の上、
 info@if-pro.comまでご送信してください。

■セミナー申込〆切
 東京セミナー: 10月22日23:59まで
大阪セミナー: 10月29日23:59まで
 ※当日申込も受付ますが、プラス500円となります。

■セミナー参加費
 試合出場者: 4000円
一般: 5000円
 ※当日受付の場合プラス500円


ヒカルド・デラヒーバ(Ricald De La riva)

 リングスKOK王者、初代PRIDEヘビー級王者、UFCヘビー級王者と輝かしい経歴を持つ“柔術マジシャン”アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラやUFCで活躍するLYOTOなどの柔術師匠である、ヒカルド・デラヒーバが今年も来日!

 日本では総合格闘技を通じて、その存在を知ることが多い“柔術”の世界で、オリジナルのガード“デラヒーバ”を開発し、ノゲイラ兄弟らに柔術黒帯を授け、ミノタウロが必殺技にしているスピニングチョーク(アナコンダチョーク)もあみ出し伝授したのもこの人である。

 2002年ムンジアルでは突然の9年ぶりの復帰で驚かせただけではなく、トーナメントでは1本勝ちを含む3位入賞を果たす。準決勝では同カテゴリー優勝者の、あのモンジバカの天才・パイシャオンが守りに入るほど、最も苦しませたのも驚かせた。

 2004年プロ柔術Gi-05ではパラエストラ代表・中井祐樹とも対戦。ムンジアルの時期ではたくさんの日本人がデラヒーバアカデミーを訪れるほどの親日家でもある。現在は全世界をセミナーでまわり指導者として多忙な日々を送っている。



2009年09月16日

道場紹介:パラエストラ大阪

久しぶりの道場紹介です!

今回は関西の拠点、大阪にアカデミーを構える「パラエストラ大阪」を紹介したいと思います。

このアカデミーはプロシューターとしても活躍していた中山巧選手が天王寺区にオープンしました。

駅からも近く十分な広さのマットスペースがあるという設備的なものよりも一番のウリは何よりも柔術黒帯で経験豊富な中山選手のハイレベルな指導が受けられる、ということでしょう。

その実績の一端を垣間見れるのがアカデミー内に飾られているメダルやチャンピオンベルト!

特に日本人初のキング・オブ・ザ・ケージのベルトがドーン!と置かれてるのは圧巻です!

今のところキング・オブ・ザ・ケージの日本人王者は中山選手のみで、その実績は今後も語り継がれることでしょう。

パラエストラ大阪と友好関係にあるオフィシャルジム、道場、サークルの方に限り出稽古制度が利用できるそうなので、それに当てはまる方はぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?

その他、中山選手とマンツーマンで行うプライベートレッスンや少人数で行うグループレッスンも受け付けているそうです。

興味のある方はホームページからご連絡を!

★パラエストラ大阪のホームページはコチラから!





アカデミー前にはこの看板があるのですぐにわかるでしょう。




中は広いマットスペースが!
スパーは10組はイケます。




中山選手が出場したキング・オブ・ザ・ケージの大会ポスターとベルトが飾ってあります。



ホンモノのベルトは迫力満点!
日本でキング・オブ・ザ・ケージのベルトがあるのはここだけ!




メダルもたくさん!
ムンジアルや全日本、コンバットレスリングのもあります。
多くの実績を残す中山選手ならでは。




ウエイトトレの設備も完璧!




アカデミー代表の中山巧選手。
プライベートレッスンやグループレッスンもあるんでぜひ!


「パラエストラ大阪」
代表:中山巧(柔術黒帯)
所在地:大阪市天王寺区国分町18-21大室ハイツ201
電話:06-4305-1741
メール:dojo★paraestraosaka.com(★を@に変えて下さい)
最寄駅:JR環状線「寺田町」駅北口よりダッシュ1分(徒歩3〜5分)