English Portugues Japanese

セミナー

2018年11月15日

【レポ】コブリンヤ・スタッフトレーニングin CARPE DIEM広尾

00
現在セミナー開催のために来日中のフーベンス・シャーレス"コブリンヤ"がCARPE DIEM広尾にてCARPE DIEMのスタッフオンリーのトレーニングを行った。

このトレーニングは通常のセミナーではなく、コブリンヤがLAの自身のジムで行っているプロ練習をアレンジして行われた。

予定では13:00〜15:00の2時間だったが、予定時間を30分以上もオーバーする熱の入れよう。

またコブリンヤ自身の格闘技のルーツとしているカポエラのムーブメントのレクチャーや質疑応答、そしてムンジアルなどハイレベルなコンペティションで勝ち抜くためには?というマインドセットの講義もあり、非常に内容は濃かった。

続きを読む

2018年10月16日

【セミナー】コブリンヤ・セミナー、開催決定!

c1
フーベンス・シャーレス"コブリンヤ"のセミナー開催が決定しました!

コブリンヤは言わずと知れたワールドチャンピオンで、特に昨年はヨーロピアン・パン・ブラジレイロ・ムンジアルのIBJJFグランドスラムの他にADCCをも制して史上初のスーパーグランドスラムを達成しました。

今年こそムンジアルを欠場し、試合出場の機会は減っていますが、すでにアラフォーの年齢になりながらもトップ選手と遜色ないコンディションとテクニックを持っているのは周知の通りです。

特にムンジアルでは2006年に初優勝してから2017年まで表彰台を逃がしたことはなく、前述したように昨年は2009年以来、実に10年ぶりに王座返り咲きという偉業を成し遂げました。


04
昨年のムンジアルで王座返り咲きのコブリンヤ。
10年ぶりにムンジアルの頂点に立つ。



5fb
そしてギありの柔術だけでなくノーギでもグラップリング最高峰のADCCで優勝し、スーパーグランドスラム達成という歴史に残る偉業を達成した。




近年はビッグネームになったがゆえに来日の機会がなかったコブリンヤですが、今回久しぶりの再来日が決定。

5日間の滞在中に2回のセミナーをCARPE DIEM広尾にて行います。

セミナーは11/16と17の2日間に渡って行われ、初日は「ガードをパスするピットストップコンセプト」としてトップゲームを、2日目は「ガードを保持するコンセプト」でガードワークをレクチャー予定となっています。

参加費は1日のみだと1万円、2日間両日参加で1万7千円で、CARPE DIEMメンバーは1日のみ8千円、両日で1万4千円です

最近日本で行われる海外トップ選手のセミナーは一昔前のセミナー不況が嘘のように常に盛況な様子で、このコブリンヤのセミナーも満員御礼となるのは確実かと思われます。

コブリンヤは世界中でセミナーツアーに引っ張りだこで、セミナー価格も高騰しており、1回のセミナーで$100〜$150が相場なので、今回のセミナー価格は良心的といえます。

またコブリンヤは今回の来日ではCARPE DIEM以外ではセミナーは行いません。

そして今回を逃すと次はいつ来日するかわからないため、もしかしたらこれが最後の来日となる可能性も無きにしも非ず。

それだけにこのセミナーは参加必須といえるでしょう。

セミナー開催は1か月後ではありますが、すでに参加予約は受付中で、参加したい方はお早めのお申し込みをオススメします!


c2
セミナー・Day1
「ガードをパスするピットストップコンセプト」
日時:11/16(金)19:00-21:00




c3
セミナー・Day2
「ガードを保持するコンセプト」
11/17 (土)11:00-13:00




参加予約は以下のアドレスにメールでお申込みください。

carpediembrazilianjiujitsu@gmail.com

件名を「コブリンヤセミナー」で、本文に参加希望日、名前、性別を明記して申し込みしてください。

参加費の振込先を返信メールで送られてくるので、その参加費の振込の確認が取れた時点で申し込み完了となります。

いかなる理由でも振込後の返金はできないとのことなのでご注意を。

必ず24時間以内に返信されるとのことなので、もし返信がない場合は、03-6427-4163まで電話でお問い合わせしてください。


c1
■セミナー詳細はコチラから!



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年10月04日

【海外】ルーカス・レプリBJJ滞在記by内山裕規

01
こんにちは、内山裕規です。

9/10〜9/21 の間、OL人生最長の夏休みを頂いてルーカス・レプリの道場@シャーロットに行って参りました。

簡単ながら滞在記を書かせて頂きます。

続きを読む

2018年09月01日

【レポ】VHTS JAPAN presents Works by 岩崎正寛

00
みなさんおつかれさまです、元Jiu Jitsu NERDライターの成田です。

今回は7月28日(土)、CARPE DIEM広尾で開催されたワークショップ「Works」の模様をお伝えしたいと思います。

続きを読む

2018年08月31日

【レポ】ゲイリー・トーナン・セミナーin CARPE DIEM

00
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

8/21(火)、CARPE DIEM広尾にてゲイリー・トーナンのノーギセミナーが行われたので参加してきました!

続きを読む

2018年08月26日

【告知】マイサ・バストス・セミナー開催

00
8/31(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにてマイサ・バストスのセミナー開催が決定しました。

マイサはGFチームの黒帯で、帯の授与者はGFチーム総帥のジュリオ・セサール。

今年のムンジアルの茶帯ライトフェザーで準優勝し、大会後に黒帯昇格となりました。

黒帯になってからはアブダビグランドスラム東京で優勝し、来月のIBJJFアジアにも参戦予定です。

色帯時代から強豪として知られており、青帯と紫帯でムンジアル王者にあっており茶帯では準優勝が最高位に終わったものの、茶帯と黒帯が合同カテゴリーとして行われるワールドプロでは茶帯時代に黒帯から勝利して優勝するなど活躍しています。


01
GFチーム総帥のジュリオ・セサールから黒帯を授与されているマイサ。
タレント揃いのGFチーム女子部の中でも実績的にはトップクラスで青帯と紫帯でムンジアルを制覇。



02
紫帯では2015年がフェザー、2016年はライトフェザーと2年連続でムンジアル連覇。



03
昨年のムンジアルでは茶帯ライトフェザーで3位で、今年は準優勝となり、残念ながら優勝することはできなかったが、2年連続入賞で大会後に黒帯に昇格を果たしました。



14
黒帯になって参戦したアブダビグランドスラム東京で2試合とも極めて勝利して茶黒帯-48kgで優勝。
大会後、一時帰国しIBJJFアジア出場のために再び来日中。




マイサは小柄な選手でガードワークに定評がある選手ですが、中でもベリンボロを得意としており、ベリンボロからのバックテイクの速さは特筆モノです。

この試合動画でもベリンボロからのバックテイクを炸裂させ、秒殺一本勝ちしています。





もちろんベリンボロだけでなくデラヒーバガードやスパイダーガードからのスイープの多才さは抜きん出ており、今回のセミナーではその数々のテクニックを惜しみなく披露してくれることでしょう。

女子のトップ黒帯のセミナーは貴重な機会なので、ぜひご参加を!


00
【セミナー】
「マイサ・バストス・セミナー」
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
日時:8/31(金) 20:00-22:00
費用:一般5000円 ミューズ会員4000円
参加予約不要・当日参加OK


mp
ミューズ柔術アカデミーはJR代々木駅西口から徒歩1分です。


Facebookページはコチラ、行き方動画はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】早川信彦(42)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年08月02日

【旅日記】4STRIPES ACCESS in Shanghai by 内山裕規 Part.3

00
Part.2から時間が空いてしまいましたが、最後の旅日記、Part.3です。

ここではセミナー終了後のご飯から空港までを書きます!

ほぼ観光日記ですがお付き合いいただけたら幸いです。

続きを読む

2018年07月21日

【セミナー】コパ・ブルテリア前日にギィ・メンデス・セミナー開催決定!

g1
8/12(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催される螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2018」に来日する"4 times World Champion"ギィ・メンデスのセミナー開催が決定しました!

セミナーは大会前日の8/11(土)、18:30-20:30の予定で開催します。

このセミナーにはギィ・メンデスだけでなく一緒に来日するAOJのトップアスリートであるタイナン・ドゥプラ&ジョナタ・アウヴェスも参加し、一緒にテクニックを指導予定となっています。


IMG_2347x
ギィ・メンデス(AOJ)



海外ではギィ・メンデスのセミナー料金は$100超えも珍しくなく、今回の参加費の一般8000円・大会参加者6000円というのは破格の値段設定です。

現役を引退したとはいえ、いまだに世界トップクラスの実力と技術力を擁し、SNSなどでその華麗なるテクニックの一端を披露していますが、それを実際にギィ・メンデス本人から学べるのは貴重な機会でしょう。

大会に参加するなら1日早く名古屋に来て世界トップの技術に触れてみるのはいかがでしょうか?!

セミナーの参加申し込みは受付中で、専用サイトから申し込みを。


■セミナー詳細&申し込みはコチラから!



09














patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月15日

【旅日記】4STRIPES ACCESS in Shanghai by 内山裕規 Part.2

00
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

前回に引き続き上海滞在日記…ルーカス・レプリのセミナー編を書かせていただきます!

2日目は今回の旅のメインであるルーカス・レプリのセミナーでした。

9:00から受付開始でちょっと早い!

眠い目をこすりながら起きました。

朝は結構弱いんです。

ホテルから会場まで車で1時間くらいでしたがタクシーで向かいました。

結構な移動距離だったのに1500円くらいでした(´?ω?`)安い!


01
早めにセミナー会場である上海BJJに到着。



02
受付はこんな感じでした!
すごく綺麗!!



03
参加賞のブレンダーボトル、ルーカス・レプリTシャツ、ナイロンのギバッグ、そしてロッカーの鍵とタオルを頂きました!



05
このマットスペースだけではなく、入り口の方にキック用のリングと筋トレスペースがありました!
広いし、設備がすごい整ってました。



07
準備運動やら写真を撮っていたらレプリと4Stripes主催者のJKさんが来て、時間通りにスタートしました。



08
今回のセミナーは
9:00-9:30 受付
9:30- セミナー
12:00-12:45 昼食
13:00-13:30 Q&A
14:00-16:00 セミナー
16:00-17:00 スパーリング
と説明を受け、いざ開始!



09
3人で来たので、一人受けてどうするかとなった時に、健士さんに『女子きましたよ』と何度も言われたとは忘れません。笑
みんなグループできてましたよ!笑




今回は救いの神、九龍柔術(香港)の瀧澤先生が組んでくださいました!

黒帯の先生と組めるなんて、開始前に嬉しい!

セミナーって受け手も、とてもとても大切だと思うんですよね!

自分がそんなに上手いわけじゃないんですが((((;゚Д゚)))))))



10
午前中のテクニックはパスガード。
軽くウォームアップをし、最初はデラヒーバのパス!




たくさん技を習ったわけじゃないんです。

でも一つ一つがすごく丁寧でした。

位置も細かく説明してくださり、すごくわかりやすかったです。

そして私は瀧さんにも合わせて技の受けた感じを説明してもらい贅沢に過ごさせていだきました。

デラヒーバのパスは大きく分けて3種類、相手の反応に合わせてのテクニック含め7つ教わりました。

その後はリバースデラヒーバのパス!

タイムリミットもあり1つのパスと細かい動きを教わり、午前中終了、ランチブレイクです。



11
お昼も4Stripesさんが出してくれました!
自分で好きなおかずを選ぶスタイル。



12
健康、自然派のお店らしく雑穀米でした!
味も良く、美味しかったです!
ちなみにこの上海旅行で覚えた中国語は”牛肉”です!
早めに食べて、3人で午前中のテクニックの復習をし、休憩終了。
セミナー後半に突入です。



13
13時からはQ &A!
テクニックのじゃないです。
ルーカスさんについての質問コーナーです。
ちなみに英語。
話せないし、聞き取りも下手っす。
頑張って聞いたけど、眠くなったのは内緒です。



皆さん試合の心持ちやら、家族との時間、道場、ビジネスの話などを聞いてました!

話も終わり、10分ほど休憩して次のテクニックへ。

午後はスイープでした。


16
リバースデラヒーバ、デラヒーバからのスイープでした!
似たような動きをするスイープでしたが、一つ一つシュチュエーションに合わせてグリップや持つ位置が違い、ルーカスさんもまた『大切なのはコンセプトを理解して技をかける事』と言ってました。



説明一つ一つがとても考えさせられるものて、とても良い刺激を受けました。

同時にやっぱり自分はまだまだだなーっと再確認しました。

技の紹介も終わり、次はスパーリング。

ルーカスさんとスパーできることになりました!

一本極めたら交代みたいな感じでしたが、黒帯の人を簡単に極めておりました。

参加した3人ともスパーしてもらいましたが、動いているというよりそこに動かされてる。

勉強になりました、と簡単には言えないっす。



17




18




19




スパー時間は17時に終わりました!

ルーカスさんとスパーする以外にもスパーオッケーでしたので、上海の人とも何人かにスパーを申し込まれロールしました。笑



20
最後に写真を撮っていただきました!
道場にキャンプおいでーと言われました!
嬉しい!



22
なかなかの参加人数!!
この後もまさかの夕ご飯もご一緒させていただけることになりました!
その夕食の模様などはまた次回。
Part.3に続きます!



06




【今日が誕生日の柔術家】レオナルド・ペッシャーニャ(36)、高須宝亀(39)、シンディ・ヘイルス、ブルーノ・マイア



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月14日

【告知】岩崎正寛ワークショップ「Works」開催

iwa
7/1付けでVHTSとスポンサーシップ契約を締結した岩崎正寛(CARPE DIEM)が新たに自身がプロデュースする新感覚ワークショップ「Works」を開催します。

このワークショップは毎回テーマと参加対象者を変えて行う予定で、初回は<試合で勝つ>がテーマです。

国内外で激戦を繰り広げてきた岩崎だからこそ挑めるこの“難題”を参加者たちと一緒に掘り下げたていくとのことで、どんなワークショップになるか興味津々でしょう。

参加費は無料ですが参加条件が2つあり、まずはVHTSの柔術衣を保有していて、着用して参加できる方。

そして2つめは2年以内でブラジリアン柔術の試合に3回以上出場したことのある方となっています。

1つめの条件はいまからVHTSのドーギを購入すればOKですが、2つめの条件はややハードルが高いかもしれません。

とはいえ、今回のワークショップのテーマがテーマだけに、試合に対してアクティブな人を対象としてるのは至極当然かとも思います。

ちなみにこのワークショップは通常のテクニック指導をメインとしたセミナーではない点に注意。

ワークショップの参加申し込み期間はすでに開始されており、最終締め切りは週明けの7/17(火)で、募集人数は30人で、参加希望者多数の場合は抽選になります。

まだ参加申し込みは間に合うので、興味がある方はぜひご参加を。

iwa2
VHTS presents "Works" #1
日時:7/28(土) 15:00-17:00
場所:CARPE DIEM 広尾
参加条件:下記2点の両方を満たす
1. VHTSの柔術衣を保有していて、着用して参加できる方
2. 2年以内でブラジリアン柔術の試合に3回以上出場したことのある方(帯色不問)
費用:無料
募集人数:30名(募集人数を越えた場合は抽選)
募集締め切り:7/17(火)
内容:
[試合に勝つ]をテーマに「考え、体感する」ワークショップ形式のイベント
※技をレクチャーするテクニックセミナーではございません。
主催:VHTS JAPAN
協力:CARPE DIEM
応募方法:
・氏名(漢字)
・氏名(カナ)
・性別
・年齢
・ご自宅の住所
・所属先名(アカデミー、ジム)
・伸長
・体重
・帯色
・自身が使用しているVHTS柔術衣のタイプとサイズ
を全てご記入の上、
タイトルに「Works#1 参加希望」を加え、support@vhtsjp.com までメールで申し込み。
抽選で当選者の方にセミナー詳細を7/18までに送付(落選者の方にも連絡あり)


【今日が誕生日の柔術家】ホーレス・グレイシー(40)、アルバート・クレーン、クリスチアーノ・カミニシ、レアンドロ・クサノ(36)、



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月12日

【旅日記】4STRIPES ACCESS in Shanghai by 内山裕規 Part.1

08
こんにちは、CARPE DIEM GIRLSのインストラクターの内山裕規です。

今回、上海で行なわれたイベント“4STRIPES”のセミナーについて書かせて頂きます。

旅日記も含め、との事でしたので無駄に上海滞在日記として書かせて頂きますのでお付き合い頂けたら幸いです。

続きを読む

2018年05月22日

【レポ】クレバー・ルシアーノ柔術セミナーbyスロース荒井

00
5月8日(火)に東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて開催された「クレバー・ルシアーノ柔術セミナー」に参加したので、ここにレポートする。

セミナーの内容に関しては私の拙い記憶を辿ったものであることを、ご了承願いたい。

講師のクレバー・ルシアーノ先生は柔術黒帯・五段。

現在の日本における最高段位は四段であり、五段以上は未知の領域で崇高な存在と感じる。

続きを読む

2018年05月19日

【レポ】福岡国際2018:大会翌日セミナー

20
こんにちは、「マスタージャパン福岡」の荒牧誠です。

簡単に自己紹介しますと、2016年4月に帰国するまでは、約8年間香港で、ブラジリアン柔術ジム「香港柔術」の指導・運営をしておりました。

現在も、香港には、定期的に指導に行き、海外の様々な国際大会でレフェリーとして招聘して頂いたり、たまにスペシャルマッチに出場したりしております。

さて、私共マスタージャパン福岡主催にて、2018年2月24日(土)に福岡・かすやドーム/メインアリーナにおいて、2018年福岡国際柔術選手権を開催いたしました。

大会自体のレポートなどは、ブラジルブログ様が掲載してくださっておりますので、今回は、その大会翌日に行われた特別セミナー&オープンマットについてレポートさせていただきます。


続きを読む

2018年05月10日

【レポ】マルコス・ソウザ・セミナーin KASHIMA DOJO

01
こんにちは、石井拓です。

4月28日(土)に茨城県神栖市にある三崎和雄さんの主宰し、自分がメインインストラクターをやらせて頂いてるKASHIMA DOJOにてマルコス・ソウザ選手の特別セミナーが開催されたのでレポートします。

続きを読む

2018年05月03日

【セミナー】クレバー・ルシアーノ・セミナーツアー

c1

現在来日中のクレバー・ルシアーノが日本でセミナーツアーを開催します。

クレバーはかのホイラー・グレイシーの黒帯で5段を保持する大ベテラン。

とはいえいまだに現役バリバリで柔術はもちろんMMAも並行して行っている元気の良さ。

今回の来日も日本到着翌日にはパラエストラ東京の昼柔術に参加し中井祐樹氏らと旧交を温めていました。


c2


ほぼ毎年のように来日しているクレバーですが、今年は10日間ほどの滞在で、セミナーも5回を予定しています。

セミナーツアーの日程は以下の通りです。

5/4(水) A2アカデミー 10:00-12:00(静岡)
5/5(土) ポゴナ・クラブジム 15:00-17:00(埼玉)
5/7(月) 一心柔術 20:00-22:00(蒲田)
5/8(火) ミュース柔術アカデミー 20:00-22:00(代々木)
5/9(水) AXIS柔術アカデミー 20:00-22:00(明大前)


この他にもプライベートレッスンを随時受付中で、セミナー問い合わせは、080-3716-9767(エジソン・カゴハラ)、または090-3229-7116(後藤悠司)までお電話を。

なおセミナーの参加費はミュース柔術アカデミーでは一般5000円、ミューズ会員4000円となっているが、その他のセミナーは要問合せとなっている。

日本には黒帯4段までしかいないので、クレバーの黒帯5段のセミナーは貴重といえるでしょう。

この機会にぜひ受講を検討してみてはいかがでしょうか?



【今日が誕生日の柔術家】ホムロ・バハル、セリンゲロ・キムラ(36)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月21日

【セミナー】ヘナート・カヌート・セミナーinピュアブレッドグアム

01
4/19(木)、グアムにあるピュアブレッドグアムにてヘナート・カヌートのセミナーが開催された。

毎年開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン」に参加する選手がピュアブレッドグアムでセミナーを行うのが恒例となっており、昨年はフェリッペ・プレギーサとタルシス・フンフェリーのセミナーが行われている。

今年はヘナート・カヌートのみだが、カヌートはグアムに到着したら空港からそのままジムに直行してセミナーを行う慌しさ。

ジムではすでに多数の参加者がカヌートの到着を心待ちにしており、着いてすぐにセミナーが開始され、デラヒーバのパスから極め、デラヒーバからスイープして極めと極めにこだわったテクニックを熱心に指導していた。

カヌートの試合スタイルを見てわかるように極めを重視しており、このセミナーでもパスやスイープから一気に極めまでいけるようなコンビネーションを多数披露し、またその極めにもディテールが多々あることをレクチャー。

茶帯のムンジアル王者で黒帯ではノーギで世界王者となり、またプロイベントのカサイでもベルトを保持するカヌート。

今大会前にゼニスJJからチェックマットに電撃移籍し、練習環境を一新して再起を狙っているカヌートのマリアナスオープン、そしてムンジアルの試合ぶりに注目したい。


02
ヘナート・カヌート(チェックマット)



03
カヌートのセミナーの参加費は$50で予定の19:00よりやや遅れてのスタートとなった。



04
このセミナーではデラヒーバガードのパスを4つ、スイープを1つを指導。
どれもそのまま極めにいけるコンビネーションを見せていた。



05
パスガードは試合でも多用されている見覚えのあるテクニックが多数あった。
中には腰を切りながら相手の太ももに体重を乗せてフックを外していくダイナミックなテクニックも。



06
デラヒーバのフックを外したらいったん下がって



07
相手の足を遠ざけながら回り込むようにパスしていき、



08
腕を抱えたら手首を上に引き上げるようにしながら



09
腕十字を極めていく。



10
セミナーの最後30分はスパーリング。
参加者たちがセミナーで学んだテクニックを使いながら5分×5ラウンドを回していた。



11
カヌートもスパーリングに入って参加者と汗を流す。
スローペースながら随所にキレのある動きを見せて極めを連発。



12
カヌートと同じくマリアナスオープンに参加するタナー・ライスもスパー。
タナーは長身の長い手足から繰り出されるパス&バックテイクが冴えていた。



13
マリアナスオープンにはレフェリーとして参加の荒牧誠(マスタージャパン福岡)もセミナーを受講しスパーリングにも参加。


14
小笠原誠、若山達也、エジソン・カゴハラのレフェリーチームはスパーリングには参加せずぼんやりタイム。



15
ピュアブレッドグアムは白ドーギオンリーだがカヌートだけネイビーのドーギ着用。
カヌートは空港から直接のジム入りし、約2時間のセミナー&スパーリングでグアム滞在初日を終えている。



00
■マリアナスオープン・大会詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月09日

【セルフレポ】石井拓・スペシャルクラス

taku1
こんにちは、石井です。

今回AOJからチームメイトであるニールさんが日本に旅行するのに合わせて欽也さんケニーさんご協力のもと、3/27と4/2の2週に渡り特別クラスをやらせて頂きました。

先日アメリカに行った際にニールさんとスパーする機会があり、そこで僕が普段練習してるサイドをニールさんに試したところニールさんが今度日本行くから教えてよ!

という流れもありクラスではサイドコントロールをやることにしました。

続きを読む

2018年04月05日

【レポ】カート・オシアンダー・セミナー・レポートbyスロース荒井

00
去る3月20日(火)に開催された「カート・オシアンダー・セミナーinミューズ柔術アカデミー」に参加したので、その模様をお伝えしたい。

続きを読む

2018年03月26日

【告知】3/27代々木・石井拓スペシャルクラス開催

taku1
3/27(火)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて石井拓のスペシャルクラス開催が緊急決定しました。

石井拓はいま千葉県の香取道場で指導中で、そこでは自らが傾倒するヘンリー・エイキンス直伝のテクニックを教えてるとのこと。

ヘンリー・エイキンスはかのヒクソン・グレイシーの黒帯で、ヘンリーのスタイルはヒクソンの門下生をして「ヒクソンのコピーだ」と言わしめるほどヒクソンの柔術を忠実に再現していることで有名で、知る人ぞ知る達人です。

今回のスペシャルクラスでもそのヘンリーならではの技術の数々の一端を石井拓が指導予定です。


00
石井拓とヘンリー・エイキンス。
今年3月、ロサンゼルス・サンタモニカにあるダイナミクスMMAにて。




中でも一番のキモともいえる「デッドホエールサイドコントロール」は死んだクジラのように自らの体重を相手に預けることで通常のサイドポジションでは考えられないような高負荷のサイドポジションが可能になるというヘンリー・エイキンスの奥義。

先日自分もヘンリーのクラスを受けた際にスパーリングをしてヘンリーのデッドホエールサイドコントロールを受けてきましたが、これがかつてないほどの苦しさで息をするのもシンドいほどでした。

ヘンリーの体重は85kgほどで自分と変わらないぐらいなのに、あの重さは一体なんなんだ?!と不思議に思いますが、その秘密の一端が今回の石井拓スペシャルクラスで披露されます。


07
デッドホエールサイドコントロールを受けて苦悶の表情の石井拓。



体重の掛け方に秘密があるんですが、いま世間はモダン柔術全盛で相手を抑え込んで動けなくするよりも、相手と密着せずに適度なスペースを作って自分も相手も動けるようにするスタイルが主流になりつつあります。

そんな中で相手を抑え込んで動けなくするヘンリーの柔術は独自の技術体系を持っており、異質なものとも思えます。

またヘンリーは自らの柔術を「ヒドゥン柔術」と呼び、その名の通りに「隠されたもの」となっているので、いままでなかなか世に出てこなかったということもあります。

ですが昨年からヘンリーのオンラインプログラムが開始され、徐々にそのヒドゥン柔術の技術体系が明かされてきていますが、体重の掛け方やバランスの取り方などは映像では伝わり辛く、実際に受けてみないとわからないでしょう。

しかしライトフェザー級の石井拓がヘンリーのプレッシャーをどこまで再現できるかも謎ですが、このスペシャルクラスは興味深いものになるのは間違いないでしょう。


taku1
【当日参加OK】
『石井拓スペシャルクラス』
日時:3/27(火) 19:30-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
参加費:一般 2000円 / ミューズ会員 1000円
■ミューズ柔術アカデミーへのアクセスはコチラから!

■「ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓」はコチラから!

■「BJJ-WAVE特別編 ゲスト: 石井拓」はコチラから!






patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年03月25日

ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓

00
今回カリフォルニアのロサンゼルスに行く機会があり、到着が火曜日で欽也さんにヘンリーの事をお伝えしたら、正午からヘンリークラスがある事がわかり、空港から直行する事になりました。

元々ヘンリーはビーガンと言うことで名前は知っていたのですが特に知り合いでは無かったです。

今から約三年前にロサンゼルスにいた現カルペディエムの岡崎孝哉くんからヘンリーの噂を聞いて興味を持ちました。

続きを読む

2018年03月20日

【セミナー】カート・オシアンダー・ジャパンツアー、本日よりスタート!

00
いよいよ本日よりカート・オシアンダーのジャパンツアーが本日よりスタートします。

カートはこの日本に来る前に上海でセミナーを行い盛況だった様子です。

続きを読む

2018年02月19日

【レポ】ヒクソン・グレイシー・セミナーby石井拓

ta
ブラジルブログをご覧の皆さん、こんにちは。

石井拓です。

今回、ヒクソン・グレイシーのセミナーに参加してきたので、どんなセミナーだったのかレポートしたいと思います。

自分の備忘録的なメモを元にしてるので通常のレポートとは違う点をご了承ください。


4



【セミナーテーマ】

テクニックを紹介するのでなく自分のフィーリングを高めるためのコンセプトを理解し、相手ではなく、稽古の中で自分のフィーリングをどの様にして高めるかという事について。


【立ちでのベースについて】

どんな状況でも相手が襲ってきたら対応出来る立ち方を確認し、相手が触れない距離を保つこと。

足のポジションをよく確認し1インチでの違いが大事なので動きながら確認する事。

二人組になって端から端まで移動し一人が迫っていき、一人がうまく距離とベースをたもつドリル。

横に動くときは足を交差しないことを注意する。交差するとその際にクリンチなどのディフェンスが出来ないため。

ヒクソン先生は右利きだが右足と手を前に出す、だぜなら柔術ベースなので機器脚で前蹴りなどを使って間を制して出来だけ早くクリンチを持っていく事を考えなければならないため。


【相手をテイクダウンする時のベースについて】

肩を相手のサイドに付け、相手が押すまたは引くときのベースを確認する。

大切なのは腕を相手の胴体に回す時に腕に意識が行ってベースを無くさないように肩に意識をして感覚を大事にする事。

相手が引いてくる際に膝を内側に向け座るようにしてベースを保つこと。この時、後ろ足が浮かない様に注意し、必ず後ろ足に重心が来るようにする。

相手が引く際は足を掛け後ろ側にテイクダウンすること。

最も大事なのは高さではなく相手とのコネクションをつくりそこから力が伝わる様にフィーリングを大切にすること。

相手が自分から見て45度に来るように意識する。


【相手がパンチをしてくる時に対して】

二人組になり、一人が両拳を使って、ゆっくり相手に対して片方ずつ縦に回すようにしてパンチをだす様にする。(戦車のキャタピラが回転するように)

テイクダウンする側は相手の拳に体重が掛かるように距離を詰めながらクリンチまで持っていく。ここで大事なのは自分の頭をつかったり相手の拳だけでなく肘を抑えたりして”コネクション”を作ることを意識する。


【羽交い締めに対して】

ゼロからではなく、必ずどちらかのサイドの相手の腕にウェイトを掛けコネクションを作ること。

後ろを引っ張られても最初の形を崩すことなくベースをキープする事。


セミナー開始後、約2時間あたりのところでヒクソン先生が次はグランドをやろうということになりました。


【クローズドガード】

僕がヒクソン先生に指名されクローズドをする様指示。

ヒクソン先生が準備は良いかと尋ね、はい!と答えるとヒクソン先生がパンチを出す。

そこで先生は彼は準備が出来ていない。今日の柔術ではパンチに対しても警戒しなければいけない。稽古で常をそれを想定する事とおっしゃいました。

そこで今度はヒクソン先生がクローズドに。

僕がパンチをやると頭をサイドに振ってパンチ避ける。

その際大事なのは避けた瞬間に足を使って相手を寄せること。


【クローズドガードから相手がクローズドガード割に来た際の攻め方について】

引き続き受けは僕がやりました。

この時のヒクソン先生のクローズドガードのプレッシャーが物凄かったです。

一つは相手が膝を入れきたときはやや相手の後方に腰をきってスイープする。

この時、相手を起き上がらせないために上の膝を締めてコネクションをつくりプレッシャーをかける。

僕が起き上がろうとしてもプレッシャーが凄すぎて全く返せる気がしなかったです。

手をついた際に袖を持って起き上がる事が大切。

クローズドガードの際に既に両袖をコントロールし相手の手がついた瞬間にグリップをスイッチする事。

続いて相手が足を着いて立ち上がるのを防ぐ

ヒクソン先生にスタンドアップ!と言われ立とうとするが全く立てない…

空かさず立とうとするが全く膝が上がらない…

相手が立ち上がろうする際にリラックスして腰を床に付けることが大切。


1



【オープンガードについて】

今日のコンペティション柔術のオープンガードはいろんな形があるが、とのガードも相手を居心地良くしたままで本質を捉えていない事を指摘するヒクソン先生。

クローズドガードだろうかオープンガードだろうか、本質は一緒で通にコネクションをつくりプレッシャーを掛け続けることが大事と言う。

例えば両袖を掴んで相手の腕に膝を使ってプレッシャーを掛け相手を居心地悪くし、サブミッションを仕掛ける。

僕がまた受けをし、ヒクソン先生かオープンガードから僕の腕をキャッチし、先生がプールアウトと指示。

しかし締めがキツくて全く抜けない…

それと同時に抱えている腕のプレッシャーが凄すぎて動けない…

その瞬間に先生がふとレートアームロックを掛け、あまりのプレッシャーにすかさずタップをしてしまいました。

僕のパートナーの杉本さんもヒクソン先生のアームロックをくらい、プレッシャーが凄すぎて本気でやってたら折られてたと驚いていました…

ちなみに一瞬掛けられたアームロックが翌日まで痛みと違和感を感じるほど他のあるとは異次元のものと感じました。


【相手がタートルポジションでのプレッシャーの掛け方】

ヒクソン先生曰く、ライオンがシマウマを捉える先の事をイメージし獲物を必ず仕留める事を大切にすることだそうです。

相手が対上がる際には必ず片足から立ち上がり。肘を使って相手の腰をコントロールすること。相手が回転するときは肘でプレッシャーを掛け動きを感じサイドにつく。

相手が大きくて体格差がある時に立ってしまった場合は、シートベルトグリップを使って、外側から足を掛け、引いたり押したりするのではなく腰を使って足を高くフックしテイクダウンもしくは寝そべらせること。

テイクダウンする際に力を使うのではなく、常にリラックスしないと変な癖が付くので気をつけること。


【打撃について】

今のMMAに行く柔術家は特に基本となる柔術を忘れて、キックボクシングやボクシングをやろうとしているのは良くないと指摘してました。

相手がもし打撃の専門ならその得意分野で勝負してはならないと。

それは愨咾凌佑クロンと勝負するのと同じ事だと。

なので先生は柔術家なのて以下にクリンチをして柔術で勝負をするかを考えているそうです。


2



ここで午後3時間が経過しヒクソン先生への質問へ。


【呼吸法ついての質問に対して】

まず95%の人が正しい呼吸法を理解ておらず特に呼吸は良くないと指摘。

先生は状況に応じて、自分が寝る前、海に入る前、ストレスを感じてる時、などの様々な呼吸を使い分けているんだそうです。

いくつかの呼吸法を披露し、それぞれ全く違った方法で横隔膜を意識するブリージングエクササイズを実践しているそうです。

最後に先生は、”インビジブルパワー”を信じるなら、それは相手の体格や筋肉の量など目に見えるものとの対立では無いと。

If you believe invisible power …..から始まり、“インビジブルパワー”を理解し、そしてそれを柔術だけでなく日常生活の中で活かす事が大切なのだと指摘していました。

最後にヒクソン先生の受けをいくつかやらせて頂いて見た目だけでは決して理解出来ない技術があり、本当にINVISIBLE JIU-JITSUなのだと身体で感じ、とても感動しました。

またヒクソン先生のセミナーがあれば必ず参加したいと思います。


3



【今日が誕生日の柔術家】ブルーノ・ヤマモト(37)、デヴィッド・ガルモ(28)、メストレ・ピニャ(52)、エルベシオ・ペナ(57)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月17日

【レポ】ヒクソン・グレイシー・ワークショップ

01
2/11(日)、東京・駒沢の駒沢オリンピック公園屋内競技場で開催された「RICKSON GRACIE CUP 2018」内でヒクソン・グレイシーのワークショップが行われた。

通常、ヒクソンはヒクソン杯で来日した際にセミナーを開催しているが、このようなオープンスペースでワークショップを行うのは初めてのこと。

さらにこのワークショップは大会参加者は無料で受講で、大会の参加者でなくても観客は2Fの観客席から観覧可能。

またワークショップ最中の撮影もOKというこれまでの常識を覆したものとなった。

ヒクソンがこれまで開催してきたセミナーの参加資格はヒクソン・グレイシーのオフィシャルアソシエーションであるAXISの会員のみに限定されていたり、またセミナーも撮影NGという完全クローズドで行われていた。

それがワークショップというセミナーとは違う形式ながら通常なら1〜2万円はする参加費が実質無料で、自由に撮影ができるのは今まででは考えられないことだった。

これはヒクソンが最近になって方向転換しオンライントレーニングの開設に着手したこと、現在の競技柔術偏重の流れに警鐘を鳴らしていることなどが関係していると考えられる。

とはいえ、このような方向転換は歓迎すべきことで、いままで分厚い秘密のベールに隠されていたヒクソン・グレイシーの柔術がどんなものかという一端が垣間見れたのは貴重なこと。

そして実際にワークショップで披露されたのは通常のセミナーのようにテクニックのやり方や手順を教えるのではなく、体重の掛け方や崩し方、そしてセルフディフェンスに特化した内容だった。

これこそブラジリアン柔術ではないグレイシー柔術ならではといえる技術・哲学が1時間弱に渡ってヒクソン直々に伝授され、その技術の説得力に圧倒され続けてしまった。

ヒクソンがいうように「競技柔術は柔術の一部分でしかない」という言葉には100%同意で競技柔術以外の技術や柔術の本質を語った哲学も非常に興味深い。

今回のワークショップの動画は全編ノーカットでYouTubeにアップしてあるので、ぜひ見てみて欲しい。

ブラジリアン柔術=グレイシー柔術は競技柔術だけでないということに気づくことができれば、より広い視点で柔術を探求できることは間違いないはずだ。


■ヒクソンのワークショップ動画はコチラから!


02
ヒクソン杯の開会式の後にドーギに着替えてワークショップに臨んだヒクソン・グレイシー。
ワークショップは英語で行われ、通訳はJJFJ代表の渡辺孝正氏が務めた。



03
柔術=寝技のイメージがあるが、このワークショップでは主にスタンドでの攻防に多くの時間が費やされた。
キーワードはコネクション。



04
体重の掛け方・崩し方の説明では実際にヒクソンが相手に組み付いて実演。
ヒクソンの言葉通りに動くと相手を倒せたり、踏ん張れたりと、ほんのちょっとの違いが結果的に大きな差になることが教えられた。



05
ガードポジションではいきなりパンチを振るう場面も。
「ストリートではどんなシチュエーションになるか、すべてを想定しなければならない」とヒクソン。



06
参加費無料ということもあり、このワークショップの参加者はゆうに100人を超える人数が受講。
6面あった試合場も混み合うほどの盛況ぶりだった。




このワークショップ翌日には通常のセミナーも行ったヒクソン。

そのセミナーのレポートはセミナーに実際に参加した石井拓がレポート予定となっている。

いまモダン柔術からグレイシー柔術に180度方向転換し、オールドスクール系のテクニックに傾倒している石井のレポートは近日更新予定となっているので楽しみに待っていて欲しい。



【今日が誕生日の柔術家】カッシオ・ウェルネック(44)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年01月26日

【レポ】ヘイラン・グレイシー・セミナー

00
1/11(木)、東京・蒲田の一心柔術にてヘイラン・グレイシーノセミナーが開催された。

ヘイラン・グレイシーはグレイシー柔術創始者であるエリオ・グレイシーの孫にあたり、父親はエリオの長男のホリオン。

そのホリオンの5人兄弟の末っ子で、昨年黒帯となったばかりだという。

その他の兄弟とは違い、柔術はあくまでも趣味でアカデミーでも指導などはしておらず、また一時期とはいえ柔術がイヤになって練習すらしていなかった時期があるなど、およそグレイシーらしからぬ経歴を持っている。

そんなヘイランがバケーションで初来日し、その合間に行ったのがこのセミナーだ。

続きを読む

2018年01月10日

【レポ】エジソン・カゴハラ「MMAのためのグラウンドテクニックセミナー」

0
1/7(日)、東京・大森のゴールドジムサウス東京アネックスでOver Limit BJJ総帥のエジソン・カゴハラによる「MMAのためのグラウンドテクニックセミナー」が行われた。

続きを読む

2018年01月05日

【告知】近日中に行われるセミナー告知

00
今週末から来週にかけて都内ではセミナーが多数開催されます。

1/6-12の間に5回というのはかなりの頻度といえるでしょう。

チャリティセミナーにグレイシー柔術に海外遠征壮行セミナーと、どれも興味深いものばかりです。

しかも参加費も3000円から参加可能なリーズナブルなものが多いので、参加を検討してみてはいかがでしょうか?


01
『サブミッションオンリー・チャリティセミナー』
日時:1/6(土) 16:00-19:00
場所:CARPE DIEM HIROO
料金:4000円
トーマス・ミツ、リダ・ハイサム、渡辺和樹のCARPE DIEM所属の3人が合同で行うチャリティセミナー。サブミッションに特化した内容で、セミナー2時間にスパーリング1時間の予定。またスパーリングでは5分間1000円でこの3人の誰かに挑戦でき、参加者が時間内にアドバンテージ、ポイント、極めることができたら無料になります。このセミナーの収益金はすべて国連UNHCR協会に寄付されます。



02
『エジソン・カゴハラ MMAのためのグラウンドテクニックセミナー』
日時:1/7(日) 15:00-17:00/セミナー 17:00-19:00/オープンマット
場所:ゴールドジムサウス東京アネックス
料金:3000円(セミナー&オープンマット) 1000円(オープンマットのみ)
ゴールドジムサウス東京ANNEXで行われる「心技館ジュニアオープンファイト」の中Over Limit BJJ総帥、エジソン・カゴハラによる「MMAのためのグラウンドテクニックセミナー」が開催されます。ここではMMAでも有効な柔術のテクニックを披露予定で、そのセミナーの後は2時間のオープンマットも実施という4時間にも及ぶ長時間イベントです。
■セミナー詳細はコチラから!



03
『イゴール・タナベ ガードセミナー』
日時:1/9(火) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(代々木)
料金:3000円
ヨーロピアン参戦を控えるイゴール・タナベのセミナーを東京で初開催。いま国内で最も勢いのある紫帯で、その実力はJBJJF全日本・コパブルテリア・RAM IT DOWNを制したことでも知れ渡っているはず。そのイゴールが試合で使っている多彩なガードワークを惜しげもなく伝授してもらいます。なおこのセミナーの収益は会場費用を除いたすべてをイゴールに遠征の激励賞として渡すこととなっています。
■セミナー詳細はコチラから!



04
『ヘイラン・グレイシー グレイシー柔術セミナー』
日時:1/11(木)19:00-21:00
場所:一心柔術(蒲田)
料金:5000円(一般)4000円(ミューズ&一心会員)
いまやブラジリアン柔術とグレイシー柔術はまったくの別モノとして、それぞれ独自に進化・発展していってます。ブラジリアン柔術は気軽に学べますが、グレイシー柔術に触れる機会はそう多くなく、それがグレイシーファミリーから直接指導ならなおさらでしょう。そんな貴重なセミナーがこれで、エリオ・グレイシーの長男・ホリオンの息子のヘイランが初来日し、1回限りのセミナーを行います。グレイシー直系のヘイランからグレイシー柔術を学ぶチャンスをお見逃しなく!



03
『イングリッジ・フランコ パスガードセミナー』
日時:1/12(金) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(代々木)
料金:3000円(女性 2000円)
イゴールのセミナーに引き続き、イングリッジのセミナーも開催。イングリッジは得意のパスガードを数種類教えてもらう予定になってます。トップゲームに定評があるイングリッジのパスガードは女性と思えないほどのパワフルさで、試合でもいつもパスガードに成功してます。またイングリッジはイゴールと同じくヨーロピアンに参戦予定で、このセミナーの収益も会場費用を除いた全額をイングリッジに激励賞として渡します。
■セミナー詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年12月26日

【告知】イゴール・タナベ&イングリッジ・フランコ・セミナーinミューズ柔術アカデミー

ig
来年の1月上旬にイゴール・タナベ&イングリッジ・フランコのセミナーとオープンマットを東京・代々木のミューズ柔術アカデミーで開催することが決定しました。

このセミナーの参加費は会場費用を除いて全てイゴールとイングリッジに渡し、ヨーロピアン2018のの遠征費用として使ってもらいます。

2017年のイゴールは悲願だったムンジアルを初制覇し、帰国後に紫帯に昇格。

8月はJBJJF全日本、柔術プリースト300回記念大会「RAM IT DOWN」の賞金トーナメント、そしてコパ・ブルテリアと3週間連続で試合に挑んですべての大会で優勝しました。

9月のIBJJFアジアには年齢の関係で不参加になるも10月はロサンゼルス・ロングビーチで開催されたSJJIFワールドでアダルト紫帯でWゴールドを達成するなど、いま最も勢いに乗る紫帯といっていい活躍ぶりを見せています。

またイングリッジも紫帯に昇格し、イゴールほどの試合ペースではないものの、出た大会ではほとんど優勝し、イングリッジも国内トップの女子選手と言っていいでしょう。


1



15



18



05



03



in



09



12




6




そんな2人の海外遠征費用をサポートすべく企画したのがこのセミナーです。

紫帯のセミナーなんて、と思うかもしれませんが、これはセミナーというよりもイゴールとイングリッジへの激励賞を贈る気持ちで参加してもらえたら幸いです。

このセミナーとオープンマットとも参加人数は15人限定となります。

ぜひ多数のご参加をよろしくお願いします!


06
■1/5(金) ニューイヤーオープンマット
20:00-22:00 1000円
ミューズの2018年の初練習はオープンマットで、そこにイゴール&イングリッジ、内山裕規が参加予定

■1/9(火) イゴール・タナベ・セミナー
20:00-22:00 3000円
イゴールが得意とするスイープを中心に紹介予定

■1/12(金) イングリッジ・フランコ・セミナー
20:00-22:00 3000円 女性割引 2000円
イングリッジが得意とするスイープを中心に紹介予定

【参加予約メールアドレス】info@las-conchas.com



【今日が誕生日の柔術家】嶌崎公次(37)、ニック・グリーン



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月23日

【セミナー】ジャイー・ローレンソ・インタビュー

1
9/26(火)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて塚田市太郎&鈴木尚美が主催するジャイー・ローレンソのセミナーが開催される。

このジャイーは既報の通り、UFCジャパンに出場する選手のセコンドでの来日で、大会後は自費で滞在を延長して日本を満喫する予定となっている。

その期間中に行われるセミナーだが、日本にはまだジャイーのことがあまり知られていないようなので、大会前の忙しい中に時間を作ってもらいインタビューを敢行した。

記念すべきジャイーの初インタビューをお届けする。


──はじめまして!今回が初来日と聞きました。まず日本の印象から教えてください。

ジャイー:まだ数日しか過ごしてないけど予想通り日本はいい国だね。ずっと昔からいつか日本に行ってみたいと思っていたからそのチャンスが訪れて嬉しいよ。日本の大事な友達、ツカダとナオミにも再会できたしね。彼らはブラジルのナタウにある私のアカデミーで一緒に練習していたんだ。ツカダは2004、2006〜2007、2008年の3回、ナオミは最初に会ったのは16年前で、それからもう数えきれないぐらいナタウに来ているよ。彼らは私の大事なファミリーだ。

──あなたのアカデミーであるノヴァウニオン・キムラの名前は印象的なので、あなたのことは知らなくてもチームの名前は聞いたことがある人は多いと思います。なぜ自らのチームにキムラの名を付けたのですか?

ジャイー:ジムをオープンした頃はまだインターネットは普及してなくて、どんな名前がいいか思案していた時に図書館でエリオ・グレイシーと木村政彦との試合の文献を見つけたんだ。それを深く読み解いていくうちにこの一連のストーリーが気にいって、特に木村政彦のパーソナリティに強く惹かれたんだよ。試合のスタイルもいいしいつも笑顔でフレンドリーなところもね。それでキムラの名を付けたのさ。キムラが生まれ育った日本に来たから、より深くキムラのルーツを知りたいとも思っているよ。

──そのノヴァウニオン・キムラはいつノヴァウニオンのアソシエーションに加入したんですか?

ジャイー:私がキムラ・アカデミーを作ったときはまだノヴァウニオンではなくて、ただ単にアンドレ・ペデネイラス・チームだったんだ。その頃からリオデジャネイロに行くとペデネイラスのチームで練習していたんだけど、その縁があってペデネイラスとウェンデウ・アレキサンダーがノヴァウニオンを作った際にアソシエーションに加入し、私のアカデミーはノヴァウニオン・キムラとなったんだよ。ペデネイラスと知り合ってから2年後にノヴァウニオンが創設されたと記憶している。90年中期の頃だね。


2



──あなたが柔術を始めたのはいつですか?またそのきっかけは?

ジャイー:柔術は92年に始めたんだ。最初のインストラクターはバニ・カバウカンチで、バニはカーウソン・グレイシーの黒帯で現在はブラジリアで柔術を教えているよ。彼の元で柔術を始めたんだ。柔術を始める前には柔道と空手をやってて格闘技が好きだったんだけど、柔術を知らなかったんだ。それで柔術を知ったときに「これはコンプリートマーシャルアーツじゃないか!打撃をかいくぐり倒して極める、これこそ私がやりたいことだ」と思って柔術を学び始めたのさ。柔術は格闘技として優れているだけでなくセルフディフェンスやコンディショニングトレーニングとしても優れてるのがイイよね。それに子供や女性、老いてからでも続けることができるのは素晴らしいと思うよ。

──あなたはいつ、誰から黒帯を取得したのですか?

ジャイー:99年、アンドレ・ペデネイラスからだ。茶帯と黒帯はペデネイラスからで、紫帯はリオデジャネイロの大会に青帯で出て優勝したときにアルバロ・マンスールにもらったんだ。アルバロはナタウ出身でナタウに帰って来た時は私のアカデミーに来て練習したりする仲だったんだけど、当時の私には帯を授与するコーチがいなかったから、アルバロが紫帯を巻いてくれたってワケさ。

──あなたはMMAのキャリアもあるそうですね。

ジャイー:ああ、MMAは6戦を戦っているよ。私が試合をやっていた頃はまだMMAではなくヴァーリトゥードと呼ばれていたけどね。デビュー戦は93年でナタウの隣のレシフェで開催されたトーナメントで初期のUFCみたいに無差別級だったんだ。私は70kgぐらいしかなかったけど、他の連中はみんなデカくて80kg〜90kgぐらいのビッグガイばかりだったんだよ。今じゃそんなこと考えられないよね。そのトーナメントで1日で3試合を戦って優勝したんだよ。しかもそのときはまだ柔術を始めて半年ぐらいしか経ってない白帯でね。だけど柔道と空手の経験があったからなんとか戦えたんだ。そのトーナメントで優勝してもらった小型のバイクを売ったお金でリオデジャネイロの大会に行ったんだ。17歳の頃の懐かしい思い出だよ。もうMMAをやることはないだろうが柔術の試合はまた出たいと思っているよ。いまは忙しくてなかなか難しいけどね。

──あなたはいま選手としてではなくMMAファイターや柔術選手のコーチとして知られています。指導する際に最も大事にしていることは何ですか?

ジャイー:それはディシプリン、規律だよ。テクニックを教えるよりも前にまずは挨拶や礼儀などを教えることにしている。それらが欠けている選手には指導などできないよ。いくら強くても有名でもカネを積まれても私には無理だ。まずは規律をしっかりと守れるような人間性がないと何事も成し遂げられないだろう。でもそんなに難しいことじゃないよ。マットに入る前には一礼をすること、マットの上では常にギを着ていること、指導者や仲間に敬意を払う、などなど、誰にでもできることばかりだろう。規律と尊敬、これが大事だね。これは柔術に限らず柔道や空手でも同じことだろう?これらのことは日本の伝統から学んだことだよ。だから日本は実際に来る前から大好きだったし、ずっと行きたいと思っていたんだ。

──では来週の火曜日に日本で開催するジャイーのセミナーではどんなことを教えてくれるんでしょうか?

ジャイー:まだ参加者のレベルがわからないから何を教えるとは言えないけど、テイクダウンから寝技、サブミッションに至るまで、万遍なく教えるつもりだよ。私には3つのレベルのセミナーの内容を用意している。白・青帯が多かったら基本で大事なこと、中級者が多ければこれ、黒帯ばかりならばこれ、というようなね。でも今回のセミナーはオールレベルだというので、それらをミックスした内容になるだろう。誰が参加しても対応可能だから、そこは安心して参加して欲しい。私のファミリーであるツカダとナオミがこのセミナーの手助けをしてくれるから心強いね。ぜひたくさんのみなさんに私の技術や経験をシェアして欲しいと思っています。アリガトー!



3
滞在中に塚田とギの練習したというジャイー。
「ずっと会ってなかったけどギを着てスパーすれば会えなかった時間などすぐに埋めれれる」



4
【セミナー】
「ジャイー・ローレンソ・セミナー」
日時:9/26(火) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
費用:4000円(一般)3000円(ミューズ会員)
問い合わせ:080-5007-6056 / shmknn@docomo.ne.jp 塚田まで
■セミナー詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月18日

【セミナー】ノヴァウニオンの黒帯4段、ジャイーのセミナー開催

01
ブラジル・ナタウの名門アカデミー、ノヴァウニオン・キムラの創始者であるジャイー・ローレンソが初来日を果たしセミナーを開催します。

ジャイーはノヴァウニオン創始者であるアンドレ・ペデネイラスの黒帯4段で、今回は9/23(土)にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFCジャパンに参戦する佐々木憂流迦の対戦相手であるジュシー・フォルミーガのセコンドとしての来日です。

このセミナーはノヴァウニオン・キムラで長期に渡る柔術修行を行っていた塚田市太郎と鈴木尚美が共同で主催し、ミューズ柔術アカデミーが協力して行います。

日時は9/26(火)、20:00〜22:00、場所はミューズ柔術アカデミーにて。

参加費は一般4000円でミューズ会員は3000円で受講可能です。

以下は塚田市太郎からのメッセージです。

02
「皆さんこんにちは!!

今回アメリカからジャイー・ロレンソがUFCに出場する選手達のセコンドとして来日します。

ジャイーは自分がブラジルで練習していたノヴァウニオン・キムラの先生で、自分の柔術スタイルの基礎を作ってくれた尊敬してやまない柔術家です。

指導者として素晴らしい実績を持っており、UFCのチャンピオンであったヘナン・バラオンや、同じくUFCで活躍したグレイソン・チバウ、今回来日したクラウジーニャやフォルミーガなど世界のトップ選手を育てています。

現役の柔術家ではオーランド・モンテイロもジャイーの門下生で、現在はブラジルを離れてアメリカに移住しているオーランドですが、いまでも必ずノヴァウニオン・キムラのパッチをギに付けて試合に出ているほど、ノヴァウニオン・キムラとジャイーのことを尊敬しています。

もちろん自分もノヴァウニオン・キムラで修行した日々のことは大事にしており、訳あってノヴァウニオンを離れた今でも心はノヴァウニオンにあり、パッチも欠かさずギに付けています。

そのジャイーが今回日本でセミナーをするという事で、日本の皆さんにジャイーを知ってもらう機会を持てた事にたいへん嬉しく思います。

ぜひこの機会にジャイー・ロレンソのオールラウンドな柔術のテクニックを体感して下さい!!」


03
アリゾナでノヴァウニオンの支部を運営するグスタボ・ダンタスとオーランド・モンテイロ、その横がジャイー・ローレンソ。



04
ノヴァウニオン創始者のアンドレ・ペデネイラスとジャイー。
デデからの信頼も厚く、数々の強豪を育てた名コーチとして知られています。



10
MMAコーチとしての手腕も素晴らしくUFCにも数多くの選手を送り込んでおり、元チャンピオンのヘナン・バラオンはジャイーの門下生。



06
2000年代は現役選手としてノヴァウニオン黄金期を支えました。
左からジャイー、フェイジャオン、レオ・サントス、ホビーニョ、マルコ・ロウロ。



07
現在は43歳のジャイーはいまでも稀に試合に出ており、2014年のヨーロピアンではマスター2黒帯ミドルで優勝。



08
ジャイーが獲得したメダルは相当な数を所持。
選手としても素晴らしい実績を残しています。



11
【セミナー】
「ジャイー・ローレンソ・セミナー」
日時:9/26(火) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
費用:4000円(一般)3000円(ミューズ会員)
問い合わせ:080-5007-6056 / shmknn@docomo.ne.jp 塚田まで



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


【セミナー】9/24浅草、ハウフの黒帯、ジェイク・スコベル・セミナー開催

01
9/24(土)、台東リバーサイドスポーツセンターで開催される「ASJJFジャパンGP2017」の大会後にジェイク・スコベルのセミナー開催が緊急決定しました!

このジェイクはハウフ・グレイシーの黒帯でサンフランシスコのハウフのジムのインストラクターですが、なんとハウフのジムに住み込んで柔術に打ち込んでるストイックさ。

かのカート・オシアンダーのトレーニングパートナーで、カートが毎週YouTubeでテクニックを配信している「Move of the week」の受け手としても知られてます。


02
ジェイク・スコベル(ハウフグレイシー)


また選手としての実績もパン選手権のマスターで優勝、サンノゼオープンはアダルトで優勝、サンタクルズプロでも優勝と数多くのタイトルを保持。


アジア選手権では優勝した八巻選手に敗れるも唯一、一本を許さなかった強豪です。

先月のワールドマスターでは1回戦でミシェル・ミヤシタを三角絞めで極めて2回戦進出も、そこで優勝したケイシーニョに敗れましたが、ケイシーニョのモダンテクニックにも真っ向から対抗し好勝負を展開していました。


03
アジア選手権1回戦は広瀬貴行(パラエストラTB)をバックからのエゼキエルで一本勝ち。



04
つづく2回戦は八巻祐(X-TREME柔術アカデミー)に敗れるもスイープで先制ポイントを挙げてテクニシャンぶりを発揮。



05
ワールドマスターは1回戦でブラジル・サンパウロのミシェル・ミヤシタ(ブシドーJJ)から三角絞めを極めて初戦を突破。


06
2回戦では優勝したケイシーニョに負けてしまいましたがテクニカルな攻防は見応え充分でした。




母親が大阪在住の日本人というアメリカンジャパニーズのジェイクはアジア選手権の大会後に日本に滞在し、母親と実に17年ぶりの再会を果たし、先週末は香港でもセミナーを行ってきました。

そんなジェイクの日本初セミナー、参加費は4000円でASJJFジャパンGPの大会参加者は3000円という参加しやすい価格設定になっています。

セミナー開始時間は17:00〜2時間の予定で開催し、テクニックの受け手は一心柔術代表の後藤悠司が、セミナーの通訳はジェイクのチームメイトの松井ヒロシ氏がそれぞれ務めるという完璧な布陣で臨みます。

急遽決まったセミナーですが、参加費も安く設定されてるので、ぜひこの機会にハウフ・グレイシー&カート・オシアンダーの系譜を継ぐジェイクのセミナーを受講してみてください!


01
【セミナー】
「ジェイク・スコベル・セミナー」
日時:9/24(日)17:00〜
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
費用:4000円(一般)3000円(大会参加者)
※予約は不要で参加希望者は当日会場にて受付



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear