English Portugues Japanese

セミナー

2019年09月09日

【告知】カイオ・テハ・セミナーin群馬、予約受付開始

cc
今秋、久しぶりに来日を果たすカイオ・テハ。

カイオは11月に来日し、5回のセミナー開催が予定されてますが、その中の群馬セミナーの参加予約受付を開始しました。

日時は11/2(土)、15:00-18:00の3時間で、場所はINFIGHT JAPANです。

参加費は事前の予約で8000円、当日払いは10000円です。

このセミナーには技の受け手としてCARPE DIEMの橋本知之が帯同し、通訳やサポートなどをしてくれる予定になってます。


01
橋本知之(CARPE DIEM)



いまさらカイオの凄さを説明する必要もないと思いますが、世界屈指のテクニシャンで、ムンジアル2連覇のマイキー・ムスメシを育成し、日本の橋本知之もカイオに師事してムンジアル3位入賞を果たしています。

過去にカイオが発売した教則DVD「111 ハーフガード」はベストセラー商品で、発売から数年を経た今も売れ続けているという息の長い作品になってます。



ca1
カイオ・テハ「111ハーフガード」の詳細&購入はコチラから!



「技術はすべてを制する」をスローガンに自らの技術を極限まで練り上げて緻密に、理論的に伝えてくれるカイオのセミナーの機会は貴重でしょう。

今回の来日では東京で3回、名古屋で1回、そしてこの群馬で1回となっており、その中でも事前予約で8000円というのは激安価格。

なので最低でも40人は集めないといけないのですが、カイオの価値を知る人がそれ以上いるということは確信してます。

セミナーの内容は未定ですが、カイオが何をやるか、カイオがいま何を教えべきかを考えてのことなので、セミナー当日まで内容を楽しみに待っていて欲しいと思います。

海外ではカイオのセミナー価格は最低でも$100〜なので、この8000円というのは如何に激安かがわかるはず。

そして東京や名古屋など大都市以外で世界トップクラスのセミナー開催はほぼないし、今後もなかなか難しいと思うので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

カイオ&橋本の日伯ルースター・ツートップが群馬で揃い踏みするは今回が最初で最後になるのは濃厚だけに、歴史的な1日になるのは間違いありません。

参加予約はメールで参加申し込みしてもらって、折り返し参加費の振り込み口座の案内が届くので、そこに入金をして予約完了となります。

メールアドレスは reversaling@gmail.com です。

多数のご予約、お待ちしています!


cc
【参加申し込み開始】
「カイオ・テハ・セミナーin群馬」
日時:11/2(土)15:00-18:00
場所:INFIGHT JAPAN(群馬県・大泉市)
費用:8000円(予約)10000円(当日)
予約&問い合わせ
メール:reversaling@gmail.com
電話:080-5094-9873(ミリアン)



【今日が誕生日の柔術家】アレックス・ソドレ(23)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年08月26日

【お知らせ】ムンディネロ主催「チアゴ・バホス・セミナー」開催

tb
螢爛鵐妊ネロ主催がするチアゴ・バホスのセミナー開催が決定しました!

チアゴ・バホスはチアギーニョのニックネームで知られるブラジル人で、名伯楽として知られるシセロ・コスタの黒帯です。

ブラジル・サンパウロのイピランガにあるシセロのジムのメインインストラクターを務めており、シセロ門下の強豪選手の師匠格として確固たる地位を築いています。

続きを読む

2019年08月04日

【レポ】BJペン・セミナーin CARPE DIEM JIYUGAOKA

p1
8/2(金)、東京・目黒のCARPE DIEM JIYUGAOKAにてRVCA JAPAN主催「BJペン・セミナー」が開催された。

これは7/29-8/3まで開催されている「RVCA WORLD TOUR TOKYO」の中のイベントの1つとして企画されたもので、無料で招待された30人余りの黒帯が一堂に介して行われた。

続きを読む

2019年07月27日

【レポ】アイザック・ドーダライン・セミナー in CARPE DIEM

00
こんにちは!CARPE DIEMの内山裕規です。

暑い日が続きますので、皆さん熱中症対策などはしっかりして練習に取り組んでくださいね!

今回はCARPE DIEM広尾で行われたアイザックセミナーについて書かせて頂きます。

続きを読む

2019年07月12日

【セミナー】ジョナス・アンドラージ・セミナーinミューズ柔術アカデミー

jonas
7/26(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにてジョナス・アンドラージのセミナーが開催されます。

ジョナスはいま飛ぶ鳥を落とす勢いのPSLPBシセロコスタ所属の黒帯で、ムンジアルの茶帯ルースターをタリソン・ソアレスらとクローズアウトして入賞した後に黒帯に昇格。

そのムンジアルでは日本の石黒翔也から勝利しているのも記憶に新しいところでしょう。

また昨年のアブダビグランドスラムツアー東京大会でも茶帯で優勝しており、黒帯昇格後も積極的に試合に出ていて獲得タイトルも多数です。

このジョナスは青帯時代から強豪として知られた選手で当ブログでは青帯でヨーロピアンに入賞した際にミニインタビューを掲載しています。


1
コチラから!



IMG_3359
ムンジアルではクォーターファイナルで石黒と対戦し2-0で勝利。



IMG_0372
準決勝、決勝戦をチームメイトとクローズアウトしてメダルを獲得。




前述した通りにいまシセロコスタチームは軽量級のトップ選手がズラリと名を連ねており、ジョナスの他にもタリソン・ソアレスやジエゴ・パトらがアブダビグランドスラムツアー東京大会にエントリー中です。

その中でもセミナーが予定されてるのはこのジョナスのみなので、今回のセミナーは貴重な機会といえるでしょう。

セミナーではジョナスが得意とするカラー&スリーブガードをメインに指導予定で、オールドスクールポジションの代表ともいえるカラー&スリーブをジョナスがモダンアレンジしたテクニックは興味深いはず。

そしてジョナスの体調次第ではスパーリングをする可能性もあるとのこと。

とはいえ来日直後のセミナーになり、また試合を控えてるので、スパーリングとはいえ軽く汗を流す程度と思っておいた方がよさそうです。

すでにSNS上で告知をしており参加予約受付もスタートしているので参加希望の方はお早めの予約をオススメします。

今回もスペースの都合上、予約人数が20名に達した時点で参加受付締め切りとさせて頂きます。


jonas
【参加予約受付中】
「ジョナス・アンドラージ・セミナー」
日時:7/26(金) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(代々木)
費用:6000円/一般 5000円/会員
☆20名限定
予約: info@las-conchas.com



【今日が誕生日の柔術家】ブルーノ・フラザト(35)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年07月11日

【レポ】ルーカス・レプリ東京セミナーby内山裕規

00
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です!

今回はIGLOOさんが主催するルーカス・レプリのセミナーに参加して参りました。

私は過去にノースカロライナ州シャーロットにあるルーカスのジムに長期出稽古しに行っていたこともあり、このセミナーには必ず参加したい!と強く思っていました。


10
■ルーカス・レプリ出稽古レポはコチラから!


続きを読む

2019年07月07日

【告知】マイサ・バストス&ガヴィ・ペッサーニャ カップリングセミナーinミューズ柔術アカデミー

mayysa_gabi
7/13(金)に東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにてマイサ・バストスとガブリエレ・ペッサーニャのカップリングセミナーが開催されます。

この2人とも今年のムンジアルのチャンピオンで、マイサは黒帯ルースターで、ガヴィは茶帯スーパーヘビーでそれぞれ優勝し世界王者となりました。

マイサは昨年もミューズでセミナーを行っていますが、ペッサーニャは今回が初セミナーとなります。


続きを読む

2019年06月27日

【レポ】「山中健也・パスガードセミナー」

kenyaseminar
6/23(日)、東京・水道橋のマスタージャパンにてHYPERFLY JAPAN主催の「山中健也・パスガードセミナー」が開催された。

このセミナーは今月上旬にノースカロライナ州シャーロットにあるムンジアル王者、ルーカス・レプリのジムでの約2か月にも渡る長期出稽古から帰国したばかりの山中健也の初めてのセミナーということで話題となっていた。

続きを読む

2019年06月06日

【告知】6/23水道橋「山中健也・パスガードセミナー」開催決定!

kenyaseminar
ノースカロライナ州シャーロットにあるムンジアル王者、ルーカス・レプリのジムでの約2か月にも渡る長期出稽古から帰国したばかりの山中健也のセミナーが開催されます。

続きを読む

2019年04月13日

【セミナー】ジョシュ・ヒンガー・セミナー、来週開催!

j2
ATOSの黒帯、ジョシュ・ヒンガーのセミナーがCARPE DIEMの広尾と三田で2日間に渡って開催されます。

ジョシュ・ヒンガーはアメリカ・サンディエゴにあるATOS HQ所属の黒帯で、強豪ぞろいのATOSの中でもノーギの名手として名が知られている選手です。

続きを読む

2018年11月15日

【レポ】コブリンヤ・スタッフトレーニングin CARPE DIEM広尾

00
現在セミナー開催のために来日中のフーベンス・シャーレス"コブリンヤ"がCARPE DIEM広尾にてCARPE DIEMのスタッフオンリーのトレーニングを行った。

このトレーニングは通常のセミナーではなく、コブリンヤがLAの自身のジムで行っているプロ練習をアレンジして行われた。

予定では13:00〜15:00の2時間だったが、予定時間を30分以上もオーバーする熱の入れよう。

またコブリンヤ自身の格闘技のルーツとしているカポエラのムーブメントのレクチャーや質疑応答、そしてムンジアルなどハイレベルなコンペティションで勝ち抜くためには?というマインドセットの講義もあり、非常に内容は濃かった。

続きを読む

2018年10月16日

【セミナー】コブリンヤ・セミナー、開催決定!

c1
フーベンス・シャーレス"コブリンヤ"のセミナー開催が決定しました!

コブリンヤは言わずと知れたワールドチャンピオンで、特に昨年はヨーロピアン・パン・ブラジレイロ・ムンジアルのIBJJFグランドスラムの他にADCCをも制して史上初のスーパーグランドスラムを達成しました。

今年こそムンジアルを欠場し、試合出場の機会は減っていますが、すでにアラフォーの年齢になりながらもトップ選手と遜色ないコンディションとテクニックを持っているのは周知の通りです。

特にムンジアルでは2006年に初優勝してから2017年まで表彰台を逃がしたことはなく、前述したように昨年は2009年以来、実に10年ぶりに王座返り咲きという偉業を成し遂げました。


04
昨年のムンジアルで王座返り咲きのコブリンヤ。
10年ぶりにムンジアルの頂点に立つ。



5fb
そしてギありの柔術だけでなくノーギでもグラップリング最高峰のADCCで優勝し、スーパーグランドスラム達成という歴史に残る偉業を達成した。




近年はビッグネームになったがゆえに来日の機会がなかったコブリンヤですが、今回久しぶりの再来日が決定。

5日間の滞在中に2回のセミナーをCARPE DIEM広尾にて行います。

セミナーは11/16と17の2日間に渡って行われ、初日は「ガードをパスするピットストップコンセプト」としてトップゲームを、2日目は「ガードを保持するコンセプト」でガードワークをレクチャー予定となっています。

参加費は1日のみだと1万円、2日間両日参加で1万7千円で、CARPE DIEMメンバーは1日のみ8千円、両日で1万4千円です

最近日本で行われる海外トップ選手のセミナーは一昔前のセミナー不況が嘘のように常に盛況な様子で、このコブリンヤのセミナーも満員御礼となるのは確実かと思われます。

コブリンヤは世界中でセミナーツアーに引っ張りだこで、セミナー価格も高騰しており、1回のセミナーで$100〜$150が相場なので、今回のセミナー価格は良心的といえます。

またコブリンヤは今回の来日ではCARPE DIEM以外ではセミナーは行いません。

そして今回を逃すと次はいつ来日するかわからないため、もしかしたらこれが最後の来日となる可能性も無きにしも非ず。

それだけにこのセミナーは参加必須といえるでしょう。

セミナー開催は1か月後ではありますが、すでに参加予約は受付中で、参加したい方はお早めのお申し込みをオススメします!


c2
セミナー・Day1
「ガードをパスするピットストップコンセプト」
日時:11/16(金)19:00-21:00




c3
セミナー・Day2
「ガードを保持するコンセプト」
11/17 (土)11:00-13:00




参加予約は以下のアドレスにメールでお申込みください。

carpediembrazilianjiujitsu@gmail.com

件名を「コブリンヤセミナー」で、本文に参加希望日、名前、性別を明記して申し込みしてください。

参加費の振込先を返信メールで送られてくるので、その参加費の振込の確認が取れた時点で申し込み完了となります。

いかなる理由でも振込後の返金はできないとのことなのでご注意を。

必ず24時間以内に返信されるとのことなので、もし返信がない場合は、03-6427-4163まで電話でお問い合わせしてください。


c1
■セミナー詳細はコチラから!



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年10月04日

【海外】ルーカス・レプリBJJ滞在記by内山裕規

01
こんにちは、内山裕規です。

9/10〜9/21 の間、OL人生最長の夏休みを頂いてルーカス・レプリの道場@シャーロットに行って参りました。

簡単ながら滞在記を書かせて頂きます。

続きを読む

2018年09月01日

【レポ】VHTS JAPAN presents Works by 岩崎正寛

00
みなさんおつかれさまです、元Jiu Jitsu NERDライターの成田です。

今回は7月28日(土)、CARPE DIEM広尾で開催されたワークショップ「Works」の模様をお伝えしたいと思います。

続きを読む

2018年08月31日

【レポ】ゲイリー・トーナン・セミナーin CARPE DIEM

00
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

8/21(火)、CARPE DIEM広尾にてゲイリー・トーナンのノーギセミナーが行われたので参加してきました!

続きを読む

2018年08月26日

【告知】マイサ・バストス・セミナー開催

00
8/31(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにてマイサ・バストスのセミナー開催が決定しました。

マイサはGFチームの黒帯で、帯の授与者はGFチーム総帥のジュリオ・セサール。

今年のムンジアルの茶帯ライトフェザーで準優勝し、大会後に黒帯昇格となりました。

黒帯になってからはアブダビグランドスラム東京で優勝し、来月のIBJJFアジアにも参戦予定です。

色帯時代から強豪として知られており、青帯と紫帯でムンジアル王者にあっており茶帯では準優勝が最高位に終わったものの、茶帯と黒帯が合同カテゴリーとして行われるワールドプロでは茶帯時代に黒帯から勝利して優勝するなど活躍しています。


01
GFチーム総帥のジュリオ・セサールから黒帯を授与されているマイサ。
タレント揃いのGFチーム女子部の中でも実績的にはトップクラスで青帯と紫帯でムンジアルを制覇。



02
紫帯では2015年がフェザー、2016年はライトフェザーと2年連続でムンジアル連覇。



03
昨年のムンジアルでは茶帯ライトフェザーで3位で、今年は準優勝となり、残念ながら優勝することはできなかったが、2年連続入賞で大会後に黒帯に昇格を果たしました。



14
黒帯になって参戦したアブダビグランドスラム東京で2試合とも極めて勝利して茶黒帯-48kgで優勝。
大会後、一時帰国しIBJJFアジア出場のために再び来日中。




マイサは小柄な選手でガードワークに定評がある選手ですが、中でもベリンボロを得意としており、ベリンボロからのバックテイクの速さは特筆モノです。

この試合動画でもベリンボロからのバックテイクを炸裂させ、秒殺一本勝ちしています。





もちろんベリンボロだけでなくデラヒーバガードやスパイダーガードからのスイープの多才さは抜きん出ており、今回のセミナーではその数々のテクニックを惜しみなく披露してくれることでしょう。

女子のトップ黒帯のセミナーは貴重な機会なので、ぜひご参加を!


00
【セミナー】
「マイサ・バストス・セミナー」
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
日時:8/31(金) 20:00-22:00
費用:一般5000円 ミューズ会員4000円
参加予約不要・当日参加OK


mp
ミューズ柔術アカデミーはJR代々木駅西口から徒歩1分です。


Facebookページはコチラ、行き方動画はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】早川信彦(42)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月21日

【セミナー】コパ・ブルテリア前日にギィ・メンデス・セミナー開催決定!

g1
8/12(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催される螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2018」に来日する"4 times World Champion"ギィ・メンデスのセミナー開催が決定しました!

セミナーは大会前日の8/11(土)、18:30-20:30の予定で開催します。

このセミナーにはギィ・メンデスだけでなく一緒に来日するAOJのトップアスリートであるタイナン・ドゥプラ&ジョナタ・アウヴェスも参加し、一緒にテクニックを指導予定となっています。


IMG_2347x
ギィ・メンデス(AOJ)



海外ではギィ・メンデスのセミナー料金は$100超えも珍しくなく、今回の参加費の一般8000円・大会参加者6000円というのは破格の値段設定です。

現役を引退したとはいえ、いまだに世界トップクラスの実力と技術力を擁し、SNSなどでその華麗なるテクニックの一端を披露していますが、それを実際にギィ・メンデス本人から学べるのは貴重な機会でしょう。

大会に参加するなら1日早く名古屋に来て世界トップの技術に触れてみるのはいかがでしょうか?!

セミナーの参加申し込みは受付中で、専用サイトから申し込みを。


■セミナー詳細&申し込みはコチラから!



09














patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月14日

【告知】岩崎正寛ワークショップ「Works」開催

iwa
7/1付けでVHTSとスポンサーシップ契約を締結した岩崎正寛(CARPE DIEM)が新たに自身がプロデュースする新感覚ワークショップ「Works」を開催します。

このワークショップは毎回テーマと参加対象者を変えて行う予定で、初回は<試合で勝つ>がテーマです。

国内外で激戦を繰り広げてきた岩崎だからこそ挑めるこの“難題”を参加者たちと一緒に掘り下げたていくとのことで、どんなワークショップになるか興味津々でしょう。

参加費は無料ですが参加条件が2つあり、まずはVHTSの柔術衣を保有していて、着用して参加できる方。

そして2つめは2年以内でブラジリアン柔術の試合に3回以上出場したことのある方となっています。

1つめの条件はいまからVHTSのドーギを購入すればOKですが、2つめの条件はややハードルが高いかもしれません。

とはいえ、今回のワークショップのテーマがテーマだけに、試合に対してアクティブな人を対象としてるのは至極当然かとも思います。

ちなみにこのワークショップは通常のテクニック指導をメインとしたセミナーではない点に注意。

ワークショップの参加申し込み期間はすでに開始されており、最終締め切りは週明けの7/17(火)で、募集人数は30人で、参加希望者多数の場合は抽選になります。

まだ参加申し込みは間に合うので、興味がある方はぜひご参加を。

iwa2
VHTS presents "Works" #1
日時:7/28(土) 15:00-17:00
場所:CARPE DIEM 広尾
参加条件:下記2点の両方を満たす
1. VHTSの柔術衣を保有していて、着用して参加できる方
2. 2年以内でブラジリアン柔術の試合に3回以上出場したことのある方(帯色不問)
費用:無料
募集人数:30名(募集人数を越えた場合は抽選)
募集締め切り:7/17(火)
内容:
[試合に勝つ]をテーマに「考え、体感する」ワークショップ形式のイベント
※技をレクチャーするテクニックセミナーではございません。
主催:VHTS JAPAN
協力:CARPE DIEM
応募方法:
・氏名(漢字)
・氏名(カナ)
・性別
・年齢
・ご自宅の住所
・所属先名(アカデミー、ジム)
・伸長
・体重
・帯色
・自身が使用しているVHTS柔術衣のタイプとサイズ
を全てご記入の上、
タイトルに「Works#1 参加希望」を加え、support@vhtsjp.com までメールで申し込み。
抽選で当選者の方にセミナー詳細を7/18までに送付(落選者の方にも連絡あり)


【今日が誕生日の柔術家】ホーレス・グレイシー(40)、アルバート・クレーン、クリスチアーノ・カミニシ、レアンドロ・クサノ(36)、



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年05月22日

【レポ】クレバー・ルシアーノ柔術セミナーbyスロース荒井

00
5月8日(火)に東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて開催された「クレバー・ルシアーノ柔術セミナー」に参加したので、ここにレポートする。

セミナーの内容に関しては私の拙い記憶を辿ったものであることを、ご了承願いたい。

講師のクレバー・ルシアーノ先生は柔術黒帯・五段。

現在の日本における最高段位は四段であり、五段以上は未知の領域で崇高な存在と感じる。

続きを読む

2018年05月19日

【レポ】福岡国際2018:大会翌日セミナー

20
こんにちは、「マスタージャパン福岡」の荒牧誠です。

簡単に自己紹介しますと、2016年4月に帰国するまでは、約8年間香港で、ブラジリアン柔術ジム「香港柔術」の指導・運営をしておりました。

現在も、香港には、定期的に指導に行き、海外の様々な国際大会でレフェリーとして招聘して頂いたり、たまにスペシャルマッチに出場したりしております。

さて、私共マスタージャパン福岡主催にて、2018年2月24日(土)に福岡・かすやドーム/メインアリーナにおいて、2018年福岡国際柔術選手権を開催いたしました。

大会自体のレポートなどは、ブラジルブログ様が掲載してくださっておりますので、今回は、その大会翌日に行われた特別セミナー&オープンマットについてレポートさせていただきます。


続きを読む

2018年05月10日

【レポ】マルコス・ソウザ・セミナーin KASHIMA DOJO

01
こんにちは、石井拓です。

4月28日(土)に茨城県神栖市にある三崎和雄さんの主宰し、自分がメインインストラクターをやらせて頂いてるKASHIMA DOJOにてマルコス・ソウザ選手の特別セミナーが開催されたのでレポートします。

続きを読む

2018年05月03日

【セミナー】クレバー・ルシアーノ・セミナーツアー

c1

現在来日中のクレバー・ルシアーノが日本でセミナーツアーを開催します。

クレバーはかのホイラー・グレイシーの黒帯で5段を保持する大ベテラン。

とはいえいまだに現役バリバリで柔術はもちろんMMAも並行して行っている元気の良さ。

今回の来日も日本到着翌日にはパラエストラ東京の昼柔術に参加し中井祐樹氏らと旧交を温めていました。


c2


ほぼ毎年のように来日しているクレバーですが、今年は10日間ほどの滞在で、セミナーも5回を予定しています。

セミナーツアーの日程は以下の通りです。

5/4(水) A2アカデミー 10:00-12:00(静岡)
5/5(土) ポゴナ・クラブジム 15:00-17:00(埼玉)
5/7(月) 一心柔術 20:00-22:00(蒲田)
5/8(火) ミュース柔術アカデミー 20:00-22:00(代々木)
5/9(水) AXIS柔術アカデミー 20:00-22:00(明大前)


この他にもプライベートレッスンを随時受付中で、セミナー問い合わせは、080-3716-9767(エジソン・カゴハラ)、または090-3229-7116(後藤悠司)までお電話を。

なおセミナーの参加費はミュース柔術アカデミーでは一般5000円、ミューズ会員4000円となっているが、その他のセミナーは要問合せとなっている。

日本には黒帯4段までしかいないので、クレバーの黒帯5段のセミナーは貴重といえるでしょう。

この機会にぜひ受講を検討してみてはいかがでしょうか?



【今日が誕生日の柔術家】ホムロ・バハル、セリンゲロ・キムラ(36)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月21日

【セミナー】ヘナート・カヌート・セミナーinピュアブレッドグアム

01
4/19(木)、グアムにあるピュアブレッドグアムにてヘナート・カヌートのセミナーが開催された。

毎年開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン」に参加する選手がピュアブレッドグアムでセミナーを行うのが恒例となっており、昨年はフェリッペ・プレギーサとタルシス・フンフェリーのセミナーが行われている。

今年はヘナート・カヌートのみだが、カヌートはグアムに到着したら空港からそのままジムに直行してセミナーを行う慌しさ。

ジムではすでに多数の参加者がカヌートの到着を心待ちにしており、着いてすぐにセミナーが開始され、デラヒーバのパスから極め、デラヒーバからスイープして極めと極めにこだわったテクニックを熱心に指導していた。

カヌートの試合スタイルを見てわかるように極めを重視しており、このセミナーでもパスやスイープから一気に極めまでいけるようなコンビネーションを多数披露し、またその極めにもディテールが多々あることをレクチャー。

茶帯のムンジアル王者で黒帯ではノーギで世界王者となり、またプロイベントのカサイでもベルトを保持するカヌート。

今大会前にゼニスJJからチェックマットに電撃移籍し、練習環境を一新して再起を狙っているカヌートのマリアナスオープン、そしてムンジアルの試合ぶりに注目したい。


02
ヘナート・カヌート(チェックマット)



03
カヌートのセミナーの参加費は$50で予定の19:00よりやや遅れてのスタートとなった。



04
このセミナーではデラヒーバガードのパスを4つ、スイープを1つを指導。
どれもそのまま極めにいけるコンビネーションを見せていた。



05
パスガードは試合でも多用されている見覚えのあるテクニックが多数あった。
中には腰を切りながら相手の太ももに体重を乗せてフックを外していくダイナミックなテクニックも。



06
デラヒーバのフックを外したらいったん下がって



07
相手の足を遠ざけながら回り込むようにパスしていき、



08
腕を抱えたら手首を上に引き上げるようにしながら



09
腕十字を極めていく。



10
セミナーの最後30分はスパーリング。
参加者たちがセミナーで学んだテクニックを使いながら5分×5ラウンドを回していた。



11
カヌートもスパーリングに入って参加者と汗を流す。
スローペースながら随所にキレのある動きを見せて極めを連発。



12
カヌートと同じくマリアナスオープンに参加するタナー・ライスもスパー。
タナーは長身の長い手足から繰り出されるパス&バックテイクが冴えていた。



13
マリアナスオープンにはレフェリーとして参加の荒牧誠(マスタージャパン福岡)もセミナーを受講しスパーリングにも参加。


14
小笠原誠、若山達也、エジソン・カゴハラのレフェリーチームはスパーリングには参加せずぼんやりタイム。



15
ピュアブレッドグアムは白ドーギオンリーだがカヌートだけネイビーのドーギ着用。
カヌートは空港から直接のジム入りし、約2時間のセミナー&スパーリングでグアム滞在初日を終えている。



00
■マリアナスオープン・大会詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月09日

【セルフレポ】石井拓・スペシャルクラス

taku1
こんにちは、石井です。

今回AOJからチームメイトであるニールさんが日本に旅行するのに合わせて欽也さんケニーさんご協力のもと、3/27と4/2の2週に渡り特別クラスをやらせて頂きました。

先日アメリカに行った際にニールさんとスパーする機会があり、そこで僕が普段練習してるサイドをニールさんに試したところニールさんが今度日本行くから教えてよ!

という流れもありクラスではサイドコントロールをやることにしました。

続きを読む

2018年04月05日

【レポ】カート・オシアンダー・セミナー・レポートbyスロース荒井

00
去る3月20日(火)に開催された「カート・オシアンダー・セミナーinミューズ柔術アカデミー」に参加したので、その模様をお伝えしたい。

続きを読む

2018年03月26日

【告知】3/27代々木・石井拓スペシャルクラス開催

taku1
3/27(火)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて石井拓のスペシャルクラス開催が緊急決定しました。

石井拓はいま千葉県の香取道場で指導中で、そこでは自らが傾倒するヘンリー・エイキンス直伝のテクニックを教えてるとのこと。

ヘンリー・エイキンスはかのヒクソン・グレイシーの黒帯で、ヘンリーのスタイルはヒクソンの門下生をして「ヒクソンのコピーだ」と言わしめるほどヒクソンの柔術を忠実に再現していることで有名で、知る人ぞ知る達人です。

今回のスペシャルクラスでもそのヘンリーならではの技術の数々の一端を石井拓が指導予定です。


00
石井拓とヘンリー・エイキンス。
今年3月、ロサンゼルス・サンタモニカにあるダイナミクスMMAにて。




中でも一番のキモともいえる「デッドホエールサイドコントロール」は死んだクジラのように自らの体重を相手に預けることで通常のサイドポジションでは考えられないような高負荷のサイドポジションが可能になるというヘンリー・エイキンスの奥義。

先日自分もヘンリーのクラスを受けた際にスパーリングをしてヘンリーのデッドホエールサイドコントロールを受けてきましたが、これがかつてないほどの苦しさで息をするのもシンドいほどでした。

ヘンリーの体重は85kgほどで自分と変わらないぐらいなのに、あの重さは一体なんなんだ?!と不思議に思いますが、その秘密の一端が今回の石井拓スペシャルクラスで披露されます。


07
デッドホエールサイドコントロールを受けて苦悶の表情の石井拓。



体重の掛け方に秘密があるんですが、いま世間はモダン柔術全盛で相手を抑え込んで動けなくするよりも、相手と密着せずに適度なスペースを作って自分も相手も動けるようにするスタイルが主流になりつつあります。

そんな中で相手を抑え込んで動けなくするヘンリーの柔術は独自の技術体系を持っており、異質なものとも思えます。

またヘンリーは自らの柔術を「ヒドゥン柔術」と呼び、その名の通りに「隠されたもの」となっているので、いままでなかなか世に出てこなかったということもあります。

ですが昨年からヘンリーのオンラインプログラムが開始され、徐々にそのヒドゥン柔術の技術体系が明かされてきていますが、体重の掛け方やバランスの取り方などは映像では伝わり辛く、実際に受けてみないとわからないでしょう。

しかしライトフェザー級の石井拓がヘンリーのプレッシャーをどこまで再現できるかも謎ですが、このスペシャルクラスは興味深いものになるのは間違いないでしょう。


taku1
【当日参加OK】
『石井拓スペシャルクラス』
日時:3/27(火) 19:30-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
参加費:一般 2000円 / ミューズ会員 1000円
■ミューズ柔術アカデミーへのアクセスはコチラから!

■「ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓」はコチラから!

■「BJJ-WAVE特別編 ゲスト: 石井拓」はコチラから!






patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年03月25日

ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓

00
今回カリフォルニアのロサンゼルスに行く機会があり、到着が火曜日で欽也さんにヘンリーの事をお伝えしたら、正午からヘンリークラスがある事がわかり、空港から直行する事になりました。

元々ヘンリーはビーガンと言うことで名前は知っていたのですが特に知り合いでは無かったです。

今から約三年前にロサンゼルスにいた現カルペディエムの岡崎孝哉くんからヘンリーの噂を聞いて興味を持ちました。

続きを読む

2018年03月20日

【セミナー】カート・オシアンダー・ジャパンツアー、本日よりスタート!

00
いよいよ本日よりカート・オシアンダーのジャパンツアーが本日よりスタートします。

カートはこの日本に来る前に上海でセミナーを行い盛況だった様子です。

続きを読む

2018年02月19日

【レポ】ヒクソン・グレイシー・セミナーby石井拓

ta
ブラジルブログをご覧の皆さん、こんにちは。

石井拓です。

今回、ヒクソン・グレイシーのセミナーに参加してきたので、どんなセミナーだったのかレポートしたいと思います。

自分の備忘録的なメモを元にしてるので通常のレポートとは違う点をご了承ください。


4



【セミナーテーマ】

テクニックを紹介するのでなく自分のフィーリングを高めるためのコンセプトを理解し、相手ではなく、稽古の中で自分のフィーリングをどの様にして高めるかという事について。


【立ちでのベースについて】

どんな状況でも相手が襲ってきたら対応出来る立ち方を確認し、相手が触れない距離を保つこと。

足のポジションをよく確認し1インチでの違いが大事なので動きながら確認する事。

二人組になって端から端まで移動し一人が迫っていき、一人がうまく距離とベースをたもつドリル。

横に動くときは足を交差しないことを注意する。交差するとその際にクリンチなどのディフェンスが出来ないため。

ヒクソン先生は右利きだが右足と手を前に出す、だぜなら柔術ベースなので機器脚で前蹴りなどを使って間を制して出来だけ早くクリンチを持っていく事を考えなければならないため。


【相手をテイクダウンする時のベースについて】

肩を相手のサイドに付け、相手が押すまたは引くときのベースを確認する。

大切なのは腕を相手の胴体に回す時に腕に意識が行ってベースを無くさないように肩に意識をして感覚を大事にする事。

相手が引いてくる際に膝を内側に向け座るようにしてベースを保つこと。この時、後ろ足が浮かない様に注意し、必ず後ろ足に重心が来るようにする。

相手が引く際は足を掛け後ろ側にテイクダウンすること。

最も大事なのは高さではなく相手とのコネクションをつくりそこから力が伝わる様にフィーリングを大切にすること。

相手が自分から見て45度に来るように意識する。


【相手がパンチをしてくる時に対して】

二人組になり、一人が両拳を使って、ゆっくり相手に対して片方ずつ縦に回すようにしてパンチをだす様にする。(戦車のキャタピラが回転するように)

テイクダウンする側は相手の拳に体重が掛かるように距離を詰めながらクリンチまで持っていく。ここで大事なのは自分の頭をつかったり相手の拳だけでなく肘を抑えたりして”コネクション”を作ることを意識する。


【羽交い締めに対して】

ゼロからではなく、必ずどちらかのサイドの相手の腕にウェイトを掛けコネクションを作ること。

後ろを引っ張られても最初の形を崩すことなくベースをキープする事。


セミナー開始後、約2時間あたりのところでヒクソン先生が次はグランドをやろうということになりました。


【クローズドガード】

僕がヒクソン先生に指名されクローズドをする様指示。

ヒクソン先生が準備は良いかと尋ね、はい!と答えるとヒクソン先生がパンチを出す。

そこで先生は彼は準備が出来ていない。今日の柔術ではパンチに対しても警戒しなければいけない。稽古で常をそれを想定する事とおっしゃいました。

そこで今度はヒクソン先生がクローズドに。

僕がパンチをやると頭をサイドに振ってパンチ避ける。

その際大事なのは避けた瞬間に足を使って相手を寄せること。


【クローズドガードから相手がクローズドガード割に来た際の攻め方について】

引き続き受けは僕がやりました。

この時のヒクソン先生のクローズドガードのプレッシャーが物凄かったです。

一つは相手が膝を入れきたときはやや相手の後方に腰をきってスイープする。

この時、相手を起き上がらせないために上の膝を締めてコネクションをつくりプレッシャーをかける。

僕が起き上がろうとしてもプレッシャーが凄すぎて全く返せる気がしなかったです。

手をついた際に袖を持って起き上がる事が大切。

クローズドガードの際に既に両袖をコントロールし相手の手がついた瞬間にグリップをスイッチする事。

続いて相手が足を着いて立ち上がるのを防ぐ

ヒクソン先生にスタンドアップ!と言われ立とうとするが全く立てない…

空かさず立とうとするが全く膝が上がらない…

相手が立ち上がろうする際にリラックスして腰を床に付けることが大切。


1



【オープンガードについて】

今日のコンペティション柔術のオープンガードはいろんな形があるが、とのガードも相手を居心地良くしたままで本質を捉えていない事を指摘するヒクソン先生。

クローズドガードだろうかオープンガードだろうか、本質は一緒で通にコネクションをつくりプレッシャーを掛け続けることが大事と言う。

例えば両袖を掴んで相手の腕に膝を使ってプレッシャーを掛け相手を居心地悪くし、サブミッションを仕掛ける。

僕がまた受けをし、ヒクソン先生かオープンガードから僕の腕をキャッチし、先生がプールアウトと指示。

しかし締めがキツくて全く抜けない…

それと同時に抱えている腕のプレッシャーが凄すぎて動けない…

その瞬間に先生がふとレートアームロックを掛け、あまりのプレッシャーにすかさずタップをしてしまいました。

僕のパートナーの杉本さんもヒクソン先生のアームロックをくらい、プレッシャーが凄すぎて本気でやってたら折られてたと驚いていました…

ちなみに一瞬掛けられたアームロックが翌日まで痛みと違和感を感じるほど他のあるとは異次元のものと感じました。


【相手がタートルポジションでのプレッシャーの掛け方】

ヒクソン先生曰く、ライオンがシマウマを捉える先の事をイメージし獲物を必ず仕留める事を大切にすることだそうです。

相手が対上がる際には必ず片足から立ち上がり。肘を使って相手の腰をコントロールすること。相手が回転するときは肘でプレッシャーを掛け動きを感じサイドにつく。

相手が大きくて体格差がある時に立ってしまった場合は、シートベルトグリップを使って、外側から足を掛け、引いたり押したりするのではなく腰を使って足を高くフックしテイクダウンもしくは寝そべらせること。

テイクダウンする際に力を使うのではなく、常にリラックスしないと変な癖が付くので気をつけること。


【打撃について】

今のMMAに行く柔術家は特に基本となる柔術を忘れて、キックボクシングやボクシングをやろうとしているのは良くないと指摘してました。

相手がもし打撃の専門ならその得意分野で勝負してはならないと。

それは愨咾凌佑クロンと勝負するのと同じ事だと。

なので先生は柔術家なのて以下にクリンチをして柔術で勝負をするかを考えているそうです。


2



ここで午後3時間が経過しヒクソン先生への質問へ。


【呼吸法ついての質問に対して】

まず95%の人が正しい呼吸法を理解ておらず特に呼吸は良くないと指摘。

先生は状況に応じて、自分が寝る前、海に入る前、ストレスを感じてる時、などの様々な呼吸を使い分けているんだそうです。

いくつかの呼吸法を披露し、それぞれ全く違った方法で横隔膜を意識するブリージングエクササイズを実践しているそうです。

最後に先生は、”インビジブルパワー”を信じるなら、それは相手の体格や筋肉の量など目に見えるものとの対立では無いと。

If you believe invisible power …..から始まり、“インビジブルパワー”を理解し、そしてそれを柔術だけでなく日常生活の中で活かす事が大切なのだと指摘していました。

最後にヒクソン先生の受けをいくつかやらせて頂いて見た目だけでは決して理解出来ない技術があり、本当にINVISIBLE JIU-JITSUなのだと身体で感じ、とても感動しました。

またヒクソン先生のセミナーがあれば必ず参加したいと思います。


3



【今日が誕生日の柔術家】ブルーノ・ヤマモト(37)、デヴィッド・ガルモ(28)、メストレ・ピニャ(52)、エルベシオ・ペナ(57)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月17日

【レポ】ヒクソン・グレイシー・ワークショップ

01
2/11(日)、東京・駒沢の駒沢オリンピック公園屋内競技場で開催された「RICKSON GRACIE CUP 2018」内でヒクソン・グレイシーのワークショップが行われた。

通常、ヒクソンはヒクソン杯で来日した際にセミナーを開催しているが、このようなオープンスペースでワークショップを行うのは初めてのこと。

さらにこのワークショップは大会参加者は無料で受講で、大会の参加者でなくても観客は2Fの観客席から観覧可能。

またワークショップ最中の撮影もOKというこれまでの常識を覆したものとなった。

ヒクソンがこれまで開催してきたセミナーの参加資格はヒクソン・グレイシーのオフィシャルアソシエーションであるAXISの会員のみに限定されていたり、またセミナーも撮影NGという完全クローズドで行われていた。

それがワークショップというセミナーとは違う形式ながら通常なら1〜2万円はする参加費が実質無料で、自由に撮影ができるのは今まででは考えられないことだった。

これはヒクソンが最近になって方向転換しオンライントレーニングの開設に着手したこと、現在の競技柔術偏重の流れに警鐘を鳴らしていることなどが関係していると考えられる。

とはいえ、このような方向転換は歓迎すべきことで、いままで分厚い秘密のベールに隠されていたヒクソン・グレイシーの柔術がどんなものかという一端が垣間見れたのは貴重なこと。

そして実際にワークショップで披露されたのは通常のセミナーのようにテクニックのやり方や手順を教えるのではなく、体重の掛け方や崩し方、そしてセルフディフェンスに特化した内容だった。

これこそブラジリアン柔術ではないグレイシー柔術ならではといえる技術・哲学が1時間弱に渡ってヒクソン直々に伝授され、その技術の説得力に圧倒され続けてしまった。

ヒクソンがいうように「競技柔術は柔術の一部分でしかない」という言葉には100%同意で競技柔術以外の技術や柔術の本質を語った哲学も非常に興味深い。

今回のワークショップの動画は全編ノーカットでYouTubeにアップしてあるので、ぜひ見てみて欲しい。

ブラジリアン柔術=グレイシー柔術は競技柔術だけでないということに気づくことができれば、より広い視点で柔術を探求できることは間違いないはずだ。


■ヒクソンのワークショップ動画はコチラから!


02
ヒクソン杯の開会式の後にドーギに着替えてワークショップに臨んだヒクソン・グレイシー。
ワークショップは英語で行われ、通訳はJJFJ代表の渡辺孝正氏が務めた。



03
柔術=寝技のイメージがあるが、このワークショップでは主にスタンドでの攻防に多くの時間が費やされた。
キーワードはコネクション。



04
体重の掛け方・崩し方の説明では実際にヒクソンが相手に組み付いて実演。
ヒクソンの言葉通りに動くと相手を倒せたり、踏ん張れたりと、ほんのちょっとの違いが結果的に大きな差になることが教えられた。



05
ガードポジションではいきなりパンチを振るう場面も。
「ストリートではどんなシチュエーションになるか、すべてを想定しなければならない」とヒクソン。



06
参加費無料ということもあり、このワークショップの参加者はゆうに100人を超える人数が受講。
6面あった試合場も混み合うほどの盛況ぶりだった。




このワークショップ翌日には通常のセミナーも行ったヒクソン。

そのセミナーのレポートはセミナーに実際に参加した石井拓がレポート予定となっている。

いまモダン柔術からグレイシー柔術に180度方向転換し、オールドスクール系のテクニックに傾倒している石井のレポートは近日更新予定となっているので楽しみに待っていて欲しい。



【今日が誕生日の柔術家】カッシオ・ウェルネック(44)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear