English Portugues Japanese

試合レポート

2018年11月22日

【レポ】ASJJF BANGALORE INTERNATIONAL OPEN 2018

00
いま柔術が世界中に広がっていっているのは周知の通りだ。

ブラジルでその歴史をスタートさせたブラジリアン柔術は、いまやブラジルはもとよりアメリカやヨーロッパ、そしてアジアでも大きな広がりを見せている。

今回レポートするのはインドのバンガロールで初開催されたASJJFの大会だ。

インドは日本から10時間のフライトでデリーに到着し、そのデリーからさらに3時間のフライトを経てバンガロールにたどり着く。

まだインドは柔術の発展途上国で、デリーでも柔術ジムは10程度にとどまり、このバンガロールに至ってはほんの数か所しか柔術を学べるジムはないとのこと。

そんな柔術辺境の地でも大会が行われていることに驚くが、参加者はギ&ノーギで300人を超える盛況ぶり。

そして興味深いのはギよりもノーギの方が参加者が多かったことだ。

これはギが高くて買えないということもあるが、インドが暑いこと、そして昔からレスリングが盛んなことが挙げられる。

ノーギの試合では一般的な試合コスチュームであるラッシュガード&ファイトパンツではなく、Tシャツに短パンというカジュアルないでたちで試合に臨んでいたのが印象的だった。

そして柔術のレベルもまだまだで選手のほとんどが白帯と青帯で、インド人の紫帯はインド全体で5〜6人しかいないという。

とはいえ世界でも有数の人口を誇るインドはゆうに13億人を超える人口を誇るだけに、インドで本格的に柔術が定着したら凄まじいことになるのは間違いないだろう。

また来年5月にはインドのデリーでASJJFのアジアオープンが開催される。

ASJJFのアジアオープンは毎年アジア各国を持ち回りで開催されており、昨年はシンガポール、今年は韓国で開催されている。

来年はインドで開催されるが、まだ柔術が始まったばかりのインドでどれだけの選手が集まるか注目したい。


01
会場のガンジー・スポーツコンプレックス。
バンガロールに昔からある公共の体育館で、ここにマット3面を設置して大会が行われた。



02
今大会のメダル。
SJJIFとあるが、これはスポーツ柔術国際連盟ではなくスポーツ柔術インド連盟の略。



03
ギ&ノーギで2日間に渡って開催されたが、レギュラートーナメントの他に4試合のノーギ・スーパーファイトも組まれていた。
試合前にはプロレスのタイトルマッチのようなチャンピオンベルトを持ちながらの記念撮影も。



04
オーストラリア・アデレードからインドに移住し柔術を指導していおるラクラン・コンウェイ(AJA)がチェタン・アシュクサマ(KIMURA MMA)をレッグロックで秒殺。



05
バンガロールで最大規模の柔術アカデミーであるインスティテュート・オブ・ジウジツから参戦したデボジ・ダスグプタがデヴィッド・チャンテ(ガドMMA)を腕十字で極めて一本勝ち。
インスティテュート・オブ・ジウジツはカイオ・テハ系のアソシエーションだ。



06
MMAで10戦無敗のカンタラジ・アガサ(ガドMMA)がチェタン・アシュクサマ(KIMURA MMA)からヒールフック一閃。
チェタンはスーパーファイト2連敗となってしまった。



07
まだ白帯ながらインドで最強の女子選手といわれるアシャ・バドリナ(インスティテュート・オブ・ジウジツ)。
体格で勝るアルチナ・G(カタールMMA)と対戦もバックからRNCを極めて快勝。



08
アシャはスーパーファイト、ギ、ノーギとすべての試合を一本勝ちしてメダル×4とスーパーファイトのチャンピオンベルトを獲得した。
もう十分に青帯の実力があるがインストラクターがまだ青帯のため昇格できないようだ。


09
今大会で唯一の紫帯マッチはウェリントン・シウバ(カーロストヨタBJJ)とシャルマージ・ケサバムーディ(BJJトリバンドラム)の2連戦。
階級・無差別で1勝1敗のイーブンに終わる。



10
青帯で4ゴールド獲得のアリ・アクポー(カーロストヨタBJJ)。
イランのレスリングチャンピオンで今大会には観光を兼ねての参戦だった。



11
今大会の運営チーム、ASJJF会長のエジソン・カゴハラ、SJJIF会長のゴルワン・シン。
そしてSJJIF秘書のシヴァ・チュードリー。
この3人で来年はインドのデリーでASJJFアジアオープンを開催する。



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年11月21日

【レポ】『MILD CUP 3』

01
こんにちは、CARPE DIEM girlz BJJの中尾美季です。

私が主催する『MILD CUP(マイルド カップ) 3』という女子限定の柔術イベントを11/18(日)にCARPE DIEM girlz BJJで行いましたので、そのレポートを書かせていただきます。

『MILD CUP』は、2015年に女性限定のワンマッチ大会として初めて開催しました。きっかけは、「友人を試合に出したい」という思いつき。

その友人は「今年こそは試合に出る」と毎年言いながらも、年齢や階級、練習頻度などを理由に、試合に出ることを躊躇していました。

そこで彼女でも参加しやすい、敷居の低い大会を開く事にしたんです。

3回目となる今大会のエントリーは、過去の2大会に比べ、柔術歴が浅い方や若年層が増加。

参加者23名中、19名が白帯で11名がデビュー戦。

柔術歴の一番短い方で始めて1ヶ月半。

そして、2名の女子高生のエントリーもありました。

開会式のあと、みんなでウォーミングアップ。

実はこれがオープニングサプライズ。

足相撲を参加者全員で行い、勝ち残った3名には、ディズニーランドのペアチケットなど協賛いただいた豪華賞品を贈呈。

一転、試合が始まると緊張感が走りました。

みんなこの日を目指して、一生懸命に練習してきたことで接戦が続き、とても良い試合ばかり。

応援団の熱も上がりっぱなしです。

全試合終了後には、参加選手を対象とした抽選会や観客、スタッフも含む全員参加のジャンケン大会を行い、協賛賞品をプレゼントして、無事に閉幕。

今回の『MILD CUP』を通し、楽しい瞬間や柔術の奥深さを味わっていただけたら嬉しいです。

負ければ悔しいですし、惨めな気分になることもありますが、決して勝敗が人の価値ではありません。

試合と向き合った時間や、大人になってそんな思いをさせてくれる柔術で青春していることに喜びを感じていただけたら幸いです。


02
ウォーミングアップで足相撲を行い、みんなにリラックスしてもらいました。



03
事前に提出してもらった体重や経験などをもとにマッチメイクを行います。



04
規定を設けず自分の大好きなKIMONOを着て試合を行えるのも楽しみの一つ。



05
『MILD CUP』はアドバンテージ、レフリー判定がない為、同ポイントの時は仲良く引き分けで、どちらも勝ち名乗りをしてもらえます。
マイルドな光景です。



06
会場が広すぎないため選手と応援の方とが一体となり、時には笑みもこぼれ、暖かい雰囲気に。



07
最後はみんなで楽しく協賛いただいた多くの賞品の争奪戦。
足相撲と合わせて2個ゲットした強者も。



参加いただいた選手の皆様、応援に来ていただいた皆様、そしてイベントの主旨に賛同いただいて豪華な賞品を提供してくださった皆様、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

今後も楽しくて、思い出に残る『MILD CUP』を続けて行きますので、ブランクのある方や試合デビューをしてみたい方など、幅広くエントリーをお持ちしています。



【今日が誕生日の柔術家】フラビオ・ベーリンギ(81)、ルアン・アロウカ(28)、セルビオ・トゥリオ、下林義尚(35)、ダニエル・オテロ(35)



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年11月12日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:アダルト紫帯

00
IBJJFロングビーチインターナショナル2018で個人的に最も注目していたのはアダルト紫帯のオープンクラスだ。

アダルト紫帯のオープンクラスには階級別で優勝・入賞した強豪がこぞってエントリーし過酷な潰し合いの様相を呈していた。

それはアフィリエーションアカデミーの関係にあるAOJとATOSの選手でも関係なく、1回戦でATOSvsAOJの顔合わせも実現していた。

続きを読む

2018年11月11日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:まとめ

00
IBJJFロングビーチインターナショナル、その他の試合まとめを紹介する。

前述した通りに1☆というローカル大会レベルの今大会だったが、そこはIBJJFブランドだけに名の知れた強豪選手が多数参戦して華を添えていた。

続きを読む

2018年11月10日

【レポ】MATSURI:茶帯の試合

00
こんにちは、内山です。

前回の紫帯に引き続き、試合の様子及び結果を書かせて頂きます!

今回は茶帯のレポートです。

続きを読む

2018年11月08日

【レポ】MATSURI:紫帯の試合

00
こんにちは、内山です。

今回は大阪で行なわれているプロ柔術 “MATSURI” 第10戦の試合を観て来ました。

場所は大阪・世界館。弁天町駅から徒歩5分位のところにあります。

第10回のアニバーサリーと言うこともあり、20試合行なわれました。

続きを読む

2018年11月06日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:アダルト黒帯

00
11/4(日)、カリフォルニア・ロングビーチのウォルターピラミッドにてIBJJF主催「ロングビーチインターナショナル」が開催された。

この会場はムンジアルが開催されてることで知られているが、ムンジアル以外の大会も行われており、今大会の他にワールドノーギや過去にはワールドマスターも行われている。

続きを読む

2018年11月03日

【結果】SJJIF WORLD 2018:ノーギ黒帯の試合

00
ギに比べるとノーギの参加者が少なくなるのは日本も海外も同じ。

大会初日のギの参加者を半分ほどに留まったノーギ黒帯。

そこで活躍したのがカイナン・ドゥアルテだ。

続きを読む

2018年11月02日

【結果】SJJIF WORLD 2018:女子の試合

00
SJJIFワールドは女子にも男子と同金額の賞金が用意されているのも特徴の1つ。

IBJJFは男子と女子で賞金金額に大きな差があるとして著名な女子柔術家たちから非難を浴びていたが、それもあってかSJJIFは男子と同じ賞金となっている。

続きを読む

2018年11月01日

【結果】SJJIF WORLD 2018:アダルト黒帯決勝戦

00a
10/27-28の2日間、ロサンゼルス・ロングビーチのロングビーチコンベンションセンターで開催されてたSJJIF主催「SJJIF WORLD 2018」の大会初日はギのトーナメント。

今大会は黒帯にのみ賞金が賭けられており、また黒帯は参加費が無料なことから多くのビッグネームが参加していた。

特に今大会の常連の一人であるキーナン・コーネリアスは過去3大会連続優勝中で、今年も階級をクローズアウト、無差別を優勝の事実上のWゴールドで賞金1万5000ドルを獲得している。

続きを読む

2018年10月28日

【レポ】マリアナスプロジャパン2018:階級別

mar
「マリアナスプロジャパン2018」の階級別の試合を紹介する。

今大会のオープンクラス優勝者には来年4月にグアムで開催されるマリアナスオープン参加のためのトラベルパックが贈呈されることは既報の通りだが、そのオープンクラスに出場するためには階級別で優勝しなければならなかった。

だが階級別の試合が組まれたのが少なかったために、急遽トーナメントの入賞者がオープンクラス参加可能となり条件が緩和された。

続きを読む

2018年10月23日

【レポ】マリアナスプロジャパン2018:オープンクラス

00
10/21(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催された「マリアナスプロジャパン2018」。

この大会は毎年グアムで開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン」の日本予選を兼ねて開催されたもの。

今大会のアダルトのオープンクラスの優勝者にグアムまでの航空券&ホテルのトラベルパックが贈呈され、大会参加費も無料という大盤振る舞い。

続きを読む

2018年10月11日

【レポ】コパ・デ・バンコク参戦記by田端佑介

01
10/6-7の2日間、タイ・バンコクで開催された「コパ・デ・バンコク」に参戦してきたので、その参戦記を紹介したい。

5日に成田からタイのドンムアンに向かったところ、当日京成線が全線不通となり、危うく間に合わないところだったがギリギリでチェックイン完了しタイに。

会場はサイアムスクエアからもそこまで遠くないチャンタナインギョン体育館(男性トイレにはトイレットペーパーはないので注意が必要)。

タイにも柔術のジムは多数ありコパ・デ・バンコクは複数のジムが共同で開催しているが、今回はその中でもバンコクファイトラボがメインで主催したとの事。

またアレテーBJJは来月サイアムカップを開催するとの事で、タイでも大会がますます増えてくるかもしれない。

続きを読む

2018年09月20日

【レポ】COPA DE HK 2018

00
9/15(土)、香港の九龍にあるTSTコミュニティホールにて九龍柔術主催「COPA DE HK 2018」が開催された。

香港で唯一の柔術大会として親しまれている今大会は2007年に初開催され、翌年の2008年には時の世界王者、アンドレ・ガウヴァオンを招聘して華々しく行われ、その大会の模様は柔術魂の付属DVDにて見ることができる。

続きを読む

2018年09月16日

【レポ】IBJJFアジア2018:マスター黒帯その2

00
IBJJFアジアの最後の試合レポートはマスター黒帯のマスター3以降の試合をまとめて紹介する。

毎年マスター黒帯ではレジェンドクラスのベテラン黒帯が参戦し大会に花を添えているが、今年はレジェンド中のレジェンド、メガトン・ディアスが参加申し込み直前にエントリーし驚かせた。

メガトンはかのマッケンジー・ダーンの父親にして自身も多数のタイトルを持つ偉大なる柔術家。

今大会の1週間前にもラスベガスで開催されたワールドマスターでWゴールドを獲得しており、2週連続の試合参戦となる。

続きを読む

2018年09月15日

【レポ】IBJJFアジア2018:マスター黒帯その1

00
アダルト黒帯の試合レポートは既報の通りだが、今回は30歳以上のカテゴリーである黒帯のマスター1と2の試合を紹介したい。

マスター1はアダルト黒帯のすぐ上の年齢カテゴリーで、中にはアダルトでも十分に戦える選手が多数いたが、その中でも注目だったのはエドゥアルド・テレスだ。

テレスはアンドレ・ガウヴァオン、コブリンヤ、ルーカス・レプリらを輩出した伝説のチーム"TT Jiu Jitsu"をフェルナンド・テレレとともに創設したレジェンド。

とはいえテレスはまだ現役バリバリでマスターカテゴリーながらサンディエゴ周辺の大会を中心に試合をしている。

続きを読む

2018年09月14日

【レポ】IBJJFアジア2018:女子まとめ

00
IBJJFアジアのレポートも大詰め、今回は女子の試合まとめを紹介する。

女子の黒帯では日本vs海外のワンマッチ決勝戦×4が行われたが、その全ての試合で日本人選手が一本負けに終わった。

女子の黒帯マッチがIBJJFアジアでこんなにも組まれるようになったのは日本にも女子の黒帯が増えたことの表れではあるが、結果は厳しいものとなってしまった。

続きを読む

2018年09月13日

【レポ】IBJJFアジア2018:青帯まとめ

00
IBJJFアジアのレポート、今回はアダルト&ジュブナイル青帯の主な試合をピックアップする。

大会2日目と最終日の2日間にわたって行われた青帯トーナメントは、紫帯同様国内在住選手の活躍が目立った。

続きを読む

2018年09月11日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト紫帯

00
IBJJFアジアのアダルト紫帯のレポートをお届けする。

アダルト紫帯には日本の柔術シーンの次代を担うであろういまが旬な選手たちが多く出場していた。

どの階級の優勝者も才能溢れる若手の有望株で、成長著しいトップ選手たちだった。

特筆すべきことはアダルトの他の帯色では海外勢の活躍が目立っていたが、紫帯は国内在住の選手が多く優勝したことだ。

続きを読む

2018年09月10日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト茶帯

00
大会最終日の3日目が午後からアダルト茶帯の試合が行われた。

茶帯は黒帯の一歩手前の帯色で、アジア最大規模の今大会で優勝した選手は黒帯でも通用する実力を持っているといえよう。

アダルト茶帯はルースターからフェザーまでは国内の選手が優勝し、ライト以上は海外の選手または日本在住の外国人選手が優勝を果たしている。

またオープンクラスは表彰台に上がった選手全員が外国人選手が独占し、海外勢の活躍が目立っていた。

続きを読む

2018年09月09日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト黒帯

00
IBJJFアジアの大会2日目は最も注目度の高いアダルト黒帯の試合から幕開け。

直前になって岩崎正寛、クレベル・コイケ、マルコス・ソウザ、加古拓渡、ジャン・インソンら優勝候補たち続々と欠場となってしまったのは残念だったが、それでもなおアジア最強を決めるに相応しい顔ぶれが揃った。

続きを読む

2018年09月08日

【レポ】IBJJFアジア2018:女子アダルト紫帯

00
9/7-9の3日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されているIBJJF主催「IBJJFアジア選手権2018」の大会初日が行われた。

大会初日は女子のアダルト紫帯がメインで、その他は白帯とマスター青帯が行われたが今回は女子のアダルト紫帯をレポートしたい。

続きを読む

2018年08月21日

【レポ】BLUE DESTINY 2018

00
8/19(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで青帯限定大会「BLUE DESTINY 2017」が開催された。

青帯の登竜門的な大会として定着している今大会は毎年イキのいい青帯が鎬を削るのが恒例となっている。

続きを読む

2018年08月19日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:その他まとめ

01
「コパブルテリア」の最後の試合レポートはその他の試合をまとめて紹介する。

アダルト紫帯は予定されていたタイナン・ドゥプラの来日キャンセルにより注目度が下がってしまったのが残念だった。

とはいえ2017&2018の2年連続ムンジアル王者のイゴール・タナベが参戦しWゴールドを獲得、現役世界王者の強さをまざまざと見せつけていた。

続きを読む

2018年08月18日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:青帯

00
「コパ・ブルテリア2018」の青帯には海外からの招聘選手としてAOJからザック・カイナンが初来日を果たした。

ザックはビザ取得不可で来日キャンセルとなってしまったタイナン・ドゥプラの代打としての参戦だったが、見事にその穴を埋める活躍ぶりを見せた。

今年のムンジアルでジュブナイル2青帯で優勝している世界王者のザックは今大会ではアダルトでエントリー。

階級別はフェザーでオープンクラスにもエントリーし、姉妹前のコメントではWゴールドを狙うと宣言していた。

続きを読む

2018年08月17日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:茶帯

00
コパブルテリアには海外から強豪選手を招聘するのが恒例となっており、今大会には茶帯でジョナタ・アウヴェス、青帯でザック・カイナが来日した。

ジョナタは昨年のコパ・ブルテリアに初来日し、紫帯でWゴールドを達成したのを記憶している方も多いだろう。

そのジョナタが茶帯になって再来日し今大会に出場した。

続きを読む

2018年08月14日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:黒帯

bt2018
8/12(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催された螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2018」。

2週間前のアブダビグランドスラム東京、先週のJBJJF全日本と3週連続のビッグトーナメントの最後を飾る今大会は昨年と同じく名古屋開催となった。

これは関東圏での会場確保が困難だったためだが、東京でのビッグトーナメント連続開催になったため、逆に名古屋開催でよかったと思われる。

続きを読む

2018年08月11日

【レポ】JBJJF全日本選手権:女子

17
JBJJF全日本の最後の試合レポートは女子のまとめだ。

女子は黒帯の試合は組まれずに青帯、紫帯、茶帯が行われた。

続きを読む

2018年08月10日

【レポ】JBJJF全日本選手権:紫帯&青帯

00
JBJJF全日本選手権のレポ、今回は紫帯と青帯をまとめて紹介する。

紫帯で注目だったのが、ムンジアル王者イゴール・タナベと国内紫帯トップのルーカス・ヒロサワだ。

両者は昨年の全日本決勝、そして前週のアブダビグランドスラム東京の94kg決勝でも対戦し、どちらもイゴールが勝利している。

続きを読む

2018年08月07日

【レポ】JBJJF全日本選手権:茶帯

00
JBJJF全日本選手権のレポート、今回は茶帯の試合をレポートする。

前年優勝の渡辺翔平や冨田尚弥、毛利部慎佑、トーマス・ミツらが黒帯に昇格し、紫帯からの昇格組も含めて新鮮な対戦が見られた茶帯のトーナメント。

軽・中量級では吉岡優幸、横山武司、井上啓太らムンジアル参戦組がきっちりと結果を残しているほか、山本博斗やレダ・メブトュシュといったトップ紫帯勢が茶帯デビュー戦で優勝を果たしているのも特筆すべきところだろう。

続きを読む