English Portugues Japanese

コラム

2019年03月19日

【コラム】帯叩き、やりたい?やりたくない?

haying
先週に行った塩田"GOZO"歩のゴーゾーウィークの1週間ぶっ続けコラムシリーズ。

これが好評で前週比30%アップのアクセス数となりました。

その中でも最も高いアクセス数を稼いだのが最終日に更新された「帯叩き」についてのコラムでした。

「帯叩き」とは柔術で自身の実力ランクを表す帯色が昇進して変わったときに仲間が帯で帯色が変わった人を叩いてお祝いするという柔術ならではの儀式のようなものです。

続きを読む

2019年02月13日

【GOZOコラム】クロン・グレイシー出陣!UFC観戦マニュアル

k2
ブラジルブログでは馴染み深いと思われるクロン・グレイシー。

ヒクソン・グレイシーの息子として、柔術シーンで数々の栄冠を勝ち取り、MMAへも進出。

MMAでの戦績は4勝0敗、全てが1本勝ちという、まさにグレイシー一族の末裔として名に恥じることない期待の選手ですね。

<クロン・グレイシー MMA戦績>
2014年12/23 REAL vsキム・ヒョンス 1R 1:05 腕十字
2015年12/31 RIZIN vs山本アーセン 1R 4:58 三角絞め
2016年 9/25 RIZIN vs所英男 1R 9:44 RNC
2016年12/31 RIZIN vs川尻達也 2R 2:04 RNC

最近のグレイシーはイマイチぱっとしませんので、ある意味“最後の砦”感も否めませんが…。

そのクロン・グレイシーが遂にUFC参戦!

2月17日 『UFC on ESPN 1』 アリゾナ州フェニックス

クロン・グレイシー vs アレックス・カサレス

期待が高まります。ざわざわ

気になる対戦相手は、ブルース・リーロイのニックネームで知られる、アレックス・カサレス。TUFで名を上げ、現在UFCで活躍中。

カサレスの戦績は14勝11敗(3KO・3S)。

うちUFCでは10勝10敗。ランカーではありませんが、アグレッシブで華のあるファイトスタイルは印象に残る選手です。

この試合はクロンの査定マッチとして絶妙だと思います。

クロンからすると、ランキングちょい下のカサレスに勝てば、早くも次戦で対ランカーの可能性が出てきますし、UFC側からしてもクロンの力量を試すのにちょうどいい。

早くランキング入りしたいであろうクロンにとって、このカサレス戦はラッキーですね。

変則的で動きがあるカサレスと1本勝ちにひた走るクロン。

互いのファイトスタイルが交差し合うことは間違いなし!

果たして、クロンはどのような結果を残すのか。。

さて、ブラジルブログの読者さんはUFCって観ますか? 

興味ないと断言する柔術家がわりと多いような気もしますが。。

そこで、UFCを観る上でのポイントを解説。

まず、ユニファイド(統一)ルールと言われる判定基準を理解せよ!

ラウンド毎に優劣をつけるラウンドマスト方式です。

その為、各ラウンドでどちらが取っているかを認識しながら見る必要があります。

なので、ついビッグヒットに注目しがちですが、僅差になれば当然ジャブなどの細かい点も考慮する必要が出てきます。

もっと細かい話をすれば、下からのサブミッション的な仕掛けよりも、テイクダウンやパウンドなど、トップからの攻撃が判定で有利になる傾向があり、なかなか複雑な部分もあったりします。

これは、ボクシングにおいてジャブのポイントを重要視するネバダ基準だったり、レスリング文化のアメリカ故にテイクダウンの比重が大きかったりという要素が影響していると思われます。

そーしーてー、UFCでは各ブックメーカーにより勝敗のオッズが公表されるのをご存知ですか?

ちなみにこの記事を書いているときは、クロン1.25 : カサレス3.75。

オッズも考慮した上で自分なりの勝敗予想をすると、より面白くなったりもします。

全然人気のない方が勝つと予想して、実際に勝った時の自分の目に狂いはなかった的な快感とか(笑)

このように、UFCはギャンブルとしても成立しているので、先ほどのユニファイドルールのように、ある程度明確な判定基準が設けられています。


k1



が! 様々な要素が絡み合うMMAの判定に議論は付きものなので、モヤモヤする判定ももちろんあります。

でも、それに対してこれはこうだからちょっと違うよね〜って言えるようになったら一人前かも?そこを目指すのもまた一興。

グレイシーの期待の星であり最後の砦でもあるクロン。

今回のカサレス戦は、オッズ差以上に苦しむ可能性も大。

というのは、先程のルールにより、UFCでは下からの仕掛けがあまり評価されないからです。

クロンはテイクダウン能力が突出してるわけではないので、下からの展開を強いられる可能性も高くなることでしょう。

クロンはファーストアタックで、クリンチやタックルを使ってテイクダウンを奪いにいくと思われますが、それが無理な際は引き込む可能性も出てくるはずです。

そうなれば、しっかりフィニッシュするか、もしくはスイープしてトップをキープできるかがポイントになります。

当然クロンもUFC仕様の戦い方で試合に臨むはず。

数々の大会で接戦をものにしたクロンの試合巧者ぶりにも注目です。

そしてカサレスをクリアした場合、まずはランカー、そして可能な限り上位を目指して試合をしていくことになるのですが…。

フェザー級の上位ランカーには、絶対王者のホロウェイや、アルド、オルテガ、エドガーなど名だたる強豪がひしめいています。

下位ランカーでさえもマゴメドシャリポフなど猛者揃いなので、vs下位ランカーでもクロンはかなり苦戦するのではないかと個人的には予想しています。

UFCでは、頭角を現す前に2連敗してしまうとリリースされるケースが多く、それを潜り抜けてきたランカーたちは精鋭たちばかりです。

そしてUFCの王者=MMAの最高峰という図式が成り立っているのが今現在です。

まずは、クロンのカサレス戦でお手並み拝見!今後の展望が見える注目の一戦です。

柔術の観点からすると、機会があればぜひブライアン・オルテガの試合も観てほしい!

柔術ラブの方はきっとしびれると思います。

まさに鮮やか!ヘナー・グレイシーの黒帯で古き時代の良さに出会えること間違いなし!!(ただ、オルテガは前回の試合での怪我もあって、次戦はまだ先かも。)

そして、柔術目線によるもう一人のゴーゾー注目選手は、チャールズ・オリベイラ!柔術家ではないけど、寝技強いよ〜。すごいよ〜。


k3
『UFC on ESPN 1』
クロン・グレイシー vsアレックス・カサレス
2月17日 アリゾナ州フェニックス




ここからは個人的なお知らせです。

2/17(日)14:00〜16:30まで誰でも参加OKの柔術スパーリング交流会を開催します。

パラエストラ八王子tres町田がオープンしたので、お披露目&見学も兼ねて行いたいと考えています。(詳細はHPからお願いします)

お祝いの品やお花などは一切なくて大丈夫ですので、お気軽にどうぞ!

ちなみに、町田の柔術クラスはパラエストラ川崎の風間君が月曜担当、その他はゴーゾーがメインとなっております。町田近辺でジムをお探しの方は、こちらもぜひ!

では、2/17にパラエストラ八王子tres町田でお待ちしております!

ピロンピロンピロン


11
パラエストラ八王子tres町田・オープン記念・入会金無料キャンペーン実施中!
■詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ルーカス・バルボーザ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年10月20日

【不定期連載】『弁当屋小谷のベトナム日記』第1回「朋友遠方より来たる」

00
グーーーーーーーーーッ モーォォニン ビェットナーーーーッム!!!!!

ブラジルブログ読者の皆様、こんにちは&毎度お世話になり、ありがとうございます。

サイゴン柔術&OVER LIMIT BJJ SAIGONの小谷尚孝(ひさのり)です。

続きを読む

2018年10月12日

【海外】ルーカス・レプリBJJ滞在記by西村大智

00
こんにちは。

今回初めてブラジルブログを書かせて頂きますストレイト柔術の西村大智です。

9/10から9/22の約2週間、ノースカロライナ州 シャーロットにあるルーカスレプリの道場で練習しました!

その時の練習について書かせて頂きます。

続きを読む

2018年10月05日

【不定期連載】『弁当屋小谷のベトナム日記』第零回「ごあいさつ&自己紹介」

k1
グーーーーーーーッッ モーーーニン ビエットナーーーーム!!

ブラジルブログ読者の皆様、はじめまして。

サイゴン柔術/OVER LIMIT BJJ SAIGONの小谷尚孝(ひさのり)と申します。

47歳、三重県出身。ベトナム在住は間もなく24年目。妻一人、子供二人、犬二匹。

本業は、OFFICE ZIPANGなる宅配の弁当・食材の自営業なのですが、ダイエットのつもりで始めた柔術と空手にドハマリし、今や仕事そっちのけで「自分史上最強」を目指す今日この頃です。

さてさて、皆様。

一昔前までは、普通の日本人にとってのベトナムと言えば、「まだ戦争やってるんじゃないの?」とか、⇒終わってます

「あー、いいですね!私タイ料理大好きなんですよ!」とか、⇒タイとは国境接してません

「そんなド田舎で大変だねえ(ガチ同情)」とか、⇒それは本当w

とにかく、ネガティブ&マイナーなイメージしかない東南アジアの一小国の扱いでした。

それが今や、ベトナムに住んでます、というだけで、

「おお!チャイナ+1ですね!」⇒ビジネスマン目線

「食べ物美味しい!エステ最高!雑貨もかわいい!」⇒婦女子目線

「アオザイってスケスケでいいですよねw女の子めっちゃ美人だし」⇒某柔術家目線

と、羨望のまなざしで、次々と質問関心が寄せられ、人との出会いにも事欠かない時代となりました。

そんな、赤丸急上昇(死語)の国、ベトナムのホーチミンでの柔術事情。

近くて遠い、同国首都ハノイや、近隣東南アジア諸国の道場巡り。

出稽古に行ったり、ゲストに来てもらったりの交遊録。

さらには、番外編で、美味しい食べ物や珍しい風景、変なニュースなど、心に移り行くよしなきことを、物狂おしく、パッション&ガッツを籠めて、だらだらと書き綴っていく所存です。

未熟者の浦島太郎が何かを勘違いしたまま突っ走る、ブレーキの壊れたダンプカー的な新コラム。

うしろ指のひとつでも指して、鼻で嘲笑っていただけると幸甚です。

何卒、お見知りおきのほど、よろしくお願い申し上げます。



k2
小谷尚孝(こたに・ひさのり)
サイゴンJJ所属・茶帯。
47歳、三重県出身でベトナム在住は間もなく24年目。
ホーチミンにて宅配の弁当・食材屋「オフィスジパング」を営みつつ、日夜自身の鍛錬と指導に熱意を注ぐ。



x
サイゴンJJのFacebookページはコチラから!

k3
オフィスジパングのFacebookページはコチラから!



00
<世界のタタミから>サイゴンJJ編はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】エミリー・クォーク(38)、マルセロ・グロッソ、ファイサル・アルキトベ(31)、ロバート・ドライスデール(37)、ペドロ・サウアー



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年10月04日

【海外】ルーカス・レプリBJJ滞在記by内山裕規

01
こんにちは、内山裕規です。

9/10〜9/21 の間、OL人生最長の夏休みを頂いてルーカス・レプリの道場@シャーロットに行って参りました。

簡単ながら滞在記を書かせて頂きます。

続きを読む

2018年01月29日

【告知】質問箱、開設中!

shi
みなさんは「質問箱」をご存知ですか?

「質問箱」はツイッターに関連するサービスで、これを開設してる人に匿名で質問が送れるものです。

この「質問箱」を12月から開設しており、日々送られてくる質問に返答しています。

「質問箱」は匿名というのがミソで、匿名だからこそ聞きにくいことなども遠慮なく質問できるので、それが人気の要因の1つなのは間違いないでしょう。

開設当初は柔術に関することだけでなく面白半分なネタ的な質問などメンドくさいものもありましたが、最近はそういったものもなく、真剣な質問が多いです。

送られてくる質問を見ていると、柔術のこんなことが気になっているんだ、とか、自分でも知らないようなことを質問してきたりと多種多様な質問があって個人的にも興味深いです。

一時期はステロイド問題で盛り上がり、最近は大会での幼児虐待問題の質問が多かったです。

とはいえ、そういった質問の場合でも送られてきている質問にはできる限り答えていますので、この機会に聞きたいことがある方はぜひ送ってみてください。

自分にわかる範囲で真摯に答えさせて頂きます。

1つの質問に対して返答は100文字という制限があるため、詳細な返答はできませんが、そういった質問も別の機会に取り上げて答えることも検討中です。


s2
■「質問箱」はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ガブリエル・アルジェス、ベルナルド・ファリア(31)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月17日

【選手紹介】ルーカス・ピネイロ:2016/2017シーズンで10個のメダル獲得

01
Jiu Jitsu NERDがサポートしているブラジル人黒帯のルーカス・ピネイロ(AMBJJ)。

今回はルーカスの選手紹介をしたい。

ルーカスはマナウスの貧しい家に生まれ、両親は共稼ぎでずっといないという幼少期を過ごしていた。

そのときに友人に誘われて家にマナウスにある名門・クルービピニャのアカデミーで9歳で柔術を始めた。

続きを読む

2017年05月20日

【Dropkick】MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談〜橋本欽也vs大沢ケンジ〜

dk1
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルで『MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談〜橋本欽也vs大沢ケンジ〜』を掲載して頂きました。

この対談は大沢ケンジ氏が「MMAとキックや柔術が同格なんてとんでもない」と吠えまくるMMA原義主義者ぶりにカチンときてTwitter上でいくつかやり取りをし、それを『Dropkick』編集部の方が「そこまで言い争うのなら対談をしたらどうか?」と提案して頂き実現したものです。

その対談時も3時間弱、ずっと話しっぱなしで大沢ケンジの頑なな姿勢に辟易しつつも最終的にはお互いの理解が得られたかと思ってます。

大沢ケンジ氏とは10年以上も前に同じバイト先で働いていたこともある旧知の間柄で、それだけに対談も伯仲したものになってます。

いつものように脱線しまくってて内容が格闘技以外のことになったりしてますが、それも含めて楽しんで頂けたらと思います。

前半は無料で読めますが後半の核心部分は有料で月額540円で購読可能です。

この対談以外でも興味深いインタビューが多い『Dropkick』、ぜひこの機会に入会してご購読頂けたら幸いです。


dk2
■『MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談〜橋本欽也vs大沢ケンジ〜』はコチラから!



【Dropkick 過去記事】
dk3
■【スポーツの闇】日本人柔術家が衝撃提言!? 「日本人格闘家はどんどんドーピングしたほうがいい!」はコチラ



dk4
■『語ろうグレイシー!! ヒクソンの息子クロンのMMAデビューを10倍楽しむ方法』はコチラから!




jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年02月27日

【ブラジル】KEIKOショップ兼オフィス

01
ブラジル・サンパウロのサンタナにあるドーギメーカーのケイコのショップ兼オフィスに初潜入!

もちろんショップは誰でも行けますが、その奥の工場と2Fの倉庫&オフィスは初公開です。

今回は特別にショップ以外の部分も見せてもらえました。

KEIKOのお得意さんのミシェル・ミヤシタ、そしてKEIKO副社長のブルーノに感謝です。

このKEIKOは80年代から柔術衣を生産・販売する老舗メーカーで来年は創業30周年とのこと。

続きを読む

2017年02月07日

祝!ブラジルブログ10周年

brazilblog2017
本日、2/7でこのブラジルブログの開設から10周年となりました!

2007年の2/7に初回の更新が行われ、開設当初は毎日更新ではなく、週に2〜3回でしたが開始数か月後には毎日更新がスタート。

それから早10年が経過し、先月には心筋梗塞での入院により毎日更新が途切れるも2週間休んだだけで更新を再開し、本日無事に10周年を迎えることができました。

これもこのブログを愛読してくれている購読者の皆様の応援のおかげです。

ありがとうございます!

去年ぐらいには10周年でこのブログの更新を辞めようかとも思いましたが、せっかくなので今後もできる限り続けていこうと思い直しました。

思えば開設最初のブログは当時バイトしていた雀荘の卓上でレポート用紙に原稿を書いて更新した思い出があります。

すでにゴング格闘技でライターとしてレギュラー執筆させて頂いていたとはいえ、まだライターだけで充分な原稿料は稼げずにバイトしながら生活していました。

ですがこのブラジルブログを始めてからは有難いことにライター業だけでなく柔術にまつわる様々な仕事のお話を頂き、ブログ開設から数年後にはバイトをしなくても柔術だけの仕事で生活していくことも可能となりました。

いまでこそブラジルブログの他に柔術プリーストやBJJ-WAVE、Jiu Jitsu NERDなど様々なメディアで柔術情報を発信していますが、2007年当時はブラジルブログのみでした。

また他の柔術メディアも今と違ってそう多くなく、大会レポートなどは皆無に等しい状態で、よくて格闘技雑誌に数ページが載る程度という状況で、それを補う形でスタートしたのがこのブログです。

もう今となってはブログ開設のいきさつなどはすっかり忘れてしまいましたが、ゴング格闘技で載せたくても載せきれなかった情報を出す場ができたのは嬉しかったのを覚えています。

その後はこのブラジルブログをメインにした執筆活動を続け、ここでしか読めないオリジナルコンテンツにこだわって更新を続けている次第です。

気づいてみれば10年が経っていた、というのが正直な感想で感慨深いとかといった感覚もないのですが、せっかくの10周年で、また旧ブルテリア・現ムンディネロも今年で15周年ということなので合同アニバーサリーイベントを企画中です。

それは正式発表までいましばらくお待ちください。

今のところ10周年を迎えたところで変わった点はブログのヘッダー画像ぐらいですが、今後も毎日更新と国内のみならず世界各国の柔術シーンを自ら足を運んで見てきたこと、感じたことを伝えることをモットーにできる限り続けていきたいと思います。

これからもこのブログの愛読をよろしくお願いします。


橋本欽也



【今日が誕生日の柔術家】サムエル・カンキエロ、アネッチ・スタッキ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年01月26日

【日記】サンディエゴ日記:ライアン・ホール・セミナー

01
今日は先日ビクトリーMMAで行われたライアン・ホールのセミナーの感想などです。

ライアン・ホールを皆さんご存知でしょうか??

柔術&ノーギで活躍して今はMMAでも活躍し続けてるファイターです。

僕が知ったのはUFC内の番組、The Ultimate Fighter(ジ・アルティメットファイター)で初めて見ました。

普段なかなかMMAだと見られない自分から下になり50/50でバシッとヒーフフックで極めてしまい、新たなスタイルの選手だなぁと思っていました。

続きを読む

2017年01月06日

日本国内の最多大会出場選手、ヨースキ・ストー

12
2016年も終わり、2017年に突入しました。

ここで2016年度の日本で最も多くの大会に参戦した選手、ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)の戦績を紹介します。

ヨースキの2016年度の大会出場は国内外で30大会にも及び、IBJJFヨーロピアン&アジアインターナショナル、ASJJFのドゥマウGP&アジアオープン、SJJIFワールドなど数多くのビッグタイトルを獲得。

さらに賞金&ベルトトーナメントのドゥマウライトウエイトGPでも優勝し、初代王者に輝いたのは記憶に新しいところでしょう。

年間30大会出場は驚異的な大会数で1ヵ月に2回以上の出場という計算になり、また中にはSJJIFワールドのようにギとノーギを同時開催している大会もあるので、実際はそれ以上の頻度と思われます。

以下がヨースキが2016年に出場した大会リストです。

COPA LAS CONCHAS

COPA LAS CONCHAS NO-GI

ASJJF - DUMAU TOKYO OPEN

XIII COPA DUMAU

MIE OPEN

ASJJF TOKYO SPRING

ASJJF - DUMAU INTERNATIONAL

ASJJF ALL JAPAN

ASJJF ALL JAPAN NO-GI

AICHI OPEN

ASJJF DUMAU CEBU INTERNATIONAL OPEN

ASJJF JAPAN OPEN

ASJJF WEST JAPAN OPEN

ASJJF CENTRAL JAPAN

DUMAU KANSAI

TOYAMA OPEN

ASJJF - DUMAU JAPAN GRAND PRIX

ASJJF - DUMAU NOGI JAPAN GRAND PRIX

ASJJF ASIAN OPEN

NAGANO OPEN

MASTER ALL JAPAN OPEN

ASJJF DUMAU OPEN

DUMAU JAPAN OPEN

COPA ADI SPORTS

DUMAU Light Weight GP 2016

IBJJF European

IBJJF Pan

IBJJF Asia

Abu Dhabi Grandslam Tokyo

SJJIF World


さらに驚くべきことはその勝率です。

これだけの大会に出ていながら優勝できなかったのはIBJJFパンのみで、その試合は初戦を勝利し、2回戦で優勝したアドリアーノ・シウバ(バルボーザ)に僅差で敗れ、入賞を逃しています。

ですがその他の大会はほとんどが階級&無差別のWゴールドで、そうでない場合でも階級または無差別のどちらかで優勝しているというのは驚異的な勝率といえます。

ただ大会に多く出るだけでなく、そこできっちりと勝って結果を残すというのはさすがという他ありません。

そしてこれだけの戦績を残していながら柔術一本ではなく、日々の工場勤めと道場での指導も日常的にこなしているのだから驚くばかり。

このヨースキこそ日本が誇る国内外の最多大会出場選手であり、ワールドクラスの柔術家であるのは間違いありません。

ヨースキは今年も多くの大会に出場予定で、もしかしたら昨年以上の大会参戦数になるかも?!

2017年もヨースキの世界を股にかけた活躍を期待せずにはいられません。


14




【今日が誕生日の柔術家】アナ・カロリーナ・シュミット(27)、ウィルソン・ヘイス(32)、ファビオ・アキオ(36)、ユン・ジンホ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年07月10日

いい人、シセロ・コスタ

09シセロ
去年ぐらいから試合復帰し、大会会場でよく会うようになったシセロ・コスタ。

シセロとは2008年に日本に1ヵ月ぐらい滞在して柔術の試合に出たりMMAに出たりしてたときに格闘技雑誌のインタビュー取材をやらせてもらったときが初対面でした。

実際はその前にもブラジルで行われていた際のムンジアルでも会ってましたが、挨拶程度で話したりはほぼなかったように記憶しています。

そんなシセロと久しぶりの再会をしたのが2012年の夏、2006年以来6年ぶりにブラジルに行った際のときでした。

そのときはリオで行われていたマスター&シニア・インターナショナルに森雄大や岡村隆が参戦し、その後にサンパウロに移動するスケジュールを組んでいました。

サンパウロまで行くにはバスか飛行機での移動でしたが、このときは大会後の移動だったため夜に出るバスで移動することにしました。

そのバス移動ですが当初はレアンドロ・ロ&ルイザ・モンテイロと一緒に行く約束だったのに、大会が終わってロとルイザを探し、シセロアカデミーの仲間らしき人に聞くとすでに帰った、との知らせ!

完全に頼りにしていたので、どうサンパウロに行くか途方に暮れてたとき、シセロにどう行けばいいか聞いたらが「オレがサンパウロに連れてってやる!」と申し出てくれたのでした。

その他のメンバーは車で来ていて、シセロも車でみんなと帰るはずだったのに荷物だけを車に載せるとその車を先に帰らせて自分たちと一緒にバスターミナルからサンパウロに帰ってくれました。

車で帰れるのにバスで帰らせるのは悪いからせめてバス代ぐらいは払おうと申し出るも「センプロブレマ!(ノー問題)」と代金も受け取らずチケットも自腹購入。

サンパウロについてからも地下鉄を乗り継いで最寄り駅に到着すると、重いスーツケースを運んでくれてアカデミーに案内してくれて、そこで仮眠させてくれました。

そして練習もさせてくれて、ランチは一指にシュハスコ食べたのですが、そのランチ代もシセロの奢り!

しかも全員分です。

あの2012年のブラジルツアーの際には何から何までシセロにはお世話になりっぱなしでホントに助かりました。

去年ブラジル行ったときには行けなかったシセロのアカデミーですが、今年こそあのときのお礼を兼ねて再訪したいと思ってます。

■2012年にシセロのアカデミーを訪問した際の道場紹介はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】エメルソン・アズマ(44)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月08日

アンデルソン・タカハシ、リファ当選者発表

01
ブラジル人がよくやっているリファというのを知ってるでしょうか?!

リファは海外大会に出場する際の資金集めでよく行われていて、1口いくら(だいたいの場合は1000円)で募集され、それに申し込みするとくじ引きに参加できる一種のカンパのようなもの。

参加するとリファ専用の紙の両面に書かれた100人分の女性の名前から一人を選び、それが当たると賞品がもらえるという仕組みとなってます。

今回、アンデルソン・タカハシがこのリファを行いました。

アンデルソンはジャパニーズナショナルで2階級制覇しムンジアル出場規定の50ポイントを超えましたが、これは突発的なことでムンジアル出場のための資金がなかったために、このリファを行うことになったのです。

このアンデルソンのリファの賞品でVHTSのドーギとRVCAのラッシュガード、そして非売品のJiu Jitsu NERDパッチ×2を提供しました。

そのリファの当選者が決まり、賞品を手にしたのはホドリゴ・イケダさん。

おめでとうございます!

■リファの開封動画はコチラから!


02
これがリファ専用の紙。
両面に100人分の女性の名前が書かれてます。



03
裏面のすべて埋まってます。
短期間でここまで埋めることができたのはアンデルソンの人柄ならではでしょう。



04
リファの上部に当たりの名前が書かれてます。
今回の当選は「デボラ」でした。



05
「デボラ」を選んでいたのはホドリゴ・イケダさん!
おめでとうございます!



06
後日、ホドリゴ・イケダさんにアンデルソンより賞品が届けられました。
100分の1の当選確率を見事に当てたラッキーガイ!
でもちょっと小柄な方なのでA2のドーギがフィットするか心配です。



【今日が誕生日の柔術家】ジョアオ・アルベルト・バヘット(81)、マルセロ・アンドレオーリ(32)、イルケ・ブルット(27)、ジェシカ・アギラー



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年04月22日

【滞在記】飯嶋貴幸のサンディエゴ日記

00
今回から始まった新連載!

いまカリフォルニア州サンディエゴに1年間の予定で渡米している飯嶋貴幸(Natural 9)。

その飯嶋くんのサンディエゴでの生活ぶりを紹介していきます。

続きを読む

2016年04月07日

【フィギュア】CCP魔雲天 ブルテリアVer

01
リアルな造形のフィギュアで知られるCCPから発売されたキン肉マンのキャラクター「魔雲天」のブルテリアver.が発売されました。

このフィギュアはブルテリアとCCPのサイトで予約受付されましたが、150体限定ということですぐに完売したようです。

自分はキン肉マンはまったく興味ないですが柔術モノのフィギュアとして予約購入しました。

予約したときは軽い気持ちで「1万円ぐらいかな?」と思ってましたが、実際の価格は税込みで16000円超えと予想をはるかに上回る値段!

16000円て普通の柔術衣が買えてしまう値段です。

なので一瞬予約キャンセルも頭をよぎりましたが「買わないで後悔するより買って後悔」の精神で思い切って購入に踏み切りました。

実際に入手すると、その強気な価格も納得の素晴らしいクオリティだったので買ってよかった!と思った次第です。


02
通常版のフィギュアの色替えバリエーション。
柔道衣を青にしてブルテリアのパッチを追加し柔術衣に!




03
肩部分の星、背面のロゴなど細かい部分もしっかり再現されてます。



04
腰部分のパッチの細かさもさることながら柔術衣の質感の表現も素晴らしい出来。
これがソフビ製とは思えない重厚感です。



05
付属品として特製のワッペン、あとブルテリアのステッカーも封入されてます。



06
過去に発売されていたUFCのホイス・グレイシーフィギュアと並べてみました。
魔雲天の圧倒的なリアルさと存在感!



07
魔雲天のワキ差しパス!



08
ホイスを圧殺!



09
ホイス撃沈・魔雲天の圧勝!



10
そんな魔雲天の背後から声が!



11
ヒクソン「弟の敵討ちはオレがやる!」
ホイス「兄は自分より10倍強い…」



12
魔雲天vsヒクソン!
この勝負の行方は?
<続く>



【今日が誕生日の柔術家】ベアトリス・メスキータ(25)、トーマス・ファン



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年03月20日

パン選手権2016:会場で会った選手たち

パン選手権の会場で会った選手を紹介します。


01
フーベンス・シャーレス“コブリンヤ”(アリアンシ)
大会初日は愛息子・ケネディのまさかの初戦敗退に驚きを隠せなかったコブリンヤ。自身が表紙を飾ったJiu Jitsu NERDを渡すとちょっと笑顔に。発売時に送ったのに届いてなかった様子で1冊では足らずに2冊も献本するハメに!



続きを読む

2016年03月18日

ブドービデオ日本語吹き替えの山本大気氏

taiki
柔術DVDメーカーの老舗、ブドービデオが制作する教則DVDの日本語吹き替えを担当している山本大気氏。

LA在住の山本氏は日本語と英語が堪能なだけでなく柔術も黒帯で小さいながらも自身のチームも持っている。

パンやムンジアルでLAを訪れた際には山本氏と会うのが通例となっており、今回も短いながらも会う時間ができたので、DVD吹き替え作業の制作秘話などを聞いた。



──ブドービデオ制作の教則DVDの日本語翻訳はいつからやってるのですか?

山本:最初に携わったのは2008年発売のニーノ・シェンブリの「キラーバタフライ」という作品でした。友人のツテでブドービデオに紹介されて手伝ったのですが、まさかこんなに長く手伝うことになるとは思いませんでした。当時は軽い気持ちで引き受け、なんの下準備もなくオフィスに行ったのでとても苦労したことを覚えています。

──吹き替え作業はどんな工程で進められるのでしょうか?

山本:まず事前にマスターテープをもらい、そこで話されている内容を文字起こしして英語の台本を作ります。それを日本語に翻訳して日本語の台本を作り、吹き替え作業当日にその台本を実際の映像を流しながら読む感じですね。前は収録機材も古くて少しでも間違うと最初からやり直し、ということも多々あったので大変でした。

──いままでどれぐらいの作品を手掛けているのでしょうか?

山本:正確にはわかりませんが相当数になると思います。いま作業中なのはカイオ・テハのハーフガードの教則です。カイオは早口な上に説明が長いのでかなり時間がかかってます。時給換算にしたら1時間3ドルぐらいで、割に合わない感じですよ。それにこの作品は英語の台本を作ってる最中にPCがクラッシュしてデータが飛んだので最初からやり直し、となったりと散々でした。ですがそれだけ思い入れもあるので発売された際にはぜひ手に取って欲しいですね。

──個人的に記憶に残ってる作品はありますか?

山本:ゴーコー・シビシアンのレッグロックの教則は面白かったですね。自分は昔の柔術が好きでいまのモダン的なモノよりも古典的なクラシックなテクニックだ好みなんです。あと巷には柔術の教則DVDは多く出回ってませんがルタリブレの教則はほとんどないのでブドービデオにはルタの教則を作って欲しいですね。ウゴやタデウ、ジョイユなどの教則が出たらマニアは飛びつきますよ!それこそマルコ・フアスなんかはLA在住なんだから、すぐにやれるはずなんですけどね。

──最新作のフェリッペ・デラモニカの「リバースハーフガード」の教則DVDのパッケージには山本氏の吹き替え表記が載ってましたね。

山本:あれは商品を受け取ってみて初めて知ったんですよ。結構大きめに名前が出てたので驚きました。でもブドービデオの吹き替え=自分、というのが定着したようで嬉しいですね。もうブドーはいくつかのタイトルを収録済みで、これから発売するものでも自分が引き替えをやらせてもらっってるので楽しみにして欲しいと思います。

──では最後に日本の方にメッセージを。

山本:いつもブドービデオの商品をお買い上げありがとうございます。これからも日本のみなさんの柔術技術の向上に貢献できるようなわかりやすい吹き替えを目指しますので今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。


山本氏が吹き替えを担当した最新作、フェリッペ・デラモニカの「リバースハーフガード」が好評発売中で初回入荷分はすぐに完売し、再入荷分も在庫は残りわずかとなっている。

これから発売されるブドービデオの新作はモダン系のものとオールドスクール系の2タイトルが収録済みで、その名を聞けばおお!となるビッグネーム。

ぜひ発売を楽しみにして欲しい。


ce1f9148
【発売中】
フェリッペ・デラ・モニカ「Reverse Harf Guard」
■詳細&購入はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年03月04日

ジョナス・アンドラージ/Jonas Andrade

1
今年のヨーロピアンで知り合ったジョナス・アンドラージ。

ジョナスはシセロコスタの青帯で、アダルト青帯ライトフェザーで6試合して準優勝し、オープンクラスは決勝戦まで3試合を勝ち上がって決勝戦はチームメイトとシェア。

オープンクラスは記録上は準優勝ですが優勝を譲った代わりに金メダルをもらったそうです。

知り合ったきっかけはブラジル人あるあるの「オレの写真あるか?」と声を掛けられたことから。

その問いに「たぶんあると思う」と答えてしまったら、それから催促のメールがヨーロピアンの期間中に日に2回くるという執心ぶり!

それで画像を送ってあげたら向こうから話しかけてくるようになり、雑談しながらいろんなことを教えてくれました。


2
ヨーロピアンで知り合ったジョナス。
18歳で柔術歴3年半のイキのいい青帯です。


3
ミヤオ兄弟がNYに移住し、ロ&ヤーゴが離脱したシセロアカデミー。
でもまだまだ若き才能の宝庫なのは間違いありません。



強豪が集うシセロ・コスタのアカデミーの特待生というか内弟子的な存在のジョナスは月謝免除でジム近くの家でチームメイト16人と同居し仕事はせずに練習だけ、という環境に身を置いてます。

一軒家の1Fに6人、2Fに12人の大所帯で同居というのも驚いたけど、まだ青帯なのに柔術オンリーの生活してるというのも驚きました。

そして朝から晩まで日に3〜5回の練習というのもかなりハード!

1クラス1時間が普通のブラジルの道場ですが、5回の練習なら5時間で、ガチスパーで有名なシセロのアカデミーでの練習ですから、その練習密度はかなりのものでしょう。

そりゃ強くなるはず!ですが、ほぼ無収入なので貧しく過酷な生活を強いられている様子です。

最低限の食費や大会参加費はシセロが援助しているからなんとかなるとしても、それ以外のお金はスポンサーから得られるほんの少しのお金をやりくりして何とかしてるらしいです。

でもこのジョナスだけがそうなのではなく、ジョナス以外にもモノ凄く強いのにお金がなくてブラジル国外の大会に出られないという若くて才能がある選手はブラジルにたくさんいます。

残念ながらパンには経済的な理由で出られないけど、ワールドプロのアルゼンチン大会で優勝してるので、来月のワールドプロに参戦予定で、そこで賞金を得られたらムンジアルにもなんとかして出たい、とのこと。

うまくいけばムンジアルで再会できそうだし、もしムンジアルで会えないようだったらブラジル・サンパウロまで足を運んでみようかと検討中。

ジョナスくん、陰ながら応援してます。



【今日が誕生日の柔術家】ヘナート・ベゼーハ、アレッシャンドリ・パイヴァ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年01月15日

道場に行くだけが練習じゃない

0114
最近急激にやむくなって暖冬だなんて嘘だろう!という毎日が続きます。

つい先日は短時間ながらも雪が降ったようで、1〜2月はさらに冷え込んでいくとのこと。

寒くなると体調を崩して風邪など引きやすくなるので注意が必要です。

そして多少の風邪ならば、と頑張って練習に行ってしまう方も少なくないかと思いますが、それはちょっと考えモノ。

風邪を引いて咳でもしながら練習されたら道場仲間に風邪を伝染させてしまう可能性もあるし、そもそも身体が弱ってる状態で思い切った練習なんてできっこないはず。

それならば練習を休んでしっかり療養し、万全の体調に回復してから練習した方がお互いのためなのではないでしょうか。

思い切って休むのも練習のうち、そして道場に行くだけが練習ではありません。

自宅でできる練習というか、柔術を上達させるためにできることはたくさんあります。

YouTudeで柔術の動画を見てもいいし、教則DVDを見るのもいい。

そして「柔術魂」や「Jiu Jitsu NERD」などの専門誌で有名選手のインタビューを読んで、そこからトップ選手の柔術観や柔術に対する姿勢を学ぶのも大いに刺激になります。

また過去に読んだ本や見たDVDでもいま改めて見ると新たな発見があるのも興味深い点です。

かくいう自分も白帯〜青帯時代に買った教則ビデオ(当時はDVDなどなかった)をDVDで買い直して見返したりすると、昔は気づかなかった部分や、なぜそうやるのか、そうやらなければならないかが理解できたり、またいま使っているテクニックのディテールで抜け落ちてる部分があったりと大いに有効でした。

こういったことは普段はなかなかやらないかもしれませんが、体調不良で練習で休んだときにこそやれば、休んだ日でもその練習を休んだ時間を有効に使うことができます。

もちろん普段の練習は大事ですが、体調不良で道場に行くことのメリットよりデメリットの方が大きい、と個人的には思います。

風邪引いてて仲間に伝染させるかもしれないけど練習やりたい!という自分のエゴを通してまで練習することより、自分のため、仲間のためを思って練習を休むのは決して悪いことではないでしょう。

柔術は趣味としてやってる方がほとんどなので、学生時代の部活の顧問のように「風邪ぐらいで練習休むな!」なんて怒鳴るインストラクターはいないはず。

逆にインストラクターには「風邪引いた状態で道場に来るな!」ぐらいのことを言って欲しいと常々思ってます。

そしてそう注意すべき立場のインストラクターがことあるごとに体調を崩し、熱のある体温計をSNSにアップして具合悪いアピールするのはどうかと思いますが。

体調がすぐれないまま練習してさらに疲弊し、体調不良を悪化させて寝込むことになったら、いよいよ練習を休まなければならなくなるし、そもそも日常生活にも支障をきたしてしまいます。

よくSNSで「風邪で体調悪かったけど頑張って練習行きました!」とか見ますが、そこまですることないのにな、と思いながらモヤモヤした気分になってます。

「道場に行くだけが練習じゃない」ということ、もっと考えて欲しいと切に願います。



【今日が誕生日の柔術家】レーザ・モンファラディ、ジェイク・スコベル



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年10月21日

帯叩きは是か非かで論争に!

haying
国内外の多様なBJJニュースを報じており、Jiu Jitsu NERDとも業務提携しているBJJイースタンヨーロッパが興味深い記事を投稿しました。

カイオ・テハが帯叩きに対し否定的なコメントを発したものです。

コチラから!

これに対しFacebook上ではちょっとした論争に発展しています。

ほとんどがカイオの意見に同調してるのですが依然として伝統的な儀式は残すべき、という意見も。

その筆頭がジェフ・グローバーで、有名・無名を問わずいろんな人が意見を出し合い、言い合いのような場面も。

それはここでは割愛しますが、日本では帯叩きをやっているとこと廃止しているとこでは、まだ帯叩きをやっている道場の方が多いかと思います。

それに対しどうこう言うつもりはないですが、いまの日本の柔術シーンの在り方が端的に表れているとも感じてます。

また最新のテクニックだったり、ギの流行だったりには敏感なのに、こういった世界的な帯叩き廃止論には疎く、ウチはウチ、と独自路線をいく点などはちょっとモヤモヤした気分にもなってしまいます。

そのことはさておき、この記事をFacebookでシェアしたところに国内の柔術道場代表の方たちが自分の道場ではどうやっているかをコメントしてくれてるので、興味がある方はチェックしてみてください。

あなたは帯叩きをどう思いますか?

意見がある方はぜひ以下の投稿にコメントしてもらえたらと思います。


コチラから!



【今日が誕生日の柔術家】イタロ・リン(27)、ホドリゴ・タニグチ



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年10月07日

【コラム】キム・テハとハウフ・グレイシーに血縁関係が!

ral_kim
サンフランシスコで聞いた新事実を紹介します。

カイオ・テハの弟、キム・テハとヘンゾ・グレイシーの弟、ハウフ・グレイシーの間に血縁関係がある、という衝撃事実が発覚しました。

カイオ・テハは言わずと知れた現在の柔術シーンきってのテクニシャンでモダン柔術の実践者。

ハウフ・グレイシーはグレイシー姓ならではの基本に忠実なオールドスクールともいえる柔術を現代に伝える伝道者でもあります。

ともにサンフランシスコで道場運営しているという共通項はありますが、それ以外の部分ではまったくの正反対ともえる両者に血縁関係があるというのは意外ですが、これは紛れもない事実です。

どういった関係なのか?というとハウフの最初の奥さんとの間にできた娘さんとキムが結婚し、キムとハウフは義理の親子となったんだそう。

さらにキムとハウフの娘の間には娘もでき、その子の姓はキム側のテハ、奥さん側の姓のグレイシーの2つを持ち、テハ・グレイシーというから驚き!

ムンジアル王者、カイオ・テハのテハ姓と柔術におけるロイヤルファミリー的なグレイシー姓の2つを併せ持つキム・テハの娘。

まだ柔術をやる年齢ではないようですが、もし柔術をやるならば将来は約束されたようなものなのではないでしょうか?



【今日が誕生日の柔術家】ケヴィン・ハウウェル



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月19日

アジアオープンで作成したImpacto Japan BJJのチームTシャツ

15
アジアオープンでは日本のみならず海外から参戦してきたチームなどがそれぞれお揃いのチームTシャツを着用し、結束力をアピールしていたのが目立ちました。

その中でも特に目立っていたのがImpacto Japan BJJです。

Impacto Japan BJJは昨年のアジアオープンでも派手な蛍光色のチームTシャツで一致団結していたのを覚えてる方も多いのではないでしょうか?


1
2014年のImpacto Japan BJJのチームTシャツ



2
裏面にはスポンサーロゴがたくさん!



3
チームTシャツ2015年ver。



4
今年もスポンサーロゴがたくさん集まりました。




このImpacto Japan BJJのチームTシャツはシャツにロゴ掲載のスポンサーを募り、それで集めたお金と、各支部の代表が資金を捻出して大会参加者や応援に行くチームメンバーに無償配布されました。

今年のロゴ掲載のスポンサー料は大きさや場所にもよりますがだいたい1万円から2万円で、そのスポンサーが20件ほどが集まって20万円ほどがスポンサー収入で集まったとのこと。

そこに支部長が捻出の製作費用が足されて今大会ではおよそ150枚ものTシャツが作られてメンバーに無償提供されてたんだそうです。

Tシャツの制作費用は枚数・デザインでピンキリですが、両面プリント・1版ずつの場合、安ければ原価は1000円を下回り、高くとも2000円以内で作成可能なのが相場となっています。

なのでこのImpacto Japan BJJのチームTシャツも150枚ほどの制作ならば十分にスポンサー収入で賄えるので無償提供が可能になっているんだとか。

またImpacto Japan BJJのようにメンバーに無料配布とまではいかないまでもこうやってスポンサーを募って資金を集めて作ることによって安価での提供が可能になるので、この方法は参考になると思います。

日本ではまだ大会ごとのチームTシャツを作ることは定着してないですが、来年のアジアオープンでは海外チームばりに各アカデミーごとのチームTシャツで会場が埋められてたらさらに盛り上がることでしょう。



【今日が誕生日の柔術家】サトシ・ソウザ(26)、加古拓渡(29)、ルーカス・レプリ(31)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年08月15日

【インタビュー】AOJの美少女柔術姉妹

01
いまLAのコスタメサにあるメンデス兄弟のジム、AOJに柔術留学中の佐野貴文選手。

佐野選手はムンジアル後にLAにそのまま居残りし来年の3月までAOJでの練習を続ける予定です。

アメリカでの練習は充実してるそうですが、アメリカでの柔術シーンを目の当たりにし、そのレベルの高さとともに想像以上のステロイドの蔓延ぶりに衝撃を受けている様子。

ですが佐野選手はステロイドの誘惑にハマるどころか逆に今まで以上にナチュラル志向となり、いまでは柔術のみならず週2でヨガにも通うようになりました。

最近は砂糖の摂取もできる限り避けてなお一層健康に気をつかうようになったとのことで、アメリカの柔術シーンに染まらない頑固な一面を覗かせています。

LA滞在中も積極的に試合に出ている佐野選手はアメリカンナショナルとラスベガスサマーオープンで2大会連続優勝を果たしました。


02
佐野選手はアメリカンナショナルとラスベガスサマーオープンで
2大会連続優勝中。



まだ紫帯を巻いて3か月足らずでこの実績を残している佐野選手、今後の活躍も期待できるでしょう。

そんな佐野選手がいま柔術以上に夢中になってるのがソフィアとイザベラのフローレス姉妹です。

フローレス姉妹はAOJのアイドル的な存在らしく美貌と実力を兼ね備えた将来のスター候補とのこと。

ぜひ日本でも取り上げて欲しいというたっての希望で自らインタビューを敢行し送ってきてくれたので紹介したいと思います。

姉のソフィアは16歳で妹のイザベラは14歳。

柔術は姉妹とも4年前に始め、1回90分のクラスを日に3クラスという練習をこなす毎日で柔術漬けの日々。

ソフィアはガードが好きで得意技は三角絞め、イザベラはメンデス門下生らしくベリンボロが得意としているようです。

2人とも目標とする選手はメンデス兄弟で将来は姉妹でメンデス兄弟のような選手としても人としても素晴らしい人間になりたい、とメンデス兄弟の元で練習に励んでいます。

ソフィアとイザベラの柔術についてのコメントを紹介しましょう。
03
ソフィア(左)&イザベレ(右)のフローレス姉妹


ソフィア『柔術は私に自信を与えてくれる』

「柔術は私に自信を与えてくれます。

いままでできなかったことができるようになった時、柔術ファミリーやトレーニングパートナーが私を応援してくれる時が本当に嬉しいです。

柔術はただのスポーツではなく、私の人生の一部です。

バスケ、サッカー、バレーボールなど他のスポーツをやっていたことがありますが、柔術のように情熱を持って取り組めるスポーツは他にありませんでした。

私は試合前、マットに上がる直前のアドレナリンが出ている感じが大好きです。

そして勝った瞬間や負けた時でさえもその時の気持ちは私をさらに頑張らせてくれます。

柔術には身体的なサイズは関係ありません。

小さい人が大きい人に勝つことがよくあります。

柔術には人それぞれのスタイルがあり、パスガードやガード、何もかもが常に進化し続けています。

柔術はまるで芸術です。あなたが信じればそれは達成されます。」


イザベラ『柔術は私の人生』

「柔術は私の人生です。

もし柔術がなくなったら何をすればいいかわかりません。

柔術はたくさんの友達ができます。私はいろいろな国の人と友達になり、常に新しいことを学んでいます。

私はかつて試合前になるととても緊張して、怖じ気づいていましたが、AOJファミリーの一員になってからはとても自信がつき怖じ気づくことがなくなりました。

メンデス兄弟やコーチ達はたくさんの事を教えてくれ、助けてくれます。

私はこのような素晴らしいアカデミーに通うことができて本当に恵まれています。

私はかつて大勢の人が怖かったのですが、柔術を始めてからそれがなくなりました。

柔術は肉体と精神を鍛え強い人間にしてくれます。

試合が終わり自分の手が挙げられた時、本当に最高の気分になります。

私はもっと多くの女性が柔術を習うことを願います。

柔術はただのスポーツではありません。私の人生そのものです。」


まだティーンエイジャーなのにかなり真摯に柔術に取り組んでいるのがわかると思います。

ですが休みの日にはビーチにいってリラックスしたり、読書したり絵を描いたりという十代の女の子らしい一面も。

将来はアンジェリカ・ガウヴァオンやマッケンジー・ダーンのような世界王者になり彼女たちのように人々に影響を与えるような選手になりたいそう。

特に女の子や女性に自信を与え、どうしたら強くなれるのかを広めていきたいという目標があるそうです。

ソフィアとイザベレのフローレス姉妹、まだ10代という若さなのでこれからの伸びしろもまだまだありそうで楽しみです。


04




unnamed
【8/20発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.6 700円
■インタビュー
ベルナルド・ファリア
橋本知之
中井祐樹×ブドージェイク
パウロ・ピント
ヘンリー・エイキンス

■大会レポート
ムンジアル
パン
コパ・デ・バンコク
プリーストカップ仙台
コパ・ラスコンチャス
ドゥマウ
コパ・ブルテリア
ASJJFジャパンオープン
コパ・デ・サイタマ
一騎討2
台湾インターナショナル
JBJJF全日本選手権

■特集
『柔術家meetsアイドル座談会』

その他、オールカラー全64ページで柔術情報満載!

■購入&詳細はコチラから!



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年08月01日

【レポ】Taiwan International BJJ/NO-GI 2015:参戦記by成田サトシ

_MG_1397fb
みなさんおつかれさまです、「Jiu Jitsu NERD」編集スタッフの成田です。

7/25、26に台湾・台北市で行われた「Taiwan International BJJ/NO-GI 2015」。

本ブログでは2回にわたって大会の模様をお伝えしましたが、今回はそこでは掲載し切れなかった会場の様子など犹┫境疆な参戦記を紹介できればと思います。

来年参戦を考えている方の参考にでもなれば幸いです!

さて、会場の南港スポーツセンターは、台北市中心部からタクシーで15分ほど。

地下4階、地上8階建てと日本でも珍しい豪華な造りの体育館です。

台湾のタクシーは初乗り70元(約280円)と割安ですから、ホテルからはタクシー移動をおすすめします。


t1a
会場の近所には台湾のコンビニ「Hi-Life」、館内にも自販機やカフェがあるため、
ドリンクや小腹が空いてしまったときでも没問題。



_MG_0590fb
大会の進行は日本となんら変わりはありませんが、台湾らしさを感じたのは選手の呼び出し。日本人選手の参加数の多さや日本語がわかるスタッフが多かったからか、日本人選手には日本語の呼び出しが行われていました。これは英語が苦手という方でも安心だったはず。




_MG_1374fb
物販ブースも一味違います! ケニー板橋さんのブランド「Las Conchas」が出張ブースを展開するお隣では、香港の新鋭ブランド「FLOW」がラッシュガードやファイトショーツを販売。日本ではなかなかお目にかかれないブランドを手にとれるところも、海外ならではといえるでしょう。



_MG_1378fb
台湾BJJスタッフも大会記念グッズの販売で忙しくしていました。



_MG_1538fb
試合レポでは触れませんでしたが、今大会の裏MVPと言えるのが、ギ&ノーギに連日参戦した67歳柔術家(名前は失念!)。ノーギのアドバンス・アブソルートでは2回戦で一本負けを喫するも、初戦でポイント勝ちを決めたときの会場の盛り上がりは、大会2日目のハイライトといっても過言ではない盛り上がりでした。



_MG_1772fb
大会開けの月曜日には、香港柔術代表・荒牧誠さんのセミナーを台湾BJJで開催。



_MG_1788fb
大会に劣らず盛況だったセミナー。海外大会参戦時は、セミナーに加えて海外の道場見学、親睦も深めることができるわけですから、時間が許す限り参加してほしいところです。



_MG_2010fb
台湾BJJでは台湾BJJ代表・小笠原誠さんと荒巻さんのテクニック取材を敢行。
こちらは次号の「Jiu Jitsu NERD」で掲載します!




海外というと、ムンジアル、パンナム、ヨーロピアンといった主要大会が思い浮かぶかもしれませんが、趣味として柔術を楽しむ人にとっては、近隣のアジアで週末海外旅行&大会参戦なんて楽しみ方もアリなはず。

特に台湾は治安もよく日本語も通じやすい、ご飯もおいしければ女の子もかわいい! といいことづくめです。



IMG_6648fb
観光では台北駅地下のサブカル街を歩くもよし、昆明街で地元アーティストのグラフィティを見物しつつ、RVCA台北でお買い物をするもよし。エネルギッシュな台湾を体感しつつ、アジア柔術の盛り上がりも堪能してもらえればと思います。



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年03月30日

2006年のムンジアル

ずいぶん前にアップした2003年のブラジル画像が好評だったので続編をアップ!

今回は2006年の画像が発掘されたので、それを紹介したいと思います。

2006年はムンジアルがブラジルで開催された最後の年で、それ以降はLA開催になりました。

最後のブラジル開催となったムンジアルの発掘画像です!


01
コブリンヤ。
この年に初めてムンジアル王者になり、その後ハファに敗れる
2010年まで4連覇の偉業を達成。
決勝戦のvsマーシオ・フェイトーザ戦まで一本勝ちの
連続で勝ち上がるという圧勝ぶりでした。



続きを読む

2015年03月29日

【レアキモノ】AOJ×Shoyorollコラボキモノ

01
メンデス兄弟のスポンサーがSTORMからShoyorollに変わったのは2014年から。

メンデス兄弟のギ・スポンサーは高額なスポンサーフィーで、しかもハファ&ギィの2人セットなんだからフィーも倍額!

兄弟揃って世界王者なんだから当たり前ではありますが世界トップのメンデス兄弟をもスポンサーしてるShoyoroll、さすが飛ぶ鳥を落とす勢いがあるな、と感じます。

そんなメンデス兄弟のAOJとShoyorollがコラボして作ったのが今回紹介するギです。

続きを読む

2015年03月13日

パッチングサーヴィス by WANTvsNEED

01
いまアメリカでは普通の縫い付けパッチに代わるものとしてヒートトランスファーという熱で素材を溶かして圧着させるパッチが注目され始めています。

縫い付けのものに比べるとヒートトランスファーはパッチ破れや剥がれが少なくなるので年々厳しくなっているドーギチェックにも引っかかり辛くなり、またパッチの重みもほとんどないので減量に影響しないという利点があります。

続きを読む

2015年02月12日

ニュードーギチェッカー!

1
ヨーロピアンで初お目見えしたニューグッズがこのドーギチェッカー。

かつては木製のドーギチェッカーが使用され襟の厚さや太さがチェックされてましたが、それ以外の部分のチェックは目視で行われていました。

現行のルールでは襟の厚さや太さだけでなく帯の結び目からの長さや袖の太さ、奥行きまで厳しくチェックされるようになってます。
それらのチェック事項がこの1つのドーギチェッカーで計測することが可能という優れモノ。

見た目はプラスチック製っぽいですが連盟スタッフによると「まだ数個しかない」とのことなので、いま流行りの3Dプリンターで作られてるのかもしれません。


2
ヨーロピアンで初お目見えしたニュードーギチェッカー。
かつて使用されてた木製のチェッカーは手のひらサイズだっただけに
それと比べるとかなりのビッグサイズ。



4
襟の厚さと太さのチェックは木製チェッカーと同じように計測。



3
柄の部分で帯の長さを図り



5
手のひらを下に向けてチェッカーを入れて袖の太さのチェック。



6
最後に奥まで差し込んで袖の長さをチェックして終了。




このニュードーギチェッカー、残念ながら現状では非売品な様子。

ですが木製チェッカーも商品化されたように、これと同じようなモノを作ったら大会主催者向けにバカ売れしそうなんですが、どうでしょう?!



【今日が誕生日の柔術家】ルーカス・ホシャ(25)



©Bull Terrier Fight Gear