English Portugues Japanese

全日本2009

2009年04月18日

全日本2009:女子

女子は紫帯が1階級とあとは青帯のみというやや寂しいトーナメントになりました。

紫帯はワンマッチ決勝でしたが青帯では総合に出場している選手やプロ大会出場経験者などがエントリーしており、見所の多い試合になりました。

まずは女子青帯の試合から紹介したいと思います。




女子青ガロにはプロ大会参戦経験がある日下美代子選手(グラバカ柔術アカデミー)、関友紀子選手(トライフォース柔術アカデミー)がエントリー。




その3人トーナメントで2連勝して優勝したのは日下美代子選手でした!




極めの強さを見せつけたのは女子青ペナに出場の湯浅麗歌子選手(ポゴナ・クラブジム)。
湯浅選手も「女子総合格闘技ジュエルス」にグラップリングマッチで参戦経験があります。




今大会では2試合とも秒殺一本勝利で優勝を果たしました。




女子紫ガロは八木沼志保選手(アンプラグド国分寺)がワンマッチ決勝を制し優勝しています。


2009年04月17日

全日本2009:茶帯

茶帯の試合は黒帯に比べ、ガロからメイオペサードまでが開催され、出場選手も日本トップクラスが集まりレbルの高い攻防が展開されました。

全日本の優勝者レベルともなればいつ黒帯を巻いてもおかしくないいわば犢帯予備軍瓩覆里如彼らの試合を今のうちにチェックしておくと今後、試合を見るのがグッと面白くなります。

そんな茶帯の決勝戦を紹介します。



ガロ
吉岡広明(左・パラエストラ和泉)
vs
高橋廣輝(PUREBRED京都)
ワンマッチ決勝は吉岡選手がアキレス腱固めで一本勝利!




プルーマ
西林浩平(グラバカ柔術クラブ)
vs
水洗裕一郎(X-TREME柔術アカデミー)
茶帯初トーナメントの西林選手が全試合でスイープのポイントを挙げての優勝を飾る。




ペナ
中村大輔(グラバカ柔術クラブ)
vs
平田龍有(吹田柔術)
中村選手が全試合を通して危ない場面を見せずに優勝を果たす。




メジオ
磯野元(左・和術慧舟會)
vs
佐藤信宏(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
磯野選手が試合終了直前に絞めを極めて優勝です。




アブソ
高本裕和(上・アンプラグド国分寺)
vs
堀川智(グラスコ柔術アカデミー)
13人参加のアブソはレフェリー判定で高本選手が優勝。



紫アブソ
牧野太郎(グレイシーバッハ長野)
vs
中塚靖人(グレイシーバッハ東京)
バッハの支部同士の決勝戦は2-2、2-0のアドバンテージ差で牧野選手が優勝しました。




チームポイント
優勝  グラバカ柔術クラブ
準優勝 アンプラグド国分寺
3位  パラエストラ東京


2009年04月16日

全日本2009:黒アブソ

黒アブソも3人エントリー。

1回戦で早川正城選手を降した大南亮選手が決勝戦に進出。

早川選手はアブソ1回戦で負傷し棄権、上村彰選手が戦わずして決勝戦進出です。



アダルト黒アブソルート決勝戦
大南亮選手(下・グレイシーバッハ日本総本部)
vs
上村彰選手(パラエストラ東京)




引き込んだ大南選手に対しパスガードを試みる上村選手




しかし両者共に攻めあぐねます



膠着のペナルティが上村選手に与えられ2−0に




そのまま試合終了し大南選手が勝利して優勝!




優勝 大南亮(グレイシーバッハ日本総本部)
準優勝 上村彰(パラエストラ東京)



2009年04月15日

全日本2009:黒プルーマ

黒プルーマは3人エントリーで変則巴戦です。

まずエジソン籠原選手(テンサイ柔術アカデミー)と生田誠選手(トラスト柔術アカデミー)の対戦で、この試合の敗者と早川正城選手(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)の対戦となります。



アダルト黒プルーマ1回戦
エジソン籠原選手(下・テンサイ柔術アカデミー)
vs
生田誠選手(トラスト柔術アカデミー)




20-0で生田選手勝利!




アダルト黒プルーマ1回戦
エジソン籠原選手(下・テンサイ柔術アカデミー)
vs
早川正城選手(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)




5-0で早川選手勝利!




アダルト黒プルーマ決勝戦
生田誠選手(上・トラスト柔術アカデミー)
vs
早川正城選手(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)




1回戦同様、ポジショニングで圧倒する生田選手、フィニッシュはアメリカーナで一本!




優勝 生田誠(上・トラスト柔術アカデミー)
準優勝 早川正城(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)



2009年04月14日

全日本2009:黒メジオ

マルシオ片山の欠場によりワンマッチ決勝になった黒メジオ。

時任琢磨選手(PUREBRED大宮)と上村彰選手(パラエストラ東京)の対戦です。



いつものように引き込んだ時任選手。




そこから得意技のホレッタ!




そしてモンジバカで一本!




試合時間は87秒、秒殺試合でした!




アダルト黒メジオは時任選手が優勝です!