English Portugues Japanese

ニュース

2017年06月23日

【本日発売】『Fight & Life』最新号の柔術関連記事

fl06
本日発売の隔月格闘技雑誌『Fight & Life』最新号の柔術関連記事の紹介です。

今号は終わったばかりの柔術世界選手権「ムンジアル」の大特集号となっており、大会レポートやメダリストのインタビュー、そして黒帯で出場した選手たちのその後などが多数掲載されています。

自分が担当したのは試合レポートとメダリストのインタビューで、これはカラー4ページで掲載して頂きました。

今大会では黒帯で3人ものメダリストが誕生し、その吉報に日本が沸いたのも記憶に新しいところでしょう。

黒帯以外でもジュブナイルを中心に多くのメダリストが生まれ、その選手たちのミニインタビューもレポートと合わせて載せて頂いてます。

レポート以外では嶋田裕太のLA居残り滞在練習記やアマゾン&細川のCARPE DIEM HOPEの黒帯コンビの総括的なインタビュー、そして紫帯で初ムンジアルに挑みベスト8となったホベルチ・オダのこれまでを振り返ったインタビューなど興味深いものばかりです。

ゴンカク休刊となった現在、日本では柔術選手を大きく扱う定期刊行の格闘技雑誌はこの『Fight & Life』のみなので、この号は貴重な1冊となることでしょう。

ぜひ書店でお買い求めの上、ご一読ください!


ダウンロード
【発売中】
『Fight & Life』最新号
■内容詳細&購入はコチラから!


■オフィシャルサイトはコチラから!






jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年06月19日

【ニュース】HALEO表参道、オープン!

01
6/13(火)、東京・表参道にサプリメントメーカーのHALEOが新たに「HALEO表参道」をオープンした。

この道場は東京メトロの表参道駅から徒歩3分という好立地にあり、三崎和雄氏が代表となって新設されたもの。

続きを読む

2017年06月02日

【ニュース】イゴール・タナベ、アルビノ&プレトとスポンサー契約締結

ap1
ムンジアル開幕を控えた現地時間の5月31日午後、ロサンゼルス・シグナルヒルにあるアルビノ&プレト(以下A&P)のオフィスにて、イゴール・タナベ(RUL BJJ)との契約を完了させた。

かねてよりA&Pよりオファーがあった契約内容をイゴール本人が確認して合意に至ってサインを交わし、3年契約を締結している。

契約内容の詳細は明かせないが、青帯としては破格のもので、帯色が変わればさらに条件が良くなっていく契約内容となっている。

日本在住の青帯、しかもまだジュブナイルのイゴールがこうやって海外のトップブランドとスポンサー契約が行われるのは異例のことで、これはイゴールがヨーロピアンやパン、そしてSJJIFワールドなど海外のビッグトーナメントで活躍しているからに他ならないだろう。

またA&Pが日系ブラジリアンをスポンサードするのもイゴールが初で今回の契約は初めて尽しのこととなった。

そんなイゴールは明日から開幕するムンジアルには早速A&Pのドーギを来て参戦する。


A&Pからのコメント
「イゴールのような将来有望な選手と契約できてうれしい。今後は彼の柔術生活をサポートし、また彼の成長を見守りたい。」



イゴールからのコメント
「世界のトップブランドに青帯ながらスポンサーをしていただくことは最高に嬉しいです。あとは信頼され続けれるように練習を続け、結果を残せるように頑張ります。そして、橋本欽也さんにありがとうと言いたいです。こういったことが実現したのは彼のお陰でもあります。お礼にA&PからもらったTシャツを1枚あげたいと思います。」


ap2




jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年05月23日

【大会】台湾国際BJJ/No-Giチャンピオンシップ2017

721
毎年7月に台湾の台北で開催されている『台湾国際BJJ/No-Giチャンピオンシップ』が今年も開催!

回を重ねるごとに規模を拡大しており、今年は会場をグレードアップし台湾のランドマーク、101タワーから徒歩数分の場所にある信義スポーツセンターで開催されます。

また新しく試合マットを新調し、海外のアカデミーでも多く使われているドラマーマットで大会が行われます。

初日はギありで2日目はノーギとキッズ部門の2日間での開催です。

もちろんスムーズ&ホスピタリティ溢れる大会運営はこれまで通りでレフェリー陣もIBJJFのレフェリーコースを修了したオフィシャルレフェリーを多数採用。

日本からは荒牧誠、若山達也、エジソン・カゴハラがレフェリーとして現地に向かいます。

そして会場物販に日本からLas Conchasが海外まで出稼ぎに行き、試合写真はJiu Jitsu NERD、試合レポートはブラジルブログ、試合動画は柔術プリーストで配信とフルカバー。

アジアの中でも10年以上の歴史がある大会は多くない中、今大会は今回で12回目の開催というから驚きます。

日本から近くて親日国の台湾で観光ついでに大会出場はいかがでしょうか?!



721
『台湾国際BJJ/No-Giチャンピオンシップ2017』
【開催日程】 2017年7月15日(土)、16(日)
【開催場所】 中華民国(台湾)台北市内 信義スポーツセンター(信義運動中心)6F
https://xysc.cyc.org.tw/
https://www.facebook.com/xysc100/?rf=144211848987753
台北市信義区松勤街100号(臺北市信義區松勤街100號)
【主催】   中華ブラジリアン柔術協会(中華巴西柔術協會)
http://ctbjja.org
https://www.facebook.com/CTBJJA/?fref=nf

【共催】   台湾ブラジリアン柔術アカデミー
       http://taiwanbjj.org/

【大会概要】 15(土):ブラジリアン柔術    CTBJJAルール(日本語版はIBJJFルールに基づく)
       16(日):ノーギグラップリング  CTBJJAルール(日本語版はIBJJFルールに基づく)
       16(日):キッズブラジリアン柔術 CTBJJAルール(日本語版はIBJJFルールに基づく)
http://www.jbjjf.com/wp-content/uploads/2016/01/IBJJF_rule_jp_v3.pdf

【出場資格】 心身共に健康な感染症の無い男女

【申込方法】 オンラインによる申込
5月25日(木)より、下記ウェブサイト上にて開始致します。
http://www.ctbjja.org/en/

【申込〆切】 2017年7月6日(木) ***(日本時間22:59)
早期エントリーに拠る出場割引の〆切は以下期日となります。
第一次
2017年6月1日(木) ***(日本時間22:59)
第二次
2017年6月15日(木) ***(日本時間22:59)

【申込修正】 2017年7月7日(金) ***(日本時間22:59)
出場申し込みされました皆様は、必ずエントリーリストを御確認下さい。
対戦相手不在、同アカデミーでの対戦回避等の理由に拠り、
カテゴリー変更、キャンセルを希望されます方は、コチラtournament@ctbjja.org迄、
御手数ですが、御連絡下さい。
その際、件名に「CORRECTION」と記載して下さい。

【申込確認】 2017年7月8日(土) ***(日本時間22:59)
出場申し込みされました皆様は、必ずエントリーリストを御確認下さい。
申し込み情報に不備が有る方(主催者側に拠るもの、選手側に拠るもの問わず)、
或いは、対戦相手不在の為、キャンセルを希望されます方、
速やかに、コチラtournament@ctbjja.org迄、御連絡下さい。
その際、件名に「CANCELLATION」と記載して下さい。
出場申し込み後、怪我等で、やむを得ず出場不可能となった場合、
御手数ですが、速やかに主催者まで御連絡下さい。
出場費は、対戦相手不在以外の如何なる理由でも、返金出来ません。
御了承下さいませ。

【参加費】  申込日により異なります。
       早期エントリーして頂けます方には、出場料割引が御座います。
無差別級出場を希望される方は、両日共、別途出場費が必要となります。
       初日ブラジリアン柔術アダルト無差別級各帯の優勝者の皆様に、
スポンサー様より賞品として、キモノを提供して頂けます。
※黒帯の選手の皆様の出場費は、「無料」とさせて頂きます。

【特記事項】
(大会募集年齢) 15(土):ブラジリアン柔術 / 16(日):ノーギグラップリング
ジュブナイル  (現在の年) − (誕生年) ≧ 16
アダルト    (現在の年) − (誕生年) ≧ 18
マスター1   (現在の年) − (誕生年) ≧ 30
マスター2   (現在の年) − (誕生年) ≧ 35

16(日):キッズブラジリアン柔術
マイティマイト (現在の年) − (誕生年) ≦ 6
ピーウィー   (現在の年) − (誕生年) ≦ 9
ジュニア    (現在の年) − (誕生年) ≦ 12
ティーン    (現在の年) − (誕生年) ≦ 15
上記、8カテゴリーでの募集となります。

(大会二日目カテゴリー) ノーギグラップリング
ビギナー (ブラジリアン柔術白帯、或いはノーギグラップリング等の御経験2年未満)
アドバンス(ブラジリアン柔術青帯、或いはノーギグラップリング等の御経験2〜5年)
エリート (ブラジリアン柔術紫帯以上、或いはノーギグラップリング等の御経験5年以上)

(大会二日目カテゴリー) キッズブラジリアン柔術
ブラジリアン柔術白帯、男女混合
ブラジリアン柔術色帯混合、男女混合

(大会二日目試合時間) ノーギグラップリング
ジュブナイル  ビギナー 5分  ※ビギナーのみ
アダルト    ビギナー 5分、 アドバンス 6分、 エリート 7分
       マスター1    ビギナー 5分、 アドバンス 5分、 エリート 6分
       マスター2    ビギナー 5分、 アドバンス 5分、 エリート 5分

(大会二日目試合時間) キッズブラジリアン柔術
マイティマイト 2分
ピーウィー   3分
ジュニア    4分
ティーン    4分

(大会二日目ルール) ノーギグラップリング
CTBJJAルール(日本語版はIBJJFルールに基づく)
ビギナー 白帯、 アドバンス 青帯、 エリート 黒帯

(大会二日目ルール) キッズブラジリアン柔術
CTBJJAルール(日本語版はIBJJFルールに基づく)

(大会二日目階級) ノーギグラップリング
ジュブナイル女子    48kg以下、56kg以下、56kg以上 ※無差別無し
ジュブナイル男子    59kg以下、69kg以下、69kg以上 ※無差別無し
アダルト・マスター女子 58kg以下、68kg以下、68kg以上、無差別
アダルト・マスター男子 63kg以下、70kg以下、77kg以下、88kg以下、88kg以上、無差別
※計量時試合時着用衣類込み

(大会二日目階級) キッズブラジリアン柔術
下記特別カテゴリーでの募集となります
御了承下さいませ
ブラジリアン柔術白帯、男女混合
ブラジリアン柔術色帯混合、男女混合
マイティマイト 20kg以下、26kg以下、32kg以下、32kg以上 ※無差別無し
ピーウィー   28kg以下、34kg以下、40kg以下、40kg以上 ※無差別無し
ジュニア    37kg以下、45kg以下、53kg以下、53kg以上 ※無差別無し
ティーン    49kg以下、57kg以下、66kg以下、66kg以上 ※無差別無し
※計量時試合時着用キモノ、帯込み


【計量場所】 大会開催当日、会場にて計量致します。

【計量時間】 大会開催2日前に「中華巴西柔術協會Chinese Taipei Brazilian Jiu-Jitsu Association」
ウェブサイト上、並びに、フェイスブックページにて発表致します
http://ctbjja.org
https://www.facebook.com/CTBJJA/?fref=nf

【対戦表】  大会開催2日前に「中華巴西柔術協會Chinese Taipei Brazilian Jiu-Jitsu Association」
ウェブサイト上、並びに、フェイスブックページにて発表致します
http://ctbjja.org
https://www.facebook.com/CTBJJA/?fref=nf


【協賛各社】 ブルテリア様       http://www.b-j-j.com/
ドゥマウキモノス様    http://www.dumau.com/
ケジソンキモノス様    http://www.kedyson.com/?lang=en
柔術プリースト様     https://www.youtube.com/user/fullforcepro
柔術ナード様 https://www.facebook.com/JiuJitsuNerd
ラスコンチャス様 http://las-conchas.com/index.php
ファッカイ様       http://www.fokai.tv/fxv/
アジアファイトガイド様  http://www.asiafightguide.com/
4ストライプス様    http://www.4stripes.com/
※協賛各社様より、各種賞品が御座います。

【大会情報】 大会最新情報は、下記ウェブサイト上にて随時更新させて頂きます。
BJJプレイヤー      http://www.bjj-asia.com/
中華巴西柔術協會 http://ctbjja.org

【御連絡先】 下記メールアドレスまで、日本語にて、御気軽に御問い合わせ下さい
中華ブラジリアン柔術協会(中華巴西柔術協會)
tournament@ctbjja.org



【今日が誕生日の柔術家】タミー・グレゴ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年05月22日

【ニュース】ルアナ・ディアス、サンディエゴオープンでWゴールド

01
今月8日に渡米しLA・コスタメサにあるメンデス兄弟が主宰するジム「AOJ」に移籍したルアナ・ディアス。

ルアナはすでにAOJにて昼夜2部練習を行い、来るムンジアルに備えていますが、その前に小手調べ的な感じで5/14にサンディエゴで開催されたIBJJFサンディエゴオープンに出場し、そこでWゴールドを達成しました。

続きを読む

2017年05月20日

【Dropkick】MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談〜橋本欽也vs大沢ケンジ〜

dk1
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルで『MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談〜橋本欽也vs大沢ケンジ〜』を掲載して頂きました。

この対談は大沢ケンジ氏が「MMAとキックや柔術が同格なんてとんでもない」と吠えまくるMMA原義主義者ぶりにカチンときてTwitter上でいくつかやり取りをし、それを『Dropkick』編集部の方が「そこまで言い争うのなら対談をしたらどうか?」と提案して頂き実現したものです。

その対談時も3時間弱、ずっと話しっぱなしで大沢ケンジの頑なな姿勢に辟易しつつも最終的にはお互いの理解が得られたかと思ってます。

大沢ケンジ氏とは10年以上も前に同じバイト先で働いていたこともある旧知の間柄で、それだけに対談も伯仲したものになってます。

いつものように脱線しまくってて内容が格闘技以外のことになったりしてますが、それも含めて楽しんで頂けたらと思います。

前半は無料で読めますが後半の核心部分は有料で月額540円で購読可能です。

この対談以外でも興味深いインタビューが多い『Dropkick』、ぜひこの機会に入会してご購読頂けたら幸いです。


dk2
■『MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談〜橋本欽也vs大沢ケンジ〜』はコチラから!



【Dropkick 過去記事】
dk3
■【スポーツの闇】日本人柔術家が衝撃提言!? 「日本人格闘家はどんどんドーピングしたほうがいい!」はコチラ



dk4
■『語ろうグレイシー!! ヒクソンの息子クロンのMMAデビューを10倍楽しむ方法』はコチラから!




jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年04月30日

【告知】セミナー情報

これから開催されるセミナー情報をまとめて紹介します。

まずは週明けの5/1(月)、沖縄県・那覇市のパラエストラ沖縄で行われるヘナート・シウバのセミナー情報です。

いつもGW期間中に家族旅行しているカルロス・ヘナート・ダンタス・ダ・シウバと奥さんのミリアン・ヤマダ、長女のヘナータ・ハルミ、次女のハファエラ・アユミ、そして三女のマリアナ・アユミのヘナート一家が今年は沖縄に行き、そのスケジュールの合間を縫ってこのセミナーを行います。


02
ヘナートが代表を務めるINFIGHT JAPANは黒帯も多数在籍しており、北関東を中心に数多くの支部を展開。



続きを読む

2017年03月26日

【Jiu Jitsu NERD】個人的見どころby成田サトシ

n9sa
3/18(土)に新発売した100%柔術&グラップリング専門誌「Jiu Jitsu NERD」最新号。

今回、自分の担当ページはIBJJFアジア選手権と10大ニュース&BJJ AWARDの選考会を兼ねた座談会の2つでした。

座談会には過去最多のお便りが集まり、欽也さん、森さん、新明さんたちとはまた違う目線でのニュースを紹介できたと思います。

手っ取り早く1年を振り返るにはグンバツな案配だと思いますので、チェックしていただけるとうれしいです。

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

ほかにも、ブシェシャ、ウゴのインタビューなどおすすめページはありますが、満を持してお届けするリオ柔術マップは、ブラジルに渡航予定のある方はぜひ手に取っていただきたいもの! 

21の道場を中心に、柔術目線でのショップやレストラン、観光スポットも凝縮して紹介されています。

夜のリオマップを台割の都合で割愛せざるを得なくなったのは残念ですが、センタウロスなきいま、街がどう変わったのかについてはいつの日か追加取材をしてきたいと思います!!!

ちなみにセンタウロスとは過去にムンジアルがブラジルで開催されていた時代には数多くの日本人が「夜のムンジアル」を楽しんだという歴史ある場所。

ここはかのジャスティン・ビーバーも訪れ、ブラジルのアツい夜を過ごしたことで一気に名が広まりました。

気になる人は「ブラジル センタウロス」で検索!


01
【好評発売中】
『Jiu Jitsu NERD Vol.9』

フルカラー64ページ 定価700円
<インタビュー>
マーカス・アルメイダ"ブシェシャ"
ウゴ・デゥアルチ

<大会レポート>
ムンジアル
ワールドマスター
SJJIFワールド
その他国内大会多数

<特集>
リオデジャネイロ柔術マップ
2016年10大ニュース&BJJ AWARD選考座談会

■『Jiu Jitsu NERD Vol.9』詳細はコチラから、購入はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月12日

【本日開催】FIVE GRAPPLING:スーパーリーグ・ライトヘビー級GP

1
本日、現地時間の13:00(日本時間6:00)にサンディエゴのリンカーン劇場で開催されるFIVE GRAPPLINGのスーパーリーグ・ライトヘビー級GPの1回戦の対戦表が決まりました。

このトーナメントにはレアンドロ・ロやエリオット・ケリー、タナー・ライスら日本でも知られる選手が多数出場します。

前日計量の後に抽選で決まった1回戦の対戦は以下の通りです。

【1回戦】
ニック・シュロック(ヒベイロJJ)vsエズラ・レノン(カヴァロチーム)

タナー・ライス(ソウルファイター)vsエリオット・ケリー(イエマソ)

レアンドロ・ロ(Nsブラザーフッド)vsタルシス・ハンフリー(アリアンシ)

ルーカス・バルボーザ(ATOS)vsマルセル・ルウザード(チャックマット)



【準決勝】
ニックvsエズラの勝者vsタナーvsエリオットの勝者

ロvsタルシスの勝者vsマーカスvsマルセルの勝者



奇遇にもウエノブロックは全員がアメリカ人で下のブロックはブラジル人となりました。

なので誰が勝ち上がっても決勝戦はアメリカvsブラジルの国際戦となります。


2
レアンドロ・ロ


メインのスーパーリーグ・ライトヘビー級GP以外にも豪華な対戦カードがズラリと並んでいます。


ビア・メスキータ(ウマイタ)vsタリータ・アレンカー(アリアンシ)

マイケル・リエラ(ATOS)vsビル・クーパー(パラゴン)

キャサリーン・ペレー(チェックマット)vsガビ・マッコンビ(ウマイタ)

マジッド・ヘイジ(グレイシーバッハ)vsフランシスコ・イトゥラテ(デルマールJJ)

ジャネット・ビショップ(ウマイタ)vsタミー・ムスメシ(カイオテハ)



これらの試合以外にもバレット・ヨシダ、ファブリシオ・モランゴ、ヘナート・カヌート、ビル・クーパーなどがインターミッション前のアンダーカードに出場予定となっています。


3
バレット・ヨシダ


豪華カード続出のFIVE GRAPPLINGはFLO GRAPPLINGでライブストリーミングで視聴可能です。


4
■大会詳細はコチラ、ライブストリーミングはコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】広瀬貴行(38)、アラン・フィホ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月09日

【新発売】RVCA×SHOYOROLLコレクション新発売

01
昨年11月のサンクスギビングデイの前日にアメリカで発売され即日完売したRVCAとショーヨロールのコラボコレクションが日本でも発売されます!

これまでもRVCAとショーヨロールはコラボでドーギを発売していましたがアパレルは今回が初です。

今回のリリースはフーディ、Tシャツ、ハットの3つが同時発売で、その全てが黒を基調としたシンプルなデザインで柔術をする人以外にも十分に魅力的な内容となっています。

また現在はショーヨロールのプロダクトはショーヨーロールジャパンでのみの取り扱いでしたが、これはRVCAが販売元となるのでRVCAのオンラインサイトの他にブルテリアにも入荷予定です。

気になる日本での販売は3月10日(金)よりスタートです!


02
SHOYOROLL x RVCA HOODIE 
¥11500



03
フロントのベルクロラベルは付け替え可能。



04
ラベルは2種類・3枚が付属。
サイズはS〜XLです。



05
SHOYOROLL x RVCA T-SHIRT 
¥5500



06
スタンダードフィットのTシャツ。
胸元と袖にプリント入り。



07
Tシャツのみ黒と白の2色展開。
サイスは同じくS〜XLを用意。



08
SHOYOROLL x RVCA HAT 
¥4200



09
パネルのスナップバックHAT。
フロントのベルクロラベルは付け替え可能で3種類のラベルが付属。



10
【RVCA(ルーカ)とは】

カリフォルニアに拠点を置き2000年にスタートしたRVCAは、若者を象徴しインスパイアするトレンドから逸脱したデザイン主義のライフスタイルブランドです。アメリカのワークウェアをルーツにファッション性を追求し、アクションスポーツの境界を越えて独自のブランドを確立してきました。“THE BALANCE OF OPPOSITES”というその世界観は、自然と人工、過去と現在、秩序と無秩序など、相反するものが共存するさまを象徴しています。「Artist Network Program(ANP)」などクリエイティブな感性を持った人々のサポートや数多くのコラボレーションも手がけています。 



rvca-logo
■RVCAの詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】マルロン・サンドロ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年02月24日

【発売中】『Fight&Life』最新号の柔術関連記事

fl1
現在好評発売中の隔月格闘技雑誌『Fight&Life』最新号の柔術関連記事の紹介です。

今号も4ページの原稿を寄稿させて頂いてます。

自分が担当したのはサンディエゴの柔術道場紹介です。

いまサンディエゴはLA、NYの次ぐ柔術アカデミー密集地帯で、現地には200とも300とも言われるアカデミーが軒を連ねているそうです。

その中から厳選した9つのアカデミーを紹介しています。

fl2


サンディエゴといえば当ブログで「サンディエゴ日記」を連載中の飯嶋貴幸が所属するビクトリーMMAやアンドレ・ガウヴァオン率いるATOSの本部などが知られていますが、それ以外にも注目ジムが多数あります。

限りあるページ数の中でできる限り詰め込んだサンディエゴ柔術マップ、ぜひチェックして欲しいと思います。

その他にもシュレック関根の空手修行や芝本幸司のストレングス・トレーニングについての記事もあるので柔術愛好家は一読の価値ありでしょう。

『Fight&Life』最新号は全国の書店やAmazonなどで好評発売中です。


fl1
【好評発売中】
『Fight&Life』最新号 920円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】レティシア・ヒベイロ、金古一朗(42)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年02月14日

マテウス・オンダ、サンパウロで精力的に活動中!

1
昨年末にブラジル・サンパウロに帰国したマテウス・オンダ。

マテウスは大学進学に合わせて母国に帰国して大学に通いながら柔術の練習を続けています。

両親はまだ日本在住でマテウスは単身での帰国で住まいはなんと所属するバルボーザ柔術本部の上の階にあるアパートとのこと。

なので学業優先ながら日に2回の練習と、その合間にフィジカルトレーニングもしており帰国してまだ2ヵ月ながらかなりの手応えを感じている様子です。

練習では毎日マルコ・バルボーザの指導を受け、昼のコンペティションクラスでは常時10人以上の黒帯が顔を揃えるかなりハードな練習をやっているそうです。

その黒帯たちもムリーロ・サンタナやアドリアーノ・シウバ、フェリッペ・セサーらチャンピオンクラスの強豪がずらり。

そんなキツいメンバーと2時間ぶっ続けで練習していたら強くならない訳がないでしょう。

2


そして帰国してすぐにヘジョナウ・バルエリというサンパウロのロカル大会に出場し準優勝しています。

サンパウロの大会は一般的な階級分けではなく65kg、75kg、85kgと10kg刻みで通常はフェザーで試合をしているマテウスにとっては、やや相手が大きくて苦戦しての準優勝でした。

それもあり今はフィジカルトレーニングもしてパワー負けしないような体力作りに勤しんでいるそうです。

今後の目標としてはサンパウロの大会を中心に月ウチ以上で試合をして、今年はムンジアルに出場予定。

ムンジアルではこれまで通りにフェザーで出るのでパワーアップした分、減量がキツくなるかも、との懸念もあるようです。

日本にいたときよりも精悍さが増した感があるマテウス・オンダ、若干18歳の期待の若手選手の今後の活躍にも注目したいと思います。


3
JLTで獲得した2017年度のスポンサー商品のWVSNのアパレルを受け取ったマテウス。
マテウスはランキング1位になったためVHTS、WVSN、PHALANX、CHOICEのスポンサードを受けています。



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年01月24日

【MMA】REAL.6、全カード決定!

00
2/11(土)、ブラジル・サンパウロにて開催されるファイティンググローブ主催「REAL.6」の対戦カードが全試合決定しました。

今大会はメインでREAウケルター級王者のマルキーニョスのノンタイトル戦、セミファイナルでムンジアル王者・ホドウフォのMMAデビュー戦が決定済み。

その他、スペシャルマッチとしてムンジアル王者・セルシーニョのグラップリングマッチも組まれました。

そして"チェ・ホンマンをKOした男"カーロス・トヨタ、"幻の世界王者"アリ・ファリアス、ベテランのマカコら柔術に馴染みがある選手が多数ラインナップされています。


04
<REAL.6 全試合カード>
■第11試合 メインイベント
74.2kg-77.6kg ウケルター級ワンマッチ
マルキーニョス・ソウザ(ブラジル)
vs
ファビアーノ・アラウージョ(ブラジル)


■第10試合 セミファイナル
89.0kg-93.5kg ライトヘビー級ワンマッチ
ホドウフォ・ヴィレイラ(ブラジル)
vs
ダニヤル・ザリルベック・ウラル(キルギスタン)


■第9試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPフェザー級トーナメント決勝戦
ヴラディスラフ・バルブチェンコ(ウクライナ)
vs
芦田崇宏(日本)


■第8試合
83kg契約ワンマッチ
マーカス・ペレス・エッシンブルク(ブラジル)
vs
イルデマール・アルカンタラ(ブラジル)


■第7試合
70kg契約ワンマッチ
ジョルジ・パチーユ・マカコ(ブラジル)
vs
アンドリュー・フィッシャー(イギリス)


■第6試合
61kg級ワンマッチ
アリ・ファリアス(ブラジル)
vs
アーニー・ブラカ(フィリピン)


■第5試合
ドミトリー・パルプチェンコ(ウクライナ)
vs
星野大介(日本)


■第4試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPライト級トーナメントリザーブマッチ
ジョナサン・メデゼス・カルバーリョ(ブラジル)
vs
チアゴ・ナシメント(ブラジル)


■第3試合
93.5kg-120.7kg契約 ヘビー級ワンマッチ
カルロス・トヨタ(ブラジル)
vs
ザミルベック・シルガバエフ(キルギスタン)


■第2試合
66kg級ワンマッチ
グスタヴォ・ウーリッツァー(ブラジル)
vs
ネマット・アブドゥラシトフ(キルギスタン)


■第1試合
グラップリングスペシャルマッチ
チャールズ"ドゥ・ブロンクス"オリヴェイラ(ブラジル)
vs
セルシーニョ・ヴィニシウス(ブラジル)



08
アリ・ファリアス



03
マルキーニョス・ソウザ



ce
セルシーニョ・ヴィニシウス



to
カルロス・トヨタ



ro
ホドウフォ・ヴィレイラ



【今日が誕生日の柔術家】キット・デール(31)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年01月22日

【ご報告】ブログ再開のお知らせ

IMG_3134
本日より、1/8より一時休止させて頂いていたブラジルブログを更新再開します。

このブログ更新一時休止のことの発端は1/6の深夜に突如起こった体調不良でした。

毎週火曜と金曜に東京・代々木で指導しているミューズ柔術アカデミーでの2017年度の初練習の指導を終え、帰宅し寝てたところ、深夜2時ぐらいに胸部の激痛で目が覚めました。

過去にも何回かこういったことはあったので常備しているバファリンを服用ももまったく効かず、あまりの痛みで「これは耐えられない!」と思い、自宅から数分足らずの救急外来へ自力で行きました。

そこで検査してもらったらすぐに心筋梗塞と診断され、そのまま緊急手術になり胸の痛みと苦しさでボンヤリした頭で手術の同意の書面にサインをするとすぐに麻酔。

気づくと救急治療室のICUのベッドの上で手術が終わった状態でした。

幸いにも手術は成功し、術後の経過も良好ですぐに一般病棟に移ることができ、トントン拍子で1/19に退院できました。

術後2週間足らずでの退院というのは自分でも驚きです。

過去にガンを患って入院したときは入院生活が3ヵ月にも及んだので今回も早くても1か月ぐらいかな、と覚悟していただけにいい意味での驚きでした。

この心筋梗塞は心臓の血管が詰まって起こるもので、高血圧や高コレステロールが原因となるようです。

40歳を過ぎたあたりからいつか検査を、と思いつつもそれを先延ばししていた矢先のことでした。

本当に自業自得で全て日頃の不節制と健康診断を怠っていたのが悪いのです。

ですが逆にいえば健康診断を受けてさえいれば生活習慣の改善や今回のような深刻な事態になる前に医師の診断を受けるように指導されるなどなんかしらの対処があったのは確実。

なので自分と同じようなアラフォー世代の方は必ず健康診断を受けてください。

今回お見舞いにきて頂いた方々に健康診断の受診の有無を確認するとほぼ半々ぐらいでしたが、同業のフリーランスの方や道場関係者などの自営業の人たちのほとんどが未受診とのこと。

どこかに就職していてその会社が社会保険に加入していたら年に1度の健康診断が義務付けられますが、それ以外の方は自分の意志で健康診断を受けねばならないために受診の機会を逃しているというのが現状でしょう。

そうすると今回の自分のように緊急入院&即手術になってしまうこともあるかと思います。

そうならないためにも年に1度の健康診断は欠かさないようしして下さい。

健康診断は人間ドックなら数万円、場合によっては市町村で実施している無料の健康診断もあるはずです。

数万円の出費をケチって自分のような重病になってしまうと、ン十万円がフッ飛びます。

お金の問題だけならまだしも最悪の場合は死の危険にも晒されます。

実際、今回もあと数十分対処が遅れたら深刻な事態になっていただろうと言われました。

本当に命あっての物種です。

とりあえず今後は月イチでの通院で検査しつつ薬での治療が継続されるようです。

気になる柔術復帰はまだ心臓が弱った状態なので心拍数120を超えない程度の運動量に限られているため、いまはウォームアップ程度しかできませんが、来週から指導は復帰予定です。

とはいえ自分自身の練習、スパーリングができるようになるには数ヶ月かかるだろうと言われているので、身体の調子をみながら徐々に運動量を増やしていこうと考えてます。

黒帯になって早3年が経過し、いつか黒帯で試合をしたいと思っていましたが、それはもう叶わないものになるかもしれません。

ですが今後は試合のことなど考えずにまずは柔術を辞めないこと、できる範囲でやれることをやるをモットーに気長に続けることだけを目指してます。

そうすればおのずとその先も見えてくるかと。

今後は健康第一で、仕事量も考えながら頑張っていきたいと思います。

また明日からブラジルブログの毎日更新を再開しますのでご愛読頂けたら幸いです。

今回の入院・治療に際し、たくさんの応援やご支援、ありがとうございました!



橋本欽也


※画像は1/9、ICUで過ごした44歳の誕生日での1コマ。お見舞いで頂いたバースディケーキ・1ホールを半分だけ食べました。不摂生が招いた今回の手術&入院でしたが意外にも血糖値は通常値で、このケーキも担当医の方に食べていいと許可をもらって食べました。来年の誕生日は1ホール丸ごと食べたいと思います!



【今日が誕生日の柔術家】フレジソン・アウヴェス



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年01月08日

【ご報告】ブログ休止のお知らせ

いつも「ブラジルブログ」をご愛読頂き、ありがとうございます。

このブログのメインライターである私、橋本が体調不良のため、しばらくの間ブログの更新をお休みさせて頂くことになりました。

ブログを楽しみにして頂いてる読者の皆様には申し訳ありませんが、更新再開をお待ち下さい。

一刻も早く体調を回復しブログを再開できるのを自分自身も楽しみにしています。

よろしくお願いします。


橋本欽也





©Bull Terrier Fight Gear



2017年01月07日

【ニュース】SJJIFが日本連盟を設立

340
"柔術をオリンピック競技に!"をスローガンに活動中のSJJIF(Sport Jiu Jitsu International Federation=スポーツ柔術国際連盟)。

そのSJJIFがアジア連盟のASJJF(Asia Sport Jiu Jitsu Federation=アジアスポーツ柔術連盟)統括の下にアジア各国ごとに連盟を創設することになりました。

日本の連盟はSJJJF (Sport Jiu Jitsu Japan Federation=スポーツ柔術日本連盟)となります。

今後はSJJIFが世界の地域ごとの連盟を統括し、ASJJFがアジア各国の連盟を統括して活動していくとのこと。

組織の格付け順は、SJJIF>ASJJF>SJJJFとなります。

まず日本連盟を組織化し年内にに韓国の連盟も立ち上げ予定となっています。

ASJJFの下部組織として設立された日本連盟ですが、早速その役員と各地区長などが決定しています。

SJJJFに名を連ねているのは以下のメンバーです。


0326
SJJJF (Sport Jiu Jitsu Japan Federation=スポーツ柔術日本連盟)

会長:村田良蔵
President: Mr. Ryozo Murata

事務局長:後藤悠司
General secretary: Mr. Goto Yuji

財務:板橋慶次
Treasury: Mr. Kenny Itabashi

審判部長:ヨースキ・ストー
副部長 :アンドリュー・ヤマネ
Referee director: Mr. Yoski Suto
Referee vice director: Mr. Andrew Yamane

各地区代表/Regional secretary
■関東
代表:ミリアン・ヤマダ
副代表:広瀬貴行
East:
Secretary: Ms. Miriam Yamada
Vice secretary: Mr. Hirose Takayuki

■中部
代表:ホジェリオ・クリスト
副代表:戸所誠哲
Central:
Secretary: Mr. Rogerio Cristo
Vice secretary: Mr. Todokoro Masaaki

■関西
代表:新川武志
副代表:ヴァルテル・フランコ
West:
Secretary: Mr. Shinkawa Takeshi
Vice secretary: Mr. Walter Franco

■九州
代表:井手智広
South:
Secretary: Mr. Ide Tomohiro

■沖縄
代表:イヴァン・サカモト
Okinawa:
Secretary: Mr. Ivan Sakamoto

■東北
代表:岩渕貴司
Northeast:
Secretary: Mr. Iwabuchi Takashi

■北海道
代表:村田良蔵
North:
Secretary: Mr. Ryozo Murata



【ASJJFドゥマウ 今後の大会予定】
0205
『HIROSHIMA OPEN』
日時:2/5(日)
会場:TKトレーニングセンター(広島)
■大会詳細はコチラから!


0219
『XIV COPA DUMAU』
日時:2/19(日)
会場:青山記念武道館(愛知)
■大会詳細はコチラから!


0305
『KANSAI OPEN』
日時:3/5(日)
会場:吹田市立武道館(大阪)
■大会詳細はコチラから!


『TOKYO CHAMPIONSHIP』
日時:3/26(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京)
■大会詳細はコチラから!


『HOKURIKU OPEN 』
日時:4/2(日)
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


『NORTHEAST JAPAN』
日時:4月予定
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


0430
『TOKYO SPRING』
日時:4/30(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京)
■大会詳細はコチラから!


『DUMAU INTERNATIONAL』
日時:5/7(日)
会場:青山記念武道館(愛知)
■大会詳細はコチラから!


『SOUTH JAPAN』
日時:5月予定
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


『THAILAND INTERNATIONAL OPEN』
日時:6月予定
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


『OKINAWA INTERNATIONAL OPEN 』
日時:6月予定
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


『KOREA INTERNATIONAL』
日時:6/11(日)
会場:チャムシル体育館(ソウル)
■大会詳細はコチラから!


『CEBU INTERNATIONAL OPEN』
日時:7月予定
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


『WEST JAPAN OPEN』
日時:7/2(日)
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


『CENTRAL JAPAN』
日時:7/30(日)
会場:浜北総合体育館グリーンアリーナ(静岡)
■大会詳細はコチラから!


『KANSAI CHAMPIONSHIP』
日時:8月予定
会場:未定
■大会詳細はコチラから!


『ALL JAPAN 』
日時:8月予定
会場:未定
■大会詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年01月06日

日本国内の最多大会出場選手、ヨースキ・ストー

12
2016年も終わり、2017年に突入しました。

ここで2016年度の日本で最も多くの大会に参戦した選手、ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)の戦績を紹介します。

ヨースキの2016年度の大会出場は国内外で30大会にも及び、IBJJFヨーロピアン&アジアインターナショナル、ASJJFのドゥマウGP&アジアオープン、SJJIFワールドなど数多くのビッグタイトルを獲得。

さらに賞金&ベルトトーナメントのドゥマウライトウエイトGPでも優勝し、初代王者に輝いたのは記憶に新しいところでしょう。

年間30大会出場は驚異的な大会数で1ヵ月に2回以上の出場という計算になり、また中にはSJJIFワールドのようにギとノーギを同時開催している大会もあるので、実際はそれ以上の頻度と思われます。

以下がヨースキが2016年に出場した大会リストです。

COPA LAS CONCHAS

COPA LAS CONCHAS NO-GI

ASJJF - DUMAU TOKYO OPEN

XIII COPA DUMAU

MIE OPEN

ASJJF TOKYO SPRING

ASJJF - DUMAU INTERNATIONAL

ASJJF ALL JAPAN

ASJJF ALL JAPAN NO-GI

AICHI OPEN

ASJJF DUMAU CEBU INTERNATIONAL OPEN

ASJJF JAPAN OPEN

ASJJF WEST JAPAN OPEN

ASJJF CENTRAL JAPAN

DUMAU KANSAI

TOYAMA OPEN

ASJJF - DUMAU JAPAN GRAND PRIX

ASJJF - DUMAU NOGI JAPAN GRAND PRIX

ASJJF ASIAN OPEN

NAGANO OPEN

MASTER ALL JAPAN OPEN

ASJJF DUMAU OPEN

DUMAU JAPAN OPEN

COPA ADI SPORTS

DUMAU Light Weight GP 2016

IBJJF European

IBJJF Pan

IBJJF Asia

Abu Dhabi Grandslam Tokyo

SJJIF World


さらに驚くべきことはその勝率です。

これだけの大会に出ていながら優勝できなかったのはIBJJFパンのみで、その試合は初戦を勝利し、2回戦で優勝したアドリアーノ・シウバ(バルボーザ)に僅差で敗れ、入賞を逃しています。

ですがその他の大会はほとんどが階級&無差別のWゴールドで、そうでない場合でも階級または無差別のどちらかで優勝しているというのは驚異的な勝率といえます。

ただ大会に多く出るだけでなく、そこできっちりと勝って結果を残すというのはさすがという他ありません。

そしてこれだけの戦績を残していながら柔術一本ではなく、日々の工場勤めと道場での指導も日常的にこなしているのだから驚くばかり。

このヨースキこそ日本が誇る国内外の最多大会出場選手であり、ワールドクラスの柔術家であるのは間違いありません。

ヨースキは今年も多くの大会に出場予定で、もしかしたら昨年以上の大会参戦数になるかも?!

2017年もヨースキの世界を股にかけた活躍を期待せずにはいられません。


14




【今日が誕生日の柔術家】アナ・カロリーナ・シュミット(27)、ウィルソン・ヘイス(32)、ファビオ・アキオ(36)、ユン・ジンホ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月31日

【10大ニュース】Jiu Jitsu NERD制定:2016年の柔術界の10大ニュース Part.2

00
Jiu Jitsu NERD制定の2016年の柔術界の10大ニュース、前回の続きでPart.2は5位から1位までを発表します!

どのニュースもランキング上位に入るのは納得の大きなニュースでしたが1位は座談会出席者が満場一致なのはもちろんメールで頂いた意見でも多く見られたものでした。

そして今年は世代交代的な若手選手の活躍とベテランの大きな転機という相反した話題も注目されているのも面白い点でしょう。

それでは5位から発表していきます。


01
5位
橋本・嶋田ら新世代黒帯の活躍

今年のIBJJFアジアでは20代前半の新世代黒帯である橋本知之と嶋田裕太の活躍が大きな注目を集めました。橋本は国内最強なのはもちろんワールドクラスの選手として名を馳せる芝本幸司から昨年のリベンジを果たして優勝。そして嶋田は黒帯デビュー大会で江端、加古、山田、宮地と国内トップ選手から連勝してアジア制覇。特に2回戦のvs加古戦で20-0の完勝劇は特筆モノ。黒帯は群雄割拠の様相を呈している中、若手黒帯がこうやって頭角を現してきているのは明るいニュースといえます。



02
4位
シュレック関根、プロ格闘家に転向

今年最も驚いたニュースだったのが"シュレック"こと関根秀樹が警官という安定した職を辞してプロ格闘家に転向したことでしょう。しかも43歳というアラフォー超えの年齢でのプロ転向は賛否両論ありました。ですがシュレックの安定した職を捨てて格闘技で食っていくという決断は本人以外にはわからない大きな苦悩があったのは想像に難くありません。そんなシュレックの大英断は日本の柔術シーン全体で応援したくなる夢のあるもの。残念ながらプロ転向初試合は敗れてしまいましたが、来る2017年の再起戦の復活勝利を期待しましょう。



03
3位
アジア全域で柔術が盛況

ここ数年来、常にニュースの中に入ってきているアジアの柔術シーンの活性化がいよいよ本格化してきています。その中でも隣国の韓国の勢いが凄まじく、アジアでは日本に次いで2カ国目となるIBJJF主催大会が行われたり、韓国人選手が日本の大会で活躍したり、また韓国国内の大会でも軒並み盛況だったりと枚挙に暇がありません。長くアジアの柔術シーンの旗手として君臨してきた日本ですが、韓国の勢いに飲まれてしまうかも?!またその他の国でも柔術は着実に定着してきており、アジアンインベイジョンの脅威は侮れないものとなっています。



04
2位
湯浅麗歌子、ムンジアル2連覇

昨年のMVPでもある湯浅が今年もムンジアルを連覇し黒帯2年連続優勝、そして茶帯から数えると3年連続優勝の偉業を達成しました。また昨年はライトフェザーで今年はルースターで2階級制覇でもあります。そしてムンジアル以外でもアブダビグランドスラム東京や、トルクメニスタンにて開催されたアジアチャンピオンシップでも優勝したのも話題となりました。



05
1位
大会ライブストリーミング花盛り

満場一致で1位に選出されたのが大会のオンラインライブストリーミングが日常化したことでした。アブダビグランドスラム東京はAbemaTVで、JBJJFの主要大会とASJJFドゥマウの九州大会はAbemaTV FRESH!で配信され、コパブルテリアはYouTube LIVEで配信されたのは記憶に新しいとことでしょう。その他の大会でもニコ生やツイキャス、USTREAMなど様々な配信サービスでライブストリーミングされ手軽に大会が見れるようになったのは革新的でした。しかも海外は有料配信が主なに対し日本ではそのほとんどが無料配信なのは嬉しいことでしょう。



以上、5位から1位までの10大ニュースでした。

このランキングはいかがだったでしょうか?!

個人的に一番大きかったのは1位に選ばれた大会のライブストリーミングのことです。

昨年の座談会でも話してましたが海外ではFLO GRAPPLINGやUFCファイトパスなどで手軽に大会がリアルタイムで見れるようになってます。

それに対して日本は昨年まではライブストリーミングされる大会は多くなく、生配信で視聴可能なのは限られた大会のみという状況でした。

ですが今年になってAbemaTVやAbemaTV FRESH!、YouTube LIVEなどのオンライン配信サイトの充実に比例するかのように、大会のライブストリーミングが急激に盛り上がり、月イチ以上の頻度で大会のライブストリーミングで視聴可能となったのは日本柔術シーンにとって大きな転機になったといえます。

自分自身、柔術プリーストで大会の動画配信をしてるだけに、このライブストリーミングの充実ぶりはいろいろと考えさせられます。

そんな感じで今回制定したこの10大ニュースの他に年間MVPやベストマッチ、ベストサブミッション、新人賞なども座談会で決めました。

その選考座談会の様子や選考結果は来月発売のJiu Jitsu NERD Vol.9の誌上で発表します。

と、いうことで2016年の更新は以上です。

今年もご愛読ありがとうございました!


■過去の10大ニュースはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ドニー・フラワーズ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月29日

【REAL】REAL.6、アリ・ファリアス&カーロス・トヨタ参戦決定!

00
2/11(土)、ブラジル・サンパウロにて開催されるファイティンググローブ主催「REAL.6」の追加カードが発表されました。

今回は2つの対戦カードが同時発表され、その2選手が柔術黒帯です。

まずは今年3年ぶりにムンジアルに復帰し、準優勝となったアリ・ファリアスが電撃参戦決定。

アリは今年のコパ・ブルテリアに招聘すべく調整してましたが、準備期間が短くビザ取得が難しいとのことで泣く泣く断念。

ですがその後もコンタクトは続けていて、ちょうど今大会の開催が決まりMMAでのオファーをしたところ快諾され急遽参戦が決まりました。

すでにMMAでは4勝1敗の戦績を持つアリは柔術家らしく4勝のうち3試合を一本勝ちしており柔術仕込みの極めの強さをMMAでも発揮しています。

現在はブラジルのリオデジャネイロのX−GYMでMMAファイターとしてのトレーニングに集中しており、年末年始もなく練習に明け暮れる予定と今大会に意欲的でした。

そんなアリの対戦相手はフィリピン人のアーニー・ブラカで、この選手はいまMMAが盛り上がっているフィリピンから出てきた新鋭MMAファイターで鋭い打撃が持ち味とのこと。

まだキャリアこそ少ないですが、それだけにまだ伸びしろがある将来有望なファイターという触れ込みです。

柔術黒帯のアリと打撃系ファイターのアーニーはMMAならではの"寝技vs打撃"の一戦でサブミッションかKOで勝敗が決するのは間違いないでしょう。


01
アリ・ファリアス(ブラジル) VS アーニー・ブラカ(フィリピン)



そしてもう1試合はベテランのカルロス・トヨタがREAL.2以来、久々の参戦。

トヨタはMMA戦績17戦の経験を持ち、勝っても負けてもいい試合をすることで会場人気があるファイター。

勝ち星8つはすべて一本勝ちかKOでの勝利で柔術黒帯なのに7つのKO勝利というのも特筆すべきことでしょう。

そしてそのKO勝ちの中にはかのチェ・ホンマンをも1RでKOしてるのはよく知られています。

他にも高瀬大樹、松井大二郎など日本人選手にも打撃で葬っており、いまや打撃系ファイターと言っても過言ではありません。

トヨタの対戦相手のザミルベック・シルガバエフはキルギスタンのレジェンド的な選手でハードパンチャーとのことでヘビー級らしい豪快な打ち合いが期待されます。


02
カルロス・トヨタ(ブラジル) VS ザミルベック・シルガバエフ(キルギス)


さらにREALのウェルター級王者のマルコス・ソウザの参戦も決定済みで、対戦相手は追って発表されるとのこと。


03
マルコス・ソウザ


ホドウフォ・ヴィレイラのMMAデビューが注目されるREALブラジル大会ですが、その他のカードも注目試合目白押しです!



04
『REAL.6』
■日時
2/11(土)

■会場
ジナシオ・マウロ・ピニエロ(ブラジル・サンパウロ)

■決定カード
ホドウフォ・ヴィエイラ(ブラジル)vsダニヤル ザリルベック ウウル(キルギス)
REAL FIGHT CHAMPIONSHIP フェザー級トーナメント決勝戦
芦田崇宏(日本)vs ヴラディスラフ・パルブチェンコ(ウクライナ)
カルロス トヨタ(ブラジル) VS ザミルベック シルガバエフ(キルギス)
アリ・ファリアス(ブラジル) VS アーニー・ブラカ(フィリピン)

■参加予定選手
ジョルジ・パチーユ・マカコ / サンパウロ - ブラジル
Jorge Patino Macaco / Sao Paulo - Brazil
郷野 聡寛 / 日本
Akihiro Gono / Japan
星野 大介 / 日本
Daisuke Hoshino / Japan
ヴラディスラフ・パルブチェンコ / ウクライナ
Vladyslav Parubchenko / Ukraine
ディミトリー・パルブチェンコ / ウクライナ
Dmitriy Parubchenko / Ukraine

■大会サイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アンデウソン・マルケス(39)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月23日

【本日発売】『Fight & Life』最新号

00
隔月発売の格闘技雑誌『Fight & Life』最新号が本日12/23(祝)に新発売されます。

今号でも記事を寄稿させて頂いてます。

まずは先月LAで開催されたSJJIFワールドの大会レポート。

この大会では日本から述べ人数で34人の選手が参戦し34個のメダルを獲得し、かつてないほどのメダルラッシュに沸きました。

そんな選手たちの活躍ぶりとSJJIFの現在の状況などをまとめてレポートしています。

01
11/12-13の2日間、LAのロングビーチで開催されたSJJIFワールド。
今回で5回目の開催となるアニバーサリーイヤーで日本からの遠征組が大活躍した。



02
今大会はメダルラッシュとなり、誌面ではメダル獲得者のほとんどを掲載。
世界の舞台で活躍する選手たちの試合ぶりを詳細にレポート。




そしてSJJIFワールドで一家揃って遠征し、その家族全員がメダルを獲得したフランコファミリーのインタビューも掲載。

フランコファミリーは国内外の大会を問わずほぼ毎週のように参戦して好成績を収めています。

日々の柔術ライフや遠征の苦労と楽しさ、家族エピソードなどを盛り込んだインタビューで通常の選手インタビューとは違った切り口でまとめています。


03fb
家族全員が柔術家というフランコファミリー。
その柔術に密着した日常も紹介。



04
両親から子供たちの柔術観もそれぞれ違ってて面白い。
柔術を家族で嗜むフランコファミリーの柔術ライフは興味深いはず!




大会レポートもインタビューもLAで取材した海外モノ。

その他にも57歳にして1日3部練をこなすこともあるというパラエストラ東京の木村博之氏のインタビューも。

木村氏は90年代後期から日本の柔術シーンに貢献しておられる知る人ぞ知る影の功労者で、ブラジリアン柔術の黒帯でありながら極真空手の黒帯でもあるという豪傑。

自分も昔からことあるごとに気にかけてもらい非常にお世話になっています。

そんな木村氏のインタビューも同時掲載されているので、ぜひご購入の上で読んで頂きたいと思います!


00
【本日発売】
『Fight & Life』最新号
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ファブリシオ・カモエス



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月13日

【REAL FIGHT】REAL.6、ブラジルで開催!

r6
柔術家が多く出場しているREAL FIGHTが次回大会「REAL.6」をブラジルのサンパウロで開催することを発表しました。

日時は2/11(現地時間)、会場はジナシオ・マウロ・ピニエロで、この会場は昨年開催されたADCCブラジル大会と同じ会場です。

この大会の目玉はムンジアル王者のホドウフォ・ヴィレイラのMMAデビュー戦。

ホドウフォは昨年12月に横浜で開催されたREAL.3に来場し、そこでMMA転向を発表しました。


1



その後、ブラジルからフロリダのマイアミに拠点を移し、ATTにてMMAデビューに向けて着々と準備を進めていました。

そしてついにこのREAL.6でMMAデビューを果たします。


スクリーンショット (58)



その他にも郷野聡寛が勝ち上がっているライト級トーナメントの準決勝戦、さらに芦田崇宏vsヴラディスラフ・パルプチェンコのフェザー級トーナメントの決勝戦も開催予定。

またブラジルのベテラン、ジョルジ・パチーユ・マカコも参戦決定選手として名を連ねています。

「武道復活」をテーマに世界中の未知なる強豪を集結させる「REAL」、歴史が変わる瞬間をお見逃しなく!


『REAL.6』
■日時
2/11(土)

■会場
ジナシオ・マウロ・ピニエロ(ブラジル・サンパウロ)

■参加予定選手
ホドウフォ・ヴィエイラ / リオデジャネイロ - ブラジル
Rodolfo Vieira / Rio de Janeiro - Brazil

ジョルジ・パチーユ・マカコ / サンパウロ - ブラジル
Jorge Patino Macaco / Sao Paulo - Brazil

郷野 聡寛 / 日本
Akihiro Gono / Japan

星野 大介 / 日本
Daisuke Hoshino / Japan

芦田 崇宏 / 日本
Takahiro Ashida / Japan

ヴラディスラフ・パルブチェンコ / ウクライナ
Vladyslav Parubchenko / Ukraine

ディミトリー・パルブチェンコ / ウクライナ
Dmitriy Parubchenko / Ukraine


■大会サイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月10日

【Dropkick】アナタはまだ知らない! 本当に恐ろしいグレイシー一族!!

01a

プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルでグレイシー一族についてインタビューして頂きました。

このインタビューはRIZINでのクロン・グレイシーvs所英男戦の直後に行われたもので、大晦日に行われるクロン・グレイシーvs川尻達也戦の煽り記事として掲載されました。

過去にはクロン・グレイシーのMMAデビュー戦に先駆けてクロン・グレイシーとは?的なインタビューもやらせて頂いてます。

そちらも併せて読んで頂くと大晦日のクロンvs川尻戦がより楽しめるかと思います。

このクロンvs川尻戦、やはり日本のメディアでは「川尻vsクロン」という順序で表記されており、あくまでも"UFC帰りの川尻の日本復帰戦の対戦相手がクロン"という論調なのは仕方ないことなのかもしれませんが、柔術やってる側からしたらなんかモヤっとする感は否めません。

そしてこの試合はいくら日本人相手とはいえグレイシーを応援してしまうのは仕方ないというか当たり前でしょう。

川尻vsクロンをより楽しんで見てもらうためにこのインタビューはぜひご一読を!


【川尻vsクロン直前】『アナタはまだ知らない! 本当に恐ろしいグレイシー一族!!』はコチラから!


02

■過去記事
【スポーツの闇】日本人柔術家が衝撃提言!? 「日本人格闘家はどんどんドーピングしたほうがいい!」はコチラ

『語ろうグレイシー!! ヒクソンの息子クロンのMMAデビューを10倍楽しむ方法』はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】オズワルド・アウヴェス(78)、カーロス・トヨタ(45)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年11月13日

【大会】11/12-13 SJJIFワールドに日本から出場する選手紹介

00c
11/12-13の2日間、LAのロングビーチ・ピラミッドで開催されるSJJIF主催「SJJIFワールド」。

この大会はいま日本国内はもとよりアジアでも大会を数多く行うASJJF(Asia Sport Jiu Jitsu Federation=アジアスポーツ柔術連盟)の上位組織であるSJJIF(Sport Jiu Jitsu International Federation=スポーツ柔術国際連盟)が主催する世界選手権だ。

柔術の世界選手権というちIBJJF主催のムンジアルが一般的だが、SJJIFはアドバンテージ&レフェリー判定なし、延長サドンデスありというSJJIFルールを採用したスポーツ柔術の最高峰大会という位置づけ。

いま日本ではASJJFドゥマウの大会のみならずこのASJJFルールを採用した大会が数多くなり、2016年度だけでも国内で50大会以上が開催されている。

続きを読む

2016年10月29日

【発売中】『Fight & Life』最新号の柔術関連記事

01
現在発売中の格闘技雑誌『Fight & Life』最新号の柔術関連記事の紹介です。

今号ではいつもより倍増の8ページを担当させていただきました。

海外モノではラスベガスで開催されたワールドマスターの大会レポートとサンディエゴで取材したレティシア・ヒベイロのインタビュー&テクニック。

そして国内では九州初の世界王者、上谷田幸一氏を地元・鹿児島まで足を運んでお話を聞かせて頂きました。

この上谷田さんのインタビューは日本人選手を取材することがほぼないので個人的に新鮮でした。

そして今回のこの3つの題材はどれも「マスター世代」という括りでやらせて頂いてます。

30歳以上の選手のみが出場できる世界選手権のワールドマスター、アラフォーの女子柔術家のレティシアのこれまでとこれから、そして40代で柔術を始め、50代半ばで黒帯を取得し世界王者になった上谷田さん。

今回の3つの題材はアラサー以上の柔術家&愛好家が多い日本の柔術シーンにぴったりとハマるかと思ってます。

いつもは4ページをレギュラーで担当させて頂いてますが今号はその倍の8ページということで大会レポ2ページ、レティシア&上谷田さんも各3ページずつと読み応えは十分でしょう。

自分が担当したページ以外でも柔術関連記事として『宇野薫とブラジリアン柔術 UNO DOJOでブラジリアン柔術クラス開始』も掲載されてます。

国内外の柔術記事が読める『Fight & Life』最新号、ぜひご購入をお願いします!


02
"九州初の世界王者"上谷田幸一



03
現役復帰を決意?! レティシア・ヒベイロ



04
30歳以上のみが参加可能な世界大会「ワールドマスター」大会レポート




01
【発売中】
『Fight & Life』Vol.57
【インタビュー】
レティシア・ヒベイロが語る過去・現在そして引退
【大会レポート】ワールドマスター2016 生涯DOスポーツ 中高年柔術家の晴れ舞台
【インタビュー】祝・九州初世界王者 中高年柔術家の一等星 上谷田幸一
【インタビュー】宇野薫とブラジリアン柔術 UNO DOJOでブラジリアン柔術クラス開始

■詳細&購入はコチラから!

■『Fight & Life』のFacebookページはコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月26日

【大会】10/23深谷「グランドスラム」に海外強豪選手続々参戦

00
10/23(日)、埼玉県深谷市のビッグタートル深谷で開催されるJJFJ主催の賞金トーナメント「アブダビグランドスラム東京」。

今大会は色帯の階級別トーナメントにも高額賞金が賭けられており、その賞金総額は10万ドル(1000万円)以上という破格さ!

そんな高額賞金を狙ってか海外から参戦する多数の強豪選手がオフィシャルサイトで発表されてます。

コチラから!

まずは初来日となるマイキー・ムスメシ。

マイキーはいま非ブラジリアンで最も活躍している選手の一人で、つい先日もかのジョアオ・ミヤオから勝利したのも記憶にあたらしいところでしょう。

日本人選手の対戦相手にぴったりな小柄な選手なのでマイキーをスポンサーするブルテリアが主催するコパ・ブルテリアにゲスト選手として招聘する話もありましたが流れてしまい、いまだ来日が実現していませんでした。

それが今回遂に初来日が実現します!


01
マイキー・ムスメシ

そして次はフェリッペ・ペナ"プレギーサ"も初来日。

プレギーサも過去に日本でセミナーツアーの予定がありスケジュールまで発表されましたが土壇場でのキャンセルとなり、それ以降は来日の話は立ち消えになってしまってました。

その後プレギーサはステロイド陽性反応によりムンジアル優勝の記録は抹消となり、1年間の出場停止処分を受けてましたが昨年のワールドノーギで復活するとヨーロピアン、ワールドプロなどメジャートーナメントで優勝し完全復活を果たしています。


02
フェリッペ・ペナ"プレギーサ"


さらにイゴール・シウバ&ヒカルド・エヴァンゲリスタのGFチームの巨人コンビも初来日。

この2人はいまアブダビ在住でインストラクター職に就いており、大会にはこれまでのように頻繁には出ていないものの、その実力は折り紙付き。
ヘビー級以上のトップ柔術家の来日は少ないので、今回の初来日実現は貴重でしょう。


03
イゴール・シウバ&ヒカルド・エヴァンゲリスタ


また初来日ではないですがあのシャンジ・ヒベイロも参戦決定のようです。

シャンジは先のワールドマスターのスーパーヘビー準決勝戦でエリオット・ケリーに敗れる波乱がありましたが、その後に行われたオープンクラスではチームメイトのハファエル・ロバトと2人でクローズアウト。

昨年はムンジアルも制しており、いまだ現役バリバリのシャンジの試合が日本で見られるのは貴重です。


04
シャンジ・ヒベイロ


その他にも数名のトップ選手の参戦が予定されており、また自分のところにも出るぞ!という参加表明が届いてますが、それらはJJFJからの正式発表があってから紹介したいと思います。

以上が現時点でのグランドスラム東京大会の海外からの参加予定選手で、この来日に合わせてセミナー開催も多数企画されているようです。

すでに募集が開始されているのがプレギーサで、セミナー開催の窓口となっているブルテリアでセミナー開催地を募集中です。

プレギーサの日本滞在スケジュールは10/20〜11/4となっており、この2週間の間にいくつかのアカデミーでセミナー開催したい意向のようです。

プレギーサのセミナー開催に興味のある方はブルテリアまでお問い合わせください。

【セミナー開催に関するお問い合わせ】
ブルテリア
電話番号:053-525-6641
E-Mail:info@b-j-j.com
担当:坂本


05
【参加募集中】
『アブダビグランドスラム東京』
日時:10/23(日)
会場:ビッグタートル深谷(埼玉県)
※大会詳細&申し込みはコチラから!


06
【賞金】
■アダルト
青帯 優勝:$500 準優勝:$300 3位:$200
紫帯 優勝:$600 準優勝:$400 3位:$200
茶帯 優勝:$1200 準優勝:$800 3位:$500
黒帯 優勝:$2000 準優勝:$1500 3位:$1000
※その他のカテゴリーの賞金はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ホジャー・グレイシー、グスタヴォ・ガウヴァオン、ネイサン・アダムソン



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月13日

【大会】11/19&26 浜松『ブルテリアオープン2016』開催決定

co
7/31に過去最大規模で開催されたブルテリア主催「コパ・ブルテリア」も記憶に新しい中、ブルテリア主催のもう1大会の開催が決定しました。

11/19と26の2週に渡って開催する「ブルテリアオープン」です。

ブルテリアは夏のコパブルテリア、冬のブルテリアオープンと年に2大会を定期開催してますが、今年からコパブルテリア・ジュニアオープンをスタートさせ、ブルテリアオープンも2週開催となりました。

コパブルテリアは関東開催ですがこのブルテリアオープンはブルテリアの地元・浜松での開催。

会場の浜松武道館は浜松駅前でアクセスもよく、また浜松では名物のうなぎや静岡県内でのみ食べれる「さわやか」のげんこつハンバーグは絶品。

ぜひ大会参加ついでに味わっていただきたい静岡グルメです。

大会申し込みは近日開始予定ですが、すでに大会サイトは公開中。

多数のご参加、お待ちしています!


co
【大会】
『ブルテリアオープン2016』
日時:11/19(土) 大人の部 11/26(土) キッズの部
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
■大会サイト・大人の部はコチラ、キッズの部はコチラから!


■過去のコパブルテリア関連ニュースはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】佐藤孝(41)、戸所誠哲(33)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月05日

【大会】9/17 ASJJF-DUMAUジャパンGP、スーパーファイト追加カードが決定!

0917d
9/17(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されるASJJFドゥマウ主催『ASJJF-DUMAU JAPAN GP GI&NO-GI』で行われるスーパーファイト追加カードが決定しました。

先に参戦発表されていたエリオット・ケリー(イエマソBJJ)の対戦相手としてレアンドロ・クサノ(クサノチーム)が決定し、黒帯スーパーファイト・オープンクラスとしてエリオット・ケリーvsレアンドロ・クサノが行われます。


02
エリオット・ケリー(イエマソBJJ)



03
レアンドロ・クサノ(クサノチーム)




クサノは国内トップ黒帯の1人で特に足関節技に定評がある選手で極めの強さは特筆モノ。

オープンクラスのトーナメントにも常にエントリーしており体格差のある相手との試合もいとわない勇猛さで国内外の大会で多くの戦績を残しています。

今回のエリオットとの試合もオープンクラスでの一戦となりますが、最近のクサノの強さは周知のものなので好勝負は必至。

またエリオットとクサノはどちらが勝っても必ず一本決着となるはず!

まさにスーパーファイトで行われるに相応しい一戦が実現します。


04
エリオットvsクサノ、スーパーファイトで対戦決定!



そして他にも今大会のスーパーファイトに参戦が決定した選手がいます。

その選手とはアジアオープン2年連続王者のイザッキ・パイヴァ(サイコー柔術)です。


05
イザッキ・パイヴァ(サイコー柔術)


イザッキは今年もアジアオープンに来日し3連覇を虎視眈々と狙っており、アジアオープン後も日本に居残り滞在予定。

そこで今大会のスーパーファイト出場を直訴し参戦が決定したものです。

イザッキの対戦相手はまだ未定ですが日本人選手との試合を希望しており現在調整中。

日本人選手でイザッキとスーパーファイトで試合したい選手は大会主催のエジソン・カゴハラまで連絡を!


06
イザッキとスーパーファイトで対戦希望の選手はエジソン・カゴハラにお問い合わせください!



その他、既報の通りスーパーファイトとして紫帯フェザーで佐野貴文vsホベルチ・オダもラインナップ。


11
佐野貴文(AXIS横浜)



09
ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)




そして大会後にはアウグスト・メンデス"タンキーニョ"のセミナーも開催。

通常の柔術&ノーギのトーナメント、スーパーファイト、タンキーニョ・セミナーと今大会は盛りだくさんな1日となりそうです。



08
【セミナー】
アウグスト・メンデス"タンキーニョ"セミナー
日時:9/17(土) ドゥマウGP大会終了後
費用:7000円 または$70
場所:台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナ(浅草)
■セミナー詳細はコチラから!



02
【大会】
ASJJFドゥマウ「ドゥマウジャパンGP」
■大会詳細はコチラから!



07
【セミナー】
『エリオット・ケリー&ネイサン・メンデルソン セミナー』
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
日時:9/9(金) 20:00-22:00
費用:一般 4000円 / ミューズ会員 3000円
■セミナー詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月03日

【告知】9/10 Kagoshima Roll Fes / 鹿児島柔術合同練習会

kago
9/10(土)に鹿児島でJiu Jitsu NERD Presents「KAGOSHIMA ROLL FES」と題した柔術練習会を開催します。

今回所用で鹿児島に滞在予定なので、そこで練習会を開催し現地の柔術愛好家のみなさんと交流したいと考えてます。

練習会当日は東京でIBJJFのアジアオープンが開催されてますが、試合に出ない九州の方々も多数おられると思います。

そういった方々と練習を通じて交流できたら嬉しいです。

この練習会では自分が得意とするハーフガードのテクニックもいくつか披露予定となっており前半30分程度がプチセミナーで後半1時間ほどがスパーリングタイムとなってます。

会場は鹿児島県総合体育センターで時間は18:00-19:30の予定です。

練習会の後には参加希望の方と打ち上げ兼懇親会もあります。

懇親会は有料となりますが、練習会の参加は無料なので、ぜひ練習会だけでもお気軽にご参加を!


kago
【練習会】
『KAGOSHIMA ROLL FES / 鹿児島柔術合同練習会』
日時:9/10(土) 18:00-19:30
場所:鹿児島総合体育センター
費用:無料
問い合わせ:ボルケーノ柔術&MMA代表・有川
メール daisukeee0421@yahoo.co.jp
電話 09028549191
※懇親会参加希望の方は予約が必要なのでお早めの連絡をお願いします



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月02日

【セミナー】エリオット・ケリー&ネイサン・メンデルソンセミナーinミューズ柔術アカデミー

00
9/10-11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されるIBJJF主催「アジアオープン2016」に来日するエリオット・ケリー(イエマソBJJ)のセミナー開催が決定しました。

セミナーは大会の前日、9/9(金)に東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて行います。

エリオットは先週ラスベガスで開催されたワールドマスターでかのシャンジ・ヒベイロに勝利し大きな話題となったのは記憶に新しいところでしょう。

マスター1黒帯スーパーヘビーの準決勝戦でシャンジと対戦したエリオットはシャンジからテイクダウンを奪い、その後のシャンジの猛攻を振り切ってP2-0で勝利しました。

その次の決勝戦ではハファエル・ロバトに敗れましたが準優勝に入賞し2年連続で銀メダル獲得となりました。


01
ワールドマスターでシャンジと対戦したエリオット・ケリー。
マスター1黒帯スーパーヘビー準決勝での対戦でした。



02
スタンドゲームに定評があるシャンジからテイクダウンを奪ったエリオット。
その2ポイントを守り切ってP2−0で劇的勝利を果たし準優勝に輝きました。




そんなエリオットですが実は日本語がネイティブレベルでペラペラなのはご存知でしょうか?!

海外選手のセミナーでありがちな通訳がショボくて技術説明が不十分、というようなことはエリオットのセミナーではあり得ません。

選手本人と日本語で説明OKで日本語で質疑応答もOKというのは海外選手のセミナーでは画期的ではないでしょうか。

また今回のセミナーはエリオットの盟友、ネイサン・メンデルソンも特別参加し2人セットでのセミナー開催となります。

アジアオープンの前日の夜ではありますが、ぜひエリオットのセミナーに参加して頂き新たなテクニックを学んで欲しいと思います。

そしてアジアオープンの1週間後には9/17(土)に浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催される「ドゥマウジャパンGP」のスーパーファイトに参戦します。

ルールは試合時間20分、勝敗は15ポイント先取か一本決着で、時間切れの場合はポイント判定となります。

対戦相手は調整中ですが、エリオットのスーパーファイトは誰が相手でも興味深いものになるのは間違いありません。

エリオットのセミナー&スーパーファイトもアジアオープン同様に楽しみです。


00
【セミナー】
『エリオット・ケリー&ネイサン・メンデルソン セミナー』
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
日時:9/9(金) 20:00-22:00
費用:一般 4000円 / ミューズ会員 3000円



0917d
【大会】
『ASJJF-DUMAU JAPAN GP GI&NO-GI』
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナ(東京・浅草)
日時:9/17(土)
※アウグスト・メンデス"タンキーニョ"のセミナーを大会終了後に開催



【今日が誕生日の柔術家】JTトーレス(27)、ジョナサン・サタヴァ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年08月30日

【セミナー】アウグスト"タンキーニョ"、初来日&セミナー開催!

01
"タンキーニョ"の愛称で知られるアウグスト・メンデス(ソウルファイターズ)が初来日しセミナーを開催します。

タンキーニョはムンジアルとワールドプロの両世界大会を制しており、ノーギでもワールドノーギで優勝、ADCCでも3位入賞しているトップファイター。

現在はMMAに転向しており柔術やノーギの試合はご無沙汰ですが、このMMAでの5勝1敗の戦績のうち、4勝がサブミッションによる一本勝ちで極めの強さが突出しているといえるでしょう。


03



長らく来日を希望していたタンキーニョですが、なかなか日本に来るチャンスがなかったのですが今回急遽初来日が実現!

スケジュールの関係で1回限りのセミナー開催となるので、この機会をお見逃しなく!

9月はアジアオープンがあり、海外から多くの選手が来日し多数のセミナーが行われると思いますが、選手としての実績としてはタンキーニョが突出しており、まさに"別格"的な存在です。

ムンジアルで激戦区の1つであるフェザー級で、かのコブリンヤとハファ・メンデスから勝利して優勝した2013年のタンキーニョの強さはいまも鮮烈な記憶として残っています。

いまはMMAに転向中とはいえ昨年はADCCで3位入賞&ワールドノーギで優勝し、柔術でもスーパーファイトでAJアガザームに勝利するなど、MMA以外でも頻繁に出場しており、まだまだ現役バリバリのトップ選手です。

そしてタンキーニョは過去2作品の教則DVDも発売しており、その2作ともベストセラーとなっているのは周知の通り。


d1
『コンプリート・チャンピオン』
■詳細&購入はコチラから!


d2
『コンプリート・チャンピオン Part.2』
■詳細&購入はコチラから!




教則DVDを見た方は知っていると思いますが、教え方もうまく説明上手なのでテクニックに対する造詣の深さはさすが世界王者!と唸らせるモノがありました。

そんなタンキーニョの日本初にして1回限りのセミナー開催、これはぜひ参加して頂きたいと思います!



05
【セミナー】
アウグスト・メンデス"タンキーニョ"セミナー
日時:9/17(土) ドゥマウGP大会終了後
費用:7000円 または$70
場所:台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナ(浅草)



02
【大会】
「ドゥマウジャパンGP」
■大会詳細はコチラから!



04





タンキーニョのハイライトビデオ





タンキーニョvsハファ・メンデス/ムンジアル2013




タンキーニョ教則DVDプロモ




Xガードに対するパスガード




ニースライドパスガード




パスガード&バックテイク



【今日が誕生日の柔術家】マウリシオ・ソウザ、オーリ・ゲデス、藤本勤



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear