English Portugues Japanese

商品レビュー

2017年04月12日

【新商品】怪我防止&握力強化に!「モンキーテープ」

01
いまアメリカで大流行中の「モンキーテープ」を知ってるでしょうか。

これは早い話が指用に特化したテーピングテープで、これを指に巻いて関節部分の保護と握り込む際のグリップ力の強化が期待できるものです。

このテープを巻けば練習や試合で指がギなどに引っかかって怪我をすることが未然に防げます。

さらにギを握るときにより強いグリップ力が発揮できるということでJTやバレット、アイザックら多くの強豪柔術家が愛用し爆発的な人気になっています。

続きを読む

2017年04月08日

【発売中】VHTS新作キモノ3種類同時発売

01
NY発のドーギブランド「VHTS(ベリーハードトクサブミット)」から新作キモノ3種類が同時発売されました!

今回発売されたのは最初期のモデル「G1」をリニューアルしたピーチとブルーベリー、そして「G4」の黒バージョンです。

ピーチとブルーベリーは爽やかなパステルカラーで女子にもウケそうな可愛らしいデザインになってます。

逆にG4の黒はシックでオトナっぽい雰囲気で硬派なイメージ。

VHTSの春夏コレクション、パステルカラーと黒で両極端なデザインになってますが、どちらも人気モデルとなるのは間違いないでしょう。


02
ピーチとブルーベリーは同デザインの別バージョンのような感じ。
白のみの発売です。



03
VHTSの記念すべき1stモデル「G1」をリニューアルしたピーチとブルーベリー。
いつもながらシンプルなデザインとなってます。



04
上腕部に「VHTS」のリバーストライアングルロゴはオリジナルのG1と同じですが今回のは胸にワンポイントのミニワッペンが追加されてます。



05
反対側にはお馴染のサークルロゴ。
淡いダークブルーの刺繍がいい感じです。



07
背中の首裏にタグが縫い付けてあります。
2013年スタートのVHTS、ブランド開始初期から柔術プリーストのスポンサーもしてもらっています。



08
ズボンのふくらはぎ部分にブルーベリーの刺繍のワンポイント。
■「G1 3.0 Blueberry」詳細&購入はコチラから!



09
こちらはピーチ。
ピーチは淡いオレンジでまとめられてます。



10
刺繍は淡いオレンジですが胸のワンポイントワッペンはブルーベリーと同じ。



11
ふくらはぎ裏の刺繍は桃というより柿っぽい?!
■「G1 3.0 Peach」詳細&購入はコチラから!



12
これはG4の黒バージョン。
基本デザインはピーチ&ブルーベリーと同じになってます。



13
違う点は上衣のロゴパッチ。
「VERY HARD TO SUBMIT.」のパッチが追加されてます。



14
首裏もタグではなく「VHTS」の刺繍です。



15
パンツの前面部分は3モデルとも共通でスタンダードなデザイン。



16
G4にはふくらはぎ裏のワンポイント刺繍がない代わりに尻にパッチが追加されてます。
■「G4 2.0」詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】パウロ・ギロベル(43)、サラ・ブラック(38)、チアゴ・バホス(31)、アンディ・ムラサキ(38)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年01月14日

【発売中】VHTS:G4

01
NYの新進気鋭のドーギブランド、VHTS(ヴェリーハードトゥサブミット)から新作ドーギ「G4」が発売されました。

前作「YAYOI」はそのデザイン性の高さから日本でも好まれましたが、今作もシンプルかつ洗練されたデザインで人気となりそうです。

この「G4」はVHTSのGシリーズの最新作で過去にはG1〜G3まで3作品が発売済みで「G2」はリニューアルされて再発売されています。

■「G2」はコチラから!

最新モデル「G4」も人気となりそうな1着になっています。


続きを読む

2015年04月17日

【レビュー】「ブラジリアン柔術教則本」by新明佑介

1
こんにちは!トライフォース柔術アカデミーゼネラルマネージャーの新明(しんみょう)です!

今回は当アカデミーの総代表早川光由の著書「ブラジリアン柔術教則本」(愛隆堂)をご紹介します。

昨年11月に発売を開始したこの作品は沢山の柔術関係者の方々に購入していただいているようでありがとうございます。

まだお手元にこの本がない方にまずは解りやすく【数字でみる「ブラジリアン柔術教則本」】と題してを紹介してみたいと思います。

・150種類
競技柔術において、白帯から青帯になるまでに学ぶべきと考える150種類のテクニックを厳選し、整理し、レッスンの順序を構成しました。1レッスンにつき5種類のテクニックを収録しているので、全30レッスンとなります。ちょうど1ヶ月で1サイクル出来る分量になっています。

・192ページ+6時間
192ページの本と、DVD3枚・6時間超がついています。販売元の愛隆堂さんでも例をみない分量だそうです。

・2,916円
販売価格は2,700円+税となります。
価格と収録分量のコストパフォーマンスは、これまでにない作品であると思います。

・5年
構想から5年を経てようやく完成した作品です。

どうでしょうか?いくつかの数字からブラジリアン柔術教則本の内容がわかってもらえましたでしょうか?

また「技術名称の共有」という観点からもこの本は柔術愛好家にとって画期的なものだと思います。

以下は早川のコラムの一部です。

技術や技術論を語る上では、共通言語が不可欠だと思います。「指導者と指導者」、「指導者と生徒」、「生徒と生徒」、この3つのラインで同じ技術名称を共有出来れば、道場としてのレベルも飛躍的にアップ出来ると考えています。
(トライフォース池袋ブログ/ブラジリアン柔術教則本コラム(1)グローバルネーミングより転載)

技術名称は道場によってさまざまだと思いますが、今まで確定した名称のなかったポジションやテクニックには是非この本から参考にしていただき仲間達でレベルアップをはかっていただければと思います!

以上、「ブラジリアン柔術教則本」の紹介でした!

トライフォース柔術アカデミー
ゼネラルマネージャー
新明佑介



「ブラジリアン柔術教則本」で収録されているテクニックは、トライフォース池袋・新宿・大阪・六本木・世田谷の認可スクールのクラス指導のカリキュラムとしています。


著者である早川光由の「ブラジリアン柔術教則本コラム」
この本が誕生するまでの制作秘話、技術名称の詳細&裏話はコチラから!



2
現在、トライフォース池袋・新宿・大阪では春の入会キャンペーンを実施中!

トライフォース池袋・新宿
春の入会キャンペーン 4月30日まで
入会金+3ヶ月分の月会費 最大57,060円が無料になります

■詳細はコチラから!

3
トライフォース大阪
道衣がもらえるダブル特典 4月30日まで
キャンペーン@その1 入会金100%OFF!
キャンペーン@その2 トライフォース柔術衣(10,600円)プレゼント(先着20名)

■詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ファビオ・レオポルド(38)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年05月22日

【アプリレビュー】キッド・ペリグロ「SIDE CONTROL & SUBMISSIONS」

写真 2013-05-13 0 12 58
格闘技ライターでお馴染みのキッド・ペリグロがiPhone対応アプリの第5弾をリリースしたので紹介したいと思います。

第1弾はクロスガードに特化したテクニックもの、第2弾はブラジリアン柔術のためのポルトガル語を学ぶことができるアプリ、第3弾はエスケープもの、第4弾はパスガードもののアプリでした。

★第1弾アプリのレポートはコチラから!

★第2弾アプリのレポートはコチラから!

★第3弾アプリのレポートはコチラから!

★第4弾アプリのレポートはコチラから!

第5弾となる本作はサイドコントロールとそこからのサブミッションを学べるアプリとなっています!

テクニックは冒頭のイントロダクションとラストのクロージングを除くと全部で20種類あり、以下のような構成になっています。
1. Introduction
2. Side Control Drills
3. Moving from Side to Side
4. Lapel Control on Turn
5. Opponent Turns
6. Pressure
7. Where to Apply Pressure
8. Espinha de Peixe
9. Keylock
10. Combination Attacks
11. Lapel Traps Arm to Baseball Choke
12. Lapel Traps Arm Choke Variation
13. Lapel Traps Arm to Mount
14. Lapel Traps Arm Mount Variation
15. Lapel Control to Taking the Back
16. Head & Arm Choke Variations
17. Step Over Triangle & Attack Opposite Arm
18. Kimura
19. Fall Back Arm-Lock
20. Basic Arm-Lock
21. Kid Triple Attack
22. Closing


ドリルから極め技まで幅広く学べます。

写真 2013-05-21 1 24 04
6. Pressureの様子。プレッシャーのかけ方を実演&身振り手振りで詳細に解説してくれています。



写真 2013-05-21 1 24 56
11. Lapel Traps Arm to Baseball Chokeではラペラで相手の片腕を殺してそこからベースボールチョークを極めるというなかなか珍しいテクニック!他にもラペラを使ったテクニックは複数収録されておりラペラ使いは必見のアプリです。



写真 2013-05-20 8 20 26
21. Kid Triple Attackではキッド・ペリグロの名前を冠したテクニックで3つの極め技への連携を披露!

全編英語ですがキッド氏の発音は非常に聞き取りやすいためその点もオススメできます。

もちろん映像だけでも充分に理解できるような丁寧な内容に仕上がっています。

気になるお値段は850円!

ダウンロードすれば電車内などでも気軽に学ぶことができるので是非お試しください!


itunesによる紹介ページはコチラから!



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear

2013年01月04日

【DVDレビュー】RJJ岡本裕士テクニックDVD(コムロック編エボリューション)

明けましておめでとうございます。

当ブログアシスタントを務めております梅沢です。

昨年は念願かなってブラジルでの取材および試合出場をすることができました。

特に、シセロ・コスタの道場に寝泊りさせてもらいミヤオ兄弟たちと練習させてもらえたこと、アリアンシの道場取材に帯同できたことは良い思い出となっています。

今年も国内外の大会取材をおこなっていければと思っておりますのでよろしくお願い致します!

さて、本日はRJJの岡本裕士選手が昨年10月の一番絞り編に引き続き、2012年12月21日、テクニックDVDを発表しましたのでその内容を紹介させていただきたいと思います!

岡本選手といえば、黒帯で勝利した試合のうち80%が一本勝ちという驚異的な極め率を誇る選手。

今回リリースされたこのDVDは2011年にリリースしたコムロック編の内容をバージョンアップさせて、収録内容を大幅刷新した内容となっています!



コムロック編エボリューションのサンプル動画


続きを読む

2012年12月03日

【アプリレビュー】キッド・ペリグロ「Passing the Guard」

写真 2012-12-01 23 50 25
格闘技ライターでお馴染みのキッド・ペリグロがiPhone対応アプリの第4弾をリリースしたので紹介したいと思います。

第1弾はクロスガードに特化したテクニックもの、第2弾はブラジリアン柔術のためのポルトガル語を学ぶことができるアプリ、第3弾はエスケープに特化したアプリでした。

★第1弾アプリのレポートはコチラから!

★第2弾アプリのレポートはコチラから!

★第3弾アプリのレポートはコチラから!

第4弾となる本作はパスガードのみを徹底的に解説したアプリとなっています!


写真 2012-12-01 23 50 42
画面右側がキッド・ペリグロ本人です。ホイラー・グレイシーの黒帯で世界的に著名な格闘技ライターとしても活躍しています。

テクニックは冒頭のイントロダクションとラストのパスガードにおけるセオリーを除くと全部で18種類あり、以下のような構成になっています。
1. Introduction
2. Rope Drill or Tug-of-War
3. Rangers of the Guard
4. What to avoid and How to avoid
5. Posture and Preasure
6. Rickson Pass
7. Terere Pass
8. Terere Pass # 2
9. Terere Pass # 3
10. Terere Pass # 4
11. Royler Guard Pass
12. Passing the Butterfly Guard
13. Passing the Butterfly Guard # 2
14. Passing the Butterfly Guard # 3
15. Passing the Spider Guard
16. Passing the Spider Guard # 2
17. Passing the Spider Guard # 3
18. Passing the Spider Guard # 4
19. Passing the Guard Theory


写真 2012-12-01 23 51 07
Rope Drill or Tug-of-Warの様子。まずはドリルの紹介です。



写真 2012-12-02 19 36 41
Rickson Passの様子。実戦でも使えそうですが、詳しい内容はアプリを購入して御覧ください!ヒクソン・グレイシーのパスガードというだけでも何となく購入意欲がそそられますね。



写真 2012-12-02 19 39 23
Terere Pass # 3の様子。テレレのパスガードは4種類収録されています!



写真 2012-12-02 19 40 07
こちらはRoyler Guard Pass。キッド・ペリグロがホイラーの黒帯ということもあって収録されているのかもしれません。



気になるお値段は850円となっております!


itunesによる紹介ページはコチラから!




photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear

2012年05月31日

【DVDレビュー】ブラジリアン柔術世界選手権2011DVD4枚組



 
いよいよブラジリアン柔術世界選手権、通称ムンジアルの時期が近づいてきました。

今年は誰が優勝するのか?を考える前に、すでに好評発売中の2011年の世界選手権DVDでおさらいしましょう!

2011年の世界選手権はフェザー級のコブリンヤが引退を撤回して電撃復帰。

しかしながらハファやタンキーニョの影に隠れてしまい時代の移り変わりを感じさせる大会なりました。

ATOS勢の台頭やホドウフォの2階級制覇なども象徴的な出来事でしょう。

このDVDでは新時代の幕開けと言っても過言ではない試合の数々がなんと111試合も収録されております!

各ディスクの収録内容は以下のとおりです。

Disc 1
男子決勝
<ルースター級>
カイオ・テハ VS ブルーノ・マルファシーニ
<ライトフェザー級>
ギリャルミ・メンデス VS アリ・ファリアス
<フェザー級>
アウグスト・メンデス’タンキーニョ’ VS ハファエル・メンデス
<ライト級>
ギルバート・ドゥリーニョ・バーンズ VS クロン・グレイシー
<ミドル級>
マルセロ・ガルシア VS ルーカス・レイチ
<ミディアムヘビー級>
ホムロ・バハウ VS セルジオ・モラエス
<ヘビー級>
ベルナルド・ファリア VS ホドウフォ・ヴィエイラ
<スーパーヘビー級>
レオナルド・ノゲイラ VS マーカス・アルメイダ’ブシェシャ’
<ウルトラヘビー級>
アントニオ・ブラガ・ネト VS ホドリゴ・カバカ
<無差別級>
ベルナルド・ファリア VS ホドウフォ・ヴィエイラ
 
女子決勝
<ライトフェザー級>
ナイジャ・イーストン VS レティシア・ヒベイロ
<フェザー級>
ミシェル・ニコリニ VS キーラ・グレイシー
<ライト級>
ルアナ・アズギエル VS ルイーザ・モンテイロ
<ミドル級>
イダ・ハンソン VS アネッチ・スタック
<ミディアムヘビー級>
ペニー・トーマス VS タリタ・ノゲイラ
<ヘビー級>
エミリー・ウェッツェル VS ガブリエレ・ガルシア
<無差別級>
ガブリエレ・ガルシア VS ビア・メスキータ
 
 
Disc 2
男子黒帯準決勝
<ルースター級>
ブルーノ・マルファシーニ VS ジョセフ・マニュエル
カイオ・テハ VS 本間祐輔
<ライトフェザー級>
ギリャルミ・メンデス VS サムエル・ブラガ
サミール・シャントレ VS アリ・ファリアス
 <フェザー級>
フーベンス・シャーレス’コブリンヤ’ VS アウグスト・メンデス’タンキーニョ’
ハファエル・メンデス VS  マリオ・ヘイス
<ライト級>
マイケル・ランギ VS クロン・グレイシー
ギルバート・ドゥリーニョ・バーンズ VS JT・トレス
 <ミドル級>
マルセロ・ガルシア VS グスタボ・カンポス
クラーク・グレイシー VS ルーカス・レイチ
<ミディアムヘビー級>
ホムロ・バハウ VS  エドゥアルド・サントロ
セルジオ・モラエス VS ホーゲル・モンサルヴェ

 男子黒帯準々決勝
<ルースター級>
ブルーノ・マルファシーニ VS ブランドン・ミュリンス
ジョセフ・マニュエル VS ジョセフ・カピッジ
カイオ・テハ VS ファビオ・パッソス
<ライトフェザー級>
ラエルシオ・フェルナンデス VS ギリャルミ・メンデス
サミール・シャントレ VS ガブリエル・アフォンソ
アリ・ファリアス VS パブロ・シウバ
<フェザー級>
エドゥアルド・ラモス VS フーベンス・シャーレス’コブリンヤ’
アウグスト・メンデス’タンキーニョ’ VS ブルーノ・フラザト
ハファエル・メンデス VS  レオナルド。サッジオロ
マリオ・ヘイス VS マルセリーノ・フレイタス
<ライト級>
マイケル・ランギ VS ダヴィ・ラモス
レアンドロ・ロー VS クロン・グレイシー
ルーカス・レプリ VS ギルバート・ドゥリーニョ・バーンズ
セルソ・ヴィニシウス VS JT・トレス
<ミドル級>
マルセロ・ガルシア VS ヴィトー・エスティマ
グスタボ・カンポス VS ダニエル・ガルシア
クラーク・グレイシー VS ガブリエル・ロロ
ルーカス・レイチ VS ヴィニシウス・コラルズ
<ミディアムヘビー級>
ホムロ・バハウ VS エドゥアルド・テレス
ファビアーノ・ソウザ VS エドゥアルド・サントロ
エドゥアルド・ザネッチ VS セルジオ・モラエス
グスタボ・ジュンクエイラ VS ホーゲル・モンサルヴェ

 
Disc 3
男子黒帯準決勝
<ヘビー級>
ベルナルド・ファリア VS アントニオ・カーロス’サパト’
ホドウフォ・ヴィエイラ VS ハファエル・ロバト
<スーパーヘビー級>
アントニオ・ペイナウド VS マーカス・アルメイダ’ブシェシャ’
レオナルド・ノゲイラ VS ジョアオ・アシス
<ウルトラヘビー級>
アントニオ・ブラガ・ネト VS ホベルト・アヴェルー’サイボーグ’
ホドリゴ・カバカ VS マーシオ・クルーズ
<無差別級>
ベルナルド・ファリア VS アレッシャンドレ・セコーニ
マーカス・アルメイダ’ブシェシャ’ VS ホドウフォ・ヴィエイラ

男子黒帯準々決勝
<ヘビー級>
ルーク・スチュワート VS ベルナルド・ファリア
ホベルト・アレンカー VS アントニオ・カーロス’サパト’
ガイブソン・サ VS ホドウフォ・ヴィエイラ
ヘナン・ヴィタル VS ハファエル・ロバト
<スーパーヘビー級>
 ブルーノ・バストス VS アントニオ・ペイナウド
チャールズ・レイチ VS マーカス・アルメイダ’ブシェシャ’
ジョアオ・アシス VS ヒカルド・オリベイラ
レオナルド・ノゲイラ VS アルバート・ヴィラノヴァ
<ウルトラヘビー級>
ホベルト・アヴェルー’サイボーグ’ VS カーロス・ファリアス
マイケル・ウィルソン VS アントニオ・ブラガ・ネト
マーシオ・クルーズ VS ファビアーノ・スケマー
<無差別級>
ベルナルド・ファリア VS ハファエル・ロバト
ホドリゴ・カポラル VS アレッシャンドレ・セコーニ
ホドウフォ・ヴィエイラ VS セルジオ・モラエス
ベルナルド・ファリア VS アレッシャンドレ・セコーニ
アントニオ・ブラガ・ネト VS マーカス・アルメイダ’ブシェシャ’

 
Disc 4
その他ベストファイト36試合

注目なのはやはり決勝戦の試合でしょう。

カイオvsブルーノの因縁の対決にタンキーニョvsハファのワールドプロのリベンジマッチ、ドゥリーニョの涙の初戴冠、マルセリーニョの磐石の強さ、ホミーニョvsセルジーニョの息詰まる試合にファリアvsホドウフォの階級&無差別の2連戦などなど。

どの試合も世界最高峰の戦いにふさわしい激闘の数々となっています。

残念ながら日本人選手の試合は本間祐輔選手の試合が1試合のみ収録されるに留まりましたが、現在の本間選手は柔術をセミリタイア状態ということでこの一戦はそういった意味でも貴重な試合です。

他にも注釈を入れ始めたらキリがないほど犖譴譴覘畛邱腓梁燭ぅ爛鵐献▲襭庁孱帖

柔術家なら必見です!









ADCC2011のDVD購入はコチラ!から



text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear

2012年04月19日

【新商品】ジェフ・グローバー「DARCEPEDIA」DVD


2010年に教則DVD「Deep Half Guard」を発表したジェフ・グローバー(パラゴン柔術)。

そのDVDはディープハーフにのみフォーカスしたヒット作で実用的かつアクロバチックなテクニックの数々が収録されており日本でのベストセラーとなりました。

また日本語吹き替えが入っていたのも好評の要因の1つでしょう。


続きを読む

2012年01月19日

【レビュー】「頭とカラダで考える・大賀幹夫の寝技の学校・引き込み編」by林俊介


ブラジルブログ読者の皆様、こんにちは。

ブラジリアン柔術DVDマガジン「柔術魂」、格闘DVDマガジン「サブミッション魂」シリーズを刊行しています、(株)晋遊舎・格闘技編集部の須々あきらと申します。

この場をお借りして、2012年1月10日に発売になりました、柔術魂スペシャル「頭とカラダで考える・大賀幹夫の寝技の学校・引き込み編」のお知らせをさせていただきます。

発売から約一週間経ちましたが、お陰さまで、ブラジリアン柔術や寝技の選手・愛好家の方々から「良書である」との声を多数いただいています。

ここではその中の一つとして、facebookやmixiで公開されている、林俊介選手のレビューを、ご本人の了承を得て、転載してお届けさせていただきます。

それではどうぞ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今回は柔道・柔術そして、著者大賀氏の言葉を借りれば「寝技」を愛好する方に、是非ともお勧めの技術本を紹介します。

それは、柔術魂や数々の技術本でお馴染みの晋遊舎からの新刊、「頭とカラダで考える・大賀幹夫の寝技の学校・引き込み編」です。

僕も今まで、数々の技術本を読んで来ましたが、「これは!」と唸らされる技術本もあれば、「う〜ん?」というものも少なからずあります。

ちなみに、ただ技術を紹介するだけでは、僕は「良し!」とはしません。

肝心なのは、著者の経験や見解、意図等の独創性が盛り込まれ、技術本の域を超え「著者の分身」とも言えるべき仕上がりとなっていることです。

少々要求するハードルが高いかもしれませんが、後世に語り継がれる名著とは、ほとんどがそのような物だと思います。

そして、今回紹介する大賀氏の「寝技の学校」ですが、読みやすさを含めて実に素晴らしい仕上がりとなっています。

この本では、ただ単に技を機械的に紹介するというよりは、大賀氏が長年の修行で経験、体得した寝技で必要かつ肝心な「自分の体の動かし方」をベースとしており、様々な状況における対処法や、動きのコツ、動きの心構え、動きの理念なども明瞭な写真、DVDで丁寧に紹介されております。

著者の熱意の現れか、知っているのと知らないとでは天地ほどの違いがあるのでは?的な技術も、惜しみなく紹介されており、僕自身もこれから寝技を修行していく上で、大いに参考にしたい技術や心構えが随所にあります。

ちなみに僕の手元にある「寝技の学校」は既に蛍光ペンでアンダーラインが各所に引かれ、付箋もいたるところに貼り付け、練習用バッグはもちろん、通勤のバッグにも忍ばせているくらいのハマりようです(笑)。
 
また、構成の出来も書かなければなりません。

読んでもらえれば一目瞭然ですが、技術を紹介するアプローチの方法が、今までにないもので、見やすさという点では、歴代の技術本の中でも屈指の構成だと思います。

ここは編集者と著者の心意気が感じられるところですね。

最後に、この作品は「引き込み編」であり、次回作は「抑え込み編」とのこと。

2000円を超える価格設定ですがDVD付きであり、内容の有益さを考えると絶対にお得な作品です。

先ずは本屋の店頭にあれば、覗いて見てください。必ずや購入意欲が働くと思いますよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

林俊介選手、ありがとうございました。

林選手も絶賛の「寝技の学校・引き込み編」は、全国の書店、格闘技ショップ等で発売中です。

ぜひお手に取って見てください。

あなたの寝技を進化させるヒントがたくさん詰まっているはずです。




林俊介(はやし・しゅんすけ)
1971年4月20日、神奈川県横浜市出身。
身長176cm、体重76kg 柔道五段。
ブラジリアン柔術黒帯 GRABAKA柔術クラブ所属。
1997年全日本サンボ選手権74キロ級優勝。
日本体育大学柔道部出身(サンボの松本秀彦の一期上、菊田早苗とは同期)。
スポーツ会館でサンボを、寝業研究会で柔道の寝技を学ぶ。
パラエストラ東京のオープン練習会「昼柔術」では主将的存在。
日本のブラジリアン柔術黎明期からトップ選手として活躍する。
ライバルは鳥居俊美(寝業研究会主将)。




表紙の帯を取ると、そこには奇天烈なひとリムーブの数々が。
その動きの意味は、ぜひ書中&DVDでご確認ください。




©Bull Terrier Fight Gear

2011年11月04日

【新商品】『PUREBRED柔術』レビュー


全国1億5千万人のブラジリアン柔術ファンの皆様、こんにちは。

『柔術プリースト』セミレギュラーMCのセラチェン春山です。

今回は先日ドロップされた新しいブラジリアン柔術の教則本『PUREBRED柔術(晋遊舎)』をご紹介したいと思います!

晋遊舎といえば、みなさんご存知『柔術魂』シリーズを始め、ここ数年は佐々幸範選手の『パラエストラ柔術・盾&矛』、中村K太郎選手の『和術慧舟會的裸絞』、小室宏二選手の『柔道固技教本』などなど、国内トップグラップラーの教則本を連続してリリースしており、もはやグラップリング界では最も信頼のおける出版社と断言!

どのムックも各選手の秘蔵テクニックを赤裸々かつ詳細に解説しており、現役バリバリな実戦派もボクのような知識先行型の脳内完結派も充分満足出来る内容になっていました(特に『柔道固技教本』の「基礎運動」の解説は最高!)。

そんな中で発売された今回の『PUREBRED柔術』はエンセン井上選手がメインで登場。

このタイミングでなぜエンセン?過去に発売された上での教則本と並べると、選手としてのエンセンはやや毛色が違うというか、少なくとも柔術やグラップリングの世界では現役選手とは言いにくいので、果たして教則本としては……と思ってしまったのが正直なところ。

しかし、よくよく考えてみれば「教則本」というメディアに求められているのは、リアルタイムな技術紹介だけである必要はなく、著者個人のこだわりや学んできた技術体系が改めて言語化・体現化されたこと自体にも意味があるわけで、「かつてエンセンが学んだへウソン・グレイシー直伝テクニック」を初の書籍化!となれば俄然興味も湧くというもの。

もっと言えば、1995年に中井佑樹がヒクソンに破れてから柔術に魅了され、改めて柔術を教わったのはエンセンだったと伝え聞きますが、つまりこのムックで紹介されている技術こそ、中井先生が当時エンセンから習った日本の柔術黎明期の技術そのものと言っても過言ではないでしょう!(多分過言)

そんな記念碑的な技術体系がやっと書籍化されたのだと考えると、エンセンの紹介するベーシックなテクニックがより滋味深いものに感じられるような気がします。

また『PUREBRED柔術』といえば歴史ある古豪アカデミーとしても有名。

誌面後半の『応用編』の中で宍戸選手、時任選手、鏑木選手の紹介するテクニックは、即実戦投入可能なハイレベルかつハイグレードなもの。

中でも時任選手の代名詞でもある『ホレッタ』は、さすが日本最高の使い手が紹介するテクニックとしてディティールまでチェックする価値あり!

他にも教則本マニアの読み方としては「腰とスボンを制して横に足を出してパスガード」「ブリッジスイープを耐えられたら後回してスタースイープ」「自分からどんどん下がっていってエスケープ」などの、まだ固有名詞が付いておらず状況説明だけがタイトルになっているようなテクニックは、現場でのあるある的テクニックとして即戦力になるんではないでしょうか?

オールドスクールな基本テクニックから、一歩踏み込んだ実戦テクニックまでバランスよく収録され、巻末にはルールブックまで付いているという本誌は、『柔術バイブル/中井佑樹』『はじめてのブラジリアン柔術/早川光由』と並ぶ、「初心者向け新定番ムック」と言えるかも知れません!




【教則本】
『PUREBRED柔術』
¥2415
好評発売中!
購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】タルシス・フンフェリー



©Bull Terrier Fight Gear

2011年07月28日

【DVDレビュー】ビル・クーパー教則DVD「Deep Half Guard Killer」


ビル・クーパーはヒカルド“フランジーニャ”ミラー率いるパラゴン柔術の代表選手で昨年、BudoVideosからリリースされた「Deep Half Guard」でお馴染みのジェフ・グローバーのチームメイト。

今回はそのジェフ・グローバーがDVDで紹介しているディープハーフガードを破ってしまおうというなんとも興味深い作品となっています!

ビル自身、寝技の技術は世界レベルで主な実績としては2007年ノーギムンジアル黒帯メジオ級3位、2008年ムンジアル黒帯メジオ級準優勝という輝かしい成績です。

今年はMMAデビューも果たし、出場した2試合ともサブミッションで勝利という上り調子!

このDVDをチェックしないわけにはいきません!



メニューはディープハーフガード破りとビルが好んで多用しているパスガードの2本仕立てになっています。

メイン内容のディープハーフガード破りのテクニックとしては12個が紹介されています。

Deep Half Guard Killer
1 Intro
2 Kimura crucifix pass to kimura
3 Wyatt Herb pass
4 Getting the hidden arm
5 Inside roll to shaolin
6 Outside roll to shaolin
7 Sonic the hedgehog to shaolin
8 Arm drag to the back
9 Sushi roll to guillotine
10 Forward roll to armdrag to the back
11 Armbar
12 Macho man pass




Kimura crucifix pass to kimuraではディープハーフガードをパスしてキムラを極めます!




Sushi roll to guillotineでは相手を回転させてギロチンを極めるという技で、細かいテクニックもさることながら名前がユニーク!
ビルの得意技であるギロチンを絡めてくるところ技は他にもありますので要チェック!


Favorite Guard Passes
Intro
1 Boogie board pass
2 Steering wheel pass
3 Kimura pass to side
4 Kimura pass to back
5 Cooper Tire pass
6 Knee slide kimura to the back
7 Wool & Weave pass
8 Redrag pass to the back
9 Pencil pass
10 Leapfrog pass to the mount




Cooper Tire pass。ここからどんな風にパスするのかは必見!

Favorite Guard Passesで紹介されているパスガードは実戦でも多用しているテクニックなので利用価値は高いです。

DVDの内容はノーギがベースですがギありにも十分対応できる内容だと思います!

お値段もお求めやすくなっていますのでディープハーフガードをかけられて苦戦している方、最新技術に興味がある方などなど購入を検討してみてはいかがでしょうか?


★購入はコチラから!



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear

2011年07月25日

キモノレビュー:ブルテリア・スーパーマテリアル


ブルテリアで昨年、発売されてから大好評なのがこの「スーパーマテリアル」モデルです。

このキモノは上下ともリップストップ生地で作られており、軽量化と丈夫さの両立に成功しました。

さらに着心地のよさは従来のキモノに比べてもトップクラス!

肌さわりがよくて動きやすいので愛用者も多いキモノなのです。

スーパーマテリアルの愛用者が多いのがATOSです。

ブルテリアがスポンサーをしているハファ&ギィにこのスーパーマテリアルを送ったところ、アカデミー内で評判になり「オレも欲しい!」とリクエストが続出。

そこでムンジアルの際に自分がATOSのメンバー全員分のスーパーマテリアルのキモノを持って行き会場でみんなに渡した、というエピソードもあります。

その中でも「過去最高のキモノ!」と絶賛しているのがブルーノ・フラザト。

ブルニーニョはKORALのスポンサーですがセミナーなどで遠征した際にはこのキモノを愛用しています。

なんでも「乾きがいいから使って洗ってもすぐに使えるのがいい」とのこと。

ブラジル人の中にはキモノを使っても2、3日は洗わない人が多いのですがブルニーニョはちゃんと練習のたびに洗ってんですね!

さすが几帳面なブルニーニョ!

自分も最近はこのキモノを愛用してますが、リップストップ生地のソフトさは他のキモノにない使用感で気に入ってます。

もちろんブルニーニョのおすすめポイントの乾きの速さは特筆モノで今の季節だったらものの1時間もかからずに乾ききってしまうのですから驚き。

昼&夜の2部練で使っても問題ないぐらい!

ATOS御用達といってもいいこのスーパーマテリアル、おすすめの逸品です!



ATOS御用達キモノ、スーパーマテリアル!




カラーは白、青、黒の3種類。
そしてA3サイズとA4サイズには
裏地プリントがあるバージョンも用意。




スーパーマテリアルのバリエーション、ボンサイモデル。
両肩にボンサイのロゴ刺繍入りの限定品。




スーパーマテリアル愛用者、ブルニーニョに着用画像。
KORALのスポンサー選手なのにスーパーマテリアル着用という禁断のレア画像です!




これはセミナーでグアムに行った際のもの。
ブルニーニョは遠征時にこのスーパーマテリアルのキモノをよく持って行ってるそうです。



★ブルニーニョ愛用のスーパーマテリアル、商品詳細はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2011年07月24日

MG in Action、愛用者の感想:森 雄大選手


ブラジルブログをご覧の皆様はじめまして、パラエストラ吉祥寺に所属しております森と申します。

このたび橋本さんの依頼により、こちらで「MG IN ACTION」のレビュー記事を書かせていただくことになりました。

今までも数々の有名選手の皆様が「MG IN ACTION」のレビュー記事を書いているので、今ご覧になってる多くの方が「お前誰やねん?」と思ってらっしゃると思います。

ボク自身はどこの道場にでもいる、柔術大好きなオヤジに過ぎませんが、最近では晋遊舎さんから発行している『柔術魂』シリーズのデザインを担当しているので、もしかしたら『柔術魂』シリーズを介して間接的に皆様と関わってると言ってもいいかもしれません。

前置きが長くなってしまいましたので、そろそろ本題を……。

「MG IN ACTION」は簡単に言えばマルセロ・ガルシア(以下マルセリーニョ)が主宰している、オンラインの柔術トレーニングシステムです。

マルセリーニョに関してはいまさら説明はいらないでしょう。

先日行われたWorld Jiu-Jitsu Championship(以下ムンジアル)でも盤石の強さを見せつけ、神々の階級と言われた黒帯メジオ級で5度目の優勝を達成したスーパー黒帯中のスーパー黒帯。

そして神の中の神ということは柔術をやっている方にとっては周知の事実だと思います。

そんなマルセリーニョのテクニックをネット環境さえあれば、いつでもどこでも見られてしまうというのがこの「MG IN ACTION」です。

言ってしまえば、風呂上がりにビールを飲み、尻でも掻きながら「今日はマルセリーニョに教えてもらおうか」くらいの感覚で、お気軽にムンジアル5回優勝のテクニックを堪能することができるのです。(もちろん神様マルセリーニョの前でそんな礼儀に欠けるようなことはできないという方は、道着を来て正座をして見ていただいてもけっこうです)

毎日更新されるテクニックは2011年7月15日現在、GI、NO-GIを合わせてなんと「6205」ものテクニックが紹介されています。

特にマルセリーニョ得意のバタフライ(今年のムンジアル決勝でもルーカス・レイチをスイープしてましたね)からの展開は「2842」と最も多く紹介されています(実際にはスパー映像なども入っているので、全てがテクニックではありません)。

似たような技も被ったりしてはいるのですが(例えば立ってる状態と寝てる状態からでの違いとか)、この数字を見ただけでも「MG IN ACTION」の価値を感じられるはずです(※個人の感想です)。

ただ「でも解説は日本語ではないんでしょ?」とか「どうせネットならYouTubeで充分じゃね?」とか思われる方も多いかもしれません。

もちろんマルセリーニョによるテクニックの説明は英語ですし、サイトのほとんどが英語によるものです(トップページのみ日本語対応)。

ボク自身英語は全くできません……。

入国審査でもたじろぐくらいですから。

でも大丈夫我々には「柔術」という共通言語があります、日常会話程度の英語ですら分からなくても柔術のことならなんとなく理解できるって人も多いのではないでしょうか? 

映像に関しては全く問題はありません。

うちの27インチのモニターでフルスクリーンモードで見ても少し画像が荒れるくらいです。

ただ固定カメラによる映像なので「こっちはどうなってんの!」とか「反対側の足がどうなってるのか分からない……」なんてこともあるかもしれません。

ですがそのあたりはきちんとマルセリーニョがケアしていて、移動して別アングルから見せてくれたり、カメラのアングルを変えてくれたりなど、意外にも(失礼)細やかな対応をしてくれます。

「英語が理解できない」「固定カメラで細かい部分まで見えない」というのは、必ずしもマイナス要素ではないと思います。

柔術の技を身につける上で「想像力」というのは最も重要な要素の一つではないでしょうか? 

いくらムンジアル5回制覇のマルセリーニョが教えてくれるテクニックでも、1から10まで全てが自分に合うとは限らないはずです。

体の柔らかさや、腕、脚の太さなど人それぞれだし、技をマスターするということは結局どこかで自分なりのコツをつかまなくてはならない、その為には自分の想像力を駆使する必要があるはずです。

ですので逆にこういったマイナス要素が、むしろテクニックの理解を深めるにはプラスになるのではないでしょうか? 

最短距離で教わった技術よりも自分で創意工夫して培った技術の方が自分の身につくこともあるはずです。

またクラスが終わったあとに「昨日、MG IN ACTIONでこんなの見たんだけど、英語だったから良くわからなかったんだけどさ〜どう思う?」なんて言ってみんなで研究し合う、なんてのも柔術の楽しさの一つだと思います(※あくまで個人の感想です)。

ボクは週に2コマ、パラエストラ吉祥寺で指導をさせていただいているのですが、指導者(というにはおこがましいのですが)の立場から見ても「MG IN ACTION」は非常に有益で、自分の持っているテクニックのおさらいや、マルセリーニョ独自のコツなんかも参考にすれば指導の幅も広がるのではないでしょうか?(※しつこいようですが個人の感想です)

以上、少々長くなってしまいましたが、この文章を読んで「MG IN ACTION」に興味を持ったという(奇特な)方がいらっしゃったら、当ブログのサイドバーにリンクが貼ってありますのでぜひチェックしてみてください。

あ、あと『柔術魂』シリーズも今後ともよろしくお願いいたします(笑)。



スパーの映像もあるので、生きたテクニックを見ることもできます。
例えばスパー映像でノースサウスチョークを見てこれを覚えたいと思ったら、テクニックページに飛べばすぐに見られるのも「MG IN ACTION」の良いところ




森 雄大(もり・たけひろ)
パラエストラ吉祥寺所属。
ブラジリアン柔術茶帯、たまにエディトリアル・デザイナー(柔術魂シリーズなどをてがける)。
主な戦績
2006年 パンアメリカン選手権(当時) マスター青帯ペナ級優勝
2009年 全日本選手権 アダルト紫帯メジオ級優勝
2010年 アジア選手権 シニア1茶帯メジオ級優勝
DEEP X 04出場




©Bull Terrier Fight Gear

2010年05月12日

「ノヴァ・ウニオン柔術」上・下巻


今は柔術の映像がどこでも容易に入手できますが、自分が柔術を始めた99年にはまだYou TubeはおろかDVDすら普及していない時代。

当時はまだビデオが中心でなかなか日本で柔術映像は見られませんでした。

そんな柔術映像そのものがレアだった時代にクエストからリリースされたのがこの「ルイス&ペデネイラス ノヴァ・ウニオン柔術」。

これはDVDですが、最初にリリースされた2002年にはまだビデオで、その収録時間も90分足らずと今の長時間DVDから比べたら物足りないぐらいですが当時は柔術映像そのものがレアで日本語対応の教則モノなんて数えるぐらいしかなくて非常に重宝しました。

内容は修斗によく来日してたジョン・ルイスとノヴァウニオン総帥のアンドレ・ペデネイラスが柔術の基本テクニックやドリルを紹介する、というごく普通のもの。

ですが当時白帯だった自分は練習に行く前にこれを見てから行く、というのが恒例になってたぐらいのヘビロテっぷりで今でもこのビデオで覚えたテクニックは多用してるぐらい自分の中で大きな部分を占めてるといっても過言ではないぐらいです。

ここには初心者には不可欠な腕十字の取り方からバックのエスケープ、ハーフからの足の抜き方など基本的なテクニックが一通り収録されています。

そのどれもがシンプルで実用的なものばかり!

そして巻末にはシャオリンやホビーニョ、シャルートの試合映像も収録、これがまたレア映像で何度も何度も繰り返して見てましたね。

いまDVDの片付けの最中で、そのときにたまたまこれを見つけて改めて見返してみたのですが、これが実にいい内容でちっとも色褪せてない秀逸な作品でした。

だからこそ当時の自分もビデオで持ってるにも関わらずにDVDでも買い直したんでしょう。

ちなみにビデオを持ってるのにDVDで買い直したのはこのノヴァウニオン柔術の他には3作品のみ。

それは「中井祐樹 柔術バイブル」とマーシオ・フェイトーザの「CHAMPIONS OF GRACIE BARRA」、そしてヒカルド・デラヒーバの「Melhor do Jiu-Jitsu」です。

ちょっと話が逸れましたが、ビデオからDVDに買い直して永久保存しておきたい!と思うぐらいの素晴らしいこの「ノヴァ・ウニオン柔術」、ぜひ機会があったら見てみてください!

最後に個人的な見所を紹介しておきましょう。

それはオープニング映像のBGMです。

それがいかにもな感じのチープなLAメタルが最高。

そこもぜひチェックして欲しいポイントですね!




「ノヴァ・ウニオン柔術・上巻」
購入はコチラから!




「ノヴァ・ウニオン柔術・下巻」
購入はコチラから!


2010年04月25日

グレイシーマガジン最新号#157レビューby中塚靖人


先日行われたパン選手権でも、参加選手全員に配布された今回のグレイシー・マガジンはヴァンダレイ・シウバのレアなキモノ姿が表紙。

まず最初の特集は、先日のストライク・フォースで彼のMMA30戦目となるダン・ヘンダーソン戦直前のインタビュー。

アメリカン柔術や彼のキャリアのターニングポイント、戦略等について語っています。

そんな彼は今後、MMAだけでなくADCCへ再チャレンジやムンジアルへの参戦も視野に入れてると言うので非常に楽しみです!!

「金の為ではない」と言う、彼の言葉は格闘技へ対する愛情が伝わってきますね。

続いては3月6日に行われた、ヒューストン・オープンのレポート。

と思いきや、コチラは試合の内容というよりもブルーノ・バストスのトラウマになった壮絶な過去の事故について触れています。

その事故の影響で彼は、たった五百メートルの距離でも車のバックシートに座る事が出来ず、それがコンフィデラサォン(リオのバッハ本部の隣。以前はムンジアルの申し込みはここで行われていた)からビビ・スーコス(ジュース・スタンド)の距離でも頑なに拒んだそうです・・・。

そして、バッハの伊達男、昨年のADCCで大ブレイクしたブラウリオ・エスティマのアメリカ、カナダの31都市で行われたセミナーのレポート。

と思いきや、こちらも各地でさまざまなレジャーを楽しむ嬉々としたブラウリオの姿が掲載されています。

しかし、一番嬉しそうだったのは今回のツアーの終着駅、アーヴァインにあるバッハ・アメリカでの出来事でした。

ここではセミナーではなく、彼の師・Ze Radiolaも駆けつけブラウリオのセカンド・ストライプの授与式が行われました。おめでとう!!

Effective in trainingと題された特集では現在体重差をモノともしない程の絶好調ハファエル・メンデスと数々の名選手を輩出したグレイシー・バッハBHのドラクリーノ・マガリャエスが如何に効果的にトレーニングを行うかを教えてくれます。

コチラでは2人に同じ質問をぶつけているので、2人の答えを比較してみるのも面白いでしょう。

更にこの特集では多くのページを割いており、後半にはヒクソンやヴァンダレイ・シウバ練習方法も掲載されております!

他にもFernando Paradedaによるオモプラッタ等のテクニック特集やメディスンボールを使ったトレーニング、ブラジルブログでも掲載されてたエゼキエル・ザヤスのスウィープ・テクニックなど今回も盛り沢山です!!



グレイシーマガジン最新号#157
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!
内容詳細はコチラから!





中塚 靖人(なかつか・やすひと)
グレイシーバッハ東京所属
175cm・70kg 
ブラジリアン柔術・茶帯
パン選手権2010 アダルト茶ペナ3位






2010年02月28日

グレイシーマガジン#155レヴューby中塚靖人

前回好評だったグレイシーマガジンの誌面紹介コーナー。

今回はグレイシーバッハ東京の紫帯、中塚靖人選手にお願いしました!

中塚選手はムンジアル遠征の常連で白帯時代にはブラジルにも長期遠征し、リオデジャネイロのグレイシーバッハ本部にて練習の日々を送りました。

そんな彼がグレイシーマガジンを徹底レヴュー、ぜひチェックしてみて下さい!

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆


グレイシー・マガジンの155号、今回の表紙を飾るのはホイラ・グレイシー!!

今号ではホイラーが、Set your Jiu-Jitsu freeと称して伸び悩む貴方の為に、試合で勝つ為の戦略を過去の試合の写真と共に振り返りながら解説。

また、技術面でもRight&Wrong、良い例悪い例を多数のテクニック写真で解説してくれています!!

そして、もう一つのRight&Wrong特集はグレイシー・バッハ・アメリカを仕切るマーシオ・フェイトーザ!!

柔術家にとって大きな関門となる紫帯柔術家の為に極め、テイクダウン、スウィープ、そして50/50等、トップ、ボトム両方の多くのテクニックを写真入りで解説!

この2人の特集は非常に実戦的な物で、多くの競技思考の柔術家達の助けになると思います。

ホイラー・グレイシーは技術面だけでは不十分とし、試合での戦略面等を語ってくれているので、実力は十分にあるのに試合では勝てない、という人の大きな参考になるでしょう。

そして、もう1人のマーシオ・フェイトーザは現在、第一線を退いており、最近の柔術家には知らない方も多いかも知れませんが、かつてレオジーニョ、シャオリン、レオ・サントスと並び、レーヴィ級四天王と称され、数々の名勝負を繰り広げた選手。

現在は指導に重きを置く彼は、紫帯はトップ、ボトム双方ともこなす事が出来なければならないと考え、その為のテクニックを紹介しています。

現行の帯制度は整備されたので飛び級という事は殆ど無いと思いますが、トップで活躍する選手の中には紫帯でタイトル総ナメにし、一気に黒帯、または茶帯期間は僅かで黒帯に昇格という事例が見られるように、それだけ紫帯は柔術家人生の中で大きなポイントと考えられていると思います。

そんな今回の特集、紫帯柔術家だけでなく紫帯取得を目指す青帯柔術家の方達にも是非読んで頂きたいです!!
テクニック紹介ページ以外にも見所はあります。

現在存在する赤帯の6人のうちの1人、齢70歳のフランシスコ・マンスールが家を飛び出してまでエリオの元に走ったという、若きマンスールと柔術との出会い等を語ります。

今回スポットを当てる柔術家は、弁護士であったにも関わらず柔術の為に職を捨てたヒカルド“Demente”アベルー。

そのあだ名“Demente”(キ○ガイ)の通りなのか!?

その他、すべての柔術家に読んでほしい充実の内容のグレイシーマガジン。

他の選手と差を付けたいなら迷わず読めよ、読めばわかるさ!





グレイシーマガジン最新号・#155
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!
内容詳細はコチラから!




2010年02月20日

DVDレビュー:小室宏二「柔道固技上達法」上・中・下巻 by 高谷 聡

 今回は当コラムにおいて初めて、筆者が推薦する技術映像を紹介させていただく。

まずは先日、下巻が発売され完結した小室宏二氏の「柔道固技上達法」について。

ここで、タイトルの「固技」という語に注目してほしい。

当世、ブラジリアン柔術や高専柔道の主たる技術について「寝技」という表現を用いられることが多いわけであるが、講道館柔道においては「投技」に対して「固技」と表現されている。

組討技術であるからには、立姿勢と寝姿勢の境目は必ずしも明確ではないものであり、立っている状態での絞めや逆の技術も存在する。

「投技」と「固技」、言い得て妙な言い回しといえよう。

 この全三巻の構成としては、まず上巻において「固技」の基本練習(「エビ」をはじめとして、ブラジリアン柔術競技者にとってもお馴染みのムーブメント)から、小室氏の代名詞であるコムロック(正確には「腕拉ぎ膝固」からの展開か)と袖車絞め(もっともこれらについては概要のみを説明し、その詳細は氏の前作「ザ・コムロック」に譲るというスタンスである)、更には立〜寝の移行技術を解説している。

立〜寝の移行技術というジャンルに関しては「寝技」という概念で捉えていたならば中々出てこない発想であり、そのキャリアの大半を引き込みが反則であり「待て」のある競技規則にて戦ってきた氏の真骨頂ともいえよう。

中巻においては抑込に入る技術を紹介。

講道館柔道の固技には抑込の名称こそ細かく制定されているものの、それにいたる技術(例えば亀の返し方やブラジリアン柔術でいうところのパスガード技法)については俗称こそあれ正式な名称が制定されていない。

その中で「春日ロック」なるいかにも当世風で氏独特なネーミングが今後より多用される技法となった場合にどのように呼称されるのか、筆者には興味深いところである。

下巻においては代表的な絞技・関節技の要点を解説。

全体を通じて基礎的な理論と氏のオリジナリティ溢れる部分とがバランスよく収録されている印象である。


 さて、現在ブラジリアン柔術競技者の一部において、柔道選手は寝技を知らないという声を耳にすることがあるが、大いに反論したいところだ。

このDVDにおいてうたわれている「希代の寝技師・小室宏二」というフレーズにはもちろん依存の余地はないが、他にも多くの柔道選手が「固技」に関して精通し一芸を持っていることは筆者が経験済みである。

「固技」というカテゴリーのなかでそれぞれ競技規則があるものの「相手を制する」という共通項があるからには、ブラジリアン柔術も講道館柔道も根本的に同じ思想を持っているはずだ。


 かつて(現在でも)日本の柔道選手がサンボなどの技術から多くを学び(筆者的には好きな表現ではないが)欧米流「JUDO」に対抗してきたように、ブラジリアン柔術競技者が(日本の)講道館柔道の技術から学ぶことも多いはずである。

そういった意味においても、この小室氏のDVDはぜひ多くの競技者に観てほしい作品である。

最後に、各巻に収録されている氏の試合映像が公開用でなく個人的な記録らしきものであったことが、より緊迫感を感じさせ必見であることを付記しておきたい。




先月完結の「小室宏二・柔道固技上達法」全三巻。
すべての講道館柔道・ブラジリアン柔術競技者に
お薦めしたいシリーズである。




5年前に製作された「ザ・コムロック」も併せて
視聴いただきたいところだ。


☆「小室宏二 柔道寝技必勝法」購入は以下のリンクから!
 
上巻

中巻

下巻

ザ・コムロック






高谷聡(こうたに・さとし)
パラエストラ吉祥寺・代表。
ブラジリアン柔術・黒帯、柔道四段。
BJJFJ公認B級審判員。
現CSF(コンバット・サブミッション・ファイティング)王者。
CSF王座は2007年6/1、ニュージーランド、オークランド、トラスト・スタジアムにて前王者、ニール・スウェイルスと戦い、これを延長戦の末にポイント判定で降し王座獲得。

王座獲得の後、2年ぶりに王座防衛戦を行い、激戦の末に王座防衛を果たす。(2009年5月)

★CSF王座防衛戦の様子はコチラから!

★CSF王座獲得のの詳細は2007年06月01日のこのブログのニュージーランド編を参照のこと。

☆ニュージーランド編はコチラ、画像はコチラ


★著者経歴
・昭和45年2月11日生まれ、40才(独身)
・昭和57年、12才で武道を始める。
・昭和59年、合気道初段。
・昭和61年、16才で柔道に転じ以降、高校・大学・実業団にて選手として出場。
・現在は母校の柔道部監督を務める。
・平成7年、柔道4段取得。
・実業団所属時代、鈴木道場サンボクラスに入門、初段を取得。
・平成9年、鈴木道場サンボクラスに出稽古の中井祐樹先生と知り合う。
・同年末に開設されたパラエストラ東京(当時パレストラ東京)に入門、ブラジリアン柔術を始める。
・平成13年、パラエストラ吉祥寺を設立。
・平成17年、ブラジリアン柔術の黒帯を取得。
・好きな女優は池脇千鶴、おニャン子クラブでは白石麻子が好きだった。

★高谷さんの人気コラムシリーズはコチラから、ブログはコチラから!



2009年05月20日

『サブミッション最短勝利の法則/ロバート・ドライズ デール』発売!


ADCC無差別王者、ロバート・ドライスデール初の技術書が発売されます!

ロバートは2007年のADCCアブソ決勝戦でADCC無敗だったマルセロ・ガルシアからアナコンダ・チョークでタップを奪い、一躍有名になった選手です。

大型選手ながら細かいテクニックを使いこなし、あのレオジーニョから初めて黒帯を授かったのがこのロバートです。

黒帯でムンジアルに優勝したこともある実力者です。

また最近はアメリカに移住、結婚、自身のアカデミー設立、MMAにも進出、と多忙な日々を過ごしているようです。

日本にも過去2回、来日しており、この教則本はそのときに撮影されたものです。

内容はチラッとみただけですがチョーク系の技術が多く載っていてさすがグラップリング系教則本だな、と思いました。

これにはDVDは付いてはいませんが、その分多くの写真とテキストで細かくテクニックを紹介しているので問題ないでしょう。

5月22日発売です。

ぜひご購入を!

★ロバート・ドライスデールの日本観光記はコチラコチラから!




『サブミッション最短勝利の法則/ロバート・ドライズ デール』
定価:1,365円、AB判 112ページ
ガードを越えろ!/亀攻略法/クロスフット大作戦/ヒップコントロー ルの展開バックで極めろ!/ラバーガードとオモプラータ!/ブラボーチョーク 七変化


2009年05月15日

ノーギでも使える!『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』


今日も佐々テクニック本&DVDの宣伝です!

今回発売された「矛編」は全編パスガードオンリーというのは昨日のブログで書いた通りです。

この教則本&DVDはギありの柔術テクニックのものですが、実はここに収録されているパスガードの多くはノーギでも使える汎用性の高いものなんです。

ガードからのスイープの多くは襟やスソ、ギ・パンツを握ってホールドして返すのでギなしで使うには多少のテクニックのコンバートが必要な場合があります。

ですがパスガードの場合はワキを差したり首を殺したり、というムーブが重要な動作で、それらはギのある、なしにあまり影響されません。

この本で特に重点的に紹介されている「クロスニーパス」はギのあるなしはそれほど重要ではなく本書では襟を握る、となっているところをワキを差す、または肩を押さえる、などとアレンジすれば充分にノーギで使用可能なテクニックとなります。

その他にもノーギで使用可能なテクニックが多く収録されているので「オレはグラップリング専門だからいらねーぜ!」って人もぜひ読んで欲しいと思います!




本ではこのように紹介されているクロスニーパスですが…




このようにワキを差すなどしてアレンジすればノーギでも使えます!




大好評発売中!『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
購入はコチラから!








ガードポジションからのテクニックを紹介した「盾編」も再入荷!
この機会にぜひ。
2冊購入しても4000円以下とお買い得!
購入はコチラから!




『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
プロモーション映像


2009年05月14日

本日発売!『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』


今年2月に発売して瞬く間に書店から姿を消したという大好評のテクニック本&DVD「パラエストラ柔術・盾/佐々幸範」の続編である「矛編」が本日発売となります!

これは当初、4月発売の予定でしたが諸事情があり1ヶ月発売が延びてしまいましたが、このたび無事に発売されました。

このシリーズは96ページ(しかも一部カラー!)の教則本に本に掲載されているテクニック全てを収録した教則DVDまで付いて1900円(税抜き)という破格の値段で読者には大好評。

ですが「これって自分で自分の首を絞めてんじゃね?!スパイラルガードならぬデフレスパイラル!」とも思うのですが、それはこっちの事情で。

ま、読者は安い方がいいに決まってますもんねぇ。

余談ですがこの本の入稿は4月中旬が締め切りで、その時期はいろんな仕事が重なりまくっててヒーヒーいって作業してたのを記憶してます。

正直、あまりのハードスケジュールさ&パン選手権の時差ボケもあり作業中の記憶がところどころ無かったり…。

そんなこんなで苦労しながら作った思い出深い一冊になっております。

もちろん内容は保証済み!

この「矛編」は1冊目の「盾編」で紹介したガードポジションからの攻撃&ディフェンスをいかに攻略するか?!という、いわば1冊目のテクニックの解法が記された攻略本的な意味合いもあります。

1冊目が発売されてから約3ヶ月が経ち、「盾編」で紹介されていたテクニックもぼちぼち身に付いた頃かと思われます。

そのテクニックで日々攻撃されてる方も多いのではないでしょうか?!

そんなあなたはこの「矛編」を読めば悩みは解消!

どんな強固なガードをも貫く、鋭い矛の一撃的な強烈なパスガードの数々が満載されてます!

なんと1冊丸ごとパスガードのみ、という潔さ!

パスガードが苦手な人はこの1冊があれば他はいらない、と断言します!

佐々幸範、というとスパイラルガードのイメージが強いんですが、本人曰く「本当はパスガードの方が得意」というぐらいパスガードには自信があるそうです。

そのパスガードの極意を惜しげもなく紹介しています。

特に佐々幸範はいまだ現役選手で、試合もムンジアルやパン選手権など海外トーナメントを中心に出場し続けています。

佐々幸範が身をもって犖縮鯀手が実戦で使える瓩海箸鮠斂世靴深騨兔颪この「パラエストラ柔術 佐々幸範 盾編」&「矛編」なのです。

本書の中で特におススメなのが「クロスニーパス」。

現代柔術において猛威を振るう「クロスニーパス」はレオジーニョやマルガリータが多用して一躍有名になったパスガード・テクニックですが、本書の中にも多くのバリエーションが掲載されており、その数は他に類をみない充実ぶりです。

これを本屋で見かけたらぜひ手に取って見てみて下さい!

必ず「手元に置いときたい!」と思うような1冊になっている、と自負しております。

日本のブラジリアン柔術の教則本の歴史に残る一冊(盾編と矛編で2冊ですが!)である、というと大げさですが、それぐらいの内容の濃さはあると思います。

ちょっと気合が入りすぎて長くなってしまいましたので、このへんで。

多数の方のご購入をお待ちしております!






ガードポジションからのテクニックを紹介した「盾編」も大好評発売中です!
まだ未購入の方はぜひこの機会に!
2冊購入しても4000円以下でお買い得ですよ!


2009年02月24日

いよいよ明日発売!佐々幸範テクニック本&DVD

いよいよ明日、佐々幸範初のテクニック本&DVD、柔術魂スペシャル版『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』が発売されます。

今日はその製作過程の様子を紹介します!

この本のための撮影は全部で4回、行われました。

今回発売されるガードポジション編の他に4月に発売予定のトップポジション編も一緒に撮影したからです。

当初、編集側は2冊同時に撮影、というどう考えても無茶なスケジュールを組んでいましたが、そんなのできる訳がありません。

んで、追加の撮影日が設けられ、最終的には撮影に4日間を費やすことになりました。

画像撮影はまだ順調なんですが、喋りがある動画の撮影は困難を極め、何度も何度もリテイクが繰り返されました。

撮影が進むと佐々選手の動きこそ衰えはしませんが口が回らずに顔色も悪くなり疲れの色が見え見え。

それでも半日以上も動きまくって撮影したのだから立派です。

まあ撮影開始時間を佐々選手お得意のブラジリアンタイムで遅れてスタートしたせいもありますが、撮影は毎回深夜までかかってしまいました。

そんな苦心の末にできたのがこの『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』です。

96ページ(一部カラー!)に2時間収録のDVDが付いて2000円を下回る1995円という値段設定は破格でしょう。

正直、こんなに安くすることないのに!とも思いますが…。

まあ買う側からしたら安い方がいいに決まってますよね。

今作では新たな試みとしてDVD用にパッケージを付属しました。

このパッケージを市販のトールケースに入れればDVDコレクションの中に加えることもできますし、DVDだけ放置してなくすこともありません。

かくいう自分も雑誌などの付録DVDを見てからしまおうにもケースがなくてそこらへんに置いといてなくした、ってことが1度や2度じゃありません。

だから今回、このアイデアを提案したんです。

これはグラビア誌の「スコラ」がやってたのをパクりました!

いいものはパクる!、基本ですよ。

そんなわけで『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』、ぜひご購入をお願いします!

自信の1作になってますんで買って損はない!と断言します!



佐々テクニック本のサンプルです!




これが今回発売される「盾・ガードポジション編」




こっちは4月発売の「矛・トップポジション編」です!




本の背面も凝ってます。
これは佐々選手がこうしてくれ!というリクエストでデザインされました。




折り返し部分にもパラエストラのロゴが入ってます!




これは付属DVDのメニュー画面です。
技ごとに細かくチャプター分けされてます。




本とDVDの製品版です。
DVDは市販のトールケースに付属のパッケージを入れました。




こうやって見ると立派じゃないですか?!
これだけでも1995円以上の価値がありますよ!




DVDパッケージ裏面。
市販品としても見劣りしません!




DVDレーベル面もパラエストラのロゴをあしらい、かっこよくデザインされてます。



トールケースに入れてDVD棚に入れてみました。
他のDVDと見事に馴染んでます!




この本&DVDの制作メンバーです!
左から自分、受け手の林くん、佐々選手、カメラマンの小嶋さん、動画撮影の荒木くん。




オマケ。
撮影終了後に一服中の佐々選手。
銘柄はハイライトです!


2009年01月15日

ブルテリア新作キモノ「ライトウェイト」レヴュー

今日は入荷次第、大人気で早くも品薄となっているブルテリアの新作キモノ「ライトウェイト」のレヴューをしたいと思います。

このキモノは最近のトレンドである「軽さ」に重点を置いたものですが、この「軽さ」を重視すると強度に難がある場合がほとんど。

ですがこのキモノは「軽さ」と「強度」という相反するものの2つの共存を果たした素晴らしいキモノです!

その注目の「軽さ」はなんとA2サイズで1400g!

軽いことで人気なVULKANに比べて100g軽い、という脅威の軽量化を実現させています!

さらに強度も申し分なく、練習に試合にと活躍してくれるでしょう。

そして更に注目はお値段。

白で12,800円、青と黒は13,800円とリーズナブル!

ハイクオリティーで軽量というブルテリア自信のキモノです!




ライトウエイト・白を着用の広瀬貴行選手(パラエストラ葛西)




背中はブルテリアのパッチのみのシンプルなデザイン。




前面の肩と胸にパッチが縫い付けられています。
肩部分はニューデザインです!



広瀬選手に着用した感想を聞いてみました。

「とにかく軽い!というのが第一印象ですね。生地にゴワつきがなく動きやすいです。肌触りも好感触。ただ襟が少し柔らかいかな?という感じはしますが、そこは好みもありますので。デザインもシンプルでいいですね。胸、背中、尻の部分が空いてるので自分でパッチを貼ってカスタムしようと思います。軽いので持ち運びも楽。いいことづくめですよ。」

と、ベタ褒め。

破れやほつれが気になる部分には2重生地になっていたりダブルステッチにしてあったりと強度対策も充分。

ぜひ1度、試して欲しいキモノです。




広瀬選手は早速練習で着用し軽快な動きを見せていました!



☆「ライトウェイト」キモノの詳細はコチラから!