English Portugues Japanese

リバーサリング!!!

2012年01月26日

reversal BJJ Championship 2012:JEWELSグラップリング&BJJトーナメント

1/21(土)、台東区浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでreversal主催『reversal BJJ Championship 2012』、『バレット・サブミッショングラップリングトーナメント』『JEWELSグラップリング&BJJトーナメント2012』が開催されました。

本大会の記事もこれがラストになりますが、ラストは女子部門として開催されたJEWELSグラップリング&BJJトーナメント2012の模様をお届けしたいと思います!




<JEWELSグラップリングエキスパート-54kg一回戦>
高野聡美(クラブバーバリアン)
VS
小寺麻美(REDIPS)



続きを読む

2012年01月25日

reversal BJJ Championship 2012:グラップリング部門のレポート

1/21(土)、台東区浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでreversal主催『reversal BJJ Championship 2012』、『バレット・サブミッショングラップリングトーナメント』『JEWELSグラップリング&BJJトーナメント2012』が開催されました。

本日はグラップリング部門の試合をレポート致します!



<アダルトビギナー-60kg>
佐藤智彦(トライフォース柔術アカデミー)
VS
杉本寛樹(AXIS千葉)
佐藤選手は一回戦をポイント勝利、杉本選手は一回戦を腕十字で勝利しての決勝進出でした。
決勝戦は杉本選手がノースサウスチョークを極めて優勝!



続きを読む

2012年01月24日

reversal BJJ Championship 2012:柔術部門のレポート

1/21(土)、台東区浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでreversal主催『reversal BJJ Championship 2012』、『バレット・サブミッショングラップリングトーナメント』『JEWELSグラップリング&BJJトーナメント2012』が開催されました。

本日はその中から柔術部門の試合模様をお届け致します。

柔術部門は大会メインの『reversal BJJ Championship 2012』として行われました。

reversalが柔術大会を主催したのは2004年11月の「COPA reversal」以来ということで実に8年ぶりの主催大会でした。

連盟に属さないインディペンデント・トーナメントということでID不必要、そして大会出場者にreversalの特製Tシャツがプレゼントされるという、なかなか豪華な大会となりました。

出場者はそこまで多くはなかったものの、黒帯の試合も組まれており注目度は高かったといえるでしょう。



<アダルト黒帯メジオ級決勝戦>
時任拓磨(PUREBRED大宮)
VS
近藤哲也(FORCE-JJJ)
過去に3回の対戦経験のある両者ですが、今までの対戦では時任選手の全勝。
近藤選手としてはリベンジしたいところです。



続きを読む

2012年01月22日

reversal BJJ Championship 2012:グラップリングデスマッチトーナメント

1/21(土)、台東区浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでreversal主催『reversal BJJ Championship 2012』、『バレット・サブミッショングラップリングトーナメント』『JEWELSグラップリング&BJJトーナメント2012』が開催されました。

本日は大会前から話題になっていた時間無制限&一本決着のみのグラップリングデスマッチトーナメントの模様をお届けいたします!

この過酷なルールでのトーナメントはバレット・ヨシダの要望で開催が実現。

もちろんバレットもトーナメントにエントリーしています。

過去にバレットは今大会と同じような時間無制限の一本決着のみの試合形式で試合したことがあり、その試合は2時間半を戦い、試合中に互いに体調不良を理由に続行不可能となってドローに終わったそうです。

そして試合後には脱水症状となり、そのまま病院に運び込まれるという事態になり、この試合形式がいかに過酷かを身をもってしっているのがバレット自身。

またその試合はワンマッチのスーパーファイトでしたが、今大会はトーナメントで行われるので、前回以上の過酷さとなるのは必至であり、バレットも「どうなるかわからない」と悲壮な覚悟での出場でした。

そんな日本初のデスマッチトーナメント、試合の様子を見て頂きましょう。



バレット・ヨシダ(SD Und1sputed)




<グラップリングでスマッチトーナメント一回戦>
西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)
VS
カツオ(K太郎道場)
静かな立ち上がりとなったこの試合、スタンドでの攻防がしばらく続いた後に西林選手が引き込みました。



まずは西林選手がバックを奪取!




カツオ選手はエスケープするとパスガードで果敢に攻め立てます。




ラバーガードなどを駆使する西林選手。




カツオ選手も三角絞めなどのチャンスを迎えますがこれは不発。




西林選手はディープハーフガードの状態から揺さぶりをかけます。




足関節などを狙う西林選手。




そしてまたバックを取ります。ポジションがめまぐるしく変わるので目が離せません!




エスケープしたカツオ選手は反撃を始めます。




腕を狙うカツオ選手。




西林選手は足を取りにいきますがカツオ選手は冷静に対処します。




ポジショニングで優位に進めていた西林選手ですが、40分過ぎにカツオ選手にマウントを奪われてしまいます。




そして時間にして46分36秒、K太郎選手ばりのチョークをカツオ選手が極めて決勝進出を果たしました!




続いては今大会の主役でもあるバレット・ヨシダの登場です!
さすが世界的なグラップラー、試合前の集中した表情は迫力がありました。




<グラップリングデスマッチトーナメント一回戦>
バレット・ヨシダ(SD Und1sputed)
VS
猿田洋祐(REDIPS)
開始早々バレットが引きこんで試合スタート。




すぐにスタンドでの攻防に戻ります。




またも引き込んだバレットは潜っていきます。




猿田選手は体幹が強いのかバランスを崩しません。




パスガードを狙う猿田選手。




バレットはスパイラルガードから攻撃のチャンスをうかがいます。




そして足を取りに行くバレット。




14分25秒、膝を極めたバレット選手が勝利!
互いに実力者だけに長期戦になるかと思われたこの試合。
ですが意外にも15分足らずという短い試合タイムで決着がつきました。




この勝利で大会提唱者であるバレットが決勝進出を果たしました!




いよいよ決勝戦です。
試合前に集中するバレット。




対するカツオ選手はカメラ目線でポーズをきめてくれました。





<グラップリングデスマッチトーナメント決勝戦>
カツオ(K太郎道場)
VS
バレット・ヨシダ(SD Und1sputed)




バレット選手が引き込み、カツオ選手がパスガードを狙う展開に。
互いの持ち味が発揮されるような噛み合った展開になりそうです!




安定したガードワークをみせるバレット。




そして足を抱えながらスイープ気味に立ち上がります。




一瞬バックにつきかけたバレットですが、カツオ選手はバレットの頭を押して踏ん張ります。




深追いせずクロスガードの体勢を選択したバレット選手。




徐々に体をずらしていき、バックに回りこんでいきます。




そしてバックに回ると三角ロックでカツオ選手の動きを封じながら極めの体勢に。




しばらく防御したカツオ選手ですが、万事休す。
7分39秒、バレットが裸絞めで勝利!




4名参加の本トーナメントは優勝本命と目されていたバレットが下馬評通りの優勝を果たし、大会提唱者としての面目を保ちました!




グラップリング・デスマッチトーナメント表彰台
優 勝  バレット・ヨシダ(SD Undisputed)
準優勝 カツオ(K太郎道場)
3 位  西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)、猿田洋祐(REDIPS)



次回は引き続き柔術部門などの試合模様もレポートいたします!




photo and text by Takashi Umezawa



【今日が誕生日の柔術家】フレジソン・アウベス



©Bull Terrier Fight Gear

2012年01月21日

reversal BJJ Championship 2012:主な結果

1/21(土)、台東区浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでreversal主催『reversal BJJ Championship 2012』、『バレット・サブミッショングラップリングトーナメント』『JEWELSグラップリング&BJJトーナメント2012』が開催されました。

その主な結果です。



グラップリング・デスマッチトーナメント -65kg 時間無制限
優 勝  バレット・ヨシダ(SD Undisputed)
準優勝 カツオ(K太郎道場)
3 位  西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)、猿田洋祐(REDIPS)



続きを読む

2012年01月20日

バレット・ヨシダ、無事に来日!


1/21(土)、台東区浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるreversal主催『reversal BJJ Championship 2011』と同時開催される「グラップリング・デスマッチトーナメント」に出場するバレット・ヨシダが昨日の早朝、サンディエゴから羽田空港に来日しました。

暖かいサンディエゴから真冬の日本に来たバレットはその気温差にビビりつつも試合に向けて気合十分。

バレットの門下生も同大会に何人か出場するので、チーム一丸となって調整してきたそうです。

そのバレットは大会後も日本に滞在し各地でセミナーなどを開催予定。

1/26(木)にはかつて長期滞在して練習に勤しんだ古巣でもあるPUREBRED大宮でグラップリングのセミナーを開催します。

このセミナーは一般参加もOKなので、興味が有る方は主催者までお問い合わせを。


【セミナー詳細】
バレット・ヨシダ グラップリングセミナー
日時:1/26(木)、19:30〜2時間を予定
費用:4000円
★当日参加もOKですが、確実に参加したい方は主催者まで予約のTELを!
予約&お問い合わせ:
PUREBRED大宮
048-686-3328(担当:池田)



『reversal BJJ Championship 2012』
『BARET SUBMISSION GRAPPLING TOURNAMENT』
『グラップリング・デスマッチトーナメント』
選手集合時間&計量開始:10:30〜
試合開始&開会式:11:00〜
会場:台東リバーサイドスポーツセンター
■大会詳細はコチラコチラから!


Weigh in/am10:30
Tournament start/am11:00



【今日が誕生日の柔術家】ヘナート・タバレス



©Bull Terrier Fight Gear

2012年01月13日

【締め切り延長】1/21『reversal BJJ Championship 2011』


1/21(土)、台東リバーサイドスポーツセンターにて開催されるreversal主催『reversal BJJ Championship 2011』の出場申し込み締め切りを1/16(月)、23:59まで延長されます。

出場を迷われていた方、この機会に出場してみてはいかがでしょうか?

またバレット・ヨシダが出場するデスマッチトーナメントも追加募集中です。

デスマッチトーナメントの現在のエントリーは以下の通りです。


『グラップリング・デスマッチトーナメント』
バレット・ヨシダ(SD Undisputed)
猿田 洋祐(REDIPS)
平尾 悠人(X-TREME柔術アカデミー)
西林 浩平(GRABAKA柔術クラブ)
カツオ(K太郎道場)



出場を申し込みたい方は以下のリンクからお申し込み下さい!

多数の出場申し込み、お待ちしております!



『reversal BJJ Championship 2012』
『BARET SUBMISSION GRAPPLING TOURNAMENT』
『グラップリング・デスマッチトーナメント』
★大会詳細はコチラ、出場申し込みはコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2012年01月11日

【本日締め切り】1/21『reversal BJJ Championship 2011』


1/21(土)、台東リバーサイドスポーツセンターにて開催されるreversal主催『reversal BJJ Championship 2011』の出場申し込み締め切りが1/11、本日23:59までとなっています。

2012年のBJJ&グラップリングの幕開けを飾る今大会、初開催である“時間無制限&タップアウトマッチ”、『グラップリング・デスマッチトーナメント』もあり、大きな話題となっており、見逃せない大会となることでしょう。

続きを読む

2012年01月07日

【締め切り迫る!】1/21『reversal BJJ Championship 2011』


1/21(土)、台東リバーサイドスポーツセンターにて開催されるreversal主催『reversal BJJ Championship 2011』の出場申し込み締め切りが1/11、来週水曜日と迫っています。

今大会は柔術だけでなくグラップリングも同時開催で、それは『BARET SUBMISSION GRAPPLING TOURNAMENT』として行われ、グラップリングの雄であるバレット・ヨシダの名前を冠した大会となっています。

続きを読む

2012年01月05日

【大会情報】1/21『JEWELS BJJ&GRAPPLING TOURNAMENT 2012』出場選手募集中!


1月21日(土)に台東リバーサイドスポーツセンターにて開催されるreversal主催『reversal BJJ Championship 2012』『BARET SUBMISSION GRAPPLING TOURNAMENT』『グラップリング・デスマッチトーナメント』と同時開催で行われる女子総合格闘技ジュエルス主催の女子限定BJJ&グラップリング大会『JEWELS BJJ&GRAPPLING TOURNAMENT 2012』の出場選手を募集中です。

今大会は『reversal BJJ Championship 2012』『BARET SUBMISSION GRAPPLING TOURNAMENT』の女子部門として行われるもので、同じ会場で進行します。

大会詳細は以下の通りです。


『JEWELS BJJ&GRAPPLING TOURNAMENT 2012』

■大会内容:柔術ルール&グラップリングルールによる階級別トーナメント

■出場資格:感染症のない健康な女子(スポーツ保険の加入は自己責任にて対応)

■参加費:3,000円
※複数ルール参加希望の場合も同一料金
※ジュエルス本戦への出場経験者、また実績のある選手は参加費免除となります。

■参加申込方法:オンラインでの申込、または申込書に必要事項を記入して現金書留で郵送。
申込用紙はメール(info@w-jewels.jp)またはFAX(003-5458-2548)にてお問合せを。

【現金書留の郵送先】
150-0042
東京都渋谷区宇田川町12-3-1103 
株式会社マーヴェラスジャパン 
「1/21大会出場申込」宛


【オンライン申込】
ジュエルス公式サイトからオンライン申込が可能です。

から!

※オンライン申込フォームにて必要事項を記入し内容を確認しお申込ください。
 確認後登録完了メールが届きます。参加費は銀行振込のみ(現金書留不可)となります。
※必ず振込名はオンライン申込された方の名前でお願いします。
※未成年者の場合、保護者のサインが必要となりますので、オンライン申込は出来ません。

■締切り:2012年1月16日(月)必着

■お問合せ先
株式会社マーヴェラスジャパン
internet: http://w-jewels.jp
mail adress:info@w-jewels.jp
担当:勝井(090-1773-5647)


★大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ミッシェル・ニコリニ、レアンドロ山下




©Bull Terrier Fight Gear

2011年12月20日

『reversal BJJ Championship 2012』、出場申し込み受付開始!


2012年1月21日(土)に台東リバーサイドスポーツセンターにて開催されるreversal主催の柔術&グラップリング大会、『reversal BJJ Championship 2012』『BARET SUBMISSION GRAPPLING TOURNAMENT』『グラップリング・デスマッチトーナメント』の出場申し込みが開始されました。

今大会の柔術とグラップリングは通常のアマ大会ですが、面白いのはグラップリング・デスマッチトーナメント。

これは時間無制限でポイントのカウントはなし、勝敗を決するのは一本決着のみという、まさにデスマッチ!

この過酷なルールでのトーナメントは極めにこだわる試合をすることで有名なバレット・ヨシダの強い希望により開催が実現したもので、もちろん今大会にはバレット本人も出場します。

世界でも稀な時間無制限&一本決着のみのデスマッチトーナメント、どうなることか必見です!



ノーギ世界王者&ADCCのベテラン、バレット・ヨシダが提唱する
日本初開催のデスマッチトーナメント!


また今大会の女子部門は女子総合格闘技ジュエルスが開催に全面協力し、「ジュエルス・グラップリングトーナメント2012(仮)」として行われます。

こちらは近日中に大会詳細がジュエルスのHPに公開予定です。

大会出場費は柔術・グラップリングとも5000円、両方の出場の場合は8000円、デスマッチトーナメントは5000円で、どのカテゴリーに出場の場合も大会記念Tシャツ付き。

ただデスマッチトーナメントは試合形式の都合上、競技と平行出場は不可となっていますのでご注意を。

申し込み締め切りは2012年1月11日(水)の23:59までとなっています。

大会詳細や出場申し込みは大会HPへ。

コチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト“サイボーグ”アヴェルー、スティーブ・マグダレノ




©Bull Terrier Fight Gear

2011年09月23日

COPA REDIPS 2011&第1回キッズBJJフェスティバル開催!


ピュアブレッド川口リディプス及びリバーサリング!!!実行委員会主催「COPA REDIPS 2011&第1回キッズBJJフェスティバル」が11/6(日)、東京都台東区、台東リバーサイドスポーツセンターにて開催されます。

募集種目は以下の通り。

・ブラジリアン柔術トーナメント(白〜黒)
・ブラジリアン柔術団体戦
・グラップリングトーナメント

【アダルト・マスター】
・柔術 トーナメント 
・3対3 白青混合 柔術団体戦
・グラップリング トーナメント 
・グラップリング スーパーファイト(予定)
【キッズ】
・柔術 トーナメント 

〇参加費
キッズ 柔術  2000円 
大人  柔術 or グラップリング 3000円(両方5000円)
3対3柔術団体戦  1チーム6000円 
※3人共に個人戦も出場の場合は団体戦は無料!

〇年齢区分   アダルト・マスター & キッズ(4歳〜15歳)

〇出場申し込み方法   
 ̄募用紙に必要事項をすべて記入し、参加費同封のうえ現金書留で下記記述ピュアブレッド川口リディプスまで送付。
応募用紙を郵送にてリディプスまで送り、参加費を下記口座に振込。
オンラインで申込のうえ、参加費を下記口座に振込。★オンライン申込みは準備中

 「三井住友銀行・ときわ台支店・(普)834953 オノセタツヤ」

★当日払いの方は1000円増し

〇出場申し込み締め切り
10月24日(月)必着


〇書類送付先、お問い合わせ先
〒332-0012  
埼玉県川口市本町4-5-8川口ハウス101
ピュアブレッド川口リディプス 
TEL:048-222-4653 ( 担当 小野瀬 龍也 )

○大会注意事項 
―製僂離襦璽襪錬稗贈複Fのルールとします。
▲哀薀奪廛螢鵐亜Ε咼ナーは白帯ルールとします。(膝十字、アンクル無)
グラップリング・エキスパートは黒ルールとします。(膝十字、アンクル有) 
そ仂貎醜後、怪我などで出場不可能となった場合は、速やかに主催者まで連絡してください。無断欠場、または、報告があったとしても原因が明らかでない場合は、今後の大会出場をお断りする場合があります。
ヂ咾蕨¬舛發靴は帯発行者が認定を受けている帯を申告してください。
試合の組めない階級などは11月1日(火)までに電話にて連絡いたします。
Ы仂貅圓糧表はBLOGで致します。
┘函璽淵瓮鵐班修賄日発表です。



©Bull Terrier Fight Gear

2011年06月23日

『リバーサリング!!!Summer』オンライン申し込み開始!


7/3(日)に東京都馬込にあるKrazy Beeにて開催されるリバーサルジム東京スタンドアウト主催『リバーサリング!!!2011SUMMER』。

今大会の出場締切りが今週末の6月26日(日)必着となっています。

新たにオンライン申し込みもスタートしましたので出場希望の方はそちらからもエントリーできます。

コチラから!

また大会に出場した選手全員に7/2(土)に原宿にOPENする「リバーサルショップ原宿店」で使える5%OFF券が、またトーナメント優勝者全員にはさらに15%OFF券が進呈されます!

この割引券は参加賞と併用可能なので優勝者はなんと20%OFFでお買い物ができます!

※リバーサルショップ原宿店限定。割引券の有効期間は7月末までとなります。

参加賞の割引券の他にも協賛のリバーサルより最短一本勝ち賞など各賞にデカチャックバッグなど多数ご用意されているそうです。

その他、大会詳細はリバーサリング!!!オフィシャルブログまで!

コチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年05月08日

【大会告知】「リバーサリング!!!2011SUMMER」開催


7月3日(日)、東京都馬込にあるクレイジービーにおいて「リバーサリング!!!2011SUMMER」の開催が決定いたしました。

大会を主催するのはリバーサルジム東京・スタンドアウトの片岡さんとリバーサルジム横浜・グランドスラムの勝村さんの2名が名を連ねています。

リバーサリング!!!とは気軽に出られる初心者向けの大会で出場費が安く抑えられているだけでなく、豪華賞品も多く用意されているのが魅力です。

今回のリバーサリング!!!は通常のブラジリアン柔術ルールの試合に加え、グラップリングの試合も同時開催。

グラップリングは2つのルールが用意されており、初心者向けのビギナー、中級者〜上級者向けのアドバンスがあります。

ビギナーグラップリングのルールは柔術紫帯以下ルールでヒザ十字とアンクルホールドが無し、アドバンスグラップリングは柔術の茶&黒帯ルールでヒザ十字とアンクルホールドが有効になっています。

大会の詳細と申込書はは以下からダウンロードできます。

コチラから!

出場申し込みは6月26日(日)必着となっています。

その他、大会に関しての問い合わせはリバーサルジム東京スタンドアウト TEL 03-3481-6521、担当 片岡まで。


その他、大会情報はは随時告知ブログにアップ予定です。

コチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2010年09月24日

COPA REDIPS 2010:ノーギの試合の様子

9/19(日)、台東リバーサイドスポーツセンター柔道場で開催された「COPA REDIPS 2010」で行われたノーギの試合模様をお届けします!

今大会ではギ&ノーギが同時開催されましたがギの試合に比べノーギはやや少ない参加人数でした。

が、バレット・ヨシダの紫帯であるドミニク・デミアンがアジアオープンからそのまま居残り滞在で出場し、バレット譲りの極めの強さで活躍し大きな注目を集めました。

またDEEP Xに出場が決まっている猿飛流こと榎本悟選手(REDIPS)も昨年の大会に引き続き出場、
2年連続優勝を果たし、DEEP Xに向けて好調さをアピール。

小規模の大会ながらなかなか充実した大会内容になりました。

それでは試合を紹介します。


<アダルトアブソルート級>
アブソルート級は10名がエントリーしました。



二回戦
田坂和也(セレジェイラ柔術)
VS
榎本悟(REDIPS)
田坂選手は柔術では茶帯を巻いており、昨年の関東オープン選手権では西林浩平選手(GRABAKA柔術クラブ)からも勝利し、アダルト茶帯アブソルート級で準優勝しています。
修斗グラップリングなどの経験もあり、実績からして優勝候補の一人です。
一方の榎本選手は先日もお伝えしたとおり、昨年の全日本アマ修斗フェザー級準優勝の実績がある期待の若手選手。
ギ部門ではアダルト青帯プルーマ級、アブソルート級を危なげ無く制しています。



続きを読む

2010年09月21日

COPA REDIPS 2010:ギの試合の様子

2010年9月19日、PUREBRED川口REDIPS主催の大会「COPA REDIPS 2010」が台東リバーサイドで開催されましたのでその様子をレポートしたいと思います。

大会はギ、ノーギともに行われ、試合数も100試合程あるなどアジアオープン直後なので参加者数などの心配もありましたが蓋を開けてみれば大盛況となりました。

今日はギの試合模様をお届けします!



<アダルト紫帯ガロ級決勝>
飯野健夫(ねわざワールド)
VS
本島貴良(REDIPS)
アダルト紫帯ガロ級はワンマッチ決勝。
飯野選手が素早い動きで本島選手を翻弄し、送り襟絞めが炸裂!




飯野選手が一本勝ちでワンマッチを制しました。



続きを読む

2010年09月20日

COPA REDIPS 2010:公式結果


9/19(日)、台東sロバーサイド柔道場で開催されたREDIPS主催「COPA REDIPS 2010」の公式結果です。



続きを読む

2010年08月15日

大会告知:COPA REDIPS 2010、開催


アジアチコの1週間後という悪条件にも関わらずに開催される「COPA REDIPS 2010」。

今回は会場を蕨から浅草に移しての開催となります。

もちろんギ&ノーギの2種目を同時開催で参加費用も格安!

初心者向けの大会となっていますので多数のご参加をお待ちしています!


reversaling!!! Presents
「COPA REDIPS 2010」

日時:2010年9月19日(日)(試合開始時間は追って告知)
大会内容:ブラジリアン柔術&ノーギのオープントーナメント(アダルト&マスター)
会場:台東リバーサイド体育館柔道場
主催:reversal&ISAMI、PUREBRED川口REDIPS
参加費:柔術、またはノーギ1種目のみ 3000円
     柔術とノーギの両方 5000円
当日払い:1種目のみ 4000円
       両方  6500円
申し込み締め切り:2010年9月10日(金)必着


★大会詳細はコチラコチラから!

★オンラインでの出場申込はコチラから!

★出場申し込み用紙のダウンロードはコチラから!


☆オンライン申込される方のご注意事項
※オンライン申込フォームにて必要事項を記入し内容を確認しお申込ください。

確認後登録完了メールが届きます。参加費は銀行振込,現金書留となります。

※必ず振込名はオンライン申込された方の名前でお願いします。

※未成年者の場合、保護者のサインが必要となりますのでオンライン申込はできません。


★COPA REDIPS、前回の大会の様子はコチラから!


2009年06月25日

『COPA REDIPS 2009』Part.2

『COPA REDIPS 2009』、ブラジリアン柔術の試合の模様を紹介します。

今大会では白帯、青帯のアダルトとマスターの試合が行われました。

試合は白帯でもテクニカルな攻防が多く、中にはプロの総合の試合やアマ修斗のチャンピオンの選手もおり、高レベルな試合の連続となりました。



マスター青プルーマ決勝戦
黒田道孝(チーム・ホジャーマシャード)
vs
佐藤誠(REDIPS)




1:34、マウントからの十字絞めで黒田選手が一本で勝利して優勝!




マスター青ペナ決勝戦
新村信行(VALE-TUDO JUZA)
vs
阿部章夫(KRAZY BEE)




2:08、十字絞めで新村選手が勝利で優勝!




アダルト青レーヴィ決勝戦
佐々木一則(REDIPS)
vs
田中洋輔(REDIPS)




同門対決の決勝戦を田中選手がテイクダウンを決めて勝利で優勝を果たす。




アダルト白プルーマ決勝戦
榎本悟(REDIPS)
vs
フー・エドウィン(REDIPS)




元BTTカナダのフー選手を三角絞めで2:12、一本で極めて榎本選手が優勝!




アダルト白ペナ決勝戦
山田学(REDIPS)
vs
勝井雅夫(JEWELS)




前歯を折りながら奮闘した勝井選手を山田選手が降して優勝です。




アダルト白メジオ決勝戦
国府田賢道(S−KEEP)
vs
森安一好(REDIPS)




ポジショニング無視ですぐに足関節技にいく国府田選手が極めて0:30、秒殺一本で優勝!
国府田選手はSWATに出てるプロ選手です(一応)。



マスター白プルーマ決勝戦
田口秀樹(パラエストラ松戸)
vs
永越出(REDIPS)




2-16と大量ポイント獲得の永越選手が判定勝利で優勝!




各階級の優勝者!




決勝戦の前には初代タイガーマスクの佐山サトル選手が命名の女性マジシャン「ナオミ・タイガー」さんがステージマジックを披露!




全試合終了後には小野瀬選手のセミナーです!




試合終了時間が遅くなったため参加者は少なめでしたが、その分細かく教えてもらえて参加者は大満足のようでした!
「今までは生徒にしか技を教えない主義だったのですが、最近は柔術界全体の発展を考えるようになりました。今後は微力ながら柔術界に少しでも多く貢献したいと思います。」
(小野瀬・談)

続きを読む

2009年06月24日

『COPA REDIPS 2009』Part.1

6/21(日)に埼玉県蕨市のイサミレッスルアリーナで開催された『COPA REDIPS 2009』の模様を紹介します。

今大会は毎月開催のリバーサリング!!!の大会として開催され、ブラジリアン柔術、ノーギと2種目、さらにアダルト、マスターと年齢分けも実施し、過去最高の人数を集めました。

やはり参加者のほとんどはREDIPSの選手が多く同門対決もありましたが、それでもガチ試合で熱戦続きで大いに盛り上がりました。

全試合終了後にはREDIPS代表の小野瀬選手のセミナーも初開催。

これは今まで何度もセミナーのオファーがありながらも全て断ってきた小野瀬選手が「今回だけは特別」といって開催が実現したものです。

テクニックは三角絞めのバリエーションやスパイダーガードの攻防が多く、中には「え、それを教えてしまうの?!」という小野瀬選手考案のスペシャルテクニックもあり約2時間に渡り熱弁を奮ったセミナーの参加者は大満足のようでした。

その満足度を表すかのようにセミナー後は記念撮影攻めに遭っていた小野瀬選手、その姿は満足げな様子でした。

今日はノーギの試合を紹介します。




まずはREDIPS代表・小野瀬龍也選手の開会宣言から試合スタート!




初級メジオ決勝戦
上羽浩平(和術慧舟會トイカツ道場)
vs
国府田賢道(S−KEEP)




テイクダウン&ポジショニングで圧倒し、9−0で上羽選手が勝利で優勝!




初級レーヴィ決勝戦
今津陽介(VALE-TUDO JUZA)
vs
徳山諭吉(PUREBREDアリーナ)




異様なハイテンションさの徳山選手がテイクダインを決めて2−0で勝利で優勝です。



初級ペナ決勝戦
田中洋輔(REDIPS)
vs
阿部章夫(KRAZY BEE)




1回戦を一本勝利の田中選手が決勝を7−0で勝利で優勝を果たす。




初級プルーマ決勝戦
榎本悟(REDIPS)
vs
柏木公太郎(KRAZY BEE)




最多エントリー数だったプルーマで3試合連続の一本勝利で優勝したのは榎本選手。
決勝戦は試合開始直後に跳びつきバックからの裸絞めで絞め落としての勝利!




初級アブソルート決勝戦
榎本悟(REDIPS)
vs
田中洋輔(REDIPS)




スタンドでの攻防でテイクダウンを奪った田中選手が榎本選手から唯一勝利してアブソ優勝です!




ノーギ・アブソ以外のトーナメントですべて一本で極めて勝利した榎本選手。
極めが強くプロ向きの選手で7/11に開催の「DEEP X」に出場予定です!



2009年05月28日

「リバーサリング!!!グラップリング!!! Vol.1」:松下美保ちゃん!


お待ちかね!

今日はゲストで来て頂いた、スコラ初代イメージガールの松下美保ちゃんの紹介をしたいと思います。

この松下美保ちゃん、スコラが募集したイメージガールコンテストでグラビアアイドル18人の中からガチ投票で優勝したグラビアアイドルです!

若干17歳で現役女子高生のグラビアアイドルが西川口に降臨ですよ!

このシチュエーションだけでもたまらないものがありますね!

男ばっかのリバーサリング!!!に一服の清涼剤的なグラビアアイドルの投入はまずは成功といっていいんじゃないでしょうか?!

また次回大会でも何かステージイベントを企画してますので、そちらもお楽しみに!




まずはリング上でアイドルイベントのお約束であるユル〜いトーク。
そして最近ボイストレーニングしているということで歌を1曲。
中島美嘉さんの曲をカラオケで披露しました!




次は護身術を小野瀬龍也選手が指導。
普段は地味な小野瀬選手が意外とノリノリでやっててびっくり。




そして連載ページがある「スコラ」の宣伝もしっかりと!




休憩時間にはツーショットポラ&サイン会です。
長蛇の列で大盛況でした!




サイン入りポートレートは1枚2000円。
これを全種類購入したガチオタさんがいました!
万札が飛び交ってて、さすがオタは金持ちだ、と実感。



松下美保ちゃんの感想!
「格闘技を見るのは初めてだったんですが、迫力があってびっくりしました!
何かに夢中になっている人たちは素晴らしいですね!」
と、初体験のグラップリングに好印象でした!

松下美保ちゃんが掲載されている「スコラ」は
書店&コンビニで絶賛発売中!
今回のリバーサリングの模様は来月発売号に掲載予定!
付録DVDにも収録されます!
ぜひチェックして下さい!


★「スコラ」のブログはコチラから!

★松下美保ちゃんのブログはコチラから!



続きを読む

2009年05月27日

リバーサリング!!!グラップリング!!!Vol.1:初級の部

リバーサリング!!!グラップリング!!!の初級の部は上級の部とは正反対に多くの出場者がありました。

初級は白帯、青帯を対象にしたのですが、高度なスイープや極めも見られて熱戦が多かったです。

柔術では膠着しがちな攻防もギがないだけでこうもスピーディになるのか、と思いました。

また試合時間が3分というのもよかったのかもしれません。

3分しかないので攻めるほうも最初からハイスパート、先手必勝的な気持ちでガンガン攻める試合が見られました。

またスタミナに難がある選手も3分ならばスタミナ切れを起こす前に試合が終わる、という絶妙な試合時間でした。

今回は初級の各階級の決勝戦を紹介します。




初級プルーマ級決勝戦
杉田啓輔(Lotus パラエストラ世田谷)
vs
榎本悟(REDIPS)
2:51、裸絞めで一本勝利で榎本選手が優勝!



榎本選手は3試合連続の一本勝利で優勝を果たしました。
師である小野瀬龍也選手曰く「ヤツは才能ありますよ!将来はプロシューターになりますから期待して下さい!」とのこと。




初級ペナ級決勝戦
田所剛(パラエストラ葛西)
vs
杉山晋哉(REDIPS)
2:30、腕十字で田所選手が一本勝利で優勝!




田所選手も3試合全てを極めきっての優勝です。




初級レーヴィ級決勝戦
小林大輔(和術慧舟會A−3)
vs
徳山諭吉(PUREBREDアリーナ)
0-9で徳山選手が判定勝利で優勝!






初級メジオ決勝戦
岩波竜也(和術慧舟會A−3)
vs
小西博明(フリー)
2:10、小西選手が三角絞めを極めて優勝!




初級アブソルート決勝戦
高安敏郎(小見川道場)
vs
井出博貴(リバーサルジム)
この両者は階級別は1回戦負けでしたがアブソでは勝ち上がり決勝戦進出です。




またこの二人はリバーサルの新旧スタッフで高安選手は元スタッフ、井出選手は現スタッフです!




この新旧リバーサルスタッフ対決は元スタッフの高安選手が勝利!
引き込んでスイープを決めて2−0でした!
ちなみに現在の高安選手は千葉の田舎町で実家の農業を継いでます。
嫁も元イサミの店員です!



2009年05月26日

リバーサリング!!!グラップリング!!!Vol.1:上級の部

リバーサリング!!!グラップリング!!!上級の部は初心者向けの大会というコンセプトからか申し込みは少なく、開催されたのはレーヴィとアブソの2階級のみ。

しかもどちらもワンマッチ決勝というやや寂しいものでした。

が、2試合ともハイレベルな試合でさすが上級!と観客をうならせるベストバウトになりました。

今日はその2試合を紹介します。



上級レーヴィ級決勝戦
広瀬貴行(パラエストラ葛西)
vs
大塚博明(グラバカ柔術クラブ)




「イヤーッ!」と気合を入れながら引き込む広瀬選手。
これはある意味、フェイントでしょう!




スパイラルガードからスイープを決めトップポジションに。




そしてアナコンダチョークに捕らえました!




エスケープを試みる大塚選手をそのまま絞め上げてタップを奪う!




3:30、一本勝利で広瀬選手が優勝を果たしました!




上級アブソルート級決勝戦
碓井健太郎(小見川道場)
vs
大塚博明(グラバカ柔術クラブ)




上級メジオにエントリーするも対戦相手不在でアブソのみの出場となった碓井選手。
碓井選手はかつてはアマ修斗など総合の試合にも出場しており、アマ修斗ではフェザー級で試合していたそうです。
テイクダウンで2ポイント先制です。




大塚選手がガードからスイープ&マウントで一挙に6ポイント奪取!
大量ポイント獲得で一気に逆転です!




その後、スタンドになりまたもテイクダウンでポイントを追加した碓井選手が6−4で2ポイントビハインド。
このハーフガードから足を抜けば逆転の場面。




ですがそのまま凌いだ大塚選手が6−4で勝利してアブソ優勝です!



2009年05月25日

リバーサリング!!!グラップリング!!!Vol.1:CSFタイトルマッチ

今大会で開催されたCSF(コンバットサブミッションファイティング)タイトルマッチのスーパーファイト。

このルールはテイクダウン1ポイント、サブミッションでタップを奪うと4ポイントという変則的なものです。
また3分2ラウンドと試合時間も短いのでスピーディな攻防が期待できました。

最近は選手としてよりコラムニストとして知られている高谷選手に挑むのはグラバカ柔術クラブからの刺客、神田選手です。

神田選手は前回のリバーサリング!!!青帯大会で活躍し、このタイトルマッチに抜擢されました。

まだ青帯の神田選手ですが黒帯の高谷選手にどう挑むでしょうか?!




CSFタイトルマッチ
高谷聡(王者/パラエストラ吉祥寺)
vs
神田崇広(挑戦者/グラバカ柔術クラブ)
タイトルマッチ認定宣言と試合前の記念撮影。




神田選手の引き込みに合わせたテイクダウンで高谷選手が1ポイント先制。




1Rはそのままガードから三角絞めを狙う神田選手とそれを凌ぐ高谷選手いう展開。




インターバル中のラウンドガールは松下美保ちゃんが務めてくれました!




2R、引き込んだ神田選手のガードからのアタックで防戦一方の高谷選手。




試合終了間際に足関節の取り合いを見せましたが互いに極まらずタイムアップ。




高谷選手が1−0で辛勝でタイトル防衛!




スコラガール、松下美保ちゃんから副賞のスコラ最新号を手渡されます。




試合後のコメント

──まず試合の感想をお願いします。

「引き込む選手だったので引き込みに合わせたタックルを狙っていました。そして先制ポイントを奪ってから逃げ切る、という作戦だったのですが、最後の最後にアツくなり意地になって足関節の取り合いをしてしまって…。それまであまり面白くない試合だと自分でも思ってたんでつまんないのもどうかと思い、ラウンドの最後に残り20秒のとこだけやり合いました。」

──このCSFルール、久し振りだったと思うのですが、どうでしたか?

「正直いってスイープやアドバンテージがあるよりは戦いやすかったですね。思い切ったアタックができるので。このルールは高い技術を持った選手が戦えば盛り上げる試合ができると思います。 」

──次は誰か戦いたい相手はいますか?

「いや私も来年で40歳になるので積極的に戦いたいという気持ちはあまりないのですが、一応王座が続く限り防衛戦はしていきたいな、とは思います。 」

──年内にもう1回、防衛戦を組もうと思ってるのですが、それについては?

「そういうお話があるならぜひやらせて頂きます。」




素足に革靴という石田純一ばりの格好でポーズを決める高谷選手。
青帯選手に1−0と厳しい試合でしたが次の防衛戦ではぜひサブミッションポイントを極めて欲しいと思います!


★ラウンドガールを務めた頂いた松下美保ちゃんのブログはコチラから!


2009年05月24日

「リバーサリング!!!グラップリング!!! Vol.1」入賞者一覧

5/24(日)、埼玉県蕨市の「イサミレッスルアリーナ」で開催された「リバーサリング!!!グラップリング!!! Vol.1」の結果です。

★初級
☆プルーマ
優勝  榎本悟(REDIPS)
準優勝 杉田啓輔(Lotusパラエストラ世田谷)
3位  濱本健司(Krazy Bee)
青木秀太(総合格闘技闇愚羅)


☆ペナ
優勝  田所剛(パラエストラ葛西)
準優勝 杉山晋哉(REDIPS)
3位  柘植大児(パラエストラ松戸)
    若林研太(リトルコブラ会)


☆レーヴィ
優勝  徳山諭吉(PUREBREDアリーナ)


☆メジオ
優勝  岩波竜也(和術慧舟會A−3)

☆アブソ
優勝  高安敏郎(小見川道場)
準優勝 井出博貴(リバーサルジム)
3位  徳山諭吉(PUREBREDアリーナ)
    杉田啓輔(Lotusパラエストラ世田谷)


★上級
☆レーヴィ
優勝  広瀬貴行(パラエストラ葛西)

☆アブソ
優勝  大塚博明(GRABAKA柔術クラブ)


★CSFタイトルマッチ
高谷聡(パラエストラ吉祥寺)
vs
神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)
判定 1-0
高谷選手が王座防衛




階級別の優勝者




アブソルートの入賞者



CSF王座防衛の高谷聡選手とラウンドガールを務めた松下美保ちゃん。


★ラウンドガールを務めた頂いた松下美保ちゃんのブログはコチラから!


2009年04月20日

「リバーサリング!!!ルーキーズカップ 青帯 Vol.1」

今回で2回目となるリバーサリング!!!ルーキーズカップが埼玉県蕨市のイサミ・レッスルアリーナで開催されました。

前回大会は初開催とあって少々寂しい人数でしたが、今大会では一気に出場者数が倍増し、大いに盛り上がりました。

特に多くの出場者を送り込んできた全日本選手権・チーム優勝を果たしたグラバカ柔術アカデミーとデラヒーバ・ジャパンの両チームの応援合戦はとても賑やか。

そのデラヒーバジャパンは「全階級制覇を目指す!」と宣言して全階級に選手をエントリーし、ガロ、レーヴィ、ペサディシモの3階級で優勝、惜しくも全階級ではありませんでしたが約半数の階級で優勝し、選手層の厚さを見せつけました。

大会MVP的な活躍をしたのは高岡尚裕選手(ねわざワールド調布)です。

高岡選手は極めの強さを発揮し、ペナでは2試合、アブソでは3試合で一本勝利を挙げて優勝し、ペナとアブソの2階級制覇を達成しました。

そして今大会には人気お笑い芸人のエネルギーの森さんとずんのやすさんも来場。

ともに格闘技経験があるお二人は熱戦の数々に見入っておられました!

このようにアツい試合が続出して大きな盛り上がりのまま終了したリバーサリング!!!、次回大会は5/24(日)に同会場で「リバーサリング!!!グラップリング!!!」が開催されます。

そちらもお楽しみに!



ガロ決勝戦
灰野健二(左・デラヒーバジャパン)
vs
香川太一(パラエストラ葛西)
0-0、AD2-0で灰野選手が優勝!




プルーマ決勝戦
今野泰治(下・RBアカデミー)
vs
北井健生(アカデミアAz)
2−0で北井選手が優勝!




ペナ決勝戦
山口薫(下・デラヒーバジャパン)
vs
高岡尚裕(ねわざワールド調布)
4:24、送り襟絞めで高岡選手が優勝!




レーヴィ決勝戦
鍵山士門(上・デラヒーバジャパン)
vs
小島邦裕(パラエストラ川崎)
4:37、送り襟絞めで鍵山選手が優勝!




メジオ決勝戦
藤本真志(ねわざワールド調布)
vs
神田崇広(グラバカ柔術クラブ)
4−2で藤本選手が優勝!




ペサディシモ決勝
一人エントリーで安井祐太選手(デラヒーバジャパン)が優勝認定!




アブソ決勝戦
高岡尚裕(ねわざワールド調布)
vs
神田崇広(グラバカ柔術クラブ)
15−2で高岡選手が優勝、ペナと2階級制覇!




階級別優勝者。




アブソ入賞者とグラップリングで勝利した湯浅麗歌子選手(ポゴナ・クラブジム)。




3階級制覇のデラヒーバジャパン!




エネルギーの森さんとずんのやすさん。
「レベルが高くて驚いた」と感心していました!





☆リバーサリング!!!今後の大会予定☆
5/24(日)
リバーサリング!!!グラップリング!!!
・グラップリングのみ開催

6/21(日)
リバーサリング!!! コパ・リディプス
・ブラジリアン柔術&グラップリングのトーナメント




2009年04月19日

「リバーサリング!!!ルーキーズカップ 青帯 Vol.1」公式結果


2009年4月19日(日)、イサミレッスル武闘館で開催された「リバーサリング!!!ルーキーズカップ 青帯 Vol.1」の公式結果です。

☆ガロ
優勝  灰野健二(デラヒーバジャパン)

☆プルーマ
優勝  北井健生(アカデミアAz)
準優勝 今野泰治(RBアカデミー)
3位  柳沢毅行(デラヒーバジャパン)
    加藤達也(RBアカデミー)

☆ペナ
優勝  高岡尚裕(ねわざワールド調布)
準優勝 山口薫(デラヒーバジャパン)
3位  新村信行(VALE-TUDO JUZA)
    八野田欣也(GRABAKA柔術クラブ)

☆レーヴィ
優勝  鍵山士門(デラヒーバジャパン)

☆メジオ
優勝  藤本真志(ねわざワールド調布)

☆ペサディシモ
優勝 安井佑太(デラヒーバジャパン)

☆アブソルート
優勝  高岡尚裕(ねわざワールド調布)
準優勝 神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)
3位  山口薫(デラヒーバジャパン)
    藤本真志(ねわざワールド調布)


2009年03月10日

「reversaling!!!・ルーキーズカップ白帯Vol.1」決勝戦

今日は3月8日、西川口・イサミレッスル武闘館で開催された「reversaling!!!・ルーキーズカップ白帯Vol.1」の各階級の決勝戦を紹介します。

今大会は初心者向けの大会として企画され、これから毎月同会場で開催される予定です。

第1回大会は白帯のみの大会で、今大会で試合デビューの選手や大きな大会に出場する前の調整的に出場する選手などがおり「気軽に出れる大会を!」という主催者の思惑はうまく当たったのではないでしょうか。



レーヴィ級決勝戦
尾薗勇一(JEWELS)
vs
板橋孝憲(PUREBRED川口REDIPS)
女子総合格闘技ジュエルスの代表が出場、1回戦を勝利して決勝戦に進出。




尾薗選手がテイクダウンのアドバンテージで辛勝し柔術デビュー戦を優勝で飾りました!





メイオペサード級決勝戦
ヴィンスネス・ルーベルト(パラエストラ葛西)
vs
国府田賢道(S-KEEP)
ボーダーレスカップ優勝のルーベルトにプロで活躍する国府田選手が挑んだ一戦は1回戦と同一カードの再戦。



マウント〜三角絞めを極めたルーベルト選手が一本勝利で優勝!





ガロ決勝戦
森田真彦(ねわざワールド調布)
vs
梅沢隆志(パラエストラ東京)
ワンマッチ決勝戦のガロ級はテクニカルな攻防になりました。




梅沢選手のスパイダーガードをパスした森田選手が3−0で勝利して優勝!




ペナ級決勝戦
関野隆明(パラエストラ葛西)
vs
田中路教(リバーサルジム横浜グランドスラム)
大道塾茶帯の関野選手に2連続一本勝利で決勝戦進出の田中選手の顔合わせ。




田中選手は一本こそ奪えませんでしたが危なげない試合展開で7−0で勝利で優勝です!




プルーマ級決勝戦
濱本健司(KRAZY BEE)
vs
有澤文浩(PUREBRED川口REDIPS)
ワキ腹にコブラのタトゥーがあり格闘技歴19年という猛者、濱本選手にREDIPSの新鋭、有澤選手の一戦。




濱本選手が珍しく一本勝利で優勝を果たしました!
この濱本選手もルーベルト選手と同じくボーダーレスカップに続いての連続優勝です!




アブソルート級決勝戦
田中路教(リバーサルジム横浜グランドスラム)
vs
ヴィンスネス・ルーベルト(パラエストラ葛西)
8人参加のアブソはペナの田中選手とメイオペサードのルーベルト選手が決勝戦進出。




ルーベルト選手はノルウェー人で柔道の経験者。
ですが田中選手に先制のテイクダウンを許してしまいました。




2階級上の体重差を問題にせずアグレッシヴは試合運びで田中選手が4−0で勝利し2階級制覇を達成!
田中選手は6試合中4試合で一本勝利と極めの強さが際立っていました!




各階級の優勝者にはメダルと賞品が贈られました!

★Fight & Lifeによる大会レポートはコチラから!