English Portugues Japanese

ムンジアル2008

2008年06月09日

黒プルーマ・柳沢友也選手

パンナムに続き、ムンジアルにも連続参戦した柳沢友也選手(PUREBRED)。


その初戦の相手はフェリッペ・フレイタス(エキッピPH)という、顔に大きな傷がある特徴的な顔立ちで、まだ子供っぽさが残る、ヤンチャ坊主みたいな感じがする選手。

この選手のことは何度か見たことがあって顔は覚えていたのだが、試合の印象までは記憶に無かった。

実はこのフェリッペが今年のプルーマ級をかき回す存在になろうとは思わなかった…。





黒プルーマ1回戦、柳沢友也vsフェリッペ・フレイタス。
フェリッペがいきなりのテイクダウンで2ポイント先取です。





先制のポイントを許すも柳沢選手はガードを得意とする選手でここから反撃を開始するが攻めあぐねる場面が続きます。





そしてスタンドになったところをまたタックルを食らい、4-0に。





そのままのポイントで試合は終了し柳沢選手は無念の初戦敗退。





柳沢選手に勝利したフェリッペの相手は1回戦シードのはブラジレイロ王者、ベルナルド・ピテウ(ノヴァウニオン)。





スイープとテイクダウンが激しく交錯する大激戦は4-4、AD3-3で試合終了。
判定はレフェリーに委ねられました。





レフェリーが手を挙げたのはフェリッペ!
ブラジレイロ王者を降して新鋭のフェリッペが準決勝戦に進出しました!




黒プルーマ・藤田善弘選手

昨年に続きムンジアルに参戦した藤田善弘選手(藤田流柔術)。

かつてはパラエストラ広島の代表を務めていたが、現在は思うところあって代表の座を他の人間に譲り、自身の名を冠した道場を立ち上げて無料で柔術を教えているという。

黒プルーマにエントリーした藤田選手の相手はプロ柔術「Gi05」に来日、ペナ級トーナメントに出場し植松直哉選手らと戦ったことがあるジョン・ラミレツ。

ジョンはこのLAで「NEW BREED」というBJJ Revolutionの系列アカデミーを運営しており、このムンジアルの間中ずっと生徒や仲間の応援で会場中を慌しく動き回っていた。




黒プルーマ1回戦、ジョン・ラミレツvs藤田善弘。
試合は藤田選手が引き込んで元プロシューターらしく足関節技を狙う。
藤田選手はこのアキレス腱固めに相当な自信があり、昨年もこのアキレスにこだわって見事にベスト8に進出した。





強く締め上げる藤田選手のアキレスだがジョンにはさほど効いてない様子。





そしてアキレスから脱出されてしまい、藤田選手はバックを狙われピンチに。





合計3度のバックマウントを許し12-0と大きくリードされてしまった。





試合時間残り30秒のところでバックからの送り襟絞めでタップ、藤田選手は初戦敗退に終わってしまった。


ちなみにジョンはこの試合の後に昨年のムンジアル準優勝、サムエル・ブラガと対戦したが、敗北を喫しベスト8でした。



2008年06月08日

クロン・グレイシー、衝撃のタップアウト!

先月開催されたヒクソン杯で2階級制覇し、長かった茶帯時代に終わりを告げ、満を持して黒帯を巻いたクロン・グレイシー。

そしてこのムンジアルで黒帯デビュー戦となるのだが、その試合でクロンはいきなり黒帯の洗礼ともいうべく苦い経験を味わうことになってしまった。

クロンと同じ階級に出場するある選手は言った。

「Welcome to Black Belt。オレがヤツの伝説を終わらせてやるよ!」と。

今までクロンは2006年のコパドムンドからヒクソン杯まで無敗で連続優勝、しかもその勝利はすべて一本勝ちという、まさに伝説的な試合を続けてきていた。

果たしてこの柔術界最高峰の戦いの場であるムンジアルの黒帯のカテゴリーでもクロンの連勝記録は更新されるのかに注目が集まっていたのだが…。





多くの観客が見つめる中、クロンはいつも通り気負いすることなく試合を待つ。





試合開始直後、勢いよくテイクダウンにいった対戦相手のタックルを食らい、いきなり2ポイントのビハインド。





しかし慌てることなく得意の襟絞めを狙う。





それは立ち上がられて防がれたが、それでも襟は離さずに掴んだまま。





また倒されるが、レフェリーは絞めが有効とみなし、ポイントは入れず。
そのレフェリングに観客はブーイングの嵐!





一度はスイープしポイントを返すが、またもスイープ、パス、マウントと畳み込まれてしまい、大きくポイントでリードされる。
ここまでポイント的にもポジショングでも苦戦するクロンは初めて見た!





大きな声でクロンに指示を出していたヒクソンもクロンの敗戦濃厚な試合展開に不安げな表情を隠し切れない。





そして衝撃的な結末が!
クロンがバックからの襟絞め(袖車かも?)にタップアウト!
この予想外の場面に場内が大きく揺れた!





クロンからタップを奪い、しかも連勝記録&連続一本勝ち記録をもストップさせたのはアリアンシのセルジオ・モラエス!





クロン、まさかの初戦敗退、しかもタップアウト。
これが黒帯の洗礼なのか…。


試合を終えたクロンはヒクソンの肩を借りながら力なくスタンド裏に消えていった。

そこにヘンゾやジャカレが向かい、口々にねぎらいの言葉をかけていく。

それらを若き黒帯はどう聞いたであろうか…。








黒レーヴィ、杉江アマゾン

2年前は初戦敗退、昨年はベスト8とムンジアルに参戦するたびに着実に結果を残してきている杉江アマゾン大輔選手(アライブ)

師である鈴木代表と2人3脚でムンジアル制覇の悲願達成の夢を追い続けている。

今年のアマゾンは絶好調で初戦からエンジン全開。

ガードポジションからオモプラッタ、そしてあっさりと絞めで一本を奪い、続く2回戦も有無をいわさない迫力の腕十字を極めて2試合連続の一本勝ちでやすやすと明日の準々決勝戦進出を決めた。

最近のアマゾンは大会にエントリーするも対戦相手の不在で試合のチャンスに恵まれなかったが、その鬱憤を晴らすかのような爆発力をムンジアルの大舞台で見せてスッキリと快勝、頂はもうすぐそこに見えてきた。





ガード〜オモ〜絞めの連携で一本勝ち!





まずは初戦を突破!





2回戦、トップゲームも落ち着いた試合運びで危ない場面はまったくない。





パスから一気に腕十字を極めて2連続一本勝ちで明日の準決勝戦進出を決めた!





黒プルーマ、生田誠選手

ムンジアルに初参戦の生田誠選手(トラスト柔術アカデミー)は黒プルーマに出場した。

黒プルーマは生田選手以外にも吉岡大(東京イエローマンズ)、澤田真琴(パラエストラ)、柳沢友也(PUREBRED)、藤田善弘(藤田流柔術)がエントリーしており、日本人最大激戦区となっていた。

懸念された日本人同士の1回戦での潰しあいはなく、みな外国人選手との対戦になり、柳沢選手と藤田選手以外の日本人選手はみな準決勝に進出するという、メダルの期待が大きく高まる結果となった。

生田選手は初ムンジアルながら4月末には中国の香港に遠征してコパ香港に出場、海外大会に参戦した。

そしてこのムンジアルに出場し、見事に初戦を突破し、明日の準々決勝戦にコマを進めた。




初ムンジアルの生田誠選手(トラスト柔術アカデミー)





コパ香港での海外試合の経験が活きたか、落ち着いた試合運びで初戦を突破!





これで明日の準決勝戦進出の8選手の中の3人が日本人選手となり、メダルの期待が大きく高まる。




コブリンヤの無差別級の試合

コブリンヤが突如として無差別級に出場する意向を示して驚かせたが、まさか本当に出場するとは思わなかった!

通常はメジオから上の階級の選手が無差別にエントリーするものだが、このコブリンヤはペナ級で、しかもこの無差別級の後に自分の本来の階級の試合が控えている。

もしこの無差別に出場して怪我でもしたらどうするのか、とか考えないのだろうか?

コブリンヤは「無差別の試合を楽しみたいのさ!」と軽く言うが、それを本当に実行するのだから恐れ入る。

1回戦の対戦相手はハファエル・ロバト(ウマイタ)で昨年のムンジアル・ペサディシモ級チャンピオンだ。

ペナのコブリンヤとは実に5階級の差があり、体重差は30kgにもなる!




先に引き込んだのはロバト。





ここからいつものように大きく足を上げながらパスガードを狙うコブリンヤ。





コブリンヤの足を抱えてヒザ十字を仕掛けるようにしてスイープするロバト。





ロバトのズボンを引いて耐えるコブリンヤだが…





スイープされてしまい2ポイントを失う。





だがガードからオモプラッタをフェイントにしてスイープを仕掛ける





スイープ成功で2-2の同点に。





体格差を問題にしないコブリンヤの軽快な動きに場内の注目が集まる





ハーフガードでアドバンテージ、僅差ながらコブリンヤがリード。





試合時間残り10秒を切ったところでロバトがスイープを狙う。
ハーフの足を軸にして起き上がるようにして大きく振っていき、





反動を使ってヒップスローのようにスイープ!





袖を持たれてるので手を着けずに転がってしまうコブリンヤ!





スイープ成功でポイントは4-2に!





ポイントが入った瞬間に試合終了でロバトの勝利!
コブリンヤは残念ながら初戦敗退に終わってしまった…。



小野瀬選手の無差別級の試合

14kgもの減量をしながらもレジストレーション確認の不備でペナ級のトーナメントに出場できなかった小野瀬龍也選手。

それならば、と果敢にも無差別の出場を直訴し、それが主催者側に認められ、晴れてムンジアルのマットに立つことができた。

無差別級1回戦の相手は先のヒクソン杯にも来日した亀ガードの創始者、エドゥアルド・テレス(ナインナイン柔術)。




試合コールを待つ小野瀬選手は一人で集中力を高め、近寄ることすらできないぐらいの殺気をみなぎらせていました。





得意のスパイダーガードにテレスを捕らえる小野瀬選手。
スパイダーガードは体重差のある選手にも有効なガードだ。





だが、テレスはスパイダーを潰すようにしてパスガードを狙う。





そしてサイドポジションからアームロックへ。





防御されると素早く反対側の腕を狙う。





フィニッシュはキムラでテレスの一本勝ち。





小野瀬選手は「極まる前にビビりタップをしてしまった」と残念そう。
そして悔しそうに「帰ったら何か試合に出よう」と早くも次の試合出場を考えていました。


こうして小野瀬選手のムンジアル・無差別挑戦は初戦敗退という結果で終わりました。

しかし、この貴重な経験を次の試合に活かして欲しいと思います!






ムンジアル3日目・速報

ムンジアル3日目の簡単な速報です!

★黒メジオ、クロン・グレイシー、初戦で絞めによる一本負け。

★黒プルーマ・準決勝進出者、生田選手、澤田選手、吉岡選手。

★黒ペナ、日本人選手の結果

・佐々選手、1回戦、判定勝ち、2回戦、メガトンに4−2で判定負け。

・関口選手、1回戦、ウィルソン・ヘイスに0-0、1-1のレフェリー判定で敗退。

・和道選手、メガトンに投げからの腕十字で一本負け。

・中山選手、計量オーバーで失格。

・丹治選手、1回戦で12-0で判定負け。

★黒レーヴィ、半谷選手、初戦で3-0で判定負け。

★黒レーヴィ、杉江アマゾン選手、初戦を絞めで一本勝ち、2回戦、腕十字の一本勝ちで準決勝進出。

★黒メジオ、時任選手、1回戦、ヒザ十字で一本勝ち、2回戦、グットー・カンポスに判定負け。

★黒メイオ、遠山選手、初戦敗退。

★黒・無差別、小野瀬選手は1回戦でエドゥアルド・テレスと戦い、キムラで一本負け。

★女子・茶黒ペナ、塩田さやか選手は無差別で2連続の一本で勝ち抜くも準決勝でキーラ・グレイシーと戦い、バックからの送り襟絞めで一本負け、3位入賞。

階級別は1回戦でレティシア・ヒベイロに判定負け。

★女子・茶黒プルーマ1回戦、阿部選手vs村野選手、阿部選手が判定勝ち。

阿部選手の2回戦、ミッシェル・ニコリニが計量オーバーで失格で不戦勝、準決勝進出。

★黒・無差別、決勝戦はホジャーvsシャンジ。

★茶メジオ、中澤選手、1回戦で三角絞めで一本負け。

★茶メジオ、カイロン・グレイシーが全試合一本勝ちで優勝。(決勝戦は同門でシェア)

画像つきの詳しいレポートは後ほど更新します!




小野瀬龍也選手

2ccfde85.jpgはるばるムンジアルまで来ながらも、ペナ級の試合に出ることができないことが大会2日前に発覚した小野瀬選手(PUREBRED/REDIPS)。

それは、レジストレーションをした選手は必ず自分の名前がオンライン上の選手リストにあることを6月3日のレジストレイションチェックデイで確認する義務があり、それの期限内まで連絡がない場合は連盟側はそのまま組み合わせを作成。

組み合わせ表作成後には一切、手を加えることができない、という規則があり、その連絡が期限内にできなかった小野瀬選手はその規則に阻まれ、階級別の試合には出れないことになってしまいました。

ですが、本部運営陣との話し合いの結果、連盟側のミスもあるということで、救済措置でなんとか無差別の試合にはでることができるようになりました。

「気持ちを切り替えて無差別の試合に集中します!

時代は無差別ですよ!

ホジャーに勝ってやりますよ!」

と、半ばヤケクソ気味に話してくれました。

ペナ出場のために14kgもの減量を敢行し、それを成功させていましたが、肝心のペナには出れずに無差別に出場になるとは皮肉なものですね!

無差別の試合は当日受付でコブリンヤも出るかも、ということなので小野瀬選手の試合を楽しみにしたいと思います!


★ではこれから大会3日目の会場に向かいますので、次回の更新は12時間後ぐらいになると思います!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




杉江アマゾン選手

3420f8a8.jpg「2日前にロス入りしました。

最初は時差ボケもありましたが、今はもう大丈夫です!

体調もよく、減量もうまくいったので明日は期待してください!」

と頼もしいコメントを残してくれました!


茶ペナ・日本人選手の試合

茶ペナには2人の日本人選手が出場していたので、その試合を紹介します。

まずは北原暢彦選手(アクシス)。

北原選手は昨年のムンジアルでは茶プルーマで3位、先月のヒクソン杯では茶ペナで優勝を果たしており実績も十分な選手です。





初戦はポイントは奪えなかったものの、アドバンテージを2つ重ねて1回戦を突破。





2回戦では注目のハファエル・メンデス(ブラザ)と戦いました。





ハファの矢継ぎ早の攻めに苦戦しますが、ディフェンス力に定評のある北原選手は決定的なポイントは与えません。





ですがバックマウントを許し、そこから絞めを狙われてしまいます。
この絞めは逃れましたがこの4ポイントが決め手となり、4-0で2回戦敗退に終わりました。
ですがハファはこの試合以外はすべて一本で極めており、敗れはしましたが、北原選手の高いディフェンス力を改めて証明しました。





もう一人は大南亮選手(バッハ日本総本部)です。
大南選手も昨年に続いてのムンジアル参戦でした。





初戦は突破しましたが2回戦でポイント0-0、アドバンテージ2-1の僅差で判定負け。
表彰台に一歩届かずベスト8に終わりました。



★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




茶ペナ・優勝はメンデス兄弟!

注目のメンデス兄弟が出場する茶ペナ。

今までの柔術人生で負けたのは2、3度しかないという脅威の兄弟は今年から茶帯を巻き、ペナ級に階級を上げてムンジアルに出場してきた。

これまで青、紫とムンジアルでも兄弟で1&2フィニッシュで優勝を分け合っているが、茶帯というのは黒帯の一歩前で有名になる前のダイヤの原石的な選手がひしめくカテゴリー。

その茶でも果たしてメンデス兄弟の快進撃は続くのか?に興味は集まった。

だが終わってみれば、難なくこのトーナメントを兄弟揃って決勝戦に勝ちあがり、戦うことなく優勝を分け合い、ムンジアル連続優勝記録を更新した。




ムンジアル連続優勝記録を更新したハファ&ギィのメンデス兄弟(ブラザ)。
優勝はハファ、準優勝はギリャルメ。





準決勝、先に決勝戦進出を決めていたギリャルメが見守る中、ハファが試合をする。
さぞかしプレッシャーが重くのしかかっているだろうと思われるが、相変わらず軽快な動きで大量ポイントを獲得。




唯一の危ない場面といえばこのアキレスだが、涼しい顔で受け流す。





終わってみれば18-0の完勝で決勝戦進出を決めた。




決勝戦はまたも兄弟でシェア。
優勝はハファエルに譲り準優勝はギリャルメ。





ハファは4試合中、3試合で一本勝ち。





ギィは4試合中の1本勝ち。





この一本勝ちの数が優勝を譲る決め手になったそうだ。




★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2008年06月07日

茶プルーマ・その他の日本人の試合



茶プルーマ、1回戦では日本人同士の対戦に。
村上直(PUREBRED)は優勝した松本選手にバックからの裸絞めで一本負けで初戦敗退に終わる。
バックからの襟絞めは歯でギを噛むという裏技で防いでいたのだが、裸絞めに切り替えられて万事休す。





ムンジアルの1回戦で日本人同士の対戦が組まれるというのは何とかならないものなんでしょうか。





パンナムでは3位に入賞した水野普之(ねわざワールド)は膠着のペナルティでの失点で初戦敗退。




茶プルーマ・決勝戦

茶プルーマ決勝戦は2005年以来、2度目となる日本人選手同士の顔合わせとなった。

まずは下馬評どおりの圧倒的な極めの強さを見せて全3試合を一本で勝利して決勝戦に進出してきた松本義彦。

そして一本こそないものの、確実にポイントを重ねながら堅実に1戦ずつ勝ちあがってきた卜部顕治選手。

この両選手とも支部こそ違えど、パラエストラ所属の選手だ。(松本選手は川越、卜部選手は東京)




日本人同士、そしてパラエストラ所属選手同士の決勝戦、先に攻めていったのは松本選手。
テイクダウンで先制の2ポイントを奪取した。





だが卜部選手もすぐにスイープで切り返し、2-2の同点に並ぶ。





ここから松本選手が巧みな足捌きを見せ、三角絞めに。





がっちり極まってるかに思えた三角絞めだが、卜部選手はこれに耐える。





すると松本選手は躊躇することなく三角絞めを捨てて腕十字へ。
これがズバリと極まって卜部選手はタップ!
試合時間2分ジャストの秒殺劇!





茶プルーマ級は松本選手が全試合一本勝ちでムンジアル優勝を果たした。





松本選手は川越・澤田代表に抱きつき嬉し泣き。
澤田代表も自分のことのように嬉しそう。



実はこのムンジアル前から「ウチの松本はムンジアル獲れると思うんでぜひ直前インタビューで紹介して下さいよ!」と澤田代表からプッシュされていた。

確かに全日本でも随所でキレのある動きを見せていた松本選手には非凡なものを感じていたが、まさか初海外、それもムンジアルという大舞台で優勝、それも全試合一本で極めきっての優勝を果たすとは、意外ながら嬉しい驚きだった。




日本人&パラエストラの1&2フィニッシュとなった茶プルーマの決勝戦。
ガロ、プルーマの軽量級は昨年に続き、日本人が連続優勝の快挙を達成した。





茶ガロ・決勝戦

ワンマッチ決勝となった茶帯ガロ級。

先月のヒクソン杯で紫ガロで優勝しムンジアル前に茶に昇格したばかりの伊東圭選手(アクシス)が昨年の紫ガロ優勝に続き、今年もムンジアルを連続優勝を果たした。




常に相手の動きの先の先を攻め、ポジショニングで圧倒し、ポイントを重ねていく。




上になればマウント、下になれば三角絞めと終始相手を攻め続ける。





そしてマウントから十字絞めへ。
これを防がれると襟を引き出し、ブラボーチョーク狙いに。
この時点でポイントは16-0と圧倒的。




フィニッシュは下にまりながらも絞めにこだわって極めたブラボーチョーク。
一本勝ちでムンジアル優勝を決めた。




伊東選手は日本人初となるムンジアル連続優勝の快挙を達成!




ムンジアル2日目・速報

茶ガロ・伊東圭選手、優勝。

茶プルーマ・松本義彦選手、優勝、卜部顕治選手、準優勝。

日本人が1&2フィニッシュです。

茶ペナ・ハファ&ギ・メンデスが1&2フィニッシュ。

詳しいレポートは後ほど…。




2008年06月06日

メイオペサド・見所

メジオから階級を上げてきたガウヴァオンが参戦することで俄然注目度が高まったメイオペサド級。

やはり最大の注目はガウヴァオンがパンナムに続き連続優勝なるか?に尽きます。

ですが、パンナムには出場していなかった強豪選手が多数エントリーしているので紹介したいと思います。





アンドレ・ガウヴァオン(ブラザ)
メイオペサド・優勝候補はこのガウヴァオンであることに間違いありません。
パンナムでメイオペサドに階級を上げましたが、階級別&無差別と危なげなく勝利して2階級制覇し、コパ香港、ヒクソン杯と連続優勝中。
その強さは今さら説明は不要でしょう。
昨年のムンジアルでもメジオ級で同門のルーカス・レイチと優勝を分け合っています。




ブラウリオ・エスティマ(バッハ)
優勝候補筆頭がガウヴァオンなら対抗はズバリ、このブラウリオを推したいと思います。
ブラウリオは昨年はヒザの怪我で昨年を棒に振りましたが、このムンジアルで試合に復帰します。
無差別の試合でシャンジから2度も勝利したこともあり、その多彩なテクニックは定評がある選手です。
ブラウリオもホジャーと同じくイギリス在住で、ホジャーのよき練習パートナーでもあります。




マルセロ・ロウザド(ブラザ)
このマルセロは今はブラザ所属ですが元々はゴドイ柔術でマルセロの黒帯はホベルト・ゴドイから授けられたものです。
現在はこのロスでアカデミーを開いています。
昨年のノーギ・ワールズではこの階級に出場し、決勝戦では総合で5勝1敗というハウフの黒帯、ルーク・スチュワートに勝利して優勝しています。
おっさんぽく見えますが、こう見えてもまだ20代です!




ハファエル・コヘイア爛乾襯検璽縫膈瓠淵悒鵐勝
このゴルジーニョはバッハの黒帯で現在日本に戦極に参戦するペジパノのセコンドで来日中のハーフガードで有名なホベルト・コヘイア爛乾襯畢瓩亮堕錣任后
だから爛乾襯畢瓩両さい版のニックネーム爛乾襯検璽縫膈瓩覆里任后
兄貴と同じくハーフガードが得意なのかどうかはわかりませんが、ADCCでショボい試合をしてたのは覚えています。
いつのまにか出てきて、アレ?と気づいたときにはもう負けてました。
それがこの画像です。
でも一応、選手としての実績もあって2000年のパンナムではあのマルガリータと黒帯メイオペサード級・決勝戦で戦い準優勝、という結果が残っています。
なにげにゴルジーニョの試合を見れるのは楽しみです!
ゴルジーニョ、詳しくはコチラから!




遠山拓則(パラエストラ)
日本から参戦の遠山選手は過去に黒帯でパンナムとムンジアルに出場していますが、その2度とも1回戦で前述したルーク・スチュワートに敗れるという結果に終わっています。
色帯時代はいまやアリアンシの若きエースであるタルシス・フンフェリーと好勝負を繰り広げていただけに、今回のムンジアルでは奮起して欲しいと思います。
遠山選手は1回戦で今年のブラジレイロ王者、エドゥアルド・サントロと戦います。
こりゃいきなり1回戦が山場ですね!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




ムンジアル初日・その他いろいろ



ペナ級に階級を落としてムンジアルに出場する、セオドロ・カナル(UGF)。
今日は1日中、ほとんど休みなくレフェリーしてました!




相撲取りのような巨漢選手!
キモノもデカ過ぎで浴衣みたくなっちゃってます!
ただそれだけですが、キモノの着こなしがヘンだったので紹介してみました!




会場で仲良く観戦してたのがマイク・フォウラーとサウロ・ヒベイロ。
この両者はADCC2007で対戦経験があり、そのときはマイクがサウロにヒザ固めで勝利しています!
その試合の様子はコチラから!
サウロは昨年のムンジアルで限定復帰しましたが、今はもうシャンジのサポートに専念し、試合をするつもりはないそうです。
マイクはクロンがエントリーしている黒メジオに出場します!




オーストラリア人のマリアンヌ・マーレイ。
このマリアンヌと知り合ったのも2007年のADCCでした。
マリアンヌはADCCオーストラリア予選を勝ち抜いて本戦に出場しましたが、優勝したアネッチに1回戦で当たってしまい、初戦敗退に終わりました。
その後も柔術の大会で何度か顔を合わせており、いつも向こうから声をかけてきてくれます。
なかなか美人ですよね!
現在は紫帯で明日、試合に出場します!
ムンジアルの後にタイに行って現地でムエタイ修行しながら総合の試合にも出るそうです!


では今日はこのへんで。

また明日、速報入れます!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で発売中!





ドラクリーノ



ヴィニシウス・マガリャエス爛疋薀リーノ瓩皺饐譴僕茲討い泙靴拭

ドラクリーノは長く住んでいたブラジルのベロリゾンチを離れ、現在はテキサスのヒューストンでバッハの支部を運営しています!

ベロリゾンチでは多くの有名選手を育て上げた、名コーチです!

ザッと名前を挙げると…、

ホムロ・バハル爛曠漾璽縫膈

サムエル・ブラガ

クリスチアーノ・ラザリニ爛船銑

ウィラプル

ヨアキム・マムッチ

アナ・カロリーナ

などなど…。

バッハBHは多くのムンジアル王者を輩出した名門アカデミーです!

現在、UFCにも出ているアルバート・クレーンもブラジル修行時代はこのドラクリーノのアカデミーに寝泊りしていました。

今のアカデミーも順調らしく、早くも多くの生徒が集まっているようです。

「アメリカじゃドルだからブラジルより儲かるんでしょ?どーなの、そこんとこ!」

と言うと、

「そうでもないよー!」

といいつつも顔はニヤけてました!

日本で出した教則本もベストセラーでガッポリ儲かり、ドラクリーノはウハウハです!

そうそう、このブログにもたびたび出てくるホーピノウも元はこのドラクリーノの生徒です!(あと清水宗元も)


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



ジャック・マクヴィッカー&ダン・ホーンバックル



5月に開催された「戦極」に初来日し、マイク・パイルと戦って三角絞めで敗れたモヒカン野郎がこのダン・ホーンバックルです。

ダンは大内さんの因縁のライバル、ジャック・マクヴィッカーの生徒で現在は青帯です。

総合のプロ選手が柔術青帯ってちょっとビミョーですね!

あ、だから三角で負けちゃったのか…。

今回のムンジアルにも青メジオで出場していました!

そう、「戦極」終わりでムンジアルに出場するのはホジャーだけじゃないんです!

気になるダンの結果はというと…、

途中で帰ったのでわかりません!

スイマセン!

明日会ったら聞いておきます!

ダンの師匠、マクヴィッカーはパンナムではシニア1黒レーヴィ優勝で、ムンジアルにも黒レーヴィに出場します!

マクヴィッカーも要チェックです!

ちなみにこのマクヴィッカーもアジアチコに来日予定!

アジアチコで大内vsマクヴィッカーの名勝負数え歌の実現なるか?!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で5月25日(日)発売!




ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



コブリンヤ



最強のペナ級選手、フーベンス。シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘法

なんか見るたびにアカ抜けてる感じがするのは気のせいでしょうか?

今回もダナ・キャランのTシャツなんて着ちゃってすっかりハイソな雰囲気プンプンです!

このコブリンヤ、パンナムでは危なげなく優勝こそしたものの、実はヒザの調子が悪く本調子ではありませんでした。

本人曰く「70%ぐらい」の体調だったそうです。

それでも優勝しちゃうコブリンヤ、強すぎですね!

でも今回のムンジアルではその懸念だったヒザも完治し、絶好調で試合に挑むようです!

今年もムンジアルを制覇すれば3連覇となり、2000年代に入ってからはムンジアルを3連覇した選手はおらず、それを果たしたら快挙といっていいでしょう。

マリオ・ヘイスやパイシャオンらの全盛期ですら2連覇ですからね。

さてコブリンヤは鬼門となるペナ級・3連覇を見事に実現できるでしょうか?!

追記:この記事によるとコブリンヤは無差別にも出場するとか。
   楽しみですね!
   無差別に出て怪我しなきゃいいけど…。


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




レアンドロ



この人がわかったら相当な柔術マニアです!

この人は柔術界で超がつくほど有名な兄弟の一人です!

わかりますか?

わからないでしょうねー。

自分もパッと見ただけではわかりませんでした!

いきなり向こうから声をかけてきて、

「オイ!オレがわかるか?」

「へ?誰だっけ?」

「オー、忘れたのかよ?オレだぜ!」

と帽子を取りました。

そこでハッ!と気づき、

「もしかしてレアンドロ?」

「イエー!そうだよ!やっと思い出したか!今はプレスで働いてんだよ!」

そう、彼はレアンドロ・ヴィレイラ、かの有名なレオジーニョ&ヒカジーニョのその下の弟です!

レアンドロと会うのは2年ぶりで、久しぶりに会ったレアンドロは少し痩せて兄貴譲りの端正な顔立ちになっていました!

前はぽっちゃりしてタヌキ顔だったのに痩せたら随分とかっこよくなっててビックリです!

レオ&ヒカは超有名人ですが、このレアンドロはこれといった華々しい活躍があったわけでもないので、雑誌などで紹介される機会も少なく、兄の影に隠れてしまったやんちゃな3男、といった感じです。

元々、レアンドロは選手志向ではなく、どちらかというと柔術は趣味で(でもきっちり黒帯なのはさすが!)、早くに結婚したのでキチンとした他の仕事をしなければならなかったんだと思います。

確か、会った当時はウェブデザイナーの仕事をしていました。

今はどういう訳かプレスになっていました。

相変わらずハイテンションで、こっちの都合も考えずに、

「これからレオのアカデミーに来いよ!

LAにあるんだぜ!

日本に紹介してくれよ!

取材がある?

んじゃいつ帰国だ?

それまでには来いよ!

一緒に練習しよう!」

と一気にまくし立てました。

強引なとこは相変わらずです!

でもなんか憎めないんですよね、ブラジル人て。

「オイ、ムンジアルが終わったら大会やるぞ!

第1回、プレス柔術選手権だ!

プレスのヤツらを集めて大会をやるんだ!

出場選手はオレとお前だ!」

などと、いきなり言い出し訳わかりません。

第一、帯色が違うじゃんか!

ま、そんな感じのやんちゃ野郎です、このレアンドロは。


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






ヒカジーニョ



こちらも会場に来ていたヒカルド・ヴィレイラ爛劵ジーニョ瓠

ブラザ総帥のレオジーニョの代わりに仲間のサポートで渡米してきました。

こういう普段はブラジルにいる選手がわざわざ仲間の応援のために渡米してくるあたりがさすがムンジアルですね!

やはりムンジアルはブラジリアン柔術最大のイベントなんだな、って改めて思います!

レオジーニョが何で会場に来れないのかというと奥さんが身重でいつ生まれるかわからないから付き添っていたいから、だそう。

ムンジアルより奥さんを選んだレオジーニョ!

うーん、どうなんでしょうか?!

それはそれで漢です!

レオジーニョ不在の分は弟のヒカジーニョが会場中を駆け回って仲間の応援に喉を嗄らせていました!

せっかくアメリカまで来てるなら試合すればいいのに!

ヒカジーニョの試合はもう見れないんでしょうかねぇ。

残念です!

でも1年振りに会ったヒカジーニョは相変わらずナイスガイでした!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






マルセリーニョ



会場には仲間のサポートでマルセリーニョが来ていました!

次の総合の試合はいつ?と聞くと、

「まだ全然考えられないよ!

総合の試合は難しいからね。

柔術とはワケが違う。

柔術はただ申し込みをすれば出れるけど、総合はいろいろな交渉ごともあるし…。

まだ次がいつになるかはわからないな。

みんな僕の試合を見たい、と言ってくれるのは嬉しいけれどね。

今は週に6日、ATTで総合の練習をしている。

僕のアカデミーから車で30分なんだ。

もちろん、自分のアカデミーでは指導もしているよ。

週に5日、毎晩クラスをやってる。

フロリダに引っ越してもうすぐ4ヶ月だけど、すべてが順調だよ。

自分のトレーニングもアカデミーも生活も。

いつかチャンスがあったらまた柔術の試合にも出るよ!」

と、話してくれました。

契約のことで揉めてるの?と聞いたら、

「それはない。僕はK−1と契約してるから、次の試合もK−1でやる。」

とハッキリ言ってました。

総合デビュー戦では血まみれで敗れたマルセリーニョ。

次の試合ではスッキリと一本勝ちをして欲しいですね!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



青プルーマ・奥村豊選手

青プルーマに出場した奥村豊選手(グラスコ柔術アカデミー)が自身初の試合での一本勝ちを果たし緒戦を突破、2回戦にコマを進めました。

が、2回戦であっさりと敗退してしまいました…。

「負けたけど自分の力を出し切れたからよかった。相手が自分よりも強かった。ただそれだけです。」と負けたけど試合には満足しているという奥村選手でした。




青プルーマに出場の奥村豊選手(グラスコ柔術アカデミー)
ここから袖車絞めで見事に一本勝ち!




自身初という試合での一本勝ちで勝利しましたが2回戦で力尽きてしまいました。


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




女子・青ペナで準優勝!

女子・青ペナに出場した高橋美季選手(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)が準優勝を果たしました!

どの試合も終始落ち着いた試合運びで確実にポイントを重ね、勝利していき決勝戦に進出しました。

その決勝戦ではキリ・リアオ(ウマイタ)に試合開始直後に引き込まれ、直後にガードからの腕十字を極められてしまい一本負け、準優勝に終わりました。

が、見事に表彰台に挙がりました!

「昨年は1回戦負けだったので、今年は結果が出せてよかったです!」(高橋)


高橋選手も青ガロ準優勝の上原選手を一緒に3ヶ月のアメリカ柔術修行を敢行するそうです!




女子・青ペナで準優勝の高橋美季選手(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)




ヒロブラジリアン柔術アカデミーから出場した2選手が揃って準優勝で銀メダルです!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



青ペナで3位入賞!

青ペナで出場した川添晃史選手(グレイシーバッハに日本総本部)が3位に入賞です!


川添選手は惜しくも準決勝戦で敗退しましたが、それまでの試合をすべて一本で極めて勝ち上がっていました。

青ペナは非常に人数が多く優勝するまで実に8試合!という難関カテゴリーで、川添選手は3試合で一本勝ち、1試合で反則勝ち(スラム)でした。

敗れた試合も1アドバンテージ差という僅差で非常に惜しかったです。




3位に入賞の川添晃史選手(グレイシーバッハに日本総本部)




素晴らしいガードワークで3試合で一本勝ちです!




準決勝で敗れましたが1アドバンテージ差という僅差のものでした!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



青ガロで準優勝!

ムンジアルの大会初日ですが、早くも日本人の入賞者が続々と出ています!

まずは青ガロに出場した上原佑介選手(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)が準優勝です!

決勝戦では8-4で敗れたものの、互いに激しく攻めあういい試合でした。

上原選手を降して優勝したのはヘンゾ・アカデミーのチアゴ・シウバでパンナムで佐々選手に敗れたホーピノウの愛弟子だそうです。

「どーだ、いい選手だろ!コイツはオレがいつも教えてんだよ!去年は白帯でも優勝してんだぜ!ホレ、写真だ写真!マガジンに載せろ!」

と、ホーピノウは毎度ながらハイテンションでした!




青ガロで準優勝した上原佑介選手(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)




決勝戦も敗れはしたものの、ポイントを奪い合ういい試合でした!




コイツが優勝したチアゴ・シウバ。
ホーピノウの愛弟子だそうです!




上原選手はまだ18歳になったばかりで、これから3ヶ月、アメリカに滞在し柔術修行を敢行するそうです!



★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



ムンジアル2008、開幕!

本日(6/5・現地時間)、ブラジリアン柔術世界選手権・ムンジアル2008が開幕しました!

今回は会場の様子を紹介したいと思います。

会場は昨年と同じくカリフォルニア大学の中にあるピラミッドです。

中に入るとマットが8面敷かれていました!



マットは8面です!


今日は白と青帯なので、観客はそれほど多くはなく観客席も人はまばらでした。





観客席はだいたい3分の1ぐらいの埋まり具合でしょうか。





表彰台はTシャツの裏面と同じデザインです。




会場内のスクリーンにはBJJFのロゴが映し出されています!




電光掲示板には大会スポンサーのロゴが。




大会メダル。
これはムンジアルのものでデザインは去年のに似ています。




こちらは白帯の大会、ノービス・クラスのメダルです。




会場の外観。
今日は天気がよくピラミッドも輝いています!




駐車場にはバッハ仕様の車が停めてありました!




こっちはBTT仕様車。
かっこいいっす!


今日は白と青のカテゴリーが開催されましたが、日本人選手が続々と入賞しています!

その模様は後ほど更新します!




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





黒メジオ・見所

ついに黒帯昇格を果たしたクロン・グレイシーが出場する黒メジオ。

例年ならばこの階級にはアンドレ・ガウヴァオンが出場していたのですが、今年から1階級上げてメイオペサードに行ってしまったので楽しみだったガウヴァオンとの対戦は無し。

残念!

ですが、ガウヴァオン以外にも多くの強豪選手がエントリーしてるので紹介したいと思います。




クロン・グレイシー(ヒクソン・グレイシー柔術センター)

もはや説明不要のヒクソンの次男、クロン。

満を持しての黒帯デビューを果たします。

黒帯デビューですが、それでも優勝の本命、と言いたくなるほどその実力は飛びぬけたものを持っています。

ただいま連続一本勝ち記録を更新中で黒帯でもそれを更新し続けることができるかにも注目したいと思います!




オタービオ・ソウザ(バッハ)

オタービオはクロンの茶帯時代の好敵手で昨年のパンナムとムンジアルで2度に渡ってクロンと戦いましたが、2度とも一本負けしています。

ですが、クロンに負けるまでは全試合を一本で勝ち上がっており、昨年のムンジアル・茶アブソは全試合一本で優勝しており(決勝戦のvsビル・クーパー戦のみビルの下着不着用で反則負け)、強豪なのは間違いありません。

今年のヨーロピアン、パンナム、ブラジレイロで3大会連続の準優勝で黒帯1年生としては上出来な戦績を残しています。




ビル・クーパー(アリアンシ)

言わずと知れた、ジェフ・グローバーと並ぶパラゴン柔術のエースです。

ビルも昨年の昨年のムンジアルに出場していて無差別は前述したとおり反則負けで準優勝、階級別は初戦敗退に終わっています。

が、まだ若いビルだけにこの1年で大きく成長していると思われ、「男子3日会わずば割目して見よ」との言葉通りその活躍を期待しています。




グレゴー・グレイシー(バッハ・アメリカ)

伝説のグレイシー、ホーリスの3男であるグレゴーはMMAでも活躍しながら柔術にも出場しています。

今、グレイシー姓を持つ選手が柔術の試合に出場しているのは黒帯ではホジャー、キーラとこのグレゴーのみなので、グレイシー復権のために頑張って欲しいですね。
ちなみに昨年のムンジアルではムリーロ・サンタナの腕十字でタップ負けという結果に終わっています。


・アラン・ド・ナシメント爛侫ホ瓠淵屮薀供

テレレと同じくファベイラ出身のフィホは色帯時代からその風貌、アグレッシヴなファイトスタイルからテレレ2世の呼び声も高く、また実績もあります。

今年のヨーロピアンではヴィトー・エスティマ、オタービオ・ソウザとバッハが誇るメジオの主要選手を降して優勝を果たしています。

またブラジレイロでもオタービオ・ソウザを再び降し優勝しており、今もっとも勢いのある選手と言ってもいいでしょう。

現在、テレレがほぼ隠居生活をしているので、このフィホにはかつてのテレレの活躍を再現してもらいたいと思います!

個人的にはこのフィホがクロンの最大のライバルになるだろう、と予想します。




チアゴ・アウヴェス(バルボーサ)

チアゴはナチュラルなアフロヘアーのボンバヘッドが印象的なバルボーサの黒帯選手です。

昨年まではレーヴィ級で出場していましたが今年からメジオに階級アップして出場です。

チアゴは柔道ベースの強力なテイクダウンを武器に数々の強豪から勝利を収めてきました。

昨年のパンナムでレーヴィ級で出場していたマリオ・ヘイスからブラボーチョークで一本勝ちした試合や、2006年のコパドムンドで早川光由選手からもブラボーチョークで一本勝ちしており、紫帯時代には鶴屋浩選手からも時計絞めで一本勝ちするなど、絞め技にもキラリと光るものがあります。

また親日家でもありカタコトの日本語を話すチアゴ、初のメジオ級挑戦にどこまでいけるか注目したいと思います。




時任琢磨(PUREBRED)

メジオ級唯一の日本人選手、トキッタ。

PUREBREDからチャリで3分のとこに引越して、練習漬けの毎日を過ごしてこのムンジアルに備えてきたトキッタは気合十分です。

2年ぶりのムンジアル、また黒帯初試合ですが、今までで一番コンディションがいい、とのことので、ここは大物食いの活躍を期待したいと思います。

「クロンも得意のホレッタで転がしてやりますよ!」と強気のコメントを残してくれました!




グスタヴォ・カンポス(ヒクソン・グレイシー柔術センター)

元スール柔術〜BTT〜ヒクソン、と所属が毎年のように変わっているグスタヴォ・カンポスですが、メジオ時代のアンドレ・ガウヴァオンとは1勝1敗という戦績を残しています。

また今年のパンナムではオタービオ・ソウザに勝利し初優勝を果たしメジャータイトルを手にしました。

これまでは万年3位で地味な印象が拭えませんでしたが、この優勝で一気に名を挙げ、またクロンのよき練習パートナーということでその存在がにわかにクローズアップされています。




ヴィトー・エスティマ(バッハ)

ホジャーの盟友、ブラウリオの実弟であるヴィトーは立ってよし寝てよしのオールラウンドな選手。

茶帯時代は足関節技を得意にしており、アンクルでタップを奪いまくっていたのを覚えています。

ヨーロピアンではフィホと戦い、一度は得意技のアンクルでタップ寸前までいくも、場外に逃げられ、その後不可解な負けを宣告されましたが、それに抗議することもなく紳士的に握手をしてマットを降りるというナイスガイ。

この試合を見ていたある選手は「ヴィトーの紳士的な態度を見て一気にファンになった!」と言っていました。




マイク・フォウラー(ロイド・アーヴィン)

世界中の大会に出まくっているマイク・フォウラーは昨年の全日本オープンで来日、そこで杉江アマゾン選手と戦っています。(3-0で判定負け)

現在はグアムに生活の拠点を置いています。




カルロス・アレハンドロ爛汽僖ン瓠淵丱奪蓮Ε屮薀供璽后

ポルトガル語で殿様ガエルという意味のサパオンというニックネームを持つアレハンドロは頭に大きなタトゥーを入れている柔術界のバンバン・ビガロ。

気性も荒く、かつて大会会場でケンカ寸前のサパオンを見たことがあります。

普段はフレンドリーですが、怒らせると怖そうな選手です。




ルーカス・レイチ(ブラザ)

眉毛つながりのルーカス・レイチはユーモラスな見た目と裏腹になかなかの実力派。

レオジーニョの愛弟子のルーカスは猫背&落ち着きの無い性格でとても強そうな感じはしないのですが、これまで多くの大会で入賞してきました。

また流暢に英語を話すのも意外です。

実家がお金持ちとの噂もあり、頻繁にアメリカとブラジルを行き来しています。


自分の予想は優勝の本命はクロン、対抗でフィホ、穴でルーカス・レイチ、です!




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト