English Portugues Japanese

ドゥマウ

2017年12月14日

【レポ】ASJJF DUMAU SOUTH JAPAN OPEN 2017:黒帯

1210
12/10(日)、佐賀県基山市の基山総合体育館メインアリーナでASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU SOUTH JAPAN OPEN 2017」が開催された。

春と冬に定期開催されているASJJFドゥマウの九州大会だが、さらに今年は夏にASJJFの全日本選手権も開催され、年3回開催となっていた。

また今大会の2週間前と翌週にはJBJJF主催の大会の開催もあり、いま九州はちょっとした大会ラッシュに見舞われているといえるだろう。

続きを読む

2017年12月11日

【結果】ASJJF DUMAU SOUTH JAPAN OPEN 2017

1210
12/10(日)、佐賀県基山市の基山総合体育館メインアリーナで開催されたASJJFドゥマウ「ASJJF DUMAU SOUTH JAPAN OPEN 2017」の主な結果です。


続きを読む

2017年12月08日

【レポ】HOKAIDO JIU-JITSU TOURNAMENT 2017

1203
12/3(日)、北海道札幌市の厚別区体育館でSJJJFドゥマウ主催「HOKAIDO JIU-JITSU TOURNAMENT 2017」が開催された。

2016年12月にASJJFドゥマウ主催でスタートを切った北海道大会は、今年7月の第2回大会からASJJFの日本連盟であるSJJJF(Sports Jiu Jitsu Japan Federation)に主催を引き継いで開催されている。

参加者も増え、今大会では白、青帯の階級別は2面で進行、紫、黒帯は1面、その後のオープンクラスは2面に戻すという変則的なマット構成を採用。

黒帯はフェザーのトーナメントが組まれ、レフェリー兼選手で参戦したトラスト柔術アカデミーの生田誠が優勝。また、紫帯では藤林陽平(ギムナシオン札幌)が2階級制覇、青帯では諸澤陽斗(Over Limit BJJ)が2階級制覇を果たすなど、実力のある地元選手の台頭も見られた。

続きを読む

2017年12月05日

【結果】HOKKAIDO JIU-JITSU TOURNAMENT 2017

1203
12/3(日)、北海道札幌市の厚別区体育館で開催されたASJJFドゥマウ主催「HOKAIDO JIU-JITSU TOURNAMENT 2017」の主な結果です。


続きを読む

2017年11月30日

【柔術プリースト】#306:ASJJF DUMAU PHILIPPINE 2017

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回はフィリピン・セブで開催された「ASJJF DUMAU PHILIPPINE 2017」を配信します。

この大会は日本から参戦した選手や地元の選手、そして韓国から遠征してきた選手たちの試合で盛り上がりました。

その中からよかった試合を厳選して配信しています。

配信試合は以下の通りです。


1007
ASJJFドゥマウ『PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017』



08
女子アダルト白帯オープンクラス決勝戦
ジェニー・フェルナンデス(PATO STUDIO)
vs
フレスカ・テジャン(デフタックヒベイロ)



女子アダルト青帯ライトフェザー決勝戦
エイプリル・コメロス(90/エイトBJJ)
vs
マリア・ラトクリフ(デフタックヒベイロ)



06
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
マリア・ラトクリフ(デフタックヒベイロ)
vs
マリー・カトリーナ(TOKAIフィリピン)



04
シニア2紫帯フェザー決勝戦
小谷尚孝(サイゴンBJJ)
vs
ジェイソン・モンディゴ(Over Limit BJJ)



シニア1紫帯ライトフェザー決勝戦
ジェイソン・モンディゴ(Over Limit BJJ)
vs
ドゥアン・ガカサン(デフタックヒベイロ)



02
シニア1紫帯ミディアムヘビー決勝戦
ジオゴ・ナカガワ(Over Limit BJJ)
vs
アレックス・エステベス(Over Limit BJJアンヘレス)



アダルト紫帯オープンクラス1回戦
カート・ノーマン(パトスタジオ)
vs
レオ・ガーラン(ATOS)



アダルト紫帯オープンクラス準優勝
レオ・ガーラン(ATOS)
vs
ミカエル・ウー(パトスタジオ)



01
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
ハン・ドンス(ラテルイエローJJ)
vs
レオ・ガーラン(ATOS)



2
BJJテクニックファイルはボンサイの鈴木恒太が登場。
初回はラッソーガードからのテクニックを紹介します。



3
#306はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ラスコンテープ、新発売
11/26代々木「エストレージャス・デ・ジウジツ」見どころ紹介
2/24博多「福岡国際」参加申し込み開始


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月28日

【レポ】内柴正人、柔術デビュー戦でWゴールド達成

01
11/26(日)、神奈川県寒川の寒川体育館で開催されたASJJFドゥマウ主催「ジャパンオープン2017」で内柴正人の柔術デビュー戦が行われた。

内柴は柔道のオリンピック金メダリストで、2004年のアテネオリンピックと2008年の北京オリンピックでそれぞれ優勝している。

続きを読む

2017年11月26日

【インタビュー】韓国の美女柔術家、キム・ユリ

01
韓国の柔術シーンの特徴の1つに女子の柔術家が多いことも挙げられるだろう。

先日のASJJFドゥマウの韓国大会では白帯で20人を超すトーナメントもあり、これは日本では考えられない充実度といえる。

そしてビジュアル系の女子もいて、大会を主催したチョイ・ワンチョイはそういった美女柔術家のチェックに余念がないようだ。

そのチョイがイチ押しなのが今回紹介するキム・ユリだ。

キムは白帯で活躍し、過去2回のASJJFドゥマウの韓国大会で連続優勝し今大会で青帯デビューを果たした。

続きを読む

2017年11月25日

【レポ】ASJJF DUMAU KOREA GP 2017 Part.2

1119
ASJJFドゥマウの「ASJJF DUMAU KOREA GP 2017」には日本からも参加者があり、日韓の柔術を通じての交流戦が行われた。

紫帯にはアダルトとマスターで4選手が参戦し、アダルトでは優勝者と3位入賞者を輩出し、マスターでは銀メダル×2を獲得している。

続きを読む

2017年11月24日

【柔術プリースト】#305:ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は9/24に浅草で開催された「ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017」です。

この大会ではイゴール・タナベとリダ・ハイサムのスーパーファイトが組まれて話題となりました。

そのスーパーファイトと通常トーナメントから厳選した試合を配信します。

配信試合は以下の通りです。


0924
9/24浅草「ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017」


キンダガートン灰帯フェザー決勝戦
アイラ・フランコ(RUL BJJ)
vs
高橋新奈(AXIS)



プレティーン黄帯ライト決勝戦
大野智輝(CARPE DIEM)
vs
マジョリー・フランコ(RUL BJJ)



女子アダルト青帯ライト決勝戦
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
vs
アガタ・フランコ(RUL BJJ)



09
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
vs
アガタ・フランコ(RUL BJJ)



アダルト紫帯ミドル決勝戦
イ・チャンヨプ(Techne BJJ)
vs
カイオ・サイキ(RUL BJJ)



アダルト茶帯フェザー1回戦
坂本勝康(頂柔術)
vs
横山武司(グラバカ柔術クラブ)



08
アダルト茶帯フェザー決勝戦
横山武司(グラバカ柔術クラブ)
vs
石毛倫太郎(CARPE DIEM)



04
アダルト茶帯ヘビー決勝戦
ヒョン・ジュンソ(Techne BJJ)
vs
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)



マスター黒帯ウルトラヘビー決勝戦
橋本貴(パラエストラ吉祥寺)
vs
ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)



06
マスター黒帯オープンクラス決勝戦
橋本貴(パラエストラ吉祥寺)
vs
ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)



03
ノーギスーパファイト
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
セオ・ヒョンジュン(Techne BJJ)



01
紫帯スーパーファイト
レダ・メブトゥシュ(CARPE DIEM)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



2
BJJテクニックファイルはアラン・フィデリスの「ハーフガードパスのバリエーション」です。



3
#305はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ASJJFドゥマウ・コリアGP総括
内柴正人、柔術デビュー戦決定
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月23日

【レポ】ASJJF DUMAU KOREA GP 2017 Part.1

1119
11/19(日)、韓国・ソウルのジャムシル体育館で開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU KOREA GP 2017」。

ASJJFドゥマウの韓国大会はこれで4度目の開催で前回も900人超えの参加者があったが、今大会も参加者総数は延べ人数で950人と盛況ぶりは相変わらずだった。

続きを読む

2017年11月22日

【インタビュー】柔道オリンピック金メダリスト・内柴正人の柔術デビュー戦決定

1
かねてより柔術転向を表明していた柔道の金メダリスト、内柴正人氏の柔術デビュー戦が決まった。

内柴氏は今週末の11/26(日)、神奈川県寒川町にある寒川体育館で開催されるASJJFドゥマウ主催「JAPAN OPEN 2017」に出場する。

続きを読む

2017年11月20日

【結果】ASJJF DUMAU KOREA GP 2017

1119
11/19(日)、韓国・ソウルのジャムシル体育館で開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU KOREA GP 2017」の主な結果です。


続きを読む

2017年11月18日

【レポ】ASJJF DUMAU MASTER ALL JAPAN 2017:茶帯

1105
「ASJJF DUMAU MASTER ALL JAPAN 2017」の茶帯はマスターが2階級、シニア1も2階級のみに留まり、黒帯に比べると半数以下の参加者だった。

この4カテゴリーで行われた13試合のうち、延長戦のサドンデス決着は5試合というのは26%を占め4分の1以上がサドンデスというのはかなり多いといえる。

ASJJFルールのアドバンテージ&レフェリー判定なし・同ポイントの場合は延長戦に突入し、最初にポイントを獲得した方が勝ちというサドンデス決着は導入当初こそ賛否両論あったが、いまではすっかり定着している。

特にレフェリー判定がないために完全決着を好む選手には好意的に受け入れられており、ASJJFルール導入以前はIBJJFルール一択しかなかったが、いまは大会によってIBJJFルールのもの、ASJJFルールのものと出る側がルールを選べるのもいい点だろう。

毎年細かいルール改正があり、難解に感じられるアドバンテージとポイントの差異などがあるIBJJFルールよりも、より容易なASJJFルールの方がわかりやすく、また試合がしやすいと個人的には思っているが、これは試合に出る側の感じ方次第なので一概にはどちらがいい、悪いという問題ではない。

ただかつてのようにIBJJFルールのみだった時代に比べ、ASJJFルールという選択肢もある現在の方が柔術スタイルの多様性が豊かになったのは間違いないはずだ。


01
マスター茶帯フェザー級は3人トーナメント。
優勝したのは坂本勝康(頂柔術)。
前回大会ではアダルトで出場し惨敗したが今大会では2試合を盤石の勝利。



02
マスター茶帯ミドルはワンマッチ決勝戦。
春原幸徳(下・ロデオスタイル)が林健太郎(パトスタジオ)からスイープ&パスで9-0で勝利して優勝を決めた。



03
シニア1茶帯フェザー決勝戦、杉本孝(パラエストラTB)vs堀切勇太(アンダーグラウンド)は杉本が2-0で勝利して優勝。
ガードの巧みさが光っていた。



04
杉本はシニア1茶帯オープンクラスも優勝しWゴールド。
オープンクラス決勝戦はオモプラッタで極めての一本勝利。



05
シニア1茶帯オープンクラスの3位決定戦は膠着によるDQで両者失格になったため3位は空位に。
両者失格はレアケースだが膠着によるペナルティ=DQは増えてきている。



07
女子のマスター青帯はルースターのワンマッチ決勝戦のみ。
試合は大村奈穂(稲妻柔術)が松本有理枝(パトスタジオ)を3:07 三角絞めで極め一本勝ちで優勝。



■今大会のフォトギャラリーはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月17日

【お願い】ASJJFドゥマウが古着のドーギの寄付を募集中

g01
ASJJFドゥマウが古着の柔術衣を募集中です。

いまASJJFドゥマウは年に2回、フィリピンのセブで大会を開催しており、フィリピンの柔術シーンの活性化に大きく貢献しているのは周知の通りです。

現地では柔術を教えるジムが急激に増えており、2017年だけでも5〜6つのジムが新規オープンしています。

またフィリピンはセブだけでなくマニラでも同様で、エジソン・カゴハラ率いるOver Limit BJJはフィリピンのセブとマニラで合計5つものジムをアソシエーションとして運営中とのこと。

そこで問題となっているのが柔術をやっているのに、ギが買えない人が多いことです。

低所得者が多いフィリピンの人々はかろうじてジムの会費は払えているものの、ギを購入する余裕はない人が多数おり、そういう人は短パン&Tシャツのルタリブレスタイルで柔術をやっているそうです。

これはOver Limit BJJの支部だけのことではなく、マニラ&セブ問わずフィリピンの柔術シーン全体の問題のようです。

パトスタジオ・セブのニーノも学生の入会者が増えているけど、学生なのでお金がなくドーギが買えない生徒が少なくない、と話していました。

なので、そういったギを買えない人たちのために古着でもいいからギを送りたいと、ASJJFドゥマウは古着のギの募集を開始しました。

日本はフィリピンに比べ、柔術衣の入手も容易で、手ごろな価格で入手が可能で、柔術人口もフィリピンとは比べ物にならないほど多いことでしょう。

その日本からフィリピンの貧しい柔術家のために古着のドーギを提供してはもらえないでしょうか?

お預かりしたギはエジソン・カゴハラが責任をもってフィリピンに持ち帰り、現地のルタリブレスタイルの柔術家に順次無償提供していくとのこと。

古着のドーギはASJJFドゥマウの会場にて受付しますので、小さくなって着れなくなったドーギや古くなって着ていないものなど、着用に支障がなければどんなドーギでも構いません。

ぜひ今後のASJJFドゥマウの主催大会会場に持ち寄って頂けたらと思います。

みんなでフィリピンの貧しい柔術家に古着ドーギを送りましょう!


g02
ギを着てる人の方が少ないOver Limit BJJのフィリピン・マニラの支部。
こういった人たちにギを着て柔術をやって欲しいと思います!





■ASJJF-DUMAU■
今後の大会予定

1119
『ASJJF DUMAU JIU JITSU KOREA GRAND PRIX 2017』
日時:11/19(日)
会場:ジャムシルアリーナ(韓国・ソウル)
■詳細はコチラから!



1126
『ASJJF DUMAU JAPAN
OPEN 2017』
日時:11/26(日)
会場:寒川体育館(神奈川県寒川)
■詳細はコチラから!



1203
『SJJJF DUMAU HOKAIDO 2017』
日時:12/3(日)
会場:厚別区体育館(北海道札幌市)
■詳細はコチラから!



1210
『ASJJF DUMAU SOUTH
JAPAN OPEN 2017』
日時:12/10(日)
会場:基山町総合体育館(佐賀県)
■詳細はコチラから!



1217
『ASJJF CHUBU 2017』
日時:12/17(日)
会場:可児青少年育成センター錬成館(岐阜県)
■詳細はコチラから!



1224
『ASJJF DUMAU
JAPAN CUP 2017』
日時:12/24(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!



■DUMAUの大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ヴァルテル・フランコ(43)、ガヴィ・ガルシア(32)、ベンジー・シウバ、ハファエル・アビヒハン、デール・ケスティング



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年11月14日

【レポ】ASJJF DUMAU MASTER ALL JAPAN 2017

1105
11/5(日)、東京・大阪の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU MASTER ALL JAPAN 2017」。

今大会はASJJFドゥマウ版のマスター大会で、アダルトの大会は同時開催されずに30歳以上のマスターカテゴリーのみが行われている。

続きを読む

2017年11月06日

【結果】ASJJF DUMAU MASTER ALL JAPAN 2017

1105
11/5(日)、東京・大阪の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU MASTER ALL JAPAN 2017」の主な結果です。


続きを読む

2017年10月15日

【柔術プリースト】#299:ASJJFジャパンオープン2017

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信しているのは「ASJJFジャパンオープン2017」です。

配信試合は以下の通りです。


0813
8/13浅草「ASJJFジャパンオープン2017」


女子アダルト青帯ライト1回戦
アガタ・フランコ(RUL BJJ)vsマリア・シャミナ(一心柔術)


06
女子アダルト青帯ライト決勝戦
ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
vs
マリア・シャミナ(一心柔術)



05
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
アガタ・フランコ(RUL BJJ)
vs
マリア・シャミナ(一心柔術)



アダルト青帯オープンクラス1回戦
橋本圭右(フィジカルスペース荻窪)
vs
ウイリアン・サイオ(INFIGHT JAPAN)



04
アダルト青帯オープンクラス準決勝
マテウス・ヒロトミ(グレイシーバッハ静岡富士)
vs
ウイリアン・サイオ(INFIGHT)



アダルト青帯オープンクラス決勝戦
ルカ・ベロッティ(パラエストラ八王子)
vs
ウイリアン・サイオ(INFIGHT)



ジュニアティーン黄帯ミドル決勝戦
酒井忠清(RBアカデミー)
vs
グスタボ・フランコ(RUL BJJ)



01
アダルト紫帯オープンクラス1回戦
山田大聖(太田道場)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



02
アダルト紫帯オープンクラス準決勝
イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
ハリー・ハヤシ(セキタニゴールドチーム)



03
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
カウエ・ヒエイ(セキタニゴールドチーム)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



2
BJJテクニックファイルはアラン・フィデリスのテクニック。
「ハーフガードに対するパスガード」です。



3
■#299はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ASJJFドゥマウセブ総括
カルペディエム教則本発売SP、再生回数1500超え
内柴正人、柔術練習開始
ADCC、次回大会はカリフォルニアに決定
ニューヨークあれこれ
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月13日

【レポ】ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017

1007
10/7-8、フィリピン・セブのSMシーサイドシティで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017」。

ASJJFドゥマウのセブ大会も早いもので今回で5回目の開催となった。

今回から大会を2日間に分けて開催となり参加者数も前回大会の3割増しとなる400人ほどが参加しており、参加国も8カ国に及んでいる。

続きを読む

2017年10月09日

【RESULT】ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017

1007
10/7-8、フィリピン・セブのSMシーサイドシティで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017」の主な結果です。


続きを読む

2017年10月03日

【レポ】ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017

924
9/24(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017」が開催された。

同日にはシンガポールでASJJFアジアオープンが開催されており、今週末にはフィリピン・セブ、来月は韓国・ソウルで大会開催が予定されており、ASJJFのアジア進出は継続中の様子だ。

続きを読む

2017年09月28日

【結果】ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017

0924
9/24(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017」の主な結果です。


01
シニア2黒帯オープンクラス
優 勝 高本裕和(高本道場)
準優勝 ヴァルテル・フランコ(RUL BJJ)
3 位 アレクサンダー・サントス(Over Limit BJJ)



02
シニア2黒帯ミドル
優 勝 高本裕和(高本道場)
準優勝 アレクサンダー・サントス(Over Limit BJJ)



03
マスター黒帯オープンクラス
優 勝 橋本貴(パラエストラ吉祥寺)
準優勝 ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)



04
マスター黒帯ウルトラヘビー
優 勝 ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)
準優勝 橋本貴(パラエストラ吉祥寺)



05
アダルルト茶帯フェザー
優 勝 横山武司(グラバカ柔術クラブ)
準優勝 石毛倫太郎(CARPE DIEM)
3 位 坂本勝康(頂柔術)



06
アダルルト茶帯ヘビー
優 勝 リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
準優勝 イ・ヒョンリ(TECHNE BJJ)



07
アダルト紫帯オープンクラス
優 勝 カイオ・サエキ(RUL BJJ)
準優勝 イゴール・タナベ(RUL BJJ)
3 位 カウエ・イエイ(セキタニゴールドチーム)



07a
アダルト紫帯ルースター
優 勝 スドウ・タクヤ(ノヴァウニオン)
準優勝 イシイ・ヒロマサ(SORA BJJ)



08
アダルト紫帯ライトフェザー
優 勝 服部吉弥(パラエストラ八王子)
準優勝 タナカ・ヒデハル(パラエストラ八王子)
3 位 タドコロ・サトシ(X-TREME海老名)



09
アダルト紫帯ライト
優 勝 カウエ・イエイ(セキタニゴールドチーム)
準優勝 石井宏幸(高田馬場道場)
3 位 ウイリアム・ウェイウェル(CARPE DIEM)



10
アダルト紫帯ミドル
優 勝 カイオ・サエキ(RUL BJJ)
準優勝 イ・チャンギョプ(TECNHE BJJ)



11
女子アダルト青帯オープンクラス
優 勝 カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
準優勝 アガタ・フランコ(RUL BJJ)
3 位 内藤由利子(SORA BJJ)



12
女子アダルト青帯ライトフェザー
優 勝 内藤由利子(SORA BJJ)
準優勝 ヘナータ・ハルミ(INFIGHT JAPAN)
3 位 大村奈穂(稲妻柔術アカデミー)



13
女子アダルト青帯フェザー
優 勝 ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
準優勝 星島ひかる(X-TREME柔術アカデミー)



14
女子アダルト青帯ライト
優 勝 カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
準優勝 アガタ・フランコ(RUL BJJ)



15
チームポイント
優 勝 SORA BJJ
準優勝 INFIGHT JAPAN
3 位 ルミナス



■ASJJF-DUMAU■
今後の大会予定

1001
『WEST JAPAN KONISHI 2017』
日時:10/1(日)
会場:セントピア水口(滋賀県)
■詳細はコチラから!



1007
『ASJJF DUMAU PHILIPPINE
INTERNATIONAL 2017』
日時:10/7-8(土&日)
会場:SMシーサイドシティ(フィリピン・セブ)
■詳細はコチラから!



1015
『ASJJF DUMAU JIU JITSU
HOKURIKU 2017』
日時:10/15(日)
会場:小松市桜木体育館(石川県)
■詳細はコチラから!



1022
『ASJJF DUMAU OPEN 2017』
日時:10/22(日)
会場:アメニティプラザ(静岡県湖西市)
■詳細はコチラから!



sj1
『SJJIF WORLD 2017』
日時:10/27-29
会場:ロングビーチアリーナ(LA)
■詳細はコチラから!



1105
『MASTER ALL JAPAN
OPEN 2017』
日時:11/5(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!



1111
『ASJJF DUMAU CHINA
INTERNATIONAL OPEN 2017』
日時:11/11(日)
会場:Shixi Junior Middle Schoo(中国・上海)
■詳細はコチラから!



1119
『ASJJF DUMAU JIU JITSU KOREA GRAND PRIX 2017』
日時:11/19(日)
会場:ジャムシルアリーナ(韓国・ソウル)
■詳細はコチラから!



1126
『ASJJF DUMAU JAPAN
OPEN 2017』
日時:11/26(日)
会場:寒川体育館(神奈川県寒川)
■詳細はコチラから!



1203
『SJJJF DUMAU HOKAIDO 2017』
日時:12/3(日)
会場:厚別区体育館(北海道札幌市)
■詳細はコチラから!



1210
『ASJJF DUMAU SOUTH
JAPAN OPEN 2017』
日時:12/10(日)
会場:基山町総合体育館(佐賀県)
■詳細はコチラから!



1217
『ASJJF CHUBU 2017』
日時:12/17(日)
会場:可児青少年育成センター錬成館(岐阜県)
■詳細はコチラから!



1224
『ASJJF DUMAU
JAPAN CUP 2017』
日時:12/24(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!



■DUMAUの大会詳細はコチラから!





【今日が誕生日の柔術家】宮下一成(38)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月26日

【大会】ASJJFドゥマウの今後の大会予定

00
10月から12月のASJJFドゥマウ主催の大会予定です。

東京・浅草大会は11/5と12/24に予定されています。

続きを読む

2017年09月17日

【柔術プリースト】#295:ASJJF DUMAU HOKKAIDO CHAMPIONSHIP 2017

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはASJJFドゥマウの北海道大会です。

この大会ではスロース荒井が茶帯でWゴールドを達成し表彰台で黒帯昇格を果たした記念すべき日となりました。

そんな大会からベストマッチを厳選して紹介します。

配信試合は以下の通りです。


0702
『ASJJF DUMAU 北海道オープン2017』
7/2(日)厚別区体育館


アダルト青帯フェザー決勝戦
松坂理生(ポゴナ・クラブジム)
vs
福井貴弘(厚別BJJ)



マスター青帯ライトフェザー決勝戦
小山内渉(CORE)
vs
北浦宏樹(Over Limit BJJ)



アダルト紫帯フェザー決勝戦
小西徹(パラエストラ札幌)
vs
広鰭翔大(Over Limit BJJ)



07
アダルト茶帯スーパーヘビー決勝戦
荒井勇二(Over Limit BJJ)
vs
庄山真司(Over Limit BJJ)



08
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
荒井勇二(Over Limit BJJ)
vs
庄山真司(Over Limit BJJ)



02
マスター黒帯ミディアムヘビー決勝戦
高橋計康(ギムナシオン札幌)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



03
マスター黒帯オープンクラス1回戦
高橋計康(ギムナシオン札幌)
vs
村田良蔵(Over Limit BJJ)



04
マスター黒帯オープンクラス1回戦
佐藤恒明(ギムナシオン札幌)
v
sヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



06
マスター黒帯オープンクラス決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
村田良蔵(Over Limit BJJ)



2
BJJテクニックファイルはハワイのカイル・タカオのテクニック「ラペラを使ったデラヒーバガードからのスイープのバリエーション」です。



3
■#295はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

9/24 ASJJFドゥマウでイゴールvsレダ、スーパーファイト決定
アルゼルト2、クレバールシアーノ参戦
VHTS×チョークボーイズ コラボTシャツ発売
11/26 紫〜黒帯&グラップリング大会、ミューズで開催
堀込くん、黒帯に
黒帯になれるのは100人に1人説
お便りコーナー


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!


そしてIBJJF大会後恒例の総括座談会・アジア選手権編も公開中です。

■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月16日

【大会】9/24浅草でリダ・ハイサムとADCC韓国王者がノーギスーパーファイト

924
9/24(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるASJJFドゥマウ主催「ASJJFドゥマウ ジャパンGP2017」でスーパーファイトが追加されました。

すでにこの大会でイゴール・タナベvsレダ・メブトゥシュのスーパーファイトが行われることが決定済みなのは既報の通りです。

■その試合詳細はコチラから!

そこにノーギスーパーファイトがさらに追加されました。

ノーギスーパーファイトの対戦カードはリダ・ハイサム(CARPE DIEM)vsセオ・ヒョンジュン(テクニBJJ)です。

ハイサムは国内トップの茶帯で、その試合のほとんどが一本決着という極めが強い柔術家。

そのハイサムのノーギマッチは興味深いでしょう。


a
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)



そして対戦相手のセオ・ヒョンジュンはADCC韓国王者という触れ込みですが、実際は2012年と2014年のADCC韓国予選王者とのこと。

とはいえノーギのエキスパートであることに間違いなく、ハイサムとどう戦うか?に注目したいところです。


seo
セオ・ヒョンジュン(テクニBJJ)



なおこの試合のルールは試合時間8分でオンリーサブミッションマッチとなります。

柔術スーパーファイトのイゴールvsレダ、ノーギスーパーファイトのハイサムvsセオ、この2つのスーパーファイトの出場選手はイゴールが日本、レダがフランス、ハイサムはガーナでセオは韓国と国際色豊かな顔ぶれが揃いました。

インターナショナルなスーパーファイト、どちらも必見です!

このスーパーファイト2試合が行われる9/24浅草「ASJJFドゥマウ ジャパンGP2017」の参加申し込みは本日9/16(土)まで!

ぜひ大会に参加しつつ、このスーパーファイトを生観戦してください!


924
【本日最終締め切り】
『ASJJFドゥマウ ジャパンGP2017』
日時:9/24(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■大会詳細&申し込みはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月12日

【大会】9/24 浅草 ASJJFドゥマウ「ジャパンGP」でイゴールvsレダのスーパファイト決定!

924
9/24(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるASJJFドゥマウ主催「ジャパンGP2017」。

この大会でイゴール・タナベ(RUL BJJ)vsレダ・メブトゥシュ(CARPE DIEM)の紫帯スーパファイトが決定しました!

イゴールは8月にJBJJF全日本選手権、賞金トーナメント「RAM IT DOWM」、ASJJFジャパンオープン、コパ・ブルテリアと3週連続・4大会に出場し、そのすべての大会で優勝しました。

ですがIBJJFアジアには17歳で紫帯昇格してしまったために年齢制限に引っかかり出場できませんでした。

なのでイゴールのIBJJF大会での紫帯デビュー戦は来年のヨーロピアンになる予定です。

そしてイゴールの対戦相手尾レダ・メブトゥシュはフランス人で、IBJJFアジアに参戦するために来日し、CARPE DIEMのキャンプに参加して大会でもヘビーで優勝&オープンクラス準優勝という戦績を残しています。

フランス出身の21歳で、大会後に帰国予定でしたがレダがイゴールと試合したいと希望し、そのために航空券を振り返して日本滞在を延長してこのスーパファイトが実現しました。

IBJJアジアに出られなかったイゴールとIBJJFアジアで優勝したレダの初顔合わせはスーパファイトの名に恥じない注目度の高い一戦といえるでしょう。


i1
イゴール・タナベ(RUL BJJ)
「アジア選手権は出られなかったけど、いつも練習はたくさんしてるのでいつ試合があっても大丈夫。相手は強いと思うけど自分が絶対に勝つ。必ず一本を極めるので、みなさん応援お願いします。」



i2
レダ・メブトゥシュ(CARPE DIEM)
「イゴールとの試合はきっといい試合になると思います。頑張ります。」




なおこのスーパファイトはASJJFルールで試合時間10分の特別ルールで行われます。

そして今大会の一般参加申し込みの最終締め切りは9/16(土)までです。


924
【大会参加申し込み受付中】
『ASJJFドゥマウ ジャパンGP2017』
日時:9/24(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■大会詳細&申し込みはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


2017年08月18日

【レポ】ASJJFジャパンオープン2017

0813
柔術プリースト300回記念大会「RAM IT DOWN」と同会場で開催されていたのがこの「ASJJFジャパンオープン2017」だ。

この大会は先週にJBJJF全日本選手権、次週にコパブルテリア、そしてお盆期間中ということで参加者がやや少なめでコンパクトな大会となっていた。

ここで目立っていたのは「RAM IT DOWN」に参加していたイゴール・タナベとアガタ・フランコの2人だ。

イゴールは階級別の試合こそ「RAM IT DOWN」の試合と重なって棄権してしまったが無差別級には出場し3試合を勝ち抜いて優勝を果たした。

アガタは階級別の1回戦で「RAM IT DOWN」での試合疲れがあったかまさかの一本負けを喫したが、続く無差別級でその一本負けした相手にリベンジして優勝し不調だった今大会の最後を勝利で飾っている。

その他、青帯ではウイリアン・サイオが階級別&無差別のWゴールドを達成しているが、どの試合もポイントで大差をつけながらも最後まで極めきれずにおわるという終わるという煮え切らない試合ぶりを連発し見るものにフラストレーションを感じさせた。

このように紫帯・青帯・女子とも日系ブラジリアンが活躍しており、相変わらずASJJFドゥマウはブラジリアン天下が続いているようだ。


01
アダルト紫帯オープンクラス1回戦
イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
山田大聖(太田道場)
階級別は棄権となりオープンクラスのみの参加となったイゴール。1回戦で山田と対戦し4:51 三角絞めで極めた。



02
アダルト紫帯オープンクラス準決勝
イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
ハリー・ハヤシ(セキタニゴールドチーム)
準決勝はオモプラッタから腕十字のコンビネーションで6:14 一本勝ちし2試合連続で極めて決勝戦進出。



03
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
カウエ・イエイ(セキタニゴールドチーム)
RAM IT DOWNのスーパーファイトでも対戦したカウエとの決勝戦は判定決着となり4-2で勝利。
無差別のみとなったが通常トーナメントもきっちりと優勝した。



06
アダルト紫帯オープンクラス
優 勝 イゴール・タナベ(RUL BJJ)
準優勝 カウエ・イエイ(セキタニゴールドチーム)
3 位 ハリー・ハヤシ(セキタニゴールドチーム)



04
アダルト青帯で階級&無差別のWゴールドを獲得したウイリアン・サイオ(INFIGHT JAPAN)。
どの試合も大差で判定勝ちも極めきれずに終わるという極めの弱さを露呈。



05
RAM IT DOWNのスーパーファイト、階級別トーナメントでまさかの2連敗だったアガタ・フランコ(RUL BJJ)だが無差別でリベンジ。
マリア・シャミナ(一心柔術)からパスガードし3-0で勝利して優勝。



06
女子アダルト青帯ライト決勝戦
ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
vs
マリア・シャミナ(一心柔術)
青帯昇格後も積極的に試合に出ているラケルは得意の腕十字を極めて2:39 一本勝ちで優勝を決めた。



07
ジュニアティーン黄帯ミドル決勝戦
〇グスタボ・フランコ(RUL BJJ)
vs
×サカイ・タダキヨ(RBアカデミー)
4:23 絞め



08
プレティーン灰帯ライト決勝戦
〇マジョリー・フランコ(RUL BJJ)
vs
×イベ・リュウ(CARPE DIEM)
12-4



【今日が誕生日の柔術家】中井祐樹(47)、オズワルド・ケイシーニョ(31)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年08月12日

【大会】SJJIFワールド2017、格安航空券発売中

sj1
10月にLAのロングビーチアリーナで開催されるSJJIFの世界選手権、SJJIFワールド。

今大会の開催日程に合わせた格安航空券が発売中です。

その価格は東京・LA往復で6万円ほどという文字通りの格安航空券で、通常価格の30%オフぐらいの金額でLAまで行けるようです。

この大会には日本から50人ほどが出場予定で、昨年以上の参加人数が見込まれています。

ちなみに昨年のSJJIFワールドでは出場した選手のほとんどがメダルを獲得しており、メダルラッシュに沸いたのを覚えている方も多いことでしょう。

■昨年のSJJIFワールドの試合レポは以下のリンクから!

柔術 キッズ ノーギ その他 参戦記

■柔術プリーストでの配信はコチラコチラから!


いまSJJIFのアジア連盟のASJJFでは格安航空券と宿泊先の手配を受付代行中です。

参戦予定の人はASJJF会長のエジソン・カゴハラにメールまたは電話にてお問い合わせを。

エジソン・カゴハラ
edisonbjj@gmail.com 080-3716-9767


SJIIFワールドはIBJJFのムンジアルとは違い、キッズ&ジュブナイル、アダルト、マスター&シニア、ノーギが同時開催なのが特徴で、さらにこれらに加えて今年からはパラ柔術部門と聴覚障碍者部門も初開催されます。

パラ柔術はアブダビワールドプロや国内でもASJJFの大会内で開催されており、また日本からパラ柔術のワールドプロ王者も誕生し、大きな話題となりました。

国内にも身体的なハンディキャップを持っている選手は少なくなく、そういった選手にもこれは朗報でしょう。

また黒帯部門には賞金も用意されており、アダルト黒帯の階級別優勝者には$1000、準優勝者には$800、3位にも$500が授与され、無差別級優勝者には$15000もの高額賞金が用意されています。

今大会に参加したい選手で単独参戦の場合は、その他の選手とホテル同泊やレンタカーの乗り合いの相談にも対応するとのことで、ソロ活動でも金銭的にも助かるはずです。

また英語ができない人でも現地スタッフの補助があることに加え、ASJJF会長のエジソン・カゴハラとASJJF主任レフェリーのヨースキ・ストーが会場内に常駐予定なので予期せぬトラブルにも日本語での対応が可能です。

さらにLAでの出稽古の斡旋や現地在住の有名選手のプライベートレッスンのブッキングも可能と至れり尽くせり。

このように日本から参戦する選手向けにフルサポート態勢が整っているSJJIFワールド、ぜひ参戦を検討してみてはいかがでしょうか?!

なお、すべてのお問い合わせはエジソン・カゴハラにご連絡を!


sj2
【大会】
「SJJIFワールド2017」
日時:10/27-29
会場:ロサンゼルス・ロングビーチアリーナ
■大会サイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ネルソン・モンテイロ、松本義彦(34)、高橋健太(31)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年08月05日

【柔術プリースト】#291:ASJJF DUMAU KOREA INTERNATIONAL 2017

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはASJJFドゥマウの韓国大会です。

この大会は1000人規模のビッグトーナメントとなり、大きな盛り上がりを見せました。

日本からも遠征した選手が多数いて、その選手たちの活躍ぶりを中心に見て頂きます。

配信試合は以下の通りです。


0611
ASJJF DUMAU KOREA INTERNATIONAL 2017



Female Adult White belt Open class Semi Final
Kim Yuri / Barbosa Jiu Jitsu vs Lee Yoon Yong / DELA RIVA KOREA



Female Adult White belt Open class Semi Final
Kyung Eun Jun / JOHN FRANKL JIU JITSU vs Jang Jiwon / JOHN FRANKL JIU JITSU



11
Female Adult White belt Open class Final
Kim Yuri / Barbosa Jiu Jitsu vs Jang Jiwon / JOHN FRANKL JIU JITSU



09
Female Adult Blue belt Feather Final
An Sol / KJ Competition Team vs Daya Huruta / Kussano Team


Adult Black Belt Ultra Heavy 1st round
Yoski Suto / Impacto Japan BJJ vs Christopher Costa / KUYA Jiu Jitsu



03
Adult Black Belt Ultra Heavy Final
Lee Dae Woong / JOHN FRANKL JIU JITSU vs Yoski Suto / Impacto Japan BJJ



Adult Black Belt Open class Final
Lee Dae Woong / Jhon Frankl Jiu Jitsu vs Christopher Costa / KUYA Jiu Jitsu



Adult Brown belt Middle 1st round
David Garmo / CARPE DIEM vs Kim Junyoung / Fight Gallery



Adult Brown belt Middle Final
David Garmo / CARPE DIEM vs Cho Jungyoung / KJ Competition Team



Adult Brown belt Midium Heavy Final
Thomas Mietz / CARPE DIEM vs Lee Dongyoung / TRISTONE



Adult Brown belt Open class 1st round
Cho Young Jun / KJ Competition Team vs Thomas Mietz / CARPE DIEM



Adult Brown belt Open class Semi Final
Thomas Mietz / CARPE DIEM vs Heo Minkseok / Dong Cheon Beak San



Adult Brown belt Open class Semi Final
David Garmo / CARPE DIEM vs Keli Manglona / ONE Jiu Jitsu



05
Adult Brown belt Open class Semi Final
David Garmo / CARPE DIEM vs Thomas Mietz / CARPE DIEM



02
BJJテクニックファイルはスケートボードの世界チャンピオン、トム・ノックスの「ニーカットパスからレッグドラッグへの移行」です。



03
■#291はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

群馬オープン総括
ASJJFドゥマウ今後のスケジュール


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年07月29日

【柔術プリースト】#290:ASJJF EAST JAPAN 2017 Part.2

290a
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回に引き続き5月末に浅草で開催されたASJJFのEAST JAPANのパート2を配信します。

パート2はキッズと女子の試合を中心に見て頂きます。

配信試合は以下の通りです。


0523
ASJJF EAST JAPAN 2017



10
ユース白帯スーパーヘビー決勝戦
ミゲル・イトウ(ノヴァウニオン)
vs
ハファエラ・アユミ(INFIGHT JAPAN)



プレティーン灰帯ライト1回戦
アグネス・フクオカ(INFIGHT JAPAN)
vs
大村莉愛(AXIS)



08
プレティーン灰帯ライト1回戦
マジョリー・フランコ(RUL BJJ)
vs
アグネス・フクオカ(INFIGHT JAPAN)



プレティーン灰帯ライト決勝戦
マジョリー・フランコ(RUL BJJ)
vs
大村莉愛(AXIS)



キンダガートン白帯フェザー1回戦
アイラ・フランコ(RUL BJJ)
vs
大村かんな(CARPE DIEM)



キンダガートン白帯フェザー1回戦
成井琉之輔(INFIGHT JAPAN)
vs
池田光呂(CARPE DIEM)



09
キンダガートン白帯フェザー決勝戦
アイラ・フランコ(RUL BJJ)
vs
成井琉之輔(INFIGHT JAPAN)



プレティーン灰帯ミドル決勝戦
坪川楽(アラバンカJJ)
vs
大野智輝(CARPE DIEM)



女子アダルト白帯ライトフェザー1回戦
ラム・ファン(CARPE DIEM)
vs
ヘナータ・ハルミ(INFIGHT JAPAN)



05
女子アダルト白帯ライトフェザー決勝戦
アリシア・パスキーン(トリトンファイトセンタージャパン)
vs
ヘナータ・ハルミ(INFIGHT JAPAN)



女子アダルト白帯フェザー1回戦
ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
vs
ハルミ・ナルセ(Over Limit BJJ)



女子アダルト白帯フェザー決勝戦
ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
vs
ペイ・ウォンウ(カオシュンBJJ)



女子アダルト白帯オープンクラス1回戦
ハルミ・ナルセ(Over Limit BJJ)
vs
マイラ・シマヅ(INFIGHT JAPAN)



06
女子アダルト白帯オープンクラス準決勝
ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
vs
マイラ・シマヅ(INFIGHT JAPAN)



女子アダルト白帯オープンクラス決勝戦
ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
vs
ペイ・ウォンウ(カオシュンBJJ)



01
女子アダルト紫帯ライト決勝戦
江川茉日子(Over Limit BJJ)
vs
ガブリエレ・ゴメス(トリトンファイトセンタージャパン)



女子アダルト青帯ライトフェザー1回戦
大村奈穂(稲妻柔術)
vs
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)



02
女子アダルト青帯ライトフェザー決勝戦
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)
vs
高橋あゆみ(パラエストラ札幌)



女子アダルト青帯オープンクラス1回戦
アガタ・フランコ(RUL BJJ)
vs
高橋あゆみ(パラエストラ札幌)



女子アダルト青帯オープンクラス1回戦
高橋あゆみ(パラエストラ札幌)
vs
イングリッジ・フランコ(RUL BJJ)



03
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
アガタ・フランコ(RUL BJJ)
vs
イングリッジ・フランコ(RUL BJJ)



290b
BJJテクニックファイルはトム・ノックスが登場。
スケートボード世界王者の柔術テクニックは必見!



290c
■#290はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ブルーデスティニー総括
ウイークデーオープン総括
ホジャーvsブシェシャ
プリースト300回記念大会スーパーファイト追加 後藤vsクレイトン、風間vs西村
紫帯トーナメント参加者募集
ラスコンチャス新作Tシャツ紹介
お便りコーナー


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!

■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】白井秀幸(50)、小室宏二(40)


jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年07月11日

【柔術プリースト】#289:ASJJF EAST JAPAN 2017 part.1

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は5月28日に東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJFドゥマウ主催「EAST JAPAN 2017」を2回に渡って配信します。

初回のPart.1の配信試合は以下の通りです。


ss2
シニア1青帯ミドル決勝戦
マルコス・アロウカ(INFIGHT JAPAN)
vs
アンディ・ベーカー(ヒロBJJ)



アダルト青帯ウルトラヘビー1回戦
佐々木亮(Over Limit BJJ)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



10
アダルト青帯ウルトラヘビー決勝戦
向井邦宏(五木田ジム)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



アダルト青帯オープンクラス決勝戦
向井邦宏(五木田ジム)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



02
シニア2黒帯フェザー決勝戦
フラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)
vs
エドゥアルド・ヴィダウ(RUL BJJ)



03
シニア1黒帯ミドル決勝戦
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
カーロス・イガシラ(グレイシージム富士宮)



アダルト茶帯フェザー1回戦
広瀬公浩(二和柔術)
vs
今野泰治(RBアカデミー)



07
アダルト茶帯フェザー決勝戦
野口学(南河内柔術クラブ)
vs
今野泰治(RBアカデミー)



06
アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
浜崎一登(ロータス世田谷)
vs
ジウソン・ソネ(INFIGHT JAPAN)



アダルト茶帯オープンクラス1回戦
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
野口学(南河内柔術クラブ)



アダルト茶帯オープンクラス1回戦
広瀬公浩(二和柔術)
vs
ジウソン・ソネ(INFIGHT JAPAN)



08
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
ジウソン・ソネ(INFIGHT JAPAN)



02
BJJテクニックファイルはトラオンのパス&サブミッション。
「デラヒーバガードからのパスガードからのハンマーチョーク」のコンビネーションです。



03
■#289はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ASJJFドゥマウ・北海道大会総括
月刊KNU ワンマンライブ振り返り


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!

■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】結城聡(43)、ジョアオ・ガブリエル・ホシャ(25)、ジョアオ・アシス



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear