English Portugues Japanese

マスター&シニア2009

2009年09月08日

マスターシニア2009:マスター紫帯・各階級の決勝戦

長く続いたマスターシニアの試合レポもこれがラスト!

最後はマスター紫帯の各階級の決勝戦をまとめて紹介します!



マスター紫プルーマ級決勝
平田貴俊(パラエストラ小岩)
VS
武林佑(G-FREE)




大接戦の末、2-0で平田選手(青)が優勝!




マスター紫ペナ級決勝
野川賢介(パラエストラ松戸)
VS
首藤健二(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)
野川選手(白)が多数の入賞歴をもつ紫ペナトップ選手の首藤選手を接戦の末、2-0で降しペナ級を制しました。




マスター紫レーヴィ級決勝
山守正明(PUREBRED大宮)
VS
新井亮祐(総合格闘技道場STF)
山守選手(白)がパスガードの3点を守りきり、3-0で優勝。



マスター紫メジオ級決勝
三宅康幸(OKA-JJ)
VS
足立栄二(X-TREME柔術アカデミー)




三宅選手(白)がスイープで2ポイント先取からそのままパスガードして5-0で優勝!



photo and text by Takashi Umezawa



2009年09月07日

マスターシニア2009:マスター紫帯アブソルート級決勝

マスター紫帯アブソルート級はペサディシモ級の中村祐次郎選手(グレイシーウマイタ) が順当に決勝まで勝ち上がりました。

中村選手は2008年のアジア選手権マスター紫帯アブソルート級とペサディシモ級で準優勝の実績があります。

今大会でもペサディシモ級で優勝しています。

もう一方のブロックでは西岡仁選手(パラエストラ東京)が軽量級に位置づけられるプルーマ級にもかかわらず、3試合を勝ち抜き決勝戦までコマを進めています。

3試合のうち、1試合で一本勝ち、残りの2試合はポイント勝利ですが、50/50など最新テクニックを駆使して魅せる試合をしており、試合内容にもこだわりが感じられます。

今大会では全選手を通じて最も大きな歓声を浴びていました。

ちなみに西岡選手は今年のパンナムにも出場しており、国内外問わず試合経験豊富な選手です。



マスター紫帯アブソルート級決勝
中村祐次郎選手(グレイシーウマイタ)
vs
西岡仁選手(パラエストラ東京)




まずはスタンドでの組み手争いです。




西岡選手が飛びついて引き込み、




クローズドガードの体勢へ。




そこから一気に腕十字!




これは一瞬極まるかと思われましたが、中村選手、体格のアドバンテージも利用しつつ上から潰し、逆にパスガードの3ポイントを先取します。




そのまま覆いかぶさるようにして西岡選手の自由を奪っていきます。
しばらくこの状態が続きますが、中村選手が手首を極めにいき、西岡選手が絶叫に近い苦痛に耐えかねた声をあげたところでレフリーが試合を止めます。




中村選手がマスター紫帯アブソルート級優勝です!




準優勝の西岡選手、敗れはしましたが数十kg差にも関わらず、自ら積極的に仕掛けていき会場を大いに盛り上げていました。
今後の試合にも要注目です!


photo and text by Takashi Umezawa

2009年09月01日

マスターシニア2009:マスター紫帯ガロ級決勝

岡村選手は2007年ムンジアル紫帯ガロ級で準優勝をしており、実績としては申し分ありません。

今年も紫ガロでムンジアルに参戦し、優勝者のジャクソン・メロ・フェレイラ選手(グレイシー・バッハ)と接戦を繰り広げており、十分な実力を持っています。

一方の若山選手、2008年のアジアチコのアダルト紫帯ガロ級で3位の実績があります。

しかもそのアジアチコではこの岡村選手を降しての入賞です。

若山選手が再び返り討ちにするのか、それとも岡村選手がリベンジを果たすのでしょうか?



マスター紫帯ガロ級決勝戦
岡村和佳(パラエストラ東京)
VS
若山洋司(PUREBREDアリーナ)
まずは両者引き込みあいのような形になります。




岡村選手が上を選択しますが、下から若山選手がホレッタを仕掛けます。




これが決まり、スイープの2ポイントを若山選手が先制!




しかし岡村選手、すかさず足をすくってスイープを仕掛け、




これが決まって2−2の同点に。




ここから岡村選手の猛攻が始まります。
パスガードを仕掛ける岡村選手、同じ相手に2度は負けられないという気迫が伝わってきます。




しばらく均衡状態が続きますが、ついに岡村選手がパスガードに成功!




さらにマウントも取り、9-2と大量リードを奪います。




最後にダメ押しのパスガードを決めてさらに3点を加点し、最終的には12-2で岡村選手がリベンジを果たした上での優勝です!





photo and text by Takashi Umezawa

2009年08月30日

マスターシニア2009:マスター茶帯アブソルート級決勝

マスター茶帯アブソルート決勝戦は今年4月の全日本選手権のアダルト茶アブソルート級の再戦になりました。

全日本選手権では山本選手が腕十字で一本勝ちをしています。

若林選手のリベンジはなるでしょうか?

山本選手は去年の同級を制しており、2連覇がかかります。

試合開始後見合う両者、やはりレーヴィ級の山本選手が一回り以上大きいです。

体格的に不利な若林選手がどのような戦いを見せるか注目が集まります。



マスター茶帯アブソルート級決勝
若林次郎(パラエストラ東京)
VS
山本健一郎(グラスコ柔術アカデミー)





まずは山本選手が引き込みます。
それに合わせて若林選手はパスガードを仕掛けます。





ここでアドバンテージが1つ若林選手に入りました。




しかしすぐさま山本選手がスイープし、2点先取。




下になった若林選手、山本選手の左腕および左足をがっちり固め、一旦体勢を整えます。




対する山本選手はゆっくり時間をかけて左腕と左足を抜いていきます。




抜けたところで山本選手が一気にパスガード〜マウントを奪取しさらに7点を追加します。




半身になりマウントからのエスケープを試みる若林選手。




そこをすかさず山本選手がバックを奪い4点加点します。




バックから流れるように腕十字に移行する山本選手。
この時点で残り時間は1:30あり、絶体絶命の若林選手ですが、極めさせません。
このまま腕十字の攻防が続いたまま試合終了。




結果は13-0で山本選手が2年連続の優勝です!




表彰台
優勝  山本健一郎(グラスコ柔術アカデミー)
準優勝 若林次郎(パラエストラ東京)
3位  千田豊(柔専館)


photo and text by Takashi Umezawa



2009年08月29日

マスターシニア2009:マスター茶帯アブソルート級準決勝

マスター茶帯アブソルート級は決勝戦のレポートの前にまずは準決勝の模様を1試合ピックアップしたいと思います。

若林選手は1回戦シード、2回戦はマスター茶レーヴィを制した笹原トメヤ・フィリォ選手(グレイシーウマイタ)を朽木倒しから得た2ポイントで下しての準決勝進出です。

今大会の階級別では本来プルーマ級から1階級上のペナ級でエントリーするも金古選手(ポゴナ・クラブジム)に惜しくも敗れ、入賞はなりませんでした。

一方の千田選手は階級別でその笹原選手に惜敗し、アブソでの巻き返しをはかります。



マスター茶帯アブソルート級準決勝戦
若林次郎(パラエストラ東京)
VS
千田豊(柔専館)




試合開始、まずは千田選手が引き込みます。




すぐさまスイープをかける千田選手、若林選手はバランスよく上の体勢をキープ。




そのまま若林選手が足関節を狙っているような複雑な形になります。




一旦立ち上がる若林選手に対し、千田選手はスパイダーガードをしかけていきます。





しゃがみこんでスパイダーガードを切り、一気にクロスニーパスを仕掛けんとする若林選手。




千田選手はなんとか凌ぎます。



ここで両者スタンド状態になります。
この時点でアドバンテージは1-1です。




再び引き込む千田選手、それにあわせてパスを仕掛ける若林選手。




千田選手も負けじとスイープを仕掛けますが若林選手のパスのプレッシャーに耐え切れません。




そのまま若林選手がパスしかかりますが、ここでタイムアップ。
両者ポイントは入らず、アドバンテージも1-1です。




結果はレフリー判定に委ねられ、若林選手の手があがります。
若林選手、階級上の茶レーヴィ強豪2選手を下しての決勝進出です!


photo and text by Takashi Umezawa



2009年08月28日

マスターシニア2009:マスター茶帯レーヴィ級

マスター茶帯レーヴィ級決勝戦では1回戦と同じ顔合わせが実現しました。

1回戦では山本選手が笹原選手に辛勝しており、対する笹原選手は千田豊選手(柔専館)を降しての決勝進出です。

笹原選手、果たしてリベンジなるでしょうか。

山本選手は去年の全日本マスター&シニアの同級およびアブソルート級を優勝しています。

また今年の全日本選手権でもアダルト茶レーヴィで優勝しています。

一方の笹原選手、本来の階級はペナ級で、紫帯時代は数々の入賞経験があり、主な実績としてはアジア選手権2008でマスター紫帯アブソルート級優勝などがあります。



マスター茶帯レーヴィ級決勝
山本健一郎(グラスコ柔術アカデミー)
VS
笹原トメヤ・フィリォ(グレイシーウマイタ)
まずは山本選手、1回戦と同様ガードを選択します。





やや静かな立ち上がりとなりましたが、山本選手が序々に腕などを狙っていきます。




しかし笹原選手も負けじとパスガード、絞めなどのプレッシャーをかけ、1回戦同様互角の展開です。




ここで山本選手がカウンターの腕十字!




笹原選手ピンチになりますが、ここは何とか脱出します。
まだ両者ともにアドバンテージも入っていません。




山本選手、さらに追い討ちをかけるようにもぐりからスイープを狙います。




笹原選手ここをうまく潰していき、逆にパスガードの猛攻を見せます。




これを山本選手が凌ぐところで試合終了。




結局ポイントおよびアドバンテージともに入らずに勝敗はレフリー判定に委ねられ、レフリーが笹原選手の手を掲げます。
笹原選手がリベンジ達成&優勝です!



正直どちらが勝ってもおかしくない難しい判定だったと思います。

両者の健闘を称えたいです。


photo and text by Takashi Umezawa




2009年08月27日

マスターシニア2009:マスター茶帯プルーマ

マスター茶プルーマ決勝戦に進出した山田選手は2008年の全日本新人戦アダルト茶帯プルーマ級優勝の実績があり、そのときはトライフォースの芝本選手を破るなど価値ある勝利を挙げています。

対する友野選手はアジア選手権2008マスター茶帯ペナ級で準優勝の実績があります。

両選手ともその他の入賞履歴もいくつかあり、実力者同士の一戦であることは間違いありません。




マスター茶帯プルーマ決勝戦
山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)
VS
友野晴敏(エクスカリバー&ファンタジスタ)
試合展開は山田選手が先手をうち、下から三角を狙います。
友野選手は立ち上がり三角絞めを振りほどこうとします。
ですが山田選手、三角絞めをしつこく狙っていきます。



友野選手は締めが深く入らないように相手の帯を握りディフェンスをします。
ここで山田選手にアドバンテージが入ります。




ついに三角絞めが解け、友野選手がパスガードをしかけます。




と思った瞬間、山田選手が下から腕十字!




なんとか凌ぐ友野選手ですが、再度山田選手に引き込まれ、試合終了間際にスイープを許してしまいます。




このまま山田選手がポイントを2点リードしたまま試合終了。
見事、山田選手がマスター茶プルーマを制しました!


photo and text by Takashi Umezawa




2009年08月20日

マスターシニア2009:マスター茶帯ペナ決勝戦

マスター茶帯ペナ決勝戦は金古一朗選手と宮路淑紀選手の顔合わせになりました。

金古選手は決勝にコマを進めるまでに若林次郎選手(パラエストラ東京)などを破ってきています。

これまでの主な実績としては今年のGiアマ関東のアダルト茶プルーマで優勝しています。

対するは宮路選手、2007&2008の全日本マスター&シニアのマスター紫ペナで2年連続の実績があります。




<決勝戦>
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
VS
宮路淑紀(草柔会仙台)
試合はまず宮路選手がテイクダウンで2ポイント先取。
金古選手はすぐにスパイダーガードの体勢に入ります。



そこから体を回転させてバックを狙います。
だがこれは不発。




金古選手、クローズドガードに戻し、その後もう一度スパイダーガードをかけます。




しかし、宮路選手慌てることなく落ち着いて対処していきます。




結局宮路選手が金古選手に反撃のチャンスを与えることなく
2-0でマスター茶ペナを制しました。
宮路選手、これで3年連続全日本マスター&シニアを制覇です!


photo and text by Takashi Umezawa




グレイシーマガジン最新号・#149
特集「World Championship 2009」
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!
内容詳細はコチラから!





☆会員募集中☆初心者にも親切指導☆
「ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE」
お知らせブログはコチラから!



★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト










2009年08月19日

マスターシニア2009:マスター茶帯ガロ級

マスター茶帯ガロ級1回戦は2008年アジア選手権マスター紫帯ガロ級優勝の新沢選手と2007年全日本オープンシニア1紫帯ガロ級優勝の経験をもつ星選手との一戦です。



マスター茶帯ガロ級1回戦
新沢千之(パラエストラ川越)
vs
星正和(草柔会仙台)
まずは互いに引き込みあうような形に。




しばらく見合った後に新沢選手が引き込み。




新沢選手すぐさまスイープし、2点先取。
その後しばらくのあいだ、星選手のガードに苦しむ
新沢選手ですが、クロスニーパスを仕掛けていきます。



ほとんどパスガードしかかったところで星選手がこれを嫌い亀の体勢をとります。




しかし新沢選手このチャンスを見逃さず一気にバックを奪い4点追加し、6-0に。
さらに追い討ちをかけるようにバックから絞め技をかけます。




このまま星選手が耐え続けて試合終了かと思われたそのとき、
なんと星選手が落ちてしまいます。
残り14秒で一本勝利の新沢選手が決勝進出です!



決勝戦は1回戦を勝ち上がった新沢選手とプロ修斗でも活躍していた吉岡選手の一戦になりました。

両者ともに経験豊富で、どちらが勝つか予想がつきません。




マスター茶ガロ決勝戦
吉岡広明(パラエストラ川和泉)
VS
新沢千之(パラエストラ川越)




試合開始直後、吉岡選手が引き込みます。




新沢選手はパスガードを狙っていきますが、吉岡選手のガードが固くなかなかパスの体勢にまで至りません。




しばらく膠着した後に、逆に吉岡選手がもぐりからスイープをかけます。
しかしバランスのよい新沢選手すぐに上をキープし続けます。




下から足を狙う吉岡選手。新沢選手は冷静に対処し、
極められてしまう様子はありません。
しかしここでアドバンテージが吉岡選手に入ります。




そのままスイープも狙う吉岡選手、さらアドバンテージを加えます。




残りわずかの時間で今度は新沢選手が逆襲にでます。
パスガードしかかるシーンもあったものの無念の時間切れで吉岡選手が優勝です!




勝利した吉岡選手ですが、自分の試合ができなかったのかマットを出るときにとても悔しそうにしていたのが印象的でした。




photo and text by Takashi Umezawa


2009年08月18日

マスターシニア2009:マスター茶メジオ決勝戦

マスター茶メジオ級は決勝戦も1回戦と同じ顔合わせになりました。

1回戦は早川選手が僅差の判定勝利を収めましたが、光岡選手のリベンジはなるでしょうか?!




<決勝戦>
早川信彦(パラエストラ東京)
VS
光岡祥之(藤田柔術平田道場)





試合は1回戦のときとはまったく別の展開で、早川選手が開始後、即座にバックを奪います。




光岡選手はエスケープを試みるも早川選手の老獪なテクニックになかなかポジションを戻すことができません。
早川選手は後ろから絞めのプレッシャーなどを与えていきます。




セコンドの指示も冷静に聞き、足のフックが深すぎて足を狙われそうなときはフックの位置を微調整していきます。




さらに、試合中盤には光岡選手が逃げづらいように足のフックを胴締めのようにし逃しません。




完全に早川選手が試合の主導権を握ったまま試合は終了。




4-0で早川選手が茶帯デビュー戦にも関わらず、マスター茶メジオ優勝という快挙を成し遂げました!



photo and text by Takashi Umezawa


2009年08月17日

マスターシニア2009:マスター茶メジオ一回戦

マスター茶帯メジオ級にはパラエストラ町田でインストラクターを務める早川信彦選手が出場しました。

早川選手は紫帯時代の試合のほとんどを一本勝ちで勝利しており、極めの強さに定評があります。

5月のGiアマ関東、6月の関東選手権と連続して優勝し、師匠の中井祐樹氏から満を持して茶帯を授与されました。

今回は茶帯デビュー戦ですがどのような戦いをみせるでしょうか。

対する光岡選手はムンジアル出場経験もあり、2008年全日本マスター&シニアでマスター茶メジオで優勝の実績がある強豪中の強豪です。

今回は連覇をかけての参戦です。




<1回戦>
早川信彦(パラエストラ東京)
VS
光岡祥之(藤田柔術平田道場)




開始早々早川選手(黒道着)が下になりハーフガードの状態をとります。




そこからスイープを仕掛けますが、逆に光岡選手のカウンターのパスガードでアドバンテージを取られてしまいます。




再びスタンドへ。




早川選手が引き込み。




再度ハーフガードの体勢をとります。




そこにすかさずパスガードを仕掛ける光岡選手。




開始直後と同じ展開になるかと思われましたが、ここで隙ができた光岡選手にしたから早川選手が腕十字!




しばらく極めの体勢が続き、あわや一本の展開でしたがなんとか光岡選手が難を逃れます。




しかし一本を身上とする早川選手、追撃の手を緩めることはありません。
腕十字の次は足を狙っていきます。
極めには至りませんが着実にアドバンテージを取っていきます。
終盤の膝十字は極まるかと思われましたが何とか光岡選手が逃れて試合終了。




結果は常に一本を狙う姿勢をみせた早川選手がアドバンテージ3-2で前年同級王者を破る金星で決勝進出です!



photo and text by Takashi Umezawa



2009年08月13日

マスターシニア2009:マスター黒メジオ決勝戦

<マスター黒メジオ決勝戦>

林俊介(GRABAKA柔術クラブ)
VS
時任拓磨(PUREBRED大宮)
実力者同士の対戦、どちらが勝ってもおかしくない伯仲の展開が予想されます。




ホレッタを警戒してか、林選手が開始と同時に引き込みます。




上からパスガードを狙っていく時任選手。




林選手の足をうまく潰し、まずは3ポイントを先取します。




そこから一気にバックを狙いにいきますが、林選手も簡単にはバックを取らせてはくれません。




しかし、いったんはエスケープできたものの時任選手の執拗な攻撃に林選手とうとうバックを取られてしまいます。





そのまま反撃のチャンスを得ることができず試合終了。




時任選手が7-0で勝利、マスター黒帯メジオ級を制しました。


photo and text by Takashi Umezawa

続きを読む

2009年08月12日

マスターシニア2009:マスター黒メジオ一回戦

マスター黒メジオ一回戦

林俊介(GRABAKA柔術クラブ)
VS
近藤哲也(レッドシャーク)

2007年全日本選手権アダルト黒帯メジオ級優勝という輝かしい実績を持つ林選手に対するはレッドシャークの近藤選手。




スタンドの攻防、まずは近藤選手が引き込みます。
しかし、林選手がすぐさまパスガードを仕掛け3ポイント先取。
近藤選手、エスケープを試みるも林選手の抑えこみが強く、簡単にはいきません。
逆にカウンターで林選手が腕を取りにいきます。




近藤選手何とか凌ぐも、林選手、今度は三角絞め、腕十字と次々と極め技を仕掛けていく。




近藤選手は反撃のチャンスを見出せません。




結局一本には至りませんでしたが、パスガードの3ポイントを奪取した林選手が決勝戦にコマを進めました。





マスター黒メジオ一回戦

近藤哲也(レッドシャーク)
VS
時任拓磨(PUREBRED大宮)
変則三つ巴戦のため、林選手に惜しくも敗れてしまった近藤選手ですがまだ優勝のチャンスはあります。
対するは今年のムンジアル黒メジオで2008年世界王者のセルジオ・モラエスと接戦を繰り広げた時任選手です。




試合開始早々、時任選手が引き込みます。




そのまま腕をとって、得意技のホレッタが炸裂!
しかし近藤選手も反応よく起き上がります。




再び時任選手が引き込み、そこから一気に三角絞めをかけます。




これが極まらないとみるや再びホレッタ!




そこから腕を極めた時任選手




時任選手が3:19一本勝ちで決勝進出です。


★明日は決勝戦を紹介します!


photo and text by Takashi Umezawa




2009年08月11日

マスターシニア2009:マスター黒レーヴィ&アブソ

今日はマスター&シニアで行われたマスター黒レーヴィとアブソの試合を紹介します。

この試合の決勝戦は広瀬vs桑原の同一カードになりました。

広瀬選手と桑原選手の両者は元々、PUREBRED大宮の同門で当時は師弟関係にありました。

それから紆余曲折があり互いに黒帯を巻いてこの初対決となりました。

まず最初に対戦したのは階級別のレーヴィ級の決勝戦でした。




マスター黒レーヴィ決勝戦
桑原幸一(グラスコ柔術アカデミー)
VS
廣瀬貴行(パラエストラ葛西)




桑原選手が腕十字で一本勝ちし優勝!



この試合の後にアブソルートにもエントリーした両選手は互いに勝ちあがり、またも決勝戦で再戦です!




マスター黒アブソ決勝戦
桑原幸一(グラスコ柔術アカデミー)
VS
廣瀬貴行(パラエストラ葛西)




ポイント2-0で廣瀬選手が勝利!
階級別のリベンジを果たし優勝!




表彰台では両者とも笑顔でした!


photo by Takashi Umezawa




2009年08月10日

BJJFJ主催「マスター&シニア」「関東オープン」主な結果

698f1a21.JPGBJJFJ主催「マスター&シニア」主な結果

★マスター黒帯
レーヴィ
優勝  桑原幸一(グラスコ柔術アカデミー)
準優勝 広瀬貴行(パラエストラ葛西)

メジオ
優勝  時任拓磨(PUREBRED大宮)
準優勝 林俊介(GRABAKA柔術クラブ)

アブソ
優勝  広瀬貴行(パラエストラ葛西)
準優勝 桑原幸一(グラスコ柔術アカデミー)


★マスター茶
ガロ
優勝  吉岡広明(パラエストラ和泉)
準優勝 新沢千之(パラエストラ川越)

プルーマ
優勝  山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 友野晴敏(エクスカリバー&ファンタジスタ)
ペナ
優勝  宮路淑紀(草柔会仙台)
準優勝 金古一朗(ポゴナ・クラブジム)

レーヴィ
優勝  笹原トメヤ・フィリォ(グレイシーウマイタ)
準優勝 山本健一郎(グラスコ柔術アカデミー)

メジオ
優勝  早川信彦(パラエストラ東京)
準優勝 光岡祥之(藤田柔術平田道場)

アブソ
優勝  山本健一郎(グラスコ柔術アカデミー)
準優勝 若林次郎(パラエストラ東京)

★シニア1茶
ペナ
優勝  朝倉孝二(パラエストラ池袋
準優勝 鈴木裕之(PUREBREDアリーナ)

★マスター紫
ガロ
優勝  岡村和佳(パラエストラ東京)
準優勝 若山洋司(PUREBREDアリーナ)

プルーマ
優勝  平田貴俊(パラエストラ小岩)
準優勝 武林佑(G-FREE)

ペナ
優勝  野川賢介(パラエストラ松戸)
準優勝 首藤健二(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)

レーヴィ
優勝  山守正明(PUREBRED大宮)
準優勝 新井亮祐(総合格闘技道場STF)

メジオ
優勝  三宅康幸(OKA-JJ)
準優勝 足立栄二(X-TREME柔術アカデミー)

ペサディシモ
優勝 中村祐次郎(グレイシーウマイタ)

アブソ
優勝  中村祐次郎(グレイシーウマイタ)
準優勝 西岡仁(パラエストラ東京)

★関東オープン
アダルト茶
ペナ
優勝 西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)

アブソ
優勝  加古拓渡(グラップリングシュートボクサーズ)
準優勝 田坂和也(セレジェイラ柔術)