English Portugues Japanese

大会結果

2020年06月29日

【結果】3GC「KUMITE 掘廛蹈戰襯函Ε劵瓮優后▲痢璽大会を制し歓喜の涙

00
賞金1万ドルの8人トーナメント「KUMITE(組手)」をメインに大会を開催している3GCことサードコーストグラップリング。

初回はミドル、前回はヘビーのドーギトーナメントで、今回はノーギの180lbs=約90kgでトーナメントが行われた。

ノーギということでギありトーナメントに比べバラエティに富んだメンバーが集まり、帯色を超えた顔合わせも実現するなど興味深い対戦が続出した。

3GCは大会独自のルールを制定しており、サブミッションを極めるか11ポイント先取で勝利となる。

続きを読む

2020年06月28日

【結果】F2W 145:シャンジ&ゲイリー・トーナン、鮮やかな一本勝ちで大会を締めくくる

145_00
いま毎週末に大会を開催してるF2W(ファイト・トゥー・ウィン)が今週も大会を行い、メインでシャンジ・ヒベイロ、セミでゲイリー・トーナンの試合をマッチメイクした。

ここ数週間のF2Wはシャンジ門下のヴィトー・ウゴやハファエル・ロバトJrらが出場し大会を盛り上げており、シャンジ自身もセコンドとして会場に来場しており、そこで今回の出場オファーが行われたのは想像に難くないところ。

そしてシャンジ自身も大会出場の機会がなかったため、これを快諾したのではと推測するがどうだろうか。

続きを読む

2020年06月22日

【結果】3GC「KUMITE 供廛凜トー・ウゴ、決勝戦を秒殺で賞金1万ドル獲得

00
いまF2Wと共に精力的に活動しているのが3GC(サードコーストグラップリング)だ。

これはF2Wと同じくテキサスを拠点とするプロモーションで、F2Wはダラスだが、この3GCはヒューストンをホームタウンとしている。

この3GCは6/8にも賞金1万ドルのミドル級8人トーナメントを開催しており、その大会では決勝戦でロベルト・ヒメネスとグスタボ・バチスタが戦い、延長戦の末にバチスタが勝利、賞金1万ドルを手にしている。

01
■その大会レポはコチラから!

続きを読む

2020年06月21日

【結果】F2W 144:ルーカス・ハルク、腕十字を極めて鮮烈な一本勝ちで王座獲得

00
コロナショックから回復しつつあるアメリカのグラップリングシーンは再び軌道に乗り、F2W(ファイト・トゥー・ウィン)はほぼ毎週末にイベントを開催するという公約を守っている。

F2Wのプロモーター、セス・ダニエルズは6年もの間、テキサス州ダラスでこのイベントを定期開催しており、今大会は144回目として開催された。

前回大会のメインイベントではヴィトー・ウゴvsフェリッペ・アンドリュー、セミファイナルでアナ・カロリナ・ヴィエイラvsナチエリ・ジーザスのタイトルマッチが行われたが、今大会でもメインとセミはタイトルマッチがマッチアップされている。

続きを読む

2020年06月14日

【結果】F2W 143:ヴィトー・ウゴ、秒殺一本勝ちでヘビー級王座獲得

01
いま柔術シーンの中で最も勢いがあるのはF2W(Fight To Win)で間違いないだろう。

なにしろまだコロナショック真っ最中だった5月中旬から、ほぼ毎週のように大会を開催し、Flograpplingを通じてライブストリーミングして全世界にシェアしているのだ。

大会を再開した当初こそ、1大会あたりの試合数も少なく、またマットサイドのスタッフやレフェリーはマスク着用の厳戒態勢で行われていたが、大会再開から1か月が経ったいまは試合数も増え、スタッフのマスク着用率も大幅に下がったように感じた。

続きを読む

2020年06月08日

【結果】3GC「KUMITE1」賞金1万ドル・8人トーナメント

01
6/6(土)、テキサス州ダラスにて3GC(サードコーストグラップリング)が主催する賞金トーナメント「KUMITE1」が開催された。

今年はコロナショックにより1月にIBJJFヨーロピアンが開催されたのみで、それ以外では主だったギのトーナメントは中止・延期となっており、このイベントがIBJJFヨーロピアン以来のビッグトーナメントといえるだろう。

このトーナメントは賞金1万ドルが懸けられたプロトーナメントで、全米各地から強豪選手8人が招聘されている。

続きを読む

2020年06月07日

【結果】WHO'S NUMBER ONE:ゴードン・ライアン、時間無制限マッチで激勝

00
毎週毎週、精力的にイベントを開催しているF2Wがノーギイベント「WHO'S NUMBER ONE」をテキサス州ダラスで開催した。

これはギ&ノーギの混合イベントであるF2Wとは違い、全てがノーギマッチで組まれており、F2Wとは別枠の新ブランドとして行われている。

今大会のメインにはグラップリングで比類ない強さを見せているゴードン・ライアンのノータイムリミット&オンリーサブミッションマッチをラインナップ。

そしてメインカードにはゴードンの実弟であるニックも参戦しており、豪華カードがずらりと並んだ。

続きを読む

2020年06月02日

【結果】Fight To Win 142:ガヴィ・ガルシア、一本勝ちでノーギ王座獲得

00
5月中旬から3週間連続で配信オンリーの無観客大会を開催しているプロイベント「Fight To Win」が前回、前々回と同じくテキサス州ダラスで「Fight To Win 142」を開催した。

今は他大会がほぼなく、F2Wだけが毎週レギュラーでイベントを開催しており、大会配信を手掛ける有料配信サイトのFlograpplingも今大会の煽りに力を入れており、見どころ多い大会となっていた。

そんな中で一番の注目だったのは多数の強豪選手の試合を差し置いて組まれた女子のノーギマッチ、ガヴィ・ガルシアvsケンドール・リューシンだ。

ガヴィのこれまでの実績は今更書くまでもないがムンジアル王者&ADCC王者で近年はMMAにも進出し、日本ではRIZINを主戦場にして活躍中だ。

続きを読む

2020年06月01日

【結果】世羅智茂vs岩本健汰・グラップリングマッチ

s00
まだまだ世界ではコロナショックの終息は考えられない状況ながら、海外のアメリカではレギュラートーナメントに先立ってプロ大会が開催され好評を博している。

それは日本でも同様で柔術はJBJJFもASJJF&SJJJFも活動休止を余儀なくされてる中、先月はMMAプロモーションのONEを無観客で大会開催の英断を下した。

そして今月は修斗が5/31(日)、都内某所にて「PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.3」を「ABEMAテレビマッチ Supported by ONE Championship」として開催、先月のONEと同様にABEMAでライブストリーミングで配信され、数多くの視聴者を魅了した。

その大会の中でセミ前という好ポジションで組まれたのが世羅智茂vs岩本健汰のグラップリングマッチだ。

続きを読む

2020年05月26日

【結果】Fight To Win 141:ロバトJr、MMA引退も柔術で復帰し一本勝ちで王座防衛

00
先週末に2日間連続で配信オンリーの無観客大会を開催したプロイベント「Fight To Win」が今週も同じ場所であるテキサス州ダラスで「Fight To Win 141」を開催した。

今大会も先週同様に無観客&配信オンリーで開催され、大会は有料配信サイトのFlograpplingでライブストリーミングされている。

今大会の注目はメインイベントにラインナップされたハファエル・ロバトJrの柔術復帰戦だった。

ハファエル・ロバトJrはブラジル人以外で初めてのグランドスラムを達成(ヨーロピアン、パン、ブラジレイロ、ムンジアルのIBJJF4大大会優勝)した初めてのアメリカ人柔術家で、2014年からは主戦場をMMAに移し、ベラトールとレガシーFCで王座を獲得している選手。

だが脳の血管に発症した海綿状血管腫のために今年の2月にMMAを引退したが、MMAに比べ脳へのダメージが少ないと思われる柔術&グラップリングは試合可能ということで、今大会でギありの柔術マッチで試合復帰している。

続きを読む

2020年05月18日

【結果】コロナショック真っ最中の中での「Fight To Win 139&140」は2日間連続開催

00
コロナショック真っ最中のアメリカのテキサス州はダラスでプロ柔術イベント「Fight To Win」が2日間連続で開催された。

Fight To Win 139と140の2大会連続は通常は1大会で行う試合数を2日間に分割して行ったからなのは想像に難くない。

それはもちろん、COVID-19=新型コロナウイルス感染回避のためで、1大会あたりの試合数の減少に加えレフェリー&スタッフのマスク着用、そして当然のように無冠客で配信オンリーのイベントとして開催された。

日本では緊急事態宣言も一部の地域を除いて解除され、練習を再開し始めたジムも多く、一時期の厳戒態勢は解かれつつあるが、当ブログで好評連載中の「LA通信」で伝えられてる通りに、アメリカではまだまだ厳しい状況が続いている。

そんな中で開催された今大会だが、久しぶりにライブストリーミングされる柔術イベントとして注目も大きかったように思われる。

続きを読む

2020年04月18日

【結果】青木真也vs世羅智茂・グラップリングマッチ

one1
4/17(金)、都内某所にて開催された「Road to ONE:2nd sponsored by ABEMA 」での青木真也vs世羅智茂のグラップリングマッチの試合結果です。

この試合は大会のメインイベントで行われ、ABEMAにて生配信された。

いまはMMAのトップ選手として確固たる地位を築いている青木真也だが、過去にはADCCの日本代表選手として2005年のロサンゼルス大会に参戦したり、MMAに転向後もメタモリス2でのvsクロン・グレイシー戦(2013年6月)やONEでのゲイリー・トーナン戦(2017年5月)などでグラップリングマッチに出場している。

そのクロン戦はギロチンで、ゲイリー戦はヒールフックでそれぞれ一本負けを喫しているが、国内ではいまだトップクラスのグラップラーであることに間違いないはずだ。

対する世羅智茂はCARPE DIEM所属の柔術家でありながら、ギありの柔術よりもノーギでの戦績の方が目立っており、最近ではQUINTETでの活躍ぶりが印象に残っている。

続きを読む

2020年03月10日

【結果】アブダビ・グランドスラムツアー・ロンドン大会:主な結果

adgs
3/7-8の2日間、イギリス・ロンドンのカッパーボックスアリーナで開催されたAJP主催「アブダビ・グランドスラムツアー・ロンドン大会」のアダルト黒帯の主な結果です。


続きを読む

2020年02月24日

【結果】ASJJF TOKYO INTERNATIONAL 2020:主な結果

poster
2/23(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJF主催「TOKYO INTERNATIONAL 2020」の主な結果です。


続きを読む

2020年02月23日

【レポ】サトシ・ソウザvsチーム中井・柔術エキシビジョンマッチ

1
2/22(土)、静岡県浜松市の浜松アリーナで開催された「RIZIN.21」でサトシ・ソウザvsチーム中井の柔術エキシビジョンマッチが行われた。

このエキシビジョンマッチはただのエキシビジョンマッチではなく、サトシと5人の選手が戦っていき、サトシが試合時間10分以内に全員から一本勝ちしたらサトシの勝ちで、チーム中井の誰かがサトシを極めるか、サトシが極めきれなかったらサトシの負けという変則ルール。

だがこれぐらい極端なルールの方がRIZINを見に来ているMMAファンにも興味を持ってもらえるだろうし、また世界の柔術シーンのトップに君臨するサトシとの力量差もわかりやすいということだろう。

続きを読む

2020年02月11日

【結果】IBJJFパンキッズ2020:主な入賞者

pk
2/8-9の2日間、カリフォルニア州ロサンゼルスのロングビーチで開催されたIBJJF主催「パンキッズ2020」の主な入賞者です。


続きを読む

2020年02月10日

【結果】SJJJF OKINAWA Jiu Jitsu Championship 2020

0209
2/9(日)、沖縄県那覇市の沖縄武道館で開催されたSJJJF主催「Okinawa Jiu Jitsu Championship 2020」の主な結果です。


続きを読む

2020年02月02日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その5

euros20
ポルトガルのリスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」の女子アダルト紫帯&女子ジュブナイル青帯の結果です。

続きを読む

2020年01月31日

【結果】IBJJFヨーロピアン2020:アダルト黒帯の結果

euros20
1/26(日)、ポルトガル・リスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」のアダルト黒帯の結果です。


続きを読む

2020年01月30日

【結果】JBJJF「ルッタフルッタ柔術カップ2020」

00
1/26(日)、東京・錦糸町の墨田区総合体育館で開催されたJBJJF主催「ルッタフルッタ柔術カップ2020」の主な結果です。


続きを読む

2020年01月28日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その4

euros20
ポルトガルのリスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」のマスター黒帯の主な結果です。


続きを読む

2020年01月27日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その3

euros20
1/26(日)、ポルトガルのリスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」最終日のアダルト&ジュブナイルの主な結果です。

続きを読む

2020年01月26日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その2

euros20
現在、ポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2020」の主な結果です。

続きを読む

2020年01月23日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その1

euros20
現在、ポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2020」の主な結果です。

続きを読む

2019年12月23日

【結果】アブダビ・インターナショナルプロツアー・名古屋

ng
12/22(日)愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催されたAJP主催「アブダビ・インターナショナルプロツアー・名古屋」の主な結果です。


続きを読む

2019年12月16日

【結果】マリアナスプロジャパン2019:主な結果

mari
12/15(日)、千葉・舞浜の船橋市総合体育館で開催された「マリアナスプロジャパン2019」の主な結果です。

続きを読む

2019年12月02日

【結果】BULLTERRIER OPEN 2019:主な結果

bto2019
12/1(日)、静岡県浜松の浜松武道館で開催された螢爛鵐妊ネロ主催「BULLTERRIER OPEN 2019」の主な結果です。


続きを読む

2019年12月01日

【結果】『QUINTET FIGHT NIGHT.4 in AKITA』

fn4
11/30(土)、秋田県秋田市の秋田市文化会館で開催された『QUINTET FIGHT NIGHT.4 in AKITA』の試合結果です。

続きを読む

2019年11月23日

【結果】スパイダーインビテーショナル:キング・オブ・キングス

s1
11/23(土)、韓国・ソウルで開催されたスパイダー主催「スパイダーインビテーショナル:キング・オブ・キングス」の試合結果です。

続きを読む

2019年11月17日

【速報】リダ・ハイサム、IBJJF NYフォールオープンで優勝

hai
11/16(土)、ニューヨークのCCNYで開催されたIBJJF主催「ニューヨーク・フォールインターナショナルオープン2019」でリダ・ハイサムが優勝しました。

ハイサムはアダルト黒帯ヘビーにエントリーし、4試合を戦い抜いての優勝で、その4試合のうち決勝戦を含む3試合で一本勝ちという快勝ぶりでした。

今大会に先立ってNY入りして現地のアカデミーで練習していたハイサムはヘンゾグレイシー・アカデミーでゴードン・ライアン&ジョン・ダナハーと、マルセロガルシア・アカデミーでも嶋田裕太やポール・シュライナーらとマットをシェアして様子。

そういった入念な準備が功を奏して今回の好成績に繋がったのは間違いないでしょう。

土曜日がギで日曜日はノーギが行われますが、ノーギには不出場のハイサム、その理由を尋ねると「申し込みが遅れたために早期締め切りとなってエントリーできなかった」とのこと。

昨年のIBJJFアジアでも事務手続きの不備でエントリーできなかったハイサムはこういったケアレスミスが多いように感じます。

本来であれば今大会のノーギで優勝または入賞してポイントを獲得し、来月ロサンゼルスで開催されるワールドノーギに出るという目標があったにも関わらずにこの体たらくは残念という他ありません。

これだけの戦績を残せるほどの実力がありながらも本人の注意不足によるエントリーミスは非常にもったいないので、せっかくの好成績を残したばかりではありますがハイサムには猛省を促したいと思います。

とはいえ、全米でもロサンゼルスに次いで柔術が盛んな土地柄であるニューヨークで開催されたビッグトーナメントで優勝したのは快挙なので、残り少なくなったニューヨーク滞在でもさらなる研鑽をして今月末のクインテットのワンマッチに向けて最終調整をしてくることでしょう。

クインテットでのハイサムの試合ぶりにも期待大です。



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear