English Portugues Japanese

インタビュー

2020年09月21日

【KIT01】リダ・ハイサム「イゴールにウェルカムシャワーをしてあげたい」

IMG_7002
10/11(日)、都内某所で開催される配信大会「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」。

この大会のメインイベントでイゴール・タナベと対戦するリダ・ハイサムのインタビューを紹介します。

ハイサムは国内屈指のヘビー級柔術家で、最近ではクインテットやGTFなど、ノーギでの活躍が目覚ましい選手です。

国内初の配信大会開催の決め手となったのはこのハイサムvsイゴールの試合が組めたからというほど、いま国内で組める最高の顔合わせがついに実現します。

ギありでは初対戦ですが、過去にはノーギで2回試合をしており、その試合ではハイサムが1勝1分と負けなしの結果となってます。

が、今回はギありでの対戦で、そしてイゴールの黒帯デビュー戦でもあり、この初対決は興味深いことでしょう。


「自分が大好きなギを着た試合を見てもらえるのが嬉しい」


──まず最初に試合が決まった気持ちから教えてください。

ハイサム:今はコロナ禍で大会がなくなってしまったので今年はまだギの試合がなかったので、ギを着て試合をするのは初めてだし、すでに試合前のテンションになっています。

──最近のハイサムはギよりもノーギのイメージが強くなっています。

ハイサム:そうですね。クインテットやGTFなどプロマッチや観客がいる大会に出てたので、そういったイメージがあるのかもしれません。でもこの大会では自分が大好きなギを着た試合を見てもらえるのが嬉しいですね。

──ハイサム自身はギとノーギ、どちらが好きですか?

ハイサム:今まではギの方が好きだったんですが、ノーギの大会で有名になったのでノーギも好きになりました(笑)。なのでギとノーギ、どちらもバランスよく練習して試合もしていければと思っています。だからギでもノーギでも強い選手になりたいし、どっちが好きとかではなく両方とも好きですね。

──今回の対戦相手、イゴール・タナベの印象を教えてください。

ハイサム:イゴールとの試合ではお互いにノンストップで動き回ること、そしてスクランブルが多くなるんじゃないかな、と思ってます。昔からイゴールのことは知ってたし、一緒に練習もしていた時期もありました。過去にノーギで2回試合したことはあるんですけど、ギありの試合は今回が初めてなので、いい試合ができるように頑張ります。


i1
ハイサムとイゴールは2016年のコパ・ラスコンチャスのノーギで対戦。
その当時、ハイサムは紫帯でイゴールはまだ青帯だった。



copalas2016nogi
試合はハイサムが判定勝ちで優勝、イゴールは準優勝となった。



i3
2度目の対戦は昨年2月のクインテット。
この試合では互いに慎重な試合ぶりで指導が入って両者失格、不完全燃焼に終わった。
■この試合レポはコチラから!



──イゴールと練習していた当時のことを教えてください。


ハイサム:まだイゴールが紫帯の頃で、イゴールがヨーロピアンやムンジアルなど大きな大会に出る前のキャンプみたいな感じでCARPE DIEMに来てジムに寝泊まりしながら練習していました。当時から身体が大きくて同じぐらいのサイズということもあって、いい練習ができてました。でも練習してたのは2年ぐらい前のことなので、それ以降にイゴールも成長してるだろうし、当時のままだとは思ってないので、参考にならないですね。

──今回の試合はイゴールにとって黒帯デビュー戦となります。それについてはどう考えてますか?

ハイサム:自分がイゴールにウェルカムシャワーをしてあげたいと思ってます。黒帯は色帯とは違うんだという経験をさせてあげたいですね。そして試合を見てくれてる人たちに何かを感じれるような試合にしたいと思ってます。最初から最後まで目が離せないような試合をします。

──この試合のルールは本戦がサブオンリーで延長戦がゴールデンスコアになります。

ハイサム:サブオンリーだとポイントのことを考えなくていいのでやりやすいですね。極めにいくとポジションを失ってポイントを取られてしまうこともありますけど、そういったことを考えずに極めることだけに集中できるのは自分にとって利点です。延長戦にまでいくとゴールデンスコアのポイント先取の勝負になりますが、そこまで時間はかかならように本戦で決着をつけます。

──試合で狙っていることなどありますか?

ハイサム:相手がどんなことをしてきても大丈夫なように準備してます。これをやろう、というのはなく、逆に相手が何をしてきても対処できることが大事だと思ってます。でも自分が防御するばかりでなく攻撃もできるようにといろいろと考えてます。もちろんそれはここでは言えないですけどね。

──最後に試合にかける意気込みをお願い致します。

ハイサム:今年で一番よかった試合、見てる人も面白かったと思ってもらえるような試合にするつもりなので、みなさんぜひ楽しみにしてください。イゴールとなら膠着しない、いい試合ができるのは間違いないですから。Let's put on the show for fans! Oss



hai
■ツイキャス・プレミア配信の詳細・購入はコチラから!



IMG_6933




KIT01_main_04
KINYABOYZ presents
「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01 〜CLASH OF TITANS〜」

■日時:10/11(日)/15:00 開始予定
■会場:都内某所 ※無観客で有料配信のみ
■配信方法
ツイキャス・プレミア配信(3000円)、またはサブスクリプションサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB(KBJJC)」のメンバー限定Facebookページにて生配信。
KBJJCに参加して頂くと無料で視聴できます。
今大会の最新情報や出場選手のオファー状況などは随時KBJJC内でお知らせし、情報共有していますので、一般発表前にイチ早く大会情報などを知ることが可能となってます。
またKBJJC参加中は大会のアーカイブ視聴も可能です。

■サブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」の詳細はコチラから!

■ツイキャス・プレミア配信の詳細・購入はコチラから!

■ルール

本戦・サブオンリー
延長戦(本戦の半分の試合時間)はゴールデンスコア
※時間切れはレフリー判定
※外掛け&ヒールフック、スラムなし

■試合時間
黒帯8分
茶帯7分
紫帯6分
青帯5分
キッズ3分

【決定済み対戦カード】
KIT_01_haisam_igor
【黒帯無差別級】
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
イゴール・タナベ(IGLOO BJJ)




KIT_03_riki_hiago
【茶帯ルースター級】
吉永力(トライフォース)
vs
イヤゴ・ウエノ(TREE BJJ)




03
【女子茶帯ライトフェザー級】
ミレーナ・サクモト(TREE BJJ)
vs
石黒遥希(CARPE DIEM)




KIT_04_hiryu_ide
【茶帯ライトフェザー級】
丹羽飛龍(AOJ)
vs
井手智朗(X-TREME柔術アカデミー)




KIT_06_gozo_sawada
【黒帯ライトフェザー級】
塩田"GOZO"歩(パラエストラ八王子)
vs
澤田真琴(DRAGON'S DEN)



KIT_07_moribe_amazon
【黒帯無差別級】
毛利部慎祐(JUMP FIGHT CLUB)
vs
白木"アマゾン"大輔(CARPE DIEM HOPE)




その他、全8試合程度を予定



■出場予定選手
mu
村田良蔵(OVER LIMIT BJJ)
※SJJIFワールド 2018&2019優勝



【KIT 01】モリベチャレンジ、対戦相手は白木"アマゾン"大輔に決定!

【告知】10/11 配信大会「KIT 01」サイトオープン&視聴チケット発売開始

【KIT 01】元パラ東同士のレジェンドマッチ決定! 塩田"GOZO"歩vs澤田真琴

【KIT 01】毛利部慎佑が参戦決定!「モリベチャレンジ」として対戦相手を募集!

【インタビュー】石黒遥希「これに勝ってミレーナとの戦績をイーブンにしたい」

【インタビュー】KIT01出場の塩田"GOZO"歩「47歳でも進化し続けられることを見せたい」

【KIT01】AOJ特待生の丹羽飛龍、凱旋試合はリベンジマッチに! モダンvs高専柔道の図式も

【KIT 01】黒帯デビューのイゴール・タナベ「柔術を始めてから黒帯で試合することを目標にしていた」

【配信大会】KIT01:女子の技巧派対決は名勝負数え歌に?!

【ブラジルブログ】KIT01:茶帯軽量級トップ対決が決定!

【ブラジルブログ】リダ・ハイサムvsイゴール・タナベ、決定! 「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」

【MMAPLANET】KITで吉永力✖イアゴ・ウエノ戦が決定。茶帯ルースター級の出世争い、始まる?!

【ゴング格闘技】吉永力vs.イヤゴ・ウエノ、国内屈指の軽量級茶帯柔術家がノーポイント&サブオンリーで激突

【MMAPLANET】橋本欽也&KINYABOYZが無観客&配信の柔術大会開催!! そしてハイサム✖イゴール、実現へ

【ゴング格闘技】リダ・ハイサムvs.イゴール・タナベ!=10月11日(日)無観客&生配信「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」開催




mk01
【新発売】
ブルテリア「ロゴモコTシャツ」



mk02
ロゴ部分が発泡プリントになっていてモコモコしてるからロゴモコTシャツ。
秋になり涼しくなってきましたが、まだまだTシャツは活躍します。
今作はカラーバリエーションも豊富なのでぜひ。



mk03
白はコチラから!



mk04
黒はコチラから!



mk05
青はコチラから!



A15896_I1
黄はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear



KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年08月27日

【KIT 01】石黒遥希「これに勝ってミレーナとの戦績をイーブンにしたい」

IMG_5929
10/11(日)、都内某所で開催されるKINYABOYZ JIU JITSU CLUB主催の有料配信大会「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKTO 01」。

ここで唯一組まれている女子マッチがミレーナ・サクモトvs石黒遥希の一戦だ。

この両者は過去のに4度の対戦があり、戦績はミレーナが2勝1敗1分で勝ち越している。


qom
【ミレーナvs石黒・過去の戦績】
2017年2月 DUMAU(愛知) 残り数秒でミレーナがパスして勝利
2017年10月 DEEP(浜松) サブオンリーマッチ・時間切れ引き分け
2017年12月 ブルテリアオープン(浜松) 送り襟絞めで石黒一本勝ち
2018年11月 賞金大会「クイーンオブマット」(浦安)サドンデスでミレーナ勝ち


以下に紹介するのは石黒が唯一ミレーナに勝った青帯時代の試合と、両者の最後の対戦となった女子賞金トーナメント「クイーン・オブ・マット」決勝戦の2つの試合動画だ。

どちらも緊迫した好勝負となっているので一見の価値ありなので、ぜひ見てみて欲しい。


sa1z
「ミレーナ・サクモトvs石黒遥希 / ブルテリアオープン2017」はコチラから!



mir
「QUEEN OF MAT」決勝戦・石黒遥希vsミレーナ・サクモト」はコチラから!




とはいえ、毎回拮抗した試合ぶりでお互いに切磋琢磨し合える、よきライバルといっていい存在だろう。

今回は石黒遥希に試合のことについて聞いてみた。



IMG_6413
石黒遥希(CARPE DIEM)



■試合が決まったことについて
「今年は出場予定だったムンジアルがなくなり、日本での試合もしばらくないと思っていましたし、私自身、昨年の9月のIBJJFアジアから試合をしてないので悲しい気持ちでした。ですがこのような時期に試合を組んでいただき嬉しく思いますし、本当に感謝しております。」


■ミレーナの印象
「ミレーナはジュブナイルの頃から活躍していて、最近ではヨーロピアンで準優勝してとても強い選手だと思います。テクニック的にはタックルとハーフガードが上手で、試合ではいつもパスガードをして勝っている印象があります。私も過去の試合では残り数秒でパスガードされて負けた試合もありますし、サドンデスでタックルをかけられて負けた試合もあります。」


■いまどんな練習をしているか
「週5〜6回の頻度で練習しています。主にCARPE DIEM MITAの夜のクラスに参加して、一般の会員さんに混じって練習させて頂いてます。たまに昼間に兄(翔也)と技の確認やドリルをしたり、近くのフィットネスジムで筋トレしたりもしています。」


■CARPE DIEMの広尾から三田に移籍して変わったこと
「広尾にいるときは昼間にやっているインストラクターたちの合同練習=選手練に参加させて頂いてましたが、私の身体的なサイズの問題もあり、選手練に参加することが難しくなってきていました。7月から三田に移籍したのですが、それからは昼の選手練には参加せず、クラスで会員さんたちと練習しています。今はほぼ毎日、紫帯や茶帯の強い女性会員の方々と練習できているので、とても良い練習ができています。」


■6月末に茶帯に昇格したことについて
「やっと柔術家といえる帯色になったかなと思います。ですがまだまだ分からないことも多いし、下手なのですが。ルール的に茶帯から解禁される足関節技の技術的な質問にも答えられるように、早く覚えていきたいです。」


■試合の意気込み
「ミレーナも私もこの試合が茶帯のデビュー戦ということで、今までとは違ったルールになりますが極めて勝つことができるように頑張って練習しています。この試合に勝って、ミレーナとの戦績をイーブンにしたいです。応援よろしくお願いします。」



wave_haruki2020
「BJJ-WAVE」石黒遥希ゲスト回はコチラから!



IMG_6120




KIT01_main_04
KINYABOYZ presents
「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01 〜CLASH OF TITANS〜」

■日時:10/11(日)/15:00 開始予定
■会場:都内某所 ※無観客で有料配信のみ
■配信方法
サブスクリプションサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB(KBJJC)」のメンバー限定Facebookページにて生配信。
KBJJCに参加して頂くと無料で視聴できます。(その他の配信方法も調整中で後日発表予定)
今大会の最新情報や出場選手のオファー状況などは随時KBJJC内でお知らせし、情報共有していますので、一般発表前にイチ早く大会情報などを知ることが可能となってます。
またKBJJC参加中は大会のアーカイブ視聴も可能です。
サブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」の詳細はコチラから!
■ルール
本戦・サブオンリー
延長戦(本戦の半分の試合時間)はゴールデンスコア
※時間切れはレフリー判定
※外掛け&ヒールフック、スラムなし

■試合時間
黒帯8分
茶帯7分
紫帯6分
青帯5分
キッズ3分

【決定済み対戦カード】
KIT_01_haisam_igor
【黒帯無差別級】
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
イゴール・タナベ(IGLOO BJJ)




KIT_03_riki_hiago
【茶帯ルースター級】
吉永力(トライフォース)
vs
イヤゴ・ウエノ(TREE BJJ)




03
【女子茶帯ライトフェザー級】
ミレーナ・サクモト(TREE BJJ)
vs
石黒遥希(CARPE DIEM)




KIT_04_hiryu_ide
【茶帯ライトフェザー級】
丹羽飛龍(AOJ)
vs
井手智朗(X-TREME柔術アカデミー)



その他、全8試合程度を予定



■出場予定選手
mu
村田良蔵(OVER LIMIT BJJ)
※SJJIFワールド 2018&2019優勝



gozo
塩田"GOZO"歩(パラエストラ八王子)
※ワールドマスター2018優勝



【インタビュー】KIT01出場の塩田"GOZO"歩「47歳でも進化し続けられることを見せたい」

【KIT01】AOJ特待生の丹羽飛龍、凱旋試合はリベンジマッチに! モダンvs高専柔道の図式も

【KIT 01】黒帯デビューのイゴール・タナベ「柔術を始めてから黒帯で試合することを目標にしていた」

【配信大会】KIT01:女子の技巧派対決は名勝負数え歌に?!

【ブラジルブログ】KIT01:茶帯軽量級トップ対決が決定!

【ブラジルブログ】リダ・ハイサムvsイゴール・タナベ、決定! 「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」

【MMAPLANET】KITで吉永力✖イアゴ・ウエノ戦が決定。茶帯ルースター級の出世争い、始まる?!

【ゴング格闘技】吉永力vs.イヤゴ・ウエノ、国内屈指の軽量級茶帯柔術家がノーポイント&サブオンリーで激突

【MMAPLANET】橋本欽也&KINYABOYZが無観客&配信の柔術大会開催!! そしてハイサム✖イゴール、実現へ

【ゴング格闘技】リダ・ハイサムvs.イゴール・タナベ!=10月11日(日)無観客&生配信「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」開催




00
【Today's Pick up】
ブルテリア柔術衣「SAZEN GI 3.0」
新発売された丹下作善をモチーフにしたSAZEN GIの最新作、3.0。
現在好評発売中で売れ行きも好調です。
すでにサイズ切れになりそうなモノもあるので購入はお早めに!



01
白の詳細&購入はコチラから!



04
青の詳細&購入はコチラから!



07
黒の詳細&購入はコチラから!








btt
©Bull Terrier Fight Gear



KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



ダウンロード
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年08月24日

【インタビュー】KIT01出場の塩田"GOZO"歩「47歳でも進化し続けられることを見せたい」

00
10/11(日)、都内某所で開催されるKINYABOYZ JIU JITSU CLUB主催の有料配信大会「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKTO 01」に出場する塩田"GOZO"歩。

塩田は現在47歳でもうすぐ五十路に手が届こうかという年齢ながら、パラエストラ八王子とdois国分寺の2つのジムで日夜指導中な他、自らの練習もこなしている。

昨年にはグラップリングイベント「QUINTET」にも出場し、久しぶりの試合で小柄な体躯ながら随所にギラリと光るテクニックを見せ、ベテラン健在をアピールしていた。

そして今回は2018年のIBJJFワールドマスター優勝以来の柔術マッチに出陣する。

対戦相手は現在調整中で、塩田は「相手を指名できるならぜひこの選手とやりたい」とたっての希望でのオファーという。

そんな塩田のインタビューを紹介する。

「47歳でも進化し続けられることを見せたい」

──まず最初に試合が決まったいまの気持ちから聞かせてください。

塩田:突然のオファーだったので一瞬ためらいましたが、少し考えて試合させて頂くことにしました。日本で初めての配信マッチで戦えるのは光栄で、オファーされたことを嬉しく思います。また試合をすることもワクワクしています。

──前回の試合はクインテットでグラップリングでした。その試合の感想はどうでしたか?

塩田:クインテットでは、出花(宗太郎)選手に負けてしまい、活躍はできませんでしたが、アマチュアクインテットでは平尾悠人選手(X-TREME柔術アカデミー)や鈴木和宏選手(トライフォース)など、トップ選手たちとも試合してるので実戦経験的にはいい感じだと思ってます。

──グラップリングと柔術ではどちらが好きというか試合しやすいでしょうか?

塩田:ギありもノーギも、どちらも好きで甲乙つけがたいですが、柔術がバックボーンという自負は常に持っています。

──過去にはMMAでも試合していました。MMA時代の思い出の試合などありますか?

塩田:オーストラリアのケージでやったダニエル・リマ戦(WARRIORS REALM 9 / 2007年5月)が一番思い出深いです。海外で試合したことや、海外ならではの異国感やたくさんの観客で盛り上がった雰囲気の中での試合は最高でした。試合は判定負けでしたけど…(苦笑)。


01



──柔術、グラップリング、MMA、それぞれの試合前の違いなどありますか?

塩田:やはりMMAは打撃があることで試合に対する恐怖が強く、柔術は負けることに対する緊張が強いと思います。そこはやはりジムの代表でもあるので…。MMAはスピーチ前の緊張、柔術は試験前の緊張と例えるとわかりやすいかもしれません。柔術とグラップリングは特に違和感はないと思ってます。

──いまコロナ禍で社会的な変化が求められています。ジムのことなどで変わったことはありますか?

塩田:自粛期間中はジムを休館してましたが、現在は「with コロナ」を意識し、やれる対策をしっかりと考えてて取り入れています。そしてYouTubeも始めたり、新しい時代の流れに乗り遅れずに、またYouTubeだけでなく今後はオンラインでのレッスンや発信にも力を入れていく予定です。

──今大会は配信オンリーの大会です。配信大会の印象はどうでしょうか?

塩田:もう海外では当たり前になっている配信=オンラインストリーミングというシステムが日本でも始まることや積極的に活用されるのは、非常にプラスだと思ってます。リアルタイムで沢山の人に試合を見て頂けるチャンスでもあるので自分自身もすごく楽しみです。

──今回はIBJJFやレギュラートーナメントとは違うルールセットとなっています。それに対し考えていることなどありますか?

塩田:本戦はサブオンリーなので、いける場面では積極的に極めを狙えればと思ってます。延長戦になる前に決着を付けられるよう、アグレッシブに攻めていきたいですね。

──今大会のメインはイゴールとハイサムの試合がラインナップされてます。イゴールはパラエストラ八王子でも指導中です。

塩田:イゴールは八王子で指導をお願いしてるのですが、非常に頭が良く、また素晴らしい好青年です。そしてまだ二十歳という若さもあり、誰からも愛されるキャラなので、今大会でいい試合をすればより有名になると思っています。イゴールと同じ大会に出れるのは嬉しいですね。自分の試合をしっかりと勝ってメインのイゴールに繋げたいと思ってます。勝敗予想?イゴールが完勝すると思います!


02



──今回の試合、やりたいこと、狙ってることはありますか?

塩田:いまオファーしてる相手が受諾してくれるならば、勝負論も出てくると思います。まずは勝利を第一に最優先で考えて、また極めるチャンスがあれば一本を取りにいきたいです。

──対戦相手はオファー中とのことですが、その意中の相手に伝えたいことありますか?

塩田:終わった後に笑顔で話せるように、しっかりと勝負したい相手です!対戦相手が正式に決まれば、その思いもいろいろ話したいですね(笑)。

──では最後に試合の意気込みをお願いします。

塩田:今回はレジェンド枠という形になりますが、47歳でもまだまだ進化し続けられることを見て頂ければと思います。試合まできっちり仕上げてみんなに見て頂くのに恥ずかしくないコンディションを作って試合に挑みます。


03
塩田"GOZO"歩(パラエストラ八王子)
IBJJFワールドマスター2018優勝
クインテット出場
MMA戦績 9勝8敗



KIT01_main_04
KINYABOYZ presents
「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01 〜CLASH OF TITANS〜」

■日時:10/11(日)/15:00 開始予定
■会場:都内某所 ※無観客で有料配信のみ
■配信方法
サブスクリプションサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB(KBJJC)」のメンバー限定Facebookページにて生配信。
KBJJCに参加して頂くと無料で視聴できます。(その他の配信方法も調整中で後日発表予定)
今大会の最新情報や出場選手のオファー状況などは随時KBJJC内でお知らせし、情報共有していますので、一般発表前にイチ早く大会情報などを知ることが可能となってます。
またKBJJC参加中は大会のアーカイブ視聴も可能です。
サブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」の詳細はコチラから!
■ルール
本戦・サブオンリー
延長戦(本戦の半分の試合時間)はゴールデンスコア
※時間切れはレフリー判定
※外掛け&ヒールフック、スラムなし

■試合時間
黒帯8分
茶帯7分
紫帯6分
青帯5分
キッズ3分

【決定済み対戦カード】
KIT_01_haisam_igor
【黒帯無差別級】
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
イゴール・タナベ(IGLOO BJJ)




KIT_03_riki_hiago
【茶帯ルースター級】
吉永力(トライフォース)
vs
イヤゴ・ウエノ(TREE BJJ)




03
【女子茶帯ライトフェザー級】
ミレーナ・サクモト(TREE BJJ)
vs
石黒遥希(CARPE DIEM)




KIT_04_hiryu_ide
【茶帯ライトフェザー級】
丹羽飛龍(AOJ)
vs
井手智朗(X-TREME柔術アカデミー)



その他、全8試合程度を予定



■出場予定選手
mu
村田良蔵(OVER LIMIT BJJ)
※SJJIFワールド 2018&2019優勝



gozo
塩田"GOZO"歩(パラエストラ八王子)
※ワールドマスター2018優勝



【KIT01】AOJ特待生の丹羽飛龍、凱旋試合はリベンジマッチに! モダンvs高専柔道の図式も

【KIT 01】黒帯デビューのイゴール・タナベ「柔術を始めてから黒帯で試合することを目標にしていた」

【配信大会】KIT01:女子の技巧派対決は名勝負数え歌に?!

【ブラジルブログ】KIT01:茶帯軽量級トップ対決が決定!

【ブラジルブログ】リダ・ハイサムvsイゴール・タナベ、決定! 「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」

【MMAPLANET】KITで吉永力✖イアゴ・ウエノ戦が決定。茶帯ルースター級の出世争い、始まる?!

【ゴング格闘技】吉永力vs.イヤゴ・ウエノ、国内屈指の軽量級茶帯柔術家がノーポイント&サブオンリーで激突

【MMAPLANET】橋本欽也&KINYABOYZが無観客&配信の柔術大会開催!! そしてハイサム✖イゴール、実現へ

【ゴング格闘技】リダ・ハイサムvs.イゴール・タナベ!=10月11日(日)無観客&生配信「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」開催




13
【Today's Pick up】
BLACK BULL「Comp Limited」

ブルテリアの別ライン、BLACK BULLの選手モデル。
軽量&丈夫で試合に練習に最適です!
■詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear



KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



ダウンロード
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年08月17日

【KIT 01】黒帯デビューのイゴール・タナベ「柔術を始めてから黒帯で試合することを目標にしていた」

IMG_5570x
10/11(日)、都内某所で開催されるKINYABOYZ JIU JITSU CLUB主催の有料配信大会「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKTO 01」のメインイベントでリダ・ハイサムと対戦するイゴール・タナベ。

イゴールは幼少期から自らの希望で柔術を始め、キッズ時代から積極的に試合に出て数々の戦績を残し、アダルトになってからはヨーロピアンやパン、ムンジアルなどIBJJFのメジャートーナメントで優勝するという快挙を成し遂げている。

そして今春、念願の黒帯を取得し、それから半年が経過した後の今大会で遂に黒帯デビューを果たす。


1
キッズ時代から試合に出ていたイゴール。
柔術は父親がやっていた影響で自ら望んで始めたとのことだ。



18
青帯になったイゴールはジュブナイル時代からアダルトのカテゴリーで試合をして数々のタイトルを獲得。
この頃から将来の世界王者候補として注目されていた。



1
2018年はイゴールにとって飛躍の年でムンジアルで優勝、ヨーロピアンは準優勝、パンでも3位入賞している。
これ以降は世界的に名の売れた選手として快進撃が始まっていったのだ。
■ヨーロピアン準優勝時のインタビューはコチラから!



ig2018
■ムンジアル優勝時のインタビュー動画はコチラから!



08
昨年のムンジアルでは茶帯で3位入賞を果たす。
イゴールはジュブナイル青帯、紫帯、茶帯のすべてでムンジアルのメダルを獲得するという快挙を成し遂げた。



00
そして今年3月、満を持して黒帯昇格となったイゴール。
そのイゴールの黒帯デビュー戦が今大会となる。
■イゴール黒帯昇格のニュースはコチラから!




その対戦相手が国内トップのリダ・ハイサムだ。

ハイサムはすでに黒帯として国内のみならず海外でも活躍中で、アブダビワールドプロやスーパーファイトなどで好成績を残してきた。

そんなハイサムを相手に黒帯初試合を迎えるイゴールに試合の意気込みなどを聞いた。

『柔術を始めてから黒帯で試合することを目標にしていた』

──10/11のKITにてリダ・ハイサム戦が決まりました、今の気持ちから教えてください。

イゴール:正直なところ、試合が決まったのはすごく嬉しいんですけど、ハイサムとは仲がよくて過去にいろいろお世話になったことがあったので複雑な気持ちもあります。友達と試合しなければならないというのが悲しいですが、この試合は日本のみなさんが凄く見たい対戦だと思うので、選手としてはやらないといけない試合ですね。やっぱりこの試合に勝てば自分の柔術のキャリアにとって大きな一歩になるので、楽しみではあります。

──ハイサムの印象はどうでしょうか?

イゴール:前に何回も一緒に練習したことがあって、ハイサムは身長が大きくて強くてテクニックも一流なので、しかももつれ合ったときの反応もいいので、そこが強みだと思います。

──これが黒帯になってから初めての柔術の試合ですが、それについてはどう思いますか?

イゴール:柔術をやり始めてから黒帯で試合するということを目標にしていて、この瞬間を待ち望んできたことなので緊張もしてますが、楽しみしかないですね。

──いまは地元の三重県から東京に移住してきてますが、なにか変わったことはありますか?

イゴール:東京に出てきてからしばらく経ちますが、目標である柔術の仕事だけで家族を養っていくということはまだできてないのですが、三重にいた頃よりは柔術での収入はあるし、斎藤さん(IGLOOオーナー)にもたくさんお世話になってて、いい方向には進んでます。でもまだ荷揚げの仕事をしてるのが現状です。でも今回のような大きな試合で活躍して、それが柔術の仕事の収入に繋がればいいなと思って頑張ってます。

──東京移住に伴い、練習はIGLOOで行っています。そのIGLOOでの練習はどんな感じなんでしょうか?

イゴール:最高ですね。強い仲間に囲まれてるし、たまに来てくれる重量級の練習仲間、中村K太郎さんなどもいて、すごく助かります。でもまだ強い練習はやっていなくて。それは前の試合のために荷揚げの仕事を休んで練習を多めにやっていたんです。だからいまは荷揚げの仕事を優先してるのですが、また試合の前には荷揚げの仕事を少なめにして練習をたくさんやっていきます。

──柔術をやっていてよかったことはなんでしょうか?

イゴール:まず柔術やってない自分が想像できないですね。柔術をやっていたことでいろいろな経験ができたことはよかったです。例えば自分が世界大会で優勝したこととか、奥さんが世界大会で優勝したこととか、そういったことはよかったですね。

──イゴールは二十歳になる前、19歳で黒帯になりましたが、これは日本の柔術史の中でも最速での黒帯取得となります。

イゴール:黒帯を早く取っただけでなく、日本で初めて黒帯で世界を獲った人にもなりたいので、そこは気にしてないです。嬉しいんことなんですけど、そこに頼らずにいたいです。自分が凄いのはそこではなくて、日本で初めて黒帯でムンジアルを優勝した人になりたいです。それが僕の目標です。

──いまはコロナの影響で柔術の大会がないですが、それについてはどう思いますか?

イゴール:コロナが始まって緊急事態宣言が出て、しばらく試合がなかったときは正直ちょっと悲しかったですね。試合が大好きなので。僕はどちらかというとクラスで指導するより、試合をする選手としてやっていきたいんですが、選手は試合がないと活躍できないので、いま試合を開催してくれてる皆さんに感謝しています。自分に希望を与えてくれたので。また練習を頑張る理由ができたというか。

──試合のいいところは何ですか?

イゴール:自分の練習してきたことを試せることですね。そこが一番ですね。練習で頑張ったことを試合で試す、その場が試合だと思ってます。

──子供が生まれてから何か心境の変化などはありましたか?

イゴール:かなりモチベーションが上がりましたね。本当に心の中で接待に負けないという気持ちが出てきました。子供が柔術をやるかどうかはわかりませんが、僕も奥さんも柔術をやっているので、させたい気持ちはありますけど、無理矢理にはさせたくないです。自分の道は自分で選択して欲しいですね。

──これからの目標を教えてください。

イゴール:子供のときから夢にしているムンジアルを黒帯で勝つことと、柔術だけで家族を養っていくことですね。それが僕の夢ですね。

──最後にこの試合に賭ける意気込みをお願いします。

イゴール:試合を見て頂いた皆さんに勝ち負けよりも試合内容、ショーを見せたいので、よろしくお願いいたします!



IMG_5624x




KIT01_main_04
KINYABOYZ presents
「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01 〜CLASH OF TITANS〜」

■日時:10/11(日)/15:00 開始予定
■会場:都内某所 ※無観客で有料配信のみ
■配信方法
サブスクリプションサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB(KBJJC)」のメンバー限定Facebookページにて生配信。
KBJJCに参加して頂くと無料で視聴できます。(その他の配信方法も調整中で後日発表予定)
今大会の最新情報や出場選手のオファー状況などは随時KBJJC内でお知らせし、情報共有していますので、一般発表前にイチ早く大会情報などを知ることが可能となってます。
またKBJJC参加中は大会のアーカイブ視聴も可能です。
サブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」の詳細はコチラから!
■ルール
本戦・サブオンリー
延長戦(本戦の半分の試合時間)はゴールデンスコア
※時間切れはレフリー判定
※外掛け&ヒールフック、スラムなし

■試合時間
黒帯8分
茶帯7分
紫帯6分
青帯5分
キッズ3分

【決定済み対戦カード】
KIT_01_haisam_igor
【黒帯無差別級】
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
イゴール・タナベ(IGLOO BJJ)




KIT_03_riki_hiago
【茶帯ルースター級】
吉永力(トライフォース)
vs
イヤゴ・ウエノ(TREE BJJ)




03
【女子茶帯ライトフェザー級】
ミレーナ・サクモト(TREE BJJ)
vs
石黒遥希(CARPE DIEM)


その他、全8試合程度を予定



■出場予定選手
IMG_9627x
丹羽飛龍(AXIS横浜)
※IBJJFパン2019優勝



mu
村田良蔵(OVER LIMIT BJJ)
※SJJIFワールド 2018&2019優勝



【ブラジルブログ】KIT01:茶帯軽量級トップ対決が決定!

【ブラジルブログ】リダ・ハイサムvsイゴール・タナベ、決定! 「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」

【MMAPLANET】KITで吉永力✖イアゴ・ウエノ戦が決定。茶帯ルースター級の出世争い、始まる?!

【ゴング格闘技】吉永力vs.イヤゴ・ウエノ、国内屈指の軽量級茶帯柔術家がノーポイント&サブオンリーで激突

【MMAPLANET】橋本欽也&KINYABOYZが無観客&配信の柔術大会開催!! そしてハイサム✖イゴール、実現へ

【ゴング格闘技】リダ・ハイサムvs.イゴール・タナベ!=10月11日(日)無観客&生配信「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」開催




00
【Today's Pick up】
ブルテリア「ステンレスウォーターボトル」

夏に必須なウォーターボトルがブルテリアから新発売。
冷たい飲み物を持ち運べるのは便利です。
現在好評発売中。



02
500mlボトルの詳細&購入はコチラから!



04
1000mlボトルの詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear



KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



ダウンロード
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年08月15日

【動画】アサダ・トシオ、インタビュー動画・全4回で公開中

asa00
6月末、突如自らも創設メンバーだったImpacto Japan BJJを離脱し、大きな衝撃を与えたアサダ・トシオ。

Impacto Japan BJJを離脱した当初は新たなチーム名もなく、とりあえず離脱を優先した形だったが、現在は新チーム「CORE BJJ JAPAN」としてリスタートしている。

離脱した直後のインタビューは過去のブラジルブログで公開してるので、そちらをチェックして欲しい。


IMG_1907
【インタビュー】アサダ・トシオ「新しいことを始める時期がきたんだ」



続きを読む

2020年07月16日

【動画】柔術黒帯対談「写真家・井賀孝」

iga00
YouTubeに写真家の井賀孝さんとの対談動画をアップしました。

井賀さんは写真家&プロカメラマンにして柔術黒帯で、ブラジルへの渡航歴も多数あり、柔術の前にはルタリブレの練習経験もある生粋のグラップラーです。

そして90年代終盤のニューヨークで柔術に触れ、ブラジルでは修斗で活躍したペケーニョにルタの手ほどきを受け、日本ではトライフォースで黒帯を取得しています。

続きを読む

2020年07月04日

【インタビュー】アサダ・トシオ「新しいことを始める時期がきたんだ」

IMG_1907
6月下旬、SNSで突如Impacto Japan BJJからの離脱を発表したアサダトシオ。

この発表には誰しもが驚いたに違いない。

なぜなら、Impacto Japan BJJはこのアサダとヨースキのツートップで長く運営されていたからに他ならない。

Impacto Japan BJJは2011年にアサダとヨースキが中心となり、その他にバトレ・キハラ、ヒカルド・ヤスダ、ジャイミ・アキヤマの3人が加わり、5人でスタートした。

それから紆余曲折あり、チームに加入する者や離脱する者がいながらも現在は国内外に15もの支部を持つ一大アソシエーションを築いている。

来年にはチーム創設10周年を迎える予定だったが、ここにきてチーム創設メンバーの1人であるアサダトシオの離脱はまさに寝耳に水で、ヨースキやその他の支部長クラスの人間も事前に知らなかったという。

そこで急遽、愛知県は刈谷市にあるアサダのジムを訪ね、アサダにImpacto Japan BJJ離脱の真相を聞いた。

続きを読む

2020年05月15日

【インタビュー】風間敏臣「柔術家の選手としての未来が見えなかった」

00
柔術家からプロMMA選手へと転向した風間敏臣。

MMA転向に向け所属ジムも移籍し、心機一転再出発となった。

その風間はアマチュアの試合を経てついに念願のプロデビューを果たす。

試合は7/5に新木場コーストで開催されるパンクラスの大会でプレリミナリーマッチに出場、フェザー級5分3Rで櫻井裕康と対戦する。

プロデビュー戦が決まった風間にいまの心境などを聞いた。


続きを読む

2020年04月20日

【Jiu Jitsu NERD】ミヤオ兄弟の世界初のインタビューをお蔵出し公開

A9476_I1
Jiu Jitsu NERDに掲載された過去のインタビュー記事を特別公開するこの企画。

前回はクロン・グレイシーのインタビューをお蔵出し公開し好評だったが、今回はまだ色帯時代のミヤオ兄弟のインタビューをお届けしたい。

当時のミヤオ兄弟はまだ英語もできずにコミュニケーション障害丸出しで非常にやりづらかったが、それまでに何度か顔を合わせていたためになんとか話ができてインタビューが実現した。

2013年のアブダビ・ワールドプロの大会後に行ったこのインタビューは世界初のミヤオ兄弟のインタビュー記事と言われており、当時はそれなりに話題になったものである。

すでに完売しているJiu Jitsu NERDの創刊準備号 Vol.0の表紙を飾り、しかも巻頭インタビューでもあったミヤオ兄弟のインタビュー記事から一部を抜粋してお蔵出し公開する。


00
2013年のアブダビワールドプロの大会後のホテルでインタビューが実現。
Vol.0に掲載されたインタビュー記事の一部を抜粋して再掲する。




「いまや柔術シーンで世界中のアイドル的な存在なのがパウロとジョアオのミヤオ兄弟だ。
童顔の双子にトレードマークの眼鏡、さらにパウロは前歯が欠けておりキャラは抜群。

とても強そうには見えないのに試合ではベリンボロの連発で一本勝ちの山を築く。

そんなギャップが面白いミヤオ兄弟の世界初のインタビュー!」


続きを読む

2020年04月03日

【Jiu Jitsu NERD】クロン・グレイシー:MMAでチャンピオンになってからギのチャンピオンを目指すのも悪くない

k
2013年の春に創刊し合計11冊を刊行した後に現在は休刊中の柔術専門誌「Jiu Jitsu NERD」。

これから不定期でJiu Jitsu NERDに掲載したインタビューなどを公開していきたい。

記念すべき第1回目はクロン・グレイシーのインタビューだ。

このインタビューは2014年に発売したVol.4に掲載したもので、もちろんNERDのみでしか読めなかった貴重なもの。

ムンジアルの大会後に自身のジムのバックヤードで本誌インタビューに応じたクロン。

すでに5年前のインタビューではあるが、ムンジアルの感想やMMAデビュー前の心境など、当時のクロンのことが知れるだろう。


続きを読む

2020年01月10日

【インタビュー】後藤拓磨:先輩黒帯の胸を借りるつもりでぶつかっていきたい

R0002264
毎年元旦にパラエストラ小岩で行われている元旦練習に参加した後藤拓磨(草柔会仙台)。

後藤は毎年年末に開催されるCDJ=カウントダウンジャパンという年越しライブに参戦しており、今年はそのカウントダウンライブ終わりに仮眠をして元旦練習に参加したとのこと。

この元旦練習では自ら積極的に声をかけ精力的に数多くのスパーを行い、得意技である三角絞めをバシバシ極めまくっていた。

そんな後藤に昨年の総括から今年の抱負などを聞いた。


続きを読む

2019年12月15日

【インタビュー】マリアナスプロジャパン参戦のヨースキ・ストー

00
12/15(日)、千葉・浦安の船橋市総合体育館で開催される「マリアナスプロジャパン2019」に参戦するヨースキ・ストーのインタビューを紹介する。

ヨースキはアダルト黒帯にエントリーし、ヘビー&オープンで荒井勇二とリダ・ハイサムとの巴戦に挑む。

いまヨースキはIBJJFの2019/2020シーズンの黒帯ランキング・マスター2で1位になっており、先日のIBJJFソウルインターナショナルでも階級&無差別でWゴールドを獲得し、選手としてノリに載っている状態だ。

だが今大会ではアダルトでのエントリーということで来年には40歳になるヨースキの苦戦は想像に難くないところ。

その真意と意気込みなどを聞いた。


──ヨースキ、IBJJFソウルインターナショナルでのWゴールドおめでとうございます。

ヨースキ:ありがとう。直前まで行くかどうか迷ったけど行ってよかったよ。ミドルとオープンで優勝したので、そのポイントが入って現時点では1位になったよ。このまま最後まで1位で終わりたいね。

──でもそのためには日本だけでなく海外の大会にも出なくてはいけないし、お金もかかってしまいますね。

ヨースキ:そうだね(苦笑)。本当にお金のことは大変ですから、いろいろ節約してるし、大会ではレフェリーの仕事もするし、他にもセミナーなどをやって助けてもらってます。でも1位になればもっとセミナーの仕事も増えるだろうから、頑張りたいです。

──今回のマリアナスプロジャパンではマスターではなくアダルトにエントリーしています。

ヨースキ:自分がエントリーしたときはアライしかいなくて、一人しかいなかったから試合組めなくなったら可哀想と思ってエントリーしました。マスターにはチームメイトのクレイトンもいたしね。そしたら、最後にハイサムがエントリーしてきたんだよ。

──ハイサムのエントリーがあってマスターに移動を希望したそうですね。

ヨースキ:そう、もう自分が移動してもアダルトで試合が組めるから移動してもいいいかな、と思って。でもいろいろ説得されて結局はアダルトに留まることにしたんだ。もちろんマスターよりアダルトの方が厳しい戦いになると思うけど、ハイサムとは試合したことないし、茶の楽しみな部分もある。まあチャレンジだと思ってベストを尽くします。

──ハイサムにはどんな印象がありますか?

ヨースキ:デカいよね。でも大きいけど動きも早い。だから試合ではあの動きに対抗しないといけないね。でもいつもオープンクラスの試合にも出てるから、大きい相手との試合でも大丈夫。ちゃんと作戦を立てていくよ。

──マスター2なのにアダルトにエントリーするのは勇気がいることと思います。

ヨースキ:マリアナスのプロモーターのスティーブ・シミズにも同じことを言われたよ(笑)。マスターの選手でもアダルトでこれだけのことができるんだ!というところを見せたいね。そして大会で勝ってグアムに行きたいです。




大会に先立って金曜日に上京してきたヨースキはミューズ柔術アカデミーにてセミナーを行った。

セミナーのテーマはXガードで、ヨースキが実際に試合で使っているテクニックを中心に多数のテクニックを披露。

当初は2時間の予定だったが、それを大幅に上回る3時間弱ものロングバージョンとなり、参加者はやや疲労気味。

だがヨースキ自身はまだまだ元気で、セミナー後にもマットの端で質問に答えるサービスぶりで参加者にとっては大満足のセミナーになったことだろう。


01
セミナーのテーマはXガード。
Xガードへのセットアップから、そこからの展開を多数披露。



02
2時間の予定を大幅にオーバーし、セミナーが終わったのは23:00ちょい前。
まさかの3時間セミナーの大ボリュームとなった。



03
金曜日はミューズ柔術アカデミー、土曜日はImpacto Japan BJJの群馬支部でセミナーを行い、日曜日はマリアナスの試合に挑むヨースキ。
アダルトでどこまで結果を残せるか?!に注目だ。



mari
「マリアナスプロジャパン2019」
■大会ライブストリーミングはコチラから!




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月14日

【Dropkick】秋田で何が起きた? QUINTETエキシビジョンマッチ騒動

dk
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルでQUINTETについてインタビューして頂きました。

このインタビューは11月30日、秋田で開催されたQUINTETの中で行われたQUINTETのアイアンマンマッチでの試合について主に話しています。

賛否両論あったこの形式での試合はいろんな意味で大きな話題となったのは記憶に新しいところです。

続きを読む

2019年10月17日

【選手】後藤琢磨、黒帯昇格!

g1
東北を代表する柔術家である後藤琢磨(仙台草柔会)が満を持して黒帯昇格を果たした。

宮城県・仙台市在住ながら頻繁に東京に遠征し試合出場している後藤は近年は戦績が伴わないことが多かったが、地元・仙台の大会で優勝し、ついに黒帯を許された。

その後藤の黒帯昇格記念のインタビューを行った。


続きを読む

2019年09月13日

【インタビュー】日本柔術界の最高傑作!ホベルト・サトシ・ソウザは何が凄いのか?

dk3
プロレス&格闘技情報マガジン「ドロップキックチャンネル」にてサトシ・ソウザについてのインタビューを掲載してもらっています。

これはいまMMAのRIZINで活躍中のサトシ・ソウザの柔術での凄さとそのパーソナリティについてみなさんに知ってもらおうということで企画されました。

柔術界では知らない人はいないと思われるサトシ・ソウザも、MMAの世界、こと国内の戦績のみではまだ期待のニューカマー的な存在で新人の域を出ていないと言っていいでしょう。

それだけにサトシのプロフィール紹介的なインタビュー企画で、過去の実績から兄弟のこと、サトシのどこが凄いのか?などを話しています。

このサイトでは過去にもクロン・グレイシーのMMAデビュー時にも同様なインタビューを掲載して頂き、それが好評だったようなので今回の企画に繋がりました。

奇しくも昨日、RIZINの記者会見でサトシのライト級GP出場とマルキーニョスのRIZINデビュー戦であるvs中村K太郎戦が発表されました。

ちょうどいいタイミングでこのインタビューがアップされたので、今回もたくさんの方に読んでもらえたらと思います。


sa
サトシ・ソウザはRIZIN3戦目でライト級GPに出陣!
来月の大阪大会で8人トーナメントの1回戦に挑みます。



ma
サトシ・ソウザの兄、ヨシオ・ソウザは満を持してRIZINデビューを果たします。
そのデビュー戦の相手は中村K太郎!かなりの強敵です。



bb
「日本柔術界の最高傑作!ホベルト・サトシ・ソウザは何が凄いのか?」はコチラから!



nn
「ドロップキックチャンネル」の過去記事は以下のリンクから!


■語ろうグレイシー!! ヒクソンの息子クロンのMMAデビューを10倍楽しむ方法

■MMAが一番格上なのか? 格闘技原理主義者対談?橋本欽也vs大沢ケンジ

■アナタはまだ知らない! 本当に恐ろしいグレイシー一族!!

■日本人柔術家が衝撃提言!? 「日本人格闘家はどんどんドーピングしたほうがいい!」



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年07月19日

【インタビュー】平田孝士朗「今年の夏は自分にとって成長の夏」

h0
7月から8月にかけてアブダビグランドスラムツアー東京大会、JBJJF全日本選手権、コパブルテリア、SJJJF関東選手権と4週連続でビッグトーナメントが連続開催される。

その4大会のすべてに参戦予定なのがCARPE DIEMの平田孝士朗だ。

続きを読む

2019年06月10日

【インタビュー】マルコ・フアス「ファイターとしての誇りは何よりも大事」

00
80年代にブラジリアン柔術のライバルとして隆盛を誇っていたルタリブレ。

いまはすっかり廃れてしまった感があるが、そのルタリブレが誇る2大エースとして名を馳せていたのがウゴ・デゥアルチとこのマルコ・フアスだ。

マルコは"路上の王"の異名を持ち、全盛期にはかのヒクソン・グレイシーが対戦を避けていたとの話もまことしやかにささやかれるほどの実力者だった。

続きを読む

2019年06月07日

【大会】「COPA Las Conchas GIFU」に出場する吉永姉妹

00
6/16(日)、岐阜県岐阜市の岐阜メモリアルセンターで開催されるLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2019 GIFU」。

この大会は本日、6/6が最終締め切り日となっています。

■エンントリーリスト&参加申し込みはコチラから!

続きを読む

2019年05月12日

【インタビュー】山中健也:自分の見聞が広がるのを感じます

00
いまアメリカのシャーロットにあるルーカス・レプリのジムで約2か月に渡る長期滞在の出稽古を行っている山中健也(クラブバーバリアン)。

山中は色帯時代から海外のジムに出稽古をしており、このレプリのジムは2回目の出稽古とのこと。

その山中にレプリのジムでの練習のことなどを聞いた。


続きを読む

2019年04月04日

【インタビュー】丹羽飛龍:この金メダルは兄と2人で取ったもの

IMG_9627x
パン選手権2019のアダルト紫帯ルースターで優勝した丹羽飛龍。

丹羽飛龍は兄・怜音と2人だけで遠征し、兄は惜しくも2回戦敗退となったが弟の飛龍は5試合を戦い抜いての戴冠だった。

そして父も柔術黒帯でAXIS横浜の指導者として辣腕をふるっている柔術ファミリーで、この優勝は家族のサポートがあってこそのことだっただろう。

そんな丹羽ファミリーの飛龍のインタビューをお届けする。

続きを読む

2019年03月22日

【インタビュー】乗次秀彦「すべてはムンジアルで勝つためのステップ」

x
カリフォルニア州・ロサンゼルスのアーヴァインで今日から開幕するIBJJF主催「パン選手権2019」。

大会初日はアダルトの青帯と紫帯が開催され、そこに出場するのが乗次秀彦だ。

乗次は九州の宮崎在住ながら日本全国を飛び回って精力的に試合をこなしており、昨年はJBJJFの紫帯ランキング1位を獲得しており、先月は沖縄で開催されたCOPA Las Conchas沖縄大会で、そして今月もJBJJF大阪国際でそれぞれWゴールドを達成している。

その乗次に今大会に賭ける意気込みを聞いた。


続きを読む

2019年02月21日

【インタビュー】アマチュアクインテットで4人抜きの中学生・池本美憂

01
2/10(日)、九州・福岡のかすやドームで開催された「Amateur QUINTET Kyushu2019」で1試合だけ行われた女子マッチで大きな話題となった選手がいる。

それが今回紹介する池本美憂だ。

池本はTATORUチームの一番手として出場すると、対戦チームの5人のうち4選手から一本勝ちし、最後の試合も引き分けで負けなしで5試合を戦ったのだ。

まだ中学生の14歳という池本はその若さと勢いを武器にあれよあれよという間にオトナ相手に勝ち進んでいったのだから大したもの。

将来有望な女子選手である池本のインタビューをお送りする。


続きを読む

2019年01月10日

【選手】韓国トップ黒帯、ジャン・インソン・インタビュー

00
いまアジアの中でも急激に柔術が広がっている韓国。

その韓国の中でトップ黒帯の一人として名が知られているのが今回紹介するジャン・インソンです。

ジャン・インソンは日本でも有名なチョイ・ワンチョイの一番弟子で、昨年黒帯になったばかりの選手。

色帯時代から韓国のみならず海外大会にも積極的に参戦し、茶帯時代にIBJJFアジアで準優勝、また紫帯時代にはフィリピンの大会で優勝するなど、国内外で多くの実績を残しています。

続きを読む

2018年12月23日

【ニュース】イゴール・タナベ、茶帯昇格!

1
いまサンディエゴのナインナインJJで柔術修行中のイゴール・タナベが茶帯に昇格しました。

イゴールは昨年のムンジアルの後に紫帯に昇格し、今年は日本初のムンジアルとワールドノーギを同時優勝するという快挙を成し遂げました。

7月に一時帰国した際はグランドスラム東京、JBJJF全日本、コパブルテリア、IBJJFアジアの4冠を達成し、国内外で幅広く活躍したのは記憶に新しいところでしょう。

続きを読む

2018年11月17日

【インタビュー】ジェザ・カーン:カンボジアの柔術シーンはまだ始まったばかり

01
今夏、インドネシアのジャカルタで開催された「アジアンゲームズ2018」で優勝したジェザ・カーン。

ジェサはAOJ所属の青帯だが、アジアンゲームズにはカンボジア代表として出場していた。

カンボジアとメキシコのハーフでロサンゼルス・コスタメサ在住のジェサはまだジュブナイルの年齢だがアダルトでも活躍中で、数多くの好成績を残している。

続きを読む

2018年11月16日

【インタビュー】コブリンヤ:ハードワークとマインドセットが重要だ

1
今日と明日の2日間、CARPE DIEM広尾にてセミナーを行う"コブリンヤ"ことフーベンス・シャーレス。

コブリンヤはテクニックはもちろん、指導の合間に話す講義というか訓示的な言葉も印象的で、ある意味テクニック以上に重要なワードがわびたび聞かれた。

そのコブリンヤにインタビューをお願いしたので紹介したい。


続きを読む

2018年11月13日

【インタビュー】グスタボ・オガワ:強くなってる手応えがある

00
いまLAのコスタメサにあるAOJにて柔術修行中のグスタボ・オガワ。

グスタボは小川柔術代表のアレッシャンドレ・オガワの長男だが、昨年よりたびたびAOJを訪れ練習している。

そのグスタボがSJJIFワールドで優勝し、試合後に話を聞いた。

続きを読む

2018年10月02日

【インタビュー】日本とタイのハーフ美女MMAファイター リカ"タイニードール"イシゲ

00
10/6(日)、タイのバンコクで開催されるONE CHAMPIONSHIPに出場するリカ・イシゲのインタビューをお送りする。

リカは日本とタイのハーフで、その美貌から"TINY DOLL"、日本語で"小さな人形"のニックネームで親しまれている。

続きを読む

2018年09月06日

【インタビュー】マイサ・バストス:柔術だけをやって生きていきたい

00
8/21(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーでセミナーを行ったマイサ・バストス(GFチーム)。

7月末のアブダビグランドスラム東京で初来日し、2試合を極めて優勝するとビザの都合で一時帰国し、8月中旬に再来日を果たした。

そしてINFIGHT JAPAN内の合宿施設で寝泊まりしながら練習しIBJJFアジアに出場予定となっている。

そんなマイサにインタビューを行った。

続きを読む

2018年08月27日

【ニュース】内山裕規、黒帯昇格!

00
かねてより当ブログでもレビューやレポートを執筆してくれている内山裕規さんが黒帯昇格しました。

内山さんは来月開催のIBJJFアジアに黒帯で出場予定です。

今回は内山さんの黒帯昇格記念インタビューを掲載します。

続きを読む