English Portugues Japanese

MMA

2019年11月10日

【MMA】森さくら、MMAデビュー決定

sa0
かねてより柔術で活躍していた女子選手の森さくら(AXIS)がリングネームをさくらにしてMMAデビュー戦が決まった。

森は12/15(日)、東京・大田区の大田区体育館で開催される「DEEP 93 IMPACT」で國保小枝を相手にプロMMAデビュー戦に挑む。

続きを読む

2019年10月14日

【MMA】マルキーニョス&サトシ、クロン&マッケンジーのMMA試合動画

00
先週末の土曜&日曜の2日間は柔術家からMMAに転向した選手の試合が相次ぎました。

土曜日は大阪で開催されたRIZINにマルキーニョス&サトシのソウザ兄弟が、日曜はフロリダで開催されたUFCにクロン・グレイシーとマッケンジー・ダーンが出場しました。

そのどちらもライブストリーミングされ、RIZINはGyao!で、UFCはオフィシャルチャンネルで配信され、現在はどちらも無料でアーカイブ視聴が可能になってます。

続きを読む

2018年08月16日

【柔術プリースト】#336:ARZALET.3

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは韓国・ソウルで開催されたMMAイベント「ARZALET.3」です。

柔術家も多数参戦したこのアルゼルト、柔術プリーストではレアなMMAの配信なので、ぜひ見てみて欲しいと思います。

配信試合は以下の通りです。


00
ARZALET.3
7/7(土) クラブ・オクタゴン(韓国・ソウル)



03
バンタム級 5分2ラウンド
リカルド・ディアス
vs
キム・ウジェ



05
バンタム級 5分2ラウンド
大石真丈
vs
ベ・ジョンムン



06
フェザー級 5分2ラウンド
クレバー・ルシアーノ
vs
ケビン・パク



08
84kg契約 5分2ラウンド
マルコス・ソウザ
vs
イタロ・ダ・シウバ・ゴンサウベス



02
BJJテクニックファイルはエドゥアルド・テレスの「タートルガードからのアームロック」です。



03
#336はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

重大発表!!!
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


04
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月08日

【結果】ARZALET 3:主な結果

00
7/7(土)、韓国・ソウルのクラブオクタゴンで開催された「アルゼルト3」の主な結果です。


続きを読む

2018年07月07日

【大会】ARZALET 3:前日計量の結果

00
7/7(土)、韓国・ソウルのクラブオクタゴンで開催される「アルゼルト3」の前日計量の結果です。


続きを読む

2017年10月23日

【結果】ARZALET.2

00
10/21(土)、ブラジル・クリチバのタルマ体育館で開催されたファイティンググローブ主催「ARZALET.2」の大会結果です。

続きを読む

2017年09月07日

【結果】Shooto Brazil 74:ブルーノ・マルファシーニ、MMAデビュー戦で一本勝ち

01
8/27(日)、ブラジル・リオデジャネイロにて開催された「Shooto Brazil 74」で柔術世界王者“9 times World champion”ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)がMMAデビューを果たした。

ブルーノは今年のムンジアル前にMMA転向を宣言しフロリダのATTにてMMAのトレーニングを行っていたが、ムンジアルの後から本格的な準備を開始し来るデビュー戦に備えていた。

そして迎えた今大会でブルーノと同じくプロMMAデビュー戦だったホマリオ・ボアエス(レルマコンバット)と対戦し、94秒で腕十字を極めて秒殺、デビュー戦で快勝している。

続きを読む

2017年07月22日

【告知】アルゼルト2、ブラジルで開催決定

1021
リアルファイトの海外ブランド「アルゼルト」の第2回大会の開催が決定しました!

今年の2月にブラジル・サンパウロで旗揚げ大会を開催し、そこでムンジアル王者、ホドウフォ・ヴィレイラのMMAデビュー戦を行って話題になったのは記憶に新しいところでしょう。

その第2回大会も旗揚げ戦と同じくブラジル開催で今回はクリチバで10/21に行われます。

クリチバといえばMMA的にはシュートボクセの本拠地があり、また柔術的には今年のヨーロピアン王者のホドリゴ・ファジャルドを擁するグレイシーバッハもあります。

また元AXISのクリスチアーノ・カミニシも現在はクリチバ在住で今大会のスーパーバイザー的な立場で協力しています。

そんな今大会ではまずREAL王者のサトシ・ソウザの参戦が決定済みで、前回大会はマルコス・ソウザの王座防衛戦が行われましたが、今大会ではサトシ・ソウザのノンタイトル戦王が行われるようです。

その他にもREAL&アルゼルトの常連選手であるディミトリー&ヴラディスラフのパルブチェンコツインズの継続参戦が決定しており、兄のディミトリーがライト級トーナメントの決勝戦を行い、弟のヴラディスラフはフェザー級の王座防衛戦を行います。

この試合で兄弟揃って勝利すれば史上初の双子のMMA王者が誕生というWチャンピオンシップがラインナップされました。

さらにホドウフォ・ヴィレイラの妹、アナ・カロリーナ・ヴィレイラもグラップリングマッチで参戦予定。

アナ・カロリーナは今年のムンジアルで優勝し、青帯から黒帯まで全帯色で世界王者という強豪中の強豪でホドウフォと共に兄妹初の世界王者となっています。

そして日本からは大ベテランの大石真丈(フリー)と藤巻優(パラエストラ小岩)が初参戦を果たします。

国内外の強豪が集うアルゼルト、第2回大会も注目でしょう。


【今日が誕生日の柔術家】オマー・サルーン、ルアン・カルバーリョ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年02月13日

【結果】アルゼルト・ブラジル大会・主な結果

00fb
2/11(土)、ブラジル・サンパウロのマウロ・ピンネイロ体育館で開催されたファイティンググローブ主催「アルゼルト」の主な結果です。


01fb
■第11試合 メインイベント
89.0kg-93.5kg ライトヘビー級ワンマッチ
○ホドウフォ・ヴィレイラ(ブラジル)
vs
×ダニヤル・ザリルベック・ウラル(キルギスタン)
2:27 RNC
MMAデビュー戦のホドウフォは堂々のメインイベントで登場。不慣れな打撃を見せつつもやはり最後は得意の寝技に持ち込みマウントからパウンドを落として背中を見せたダニヤルからRNCで一本勝ちで白星デビューを飾った。



02fb
■第10試合 セミファイナル
84kg ウェルター級ワンマッチ
○マルキーニョス・ソウザ(ブラジル)
vs
×ファビアーノ・アラウージョ(ブラジル)
1:07 肩固め
REAL王者のマルキーニョスは地元だけあり100人規模の応援団を声援を背にケージイン。開始早々にストレートを食らいグラついたが、すぐさまタックルに移行してサイドマウントからパウンド→肩固めのコンビネーションで秒殺勝利。



03fb
■第9試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPフェザー級トーナメント決勝戦
○ヴラディスラフ・パルブチェンコ(ウクライナ)
vs
×芦田崇宏(日本)
3R 3:20 RNC
トーナメント決勝戦は日本vsウクライナの国際戦。組技が強いパルブチェンコが執拗に組み付きつつパウンドを落とし続ける展開が続き、徐々に体力が削られていった芦田はラストラウンドでRNCで無念のタップアウト。



04fb
■第8試合
84.5kg契約ワンマッチ
○マーカス・ペレス・エッシンブルク(ブラジル)
vs
×イルデマール・アルカンタラ(ブラジル)
判定 3-0
立ち技の攻防に多くの時間を割いたこの対戦はUFCファイターのイルデマールをテイクダウンすることに成功したマーカスが僅差の判定勝利を飾る。



05fb
■第7試合
70.8kg契約ワンマッチ
×ディエゴ・バルガス(ブラジル)
vs
○アンドリュー・フィッシャー(イギリス)
判定 0-3
トップゲームで試合を優位に進めたアンドリューがディエゴを寝技で完封勝利も観客の反応はやや冷ややかだった。



06fb
■第6試合
61.8kg級ワンマッチ
×アリ・ファリアス(ブラジル)
vs
○アーニー・ブラカ(フィリピン)
1R 0:19 パウンド
開始早々にタックルにいったアリにアーニーのハイキックがドンピシャで当たり前のめりに倒れパウンドでアーニーがTKO勝利。



07fb
■第5試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPライト級トーナメント準決勝
○ドミトリー・パルブチェンコ(ウクライナ)量
vs
×星野大介(日本)
2R 4:34 腕十字



08fb
■第4試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPライト級トーナメントリザーブマッチ
○ジョナサン・メデゼス・カルバーリョ(ブラジル)
vs
×ウェズリー・フィゲラ(ブラジル)
2R 2:13 腕十字



09fb
■第3試合
93.5kg-120.7kg契約 ヘビー級ワンマッチ
×カルロス・トヨタ(ブラジル)
vs
○ザミルベック・シルガバエフ(キルギスタン)
1R 3:01 KO



10fb
■第2試合
66.3kg級ワンマッチ
×グスタヴォ・ウーリッツァー(ブラジル)
vs
○ネマット・アブドゥラシトフ(キルギスタン)
1R 4:34 パウンド



11fb
■第1試合
グラップリングスペシャルマッチ
×チャールズ"ドゥ・ブロンクス"オリヴェイラ(ブラジル)
vs
○セルシーニョ・ヴィニシウス(ブラジル)
10:00 肩固め



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年02月11日

【MMA】アルゼルト、前日計量の結果

01
2/11(土)、ブラジル・サンパウロにて開催されるファイティンググローブ主催「REAL」改め「アルゼルト」。

その前日計量がサンパウロ市内のホテルで行われた。

全選手が参加する中、3名の選手が計量オーバーとなったが今大会でMMAデビューのホドウフォ・ヴィレイラ、REALウェルター級王者のマルキーニョス、そしてフェザー級トーナメント決勝戦に挑む芦田ら主要選手は一発クリア。

計量オーバーとなった選手たちは2時間後に改めて再計量が行われる予定となっている。

計量結果は以下の通り。


02
■第11試合 メインイベント
89.0kg-93.5kg ライトヘビー級ワンマッチ
ホドウフォ・ヴィレイラ(ブラジル)93.0kg
vs
ダニヤル・ザリルベック・ウラル(キルギスタン)92.6kg



03
■第10試合 セミファイナル
84kg ウェルター級ワンマッチ
マルキーニョス・ソウザ(ブラジル)84.0kg
vs
ファビアーノ・アラウージョ(ブラジル)79.9kg



04
■第9試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPフェザー級トーナメント決勝戦
ヴラディスラフ・パルブチェンコ(ウクライナ)300gオーバー ※再計量
vs
芦田崇宏(日本)65.9kg



05
■第8試合
84.5kg契約ワンマッチ
マーカス・ペレス・エッシンブルク(ブラジル)84.5kg
vs
イルデマール・アルカンタラ(ブラジル)84.5kg



06
■第7試合
70.8kg契約ワンマッチ
ディエゴ・バルガス(ブラジル)70.6kg
vs
アンドリュー・フィッシャー(イギリス)70.8kg



07
■第6試合
61.8kg級ワンマッチ
アリ・ファリアス(ブラジル)61.25kg
vs
アーニー・ブラカ(フィリピン)61.7kg



08
■第5試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPライト級トーナメント準決勝
ドミトリー・パルブチェンコ(ウクライナ)200gオーバー ※再計量
vs
星野大介(日本)70.8kg



09
■第4試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPライト級トーナメントリザーブマッチ
ジョナサン・メデゼス・カルバーリョ(ブラジル)※再計量
vs
ウェズリー・フィゲラ(ブラジル)70.5kg



10
■第3試合
93.5kg-120.7kg契約 ヘビー級ワンマッチ
カルロス・トヨタ(ブラジル)117.5kg
vs
ザミルベック・シルガバエフ(キルギスタン)117.8kg



11
■第2試合
66.3kg級ワンマッチ
グスタヴォ・ウーリッツァー(ブラジル)66.3kg
vs
ネマット・アブドゥラシトフ(キルギスタン)66.1kg



12
■第1試合
グラップリングスペシャルマッチ
チャールズ"ドゥ・ブロンクス"オリヴェイラ(ブラジル)
vs
セルシーニョ・ヴィニシウス(ブラジル)



13
ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)



14
マルコス・ソウザ(ボンサイ)



15
クリスチアーノ・カリオカ&ウェズリー・フィゲラ(カリオカチーム)



18
セルソ・ヴィニシウス(ハイアングレイシーチーム)



16
アリ・ファリアス(X−GYM)



【今日が誕生日の柔術家】ルーマス・ピンネイロ(23)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年02月10日

【MMA】アルゼルト、見どころ紹介

ar1
2/11(土)、ブラジル・サンパウロにて開催されるファイティンググローブ主催「REAL」改め「アルゼルト」。

すでに主要メンバーがブラジル入りし明日は前日計量とルールミーティングが行われます。

そんなアルゼルトの開催直前の見どころを山田重孝ファイティンググローブ代表に聞きました。


ar2
山田重孝氏


──REAL改めアルゼルトのブラジル大会、開催直前となりました。すでにブラジル入りし今の気分はいかがでしょうか?

山田:ワクワクしてますよ。まだやらなければいけないことが山積みなので気が抜けないですが初の海外大会なので必ず成功させたいと思っています。

──今大会から海外開催時にはアルゼルトの名称で行うことが発表されました。これはどういった経緯で名称変更になったんでしょうか?

山田:今後、海外で定期的に大会を開催予定で、すでにいくつかの国が候補地になっているのですが、その候補地の1つにREAL FIGHTに似た大会名のイベントがあったんです。なので混同されないように海外ではアルゼルトの名称で開催することにしました。ですが国内ではREAL、国外ではアルゼルトでやっていきます。

──このアルゼルトの語源は?

山田:アルゼルトとは旧約聖書で「もう1つの国」という意味を持っており、世界各国の未知なる強豪を集め、総合格闘技・柔術などあらゆるファイターの王国を築くという意味が込められています。

──ズバリ、今大会の見どころはどこでしょうか?

山田:柔術出身のブラジル人選手が多いのでグランドの攻防が楽しみですね。観客も目が肥えているのでグランドになっても静かになることなく盛り上がると思います。ブラジル人同士の対戦もあり、ブラジル大会ならではのカードが多数組めたと自負していますよ。

──今大会は当初はマルキーニョスの試合がメインでセミファイナルがホドウフォになっていましたが直前で変更となりました。これはどうしてですか?

山田:当初はマルキーニョスの試合はタイトルマッチになる予定だったのですが、それがノンタイトル戦になったので、注目度と期待度を込めてホドウフォの試合をメインにしました。本来であればREALの現役王者であるマルキーニョスをメインにすべきとの意見もありましたが、ホドウフォがマルキーニョスにメインを譲られた形になりました。

──MMAデビュー戦のホドウフォがメインというのは大抜擢だと思います。ホドウフォに期待する点は?

山田:やはりインパクトのある試合を期待したいですね。MMAデビューを発表してからデビュー戦までかなりの準備期間を用意してきたので本人も相当に気合いが入ってると思います。寝技はもちろんのこと重量級らしいド迫力の打撃も見れると思いますよ。

──その他の注目選手は?

山田:パルブチェンコと芦田選手のフェザー級トーナメント決勝戦です。この試合の勝者がREALで3人目の王者となります。ウクライナでは名が売れているパルブチェンコと日本から参戦の宮田選手の愛弟子・芦田の一戦は目の肥えたブラジル人が見ても盛り上がるはずだと期待しています。ブラジルで日本にも強い選手がいるんだということを大いにアピールして欲しいですね。

──第1試合ではスペシャルマッチとしてグラップリングマッチも組まれました。しかもそれが元世界王者のセルシーニョなのが驚きました。

山田:今大会はADCCとコラボレーションして行っているのですが、ADCCの要請によりマッチメイクしました。なのでルールもADCCルールとなります。セルシーニョもMMAをやっているのですが今回はグラップリングで出てもらい、次回はMMAでも出てもらえたらと考えてます。

──一部、カード変更もあるようですが?

山田:第4試合で予定していたREAL FIGHT CHAMPIONSHIPライト級トーナメントリザーブマッチ、ジョナサン・メデゼス・カルバーリョの相手のチアゴ・ナシメントが負傷してウェズリー・フィゲラとの対戦となります。この選手は強豪を多数輩出しているマナウス出身で急なオファーも快諾してくれました。このチャンスをモノにして欲しいですね。

──では最後に今大会の意気込みをお願いします。

山田:REALの海外進出第1回大会なので、なんとしてでも成功させていい形で海外展開をしていきたいですね。そしてブラジルでも第2回、3回と継続して開催していきたいと考えています。


00
■「REAL」「アルゼルト」過去記事はコチラから!


■ホドウフォ・ヴィレイラのインタビューはコチラから!


■芦田崇宏のインタビューはコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年01月24日

【MMA】REAL.6、全カード決定!

00
2/11(土)、ブラジル・サンパウロにて開催されるファイティンググローブ主催「REAL.6」の対戦カードが全試合決定しました。

今大会はメインでREAウケルター級王者のマルキーニョスのノンタイトル戦、セミファイナルでムンジアル王者・ホドウフォのMMAデビュー戦が決定済み。

その他、スペシャルマッチとしてムンジアル王者・セルシーニョのグラップリングマッチも組まれました。

そして"チェ・ホンマンをKOした男"カーロス・トヨタ、"幻の世界王者"アリ・ファリアス、ベテランのマカコら柔術に馴染みがある選手が多数ラインナップされています。


04
<REAL.6 全試合カード>
■第11試合 メインイベント
74.2kg-77.6kg ウケルター級ワンマッチ
マルキーニョス・ソウザ(ブラジル)
vs
ファビアーノ・アラウージョ(ブラジル)


■第10試合 セミファイナル
89.0kg-93.5kg ライトヘビー級ワンマッチ
ホドウフォ・ヴィレイラ(ブラジル)
vs
ダニヤル・ザリルベック・ウラル(キルギスタン)


■第9試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPフェザー級トーナメント決勝戦
ヴラディスラフ・バルブチェンコ(ウクライナ)
vs
芦田崇宏(日本)


■第8試合
83kg契約ワンマッチ
マーカス・ペレス・エッシンブルク(ブラジル)
vs
イルデマール・アルカンタラ(ブラジル)


■第7試合
70kg契約ワンマッチ
ジョルジ・パチーユ・マカコ(ブラジル)
vs
アンドリュー・フィッシャー(イギリス)


■第6試合
61kg級ワンマッチ
アリ・ファリアス(ブラジル)
vs
アーニー・ブラカ(フィリピン)


■第5試合
ドミトリー・パルプチェンコ(ウクライナ)
vs
星野大介(日本)


■第4試合
REAL FIGHT CHAMPIONSHIPライト級トーナメントリザーブマッチ
ジョナサン・メデゼス・カルバーリョ(ブラジル)
vs
チアゴ・ナシメント(ブラジル)


■第3試合
93.5kg-120.7kg契約 ヘビー級ワンマッチ
カルロス・トヨタ(ブラジル)
vs
ザミルベック・シルガバエフ(キルギスタン)


■第2試合
66kg級ワンマッチ
グスタヴォ・ウーリッツァー(ブラジル)
vs
ネマット・アブドゥラシトフ(キルギスタン)


■第1試合
グラップリングスペシャルマッチ
チャールズ"ドゥ・ブロンクス"オリヴェイラ(ブラジル)
vs
セルシーニョ・ヴィニシウス(ブラジル)



08
アリ・ファリアス



03
マルキーニョス・ソウザ



ce
セルシーニョ・ヴィニシウス



to
カルロス・トヨタ



ro
ホドウフォ・ヴィレイラ



【今日が誕生日の柔術家】キット・デール(31)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月29日

【REAL】REAL.6、アリ・ファリアス&カーロス・トヨタ参戦決定!

00
2/11(土)、ブラジル・サンパウロにて開催されるファイティンググローブ主催「REAL.6」の追加カードが発表されました。

今回は2つの対戦カードが同時発表され、その2選手が柔術黒帯です。

まずは今年3年ぶりにムンジアルに復帰し、準優勝となったアリ・ファリアスが電撃参戦決定。

アリは今年のコパ・ブルテリアに招聘すべく調整してましたが、準備期間が短くビザ取得が難しいとのことで泣く泣く断念。

ですがその後もコンタクトは続けていて、ちょうど今大会の開催が決まりMMAでのオファーをしたところ快諾され急遽参戦が決まりました。

すでにMMAでは4勝1敗の戦績を持つアリは柔術家らしく4勝のうち3試合を一本勝ちしており柔術仕込みの極めの強さをMMAでも発揮しています。

現在はブラジルのリオデジャネイロのX−GYMでMMAファイターとしてのトレーニングに集中しており、年末年始もなく練習に明け暮れる予定と今大会に意欲的でした。

そんなアリの対戦相手はフィリピン人のアーニー・ブラカで、この選手はいまMMAが盛り上がっているフィリピンから出てきた新鋭MMAファイターで鋭い打撃が持ち味とのこと。

まだキャリアこそ少ないですが、それだけにまだ伸びしろがある将来有望なファイターという触れ込みです。

柔術黒帯のアリと打撃系ファイターのアーニーはMMAならではの"寝技vs打撃"の一戦でサブミッションかKOで勝敗が決するのは間違いないでしょう。


01
アリ・ファリアス(ブラジル) VS アーニー・ブラカ(フィリピン)



そしてもう1試合はベテランのカルロス・トヨタがREAL.2以来、久々の参戦。

トヨタはMMA戦績17戦の経験を持ち、勝っても負けてもいい試合をすることで会場人気があるファイター。

勝ち星8つはすべて一本勝ちかKOでの勝利で柔術黒帯なのに7つのKO勝利というのも特筆すべきことでしょう。

そしてそのKO勝ちの中にはかのチェ・ホンマンをも1RでKOしてるのはよく知られています。

他にも高瀬大樹、松井大二郎など日本人選手にも打撃で葬っており、いまや打撃系ファイターと言っても過言ではありません。

トヨタの対戦相手のザミルベック・シルガバエフはキルギスタンのレジェンド的な選手でハードパンチャーとのことでヘビー級らしい豪快な打ち合いが期待されます。


02
カルロス・トヨタ(ブラジル) VS ザミルベック・シルガバエフ(キルギス)


さらにREALのウェルター級王者のマルコス・ソウザの参戦も決定済みで、対戦相手は追って発表されるとのこと。


03
マルコス・ソウザ


ホドウフォ・ヴィレイラのMMAデビューが注目されるREALブラジル大会ですが、その他のカードも注目試合目白押しです!



04
『REAL.6』
■日時
2/11(土)

■会場
ジナシオ・マウロ・ピニエロ(ブラジル・サンパウロ)

■決定カード
ホドウフォ・ヴィエイラ(ブラジル)vsダニヤル ザリルベック ウウル(キルギス)
REAL FIGHT CHAMPIONSHIP フェザー級トーナメント決勝戦
芦田崇宏(日本)vs ヴラディスラフ・パルブチェンコ(ウクライナ)
カルロス トヨタ(ブラジル) VS ザミルベック シルガバエフ(キルギス)
アリ・ファリアス(ブラジル) VS アーニー・ブラカ(フィリピン)

■参加予定選手
ジョルジ・パチーユ・マカコ / サンパウロ - ブラジル
Jorge Patino Macaco / Sao Paulo - Brazil
郷野 聡寛 / 日本
Akihiro Gono / Japan
星野 大介 / 日本
Daisuke Hoshino / Japan
ヴラディスラフ・パルブチェンコ / ウクライナ
Vladyslav Parubchenko / Ukraine
ディミトリー・パルブチェンコ / ウクライナ
Dmitriy Parubchenko / Ukraine

■大会サイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アンデウソン・マルケス(39)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月13日

【REAL FIGHT】REAL.6、ブラジルで開催!

r6
柔術家が多く出場しているREAL FIGHTが次回大会「REAL.6」をブラジルのサンパウロで開催することを発表しました。

日時は2/11(現地時間)、会場はジナシオ・マウロ・ピニエロで、この会場は昨年開催されたADCCブラジル大会と同じ会場です。

この大会の目玉はムンジアル王者のホドウフォ・ヴィレイラのMMAデビュー戦。

ホドウフォは昨年12月に横浜で開催されたREAL.3に来場し、そこでMMA転向を発表しました。


1



その後、ブラジルからフロリダのマイアミに拠点を移し、ATTにてMMAデビューに向けて着々と準備を進めていました。

そしてついにこのREAL.6でMMAデビューを果たします。


スクリーンショット (58)



その他にも郷野聡寛が勝ち上がっているライト級トーナメントの準決勝戦、さらに芦田崇宏vsヴラディスラフ・パルプチェンコのフェザー級トーナメントの決勝戦も開催予定。

またブラジルのベテラン、ジョルジ・パチーユ・マカコも参戦決定選手として名を連ねています。

「武道復活」をテーマに世界中の未知なる強豪を集結させる「REAL」、歴史が変わる瞬間をお見逃しなく!


『REAL.6』
■日時
2/11(土)

■会場
ジナシオ・マウロ・ピニエロ(ブラジル・サンパウロ)

■参加予定選手
ホドウフォ・ヴィエイラ / リオデジャネイロ - ブラジル
Rodolfo Vieira / Rio de Janeiro - Brazil

ジョルジ・パチーユ・マカコ / サンパウロ - ブラジル
Jorge Patino Macaco / Sao Paulo - Brazil

郷野 聡寛 / 日本
Akihiro Gono / Japan

星野 大介 / 日本
Daisuke Hoshino / Japan

芦田 崇宏 / 日本
Takahiro Ashida / Japan

ヴラディスラフ・パルブチェンコ / ウクライナ
Vladyslav Parubchenko / Ukraine

ディミトリー・パルブチェンコ / ウクライナ
Dmitriy Parubchenko / Ukraine


■大会サイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年06月13日

【レポ】REAL 5 サトシ・ソウザ&飯嶋貴幸の試合

00
6/12(日)、東京・水道橋のTDCホールでFighting Globe主催「REAL.5」が開催された。

今回は、本大会に出場したサトシ・ソウザと、サンディエゴにMMA留学中で本ブログの不定期連載「サンディエゴ日記」でもおなじみの飯嶋貴幸の2試合に絞って詳細にレポートする。


01



まずは飯嶋の試合から。

飯嶋の相手、ダスタンは、ブラジリアン柔術をバックグラウンドに持ち、今回がMMA初戦となるキルギス出身の選手。

昨年末の「REAL.3」で柔術ベースの中国人選手から一本負けを喫している飯嶋にとっては、サンディエゴでのMMA留学の成果が試される一戦となった。


02
飯嶋貴幸(Natural 9)



03
フェザー級スペシャルマッチ
飯嶋貴幸(NATURAL9)
vs
ダスタン・アビヂミタリップウウル(サルブラック)



04
1R、トップを取られてもブリッジでリバーサル、ガードからのギロチンや腕十字を狙うなど、柔術家らしい動きを見せるダスタンだが、飯嶋もアキレスを狙うなど落ち着いて対処。



05
2R序盤、飯嶋はテイクダウンからトップを奪うと、パウンドを落としてダスタンを出血させる。クローズドガードに入れられても飯嶋はパウンドを落とし続けてダメージを与え、判定3-0で飯嶋が勝利を収めた。



06
飯嶋のコメント
「とりあえず勝ててホッとしてます。今回は何が何でも勝ちたかったです。また明日からサンディエゴに戻りトレーニングをスタートします。成長した姿を見せれるようにまたトレーニングに励みます!!」



07
サトシ・ソウザ(ボンサイ)



08
REALスーパーライト級トーナメント決勝
サトシ・ソウザ(ボンサイ)
vs
ZUZU(T’sキックボクシングジム)
前週にLAで行われたムンジアルでまさかの初戦敗退を喫したサトシにとっては、柔術とMMAで競技は違えど、何としてでも勝ちたい一戦。



09
1R、キックベースのZUZUを相手に、左ジャブ、右前蹴りを放ったサトシは、空振りになるも豪快な右ハイも繰り出す。



10
その直後、テイクダウンでZUZUの体勢を崩すと、立ち上がってきたZUZUにケージを背にしてサトシが飛びつきガード。



11
そのまま三角、腕十字をセットアップし、1R1:54、腕十字で一本勝ち。スーパーライト級トーナメントすべてを一本勝ちで勝利する文句なしの強さで、REAL初代スーパーライト級チャンピオンに輝いた。



12
チャンピオンベルトを巻かれたサトシは、涙ぐみながら「いつも生徒や家族が応援してくれてありがとうございます。もっともっと練習して、必ず世界に私の力を見せてやる」とコメント。



13
ケージを降りると、ファンからのサイン攻めにも笑顔で応えていた。



14
会心の一本勝ちで見事にベルト獲得のサトシ・ソウザ。
実兄のマルキーニョスとサトシがREALの顔として今後も活躍を期待したい。



15




Photo and text by Satoshi Narita / Jiu Jitsu NERD



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月14日

【MMA】6/12 REAL.5にサトシ・ソウザ出場

1
6/12(日)、東京・水道橋のTDCホールで開催されるFighting Globe主催「REAL.5」の記者会見が都内某所で行われました。

この記者会見には同大会に参戦する選手が出席し対戦カードの発表が行われています。

ここで注目なのはREALスーパーライト級トーナメントを決勝戦まで勝ち上がっているサトシ・ソウザでしょう。

サトシはREALスーパーライト級トーナメント決勝戦でZUZU(T'sキックボクシングジム)と対戦します。


2
REALスーパーライト級トーナメント決勝戦
ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ)
vs
ZUZU(T'sキックボクシングジム)




この決勝戦は柔術ベースのサトシとキックベースのZUZUという“寝技vs立技”のスペシャリスト同士の一戦となり、サトシの極めかZUZUの打撃かという緊張感のある試合になるのは間違いありません。

ですがサトシはこの試合の1週間前にはLAで開催されるムンジアルに出場するのでコンディションが心配されるところ。

また練習もムンジアル大会前はギありの練習を増やしているはずなので、そのあたりも気になります。

その点をサトシに直撃しました。


3
サトシ・ソウザ(ボンサイ)
「ムンジアルの後なのは問題ない。もし先にMMAで、その次にムンジアルだったらヤバかったけどね。MMAは怪我の心配もあるから、それが心配だけど逆のスケジュールだったから両方出ることにした。練習も全然大丈夫。MMAの試合前も柔術の練習はやっているから、ムンジアルまでにしっかり仕上げて、ムンジアルもMMAも両方とも勝つよ!」



また今大会のスペシャルマッチでフェザー級ワンマッチに飯嶋貴幸(NATURAL7)の出場も発表されました。

飯嶋選手は現在、サンディエゴのビクトリーMMAでディーン・リスター&ジェフ・グローバーと練習中で、この試合のために一時帰国して出場予定。

対戦相手はキルギスのダスタン・アビヂミタリップウウルなる選手で国際戦となりますが、半年間の海外修行の成果を見せて欲しいと思います。


j1
飯嶋貴幸(NATURAL 9)



Real_Fight_Championship-logo
【大会情報】
「REAL 5」
日時:6/12(日)
会場:TDCホール(東京・水道橋)
時間:15:00/開場 16:00/開始

※プレマッチは15:00開始予定

■その他の決定対戦カード
REALフェザー級トーナメント準決勝
芦田崇宏(BRAVE)
vs
ヌルベルゲン・シャリポフ(カザフスタン)

REALフェザー級トーナメント準決勝
中村ジュニア(マッハ道場)
vs
ウラディスラフ・パルブチェンコ(ウクライナ)

■チケット料金
ROYAL席15,000円 VIP席12,000円 SRS席9,000円 
1Fバルコニー席8,000円 2Fバルコニー席7,000円 
3Fバルコニー席6,000円
※当日券は各席500円増し

■チケット販売所
イープラス 
ローソンチケット

■問い合わせ
FIGHTING GLOBE=TEL:042-711-7510



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年03月13日

【結果】REAL.4:主な結果

01
3/12(土)、東京・水道橋のTDCホールで開催されたFighting Globe主催「REAL.4」の主な結果です。

今回はこの大会に出場したサトシ・ソウザとアバターの試合の結果を紹介します。

サトシはライト級トーナメント準決勝に、アバターはヘビー級トーナメント準決勝にそれぞれ出場しました。


続きを読む

2016年03月12日

【MMA】REAL.4:前日計量の様子

01
3/12(土)、東京・水道橋のTDCホールで開催されるMMAイベント「REAL.4」の前日計量が東京ドームホテルにて行われた。

この大会にはホベルト・サトシ・ソウザとルイス・サントス“アバター”の2選手が参戦し、柔術界では大きな注目を集めている。

続きを読む

2015年12月07日

【ニュース】ホドウフォ・ヴィレイラ、MMAデビューへ!

1
横浜文化体育館で開催された「REAL 03」でホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)が登場し、そこで来年のMMAデビューとREAL参戦が発表されました。

ホドウフォのMMA転向はかねてより噂されており、様々な憶測がありましたが、遂に公式発表となりました。

今年のホドウフォは柔術はムンジアルには参戦せずにワールドプロのみでしたがADCCは悲願の初優勝を果たしています。

そのADCCを視察していた山田重孝・ファイティンググローブ代表がホドウフォと直接交渉を行い、約3ヵ月の交渉期間を経て試合契約の締結となりました。

過去にもREALはマルキーニョス&サトシのソウザ兄弟やクロン・グレイシーなど柔術界のビッグネームのMMAデビューをプロデュースしてきましたが、今回のホドウフォもその一環をとしてのスカウト。

気になるホドウフォのデビュー戦は来年の秋ぐらいの予定というからいまから楽しみでなりません。

その他、ホドウフォのMMA転向についてのインタビューは12/23発売の「Fight & Life」誌に掲載予定となっているので、そちらもぜひチェックして頂きたいと思います。


2
「REAL 03」に極秘来日しMMA転向の挨拶をした
ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)。
スーツ姿で登場しポケットに手を突っ込んだまま挨拶という
ふてぶてしさ!



04
今年、ADCCを制したホドウフォは「ムンジアル・ワールドプロ・ADCCの3冠」と
紹介されプロモ映像も流れました。
が、その映像がホドウフォではなくブシェシャになるというアクシデントも!
これにはホドウフォも苦笑いでしたがシャレにならない間違い。



3
会場では早くもサインや記念撮影攻めに遭っていたホドウフォ。
来年のREALは3月、5月に大会を予定しており、その次の
秋に開催予定の大会でのデビューを目指すそうです。




Instagram



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年12月06日

【結果】『REAL 03』主な結果

01
12/5(土)、神奈川県横浜の横浜文化体育館で開催されたファイティンググローブ主催「REAL 03」の主な結果です。

今大会はボンサイから出場したマルキーニョス、サトシ、アバターの3選手が揃って勝利しマルキーニョスは王座防衛を果たしました。

そしてセミファイナル前の休憩時間は大会主催の山田重孝代表よりADCC&ムンジアル王者のホドウフォ・ヴィレイラのMMAデビュー決定がアナウンスされ、ホドウフォ本人も登場。

REALのケージで2016年内のMMAデビューを約束しました。


続きを読む

2015年12月05日

【MMA】『REAL 3』前日計量の様子

01
12/5(土)、神奈川県横浜の横浜文化体育館で開催されるFIGHTING GLOBE主催「REAL 3」の前日計量が横浜某所で開催されました。

今大会は柔術の名門アカデミー、ボンサイから3選手がMMAに参戦します。

大会メインイベントはマルコス・ソウザのタイトルマッチということで柔術ファンは要注目でしょう。


続きを読む

2015年10月22日

【MMA】リアルファイト、第3回開催決定!

1
12/5(土)、神奈川県横浜市の横浜文化体育館で「リアルファイト」の第3回大会の開催が決定し、その記者会見が10/21(水)横浜市内某所で行われた。

今大会ではスーパーライト級(70.8kg〜74.2kg)とヘビー級(93.5kg〜120.7kg以下)の2階級・8人トーナメントの1回戦がラインナップされ、その他にワンマッチが組まれる。


続きを読む

2015年05月05日

【レポート】5/2『REAL 2』

14
5/2(土)、神奈川県・横浜の横浜文化体育館で開催されたファイティンググローブ主催「REAL 2」の試合画像と寸評が広報部より送られてきたので紹介したい。


続きを読む

2015年05月02日

【REAL】『REAL 2』前日計量の結果

01
5/3(土)、神奈川県横浜の横浜文化体育館で開催されるファイティンググローブ主催「REAL FIGHT 2」の前日計量の結果です。


続きを読む

2015年03月12日

【REAL】キックボクシングイベント『ZONE』との共同大会が開催決定!

1
3/10(火)都内にて、総合格闘技イベント『REAL』とキックボクシングイベント『ZONE』の共同大会『ZONE×REAL 第二章』の開催記者会見が行われました。

昨年12月、クロン・グレイシーのMMAデビュー戦で幕を開けた総合格闘技イベント『REAL』。第2回大会となる今大会は、“野良犬”の異名で知られる小林さとし氏がゼネラルマネージャーを務めるキックボクシングイベント『ZONE』とコラボレーションを実現。

続きを読む

2014年12月24日

【結果】『REAL 1』主な結果

poster1105
12/23(火・祝)、東京・有明の有明コロシアムで開催されたFIGHTING GLOBE主催『REAL 1』の主な結果です。


続きを読む

2014年12月23日

【MMA】REAL 1:前日計量

01
12/23(祝)、東京・有明の有明コロシアムで開催されるMMAイベント「REAL 1」の前日計量の結果です。


続きを読む

2014年12月19日

【TV】12/23『REAL 1』、TV放送決定!

r1a
12/23(祝)、東京・有明の有明コロシアムで開催される『REAL 1』のTV放送が決定しました。

TV放送は大会翌日の12/24(水)、23:00〜24:55にBSフジで2時間枠となっています。

■番組詳細はコチラから!

今大会はクロン・グレイシーのMMAデビュー戦が行われる他、マルキーニョス&サトシの兄弟揃い踏みが実現。

そのマルキーニョスの試合はタイトルマッチ!

さらに高瀬大樹のひさびさの復帰戦やカーロス・トヨタの試合もあります。

残念ながら出場予定だったアレッシャンドリ・オガワの試合はキャンセルになってしまいましたが、柔術家のMMAマッチがここまで多くラインナップされた大会はなかったのでは?!

すでにヒクソンは来日済みで国内某所で大会関係者と最終ミーティングを行い、準備は万端な様子です。


r1b
ヒクソンと通訳を務めたエジソン・カゴハラ。


他にアブダビの柔術連盟の審判部長であるシド・ジャシント氏も来日し大会の視察を行います。


Sid
シド・ジャシント氏


今大会PVも公開中で、どことなくPRIDE風味なテーマ曲が懐かしさを感じさせます。

■PVはコチラから!

なお大会速報はオフォシャルのTwitterとFacebookで随時更新予定とのこと。

大会まであと5日を切った『REAL 1』、大会翌日にすぐTVで見れるのは嬉しいですね。


poster1105
【クロン・グレイシー MMAデビュー戦】
『REAL 1』
日時:12/23(火・祝)
会場:有明コロシアム
開場:15:00
開始:16:30
チケット:
SRS席 : ¥54,000(税込)  アフターパーティーへ無料ご招待
スペシャルギフト3点セット付(REAL-1 Tシャツ、公式パンフレット、シークレットギフト)
S席 : ¥16,200(税込)
スペシャルギフト2点セット付(REAL-1ポスター、公式パンフレット)
A席 : ¥10,800(税込)公式パンフレット付
B席 : ¥6,480(税込)
C席 : ¥4,320(税込)

■オフィシャルサイトはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年11月22日

【REAL 1】クロン・グレイシーのMMAデビュー戦の相手が決定!

poster1105
12/23(火・祝)、東京・有明の有明コロシアムで開催される「REAL 1」で行われるクロン・グレイシーのMMAデビュー戦の相手が決定しました。

その相手とは韓国人レスラーのキム・ヒョンスです。

キムの詳細は不明ですがアマレス出身でアマレスはもとよりグラップリングでも多数の実績を持っており、レスリングでは全韓国フリースタイルを2連覇という強豪。

現地では「Immortal Wrestler」(不滅のレスラー)の異名を持ち、韓国のMMAプロモーション「ROAD FC」が主宰する韓国版TUFのレスリングコーチでもあり、そこで日夜指導の辣腕を振るいながら自身のMMAデビューに向けて準備していました。

このキムもクロンと同じくこの試合がMMAデビュー戦となります。


9R3A1174
「REAL.1」でMMAデビュー戦を行うクロン・グレイシー



k2
クロンのデビュー戦の相手、キム・ヒョンス



k1
クロン・グレイシーの対戦相手が発表された東京スポーツ(11/21号)




大会メインイベントを飾るクロン・グレイシーのMMAデビュー戦、さらにサトシ&マルキーニョスの兄弟揃い踏みに加え、カーロス・トヨタも出場という柔術家が多数参戦のREAL 1。

チケットは好評発売中です!


poster1105
【クロン・グレイシー MMAデビュー戦】
『REAL 1』
12/23(火・祝)開催!
■オフィシャルサイトはコチラから!




cup2015 tokyo
【出場申し込み受付中】
1/12(月・祝):全ての白帯&マスター青紫茶黒帯
1/18(日):アダルト青紫茶黒帯
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
台東リバーサイド(東京・浅草)
■大会詳細はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2014年11月15日

【REAL FIGHT】11/16 ドゥマウ浅草大会でポスター配布

realp
11/16(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催される『DUMAU JAPAN OPEN 2014』。

この大会会場にて12/23に有明コロシアムで開催されるプロMMAイベント「REAL FIGHT」の大会ポスターが無料配布されます。

「REAL FIGHT」はクロン・グレイシーのMMAデビュー戦が行われることが決定しており、他にもサトシ・ソウザ&マルコス・ソウザのソウザ兄弟の出場もある柔術に馴染みが深いイベントなのは周知の通り。

ドゥマウの会場に「REAL FIGHT」サポーターのモデルである上村華乃子さんが来場しPR活動&ポスター配布予定で、表彰式でのメダルガールとしての参加も打診中です。

さらに上村さんの他にももう1名のモデルも来場予定でドゥマウの大会に華を添えてくれることとなっています。

「REAL FIGHT」大会ポスターは豊富に用意されてるので誰でも入手可能の予定ですが、確実に入手したい方はお早めの来場をオススメします。

なお、ポスター配布はお昼ぐらいからを予定しています。


uemura_kanako
「REAL FIGHT」サポーターモデル
上村華乃子


realp
■「REAL FIGHT」関連ニュースはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】フェルナンド・テレレ(35)



©Bull Terrier Fight Gear