English Portugues Japanese

試合レポート

2018年09月10日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト茶帯

00
大会最終日の3日目が午後からアダルト茶帯の試合が行われた。

茶帯は黒帯の一歩手前の帯色で、アジア最大規模の今大会で優勝した選手は黒帯でも通用する実力を持っているといえよう。

アダルト茶帯はルースターからフェザーまでは国内の選手が優勝し、ライト以上は海外の選手または日本在住の外国人選手が優勝を果たしている。

またオープンクラスは表彰台に上がった選手全員が外国人選手が独占し、海外勢の活躍が目立っていた。

続きを読む

2018年09月09日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト黒帯

00
IBJJFアジアの大会2日目は最も注目度の高いアダルト黒帯の試合から幕開け。

直前になって岩崎正寛、クレベル・コイケ、マルコス・ソウザ、加古拓渡、ジャン・インソンら優勝候補たち続々と欠場となってしまったのは残念だったが、それでもなおアジア最強を決めるに相応しい顔ぶれが揃った。

続きを読む

2018年09月08日

【レポ】IBJJFアジア2018:女子アダルト紫帯

00
9/7-9の3日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されているIBJJF主催「IBJJFアジア選手権2018」の大会初日が行われた。

大会初日は女子のアダルト紫帯がメインで、その他は白帯とマスター青帯が行われたが今回は女子のアダルト紫帯をレポートしたい。

続きを読む

2018年08月21日

【レポ】BLUE DESTINY 2018

00
8/19(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで青帯限定大会「BLUE DESTINY 2017」が開催された。

青帯の登竜門的な大会として定着している今大会は毎年イキのいい青帯が鎬を削るのが恒例となっている。

続きを読む

2018年08月19日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:その他まとめ

01
「コパブルテリア」の最後の試合レポートはその他の試合をまとめて紹介する。

アダルト紫帯は予定されていたタイナン・ドゥプラの来日キャンセルにより注目度が下がってしまったのが残念だった。

とはいえ2017&2018の2年連続ムンジアル王者のイゴール・タナベが参戦しWゴールドを獲得、現役世界王者の強さをまざまざと見せつけていた。

続きを読む

2018年08月18日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:青帯

00
「コパ・ブルテリア2018」の青帯には海外からの招聘選手としてAOJからザック・カイナンが初来日を果たした。

ザックはビザ取得不可で来日キャンセルとなってしまったタイナン・ドゥプラの代打としての参戦だったが、見事にその穴を埋める活躍ぶりを見せた。

今年のムンジアルでジュブナイル2青帯で優勝している世界王者のザックは今大会ではアダルトでエントリー。

階級別はフェザーでオープンクラスにもエントリーし、姉妹前のコメントではWゴールドを狙うと宣言していた。

続きを読む

2018年08月17日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:茶帯

00
コパブルテリアには海外から強豪選手を招聘するのが恒例となっており、今大会には茶帯でジョナタ・アウヴェス、青帯でザック・カイナが来日した。

ジョナタは昨年のコパ・ブルテリアに初来日し、紫帯でWゴールドを達成したのを記憶している方も多いだろう。

そのジョナタが茶帯になって再来日し今大会に出場した。

続きを読む

2018年08月14日

【レポ】コパ・ブルテリア2018:黒帯

bt2018
8/12(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催された螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2018」。

2週間前のアブダビグランドスラム東京、先週のJBJJF全日本と3週連続のビッグトーナメントの最後を飾る今大会は昨年と同じく名古屋開催となった。

これは関東圏での会場確保が困難だったためだが、東京でのビッグトーナメント連続開催になったため、逆に名古屋開催でよかったと思われる。

続きを読む

2018年08月11日

【レポ】JBJJF全日本選手権:女子

17
JBJJF全日本の最後の試合レポートは女子のまとめだ。

女子は黒帯の試合は組まれずに青帯、紫帯、茶帯が行われた。

続きを読む

2018年08月10日

【レポ】JBJJF全日本選手権:紫帯&青帯

00
JBJJF全日本選手権のレポ、今回は紫帯と青帯をまとめて紹介する。

紫帯で注目だったのが、ムンジアル王者イゴール・タナベと国内紫帯トップのルーカス・ヒロサワだ。

両者は昨年の全日本決勝、そして前週のアブダビグランドスラム東京の94kg決勝でも対戦し、どちらもイゴールが勝利している。

続きを読む

2018年08月07日

【レポ】JBJJF全日本選手権:茶帯

00
JBJJF全日本選手権のレポート、今回は茶帯の試合をレポートする。

前年優勝の渡辺翔平や冨田尚弥、毛利部慎佑、トーマス・ミツらが黒帯に昇格し、紫帯からの昇格組も含めて新鮮な対戦が見られた茶帯のトーナメント。

軽・中量級では吉岡優幸、横山武司、井上啓太らムンジアル参戦組がきっちりと結果を残しているほか、山本博斗やレダ・メブトュシュといったトップ紫帯勢が茶帯デビュー戦で優勝を果たしているのも特筆すべきところだろう。

続きを読む

2018年08月06日

【レポ】JBJJF全日本選手権:黒帯

0805
8/5(日)、東京・大田区の大田区体育館でJBJJF主催「全日本選手権」。

JBJJF主催大会の中で最も歴史が古い今大会は今年で19回目の開催となり、今回も全日本の名に恥じない規模と顔ぶれが揃っている。

続きを読む

2018年08月04日

【レポ】ABU DHABI GRAND SLAM TOKYO 2018:その2

18
アブダビグランドスラム東京は高額な賞金の他にも特徴があり、会場規模がケタ違いに豪華なことが挙げられる。

マットは9面がセッテイングされ、その中の1つはTV中継用で他よりも大きい白いマットがあり、そこで黒帯の決勝戦などが行われていた。

続きを読む

2018年08月03日

【レポ】ABU DHABI GRAND SLAM TOKYO 2018:その1

00
7/29(日)、東京・大田区の大田区体育館で開催されたUAEJJ主催「アブダビグランドスラム東京2018」。

高額な賞金が賭けられている今大会は賞金総額130万ドル、日本円に換算すると1400万円以上にもなる。

続きを読む

2018年07月31日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018:その2

14
台湾国際は2日間の開催で初日が柔術、2日目はキッズとノーギが行われている。

この台湾もその他の国と同様にノーギの参加者は少なく、また初日の柔術の試合で満足したのか、エントリーしていた選手の欠場が相次いでいた。

続きを読む

2018年07月28日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018:その1

0721
7/21-22の2日間、台湾・台北市の南港スポーツセンターで開催されたChinese Taipei BJJ Asociation主催「TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018」は台湾最大の柔術&ノーギ大会として定着している。

毎年7月に定期開催されており、その歴史は10年以上にも及んでいtる。

特筆すべきはその大会運営の円滑さだ。

続きを読む

2018年07月20日

【レポ】COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International:団体戦

0716
「コパラスコン茨城国際」ではレギュラートーナメントの他に柔術の5人制勝ち抜き団体戦も行われたが、これが大いに盛り上がっていた。

これはレギュラートーナメントの参加者が予想よりも少なかったことで何か施策を、ということで後から追加で開催が決まった経緯がある。

続きを読む

2018年07月17日

【レポ】コパラスコン茨城国際・スーパーファイト

00
7/16(祝)、茨城県竜ケ崎市のたつのこアリーナで回さされたLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International」でスーパーファイト2試合が行われた。

コパラスコンの大会では地方大会の場合、そのホストアカデミーの推薦選手か大会を主催するLas Conchasのスポンサーを受けている選手のスーパーファイトを組むことが恒例となっており、これが大会の見どころの1つとなっている。

続きを読む

2018年07月05日

【レポ】ASIA PACIFIC INTERNATIONAL 2018 Part.2

00
フィリピン・セブで開催されたASJJF主催のアジアパシフィックインターナショナルから、大会2日目のノーギの試合をレポートする。

初日の柔術と比べれば参加者は減ったものの、柔術とノーギを分け隔てなく実践する割合がフィリピンでは多く、3面進行で各マット80試合ほどが組まれるなど、日本国内の大会のような「ノーギ=参加者が圧倒的に少ない」という状況は見られなかった。

続きを読む

2018年06月30日

【レポ】ASIA PACIFIC INTERNATIONAL 2018 Part.1

00
6/23(土)、24(日)の2日間にわたり、フィリピン・セブのシーサイドシティSMモールでASJJF主催「ASIA PACIFIC INTERNATIONAL JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2018」が開催された。

ASJJF主催のセブ大会は毎回規模を拡大しているが、今回は早期に受付が締め切られるほどの盛況ぶり。

そんな今大会はキッズと合わせて2日間で約800人がエントリーと昨年10月の大会から倍増。

続きを読む

2018年06月28日

【レポ】ASJJF ASIA OPEN 2018:女子

00
ASJJF版のアジアオープン、女子のレポートを紹介する。

韓国はいま柔術バブルの真っ最中で、男子はもとより女子の柔術人口も爆発的に増えている。

白帯のトーナメントでは10人以上の階級も多々あり、初心者が増えていることがうかがえる。

続きを読む

2018年06月27日

【レポ】ASJJF ASIA OPEN 2018:黒帯

00
6/16(土)、韓国・ソウルのジャムシルアリーナでASJJF主催「アジアオープン2018」が開催された。

今大会はASJJF版のアジア選手権で、1300人もの参加者が集まりASJJF主催大会としては過去最大規模で開催されている。

続きを読む

2018年06月23日

【レポ】ムンジアル2018:黒帯決勝・その3

19
ムンジアル2018、最後の試合レポはヘビー以降を紹介する。

ヘビー級には昨年のムンジアルでホミーニョのアンクルをぶっ壊し、ガウヴァオンをレフェリー判定にまで追い詰めたパトリック・ガウジオが昨年同様、決勝戦にまで勝ち上がった。

続きを読む

2018年06月21日

【レポ】High Rollerz BJJ

00
今回は、先日紹介したROYALの翌日、6/10(日)にLAのダウンタウンにあるクラブスペース・311LIVEで開催されたHigh Rollerz BJJの模様をお伝えしたい。

Big and Mighty Production主催のHigh Rollerz BJJは、カンナビス(大麻)と柔術の融合をコンセプトに、エディ・ブラボー、ジェフ・グローバー、ニック・ディアスら柔術・MMA界で日頃から大麻好きを公言している面々が集結して行われた柔術イベント。賞金ではなく<1ポンドのハイクオリティな大麻>を賭けて、青帯から黒帯までの無差別16人トーナメントと、ジェフvsMMAファイターのジョルジ・カラカニヤンのスーパーファイトが行われた。

続きを読む

2018年06月16日

【レポ】ムンジアル2018:黒帯決勝・その2

11
ムンジアル2018の黒帯決勝戦、今回はライトから紹介したい。

ライトにはこの階級の絶対王者的な存在のルーカス・レプリとヘナート・カヌートの決勝戦となった。

続きを読む

2018年06月15日

【レポ】ムンジアル2018:黒帯決勝・その1

00
今回から複数回に渡ってムンジアルの黒帯決勝戦をレポートしていく。

まずはルースターからフェザーまでの3階級だが、ルースターは既報の通りにブルーノ・マルファシーニがムンジアル10回優勝の金字塔を打ち立てて引退を宣言。

マットに黒帯を置いて去るお約束の引退パフォーマンスを演出したブルーノだが、これをやりながら翌年しれっと復帰したホムロ・バハルの例もあるだけに油断ならないところだ。

ライトフェザーは昨年の王者・マイキーとジョアオを破って決勝戦に勝ち上がったアリ・ファリアスの対戦となり、マイキーが変幻自在のガードワークからバックテイクして勝利し2年連続優勝を果たした。

続きを読む

2018年06月14日

【レポ】ロイヤルインビテーショナル

01
ムンジアル終幕の1週間後の6/9(土)、ロサンゼルス・バーバンクのマッシュルファーム本社内にて「ロイヤルインビテーショナル掘廚開催された。

今大会はジョエル・チューダーが主催する青帯から茶帯までの合同賞金トーナメントで帯色関係なく試合をするのが特徴だ。

続きを読む

2018年06月12日

【レポ】SJJJF EAST JAPAN 2018

0527
5/27(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたSJJJF主催「EAST JAPAN 2018」。

この大会名はSJJJFだけでなくJBJJFやJJFJなど各連盟ごと独自に開催しているのでポピュラーな大会名なのがうかがえる。

続きを読む

2018年05月24日

【レポ】COPA Las Conchas 2018 Niigata International

734
5/20(日)、新潟県新潟市の新津武道館で開催されたLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Niigata International」が開催された。

今大会はLas Conchasが主催する地方大会シリーズの一環で開催され、2月の沖縄大会に続く2大会目だ。

通常の大会と同じくキッズ、ノーギ、レギュラートーナメントに加え、黒帯と茶帯のスーパーファイトとレナトゥス柔術アカデミーvsFellowsの5vs5の団体戦も行われ、大きな注目を集めた。

また大会後には黒帯スーパーファイトに出場した塚田市太郎のセミナーも開催し、熱心な受講者に2時間の予定をオーバーするほどの熱の入った指導を行っていた。

この大会で一躍名を挙げたのは茶帯スーパーファイトで勝利した山中健也だろう。

山中は富山県のクラブバーバリアンの所属で、昨年はアメリカ・シャーロッテにあるルーカス・レプリのジムに長期出稽古を敢行し、そこでレプリ直伝のハイレベルなパスガード技術を取得。

そのパスガードテクニックを駆使し、ガードワークに定評がある後藤琢磨から幾度となくパスを奪い、終始ポジショニングで圧倒し、最後は肩固めで一本勝ち。

試合時間20分のオンリーサブミッションマッチの茶帯スーパーファイトできっちりと極めて勝った山中が大きな存在感を示していた。

そしてレギュラートーナメントではホストアカデミーでもあったレナトゥス柔術アカデミーがチームポントで優勝し、地元の意地を見せていた。

今大会を主催したLas Conchasは7月に茨城県龍ヶ崎市で「COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International」を開催し、そこでもスーパーファイトや団体戦を行う予定になっている。


01
黒帯スーパーファイトはASJJFルール・試合時間10分で鷲尾俊(レナトゥス柔術アカデミー)vs塚田市太郎(ダムファイトジャパン)が行われた。




02
試合は得意とする引き込みをフェイクに下アンクルピックテイクダウンを決めた塚田が2−0で勝利。
この試合が黒帯デビュー戦だった鷲尾を退けている。



03
茶帯スーパーファイトは後藤琢磨(仙台草柔会)vs山中健也(クラブバーバリアン)の試合時間20分のオンリーサブミッションマッチ。
レプリ直伝のパスガードテクニックを存分に見せつけた山中が常にいいポジションをキープし続けて後藤を圧倒。



04
最後は肩固めを極め、14:20 一本勝ち。
山中の華麗なるパスガードテクニックが光った一戦だった。



05
団体戦で勝利したレナトゥス柔術アカデミーチーム。
なんと3人残しで勝利を果たす。
チームは西凛斗、渡辺龍郎、小山康徳、新保彰、山崎大樹の5人だ。



0716
【参加申し込み受付中】
『COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International』
■日時:7/16(祝)
■会場:たつのこアリーナ(龍ヶ崎市総合体育館)(茨城県龍ヶ崎市)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】パウロ・フィリオ(40)、リアナ・ディトリッチ



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年05月18日

【レポ】SJJJF九州選手権2018:色帯

0513
SJJJF主催「九州選手権2018」の色帯も白熱した試合が続出していた。

茶帯こそワンマッチ決勝戦が2試合のみだったが紫帯は男女とも好勝負が続き、見応えある攻防が多かった。

ここで活躍していたのは古田康一郎と山下健士のパラエストラなかがわイデDOJOのコンビだ。

続きを読む