English Portugues Japanese

試合レポート

2019年12月05日

【レポ】ブルテリアオープン2019:黒帯

bto2019
12/1(日)、静岡県浜松市の浜松武道館で開催された螢爛鵐妊ネロ主催「ブルテリアオープン2019」。

螢爛鵐妊ネロは春にブルテリアJRというキッズ大会、夏にキッズ&アダルト同時開催のコパ・ブルテリア、そして冬にこのブルテリアオープンをキッズとアダルトを別日にして開催している。

浜松で開催されている大会としては過去最大規模となった今大会は試合数で300試合余りが組まれ、同日に近隣で他大会があったにも関わらずに大盛況となっていた。

今大会の1週間前に開催されたブルテリアオープン・キッズでも250人ものキッズ柔術家が集まったとのことで、すっかり地元に定着したといえるだろう。

そんなブルテリアオープンだが、アダルトの参加者が激減しており、特に黒帯と茶帯はほとんどがワンマッチ決勝戦となり、アダルト茶帯に至ってはオープンクラスの1試合のみが組まれたに留まった。

かねてからアダルトの選手層の薄さは懸念されていたが、まさかここまでアダルトの参加者が少なるとは予想できなかったことで、過去最大規模の参加者を集めた中でのこの数というのは異常事態といっても過言ではない。

逆にマスターカテゴリーではマスター1からマスター4まで試合が組まれてアラフィフ世代も元気に試合をしていたのが印象的だった。

そういった黒帯たちの試合からレポートしていく。


01
アダルト黒帯フェザー決勝戦
ジエゴ・エンリケ(EVOX BJJ)
vs
加古拓渡(GSB)
1回戦と同じ顔合わせとなった決勝戦でジエゴvs加古の3回目の対戦に。
試合はジエゴが絞めを極めて一本勝ちしvs加古戦で3連勝を飾る。



02
アダルト黒帯ミドル決勝戦
エリック・ヨシナガ(JAWS JJ)
vs
アキヒロ・カワカミ(ボンサイ)
ワンマッチ決勝戦はエリックがアキヒロからパスガードし、そのままずっとポジションをキープし続けて9-0で完勝。



03
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
エリック・ヨシナガ(JAWS JJ)
vs
加古拓渡(GSB)
階級別でも見せたトップからの強さを発揮しエリックが加古からもパスガードして5-0で勝利してWゴールド獲得。
今大会ではエリックの活躍が目立っていた。



04
アダルト黒帯オープンクラス表彰台
優 勝 エリック・ヨシナガ(JAWS JJ)
準優勝 加古拓渡(GSB)
3 位 アキヒロ・カワカミ(ボンサイ)



05
マスター2黒帯フェザー決勝戦
レアンドロ・ヤマシタ(JAWS JJ)
vs
アティラ・コバヤシ(ボンサイ)
2006年に黒帯取得というベテランのカスカオンがアティラから14-2という大量得点を獲得してワンマッチ決勝戦を制した。
この試合に満足したカスカオンはオープンクラスを欠場。



06
マスター2黒帯ミディアムヘビー決勝戦
パウロ・フェレイラ(ボンサイ)
vs
リオベール・イケダ(JAWS JJ)
ボンサイの黒帯、パウロが三角絞めでリオベールを瞬殺。
極めのチャンスを見逃さなかったのが素晴らしい。



07
マスター1黒帯オープンクラス決勝戦
ジョルジ・ヤノ(JAWS JJ)
vs
ルーカス・タヒラ(EVOX BJJ)
階級別はアダルトに出ていたルーカスをライト優勝のジョルジが破ってWゴールド。
ルーカスも健闘したが今大会は未勝利に終わってしまった。



08
マスター3黒帯オープンクラス決勝戦
関根秀樹(ボンサイ)
vs
ホジェリオ・クリスト(EVOX BJJ)
今大会随一の注目の初対決、シュレックvsホジェリオがついに実現。
引き込んだシュレックがスイープして4-0で勝利したがホジェリオのテクニシャンぶりも光った。



09
マスター4黒帯フェザー決勝戦
カマラオン・シウバ(CTBJJ)
vs
西本巧二(ねわざワールド静岡)
最年長カテゴリーのマスター4では昨年と同じ顔合わせとなり、カマラオンが西本から勝利。
これでカマラオンは3年連続で大会連覇の快挙。



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月03日

【レポ】「台湾柔術オープン2019」

00
11/30(日)、台湾・台北の臺北市立南湖高中運動中心にて中華ブラジリアン柔術協会・CTBJJA主催「台湾柔術オープン2019」が開催された。

台北市内の学校の体育館を借りて行われた今大会はマット数4面で行われ、参加人数の増大により午前8時半からキッズ部門は開始するなど台湾の柔術シーンが盛り上がってる事が伺えた。

今回は日本からCARPEDIEMの小学2年生トップキッズ選手、伊藤剛太郎と細野維心が出場したのでキッズ部門に絞ってレポートする。


続きを読む

2019年11月22日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019:女子

08
IBJJFのロングビーチインターナショナルオープンの女子の試合を紹介する。

女子の試合はローカル大会ゆえに黒帯は3試合、茶帯はオープンクラスの1試合のみしか行われなかった。

やはり男子に比べると女子の選手はそう多くなく、IBJJF主催大会と言えどもローカル大会ともなるとこれぐらいしか組まれないのが実情なのだ。

続きを読む

2019年11月19日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019:その他の試合

00
前回は「IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019」のアダルト黒帯の決勝戦を紹介したが、今回はその他の試合をレポートしていく。

紫帯ではムンジアルレベルの屈指の好カードが実現している。

それがジャンセン・ゴメスvsマテウス・ホドリゲスの一戦で、ジャンセンは今年のムンジアル王者で茶帯のジョナタ・ゴメスの弟。

ジャンセン&ジョナタともファベーラで生まれ育ち、父親はヒカジーニョの黒帯のアントニオ・カーロスという柔術一家の出身だ。

続きを読む

2019年11月18日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019:アダルト黒帯

00
11/3(日)、ロサンゼルス・ロングビーチで開催されたIBJJF主催「ロングビーチインターナショナルオープン2019」のレポートを紹介する。

この大会はムンジアルでお馴染みのUCLAロングビーチ校の体育館施設であるピラミッドで開催されており、同会場は他にムンジアル、パンキッズでも使われているロサンゼルスの柔術の聖地的な場所といっていいだろう。

続きを読む

2019年11月11日

【レポ】第2回 SJJJF全日本選手権:マスター黒帯

00
SJJJF全日本選手権、最後の試合レポートはマスター黒帯の試合を紹介する。

マスター黒帯ではマスター1の試合は組まれなかったが、マスター2〜4において実力者同士の熱い対戦が数多く実現している。

続きを読む

2019年11月09日

【レポ】第2回 SJJJF全日本選手権:女子&パラ柔術

06x
第2回目となるSJJJF主催・全日本選手権、前回はアダルト男子の試合を紹介したが今回は女子とパラ柔術の試合を紹介したい。

アダルト女子カテゴリには総合格闘技の舞台で活躍する前澤智が参戦。

前澤は今大会の前にDEEP JEWELSでアトム級タイトルマッチに出場し、見事に王座防衛したばかり。

MMAと柔術の連戦となった前澤だが、落ち着いた試合運びでMMAチャンピオンの強さを見せつけ、2連続の一本勝ちで優勝を決めた。

続きを読む

2019年11月08日

【レポ】第2回 SJJJF全日本選手権

01b
11月3日(日)東京・台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるスポーツ柔術日本連盟(SJJJF)主催「第2回SJJJF全日本柔術選手権」が開催された。

昨年に続く第二回目となる大会でありながら定員の400名を超えたため、エントリーが早期締め切りされる盛況ぶりは特筆すべきである。

今年はアダルトカテゴリを参加対象とした「全日本柔術選手権」に加え「全日本柔術マスター選手権」に「全日本柔術キッズ選手権」、さらには「全日本パラ柔術選手権」の4大会が同時開催という形になった。

その中から初回のレポートはアダルトの試合から紹介していきたい。

続きを読む

2019年10月10日

【レポ】青帯限定大会「BLUE DESTINY 2019」

bd
10/6(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されたLas Conchas主催の青帯限定大会「BLUE DESTINY 2019」。

この大会は文字通りに青帯だけが出場できるカテゴリー限定で行われており、白帯限定の「WHITE RIOT」の青帯バージョンといった位置付けだ。

青帯はIBJJFが制定する帯の修了期間が2年間と最も長く、また白帯=初心者を卒業した選手たちのイキイキとした試合ぶりが見れることで毎回人気の大会となっている。

続きを読む

2019年10月08日

【レポ】JJFJ全日本2019:色帯の試合

00
前回のブログでは黒帯の試合を紹介したが、今回は色帯の試合を紹介したい。

アダルト紫帯のエントリーはあまり多くなく3階級+オープンクラスの4カテゴリーのみが行われた。

この中でライト級以外のフェザーとウルトラヘビーはワンマッチ決勝戦で、やや寂しい状況だった。

続きを読む

2019年10月07日

【レポ】JJFJ全日本2019:黒帯の試合

01
10/5(土)、東京・足立区の東京武道館でJJFJ主催の全日本選手権が開催された。

いま日本にはJBJJF、JJFJ,SJJJFの3つの主要連盟があり、それぞれが独自に全日本選手権を開催しているが今大会はJJFJの全日本選手権だ。

JJFJの設立は2007年で日本ではJBJJFに次ぐ歴史を誇る連盟だが、現在は年に数回の大会開催を行うぐらいで目立った活動はほぼなくなってしまっているが、この全日本選手権はJJFJの数少ない恒例大会で毎年必ず開催されている。

続きを読む

2019年10月03日

【結果】ADCC2019:無差別級の試合

00
階級別の決勝戦の後には無差別級の試合が行われた。

無差別の試合は参戦希望者から16人が選抜されてトーナメントが組まれてた。

このトーナメントには階級別で優勝したゴードン・ライアンやカイナン・デュアルテや惜しくも初戦敗退となったモハマッド・アリらのヘビー級から77kg準優勝のゲイリー・トーナンやエドウィン・ナジミら軽量級までバラエティに富んだ顔触れが揃っている。

続きを読む

2019年09月26日

【レポ】ASJJF DUMAU JAPAN GRAND PRIX 2019

1251
アジア最大規模で行われたIBJJFアジアの1週間後に開催されたASJJF主催の「ドゥマウジャパンGP 2019」。

ビッグトーナメントの翌週だけに参加者の減少が懸念されていたが、蓋を開けてみればエントリー数はギ&ノーギ、キッズなどを含めた延べ人数の総数は300人ほどとなり、非常に活気ある大会となっていた。

ASJJFの東京における常打ち会場の台東リバーサイドスポーツセンターで3面進行で行われた今大会ではIBJJFアジアで紫帯に昇格したファビオ・ハラダ&ドグラス・トーレスの2人が早くも紫帯デビュー戦に挑んでいる。

続きを読む

2019年09月22日

【レポ】IBJJFアジア:ジュブナイル青帯

00
前回のレポートではアダルト青帯の試合を紹介したが、今回はジュブナイル青帯をレポートする。

柔術の帯色で青帯はアダルトとジュブナイルの年齢分けがあり、ムンジアルやパン選手権などはジュブナイルも1と2に分かれており、ジュブナイル1は16歳、ジュブナイル2は17歳の1年のみがエントリー可能になっている。

だが今大会ではジュブナイルは1と2の分別はなく、1と2をまとめてジュブナイル青帯として試合が行われた。

続きを読む

2019年09月21日

【レポ】IBJJFアジア:アダルト青帯

00
柔術において青帯というのは白帯の次の段階の帯で、レベル的には初心者を脱したぐらいと思われる。

だが今大会のような国際大会で優勝するような選手ならば、すでに紫帯でも通用するレベルにあるといっていい。

青帯はIBJJF規定の帯の修了年数は2年とすべての帯の中で最長であり、それだけに青帯といえども選手のスキルレベルは様々で玉石混合。

そんな中においてこのアジア最大規模の大会で優勝した選手たちは、これからも活躍が期待できるだけに、今後も要チェックだろう。

続きを読む

2019年09月17日

【レポ】IBJJFアジア2019:女子アダルト紫帯&茶帯

00x
大会初日に行われた女子のアダルト紫帯と大会最終日に行われた女子アダルト茶帯をレポートする。

紫帯にはムンジアルにも出場していた石黒遥希、カロリーナ・クワハラ、フェルナンダ・クリストが揃って優勝し、盤石の強さを見せていた。

逆に茶帯には日本勢の参戦はなく、また試合があったのはフェザーとオープンクラスの2階級のみで、やや寂しい状況だった。

続きを読む

2019年09月16日

【レポ】IBJJFアジア2019:アダルト茶帯

00
3日間に渡って行われたIBJJFアジアの最終日はアダルト茶帯とマスター黒帯、そしてジュブナイル青帯と、数多くの注目カテゴリーが同時多発的に行われる多忙な1日となった。

その中でも最も大きな注目が集めっていたのはやはりアダルト茶帯のトーナメントになっていた。

ここには近い将来に黒帯を巻くであろうと思われる黒帯予備軍がこぞってエントリーしており、さながら青田買い的な興味もそそられたことだろう。

続きを読む

2019年09月15日

【レポ】IBJJFアジア2019:アダルト黒帯

00
IBJJFアジアの大会2日目はアダルト黒帯がメインカテゴリーだった。

アダルト黒帯には優勝・入賞するとポイントが与えられ、そのポイント数により、ヨーロピアンやパン、ムンジアルなどのメジャートーナメントの参戦権が与えられるのだ。

そのポイントを巡って、今年も海外勢の参戦が多数あり、国際色豊かな顔触れが揃っている。

中でも特筆すべきことは今年のムンジアルで3位入賞を果たしているチアギーニョことチアゴ・バホスの初来日が実現したことだ。

続きを読む

2019年09月14日

【レポ】IBJJFアジア2019:アダルト紫帯

00
日本国内最大規模の大会の1つがこのIBJJF主催のアジア選手権だ。

2016年に第1回目の大会が開催されてから今回で11回目となる。

2006年から2012年までは2年に1度の開催だったが2013年からは毎年開催となり、回を重ねるごとに規模を拡大していた。

続きを読む

2019年09月10日

【レポ】マリアナスオープン2019:茶帯

00
「マリアナスオープン2019」から茶帯の試合をレポートする。

茶帯にはオープンクラスのみに賞金が懸かっており、そこには総勢14人もの選手がエントリーしていた。

注目はやはりロベルト・ヒメネスだろう。

ロベルトはマリアナスプロ・ラスベガス大会で優勝し招聘選手としてマリアナスオープン本戦に参戦していたが、その実力者ぶりは頭1つどころか2つ3つほど抜けていた感がある。

続きを読む

2019年09月06日

【レポ】マリアナスオープン2019:黒帯デビジョン1

08
マリアナスオープン2019の黒帯トーナメントの軽量級、デビジョン1は参加予定だったイザッキの負傷欠場により、4人トーナメントとなってしまった。

そしてエントリーの顔ぶれからするとホナウド・ジュニオールの対抗馬がなく、ほとんど優勝の大本命と目されていた。

そして実際に試合もホナウドが2試合を極めての優勝を果たし、賞金3000ドルとチャンピオンベルトを手にしている。

続きを読む

2019年09月05日

【レポ】マリアナスオープン2019:黒帯デビジョン2

00
グアムで開催された「マリアナスオープン2019」の黒帯賞金トーナメントをレポートする。

黒帯は180lbs(約81kg)以下と以上で分けられており軽い方がデビジョン1で重い方をデビジョン2として区別していた。

ここに出ている選手のほとんどは各地域で開催されたマリアナスプロの優勝者たちで、グアムのローカル選手はデビジョン2のハビレル・ミレレツの1人だけ。

これはローカルの黒帯のほとんどがジムの代表やインストラクターたちで、トップ選手たちが相手であったとしても生徒も前で負けるのはよくない、との考えがあるからだろうと推測されていた。

続きを読む

2019年08月24日

【レポ】SJJJF関東選手権

0817
8/18(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたSJJJF主催「関東選手権」は今回が初開催の大会だった。

ここ数年は7月末から8月中旬にかけてビッグトーナメントが連続して開催されており、またお盆休みの最後ということもあり参加者を集めるのに苦戦していた。

とはいいつつも最終的には100試合以上が組まれ、それなりの盛り上がりを見せていたので大会関係者はほっと胸を撫でおろしたことだろう。

続きを読む

2019年08月18日

【レポ】COPA Bullterrier 2019:アダルト青帯

00
"真夏の柔術大祭典"コパ・ブルテリアの最後の試合レポートはアダルト青帯だ。

アダルト青帯の男子の部ではジュブナイルの選手たちの活躍が目立っていた。

まずフェザーでは今年のジュブナイル青帯ムンジアル王者の"ドゥンガ"ことペドロ・ナカノが優勝し、ライトもダニーロ・ハマザキが制し、そしてミディアムヘビーとオープンクラスはカウアン・タニノが優勝してWゴールドを獲得。

カウアンはまだジュブナイル以下のティーンの年齢でありながらアダルトに出てWゴールドは快挙でもあるが、今年の春から今大会の前までカリフォルニア・サンディエゴのATOS本部でアンドレ・ガウヴァオンの元で柔術修行を敢行しており、その成果が出たのは間違いないだろう。

続きを読む

2019年08月16日

【レポ】COPA Bullterrier 2019:アダルト紫帯

00
アダルト紫帯のオープンクラスの副賞として海外大会参戦の往復航空券が用意された今大会。

それを狙ってかオープンクラスには16名もの強豪選手が名を連ねていた。

準決勝のベスト4に勝ち上がったのは平田孝士朗、マイケ・オオウラ、ザビエル・シウバ、グラント・ボグダノフの4人で、日本人の平田、日系ブラジリアンのマイケ、チカーノのザビエル、そしてアメリカ人のグラントと国際色豊かな顔ぶれとなった。

続きを読む

2019年08月15日

【レポ】COPA Bullterrier 2019:アダルト茶帯&黒帯

00
8/11(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館にて開催された螢爛鵐妊ネロ主催「COPA Bullterrier 2019」。

"真夏の柔術大祭典"と銘打って開催されている今大会は会場を名古屋に移して早くも3回目となり、すっかり定着した感がある。

今年は恒例となっていた海外在住の強豪選手の招聘を取りやめ、その代わりにアダルト紫帯オープンクラスの優勝者に海外大会参戦の航空券贈呈を実施し話題となった。

続きを読む

2019年08月13日

【レポ】JBJJF全日本2019:紫帯

00
JBJJF全日本、最後の試合レポートは紫帯だ。

紫帯では今年1時に開催された賞金トーナメント・ガナビー杯で初対決した風間vs岩本が階級別と無差別の2連戦となり、その2試合とも岩本が勝利してリベンジを果たすとともに通算戦績を2勝1敗で勝ち越しとなった。

続きを読む

2019年08月12日

【レポ】JBJJF全日本2019:茶帯

00
JBJJF全日本の茶帯をレポートする。

茶帯では昨年の紫帯ムンジアル王者で今年は茶帯で3位入賞のイゴール・タナベがUFCファイター中村K太郎こと中村圭太との今大会屈指の好カードが実現し大きな注目を集めた。

続きを読む

2019年08月10日

【レポ】アブダビグランドスラムツアー東京大会:女子まとめ

00
AJP主催大会の女子カテゴリーは茶帯と黒帯が同一カテゴリーで行われるのが特徴で、ワールドプロやアブダビグランドスラムツアーなどは茶帯と黒帯が対戦する、ここでしか見られない対戦が続出する。

2018-2019シーズンの女子ランキング1位のガブリエリ・ペッサーニャは茶帯時代からこの茶黒カテゴリーで無敗を誇り、ペッサーニャが勝利した選手の中には今年の女子黒帯のムンジアル王者のナチエリ・ジーザスもおり、過去に行われたペッサーニャvsナチエリの対戦はペッサーニャの全勝になっている。

続きを読む

2019年08月09日

【レポ】JBJJF全日本2019:黒帯・その2

09b
JBJJFの全日本選手権はアダルトのみの開催なのは前述した通りで、今大会の黒帯にエントリーした選手のほとんどがマスター世代の選手で占められていたのは日本の柔術シーンの高齢化を端的に表している事例だろう。

一般的にブラジリアン柔術の黒帯取得は柔術を始めてから早くても5〜6年がかかり、遅い場合だと10以上かかる例も珍しくない。

なので20代で柔術を始めたとしても黒帯を巻く頃には三十路になっているということが多々あるため、今大会のようにエントリーした選手の大多数がマスター世代の選手ということになってしまっているのだろう。

続きを読む