English Portugues Japanese

グラップリング

2021年07月07日

【QUINTET】7/13後楽園・最新情報まとめ

00
7/13(火)、東京・後楽園ホールで開催される「QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO」。

今大会の最新情報をまとめて紹介します。

まず既報の4チームの中でメンバーが決まっていなかったTEAM BRAVE GYMとTEAM TRI-FORCEのチームメンバーが決定しました。

TEAM BRAVE GYMには今成正和&寒河江寿泰の師弟コンビの出場が決定し、宮田和幸・山田崇太郎・竿本樹生との5人となってます。



01
宮田和幸のコメント
「ブレイブジムの選手でと思っていたのですが、MMAの試合との調整もあり、なかなか決まらないなか、祟太郎の練習仲間である今成選手、寒河江選手という頼もしい助っ人が加入してくれました。今成選手は10年以上前に練習してましたし、極めの強さは言わずとも知れたトップ選手です。寒河江選手は新世代グラップラー。スパーリングもしましたがまさに新世代。最先端の技術を持っています。他のチームも強いですが、客観的に見てもウチの戦闘力はかなり高いです。アグレッシブに極め合いで魅せます!」

今成正和のコメント
「わたしはブレイブジム感はありませんが山田に誘われたし寒河江さんもいるし宮田さん強いし何かの縁だと思ったので参加させていただきました!」

寒河江寿泰のコメント
「TEAM BRAVE GYMの一員になれて嬉しいです。前回は敵だった今成さんも今回は同じチームでとても心強いです。チームの優勝に貢献出来るように頑張ります」



そしてTEAM TRI-FORCEには平田直樹と中島康輔の参加が決定し、澤田伸大・鈴木和宏・石毛大蔵との5人が揃いました。


02
TEAM TRI-FORCE
澤田伸大・鈴木和宏・石毛大蔵・平田直樹・中島康輔




その他、先に5人の選手が揃っているTEAM THE BODY RIDEとTEAM WOLFの出場メンバーは以下の通りです。



03
TEAM THE BODY RIDE
中村大介・出花崇太郎・世羅智茂・小谷直之・八隅孝平



07
TEAM WOLF
小見川道大・内柴正人・伊藤盛一郎・森戸新士・グラント・ボグダノフ




その他にもスペシャルシングルマッチとして、石黒翔也VS高橋“SUBMISSION”雄己の試合も決定。

さらにエキシビションマッチで吉本興業所属のお笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成の出場も決定しています。



04
スペシャル・シングルマッチ・64kg契約
石黒翔也(CARPE DIEM MITA)
vs
高橋“SUBMISSION”雄己(和術慧舟會HEARTS/今成柔術)

石黒翔也のコメント

「カルペディエムの石黒翔也です。ブラジリアン柔術歴は12年で、一昨年黒帯になってから一度も負けていません。グラップリングの試合は初めてですが、このような大舞台で戦うことができて大変光栄です。対戦相手の「高橋”SUBMISSION”雄己」選手は名前の通り極め力が強いと思いますが、僕も極めには自信があるので、とても楽しみです。必ず勝ちます。応援よろしくお願いします!」

高橋“SUBMISSION”雄己のコメント
「和術慧舟會hearts / 今成柔術の高橋サブミッションです。今回がQUINTET 初参戦となります。僕は柔術の経験が一切無く、修斗に出てはいますがMMA的な寝技をするわけでもありません。現代グラップリングの要素を含んだ少し異質な技術体系を持つ非柔術系グラップラーです。完成度の高い柔術家である石黒選手とどのような試合展開になるのか、技術論、勝負論をお楽しみ頂ければと思います。格闘技界に入る前から観ていた舞台でスペシャルシングルマッチをやらせていただける事を嬉しく思います。どこかしら極めます」


05
スペシャル・アイアンマンマッチ(エキシビジョン)

vs
ガリットチュウ福島

桜庭Pのコメント

「1回だけですが一緒に練習して福島さんが本気なのは伝わりました。芸人さんがグラップリングで真剣勝負をやってみたいという熱意に応えたいと思います。さあ、対戦相手誰にしよっかなぁ?」

ガリットチュウ福島のコメント
「去年の10月に後楽園ホールで開催されたQUINTETを友人に誘われて観に行き関節技の面白さに衝撃を受けました。見終わった直後、43歳ですがやりたい衝動が止められず、柔術、グラップリングの道場を検索する程でした。
運良く見つかり去年の12月から柔術を習い始めました。

そしてやり始めて思ったんです。
『俺って才能の塊じゃん』と・・・
『神の子ならぬ神のおじさん じゃん』と・・・

7月13日QUINTET後楽園ホール大会に出場します。

中高年の希望の星であり才能の塊『神のおじさん福島』を是非観に来て下さい。 宜しくお願い致します」



大会まで1週間を切って、いよいよ大詰めとなってきました。

チケットはすでにはVIP席が完売、指定席も残りわずか。

会場で感染したい方はお早目のご購入をオススメします。

また今大会はUFCファイトパスでライブストリーミングされるので、そちらで観戦も可能です。



06
【チケット発売中】
「QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO」

会場:後楽園ホール
日時:7/13(火) 開場 17:00 開始 18:00
入場料金:VIP席 30,000円(完売)指定席 10,000円
※会場ガイドラインに基づき、座席は1席ずつ空けたレイアウトとなります。
■大会詳細はコチラから!




00
【Today's Pick up】
ブルテリア柔術衣「Light2.0」

デザインがシンプルで、そのまま着るもよし、パッチでカスタムするもよしという汎用性の高いモデルです
比較的安価なのも魅力的で、白は12900円、青&黒は13900円(それぞれ税込み価格)というのも嬉しいポイントでしょう。



01
白の詳細&購入はコチラから!



02
青の詳細&購入はコチラから!



03
黒の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年05月14日

【大会】「QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO」開催

q7
7/13(火)、東京・文京区の後楽園ホールで「QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO」が開催されます。

今大会は2021年度における2回目の開催で、ここでは男子の軽量級カテゴリーである合計体重360kgのチーム戦が行われます。

出場が決定しているのは以下の4チームです。



1
【TEAM SAKURABA(仮)】
中村大介
出花崇太郎
世羅智茂

■桜庭ゼネラルプロデューサーのコメント
「軽量級の大会なので僕は出場できませんが、僕のお気に入りの選手を集めて優勝を狙いたいと思いまず3人決めました。3選手(中村、出花、世羅)ともに常に一本を積極的に狙ってくれる僕が望むスタイルを体現してくれる選手たちなので、とても楽しみです。腕十字でバンバン一本勝ちを築いて優勝して欲しいです! 残り2選手も選定中で、希望のどおりの選手が決まってくれるといいなと思っています。よろしくお願いします。」



2
【TEAM WOLF】
小見川道大
内柴正人
伊藤盛一郎
森戸新士
グラント・ボグダノフ

■小見川道大のコメント
「TEAM WOLFは前回やり残した事があります。そして前回と同じ最高のメンバーで挑みます。今大会こそ勝利の遠吠えで優勝を分かち合います。応援よろしくお願いします!」



3
【TEAM BRAVE GYM】
宮田和幸

■宮田和幸のコメント
「2回目になりますが今回はBRAVE GYMとして参戦します! 優勝はもちろん、良い試合をしてグラップリングの楽しさを伝えたいです!」



4
【TEAM TRI-FORCE】
澤田伸大
鈴木和宏

■早川光由トライフォース総代表のコメント
「トライフォースの次世代のエースであり、ノーギ柔術世界王者でもある澤田伸大をリーダーとして、今回チームとして参戦致します。レジェンドのみなさんの胸をお借りします!」



今大会の注目はやはりチーム・トライフォースでしょう。

国内に多数の支部を持ち、日本の柔術ジムの老舗であるトライフォースがついにQUINTET初参戦を果たし、ワールドノーギ王者の澤田伸大をリーダーに据えてチームを結成。

まだフルメンバーは公表されていない中ではありますが、柔術家だけでチームを組むであろうことは想像に難くなく、そういったギありの柔術のスペシャリストたちがノーギ・グラップリングにテクニックをコンバートして試合に挑んでいくのは浪漫があります。

この強豪揃いのチーム戦の中でピュア柔術家たちがどのように勝ち上がっていくのか、興味が尽きないのと同時に活躍をを期待せずにはいられません。

今大会の観戦チケットは本日5/14(金)10:00より、イープラス独占で販売開始です。

料金はVIP席が3万円、指定席が1万円ですが、前回大会は大会の1か月前に全席種が完売となっているため、観戦希望の方はお早目に購入が吉だと思われます。

その他にもUFCファイトパスでの視聴も可能なので、後楽園ホールで現地観戦するか、UFCファイトパスのライブストリーミングで見るか、それはあなた次第です!



00
『QUINTET FIGHT NIGHT 7 in TOKYO』
日時:7月13日(火) 開場 17:00 開始 18:00
会場:後楽園ホール
主催:株式会社ラバーランド
協力:日本ブラジリアン柔術連盟 / D-NET   
メディア:UFC FIGHT PASS 
料金:VIP席 3万円 指定席 1万円
チケット発売:一般発売 5月14日(金)10:00〜
イープラス https://eplus.jp/quintet(PC&スマートフォン)
ファミリーマート店内Famiポート
チケット関するお問合せ:ticket@office-delight.net 
大会に関するお問合せ:info@quintet-fight.com

■大会サイトはコチラから!



00
【Today's Pick up】
ブルテリアスパッツ「Standard2.0」

そのまま履くもよし、ドーギのアンダーとして履くのもよし、そして夏にはスイムウエアとして着用もいい汎用性の高いショート丈のスパッツ。
ブルテリアならではの工夫として股間部にファウルカップを装着するためのポケット付きというのがポイントです。



03
■ブルテリアスパッツ「Standard2.0」詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年05月07日

【大会】「UNRIVALED ALTANA」出場選手募集中

00
昨年12月にプロイベントとして開催された「UNRIVALED(アンライバルド)」のアマチュア部門として開催される「UNRIVALED ALTANA(アンライバルド・オルタナ)」が出場選手を募集中です。

「UNRIVALED」は寝技や投げ技、サブミッションなどのグラップリングに特化した格闘技で、ルールはGTFをベースにしたポイント制で、スタンドでの攻防を重要視されています。

柔術家はマイナスポイント覚悟で引き込むか、MMAファイターやレスラーはテイクダウンでポイントを取りにいくか。

あらゆる競技の選手が闘いやすいグラップリングのルールを採用していくとのこと。

主なルールは以下の通りです。



ippon
関節技や絞め技による一本勝ち。



07
タックルや投げ技によるテイクダウン。
+2ポイント



mount
マウント、サイドポジション、バックマウント。
+2ポイント



03
ガードポジションからトップポジションに移行したスイープ
+2ポイント



escape
抑えこまれた状態から脱出。
+1ポイント



02
自ら座って相手を引き込む。
ー2ポイント



06
サブミッションを仕掛けられている状態から腰上まで持ち上げる。
ブレイク


■ルール詳細はコチラから!




UNRIVALEDは国内最高峰のグラップリング大会を目指す「UNRIVALED」のアマチュア大会「UNRIVALED ALTNA」は5/22(土)、GENスポーツパレスで開催されます。

募集カテゴリーは以下の通りで、応募締め切りは5/12までです。



04
「UNRIVALED ALTNA」
日時:5/22(土)
会場:GENスポーツパレス


募集:
■グラップリング
60、65、70、80、無差別のワンマッチ
※試合時間10分

■道着マッチ
60、65、70、80、無差別のワンマッチ
※試合時間10分
□女子の希望者は通常体重を考慮したマッチメイクとする。
□参加費 5,000円

出場希望者は
・氏名
・年齢
・所属ジム
・希望カテゴリー
・希望階級
・格闘技歴(競技と経験年数)
・入賞歴
・身長と通常体重

以上を明記して、大会TwitterのDMか、unrivaled1227@gmail.com までお申し込みを。



■大会オフィシャルサイトはコチラから!




00
【Today's Pick up】BLACK BULL柔術衣「Light」
ブルテリアの姉妹ブランド「BLACK BULL」から軽量モデルの柔術衣が好評発売中。シンプルなデザインが好評で、さらに軽量化されており、試合に練習に最適です。白・青・黒の3色展開で、どれも人気となってます。



01
■白の詳細&購入はコチラから!



02
■青の詳細&購入はコチラから!



03
■黒の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年04月20日

【結果】UFC GYM JAPAN INVITES・女子グラップリングラウンドロビン

0
4/17(土)、東京・荻窪のUFCジムジャパンにて「UFC GYM JAPAN INVITES」が開催された。

月に1回のペースで定期開催されている今大会だが、今回はこれまでのワンマッチだけでなく、新たな試みとして女子グラップリングのラウンドロビンも行われた。

ラウンドロビン=総当たり戦で4人の選手がそれぞれと試合をして3勝ちを挙げた選手が勝利となり、ルールはグラップラーズリーグの3分3Rが採用されている。

このラウンドロビンに出場したのは3月に開催されたQUINTET女子大会にも出場していたトップ選手たちが中心で、その中で唯一QUINTET不出場だったのが山田かなえだった。

山田は今月に以前所属していたトライフォースからIGLOOに移籍し、心機一転の再出発で今大会の出場を果たしていた。

柔術の前はレスリングのトップ選手として数々の実績を残していただけに、このグラップリングマッチではギありの試合よりものびのびと試合していた印象だった。

持ち前のハイレベルなテイクダウンスキルと盤石なトップキープはレスラーならではのものだったが、その反面極めにはまだ改善の余地があるとも感じられた。

ともに2勝を挙げていた選手同士の対戦となった優勝決定戦は、女子版QUINTETで優勝したTEAM CARPE DIEMのチームリーダー・石黒と山田の初対決。

柔術の帯色でいえば石黒は茶帯で山田はまだ青帯だが、グラップリングでは帯色は関係なく、試合も白熱した内容になり、本戦では決着つかずに延長戦に突入。

延長戦はEBIルールで、腕十字またはバックテイクから極めるか、エスケープに成功した秒数での勝敗が決まる。

ここでコイントスで勝った山田が選択したのはバックテイクで、3Rを通してバックテイクからの極めはなく、エスケープした秒数のトータルで石黒が勝利したが、帯色を考えたら山田は大健闘したといえよう。

とはいえ、優勝決定戦までの2試合を判定勝ちだった山田に対し、2戦とも極めての勝利だった石黒は優勝本命と目されていた下馬評以上の圧勝ぶりでの優勝だった。



01
女子ラウンドロビン

○山田海南江(IGLOO)
vs
×坂元和子(今成柔術)

山田のIGLOO移籍後初試合。試合は坂元が引き込み、山田がパス狙いの展開で、2Rにパスを2回決めた山田が6ポイント獲得。さらに3Rにもパス&マウントで攻めていき、最終的には11-0で山田勝利。

○石黒遥希(CARPE DIEM MITA)
vs
×岸田蘭音(パラエストラ柏)

クインテットでは岸田がRNCを極めており、1か月ぶりの再戦。1R、石黒が引き込みベリンボロからクラブライド、そしてフットロックを仕掛けていくも岸田はエスケープしインサイドクローズドへ。2R、スタンドの攻防でケージに押し込んだ岸田がトップになるも、再度スタンドになり、石黒がガードへ。そしてクラブライドからヒザ十字を極め、石黒一本勝ち。

○山田海南江(IGLOO)
vs
×岸田蘭音(パラエストラ柏)

引き込んだ岸田をパス&マウントの山田。そこからギロチンに捕らえネックロック気味に抱えていくも岸田はガードに戻しデラヒーバ、リバースデラヒーバを仕掛けたところで1R終了。2R、パスから腕十字のセットアップの山田だが岸田はクラッチキープでエスケープ。そして両者Wガードのような状態になり、このラウンドは終了。ラストラウンド、トップの山田、ガードの岸田で試合は続き、山田がパスし、さらにマウントへ。その状態のままで試合終了となり、5-0で山田勝利。

×坂本和子(今成柔術)
vs
○石黒遥希(CARPE DIEM MITA)

スタンドの攻防から引き込んだ坂元、そこをパスした石黒が腕十字を極め、2試合連続の一本勝ちで2勝目を挙げた。

×山田海南江(IGLOO)
vs
○石黒遥希(CARPE DIEM MITA)

1R、先に上を取ったのは石黒もパスには至らず、その後にスタンドになりながらクローズドで様子見、ここで1Rは終了。2R、石黒が引き込み、山田がパスを仕掛けていたところで配信が途切れる。そして再開したら50/50で山田がヒールフックのセットアップ。そのまま足を絡め合いながら2R終了。3R、引き込んだ石黒の首を抱えてガブっていった山田。そして石黒はガードになり50/50へ。そこから爪先を脇てわ抱えてヒールフック狙いからフットロックも山田エスケープ。そして再度50/50からウェイターのような形で足を抱えた状態でタイムアップになり、延長戦へ。延長はEBIルールで山田はバックを選択し、3Rを通して巧みなバックキープ力とエスケープを見せた石黒がトータルタイムで勝利、ラウンドロビン優勝を果たした。



05
×カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
vs
〇フェルナンダ・クリスト(EVOX)

前回大会ではノーギマッチで対戦し延長戦でフェルナンダが勝利しており、今回はドーギマッチでの再戦。カロリーナが引き込んでスイープ、さらにパスで畳みかけ、フェルナンダはデラヒーバからスイープし返す。そして50/50のような形になり、足関節の攻防に。再度カロリーナが上になり、フェルナンダはスイープ、パス&マウントで大量ポイント獲得。一度はガードに戻すもまたもパスを許し、フェルナンダが優位に試合を進めていく。その後、スクランブルから上下入れ替わり、カロリーナもパスし返して猛攻をかけていくがフェルナンダもガードで凌いでいく。そしてフェルナンダがセンタク挟みをした状態でタイムアップ、10-2でフェルナンダ勝利。



04
○ペドロ・ナカノ(EVOX)
vs
×東瑠光(GRIP JJ)

組みついたペドロを投げて袈裟固めの東。それをバックで切り返したペドロが絞めを極めかけるもエスケープ。そして最後はフットロックを極めたルアンが一本勝ちし、前回大会の一本負けからの復活を果たした。



03
○中村元(リバーサルジム東京Me,We)
vs
×渋澤涼真(PATO STUDIO)

両者とも青帯で中村が引き込んで試合スタート。だが互いに動きなくイエローカードでリスタートも同じ展開で再度イエローカード。さらにそのまま上下変わらずでグリップ数の判定で中村勝利。拮抗した試合も動きのある攻防は少なかった。



02
○佐野カイラ(AXIS)
vs
×ルアン・ナガセ(EVOX)

終始圧倒の佐野は黄帯だがオレンジ帯で格上のルアンをハーフガードからのパス&マウント、そのまま肩固めで極めて一本勝ち。



00
【Today's Pick up】
ブルテリア柔術衣「MUJD」

某一流日本人柔道家の監修で製作されたブルテリア初の柔道衣モチーフの柔術衣。上衣は超重量の750gmのJUDOウィーブ生地、パンツも厚手のある12ozツイルコットン生地が採用されており近年にない重厚感のある作りのドーギです。白・青・黒の3色展開です。



01
白の詳細&購入はコチラから!



02
青の詳細&購入はコチラから!



03
黒の詳細&購入はコチラから!








btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年03月15日

【レポ】「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」その2

c8
「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」のチーム戦の優勝決定戦はチーム・カルペディエムvsチーム・フェアテックスの1回戦のリマッチに。

初戦で対戦した際にはCARPE DIEMが2人残しで勝利したが、リマッチでは果たしてどうなるか。

この2チームはともに柔術家が中心となって組まれたチームであり、またすでに初戦で対戦済ということで互いに手の内がわかりきっていると思われる。

続きを読む

2021年03月13日

【結果】「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」

kv_fn6-2_lg
3/12(金)に六本木のEXシアターで開催された「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」の主な結果です。


■1回戦 
チーム・カルペディエムvsチーム・フェアテックス

q1
チーム・カルペディエム



q2
チーム・フェアテックス




○SARAMI / カルペディエム
vs
×坂本和子 / フェアテックス
反則 ※跳び付きクローズド

○SARAMI / カルペディエム
vs
×吉田綾子 / フェアテックス
2:25 腕十字

×SARAMI / カルペディエム
vs
○カロリーナ・クワハラ / フェアテックス
2:24 腕十字

△守脇美友 / カルペディエム
vs
△カロリーナ・クワハラ / フェアテックス
ドロー

○石黒遥希 / カルペディエム
vs
×ジュリアンナ・ラウレンチーノ / フェアテックス
0:15 腕十字

×石黒遥希 / カルペディエム
vs
○岸田蘭音 / フェアテックス
6:47 RNC

○菅里美 / カルペディエム
vs
×岸田蘭音 / フェアテックス
1:45 ダースチョーク
※チーム・カルペディエムが決勝戦進出



QUINTET FN6TOKYO 1st match order seat-page-001




■2回戦
チーム・フェアテックスvsチーム・コロブロック

q2
チーム・フェアテックス



q3
チーム・コロブロック



△坂本和子 / フェアテックス
vs
△小生由紀 / コロブロック
ドロー

△ジュリアンナ・ラウレンチーノ / フェアテックス
vs
△藤野恵実 / コロブロック
ドロー

△カロリーナ・クワハラ / フェアテックス
vs
△柳仙香 / コロブロック
ドロー

○吉田綾子 / フェアテックス
vs
×WINDY智美 / コロブロック
1:55 腕十字

×吉田綾子 / フェアテックス
vs
○端貴代 / コロブロック
3:28 アメリカーナ

○岸田蘭音 / フェアテックス
vs
×端貴代 / コロブロック
レフリー判定

※チーム・フェアテックスが決勝戦進出



QUINTET FN6TOKYO 2nd match order seat-page-001




■優勝決定戦
チーム・カルペディエムvsチーム・フェアテックス

q1
チーム・カルペディエム



q2
チーム・フェアテックス



○内山裕規 / カルペディエム
vs
×岸田蘭音 / フェアテックス
0:58 フットロック

○内山裕規 / カルペディエム
vs
×ジュリアンナ・ラウレンチーノ / フェアテックス
2:33 ヒザ十字

△内山裕規 / カルペディエム
vs
△坂本和子 / フェアテックス
ドロー

○守脇美友 / カルペディエム
vs
×吉田綾子 / フェアテックス
1:29 腕十字

△守脇美友 / カルペディエム
vs
△カロリーナ・クワハラ / フェアテックス
ドロー 
※3人残しでチーム・カルペディエムが優勝



QUINTET FN6TOKYO Fainal match order seat-page-001




IMG_5235
チーム・カルペディエム



q6
スペシャルシングルマッチ
○世羅智茂
vs
×中村大介

判定 3-0



20210303_02-1024x683
オープニングファイト
○丹羽怜音
vs
×長野将大

判定 3-0



00
【Today's Pick up】
ブルテリア柔術衣「ウルトラライトFire」

ウルトラライトはその名の通りに軽量化に特化しており、デザインもシンプルでさらにお値段も手ごろというコストパフォーマンスに優れたモデル。
色は白・青・黒の3色が用意されており、これらのカラーはJBJJFルールでもSJJIFルールでも試合着用可能です。



01
白の詳細&購入はコチラから!



02
青の詳細&購入はコチラから!



03
黒の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2021年03月09日

【大会】「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」出場選手紹介

08
3/12(金)に六本木のEXシアターで開催される「QUINTET FIGHT NIGHT 6 in TOKYO」。

今大会のチーム戦に出場する女子3チームのメンバーが決定しました。

チーム戦は3チームによる巴戦で優勝を争うことになります。

そのチーム戦に出場する主な選手たちの実績などを紹介します。

まずは一番最初に出場選手の全メンバーが決まったTEAM CARPE DIEMです。

このチームは、

石黒遥希
内山裕規
守脇美友
菅里実
SARAMI


の5人でチーム編成されてます。



q1
TEAM CARPE DIEM



チームリーダーに抜擢された石黒は現在は茶帯で最近の試合では昨年10月にKIT 01に出場、ミレーナ・サクモトと対戦しレフェリー判定勝ちをしています。

過去にはQUINTETにも出場経験があり、2019年に湯浅麗歌子とワンマッチで対戦も腕十字で一本負けでしたが、このQUINTET出場の実績があったため、黒帯の内山を差し置いて茶帯の石黒が今回のチームリーダーに抜擢されたと思われます。

そして副将的なポジションにいるのが黒帯の内山裕規で、内山は2020年の統一全日本王者で、先月にはKIT 02に出場、深津佐和子にオーバータイムで勝利したばかりで短いスパンでの試合出場となりました。

守脇(茶帯)と菅(紫帯)は最近の試合出場はなく、SARAMI(紫帯)はMMAの試合を昨年11月に行い勝利しており、守脇は賞金マッチのトライアングルリーグ優勝、菅は青帯時代にムンジアルで3位入賞の実績があります。



IMG_6871
石黒遥希



01a
内山裕規



09
守脇美友



de203d03
菅里実



sa
SARAMI




次に紹介するのはカロリーナ・クワハラをチームリーダーとするTEAM Fairtex。

メンバーは、

カロリーナ・クワハラ
岸田蘭音
ジュリアンナ・ラウレンティーノ
坂元和子
吉田綾子


の5人で、日本人と日系ブラジリアンの混成チームで所属ジムもバラバラです。


q2
TEAM Fairtex



チームリーダーのカロリーナ自らが声をかけて集めたメンバーたちは全員がピュア柔術家たちというチームです。

カロリーナは国内外で数々の実績があるトップ柔術家の一人で現在は茶帯を巻き、過去の青帯&紫帯時代にはムンジアルやヨーロピアン、アジアなどで優勝してます。

岸田(茶帯)は上京前には関西をベースに活動してましたが、現在は千葉に拠点を移し、MMAのチャンピオンメーカー的なジムであるパラエストラ柏に所属しました。

海外での戦績はないものの、青帯&紫帯でアジアを連覇しており、国内トップ柔術家といっていいでしょう。

日系ブラジリアンのジュリアンナは現在青帯ですが極めの強さに定評があり、昨年の大会では跳びつき腕十字でわずか18秒で一本勝ちし、大きな話題となりました。





そして吉田もまだ青帯ですが白帯時代に白帯のムンジアルともいえるLAで開催されたノービスチャンピオンシップで優勝し、柔道時代に培ったフィジカルとスタミナを活かして活躍しています。

坂元は柔術の実績は不明ながらノーギでは昨年開催の女子版GTFで準優勝しており、またFINISH03では最短FINISH賞も獲得いているフィニッシャーでもあります。



ca
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)



kishihi
岸田蘭音(パラエストラ柏)



ju
ジュリアンナ・ラウレンティーノ(クサノチーム)



S__4612103
坂元和子(今成柔術)



yo
吉田綾子(TREE BJJ)




最後のTEAM CoroblockはMMA選手を集めたチームで以下の5選手による編成です。

藤野恵実
WINDY智美
端貴代
小生由紀
柳仙香



q3
TEAM Coroblock


このチームの選手たちはMMAの試合を中心に活躍しているため、今回は割愛します。

以上、この3チームによる巴戦が今大会のメインとなります。

その他にスペシャルシングルマッチの中村大介vs世羅智茂、エキシビジョンマッチのスペシャルアイアンマンマッチでSAKU Jr vs 鈴木和宏の2試合も組まれています。


q6
中村大介vs世羅智茂



q5
SAKU Jr vs 鈴木和宏




kv_fn6-2_lg
【大会】
「QUINTET FIGHT NIGHT 6 inTOKYO」

日時:3月12日 (金)開場 17:00 開始 18:00
会場:EX THEATER ROPPONGI
チケット:
VIP席 30,000円
指定席 10,000円
※入場時にドリンク代として別途500円が必要。

■QUINTETオフィシャルサイトはコチラから!



A16059_I3
【Today's pick up】
ブルテリア柔術衣「Silver Fox 白」

裏地にプリント、肩部には高級ファーをあしらったかつてないラグジュアリーキモノ。
見えない部分でオシャレしてるとこがキモです。
ロゴなどの刺繍も通常のモノよりもきめが細かくなってるとこも注目ポイントです。
■詳細&購入はコチラから!






btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2021年02月26日

【大会】WNO・クレイグ・ジョーンズvsホナウド・ジュニオール 大会見どころ紹介

wno1
今週末の2/26(日本時間は2/27)に開催されるWNOことWho's Number Oneはトップグラップラーのみが出場可能なノーギイベント。

今大会のメインイベントはクレイグ・ジョーンズvsホナウド・ジュニオールのダナハー・デススクワッドとATOSの代表選手戦が据えられ、セミファイナルはゴードン・ライアンvsロベルト・ヒメネスというニッキーの負傷欠場があったからこそ組まれた一戦が並んだ。

ルールはサブオンリーで、メインとセミの試合時間は30分で行われ、その他の試合は試合時間15分で行われる。

続きを読む

2021年01月26日

【柔術プリースト】#437:UNRIVALED #00【ブラジリアン柔術】

437sam2
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は昨年末に開催されたグラップリングイベント「UNRIVALED #00」を配信します。

群雄割拠のグラップリングシーンに新風を巻き起こすべく企画されたグラップリングイベント、独自ルールを採用し個性豊かな選手たちが参戦しています。

その中から厳選した試合を紹介します。

配信試合は以下の通りです。



un
「UNRIVALED #00」
2/27(日)ゴールドジムサウス東京ANEX(大田区・大森)



01
エキスパート80
コクエイ・マックス(パラエストラ川崎)
vs
グラント・ボグダノフ(クサノチーム)
-2 - 20



05
アドバンス60
細貝純也(フィジカルスペース)
vs
ナカモト・ケニー(パラエストラTB)
8:09 ヒールフック



02
アドバンス65團函璽淵瓮鵐硲渦鸚
橋本敦貴(X-TREME EBINA)
vs
大嶋聡承(トイカツ道場)
0:35 フットロック



04
アドバンス65團函璽淵瓮鵐鳩莨\
ケオン寿大(KRAZY BEE)
vs
橋本敦貴(X-TREME EBINA)
9:44 アームロック



DSC01813
#437はコチラから!









そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

UFCジムジャパン・インバイツ総括
KIT02、八巻祐vsホベルチ・オダ決定
音声配信アプリstand.fm開始
F2W、ハイサム出場
ゴング格闘技・最新号、新発売


です。

ぜひご視聴を!


0121w_sam
コチラから!



0529
【Today's pick up】
BULL TERRIER「エコバッグ」

ちょっとした買い物やサブバッグとして重宝するエコバッグ。
ギもはる大きめサイズなので練習バッグにも使えます!
■詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2021年01月09日

【レポ】『UNRIVALED #00』

00
2020年の年の瀬も迫った12/27(日)に大田区・大森のゴールドジムサウス東京ANEXでIGLOO主催『UNRIVALED #00』が開催された。

今大会は東京・駒沢にある格闘技ジムであるIGLOOが主催した新たなグラップリング&MMAの混在する大会で、大会の開催告知から2週間後に大会当日を迎えるという急遽決まったイベントだ。

IGLOOは昨夏に同会場で開催されたZST主催の賞金トーナメント「GTF」で全階級をIGLOOの選手が制覇するという快挙を成し遂げ、一躍その名を知らしめたことを記憶されてる方も多いだろう。

そのGTF王者たちだけでなくADCC日本代表の岩本健汰をも擁しており、さらには海外から一時帰国中の石井慧もグラップリングの強化キャンプでIGLOOを訪れるなど、今やIGLOO=グラップリングのイメージは根強い。

そんなIGLOOが旗揚げしたイベントだけに大きな注目を集めていた。

続きを読む

2020年12月13日

【大会】IGLOO&GRANDSLAMがプロアマ大会「UNRIVALED」開催

un
「グラップリングはMMAの前座ではない」「海外トップ選手と渡り合える強い日本人を輩出したい」というコンセプトで格闘技ジムのIGLOOと老舗MMAイベントのGROUNDSLAMが手を組んで大会を主催します。

大会名は「UNRIVALED」で、大会日時は12/27(日)、会場は大森のゴールドジムです。

内容は組技×MMAのイベントで、組技はグラップリングルールでGTFルールをベースにポイント制の完全決着ルールを独自に制定。

ルールをざっと紹介すると、引き込みで-2ポイント、押さえ込みからエスケープし、スタンドで正対した場合はエスケープポイント+1、テイクダウン+2、ガードポジションから仕掛けられたサブミッションを抱え上げた場合はブレイクしスタンドから再開するなど、MMAファイターやレスラー、柔道家に有利なルールになっているとのこと。

これは引き込んでアタックする柔術家などは、マイナスポイントのリスクを負いながら一本を狙いにいかなければならなくなり、スリリングな試合展開が期待できることでしょう。

出場希望者は参加費\5000で出場可能で、このトーナメントの無差別級には優勝賞金10万円が用意されています。

このグラップリングトーナメントにはアマチュア選手の参加も大歓迎で、実力や経験に見合ったマッチメイクとなり、さらに大会後にはGTFチャンピオンによるセミナーも予定されています。

またグラップリングトーナメントだけでなくプロMMAルールの試合も予定されており、こちらは当日計量68〜70kgで、デビュー戦〜プロ2勝くらいの選手も募集され、この試合の対戦相手は今大会がデビュー戦のフェザー級の選手になります。

今大会をGROUNDSLAMと共催するIGLOO代表の斉藤穂高氏は「GROUNDSLAMの勝村さんや参加選手とともに、この『UNRIVALED』を国内最高峰のイベントに育てていきたいです」とコメントしています。


un
【参加申し込み受付中】
『UNRIVALED』

日時:12/27(日)
場所:大森ゴールドジム
主催:GROUNDSLAM&IGLOO共催
階級:60kg / 65kg / 70kg / 80kg / 無差別
参加費:5000円
※お問い合わせ、エントリーはIGLOOのTwitterのDMか、下記メードアドレスへお願いします。

unrivaled1227@gmail.com



A16060_I1
【Today's pick up】
ブルテリア柔術衣「シルバーフォックス・青」

肩当て部に日本製の超高級フェイクファー生地が使用されてるラグジュアリーキモノ。
裏地には煌びやかな豪華シルバーフォイルプリントも施されています。



A16060_I3
■「シルバーフォックス・青」詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear



KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年10月28日

【結果】「QUINTET FIGHT NIGHT 5 in TOKYO」CARPE DIEM、王座陥落&イゴール、ハイサムから一本勝ち!

q2
10/27(火)、東京・水道橋の後楽園ホールで開催された「QUINTET FIGHT NIGHT 5 in TOKYO」の主な結果です。


続きを読む

2020年07月27日

【結果】GTF.4:IGLOOがトーナメント完全制圧

gtf4
7/26(日)、都内某所で開催されたZST主催「GTF.4」のトーナメントの全試合結果です。

組み合わせの上の選手が勝者となります。

続きを読む

2020年06月01日

【結果】世羅智茂vs岩本健汰・グラップリングマッチ

s00
まだまだ世界ではコロナショックの終息は考えられない状況ながら、海外のアメリカではレギュラートーナメントに先立ってプロ大会が開催され好評を博している。

それは日本でも同様で柔術はJBJJFもASJJF&SJJJFも活動休止を余儀なくされてる中、先月はMMAプロモーションのONEを無観客で大会開催の英断を下した。

そして今月は修斗が5/31(日)、都内某所にて「PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.3」を「ABEMAテレビマッチ Supported by ONE Championship」として開催、先月のONEと同様にABEMAでライブストリーミングで配信され、数多くの視聴者を魅了した。

その大会の中でセミ前という好ポジションで組まれたのが世羅智茂vs岩本健汰のグラップリングマッチだ。

続きを読む

2020年04月18日

【結果】青木真也vs世羅智茂・グラップリングマッチ

one1
4/17(金)、都内某所にて開催された「Road to ONE:2nd sponsored by ABEMA 」での青木真也vs世羅智茂のグラップリングマッチの試合結果です。

この試合は大会のメインイベントで行われ、ABEMAにて生配信された。

いまはMMAのトップ選手として確固たる地位を築いている青木真也だが、過去にはADCCの日本代表選手として2005年のロサンゼルス大会に参戦したり、MMAに転向後もメタモリス2でのvsクロン・グレイシー戦(2013年6月)やONEでのゲイリー・トーナン戦(2017年5月)などでグラップリングマッチに出場している。

そのクロン戦はギロチンで、ゲイリー戦はヒールフックでそれぞれ一本負けを喫しているが、国内ではいまだトップクラスのグラップラーであることに間違いないはずだ。

対する世羅智茂はCARPE DIEM所属の柔術家でありながら、ギありの柔術よりもノーギでの戦績の方が目立っており、最近ではQUINTETでの活躍ぶりが印象に残っている。

続きを読む

2020年01月12日

【大会】ZSTで柔術家注目のグラップリングトーナメントが開催!

zst1
3月15日(日)、横浜の大さん橋ホールで開催されるZST&SWAT!の大会で注目のグラップリングトーナメント(65.8キロ級)が開催される。

このトーナメントはZST・勝村周一朗プロデューサーが「あまりZSTを見ない柔術家の方たちにも注目して欲しい」との意で日本のトップグラップラーの参戦が決定している。

現在の参戦選手は以下の通り。

続きを読む

2019年12月01日

【結果】『QUINTET FIGHT NIGHT.4 in AKITA』

fn4
11/30(土)、秋田県秋田市の秋田市文化会館で開催された『QUINTET FIGHT NIGHT.4 in AKITA』の試合結果です。

続きを読む

2019年05月13日

【結果】ADCCアジア&オセアニア予選

adccj
5/12(日)、東京都・世田谷の北沢タウンホールで開催された「ADCCアジア&オセアニア予選」の主な結果です。


続きを読む

2016年10月18日

【レポ】10/16横浜「GRAPPLERS LEAGUE」

1fb
10/16(日)、神奈川県横浜市の吉野町市民プラザで開催された「GRAPPLERS LEAGUE」。

AXIS所属のジョン・パウロ倉岡が主催する新しいグラップリングトーナメントで、初開催となる今回は優勝賞金10万円をかけた65kg級の8人トーナメントとスペシャルワンマッチ2試合が組まれた。

今回は全試合をレポートする。


2fb



「GRAPPLERS LEAGUE」は、「最高峰のグラップラーが集結し、性別、年齢を問わず誰もがグラップリング、柔術を楽しめるイベントを目指す」ため、経験者でもグラップリングに詳しくない人が見てもエキサイトできるようなルール設定を取り入れている。

その詳細は本ブログですでに紹介済みだが、簡単に言えばテイクダウンやスイープのポイントはなく、ベースコントロール、サイドコントロール、マウント、バックのみにポイントが与えられるシンプルなシステム。

これが功を奏し、延長も含めれば全9試合中7試合が一本決着となるなど、アグレッシブかつエンタメ性の高い試合の数々が繰り広げられた。


3fb
開場前に行われたトーナメントの組み合わせ抽選の様子。



4fb
開会の挨拶で「新たなルールで、新たなトーナメントに参加する真の勇者」と出場選手を讃えたジョン・パウロ倉岡。
挨拶の中では、先日逝去した吉岡大に黙祷が捧げられた。



5fb
第1試合:スペシャルワンマッチ(3分2R)
○響本ヒロアキ(AXIS横浜)
vs
×米山チハヤ(ボンサイ柔術)のワンマッチ3分2R
大会はスペシャルワンマッチからスタート。1Rから足関を狙い続けた響本が2R1:23、ヒールフックを極めて一本勝利。出だしの一本決着に観客も盛り上がる。



6fb
第2試合:65kg級トーナメント1回戦(3分5R)
○松本義彦(CARPE DIEM)
vs
×アラン・ヤマヒナ(ボンサイ柔術)
続いて行われたトーナメント1回戦。アランの猛攻をハーフで凌ぐ松本。2R終盤には、アランがバックからチョークをセットアップし決定的なチャンスをつくるもタイムアップ。



7fb
逆にタイムに救われた松本が、3R中盤にスクランブルから場外際でRNCを極めて1:59、一本勝ち。チャンスを逃さないベテランぶりで2回戦進出を決めた。



8fb
第3試合:65kg級トーナメント1回戦 (3分5R)
○河村泰博(和術慧舟會 AKZA)
vs
×平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
ADCC日本代表の平尾と、パンクラスで戦う河村の対決は、1R0:43、ギロチンを極めた河村が一本勝ち。優勝候補の一人と目されていた平尾が初戦で姿を消す結果に。



9fb
第4試合:65kg級トーナメント1回戦(3分5R)
○鶴巻陽司(AXIS)
vs
×上田貴央(パラエストラTB)
足関、チョークとお互いに一本を狙いにいくも最終ラウンドまでもつれ込み、上田のアームロックを鶴巻が凌いだところで時間切れ。序盤からサイド、バックテイク、マウントなどでポイントを重ねてきた鶴巻が、判定で2回戦進出。



10fb_GF
第5試合:65kg級トーナメント1回戦(3分5R)
○渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)
vs
×佐野貴文(AXIS横浜)
トーナメントの組み合わせ抽選で、自ら渡部との対戦を選択した佐野。気鋭の若手柔術家とMMAファイターの対戦は、全ラウンドで互いにポイントが入らず、大会初の延長戦に。



11fb
コイントスで先攻となった渡部はバックコントロールの体勢を選択し、バックチョークを極めて先手を取る。



12fb
後攻の佐野はクロスオーバーアームコントロールを選択。レフェリーのミスで一旦試合が中断するが、仕切り直し後、渡部がきっちりと腕十字をエスケープして勝利。惜しくも敗れた佐野だが、経験で勝る相手に1ポイントも許さず戦い抜いたことは胸を張れるだろう。



13fb
第6試合:スペシャルワンマッチ(3分2R)
○丹羽怜音(AXIS横浜)
vs
×ペドロ・アキラ・ネモト(INFIGHT JAPAN)
トーナメント準決勝前に行われたスペシャルワンマッチ2戦目。9月の「Jiu Jitsu Liga de Tokio 02」ではペドロが勝利しているが、今回は2R戦って決着つかず、延長戦にもつれ込む。



14fb
延長でも与えられた3回のチャンスをフルに戦った両者。アームコントロールを2度選択した丹羽だが、腕が伸びきってもタップしないペドロに対し、3度目の正直でバックコントロールを選択。これが吉と出て、RNCでペドロからタップを奪った丹羽が熱戦を制した。



15fb
第7試合:65kg級トーナメント準決勝(3分5R)
○松本義彦(CARPE DIEM)
vs
×河村泰博(和術慧舟會 AKZA)
準決勝第1試合は、1Rにマウントからバックにまわった松本が1:44、RNCを極めて一本勝ち。



16fb
第8試合:65kg級トーナメント準決勝(3分5R)
○渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)
vs
×鶴巻陽司(AXIS)
準決勝第2試合も一本決着。1R1:42、渡部がアナコンダチョークを極めて決勝進出を決めた。



17fb
第9試合:65kg級トーナメント決勝(3分5R)
○松本義彦(CARPE DIEM)
vs
×渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)
決勝は松本対渡部。テイクダウンを決め、スクランブルから絞めを仕掛ける渡部に対し、松本もマウントからバックにまわってチョークを狙うなど、1Rから見応えのある展開に。



18fb
2Rはスタンドでの探り合いが続き、3Rは松本がハーフからスイープでマウントを取り、三角を狙うもタイムアップ。



19fb
4Rでも三角を狙った松本は、最終ラウンドでダブルレッグで倒されるも、ハーフからバックに回り、終了間際にマウントを奪って3ポイントを獲得。



20fb
これが決定打となり、松本が判定勝ちで初代65kg王者に輝いた。



21fb
「知らないところでどこまでできるか」と、セコンドをつけずに単身大会に乗り込んだ松本。「良い動きには歓声や拍手が起き、会場全体が温かい雰囲気でこのイベントを楽しんでくれていると感じました。7月のヒクソン杯で『(選手として)もういいかな……』とひと区切りつけた感がありましたが、優勝したことでまだできることがあるかもしれないと思っています」とコメント。初代王者として、また世界のトップと名勝負を繰り広げた柔術家として、これからの活躍にも期待したい。ちなみに賞金の使い道は「娘とディズニーランドに行きます(照)」と子煩悩振りを発揮!



22fb
閉会の挨拶でジョン・パウロは、来年1月29日に60kgトーナメントの第2回大会を開催すると告知。「新しいルールのトーナメントだったが、どれも良い試合で感激した」と総括した。なお、サブミッション賞は準決勝で一本勝ちを収めた松本と渡部に送られている。



23fb
決勝までのインターバルにはプレゼント抽選会も行われた。大会協賛のRVCAから提供されたファイトショーツやTシャツなどが当選者に贈られた。



24fb
今回の会場はコンサートや演劇を行う市民プラザの大ホール。マットを見下ろせる造りを活用し、客席前方のスクリーンに試合の模様を映し出す演出も施されていた。大会オリジナルのラッシュガードやロングタイツを作成するなど、大会の世界観づくりにも力を入れている「GRAPPLERS LEAGUE」。なお次回大会は来年の1/29(日)、横浜にて60kgのトーナメント開催が決定している。



gl02
■グラップラーズリーグ、大会サイトはコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年10月11日

【大会】10/16 横浜「グラップラーズリーグ」

gl
10/16(日)、神奈川県横浜市の吉野町市民プラザで、新しいグラップリングイベント「GRAPPLERS LEAGUE」がスタートする。

ZST主催の「全日本グラップリング選手権」や「RIZINグラップリングトーナメント」など、昨年も新しいグラップリングイベントの立ち上げが相次いだが、「GRAPPLERS LEAGUE」はAXIS所属のジョン・パウロ倉岡が主催する賞金トーナメントだ。

第1回となる今回は、優勝賞金10万円をかけて65kg級のワンデートーナメントを開催。出場者は以下の8人が決定している。

アラン・ヤマヒナ(ボンサイ柔術)
上田貴央(パラエストラTB)
佐野貴文(AXIS横浜)
渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)
鶴巻陽司(AXIS)
平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
河村泰博(和術慧舟會 AKZA)
松本義彦(CARPE DIEM)


ベテラン黒帯をはじめ、新鋭柔術家、総合を主戦場とする選手など、ギありのトーナメントでは実現できない組み合わせの妙が楽しめる大会となりそうだが、さらにスペシャルワンマッチも2試合が決定している。

響本ヒロアキ(AXIS横浜) vs 米山チハヤ(ボンサイ柔術)
ペドロ・アキラ・ネモト(INFIGHT JAPAN) vs ニワ・レオン(AXIS横浜)

「GRAPPLERS LEAGUE」の特徴はそのルール。「ポイント決着をなるべく避けて、グラップリング好きでも初めて見る方でも興奮できるグラップリングイベントにしたい」と主催者のジョン・パウロが語るように、3分5ラウンドで引き分けなしのシステムを採用。

ラウンド終わりで同点だった場合は、「ペナルティーの少ない選手」「ポイントの大きい技を決めた選手」「最後にポイントを獲得した選手」の順でラウンドを獲得する選手が決められ、さらに5ラウンド終了時点で引き分けとなった場合は、「クロスオーバーアームコントロール」「バック コントロール」のポジションからエスケープできた選手が勝利するアドバンスポジションシステムを採用している(ポイントシステムは以下)。

ベースコントロール=1ポイント
サイドコントロール=2ポイント
マウントコントロル=3ポイント
バックコントロール=4ポイント


引き分けた場合の決着方法はEBIをイメージさせるが、ユニークなのは、クローズドガードを取られた状態から相手を持ち上げた場合に“ベースコントロール”として持ち上げた相手に1ポイントが加算されるところだろう。これは「相手をスラミングできる有利な体勢」という判断から取り入れられたもので、よりダイナミックな試合展開が期待できそうだ。

「2017年には60kg、80kgとカテゴリーも増やし、ゆくゆくはアマチュアトーナメントも開催したい」と話すジョン・パウロは、本大会オフィシャルの選手用ラッシューガードとロングスパッツも制作するほどの意気込み様! 新しく始まるトーナメントがどんなものになるのか。大会直前にはブラジルブログで見所も紹介予定だ。


■大会サイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クラウジオ・カラザンス(33)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年08月14日

【レポ】ONEグラップリングチャレンジ

00
8/13(土)、マカオのベネチアンホテル特設会場にてONE主催「ONEグラップリングチャレンジ」が開催された。

この大会は7月下旬に開催が急遽決定したグラップリングの賞金トーナメントで賞金総額は5万ドルというアジアでは最高額の賞金が賭けられたことが大きな話題となった。

急な開催でエントリー開始当初は選手が少なくトーナメントの縮小が懸念されたが最終的には140人余りエントリーがあり募集期間の短さを考えらたまずまずといえるだろう。

日本からは杉江アマゾン大輔、平尾悠人らが参戦し、主催のONEからは青木真也が派遣され、一気に豪華トーナメントに。

続きを読む

2016年07月28日

【大会】マカオでONE主催のグラップリング賞金トーナメント開催

1
8/13(土)、マカオのベネチアンホテルのボールルームにて賞金総額5万ドルというグラップリングの賞金トーナメントが開催されます。

この大会はMMAイベントのONEが主催で大会名も「ONE GRAPPLING CHALLENGE」でONEのマカオ大会と同日の開催で、大会主管は台湾BJJの小笠原誠氏とウォーレン・ウォンが務めます。

ユニークなのは大会にエントリーすると特典としてベネチアンホテルでの宿泊券、大会Tシャツに加え、今大会の夜に同ホテル内にあるコタイアリーナで開催されるONE CHAMPIONSHIPの入場チケットが6枚も付いてくること。

ベネチアンの部屋はすべてがスイートルームでクイーンサイズ以上のベッドとソファがあり、1部屋で複数人の宿泊が可能です。

そのため、参加費は$125USドルとここだけ見ると割高な感じがしますが、、高級ホテルに宿泊できて夜のMMAも見れるとなれば逆に激安価格です。

今大会のルールはIBJJFのノーギルールのグラップリングで、1回戦から準決勝までは通常ルールで準決勝・決勝戦、3位決定戦の4試合に限りレフェリー判定はなくサドンデスマッチとなり、優勝者から3位までの入賞者には以下の賞金が贈与されます。

■ビギナー
優 勝:$800
準優勝:$500
3 位:$300

■アドバンス
優 勝:$1500
準優勝:$800
3 位:$500

■エリート
優 勝:$5000
準優勝:$1500
3 位:$800

賞金総額はなんと5万ドル!

いま国内外で多くの賞金トーナメントがありますがこの金額はグラップリングでは破格でしょう。

大会開催日はちょうどお盆休み中なのでLCCでは3万円台で香港までの航空券があり、香港からマカオまではフェリーで1時間ほどで行くことが可能です。

非常に魅力的な今大会、グラップリングの試合をして夜はONE観戦、大会後にマカオで観光&ギャンブルして帰ってくるなんてのはいかがでしょうか?!

また香港には香港柔術や九龍柔術、EPICやEspadaなど多くの柔術アカデミーがあり、ディズニーランドもあります。

九龍柔術は日本人の瀧澤さんが、Espadaではホドリゴ・カポラルが指導中で、カポラルは今大会にもすでにエントリー中。

夜のONEには日本からV.V.Meiこと山口芽生が参戦します。


2
今大会の夜には同じベネチアンホテルでONE CHAMPIONSHIPの「HEROES OF THE WORLD」が開催。
この大会の観戦チケットが6枚も付いてきます!



3
ONEマカオ大会には日本からV.V.Meiこと山口芽生が参戦しブラジル人選手と対戦予定。




MMAイベントとグラップリングの賞金トーナメントというと昨年末にさいたまアリーナで開催されたRIZIN主催のグラップリングトーナメントがあり注目を集めましたが、今大会もMMAとグラップリングのコラボイベントとして大きな話題となるでしょう。

日本から香港、そして香港からマカオもとても近いのでぜひ参加を検討してみてはいかがでしょうか?!

■大会詳細&エントリーはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ヴィラミー・シケリム(29)、ウルピアノ・マラチアス、ファビアーノ・イハ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy

2015年10月26日

【結果】ZST:第1回全日本グラップリング選手権2015

IMG_4374
10/25(日)、東京・新宿のGENスポーツパレスで開催されたZST主催「第1回全日本グラップリング選手権2015」の主な結果です。

今大会はフライ級(56.7kg)、バンタム級(61.2kg)、フェザー級(65.8kg)、ライト級(70.3kg)の4階級が行われ、それぞれ優勝賞金が20万円という賞金トーナメントでした。

初開催にも関わらず柔術・グラップリング・MMAと多様なスタイルの選手が一堂に介し大きな盛り上がりを見せたようです。


■フライ級
優勝 佐々木 憂流迦(フリー)
準優勝 八田 亮(ストライプルオハナ)


■バンタム級
優勝 嶋田 裕太(Nexusense)
準優勝 村田 卓実(和術慧舟會東京道場)


■フェザー級
優勝 中村“アイアン”浩士(CARPE DIEM)
準優勝 竹内 稔(T.T.M URUSHI DOJO)


■ライト級
優勝 渡部 拳士郎(パラエストラ吉祥寺)
準優勝 太田 裕之(OFC)



IMG_4385
各階級の優勝者たち。
左から佐々木、嶋田、中村、渡部。



【今日が誕生日の柔術家】ルッシオ・ホドリゲス“ラガルト”、レアンドロ・ブラソロット(30)、高橋廣輝(44)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月25日

【ZST】「第1回全日本グラップリング選手権2015」に嶋田&橋本参戦!

1
9/23(水・祝)都内にて、10月25日(日)に東京・大久保のGENスポーツパレスにて開催される「第1回全日本グラップリング選手権2015」の記者会見が行われ、バンタム級(61.2kg以下)トーナメント出場選手が発表された。

今回、主催者推薦枠として発表されたのは、嶋田裕太(Nexusense)、村田卓実(和術慧舟會東京道場)、牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)、榎本悟(リバーサルジム川口リディプス)、橋本知之(CARPE DIEM)、清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A)の6名で、今年のムンジアル・茶帯で表彰台に上った嶋田&橋本が揃って参戦が決まっている。

ZST実行委員会の上原譲氏は、「先日発表されたフライ級(56.7kg以下)もそうだが、バンタム級も非常に混沌とした激戦区。なかでも世界で戦っている二人の若き柔術家が出場ということで、総合やグラップリング、パンクラスの選手の中でどんな活躍をするのか期待したい。ブラジリアン柔術対サンボといったマッチメイクも期待できる」と話した。


2



会見には嶋田と橋本が揃って出席。

柔術の選手のみで会見を開くのは大会初の試みで、プロアマGTトーナメント2014、2015でも優勝している嶋田裕太(Nexusense)は、「優勝賞金アップでモチベーションも上がっているが、これまでの大会に出場していなかったような選手がいるのでとても新鮮。挑戦者のような強い気持ちでぶつかっていきたい」と意気込みを語った。

グラップリング経験はそれほどないものの、今年のムンジアル茶帯ルースター級優勝などの実績が評価された橋本知之(CARPE DIEM)は、「最近はグラップリングの練習もしていて(試合に)出ないともったいないなと思っていたところでオファーをいただいた。20万円の優勝賞金は僕にとってすごい大金なので、それを目指してがんばりたいし、選手もハイレベルなのでとても楽しみ」とコメント。


3



トーナメントの注目選手としてお互いの名前を挙げた両者だが、練習については「ほかの選手と比べてアドバンテージがあるのは柔術だし、柔術では普段しないようなポジションやサブミッションを意識してしまうと逆効果になると思うので、自分の長所を1カ月で伸ばしていきたい」と嶋田。

一方の橋本は「柔術の練習がメインなので、これをきっかけに足関を集中して考えてみたい。大会のためというか、柔術の試合でも生きるよう練習したいと思っています」と対照的な回答をみせた。

4
嶋田裕太(Nexusense)


5
橋本知之(CARPE DIEM)



賞金の使い道を聞かれ、「もらえたらラッキー」と前置きした上で、ムンジアルの滞在費用に充てたり、自分へのご褒美としてアイドルのライブにも行きたいと笑顔を見せた嶋田。

「最初は『(優勝賞金の)20万円いいなあ』という感じでしたが、出場選手が発表されて、賞金のことを考えている余裕もない感じです。グラップリング、MMAと、柔術の試合では交わらないような選手が出るトーナメントなので、しっかり勝ち上がっていろんな人と試合したいと思っています」

「正直、そこまで自信はないんですけど(苦笑)、1カ月しっかり練習したいと思っています。グラップリングにほとんど出たことがないので、とにかく頑張りたいですね」と橋本。賞金は貯金か、“あまったら”PS4で「マッドマックス」をやってみたいのだとか。

ムンジアルという大舞台で結果を残した両選手のグラップリングでの活躍も期待したい。


■10/25「第1回全日本グラップリング選手権2015」大会詳細はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】ホドウフォ・ヴィレイラ(26)、丹裕(38)、デヴィッド・オヌマ、パウロ・ピント(34)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月13日

【結果】ZST『プロアマGT-F賞金争奪オープントーナメント2014』

0112
1/12(日)、東京・大森のゴールドジムサウス東京ANNEXで開催されたZST事務局/ZSTインターナショナル主催『プロアマGT-F賞金争奪オープントーナメント2014』の主な大会結果です。

■ライト級(70kg以下)優勝
太田裕之(OFC)
※GT-Fトーナメントを過去2回優勝している太田選手が3回目の優勝を果たした。


■フェザー級(65kg以下)優勝
牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)
※準決勝&決勝戦は牧野選手の得意技、ヒールホールドで一本勝ち。


■バンタム級(60kg以下)優勝
嶋田裕太(ネクサセンス)
※1回戦でプロシューターの猿田選手に2-1で判定勝ちすると、準決勝は0:56、アキレス腱固めで一本勝ち、決勝戦も判定3-0で優勝。


■フライ級(55kg以下)優勝
八田亮(ストライプルオハナ)
※八田選手は全試合一本勝ちで優勝。


優勝者は賞金5万円をそれぞれ獲得した。


【今日が誕生日の柔術家】フアン・カイオ(26)、フィリップ・イエマンス(40)、中西数雄(42)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月05日

【ADCC ASIA TRIAL 2013】男子各階級決勝戦

前回レポートでは大会再注目の山本聖子選手がエントリーした女子-60kg級を中心にお届けしましたが、今回は男子の決勝をまとめてお届け!

男子は5階級で本戦代表の座が争われました。

ADCCは2年に1度の開催に加え、ルールが独特なものでやや難解な部分がありますが、予選を勝ち抜くと世界最高峰の舞台で戦えるとあり、日本だけでなく韓国やモンゴル、台湾、オーストラリアなどアジア全域から参加者が集まりました。

本戦は誰でも出れるオープン大会ではなく各地域で行われている予選に勝たないと出れない選手権大会。

なので前回大会優勝者、または主催者推薦が受けられない限りは、過去にどんな実績があろうと必ず予選に出なければいけません。

それだけに予選から多くの組技に自信があるプロ&アマの有名格闘家がこぞってエントリーし、大会を豪華なものにしています。

まずは18名がエントリーした-66kg級からご覧ください!

IMG_2316
<-66kg級決勝戦>
佐々木憂流迦(和術慧舟會駿河道場)
VS
徹肌ィ朗(和術慧舟會東京道場)




続きを読む

2013年04月04日

【ADCC ASIA TRIAL 2013】-60kg級は山本聖子が初出場で優勝!女子の試合まとめ

2013年3月24日(日)東京都の駒沢オリンピック公園内球技場にて『ISAMI reversal presents ADCC ASIA TRIAL 2013』が開催されました。

今大会は2年に1度開催される組技の世界最高峰大会であるADCCのアジア地域の予選です。

まずは男子を差し置いて女子の試合からレポートしますが、その理由はレスリング世界王者に4度輝いた実績のある山本聖子選手がエントリーしたからに他なりません。

山本選手はかつて女子レスリングのトップ中のトップとして活躍したアスリートでレスリング世界選手権で優勝すること4回。

そして父が山本郁榮、姉に美憂、兄にKID疇前蠅罰米ファミリーです。

現在は第一線を退いてるとはいえ、まだ32歳で完全引退するには若すぎます。

そんな山本選手が前触れもなく出場してきたのだから大きな注目を集めたのは当然のことでしょう。

女子は60kgを境にそれ以上と以下しかなく、山本選手がエントリーしたのは-60kgで、他にエントリーしたのは2007年のADCC女子-55kg級で優勝を果たし世界王者となった塩田さやか選手、2011年ADCCアジア代表で総合格闘家としても有名な端貴代選手、ブラジリアン柔術ヨーロピアン&アジア王者の湯浅麗歌子選手、総合格闘家でリングネーム♂ha@THE♀でおなじみの海老原まどか選手など錚々たるメンツ!

元ADCC王者にプロ格闘家、そして柔術家に元レスリング世界王者と多彩な顔ぶれが揃った女子-60kg、非常に見所が多いトーナメントになりました。

IMG_0843
今大会の目玉選手、山本聖子(KRAZY BEE)。
10年以上も前に柔術の試合に出場したことがありますが、グラップリングは初参戦。
セコンドはKRAZY BEEで柔術のインストラクターをしていたことがある
reversal GYM TOKYOの片岡誠人氏。

続きを読む

2013年03月25日

【ADCC ASIA TRIAL 2013】各階級の結果

IMG_2809
2013年3月24日(日)東京都の駒沢オリンピック公園内球技場にてISAMI reversal present ADCC ASIA TRIAL 2013が開催されました。

各階級の表彰台の結果をお知らせいたします。
なお、優勝者は今年10月に北京で行われる本戦出場権が与えられました。

IMG_2761
-66.0kg級
優 勝 佐々木憂流迦(和術慧舟會駿河道場)
準優勝 徹肌ィ郎(和術慧舟會東京道場)
3 位 齊藤曜(和術慧舟會トイカツ道場)



IMG_2752
-77.0kg級
優 勝 山田崇太郎(総合格闘技津田沼道場)
準優勝 下石康太(修斗ジムBLOWS)
3 位 松本光史(MASTER JAPAN)



IMG_2696
-88.0kg級
優 勝 安西信昌(TEAM CLIMB)
準優勝 荒井勇二(Free)
3 位 オドゥスレン・ボルドエルデン(ADCC Mongolia)



IMG_2683
-99.0kg級
優 勝 小澤幸康(TEAM-KAZE)
準優勝 シビサイ頌真(チーム新日本)
3 位 増田裕介(AACC)



IMG_2670
+99.0kg級
優 勝 関根秀樹(ブルテリアボンサイ)
準優勝 パク・ヒョンガップ(ADCC Korea)
3 位 ボルドプレフ・ウヌルジャルガル(ADCC Mongolia)



IMG_2731
女子-60.0kg級
優 勝 山本聖子(KRAZY BEE)
準優勝 塩田さやか(CHECKMAT JAPAN)
3 位 端貴代(和術慧舟會AKZA)



女子+60.0kg級
優 勝 中倉百合花(カメジム)
※表彰式に参加しなかったため画像なし


photo and text by Takashi Umezawa



【今日が誕生日の柔術家】武林 佑(35)



©Bull Terrier Fight Gear


2012年12月29日

【大会告知】ZSTがグラップリングの賞金トーナメントを開催!


毎年恒例となったZST主催の「プロ・アマGT-F(グラップリング)賞金オープントーナメント2013」が今年も開催されます。

「プロ・アマGT-F賞金トーナメント」は、フライ級(55kg以下)/バンタム級(60kg以下)/フェザー級(65kg以下)/ライト級(70kg以下)の4階級で行われ、各階級16名参加のワンデイトーナメント。

今大会に出場するプロ選手は、ZSTやSWAT!にレギュラー出場している選手を中心に選考されます。

もちろんプロ・アマなのでアマチュアの一般参加もOK。

なお優勝者には優勝賞金5万円(準優勝は1万円)と大会スポンサーより賞品商品なども贈与されるというから、これは見逃せないでしょう。

また参加者少数で、4人トーナメントで開催となっても優勝賞金や優勝賞品に変わりはない、というのも太っ腹!

よくある「トーナメント参加者が8人に満たない場合は賞金半額」ではありません!

大会出場は書類での選考の上となりますが、国内唯一のグラップリングの賞金トーナメントなので、この機会に出場してみてはいかがでしょうか?!

≪プロ・アマGT-F(グラップリング)賞金オープントーナメント2013募集要項≫
【開催日時】
2013年1月13日(日) 
10時00分〜10時30分まで 選手集合
※時間厳守/受付は10時00分より開始
※受付の際には,必ず選手とセコンド(1名)同伴のこと。
セコンド兼任も可能。
セコンド確認出来ない場合は受付不可。

10時30分〜 計量/ドクターチェック/ルール説明
12時00分頃〜 試合開始 〜
※試合開始時間などの変更がある場合があるので
事前にZSTオフィシャルHPページで必ず確認のこと。

【会場】
ゴールドジムサウス東京アネックス 7F 
「ファイティングスピリッツマーシャルセンター」
(東京都大田区山王2-4-1大森駅前ビル7F/最寄り駅 JR京浜東北線:大森駅)
※駐車場はないので注意。
※会場内施設(6Fトレーニング器具、シャワー室,ロッカー等)は、一切使用不可。
※会場内は全エリア禁煙。
※選手、セコンド(1名)以外の方は、会場内に入る事はできません。
選手、セコンド以外で会場内観戦や応援を希望される方は、
【当日一般自由/2,500円】の購入が必要となります。
 
【出場資格】 
16歳以上で、感染症などの無い健康な男女 (要スポーツ安全保険加入)

【参 加 費】 
「プロアマGT-Fオープントーナメント2013」(55kg以下/60kg以下/65kg以下/70kg以下)
(ZSTでのスポーツ保険加入済の方)5,000円 / 
(ZSTでのスポーツ保険未加入の方)6,850円
※ZSTが加入する「スポーツ安全保険」に必ず入って頂きます。
(1850円) 【2012年4月 〜 2013年3月】
※書類選考による落選以外のご返金は致しかねます。予めご了承下さい。
※書類選考による落選の場合、現金書留もしくは振込により、
返金手数料を差引いた額をご返金致します。

【賞金/賞品】
各階級の優勝者と準優勝者には下記の賞金と優勝者には記念品が贈呈されます。
≪優勝賞金≫ 5万円 / ≪準優勝賞金≫ 1万円
≪イサミ賞≫イサミオリジナルグッズ一式
≪rvddw賞≫5万円相当のrvddw福袋
≪ゴールドジム賞≫ゴールドジムオリジナルサプリメント

【チケット料金】
・当日一般自由 2,500円
※当日会場のみの販売となります

【階級】
フライ級(55kg以下)/バンタム級(60kg以下)/フェザー級(65kg以下)/ライト級(70kg以下)

【申込方法】
出場申込書をご記入の上,写真を貼り(規定サイズ※申込書参照)規定金額を同封し,
下記の送付先まで現金書留にてお送り下さい。(写真等の返却は致しません)

★申込書のダウンロードはコチラから!

※所属するジム・道場の代表者に,必ず許可を得た上で、申込書をお送り下さい。
※「申込書(記入漏れ無)」、「写真」、「参加費」の全てが揃わない場合、選考対象とはなりません。
※現金書留以外での応募は、選考対象とはなりません。

【送付先】
〒141-0033 東京都品川区西品川3-5-5 ZST事務局内 「プレステージ」係

【申込締切】
第2次締切:2013年1月7日(月)必着。
※期日以降到着分は、原則として選考対象外となります。
※選考落選者の返金などについては、1月14日(月)以降となります。

【お問合せ】
ZST事務局  03-5357-8195 / info@zst.jp
※当日は万が一に備え、必ず健康保険証をご持参下さい。




70kg以下にエントリー
八隅 孝平(ロータス世田谷)




65kg以下にエントリー
平尾 悠人(X-TREME柔術アカデミー横浜)



★その他の出場決定選手詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2012年10月07日

【試合レポ】BARET SUBMISSION GRAPPLING TOURNAMENT 2012:エキスパート -65kg級&アブソルート

エキスパート-65kgも-75kgと同じく3人エントリーで巴戦でした。

1回戦で試合した敗者がもう一人の選手と戦い、その勝者が決勝戦で1試合目の勝者と戦うのです。

この3選手ですがグラップリングで実績がある村田卓実(和術慧舟會)、レスリングの強豪・武弓竜一(久我山ラスカルジム)、そして柔術家の大蔵裕介(X-treme柔術アカデミー)と3選手ともタイプが違う個性的な面々。

これはなかなか興味深いトーナメントになったといっていいでしょう。



1回戦
村田卓実(和術慧舟會)
vs
武弓竜一(久我山ラスカルジム)



続きを読む