English Portugues Japanese

ニュース

2018年06月11日

【大会】コパ・ブルテリアにタイナン・ダウプラ参戦決定!

01
8/12(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催される螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2018」。

この大会にアメリカ・コスタメサからタイナン・ダウプラの参戦が決定しました。

タイナンはメンデス兄弟率いるAOJ(Art of Jiu Jitsu)の若手のエースで、今年のパンとムンジアルでアダルト青帯Wゴールドを達成し、ムンジアルの表彰台で紫帯に昇格したばかり。

まさに今が旬の選手で、タイナンの初来日は話題性抜群といえるでしょう。

今回はこのタイナンのプロフィールを紹介します。

5歳から柔術を初めたタイナンは現在は紫帯でフロリアノポリス出身の17歳。

13歳でアメリカに移住し、オレンジ帯のときにAOJに加入しています。

ムンジアルでは青帯のジュブナイル1と2、そして今年はアダルトで優勝し3年連続の世界王者。

最初にAOJに来たときは普通のビジターで練習に参加して、その練習が凄く刺激になって移籍を決意し、またその実力をメンデス兄弟に認められて移籍を果たしました。

AOJ加入後は日に2回の練習をして見違えるように進歩していったマテウスは、このAOJでマテウス・ホドリゲスといういい練習パートナーを得たことも大きいでしょう。

マテウスとはパンとムンジアルでオープンクラス決勝をクローズアウトした仲で、今回ともに紫帯に昇格しています。

通常の練習スケジュールは月曜から金曜まで日に2?3回の練習をして、柔術の練習は6時間ぐらいとのこと。

朝の7:00〜12:00までほぼぶっ続けで練習があって、夜にもう1セッションで終わりですが、それ以外の時間にもウエイトトレーニングなどをやっているといいます。

週末だけは練習はなしですが月に1〜2回は大会があるから完全休養できる週末はあんまりない、と苦笑い。

好きなテクニックはパスガードで、試合では引き込むことも多いけど、スイープよりパスガードが得意。

極めは絞めが好きで、よく極めてるのはサイドからラペラを使って絞めるチョークだけど、その技の名前はわかんないんだ、と笑う姿は無邪気なティーンエイジャーでした。

タイナンはブラジルからアメリカに来て柔術ライフが拓けたと言い、いまはブラジルよりアメリカの方が柔術シーンが活性化してるし大きな大会や世界的なアスリートも多く、またスポンサーを獲得するのもアメリカにいた方が有利なのでアメリカに来て本当によかったと言いますが、本当にその通りでしょう。

次の目標は紫帯でも青帯時代と同じようないい戦績を残すことで、紫帯デビュー戦は今月末のアメリカンナショナルの予定。

最後に日本のみんなへのメッセージを、というと「日本に行くのは楽しみで、AOJには日本から練習しに来る選手も多いし、練習を通じて仲良くなった選手もいる。彼らと再会するのも楽しみだし日本で試合するのも楽しみ。必ずいい試合を見せるから期待して欲しい」とコメント。

タイナン・ダウプラの初来日は要注目です。

なお「コパ・ブルテリア2018」の第1次締め切りは6/19(火)となっています。



02
いまAOJでエリート街道を驀進中のタイナン。



03
ムンジアルでは階級と無差別で10試合して階級の7試合は全て極めて勝っています。



04
タイナンは紫帯ミドルとオープンクラスに出場予定。
極めが強い選手なので、その試合ぶりにも注目です!








bt2018
【参加申し込み受付中】
「コパ・ブルテリア2018」
日時:8/12(日)
会場:愛知県武道館(愛知県名古屋)
■大会詳細はコチラから!




patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年05月26日

【ショップ】RVCA SHIBUYA、本日オープン!

01
カリフォルニア・コスタメサ発のサーフブランド「RVCA(ルーカ)」。

RVCAはサーフブランドとしてスタートしましたがブランドスタート当初より柔術家もサポートしており、国内外で人気ブランドとなっています。

そのサポート選手の中にはメンデス兄弟やブシェシャ、マッケンジー・ダーンやBJペン、レオジーニョ、ルーカス・レイチら錚々たる顔ぶれが揃っています。

ですが国内でのRVCAの取扱店はこれまではセレクトショップやサーフショップなどに限られていましたが、遂に専門店となる国内1号店「RVCA SHIBUYA」を本日5月26日(土)、11:00に渋谷にオープンします。

この「RVCA SHIBUYA」でしか購入できないアイテムや、2Fに併設されているギャラリーではアートショーも展開しており、RVCAの世界観を存分に感じることのできるようになっています。

オープンに先駆けてインビテーションオンリーのレセプションが行われ、早くも日本限定アイテムを中心に好調な売れ行きを見せていました。

今回の「RVCA SHIBUYA」オープンを機にRVCAの日本での人気はさらに過熱していくのは間違いないでしょう。


02
ショップの目印はアーティストのマーク・オブローが描いたグラフィティが目印。



03
RVCAのスポーツライン「VA SPORTS」も大きく展開。
BJペンのシグネイチャーモデルのショーツをディスプレイ。



04
RVCAのスポンサーアスリートのメンデス兄弟の広告パネルにも注目。



05
ラッシュガードやドライシャツなど練習に使えそうなアイテムも多数。



06
これからの季節にちょうどいいサーフショーツも色とりどり。
普段着にも海&プールでも活躍しそう。



07
海外で大人気のハイドロフラスクもRVCAバージョン。
これまでは黒のみだったが白も新発売された。



08
バッグ類も充実。
バックパックはどれもギが入るサイズとなっている。



09
レセプションで飛ぶように売れていた日本限定Tシャツ各種。
「RVCA SHIBUYA」のロゴが外国人に喜ばれている。



10
サーファーにしてデザイナーでもあるクリスチャン・フレッチャーのコレクション。
クリスチャンはレセプションのために来日中。



11
オープン前日の18:00〜行われたレセプションはオープンと同時に大賑わい。
インビテーションオンリーとはいえレジには行列ができるほどの盛況ぶりだった。



12
もしショップに行ったならぜひトイレもチェックして欲しい。
こんだけド派手なトイレもなかなかないだろう。



13
【ショップ情報】
「RVCA SHIBUYA」
住所:東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル1・2F
営業時間 : 11:00 – 20:00
TEL : 03-6418-8137
■オフィシャルサイトはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ヘジス・リブレ、ホベルト・ヨコヤマ(37)




patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年05月13日

【大会】コパラスコン新潟国際、最終締め切り間近&塚田セミナー開催

734
5/20(日)、新潟県新津市の新津市体育館で開催されるLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Niigata International」の最終締め切りが来週月曜日の5/14になってます。

Las Conchas主催初の新潟大会の今大会はギとノーギ、キッズの他にスーパーファイトに団体戦も予定されいる複合イベント的な内容です。

スーパーファイトは既報の通り、黒帯は塚田市太郎(ダムファイトジャパン)vs鷲尾俊(レナトゥス柔術アカデミー)、茶帯は後藤琢磨(仙台草柔会)vs山中健也(クラブバーバリアン)の2試合を行います。

このスーパーファイトに参戦する後藤琢磨は通常トーナメントにも出場します。

さらに団体戦はレナトゥス柔術アカデミーVSFellowsの5vs5で、ルールは5人の合計体重350キロ、紫帯中心で試合時間5分で1本決着勝ち抜き戦で行われます。



01
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



ii
鷲尾俊(レナトゥス柔術アカデミー)



goto
後藤琢磨(仙台草柔会)



yama
山中健也(クラブバーバリアン)




そして黒帯スーパーファイトに出場する塚田市太郎のセミナーを大会後に行うことが決定しました。

このセミナーは大会出場者は3000円、セミナーのみの参加は4000円となっており、セミナーの時間は15:00-17:00となっています。


23
塚田セミナーのテーマはベリンボロの予定です。
塚田は「オレほど世界チャンピオン達のベリンボロ食らった日本人いないでしょう。新潟の人たちに世界のベリンボロを教えたいと思ってます。」とコメント。




大会&セミナー、さらにLas Conchasの会場物販もオープン。

会場特価でギやTシャツ、ラスコンテープなどのグッズを販売予定なので、そちらもお楽しみに!



734
【参加申し込み受付中】
『COPA Las Conchas 2018 Niigata International』
■日時:5/20(日)
■会場:新津市体育館(新潟県新津市)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!




0716
【参加申し込み受付中】
『COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International』
■日時:7/16(祝)
■会場:たつのこアリーナ(龍ヶ崎市総合体育館・茨城県龍ヶ崎市)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!




0819
【参加申し込み受付中】
青帯限定大会「BLUE DESTINY2018」
日時:8/19(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
■大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】フレジソン・パイシャオン(39)、イヤゴ・ガマ(26)、ヤン・カブラル(35)、ホブソン・オダ(35)、フィオナ・マックスロウ



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年05月03日

【セミナー】クレバー・ルシアーノ・セミナーツアー

c1

現在来日中のクレバー・ルシアーノが日本でセミナーツアーを開催します。

クレバーはかのホイラー・グレイシーの黒帯で5段を保持する大ベテラン。

とはいえいまだに現役バリバリで柔術はもちろんMMAも並行して行っている元気の良さ。

今回の来日も日本到着翌日にはパラエストラ東京の昼柔術に参加し中井祐樹氏らと旧交を温めていました。


c2


ほぼ毎年のように来日しているクレバーですが、今年は10日間ほどの滞在で、セミナーも5回を予定しています。

セミナーツアーの日程は以下の通りです。

5/4(水) A2アカデミー 10:00-12:00(静岡)
5/5(土) ポゴナ・クラブジム 15:00-17:00(埼玉)
5/7(月) 一心柔術 20:00-22:00(蒲田)
5/8(火) ミュース柔術アカデミー 20:00-22:00(代々木)
5/9(水) AXIS柔術アカデミー 20:00-22:00(明大前)


この他にもプライベートレッスンを随時受付中で、セミナー問い合わせは、080-3716-9767(エジソン・カゴハラ)、または090-3229-7116(後藤悠司)までお電話を。

なおセミナーの参加費はミュース柔術アカデミーでは一般5000円、ミューズ会員4000円となっているが、その他のセミナーは要問合せとなっている。

日本には黒帯4段までしかいないので、クレバーの黒帯5段のセミナーは貴重といえるでしょう。

この機会にぜひ受講を検討してみてはいかがでしょうか?



【今日が誕生日の柔術家】ホムロ・バハル、セリンゲロ・キムラ(36)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月26日

【速報】内柴正人、ワールドプロで優勝&紫帯昇格!

uchi
いまUAEのアブダビで開催中の「アブダビ・ワールドプロ2018」のマスター2青帯-77kg級に出場した内柴正人(アラバンカ)が優勝、紫帯昇格を果たした。

内柴は今大会を目標の1つとして掲げていたものの、直前まで参加するか決めかねていたとのことだが、急遽参戦を決意。

これまでエントリーしていたマスター1ではなくマスター2でエントリーし、青帯-77kg級に出場した。

そのカテゴリーでは4試合を戦い優勝し、その表彰台の壇上でアラバンカの山田重孝代表より紫帯を授与されている。

以下、内柴のコメントを紹介する。

「本日、アブダビワールドプロにチャレンジしました。

アラバンカの山田先生と出会えてここまで来れたことがなによりも幸せに感じれるものでした。

大会の感想はそれだけです。

一つ加えるとすると、マスターに出ましたがとても物足りない感じがしました。

勇気を持ってアダルトにチャレンジするべきだったかと僅かに思いました。

表彰台ではメダルと共に紫帯を山田先生よりいただきました。

感謝と責任の心を持ち精進します。

ありがとうございました。」



※追記 画像で山田代表とともに内柴に帯を授与してるのはUAE柔術チーム代表のシド・ジャシント氏。



【今日が誕生日の柔術家】バレット・ヨシダ(43)、ヘナート・シウバ(37)、原口武一(39)、ハロルド・ウッターバック(44)、藤井惠(44)、ニール・スウェイレス(41)



u2




patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月22日

【大会】マリアナスオープン2018:記者会見

00
4/22(日)、グアムのフェニックスセンターで開催される「マリアナスオープン2018」の記者会見がニッコーホテルで行われた。

この会見には黒帯の賞金トーナメントに出場する全選手が出席し公開計量と地元メディアの質疑応答などが行われた。

実はオフィシャルの計量は同日の朝にすでに済ませており、エリック・シアンを除いた選手たちがパスし、公開計量は形だけのものとなっている。

なお計量をパスできなかったエリック・シアンは賞金を獲得した場合はその半額が対戦相手に渡されるペナルティが課せられるという。

今大会の最大の注目は日本から参戦の岩崎正寛とトーマス・ミツのCARPE DIEMコンビの試合だろう。

両者ともライト級トーナメントの180lbs以下のデビジョン1にエントリーし、岩崎はギルバート・ドゥリーニョと、トーマスはディエゴ・ロマーリョと対戦することになっている。

ドゥリーニョは2012年のムンジアル王者で、その他にもワールドプロやワールドノーギでも優勝している世界3冠王者。

現在はMMAに専念しており、UFCでは8戦を戦い、6勝2敗の戦績で、今大会の1週間前にはUFCアリゾナ大会のセミファイナルでダン・モレットからパンチでKO勝ちしている。

すっかりMMAファイターとなったドゥリーニョだが、いま柔術は日に2回の指導をこなしており、また週に1回はホベルト・サイボーグと練習するなどトックラスのコンディションをキープしているるそうだ。

またトーマスの相手のディエゴはブラジルのレシフェ・ペルナンブコ出身の選手でゼ・ハジオラの黒帯。

まだインターナショナルタイトルはないものの、ブラジレイロは10回もの優勝経験がある新鋭で現在はカリフォルニア・ロサンゼルスのZRチームでルーカス・ホシャの練習パートナーとして日々トレーニングに明け暮れているとのこと。

トーマスのことは知らないというが「誰が相手でも対応できるようにすべての局面を想定した練習をしてきたからトーナメントでの試合ぶりに注目して欲しい。」と自信を覗かせていた。

岩崎もトーマスもまずは1回戦を勝つことが課題といえる強豪と野対戦となっているので、明日のトーナメントを楽しみにしたい。


01
ディビジョン1(180lbs)の出場選手



02
ギルバート・ドゥリーニョ(ゼニスJJ)



03
ディエゴ・ロマーリョ(ZRチーム)



04
ディビジョン2(210lbs)出場選手



p
「マリアナスオープン2018」はFloGrapplingで視聴可能。
コチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月14日

【大会】コパ・ラスコンチャス新潟国際でスーパーファイト決定!

734
5/20(日)、新潟県新津市の新津体育館で開催されるLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Niigata INTERNATIONAL」で行うスーパーファイトが決定しました。

スーパーファイトは黒帯と茶帯の2試合が予定されており、黒帯は鷲尾俊(レナトゥス柔術アカデミー)vs後藤悠司(一心柔術)、茶帯は後藤琢磨(仙台草柔会)vs山中健也(クラブバーバリアン)です。

黒帯スーパーファイトに出場する鷲尾俊はJBJJF全日本マスターを紫帯&茶帯で2年連続優勝し黒帯昇格を果たしたばかりでこのスーパーファイトが黒帯デビュー戦となります。

対する後藤悠司も全日本マスターに出場しており、その大会ではマスター1黒帯ライトとオープンクラスでそれぞれ準優勝しており、新鋭vsベテランの図式といっていいでしょう。

試合形式は黒帯ライト級・ASJJFルール・試合時間は10分で行われます。



ii
鷲尾俊(レナトゥス柔術アカデミー)



00
後藤悠司(一心柔術)



そして茶帯のスーパーファイトはライト級・試合時間20分・オンリーサブミッションマッチで、Las Conchasにスポンサードされている後藤琢磨が富山の新鋭・山中健也を迎え撃つ一戦となりました。

後藤は1月のCOPA Las Conchas東京大会でもスーパーファイトに出場もノーギで毛利部慎佑(REDIPS)にレフェリー判定で敗れており、今大会こそ勝利が欲しいところ。

とはいえ対戦相手の山中はヒクソン杯で茶帯フェザーで優勝しており、しかも決勝戦は一本勝ちで極めての勝利で、いま勢いに乗っている選手。

そのヒクソン杯の前にはアメリカ・シャーロッテにあるルーカス・レプリのジムで海外修行も行っており実力に磨きをかけています。

このスーパーファイト、黒帯も茶帯も注目の一戦といえるでしょう。



goto
後藤琢磨(仙台草柔会)
「新潟で東北の強さ、そしてLas Conchasサポート選手の強さを見せれる試合をします!スーパーファイトにふさわしいバチバチの試合をします!見た目は華がなくても試合内容は華がある試合だと言われるよう頑張ります!」



yama
山中健也(クラブバーバリアン)
「自分の足跡を自分で残す為に、しがみ付いてでも勝ちにいきます。口に出すだけなら何とでも言えますが、口にも出せない奴がデカイ事をやれるわけないので僕の未来の為に一本極めます。応援よろしくお願いします。」



なおこのスーパーファイトが行われる「COPA Las Conchas 2018 Niigata INTERNATIONAL」は出場申し込みを受付中で、第3次締め切りが5/2、最終締め切りは5/14となっています。

観覧無料なので、ぜひ会場にてスーパーファイトを見届けてください!



734
【参加申し込み受付中】
『COPA Las Conchas 2018 Niigata International』
■日時:5/20(日)
■会場:新津市体育館(新潟県新津市)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!




0716
【参加申し込み受付中】
『COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International』
■日時:7/16(祝)
■会場:たつのこアリーナ(龍ヶ崎市総合体育館・茨城県龍ヶ崎市)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】アマウリ・ビテッチ(49)、クロイラー・グレイシー(29)、ヤスミン・ソウゴビンド(35)、エベンゼール・フォンテス・ブラガ(49)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年03月27日

【大会】4/22グアム「マリアナスオープン2018」

00
4/22(日)、グアムで開催される「マリアナスオープン2018」の大会告知です。

今大会はグアム最大の柔術トーナメントで、目玉は黒帯の強豪が集う賞金トーナメントです。

この賞金トーナメントに日本から岩崎正寛(CARPE DIEM)が招聘選手としてエントリーしてるのは既報の通り。

その後、岩崎以外の選手も続々と参戦が決まっているので紹介します。

続きを読む

2018年03月26日

【告知】3/27代々木・石井拓スペシャルクラス開催

taku1
3/27(火)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて石井拓のスペシャルクラス開催が緊急決定しました。

石井拓はいま千葉県の香取道場で指導中で、そこでは自らが傾倒するヘンリー・エイキンス直伝のテクニックを教えてるとのこと。

ヘンリー・エイキンスはかのヒクソン・グレイシーの黒帯で、ヘンリーのスタイルはヒクソンの門下生をして「ヒクソンのコピーだ」と言わしめるほどヒクソンの柔術を忠実に再現していることで有名で、知る人ぞ知る達人です。

今回のスペシャルクラスでもそのヘンリーならではの技術の数々の一端を石井拓が指導予定です。


00
石井拓とヘンリー・エイキンス。
今年3月、ロサンゼルス・サンタモニカにあるダイナミクスMMAにて。




中でも一番のキモともいえる「デッドホエールサイドコントロール」は死んだクジラのように自らの体重を相手に預けることで通常のサイドポジションでは考えられないような高負荷のサイドポジションが可能になるというヘンリー・エイキンスの奥義。

先日自分もヘンリーのクラスを受けた際にスパーリングをしてヘンリーのデッドホエールサイドコントロールを受けてきましたが、これがかつてないほどの苦しさで息をするのもシンドいほどでした。

ヘンリーの体重は85kgほどで自分と変わらないぐらいなのに、あの重さは一体なんなんだ?!と不思議に思いますが、その秘密の一端が今回の石井拓スペシャルクラスで披露されます。


07
デッドホエールサイドコントロールを受けて苦悶の表情の石井拓。



体重の掛け方に秘密があるんですが、いま世間はモダン柔術全盛で相手を抑え込んで動けなくするよりも、相手と密着せずに適度なスペースを作って自分も相手も動けるようにするスタイルが主流になりつつあります。

そんな中で相手を抑え込んで動けなくするヘンリーの柔術は独自の技術体系を持っており、異質なものとも思えます。

またヘンリーは自らの柔術を「ヒドゥン柔術」と呼び、その名の通りに「隠されたもの」となっているので、いままでなかなか世に出てこなかったということもあります。

ですが昨年からヘンリーのオンラインプログラムが開始され、徐々にそのヒドゥン柔術の技術体系が明かされてきていますが、体重の掛け方やバランスの取り方などは映像では伝わり辛く、実際に受けてみないとわからないでしょう。

しかしライトフェザー級の石井拓がヘンリーのプレッシャーをどこまで再現できるかも謎ですが、このスペシャルクラスは興味深いものになるのは間違いないでしょう。


taku1
【当日参加OK】
『石井拓スペシャルクラス』
日時:3/27(火) 19:30-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
参加費:一般 2000円 / ミューズ会員 1000円
■ミューズ柔術アカデミーへのアクセスはコチラから!

■「ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓」はコチラから!

■「BJJ-WAVE特別編 ゲスト: 石井拓」はコチラから!






patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年03月20日

【セミナー】カート・オシアンダー・ジャパンツアー、本日よりスタート!

00
いよいよ本日よりカート・オシアンダーのジャパンツアーが本日よりスタートします。

カートはこの日本に来る前に上海でセミナーを行い盛況だった様子です。

続きを読む

2018年01月29日

【告知】質問箱、開設中!

shi
みなさんは「質問箱」をご存知ですか?

「質問箱」はツイッターに関連するサービスで、これを開設してる人に匿名で質問が送れるものです。

この「質問箱」を12月から開設しており、日々送られてくる質問に返答しています。

「質問箱」は匿名というのがミソで、匿名だからこそ聞きにくいことなども遠慮なく質問できるので、それが人気の要因の1つなのは間違いないでしょう。

開設当初は柔術に関することだけでなく面白半分なネタ的な質問などメンドくさいものもありましたが、最近はそういったものもなく、真剣な質問が多いです。

送られてくる質問を見ていると、柔術のこんなことが気になっているんだ、とか、自分でも知らないようなことを質問してきたりと多種多様な質問があって個人的にも興味深いです。

一時期はステロイド問題で盛り上がり、最近は大会での幼児虐待問題の質問が多かったです。

とはいえ、そういった質問の場合でも送られてきている質問にはできる限り答えていますので、この機会に聞きたいことがある方はぜひ送ってみてください。

自分にわかる範囲で真摯に答えさせて頂きます。

1つの質問に対して返答は100文字という制限があるため、詳細な返答はできませんが、そういった質問も別の機会に取り上げて答えることも検討中です。


s2
■「質問箱」はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ガブリエル・アルジェス、ベルナルド・ファリア(31)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年01月11日

【大会】コパラスコン沖縄、二次締め切り間近!

las02
2/25(日)、沖縄県那覇市で開催されるLas Conchas主催「COPA LAS CONCHAS JIU JITSU OKINAWA 2018」。

この大会の第二次締め切りが/12(金)に迫っています。

コパラスコンは1/14に東京大会が開催されますが、その翌月には沖縄・那覇で、そして初夏には新潟県、夏に岐阜、秋にも某都市で開催が決まっており、2018年度は地方大会に力を入れていく様子です。

その第1弾となるのがこの沖縄大会で、すでに第一次締め切りは終了しており、エントリーリストも公開済み。

沖縄という土地柄か、隣国である台湾の台北からのエントリーが多く、インターナショナルな大会となりそうです。

そしてスーパーファイトとして地元・沖縄を代表する選手である若山達也(若柔術)と北出拓也(パラエストラ川崎)の黒帯ワンマッチが決定済み。

この両者は色帯時代にともにパラエストラ千葉・松戸で汗を流していた元チームメイト。

当時は2人ともまだ一介の練習生でしかなかったけれど、それから10年以上が経過しともに黒帯となり、名の知れる存在となったのは周知の通り。

そんな2人がこの沖縄で運命の再会を果たし、試合という形で相まみえるのはなんというドラマチックなことか!

さらに特別招待選手として服化・博多から井手智朗(パラエストラなかがわイデDOJO)の参戦も決定。

井手はスーパーファイトではなく通常トーナメントに参戦、アダルルト茶帯ライトフェザー&オープンクラスにエントリーします。

以下は今大会に参戦する若山、北出、井手の試合にかける意気込みです。


01
若山達也(若柔術)
「2001年に木更津の自衛隊にいた時に千葉市にある柔術研究会というサークルで始めました。そこで、当時ストライプル行徳に所属していた北出さんに会いました。自分は木更津から近い君津にあるアンダーグラウンドという中学校の体育館でおこなわれていたサークル(現在は常設道場)にも行くようになりました。北出さんは市原に住んでいて、ストライプル行徳は週に2回くらいしかクラスがなかったので、よく柔術研究会やアンダーグラウンドにも来ていました。始めたばっかりの頃、よく三角絞めで極められた記憶があります。当時は北出さんも白帯でしたが、私が始めてすぐ北出さんは大会で優勝して青帯になりました。私は始めて半年くらい経った2002年の1月にパレストラ千葉に入会しました。北出さんはよくビジターで練習に来ていました。その後、私は2003年7月にブラジルに行ってしまいました。北出さんはその後、パラエストラ千葉のインストラクターになったので、インストラクター時代の北出さんは知りません。 北出さんとの出会いはこんな感じです。適当にまとめてください。とにかく始めた頃の大先輩って感じです。胸を借りるつもりで頑張ります。」



02
北出拓也(パラエストラ川崎)
「若山さんとは、彼がブラジル修業に行く前に毎週のように一緒に練習していました。久しぶりに肌を合わせるのが、今から楽しみです。」



03
井手智朗(パラエストラなかがわイデDOJO)
「大会にお誘いいただきありがとうございます。沖縄の柔術もかなり盛り上がってると聞いているのでとても楽しみにしています。福岡国際との連戦になりますが両日ともに優勝目指します。まずは対戦相手を募集しています。」



スーパーファイトに通常トーナメントにと沖縄大会ならではの注目ポイントがある「COPA LAS CONCHAS JIU JITSU OKINAWA 2018」。

多数のエントリーをお待ちしています!


las02
『COPA Las Conchas 2018 OKINAWA』
■日時:2/25(日)
■会場:奥武山武道館(沖縄・那覇)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホドリゴ・コンプリド(41)、アンドレア・ヴェルデマーレ、モハメッド・アリ(24)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年01月06日

【大会】ASJJF/SJJJFの2018年の大会予定

asjjf_logo
2018年よりASJJFの傘下連盟として本格的に活動が開始されるSJJJF(スポーツ柔術日本連盟)が主催する大会スケジュールです。

このSJJIFは昨年に組織作りがなされましたが、その後は主だった活動がなく名前だけの連盟のようになっていました。

ですが今年はSJJJF会長の村田良蔵がASJJF会長のエジソン・カゴハラと主催大会の陣頭指揮を執り、またASJJFアジアランキングの制定や、大会以外のイベント主催など、その活動は多岐に渡る予定です。

今後はASJJF主催大会とASJJF/SJJJF共催大会、パートナーシップ大会と3種類の大会が行われていくこととなりました。

組織としてはSJJIF(スポーツ柔術国際連盟)>ASJJF(アジアスポーツ柔術連盟)>SJJJF(スポーツ柔術日本連盟)の順で、日本以外のアジアで開催される大会はASJJF主催で、国内大会はドゥマウインターナショナル、ジャパンGP、ジャパンオープン、ジャパンカップの4大会はASJJFが主催し、それ以外はASJJFとSJJJFの共催となる見込みです。

また各地方ごとに独自のランキングも制定し、ランキング上位の優秀選手には年間表彰の他にスポンサーの斡旋や大会参加費の免除など様々な特典が用意されるとのことです。

そんなASJJF/SJJJFの現在決まっている4月までの大会予定をお知らせします。

なおすべての大会でギとノーギが同時開催されます。


0204
「TOKYO JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2018」
日時:2/4(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■大会詳細はコチラから!
2018年度の初開催の大会は浅草でスタート。
ヒクソン杯とJBJJF全日本オープンの前の週の開催なので参加者がどれだけ集まるか?!



0218
「ASJJF CENTRAL LUZON INTERNATIONAL 2018」
日時:2/17(日)
会場:タルラックシティモール(フィリピン・タルラック)
■大会詳細はコチラから!
これまでフィリピンではセブでしか大会を行っていなかったが、この大会はタルラックという島で初開催。
フィリピンにはOver Limit BJJの支部がたくさんあるので、その基盤を総動員することだろう。



0225
「XV COPA DUMAU DE JIU JITSU 2018」
日時:2/25(日)
会場:アメニティプラザ(静岡県湖西市)
■大会詳細はコチラから!
2018年からドゥマウの大会名称を封印する中、唯一この大会だけはドゥマウの名称を残している。
今回で15回目というアニバーサリー大会だ。



0310
「ASJJF TAIWAN INTERNATIONAL 2018」
日時:3/10(日)
会場:信義スポーツセンター(台湾・台北市)
■大会詳細はコチラから!
昨年初開催されたASJJFの台湾大会。
台湾の台湾BJJの全面協力の元に開催されている。



「HIROSHIMA JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2018」
日時:3/18(日)
会場:TKトレーニングセンター(広島県広島市)
■大会詳細はコチラから!



0325
「KANSAI OPEN 2018」
日時:3/25(日)
会場:吹田市立武道館(大阪府吹田市)
■大会詳細はコチラから!



0331
「KRAZY BEE JIU JITSU CUP OKINAWA 2018」
日時:3/31(土)
会場:沖縄県立武道館(沖縄県沖縄)
■大会詳細はコチラから!
糸満にあるクレイジービー沖縄とASJJFが共催するパートナーシップトーナメント。
那覇ではなく沖縄市で開催される。



「HOKURIKU JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2018」
日時:4/1(日)
会場:小松市桜木体育館(石川県小松市)
■大会詳細はコチラから!



0407
「ASJJF GUANGZHOU INTERNATIONAL 2018」
日時:4/7(土)
会場:広州市スタジアムハウス(中国・広州)
■大会詳細はコチラから!
広州市は香港の北西部にあたり広東省の都市。
いま中国は柔術バブルの真っ最中でこの大会も大きな盛り上がりとなるだろう。



■その他の大会詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年01月05日

【告知】近日中に行われるセミナー告知

00
今週末から来週にかけて都内ではセミナーが多数開催されます。

1/6-12の間に5回というのはかなりの頻度といえるでしょう。

チャリティセミナーにグレイシー柔術に海外遠征壮行セミナーと、どれも興味深いものばかりです。

しかも参加費も3000円から参加可能なリーズナブルなものが多いので、参加を検討してみてはいかがでしょうか?


01
『サブミッションオンリー・チャリティセミナー』
日時:1/6(土) 16:00-19:00
場所:CARPE DIEM HIROO
料金:4000円
トーマス・ミツ、リダ・ハイサム、渡辺和樹のCARPE DIEM所属の3人が合同で行うチャリティセミナー。サブミッションに特化した内容で、セミナー2時間にスパーリング1時間の予定。またスパーリングでは5分間1000円でこの3人の誰かに挑戦でき、参加者が時間内にアドバンテージ、ポイント、極めることができたら無料になります。このセミナーの収益金はすべて国連UNHCR協会に寄付されます。



02
『エジソン・カゴハラ MMAのためのグラウンドテクニックセミナー』
日時:1/7(日) 15:00-17:00/セミナー 17:00-19:00/オープンマット
場所:ゴールドジムサウス東京アネックス
料金:3000円(セミナー&オープンマット) 1000円(オープンマットのみ)
ゴールドジムサウス東京ANNEXで行われる「心技館ジュニアオープンファイト」の中Over Limit BJJ総帥、エジソン・カゴハラによる「MMAのためのグラウンドテクニックセミナー」が開催されます。ここではMMAでも有効な柔術のテクニックを披露予定で、そのセミナーの後は2時間のオープンマットも実施という4時間にも及ぶ長時間イベントです。
■セミナー詳細はコチラから!



03
『イゴール・タナベ ガードセミナー』
日時:1/9(火) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(代々木)
料金:3000円
ヨーロピアン参戦を控えるイゴール・タナベのセミナーを東京で初開催。いま国内で最も勢いのある紫帯で、その実力はJBJJF全日本・コパブルテリア・RAM IT DOWNを制したことでも知れ渡っているはず。そのイゴールが試合で使っている多彩なガードワークを惜しげもなく伝授してもらいます。なおこのセミナーの収益は会場費用を除いたすべてをイゴールに遠征の激励賞として渡すこととなっています。
■セミナー詳細はコチラから!



04
『ヘイラン・グレイシー グレイシー柔術セミナー』
日時:1/11(木)19:00-21:00
場所:一心柔術(蒲田)
料金:5000円(一般)4000円(ミューズ&一心会員)
いまやブラジリアン柔術とグレイシー柔術はまったくの別モノとして、それぞれ独自に進化・発展していってます。ブラジリアン柔術は気軽に学べますが、グレイシー柔術に触れる機会はそう多くなく、それがグレイシーファミリーから直接指導ならなおさらでしょう。そんな貴重なセミナーがこれで、エリオ・グレイシーの長男・ホリオンの息子のヘイランが初来日し、1回限りのセミナーを行います。グレイシー直系のヘイランからグレイシー柔術を学ぶチャンスをお見逃しなく!



03
『イングリッジ・フランコ パスガードセミナー』
日時:1/12(金) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(代々木)
料金:3000円(女性 2000円)
イゴールのセミナーに引き続き、イングリッジのセミナーも開催。イングリッジは得意のパスガードを数種類教えてもらう予定になってます。トップゲームに定評があるイングリッジのパスガードは女性と思えないほどのパワフルさで、試合でもいつもパスガードに成功してます。またイングリッジはイゴールと同じくヨーロピアンに参戦予定で、このセミナーの収益も会場費用を除いた全額をイングリッジに激励賞として渡します。
■セミナー詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年12月26日

【告知】イゴール・タナベ&イングリッジ・フランコ・セミナーinミューズ柔術アカデミー

ig
来年の1月上旬にイゴール・タナベ&イングリッジ・フランコのセミナーとオープンマットを東京・代々木のミューズ柔術アカデミーで開催することが決定しました。

このセミナーの参加費は会場費用を除いて全てイゴールとイングリッジに渡し、ヨーロピアン2018のの遠征費用として使ってもらいます。

2017年のイゴールは悲願だったムンジアルを初制覇し、帰国後に紫帯に昇格。

8月はJBJJF全日本、柔術プリースト300回記念大会「RAM IT DOWN」の賞金トーナメント、そしてコパ・ブルテリアと3週間連続で試合に挑んですべての大会で優勝しました。

9月のIBJJFアジアには年齢の関係で不参加になるも10月はロサンゼルス・ロングビーチで開催されたSJJIFワールドでアダルト紫帯でWゴールドを達成するなど、いま最も勢いに乗る紫帯といっていい活躍ぶりを見せています。

またイングリッジも紫帯に昇格し、イゴールほどの試合ペースではないものの、出た大会ではほとんど優勝し、イングリッジも国内トップの女子選手と言っていいでしょう。


1



15



18



05



03



in



09



12




6




そんな2人の海外遠征費用をサポートすべく企画したのがこのセミナーです。

紫帯のセミナーなんて、と思うかもしれませんが、これはセミナーというよりもイゴールとイングリッジへの激励賞を贈る気持ちで参加してもらえたら幸いです。

このセミナーとオープンマットとも参加人数は15人限定となります。

ぜひ多数のご参加をよろしくお願いします!


06
■1/5(金) ニューイヤーオープンマット
20:00-22:00 1000円
ミューズの2018年の初練習はオープンマットで、そこにイゴール&イングリッジ、内山裕規が参加予定

■1/9(火) イゴール・タナベ・セミナー
20:00-22:00 3000円
イゴールが得意とするスイープを中心に紹介予定

■1/12(金) イングリッジ・フランコ・セミナー
20:00-22:00 3000円 女性割引 2000円
イングリッジが得意とするスイープを中心に紹介予定

【参加予約メールアドレス】info@las-conchas.com



【今日が誕生日の柔術家】嶌崎公次(37)、ニック・グリーン



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年12月23日

【本日発売】『Fight&Life』最新号の柔術関連記事

1
隔月発売の格闘技雑誌『Fight&Life』最新号の柔術関連記事の紹介します。

今号では柔術関連記事が少なく9ページのみで、その9ページの中の約半分の4ページを担当させて頂きました。

まずはニューヨークで行った岩崎正寛のマルセロ・ガルシア・アカデミーでの出稽古の様子を紹介したインタビュー。

岩崎は定期的にニューヨークまで赴き、世界最高峰グラップラーの一人で指導者としても世界王者を何人も輩出しているマルセロ・ガルシアの元で数週間に渡る出稽古を敢行しているのは周知の通り。

そのマルセリーニョのアカデミーでどんな練習をしているのか、なぜ行くようになったかなどを聞き出しています。

このインタビュー記事はニューヨークのマジソンスクエアの並びにある岩崎のお気に入りだというカフェで数時間にも渡ってインタビューした内容を2ページにぎゅっと濃縮したもの。

海外出稽古は柔術をやっている人ならば誰もがやってみたいことの1つで興味ある人も多いはずなので、ぜひこのインタビューページを読んで欲しいと思います。


2
岩崎正寛(CARPE DIEM)



3
マルセリーニョのアカデミーでの練習に密着レポ




もう1つはSJJIFワールドの大会レポートです。

いまIBJJFと並ぶ国際的な柔術連盟となったSJJIFが開催する世界選手権ですが、ここでは通常の柔術の他にパラ柔術やデフ柔術などハンディキャップを持つ選手向けの試合も行われました。

日本からも多数の選手が参戦し多くの世界王者が誕生した今大会を優勝・入賞者の試合を中心にレポートしています。

大会レポートを誌面に掲載できることは貴重な機会となってしまっているので、できるだけ多くの写真を使って選手の活躍ぶりを紹介しています。

こちらもぜひチェックして欲しいと思います。


4
ロサンゼルス・ロングビーチで開催されたSJJIFワールドの試合レポート。



5
普段日本で活躍している選手たちの世界大会での試合ぶりは必見です。




その他、ねわざワールド品川代表の長谷川秀樹のインタビューが1ページ、映像制作を多く手掛ける螢侫襯侫ースの荒木拓也のインタビューが4ページに渡って掲載されてます。

ですがなんで一介の関係者が選手を差し置いて4ページも?という疑問を抱いてしまい、ややモヤモヤした気持ちになったことをここで告白しておきます。

そんな複雑な心境はさておき、出版不況が声高に叫ばれる中、こうやって定期的に格闘技雑誌が発行されているのは喜ばしい限りです。

ですが売り上げが上がらないといつ休刊となるかわからないので、ぜひご購入の上、読んで頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします!


1
【本日発売】
『Fight&Life』最新号
■詳細はコチラ、購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ファブリシオ・モランゴ



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年12月18日

【大会】COPA Las Conchas 2018:スーパーファイト決定

las01
2018年1/18(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018」のスーパーファイトが続々と決定してます。

今大会のスーパーファイトは主催のLas Conchasがスポンサードする選手を起用し、注目カードを多数実現しています。

今回は現在決定済みのスーパーファイトを見どころと共に紹介します。

現在決定しているスーパーファイトは以下の通りです。


■黒帯スーパーファイト
アダルト黒帯ミドル級・ASJJFルール
アンデルソン・タカハシ(ホシャ / TEAM Las Conchas)
vs
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)

今秋、満を持して黒帯昇格を果たしたフランス人柔術家のトーマス・ミツ。トーマスは11月に韓国で行われた大会での黒帯デビュー戦をWゴールドで飾ったのは記憶に新しいところ。そのトーマスの黒帯国内デビュー戦の相手は国内トップ黒帯のアンデルソン・タカハシとのスーパファイトに決まった。アンデルソンはいま選手としてより指導者としての道を歩み始めており、アンデルソンが指導するARESでは白・青帯が中心ながら大会では好成績を収めている。またアンデルソン自身は今夏のコパ・ブルテリア、そして先日はブルテルアオープンでそれぞれ優勝し、選手としても現役バリバリで相変わらずの強豪ぶりを見せつけていた。アンデルソンとトーマスの初対決はスーパファイトに相応しい好カードといえるだろう。


01
アンデルソン・タカハシ(ホシャ / TEAM Las Conchas)



02
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)



■ノーギ茶帯スーパーファイト
アダルト茶帯ライト級・IBJJFルール・外掛け&ヒールフックあり特別ルール
後藤拓磨(仙台草柔会 / TEAM Las Conchas)
vs
毛利部慎佑(REDIPS)

“がじゃいも”こと後藤の熱烈リクエストにより決定したこの試合は実現するまでに紆余曲折あった。当初は今夏に開催された柔術プリースト300回記念大会「RAM IT DOWN」でオファーされたが毛利部がJBJJF全日本直後とのことで成立ならずだった。それでも諦めきれなかった後藤が今大会のスーパーファイトで戦いたい相手は?との問いに真っ先に毛利部の名を挙げ再度のオファーとなった。当初毛利部側が難色を示すも後藤が試合をやれるなら相手側の提示するルールを丸呑みする、とのことでノーギ・IBJJFルール・外掛け&ヒールフックありという試合形式で対戦を受諾し試合実現となった。なぜノーギなのかというとIBJJFアジアで優勝している毛利部と同大会で2回戦負けの後藤が試合する意味あるのか?!とのことから今回はノーギマッチになった経緯がある。ここまでナメられまくっている後藤だが、前回のコパラスコンのトリプルゴールドで、先日のエストレージャス、ブルテリアオープンと2週連続の大会参戦できっちりと2大会連続優勝し、着実に実績を残している。そんな2人のノーギスーパーファイトは毛利部有利の予測は揺るがないが、ここは後藤の踏ん張りに期待したいところだ。



03
後藤拓磨(仙台草柔会 / TEAM Las Conchas)



04
毛利部慎佑(REDIPS)



■紫帯スーパーファイト
アダルト紫帯オープンクラス・ASJJFルール
イゴール・タナベ(RUL BJJ / TEAM Las Conchas)
vs
アンディーコング(パラエストラ小岩)

いま国内トップ紫帯の地位を確固たるものにしているイゴール・タナベがヨーロピアン参戦のためポルトガル遠征の出発前日にスーパーファイトに参戦。いまさらイゴールの経歴をここで紹介する必要はないとは思われるが2017年は飛躍の年で悲願だったムンジアルを制して、その勢いでJBJJF全日本、賞金トーナメント・RAM IT DOWN、コパ・ブルテリアと連続制覇し、その名を轟かせた。そんなイゴールの対戦相手は体重100kg超えの巨漢のお笑い芸人、アンディーコング。アンディーコングはお笑い芸人の傍らに柔術にも励んでおりIBJJFアジアでは青帯で優勝し紫帯昇格を果たした。柔術の他にも柔道にも精通しており、先日は柔道の団体戦に出場し、見事にチームを優勝に導いた。柔術&柔道の生粋の組業師にしてお笑い芸人という変わり種だが決してイロモノで片付けられない実力を秘めている。イゴールvsアンディーコングのスーパーファイトは重量級同士の激しいぶつかり合いが見られることだろう。



05
イゴール・タナベ(RUL BJJ / TEAM Las Conchas)



06
アンディーコング(パラエストラ小岩)



■ノーギ紫帯スーパーファイト
アダルト紫帯85kg契約・足関オールフリー特別ルール
飯嶋貴幸(Natural9 / TEAM Las Conchas)
vs
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)

今大会のためにアメリカ・サンディエゴから一時帰国してスーパーファイトに挑む飯嶋は生粋のMMAファイター。現在はサンディエゴにあるビクトリーMMAでジェフ・グローバー&ディーン・リスターと日々練習中でMMAではブラジル・クリチーバで行われたアルゼルトでキムラで一本勝ちといま上り調子の様子。その飯嶋は日本在住時に試合で負けているケビン・キムラとのリベンジマッチを希望しケビンが快諾。またルールも飯嶋が希望するオール足関フリーの特別ルールで行われることとなった。ケビンは体重が激増し90kgにもなってるようだが動きのよさは相変わらずで極めも強く名勝負を多数残している。このスーパーファイトはMMAvs柔術的な見方もでき、どちらが勝つにしても一本決着必至だろう。



07
飯嶋貴幸(Natural9 / TEAM Las Conchas)



08
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)



■特別試合・石井拓選手引退記念試合
試合時間15分・オンリーサブミッションマッチ(ヒザ十字&トーホールドなし)
石井拓(香取道場 / TEAM Las Conchas)
vs
佐野貴文(AXIS横浜)

今回、タクの希望により組まれた自身の選手引退試合、その相手はタク自らが指名した佐野に決まった。タクと佐野はともにアメリカ・コスタメサのAOJにて練習をしていた時期があり、公私ともに長く時間を過ごした仲だという。そんな2人だがタクが茶帯で佐野が紫帯だが、その帯色を超えての対戦が実現した。タクの自分の最後は佐野に看取って欲しいというを佐野が受け止めた一戦は涙なくしては見られない試合となるはずだ。
※記者会見の動画はコチラから!



09
石井拓(香取道場 / TEAM Las Conchas)



sa
佐野貴文(AXIS横浜)




今大会はまだ出場選手を募集中。

第3次締め切りは12/22(金)で、最終締め切りは来年の1/4(木)となっているので多数のご参加をお待ちしています!


las01
『COPA Las Conchas 2018 TOKYO』
■日時:1/14(日)
■会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



las02
『COPA Las Conchas 2018 OKINAWA』
■日時:2/25(日)
■会場:奥武山武道館(沖縄・那覇)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



me




【今日が誕生日の柔術家】エーサ・フラー、マルコス・ティノコ



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月22日

【インタビュー】柔道オリンピック金メダリスト・内柴正人の柔術デビュー戦決定

1
かねてより柔術転向を表明していた柔道の金メダリスト、内柴正人氏の柔術デビュー戦が決まった。

内柴氏は今週末の11/26(日)、神奈川県寒川町にある寒川体育館で開催されるASJJFドゥマウ主催「JAPAN OPEN 2017」に出場する。

続きを読む

2017年11月19日

【大会】1/14浅草「コパ・ラスコンチャス」でキッズカテゴリー追加

las01
1/14(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 TOKYO」にキッズのカテゴリーが追加されました。

今大会は当初、オトナの部の柔術&ノーギのみの開催予定でしたが、大会当日の別フロアの確保ができたため、急遽キッズの試合も追加開催することとなりました。

今年の同大会でもキッズの試合を行い、キッズ部門は100名ほどが参加し盛況でした。

いま日本ではキッズ部門の伸び率は目を見張るものがあり、明日浜松で開催されるブルテリアのキッズ大会も100名超えで、春に開催されたブルテリアキッズは150名以上という過去最大人数を集めました。

それだけに2018年一発目の大会となる「コパ・ラスコンチャス」でもキッズ柔術家の激闘が多く見れそうです。

いま日本で活躍中のトップ色帯の中にはキッズ時代から柔術をやっていた選手も多く、今後はそういったキッズ上がりの選手も多くなっていくことでしょう。

参加費は第一次締め切りの11/30までの申し込みで3000円、第二次締め切りの12/23までだと4000円、最終締め切りの1/4だと5000円となっています。

キッズのみ安めの参加費設定となっているので、年初めの大会出場としてコパラスコンチャスはいかがでしょうか?!


9
いま日本だけでなく世界的に増加が顕著なキッズ柔術家。
先月LAで開催されたSJJIFワールドでもキッズ部門で世界王者が誕生したのは記憶に新しいところです。



1
キッズ時代のイゴール・タナベ(RUL BJJ)。



2
同じくジエゴ・エンリケ(小川柔術)。



3
アンディ・トーマス(Impacto Japan BJJ)もキッズ時代から試合に出場していました。




またこの「コパ・ラスコンチャス」では主催のラスコンチャスがスポンサードする選手のスーパファイトを多数組むことが決定済みで、すでに何人かの選手には出場オファーをしています。

ギ&ノーギで数試合、スーパファイトに相応しい対戦を組む予定となっているのでこちらもお楽しみに。

スーパファイトの対戦カードは12月になってから順次発表予定です。


las01
【キッズ追加】
『COPA Las Conchas 2018 TOKYO』
■日時:1/14(日)
■会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



las02
【参加者募集中】
『COPA Las Conchas 2018 OKINAWA』
■日時:2/25(日)
■会場:奥武山武道館(沖縄・那覇)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月17日

【お願い】ASJJFドゥマウが古着のドーギの寄付を募集中

g01
ASJJFドゥマウが古着の柔術衣を募集中です。

いまASJJFドゥマウは年に2回、フィリピンのセブで大会を開催しており、フィリピンの柔術シーンの活性化に大きく貢献しているのは周知の通りです。

現地では柔術を教えるジムが急激に増えており、2017年だけでも5〜6つのジムが新規オープンしています。

またフィリピンはセブだけでなくマニラでも同様で、エジソン・カゴハラ率いるOver Limit BJJはフィリピンのセブとマニラで合計5つものジムをアソシエーションとして運営中とのこと。

そこで問題となっているのが柔術をやっているのに、ギが買えない人が多いことです。

低所得者が多いフィリピンの人々はかろうじてジムの会費は払えているものの、ギを購入する余裕はない人が多数おり、そういう人は短パン&Tシャツのルタリブレスタイルで柔術をやっているそうです。

これはOver Limit BJJの支部だけのことではなく、マニラ&セブ問わずフィリピンの柔術シーン全体の問題のようです。

パトスタジオ・セブのニーノも学生の入会者が増えているけど、学生なのでお金がなくドーギが買えない生徒が少なくない、と話していました。

なので、そういったギを買えない人たちのために古着でもいいからギを送りたいと、ASJJFドゥマウは古着のギの募集を開始しました。

日本はフィリピンに比べ、柔術衣の入手も容易で、手ごろな価格で入手が可能で、柔術人口もフィリピンとは比べ物にならないほど多いことでしょう。

その日本からフィリピンの貧しい柔術家のために古着のドーギを提供してはもらえないでしょうか?

お預かりしたギはエジソン・カゴハラが責任をもってフィリピンに持ち帰り、現地のルタリブレスタイルの柔術家に順次無償提供していくとのこと。

古着のドーギはASJJFドゥマウの会場にて受付しますので、小さくなって着れなくなったドーギや古くなって着ていないものなど、着用に支障がなければどんなドーギでも構いません。

ぜひ今後のASJJFドゥマウの主催大会会場に持ち寄って頂けたらと思います。

みんなでフィリピンの貧しい柔術家に古着ドーギを送りましょう!


g02
ギを着てる人の方が少ないOver Limit BJJのフィリピン・マニラの支部。
こういった人たちにギを着て柔術をやって欲しいと思います!





■ASJJF-DUMAU■
今後の大会予定

1119
『ASJJF DUMAU JIU JITSU KOREA GRAND PRIX 2017』
日時:11/19(日)
会場:ジャムシルアリーナ(韓国・ソウル)
■詳細はコチラから!



1126
『ASJJF DUMAU JAPAN
OPEN 2017』
日時:11/26(日)
会場:寒川体育館(神奈川県寒川)
■詳細はコチラから!



1203
『SJJJF DUMAU HOKAIDO 2017』
日時:12/3(日)
会場:厚別区体育館(北海道札幌市)
■詳細はコチラから!



1210
『ASJJF DUMAU SOUTH
JAPAN OPEN 2017』
日時:12/10(日)
会場:基山町総合体育館(佐賀県)
■詳細はコチラから!



1217
『ASJJF CHUBU 2017』
日時:12/17(日)
会場:可児青少年育成センター錬成館(岐阜県)
■詳細はコチラから!



1224
『ASJJF DUMAU
JAPAN CUP 2017』
日時:12/24(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!



■DUMAUの大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ヴァルテル・フランコ(43)、ガヴィ・ガルシア(32)、ベンジー・シウバ、ハファエル・アビヒハン、デール・ケスティング



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月12日

【本日まで】11/12原宿『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』

07
いよいよ本日、11/12までの開催となったブルテリア15周年記念&ブラジルブログ10周年記念展示会『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』。

おかげさまで開催初日は多くの来場者があり盛況でした。

続きを読む

2017年11月10日

【イベント】11/11-12原宿『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』

07
いよいよ明日と明後日の開催となったブルテリア15周年記念&ブラジルブログ10周年記念展示会『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』。

これまでもこの展示会のことは幾度となく告知してきましたが、改めて再度告知させて頂きます。

続きを読む

2017年11月07日

【告知】11/11-12原宿『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』限定販売ドーギ

07
来月の11/11-12の2日間、東京・原宿のギャラリーZOOMANズーマンにて開催する『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』。

これはブルテリア創業15周年、及びブラジルブログ10周年、そして柔術プリースト配信300回を記念して開催する柔術衣&関連グッズの展示会です。

ここで発売するイベント限定ドーギが3種類あるので紹介します。

まずは「ブルテリア×DURO×BLACK BULL」15thトリプルネームGIです。

このドーギはそのものズバリで通常は別ラインとして展開されているブルテリアとDUROとBLACK BULLを同時コラボしてトリプルネームドーギとしてデザインした特別モデルです。


01
15thトリプルネームGI
会場限定販売 15000円



02
バックにブルテリア、DURO、BLACK BULLのロゴパッチを大胆にレイアウトした特別モデル




次に紹介するのはこの展示会ならではの変わり種ドーギ、15th 50/50・2種類です。

このハーフカラードーギは世界初となる左右半身ずつのカラーコンビネーションという珍しいデザイン。

白&黒と青&灰の2パターンがあり、裏地にはシルバーフォイルの総柄プリントが施されている豪華な1着です。

値段はどちらも19000円となっています。


03
15th 50/50 白&黒



04
BACK



05
内側にはシルバーフォイル総柄プリントという豪華版



06
繋ぎ目部分には補強&ダブルステッチ、トリプルステッチが施されて重厚な作り



07
15th 50/50 青&灰



08
BACK



09
こちらも内側にシルバーフォイルの総柄プリントを施してます




この3種類のドーギはどれも展示会のみの限定販売で生産数も極少数となっているので購入希望の方はお早めに会場にご来場を。

そしてこのイベントから販売開始となるドーギコレクション本もマニア必携の1冊です。

世界のドーギを厳選し150着以上をフルカラーで一挙掲載したのは世界初でしょう。

ドーギコレクション本は1000円で会場先行発売でイベント後にはブルテリアのサイトからも購入可能です。


10
「WORLD KIMONO COLLECTION」
フルカラー 50P
1000円



06
展示会のご来場者様全員にステッカーを贈呈。
しかもこの展示会の入場は無料です!



00
『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』

日時:
11月11日(土) 13時〜20時
11月12日(日) 10時〜16時
会場:ギャラリーZOOMANズーマン
住所:東京都渋谷区神宮前3-21-18
JR山手線・原宿駅(竹下口):徒歩6分
東京メトロ千代田線・明治神宮前駅(出口5):徒歩5分
東京メトロ副都心線・明治神宮前駅(出口5):徒歩5分


x




【今日が誕生日の柔術家】北原暢彦(44)、ラルフ・ゴー(32)、ソフィア・アマランテ



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月05日

【大会】11/26『Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017』第三次締め切り間近

est
11/26(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されるLas Conchas主催『Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017』の第三次締め切りが11/6(月)に迫ってます。

今大会はグラップリングと紫帯以上の大会ですが、初開催にも関わらずに多数の強豪選手のエントリーがあり、注目試合が続出しそうです。

黒帯では今大会が黒帯デビューとなるスロース荒井とデヴィッド・ガルモが参戦し、茶帯ではリダ・ハイサム、後藤琢磨、井手史竜らがエントリー。

そして最も過酷なのは紫帯で、無差別級は第三次締め切り前の現在でも10人のエントリーがあり、その誰が優勝してもおかしくない予測不能なトーナメントとなりそうです。

グラップリングのエリート・オープンクラスは現状ではスロース荒井とCARPE DIEMの世羅・デヴィッド・ハイサムの3人の包囲網となっており、ここに最終締め切りまでに誰が入ってくるのかにも注目です。


09
スロース荒井(Over Limit BJJ)



1
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)



04
デヴィッド・ガルモ(CARPE DIEM)




est
【参加者募集中】
『Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017』
日時:11/26(日)
会場:ミューズ音楽院ホール
参加費:
第三次締め切り:11/6 5000円
最終締め切り :11/17 6000円
※無差別級エントリー+1000円
■詳細はコチラから!


■エントリーリストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ダヴィ・ハモス(31)、ジョセフ・カピッツィ(43)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月28日

【大会】SJJIFワールドに参戦する日本からの出場者

sj1
10/18-29の2日間、LAのロングビーチコンベンションセンターで開催されるSJJIF主催「SJJIFワールド」の日本から参戦する選手一覧です。

続きを読む

2017年10月27日

【発売中】「Fight&Life」の柔術関連記事

1
現在発売中の隔月発行の格闘技雑誌『Fight&Life』の柔術関連記事の紹介です。

今号でもここでしか読めない記事が多数掲載されています。

まずは先月末にフィンランドで開催された2年に1度の組技の祭典「ADCC2017」です。

ADCCはグラップリングの専門家であるゴードン・ライアンが初出場&初優勝の快挙を達成し、大きな話題となりました。

そのADCCはカラーで3ページに渡り各階級の決勝戦と日本人選手の試合ぶりをレポートしています。


2
ADCCでMVPを選ぶならゴードン・ライアンで間違いないはず。
そのゴードンの試合ぶりなどをカラー3ページでレポ。



そして同じく先月開催されたIBJJFアジア選手権はモノクロ2ページでの掲載です。

アジア選手権は国際大会らしい海外からの参戦した強豪選手の活躍が目立ちましたが、特にアダルト黒帯決勝戦にフォーカスを当ててレポートしています。

もちろんアダルト黒帯以外の注目試合も掲載しているので、ぜひチェックして欲しいと思います。

その他、ラスベガスで開催されたIBJJFワールドマスターの大会レポートとワールドマスター王者・塩田"GOZO"歩のインタビューも掲載されています。


3
柔術記事も豊富。
IBJJFアジア選手権はアダルト黒帯を中心にレポート。



4
ラスベガスで開催されたワールドマスターも掲載されています。
中年柔術家の雑誌掲載の機会はレアです。



5
当ブログでもコラムを連載中の塩田"GOZO"歩のインタビューは柔術復帰に至るまでの経緯が興味深い内容でした。
必読!




今回も日本で唯一の定期刊行格闘技として多くのページで柔術&グラップリングを扱ってもらってます。

2ヵ月に1回の発売なので、ぜひ書店またはAmazonで購入し読んで頂きたいと思います!


1
【発売中】
『Fight&Life』Vol.63 920円
■詳細&購入はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月22日

【告知】11/11-12原宿『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』

07
来月の11/11-12の2日間、東京・原宿のギャラリーZOOMANズーマンにてブルテリア創業15周年、及びブラジルブログ10周年、そして柔術プリースト配信300回を記念して開催する柔術衣&関連グッズの展示会、名付けて『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』を開催します。

すでに開催告知の第一報をお知らせ済みですが、今回は具体的な展示内容を含めてお知らせします。

展示会では過去に発売されてきた秘蔵のブラジリアン柔術衣を多数展示予定で、それだけでなくメジャーな大会のメダルやチャンピオンベルトも同時に見て頂く予定です。

また柔術関連書籍やビデオ&DVDなども自由に見て頂けるコーナーも用意。

ここではDVD化されていないレアなビデオも観覧自由で、すでに廃盤となっている日本語字幕入りのヒクソン・グレイシーのドキュメンタリー「王者の真実」や記念すべき第1回目のムンジアルを収録したビデオテープもあります。

さらには90年代のグレイシーマガジンやJiu Jitsu NERDの前身となったreversal magazineのバックナンバー、入手困難な海外の教則本なども閲覧可能で、フィギュアや小物などの柔術関連コレクションもお蔵出しで展示予定です。

そしてこの展示会限定で記念グッズも物販予定で定番の展示会記念Tシャツの他に目玉は「ブルテリア×BLACK BULL×DURO」のトリプルネームのコラボキモノも超少数の限定で販売します。

現在鋭意制作中なのがこの展示会用にセレクトしたレアキモノ150着以上を掲載した図録です。

展示会で展示されているキモノはもちろん、その他のレアキモノを解説入りで紹介しマニア必携の1冊となるでしょう。

これだけ盛りだくさんな内容で入場無料で来場者には特製ステッカーのプレゼント付き。

日本初の柔術を扱った展示会、ぜひ多数のご来場をお待ちしています。


01
2000年初期に一世を風靡した名作「KF VASCOモデル」。
このドーギはチーム違いも含めて展示します。



02
かのレオ・サントスが実際に着用し、雑誌の表紙にもなった「KF×ビタミン&ミネラルズ・コラボモデル」。
今では懐かしいパッチの数々も実際に見て頂けます!



03
展示会開催を記念したTシャツ。
カラーバリエーションを豊富に取り揃え会場特価にて販売。



04
2007年にスタート当ブログの新バナーデザインのパッチも新発売。



05
「ブルテリア×BLACK BULL×DURO」のトリプルネームのコラボキモノ。
この展示会限定で少数のみの販売です。



06
来場者全員にステッカーを贈呈。
しかも入場無料!



00
『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』

日時:
11月11日(土) 13時〜20時
11月12日(日) 10時〜16時
会場:ギャラリーZOOMANズーマン
住所:東京都渋谷区神宮前3-21-18
JR山手線・原宿駅(竹下口):徒歩6分
東京メトロ千代田線・明治神宮前駅(出口5):徒歩5分
東京メトロ副都心線・明治神宮前駅(出口5):徒歩5分


x




【今日が誕生日の柔術家】ジャカレ・カバウカンチ(65)、アダム・カユーン、ブルーノ・バルボーザ(34)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月16日

【告知】12/16代々木「and ROLL CAMP Chapter 3. "JAM VIBES"」

00
柔術&グラップリングとDJやサーフなどをコラボレーションしたイベントの「and ROLL CAMP」の3回目となるイベントの開催が決定しました。

続きを読む

2017年10月14日

【大会】12/3浜松「ブルテリアオープン2017」開催

BTO1
12/3(日)、静岡県浜松市の浜松武道館にて螢爛鵐妊ネロ主催「ブルテリアオープン2017」の開催が決定しました。

螢爛鵐妊ネロ主催大会は春にキッズのブルテリアジュニアオープン、夏のコパ・ブルテリア、冬のブルテリアオープンとブルテリアオープンキッズと4大会があります。

その中でブルテリアの地元・浜松で開催されるのがこのブルテリアオープンで、年度末に開催されるのが恒例となっています。

昨年の大会は黒帯でクレベルvsアンデルソンの久しぶりの対戦や茶帯では後藤琢磨のWゴールド達成など大きな盛り上がりを見せました。


04
クレベル・コイケvsアンデルソン・タカハシ



03
後藤琢磨が茶帯Wゴールド達成


■試合レポはコチラコチラコチラから!

■柔術プリーストでの配信はコチラコチラから!



過去2大会は土曜日開催でしたが今年は日曜日開催となり、また12月上旬と年の瀬前なので多数の参加者がありそうです。

すでに大会の参加申し込みは始まっており、第一次締め切りは10/31(火)で、最終締め切りは11/24(金)ですが、その前に参加者多数で早期締め切りの場合もあるので参加希望の方はお早めにお申し込みを。

そして今回もチーム優勝にはトロフィーと賞金2万が贈呈されるので、チームポイントの行方にも注目です。

またブルテリアオープンのキッズ大会である「ブルテリアオープン2017 子供の部」も参加申し込みを受付中ですでにエントリーリストも公開されています。

■エントリーリストはコチラから!


こちらの大会はブルテリアオープンと同じ浜松武道館で11/19(日)の開催です。

「ブルテリアオープン2017」と「ブルテリアオープン2017 子供の部」とも大会詳細は以下のリンクを参照してください。

多数のエントリーをお待ちしています!


BTO1
【参加申し込み受付中】
「ブルテリアオープン2017」
日時:12/3(日)
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
■大会詳細はコチラから!



BTO2
【参加申し込み受付中】
「ブルテリアオープン2017 子供の部」
日時:11/19(日)
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
■大会詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月12日

【エントリーリスト】11/26「Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017」

est1
11/26(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されるLas Conchas主催『Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017』。

10/6(金)に第一次締め切りとなり、最初ののエントリーリストが公開されました。

紫帯、茶帯、黒帯とも多数の強豪が集まり、見どころのあるトーナメントが組まれそうです。

特に紫帯の充実度は特筆モノでしょう。

また乗次秀彦と井手史竜の九州からの遠征組も要注目です。

このエントリーリストは随時更新されていきます。


【柔術】
【アダルルト紫帯】

■フェザー

大柳敬人(CARPE DIEM)
西村大智(ストレイトBJJ)
田中秀治(パラエストラ八王子)


■ライト
石井宏幸(高田馬場道場)


■ミドル
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)
最上隆広(パラエストラ八王子)


■ヘビー
乗次秀彦(バッファロー柔術)


■オープンクラス
大柳敬人(CARPE DIEM)
西村大智(ストレイトBJJ)
石井宏幸(高田馬場道場)
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)
乗次秀彦(バッファロー柔術)
最上隆広(パラエストラ八王子)
田中秀治(パラエストラ八王子)



10
大柳敬人(CARPE DIEM)



4
西村大智(ストレイトBJJ)



08
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)



07fb
乗次秀彦(バッファロー柔術)



【アダルルト茶帯】
■ライトフェザー

井手史竜(CARPE DIEM福岡)
片山泰輔(CARPE DIEM広尾)


■フェザー
池田譲(パラエストラTB)


■ライト
後藤琢磨(仙台草柔会)


■ミドル
峯岸零弥(パラエストラ小岩)
卯木豪(パラエストラTB)


■ヘビー
Sanni Wehbe(Endure BJJ)


■オープンクラス
池田譲(パラエストラTB)
後藤琢磨(仙台草柔会)
峯岸零弥(パラエストラ小岩)
卯木豪(パラエストラTB)
Sanni Wehbe(Endure BJJ)


5
池田譲(パラエストラTB)



03
井手史竜(CARPE DIEM福岡)



go
後藤琢磨(仙台草柔会)



05fb
片山泰輔(CARPE DIEM広尾)



8
卯木豪(パラエストラTB)



reiya
峯岸零弥(パラエストラ小岩)



【アダルト黒帯】
■フェザー

広瀬貴行(パラエストラTB)
茶圓俊平(ねわざワールド)


■ライト
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
高本裕和(高本道場)


■オープンクラス
広瀬貴行(パラエストラTB)
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
茶圓俊平(ねわざワールド)
高本裕和(高本道場)



1
広瀬貴行(パラエストラTB)



01
高本裕和(高本道場)



9
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



6
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)




【マスター紫帯】
■ライト

加賀谷大(綱島柔術アカデミー&ねわざワールド品川)


■オープンクラス
加賀谷大(綱島柔術アカデミー&ねわざワールド品川)


【マスター茶帯】
■フェザー

片山師斉(CARPE DIEM)


【マスター黒帯】
■ライト

後藤悠司(一心柔術)
ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)


■ヘビー
荒井勇二(Over Limit BJJ)


■オープンクラス
後藤悠司(一心柔術)
ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)
荒井勇二(Over Limit BJJ)



00
後藤悠司(一心柔術)



3
ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)



09
荒井勇二(Over Limit BJJ)



【シニア紫帯】
■フェザー

猪股幸治(パラエストラTB)


■オープンクラス
猪股幸治(パラエストラTB)


【シニア茶帯】
■フェザー

武井昭博(ポゴナ・クラブジム)



【グラップリング】
【アダルトアドバンス】
■-90kg

最上隆広(パラエストラ八王子)


■オープンクラス
最上隆広(パラエストラ八王子)


【アダルトエリート】
■-70kg

稲野岳(トライフォース五反田)


【アドバンスマスター】
■-75kg

加賀谷大(綱島柔術アカデミー&ねわざワールド品川)



est1
【参加者募集中】
『Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017』

日時:11/26(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
主催:Las Conchas / ミューズエンタープライズ
参加費:
第二次締め切り:10/20 4000円
第三次締め切り:11/6 5000円
最終締め切り :11/17 6000円
※無差別級エントリー+1000円
年齢カテゴリー:アダルト・マスター(30歳〜)・シニア(40歳以上)
申し込み:メールで受け付け
メールアドレス: reversaling@gmail.com
件名に「Las Estrellas de Jiu Jitsu 出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。
申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。
【出場申し込みフォーム・柔術】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
※女性カテゴリーはアダルトのみ

【出場申し込みフォーム・グラップリング】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
種別:ビギナー(白&青)・アドバンス(紫)・エリート(茶・黒)
階級:-60kg / -65kg / -70kg / -75kg / -80kg /-90kg /+100kg
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
※女性カテゴリーはアダルトのみ

■大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear