English Portugues Japanese

ADCC 2009

2009年09月18日

ADCCバルセロナを生中継で見れる!


遂に来週末に開催が迫った2年に1度の組技の祭典、ADCCスペイン大会。

今大会もキラ星のごとく多くのスター選手がスペインはバルセロナに集結し、組技世界一の称号を競い合います。

その大会を自宅にいながらPPVで見ることができます!

前回大会でも行われたPCでのPPV、今回はさらにバージョンアップして生中継と特別編集版をビデオ・オン・デマンド・ウェブキャストで期間限定ながら何度でも見ることができます。

期間限定といっても9/30から10/12までですから十分ですね。

このPPVは本戦の1回戦から決勝まで中継され、2日間とも6〜8時間は放送される見込みです。

また特別編集版のみが見れるPPVもあり、こちらは$14.95とちょっとお安くなってます。

でも特別編集版だとベストファイトと各カテゴリーの決勝のみなのでやや物足りないかもしれません。

さて今回のADCC・PPV、このブログのバナーから申し込みをそればディスカウントプライスでの視聴が可能です!

そのお値段、約20%オフの$19.95!

今は$1が100円を切ってるので実質2000円以下でADCCが見れちゃう!

世界最高峰の戦いが2000円以下ですよ?!

自分なんて20万ぐらいかけて行くのに…!

まあそれはいいとして。

では簡単にPPV購入方法の手順を紹介します。

まずPPV購入ページへ。

コチラから。

購入ページにこのブラジルブログのバナーがあるので、そのバナーをクリックして必要事項を打ち込みます。


ブラジルブログのバナー


念のために必要事項を列記しておきます。

・メールアドレス
・サイトのアドレス(ナシでも可)
・電話番号(ナシでも可)
・ユーザーネーム
・パスワード
・パスワード・もう1回
・格闘技歴(ナシでも可)
・何年やってますか?(ナシでも可)
・好きな選手(ナシでも可)
・好きな総合の大会(ナシでも可)


以上です。

なぜか格闘技歴や好きな大会など、アンケートちっくなものがあるのが面白いですね。

でも必須なのはメアドとユーザーネーム、パスワードだけですからご安心を。

次は課金ページです。

支払い方法の選択、カード番号や住所その他の個人情報の入力です。

最初に国を「Japan」に選択すると日本語での入力になるので問題ないでしょう。

ここで注意が必要なのはhotmailやgmailなどのフリーメールでのアドレスだとダメなこと。

ですから他のメアドを入力してpaypalのアカウントを作成します。

paypalはコチラから!

そこで必要事項を入力して申し込みすればADCCが自宅で楽しめます!

2日間たっぷり見て、大会後にはベストファイト&決勝の特別編集版を見ながら大会の余韻を楽しむ、と!

これだけ楽しめて2000円以下なんて破格のお値段!

世界最高峰の戦いを生中継で見れるチャンスをお見逃しなく!

PPV購入はコチラから!








2009年07月25日

ADCC、追加招待の3選手発表!

ADCCニュースで9月開催のADCC本戦の招待選手が追加発表されました。

今回発表されたのは以下の3選手です。



ハファエル・ロバト(-87.9kg)




ヒカルド・アローナ(-98.9kg)




サウロ・ヒベイロ(+99kg)



ハファエル・ロバトはアメリカ人としてBJペンに続き黒帯ムンジアル王者となった選手で、サウロ・ヒベイロ率いるウニバーシティ・オブ・ジウジツ所属です。

大型選手ですが長い手足を有効的に活用したガードワークに定評があります。

かつてコブリンヤにも勝利したことがあります。

階級の差を考えれば当然といえば当然なのですが…。

★ロバトvsコブリンヤは以下から。 

その1 その2

ヒカルド・アローナはADCC無敗の選手で前回大会でもホジャー・グレイシーとスーパーファイトで戦う予定でしたがアローナが負傷欠場で実現しませんでした。

毎回、出る出る言いながら結局は出場しないのが常となってる選手の代表みたいな感があるアローナ、本当に出るのかいまだ懐疑的な気持ちがあるのは否めませんね。

出たらラッキー、ぐらいに思っとくのがいいんじゃないでしょうか。

最後はサウロ・ヒベイロです。

サウロは今や弟・シャンジの名参謀的な存在で第一線からは退いていますが、ここでいきなりの参戦発表とはびっくりです。

以前も引退状態から突如試合に復帰したかと思えばホミーニョに勝って優勝したり、と相変わらずの強さを発揮していたのが思い出されます。

ADCC2001では菊田選手に敗れてしまい、そのせいでパッとした印象がないサウロですが、ADCCでは2回優勝(2000&2003)、ノーギ・パンナム、ノーギ・ワールズでも優勝経験があり、グラップリングでも強いです。

今回のエントリーはなぜか最重量階級の99kg以上ですが、ベテランの意地を見せて頑張って欲しいです。

余談ですが日本の「にごり酒」が大好物です!







2009年07月23日

コブリンヤ、念願のADCC出場へ!

今年、ムンジアル4連覇というホイラー・グレイシーと並ぶ偉業を達成したフーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓩念願のADCC本戦に出場します!

これはADCC本部からの推薦で決まったことで、現在アメリカ在住のコブリンヤはブラジル予選には出ていません。

ちなみに今年のブラジル予選の優勝者はコブリンヤの最大のライバル、ハファエル・メンデスです。

コブリンヤは前回大会のブラジル予選に出ていますが、あえなく準々決勝で敗れており、そのブラジル予選優勝者はブルーノ・フラザトで、ブルニーニョは今回のブラジル予選優勝者のハファを決勝で降して優勝し本戦に出場しました。

予選敗退のコブリンヤでしたが本戦にはスーパーファイトのワンマッチで急遽出場、アメリカ人選手に勝利していす。

最強のペナ級選手、コブリンヤが出場を果たす今大会は前回以上の激戦になること間違いなし!

レオジーニョにハファにハニ、そしてコブリンヤと強豪ブラジリアン4人がエントリーしており、そのまま彼らがベスト4と言ってもいい実績があります。

コブリンヤvsレオジーニョはいまだ実現していないビッグカード、この対戦が実現したら歴史に残る一戦になることでしょう!

とにかくコブリンヤの出場決定は大きなニュース。

ますますADCC本戦が楽しみになってきました!

ちなみに同じくADCC出場が報じられているクロン・グレイシーは関係者によると「オファーはあったが、まだ出場に合意はしていない」とのこと。

出たら嬉しいですが、ここは過度な期待をしないようにしておかないと、ですね。




ADCC2007、計量直後のコブリンヤ




相手の名前はわかりませんが、アメリカ人選手に勝利しました!



2009年07月17日

ADCC本戦の追加選手が発表!

9月にスペインのバルセロナで開催されるADCC本戦の追加選手が発表されました。

まずは-65.9kg、前回大会準優勝のレオジーニョ。

これまで名前が出ていなかったので心配してましたが、このたびめでたく出場が正式決定です。


レオナルド・ヴィレイラ爛譽ジーニョ

ムンジアルで会ったときは体重が75,6kgあったので、これから減量が大変でしょうね。

次は-76.9kgに出場のUFCで活躍する爍韮咤亅瓮献腑襯献紂Ε汽鵐團─璽襪任后

GSPはMMAでもガンガンとテイクダウンを決めてるのでADCCでも活躍できそうですね。

記憶が曖昧ですが、2005年のLA大会にも出てたような…?

-87.9kgにはパンクラス〜UFCで活躍していたネイサン・マーコートが出場です。

ネイサンは2005年以降はUFCを主戦場にしており、MMA戦績は28勝8敗2分、という、すでの40戦近くを経験しているベテラン選手です。

-98.9kgはかつてジャンジャック・マチャドにスーパーファイトで勝利したディーン・リスターが出場です。


ディーン・リスター


ディーン・リスターは2003年のブラジル大会のアブソ王者で2005年のLA大会でJJマチャドと対戦、2007年ニュージャージー大会には不出場でした。

リスターが連れてた爆乳ガールフレンドが忘れられません!

+99kgにはユノラフ・エイネモが出場です。


ユノラフ・エイネモ


前回大会ではホジャー・グレイシーと戦ったエイネモはポイント差で敗れましたが、スーパーファイトで戦うはずだったリスター、アローナが続々と欠場し、1週間前の試合オファーでエイネモの急遽参戦が決まった、という経緯がありました。

今回は万全の状態で出場できることでしょう。

聞いた話によるとエイネモは現在ゴールデングローリーと契約しており、オランダとノルウェーを行き来して練習しているらしいです。

他にADCCのベテラン、バレット・ヨシダの参戦も内定しているそうです。

バレットによると「先週、ADCCから出場打診の連絡があった」とのことです!



2009年07月09日

ADCC2009のオフィシャルサイトがオープン!


9月にスペイン・バルセロナで開催されるADCC本戦大会のオフィシャルサイトが完成しました。

コチラから!

ここでは出場決定選手のプロフィールや動画、大会インフォメーションなどが紹介されています。

ヒラリー・ウイリアムス、トム・デブラス、ムリーロ・サンタナらのなかなかインフォメーションがない選手のプロフィール紹介は嬉しいですね。

ヒラリーがMMAに出てたことやトムがアルメイダの黒帯だったこと、ムリーロがガウヴァオンに勝利した試合の動画など素晴らしい情報量です。

ラナがギの試合で143勝無敗とかカッシム・アナンがまだ20代だったことに驚きです!

ここをチェックしてから本戦を見るとさらに楽しめることでしょう。


ADCCバルセロナ大会は9月24日に選手集合、25日に計量、26&27日に試合、というスケジュールです。



2009年07月02日

ADCCが2010年から階級を9階級に!

fbf9567c.jpg早くも2ヵ月後に開催が迫った2年に1度の世界大会、ADCCスペイン・バルセロナ大会。

今大会は従来どおりの66kg、77kg、88kg、99kg、99kg以上、アブソルートと6階級で開催されますが、2011年の大会からは階級が大幅に増えて全9階級で開催されるようです。

ADCCブラジルのウァウネル・ゴメスが明かしたのは2009年の世界大会終了後、2011年の世界大会予選から9階級で行うようです。

その階級とは…

男子:60kg、65kg、70kg、76kg、83kg、91kg、100kg、+100kg

女子:55kg、60kg、+60kg


このように約5kg刻みで柔術の階級分けに似た重量になっています。

66kg以下の軽い階級が開設されたのでガロやプルーマで活躍していた選手にも試合のチャンスがあることでしょう。

女子も3階級になり、これは元に戻ったことになります。

どうせなら2年後とは言わずに今大会から採用してくれたらいいのに!と思いますが、すでに予選を実施してるだけにそれは無理な要求ですね。

ともかくこれでさ来年のADCCがさらに楽しみになりました!

カテゴリー増設で軽量級にも参戦のチャンスが広がったADCC、今後もグラップリングの最高峰を決める舞台なのは間違いないですね。



2009年06月20日

「ADCC 2009」出場者リスト更新

9月25〜27日にスペインのバルセロナで開催されるADCC本戦の出場予定選手が更新されています。

各国の予選を勝ちあがった選手に前回大会の優勝者、そしてスーパーファイトのカードも発表されています。

スーパーファイトは前回のアブソ優勝者、ロバート・ドライスデールがスーパーファイト王者、ホジャー・グレイシーに挑む一戦です。

これまでロバートはホジャーにいいようにやられていますが、先日話したときに「スーパーファイトでやるかもしれない。次やれば絶対に勝てる!」と豪語してたので、この試合は楽しみです。



日本大好き!
ロバート・ドライスデール



スーパーファイト王者!
ホジャー・グレイシー



階級別出場者は以下の通り。

★男子
☆-65.9kg
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
八隅孝平(日本)
ハファエル・メンデス(ブラジル)
ニコラス・ヘイナー(フランス)
Timo-Juhani Hirvikangas(フィンランド)
ライアン・ホール(EUA)
デビッド・マリナキス(オーストラリア)
ジェイソン・パチィーノ(EUA)

※最近試合から遠ざかっている前回大会の優勝者、ハニ・ヤヒーラ、柔術茶帯のアメリカ人、ライアン・ホール、ブラジル予選優勝のハファエル・メンデスらが出場です。ただレオジーニョの名前がないのが気になりますね。出場しないのでしょうか?!こないだ会ったときは「いま75kgぐらいあるけどアブダビまでには落とす!」と言ってたんですが…。



DVDが発売中!
ハファエル・メンデス




今回は不出場か?!
3タイムス・チャンピオン、レオジーニョ




最近ご無沙汰!
ハニ・ヤヒーラ




DEEP Xにも出場!
八隅孝平選手



☆-76.9kg
マルセロ・ガルシア(ブラジル)
中村K太郎(日本)
ムリーロ・サンタナ(ブラジル)
マルセロ・アゼベド(イタリア)
トニ・リンデン(フィンランド)
ドン・オルテガ(EUA)
ロドニー・エリス(オーストラリア)
エンリコ・コッコ(EUA)

※3年ぶりにムンジアル出場もあっさりと優勝したマルセロ・ガルシア、そしてブラジル予選優勝のムリーロ・サンタナ、強そうな名前のドン・オルテガらが出場です。日本が誇る寝業師、中村K太郎選手の活躍に期待!



ムンジアルをサクっと優勝!
マルセロ・ガルシア




なぜかイタリア国籍を所持!
マルセロ・アゼベド爛Εラプル




☆-87.9kg
デミアン・マイア(ブラジル)
中村和裕(日本)
アンドレ・ガウヴァオン(ブラジル)
カッシム・アナン(フランス)
トロンド・サッセンヴィック(フランス)
ジェイソン・セルヴァ(EUA)
イゴール・プラポスシコフ(オーストラリア)
クリス・ウェイドマン(EUA)

※日本予選優勝の春原選手が不出場で中村選手が予選優勝の1階級下でエントリー。UFCで活躍中のデミアン・マイアは出場するんでしょうか?!ガウヴァオンも楽しみな存在ですが、本来はもう1つ下の階級なので、本戦ではどうなるか。懐かしいカッシム・アナンの名前も。カッシムは修斗に来日経験がある柔道ベースの選手です。



UFCで活躍中!
デミアン・マイア




DREAM.10に来日!
アンドレ・ガウヴァオン



☆-98.9kg
シャンジ・ヒベイロ(ブラジル)
内藤征弥(日本)
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
ラデック・トゥレック(ポーランド)
アンドレアス・オルセン(ノルウェー)
ハファエル・デイビス(EUA)
アンソニー・ペロッシュ(オーストラリア)
ジェラルディ・リナルディ(EUA)

※中村選手の階級ダウンに伴い、予選準優勝の内藤選手が繰り上がりでエントリー。内藤選手はADCC2005のロス大会に出場経験があります。ムンジアルは負傷欠場したシャンジの怪我の回復具合が気になります。



総合で2連勝中!
シャンジ・ヒベイロ



☆+99kg
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)
金親尊氏(日本)
アントニー・ジャウジ(ブラジル)
トーマス・ジャニセンスキ(ポーランド)
ジャンネ・ペッカ(フィンランド)
アサ・フュラー(EUA)
デニス・ロバーツ(オーストラリア)
トム・デブラス(EUA)

※現在はシュートボクセ・アメリカ支部所属のファブリシオ・ベウドゥム、ルタの強豪でマルコ・フアスのトレーニング・パートナーだったアントニー・ジャウジ、先日、中国で試合をしてきたチームタックラーの金親選手らが出場です。



前回大会優勝!
ファブリシオ・ベウドゥム



★女子
☆-60kg
キーラ・グレイシー(ブラジル)
塩田さやか(日本)
藤井惠(日本)
ミッシェル・タバレス(ブラジル)
ローレンス・コウシン(フランス)
イナ・ステフェニンセン(ドミニカ共和国)
ヒラリー・ウイリアムス(EUA)

※今回は階級の統合で2階級のみの開催となった女子。キーラ、塩田、藤井、ミッシェルと強豪揃い。でもこの4強の中ではキーラが頭ひとつ抜けてる感があります。ローレンスはフランス人初のムンジアル王者。ヒラリーはニックネームをミュージシャンになぞらえて爛瀬姚瓩箸いぁ△覆なかのビジュアル系ファイターです。今年のムンジアルの紫メジオ王者でもあり実力もあります。



前回大会優勝!
キーラ・グレイシー




前回大会優勝!
塩田さやか選手
3位は藤井惠選手!




ブラジル予選優勝!
ミッシェル・タバレス



ムンジアルの紫メジオ王者!
ヒラリー爛瀬姚瓮Εぅ螢▲爛



☆+60kg
アネッチ・クアドロス(ブラジル)
ペニー・トーマス(EUA)
平岩仁美(日本)
ロサンジェラ・コンセイサオ(ブラジル)
イダ・ハンソン(スイス)
シャンティ・アヴェーリャ(ドミニカ共和国)
ラナ・ステファナック(EUA)

※前回大会2冠のアネッチ、南アフリカ人初の黒帯にしてムンジアル王者のペニー、結婚して本名で出場の平岩(赤野)、ムンジアルでキーラ&ルカ・ディアスに勝利して2冠を制したラナ、とビッグネーム揃い。



前回大会2階級で優勝!
アネッチ・クアドロス




ムンジアル2階級で優勝!
ラナ・ステファナック




南アフリカ人初の黒帯にしてムンジアル王者!
ペニー・トーマス




結婚して本名で出場!
平岩仁美選手


…と、このような出場メンバーになっています。

今年の初めぐらいには「ヒョードルが出る!」とか騒いでたくせに今となっては「そんな話あったっけ?」ぐらいの無視っぷりがさすがです。

毎度恒例の「出る!出る!…でも出なかった」でしたね。

まあ最初から期待してなかったんでいいんですが!

やはり気になるのはレオジーニョが出るか、出ないか。

これまで3度の優勝歴を誇るレオジーニョにはぜひ参戦して欲しいです。

あとADCC常連のバレット・ヨシダやコブリンヤ、ホミーニョ、タルシス、ルーカス・レイチらブラジリアン柔術の強豪もADCCで見てみたいです。

総合にも出場してるホジャー(ストライクフォース)、シャンジ(戦極)、デミアン(UFC)、ガウヴァオン(DREAM)らは総合の試合オファーがあったらそっちを優先しちゃいそうですね。

そうならないことを祈るばかりです!

まだ枠はありますし、大会直前までどうなるかわからないのがADCCの常なので、これからも出場者リストには一喜一憂しそうですね!

スペインは自分にとって初ヨーロッパ。

本場のパエーリャを食べるのが今から楽しみです!



来月発売の「サブ魂4」はADCC日本予選を大特集!
付属DVDには予選の試合を完全収録という快挙!
詳細はまた追って紹介します!