English Portugues Japanese

やんしい日記

2013年10月17日

【好評発売中】『GRACIE MAG #198』レビューby杉山しずか

image
こんにちは、好評発売中の「グレイシーマガジン #198」のレビューを杉山しずかがさせていただきます!

表紙はオタービオ・ソウザ!

特集はクローズドガードの秘密!ということで、楽しみな内容っぽいです!

オタービオ・ソウザ、かっこいいです。

今回の主な内容はこちら!

INTRO
 
今回のテイクダウンは背負い投げ!

釣り手引き手両方とも同じ方の道着をもった状態からの背負いです。

片側を両手持ちの方が相手の釣り手を嫌がられて投げにくい場合、通常の組み方より楽に投げることができます。

決まったら本当にかっこいい技ですよね。

TIPS

なんとこのコーナーでは、グレマガが多くのファイターたちのツイッターのつぶやきから50個をセレクト!

試合やメンタルで役立つつぶやきを載せてます。ホイラーやGSP、BJペンなど柔術家もUFCファイターも。私は海外の人たちのはほとんどフォローしてないので、なかなか面白く読めました!!!

COVER
 
2回の世界チャンピオン(ミドル級)であるオタービオ・ソウザが得意とするクローズドガードからのテクニックや打ち込みについて教えてくれています。

一つ目は両側の腕十字の打ち込み
二つ目はオモプラッタの打ち込み
三つ目は腕十字の決め方
四つ目はオモプラッタで相手を前にあおったところからのアンクルホールド
五つ目はオモプラッタの体勢から相手を固定したまま腕を極める方法
六つ目はクローズドから立った相手を草刈りしてヒザ十字
最後は腕十字を嫌がって腕を抜いた相手を三角絞め

といったレクチャーです!

要チェックですね。

そしてその他のコーナーではUFC,ベラトールの話題が続き、次はTRAINING PROGRAMです!

 
ということで、ハファエル・ドス・アンジョス(UFCライト級)によるデモンストレーションです。

_爾らジワジワタックルにくる相手に対するコムロックからの絞め
▲薀撻蕕鯱堂爾ら持ってハーフガードで抑えてくる相手のバックを奪取
ハーフからの潜りスイープ
ぅ蓮璽佞ら脇差しの手で相手をひっぺがすみたいにしてスイープ
ゥ轡奪肇ードにする過程で脇固めを決めながらスイープ

を、丁寧な写真で載せています!

というわけですが、年末に向け、柔術、グラップリングイベントも盛り上がります。

11月9,10日はカリフォルニアでJIU−JITSU EXPOが開催。著名選手たちが授賞式やセミナートーナメントが行われます。

また今週末の10月19&20日は北京でADCC!

男子も女子もアジア代表選手たちの活躍が楽しみです。

日本からの出場者は、安西信昌、関根秀樹、佐々木憂流迦、山田崇太郎、山本聖子、小澤幸康、中倉百合花の7選手です。

以上、今号のGRACIEMAG 198もぜひチェックしてみてくださいね!

0926b
【好評発売中】
『GRACIE MAG #198』
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】パブロ・シウバ、木部亮、加藤壮一郎



©Bull Terrier Fight Gear


2013年07月02日

【好評発売中】GRACIEMAG #195レビューby杉山しずか

sugi195
こんにちは!

いま発売中のグレイシーマガジンの#195、杉山しずかがレビューさせていただきます。

表紙はキーナン・コーネリアス!

今回キーナンは多くの技を披露してくれているのですが、それはまた後ほど!

主な内容はこちら!

<INTRO>  takedown of the month

今回のテイクダウンはreverse seoi nageです。

喧嘩四つからの背負い投げ!

危険な感じであまり好きじゃない技ですが、とても参考になります!

<COVER>  Deconstructing Keenan

表紙のキーナン・コーネリアス特集です!

2012年のヨーロピアンオープンから世間に知られるようになった若干21歳のアメリカ人のキーナン。

ライバルとされたミヤオ兄弟について、みんなに恐れられるそのガード、これからの自身の柔術について4ページに渡り語っています。

キーナンによる技術解説は以下の通り。

パスガード、変形的Xガードからのスイープ、レッグドラッグパスとエゼキエルチョークさらにヨーロピアンでのvsパウロ・ミヤオ戦で見せた逆サイドの脚を足の裏で踏んでのパスです。

写真にすると細かくてなるほど〜ですが、実際にこれらをやっている試合を見ると、何度巻き戻しても理解するのが難しいほど速いです。

それが技を決めるコツなのかもしれませんね!

<TRAINING PROGRAM> offensive open guard

こちらでは世界王者のレアンドロ・ロが4つのオープンガードからの攻めをいくつか紹介しています。

その他の内容としてはアブダビで行われたWPJJC2013のブシェシャとホドウフォの戦いを中心にこの大会のレポートが掲載されています。

今回も技術紹介が多かったグレマガ#195!

ぜひみなさんもチェックしてみてください!


195
【好評発売中】
『GRACIEMAG #195』
★詳細&購入はコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】ヒーガン・マチャド(47)、サウロ・ヒベイロ(39)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年05月17日

【グレイシーマガジン】#193レビューby杉山しずか

image2
現在発売中のグレイシーマガジン#193のレビューを杉山しずかが担当させていただきます。

今回の表紙はホブソン・モウラ。

[INTRO]
・ Knife hand
パン選手権2012でクロン・グレイシーがみせたようなGiチョークについて。

・ TAKEDOWN OF THE MONTH
再びです。テイクダウン特集(柔道)今回の技は、「小内狩り」!私も結構得意な技なので、多くの写真で説明してもらうと分かりやすくてうれしいです。

・ Will you go to ADCC?
日本で3月トライアルがあったADCCの本戦、北京大会を楽しむための気を付けること、したほうがいいことリスト!
「絶対元値では買わないこと、これ高すぎると言って少なくとも半額に値切ること!」
とかそんな感じの不思議な助言が並んでいます。

[PROFILE]
・ The Maia Method
UFCスター ダミアン・マイアにとっての柔術について

[TOP5]
・ Galvao's favorites
アンドレ・ガウヴァオンのテクニックについて
膝十字・オモプラッタ・バックからのキムラ・ハーフからのパス・ディープハーフからのスウィープ

[MMA]
・ The bra revolution
UFCで勝利したロンダ・ラウジーの経歴と得意のアームバーについて。

[COVER STORY]
・ Side attacks
ホブソン・モウラによるサイドからのアームバーやキムラ、ニーオンからのオモプラッタ、腕十字からのチョーク

他にも、サイドからのチョーク、三角絞め、技の紹介が目白押しです。

今回もテイクダウンから技からMMA,など幅広く楽しめるグレマガ、ぜひチェックしてみてください!!!!!!!



【好評発売中】
『グレイシーマガジン #193』
★詳細&購入はコチラから!




★過去のグレイシーマガジンのレビューはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】フランシスコ・イトゥラテ(28)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月03日

【好評発売中】GRACIE MAG #192レビューby杉山しずか


GRACIEMAG192レビュー!

今回は杉山しずかが担当させていただきます!

表紙はフランク・エドガーとヒカルドBig Dog瓮▲襯瓮ぅ澄△修靴謄悒鵐勝Ε哀譽ぅ掘次

今回の主な内容はこちら!

〈INTRO〉   
「Takedown of the month:KATAGURUMA」
ジミー・ペドロとtラビス・ステフェンスによる新しいグレマガのコーナーです。ふたりは柔道家でいままでグレマガのコーナーでこういった柔道の技でのテイクダウンを紹介することはあまり見ませんでしたが、今回から始まったようですね。二人による肩車でのテイクダウンの仕方が写真つきで紹介されています。

〈WHITE PAGE〉
「10tips for white belts」
ハーフガードの達人・ゴルドの実弟であるハファエル爛乾襯検璽縫膈瓮螢泙砲茲詛鯊咾篏蘓桓圓悗10のアドバイス

〈COMPETITION〉
「Jiu-Jitsu heats up European winter」
今回のヨーロピアンオープン、黒帯無差別の決勝だけでなくほかにも多くの試合がリスボンの会場を盛り上がらせました。特にテレレやミヤオ兄弟、そしてキーナン・コーネリアスの活躍などがカラー写真と共に9ページに渡って紹介されています!

〈INVESTIGATION〉
「The triangle enigma」
UFCの試合ではオーソドックスな柔術技である三角絞めで試合が決まることが少ない(2012年はたった3人だけが三角絞めを極めた)その謎について、柔術家でもあり総合格闘家でもあるファイターたちがその理由について答えています。

〈COVER STORY〉
「MMA lessons to turbo charge your Jiu-Jitsu」
ヒカルド・アルメイダが金網での戦いで学んだ技をGiでの技に合わせて9つのカテゴリーに分けて紹介しています。
MMAもやりたいし、柔術もやりたい、そんな私にこのコーナーはすごく興味深いです。テイクダウンからバックアタック、逆に、バックアタックされた状態からガードに戻す、打撃の距離からの潰し技やパウンドを意識した柔術、写真ページでわかりやすく載っています!

〈TRAINING FOR WARRIORS〉
おなじみマーティン・ルーニーさんのマッチョコーナー。今回は、体幹トレーニングです。片足腕立てや片手プランクなどをダンベルを使った腕立ての姿勢から6つ紹介してくれています。

ということで、今回のグレマガレビューはここまで!

ご紹介した以外にも面白いページもたくさんあるので、ぜひグレイシーマガジン#192、ご覧になってみてください!



【好評発売中】
『グレイシーマガジン #192』
★詳細&購入はコチラから!




★過去のグレイシーマガジンのレビューはコチラから!

★杉山しずか「やんしい日記」はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年02月06日

【新商品】GRACIE MAG#190レビューby杉山しずか


毎月恒例のグレイシーマガジンの第190号のレビュー、今回も杉山しずかが担当させていただきます!

表紙はビル・クーパーと爛侫薀鵐検璽縫祗瓩海肇劵ルド・ミラーの師弟コンビが飾っています。

今回の主な内容はこちら!

〈FACE TO FACE〉 
「The patriarch’s lessons」
柔術は神からのメッセージ・贈り物として説くカルロス・グレイシーたちの考えをまとめた記事。柔術は自分を知るツールでもあり、相手がだれであろうと技は使うことができる点などを77歳になったカルロスは今でこそ柔術は続けていないもののその神聖さを語っています。

〈INTRO〉
「The best of 2012」
ブシェシャが、モチベーション&トレーニングをとにかくチャンピオンになるために費やした2012年を振り返り語っています。2012年のムンジアルで黒帯無差別級を制したブシェシャとその試合でのコーチとのエピソードなどにも触れられています。

「The end and the new beginning」
19歳の黒帯女子柔術家、マッケンジー・ダーンによる記事。読み書きを覚えるより前から始めた柔術で、各色帯時代に何を学んだのかを振り返っています。16年の柔術人生を振り返り、2012年のムンジアル・茶帯を制して黒帯になったことについて、遂に黒帯に辿りついたにが、同時に新たなステージの始まりとしてこれからのことも語っています。

「Want to pass guard like DJ Jackson does? Eliminate hesitation!」
2012 No-Giミドル級チャンピオン、DJジャクソンのパスガードについてのインタビュー。初心者へのパスに強くなるパスゲームを紹介していたり、技術的にも興味深い記事!DJは多くのパスのやり方を知っていて、やることもできるけど、結局のところ、実際に使うのは3つくらいで難しい技や複雑なものでなくシンプルなものが一番実用的!とのことです。

〈WHITE PAGE〉
「Train with purpose」
JWライト(グレイシーウマイタ・セントルイス)による白帯や初心者への8つのアドバイス

〈COMPETITION〉
「Recompense」
IBJJ プロリーグは現金で$24,000もの報酬を選手たちに与え、試合の無料放送でファンたちを満足させました。2012年12月に行われたトーナメントで優勝した選手であるホベルト・トゥッサ、ホムロ・バハル、レアンドロ・ロ、カイオ・テハたちに各$5000ドルが贈られました。IBJJの今後の試みとこの試みの拡大、そして放送でもれた部分のレポートが書かれています。

〈COVER〉
「Mission armber」
今回の表紙、フランジーニャがビル・クーパーに腕十字を極められているんですが、この記事では柔術の技術の中で腕十字をガードポジションから極められることの大切さをフランジーニャが語っています。そしてビルによるクローズドガードからの5パターンの腕十字の入り方が紹介されています。また形に入った後の極め方も手の位置や足の締め方まで丁寧に解説しています。必見です!

〈UFC〉
「Takedowns, Jiu-Jitsu and a belt firmly fastened」
UFC154においてのGSPとカーロス・コンディットの戦いから学ぶことについてカイオ・テハやブラウリオ・エスティマがコメントしています。

〈TRAINING PROGRAM〉「マウントを取り、極める」
ガブリエルとハファエルのマランゴーニ兄弟によるマウントからの極めがわりやすい写真とともに4つ紹介されています。

〈TRAINING FOR WARRIORS〉
ベンチトレーニングのプレートを抱えてのトレーニングをUFCやPRIDE、ADCC、そしてオリンピック代表選手たちも指導するマーティン・ルーニー。いつもこのコーナーで自らトレーニングを紹介しているマッチョな方なんですが、今回のプレートトレーニング、いったい何キロを持ってやっているのか怖いくらいです。記事内では5キロくらいからはじめましょうと書いているのに自分は5〜6倍の重さで模範しています。非常に興味深いです。

ということで、今回のグレマガレビューはここまで!

ご紹介した以外にも面白いページもあるのでぜひグレイシーマガジン#190、ご覧になって見てください!



GRACIEMAG #190
詳細&購入はコチラから!

★過去のグレイシーマガジンのレビューはコチラから!

★杉山しずか「やんしい日記」はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年12月28日

杉山しずかの『やんしぃ日記 日本編〜海外柔術家出稽古編&富田里奈選手特集〜』

こんにちは、杉山しずかです。

約2ヶ月ぶりのやんしぃ日記は日本での柔術トレーニング日記第3弾!ということで、『やんしぃ日記 日本編〜海外柔術家出稽古編&富田里奈選手特集〜』をお送りします。

 水曜日は毎週12時から柔術スパーリングをリバーサルジムスタンドアウトでおこなっていますが、11月のその日は湯浅麗歌子選手からの連絡でわたしは、あるアメリカからの柔術家を駅まで迎えに行くことに!


Shawn Tamaribuchi 選手!
カリフォルニアでトレーニングする柔術茶帯で、写真家でもあり、
スマックガールでも活躍していたMMAファイターでもあります。


続きを読む

2012年10月31日

【新商品】GRACIE MAG#187レビューby杉山しずか


GRACIEMAG187レビュー!今回も杉山しずかが担当させていただきます!

表紙はKalvin Albrecht! 

今回の主な内容はこちら

続きを読む

2012年10月12日

杉山しずかの『やんしぃ日記 海外修行シリーズ 〜韓国編part.2〜』

こんにちは、今回のやんしぃ日記は前回に引き続き!

『やんしぃ日記 海外修行シリーズ 〜韓国編part.2〜』をお送りします。

韓国到着のその日ISAMI韓国店へ行ったものの店長のジェホさんにはお会いすることはできずだった前回のやんしぃ日記から今回はついにジェホさん登場です!

韓国での柔術トレーニングはジェホさんに紹介していただいたジョン・フランクル柔術チームへに決定!

ということでジョン・フランクル柔術チームの紹介です!

続きを読む

2012年10月04日

【新商品】GRACIE MAG#186レビューby杉山しずか


GRACIEMAG、#186レビュー!

今回も杉山しずかが担当させていただきます!

表紙はジョアオ・シウバ! 

ジョアオ・シウバが草原でオモプラッタをかけてる表紙はかなり斬新です!
 
ジョアオ・シウバのプロフィール

ジョアオ爛献腑鶚瓮轡Ε

1982年 リオデジャネイロ生まれ 

実父であるアロイジオ・シウバの元で3歳から柔術と柔道をはじめる。

17歳でアメリカに移住し、2003年に黒帯を取得。

今回の主な内容はこちら!

〈Face to face〉「指導者」
ジミー・ペドロがケイラ・ハリソンを幼少期のトラウマに打ち勝たせ、柔道オリンピック金メダリストに育てるのに使った格闘技哲学とは?

〈Intro>「オリンピックチャンピオンたちの頭の中」

プレッシャーを感じる場面で3大会で金メダルを獲得しているジャマイカのウサイン・ボルト選手がどう対処しているのか

「ラペル(襟)の効力」

ラペルチョークの解説

「腰の力学」

腰の怪我をもつ柔術家は多く、腰は体のほかの箇所とも複雑につながっている。怪我の種類を3つに分けて解説。

〈COVER〉「オモプラータ」

オモプラータのバリエーションとディフェンスを解説

〈SPECIAL〉「ホイスからわたしたちが学んだこと」

〈UFC〉「前進 〜ベンヘンダーソンvsフランキーエドガー〜」
「リョートマチダの戦い」

〈INTERVIEW〉「Rampage Jackson」

〈PROFILE〉 「近くて、遠い アンデンソン・シウバ」

〈TRAINING PROGRAM〉Hip movement ドリル

〈TRAINING FOR WORRIORS〉メディシンボールを使った腹筋強化

〈SPECIAL REPORT〉メンデスブラザースが2012年7月1日に
『The Art of JiuJitsu Academy』をオープン(カリフォルニア)

今回は〈COVER〉で紹介されているオモプラータが目玉!

いろいろなバリエーションが紹介されていますし、GiだけでなくNOGIでも使えることも解説されています!

ディフェンスもいくつも紹介されていますから、ぜひぜひ参考にしてみてください!



■好評発売中■
『GRACIE MAG#186』
★詳細&購入はコチラから!

★過去のグレイシーマガジンのレビューはコチラから!

★杉山しずか「やんしい日記」はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear


2012年09月19日

杉山しずかの『やんしぃ日記 海外修行シリーズ 〜韓国編part.1〜』

こんにちは、今回のやんしぃ日記は日本での柔術トレーニング日記第3弾!ということですが、今回は特別編!夏休み、韓国へ練習に行ってきました!

『やんしぃ日記 海外修行シリーズ 〜韓国編part.1〜』をお送りします。

柔術家の方々のなかにはいろいろな土地を訪れるときはGIをもってその土地の道場で柔術を楽しむといった旅をなさることも多いのではないでしょうか? 

日本通のわたしの先生JUGGS(フルメタル柔術/オーストラリア)も「どこへ行くにも柔術衣なしで出かけることは無いよ」と言っているほどでした。

と、いうことで着を持って韓国到着!



金浦空港に到着!



続きを読む

2012年08月30日

杉山しずかの『やんしぃ日記 日本編 Part.2〜JEWELS、柔術、試合編』

こんにちは、杉山しずかです。

今回のやんしぃ日記は日本での柔術トレーニング日記第2弾!ということで、『やんしぃ日記 日本編part.2〜JEWELS、柔術、試合編〜』をお送りします。

柔術を日本でトレーニングし始めて、感じたことは柔術をやっているひとの競技人口の多さです。

もちろん、日本にはたくさんの柔術家がいることはわかってはいましたが、総合格闘技の世界よりもやはり親しみやすいのかなと感じます。
 
そんな柔術界にすこーしだけ足を踏み入れました杉山は、7月は21日に行われました女子総合格闘技イベント「JEWELS」で久しぶりの試合をしてきました。

約2年ぶりというこの総合の試合では数回スイープを決めることができたらしく(必死だったのであまり覚えありません)柔術orグラップリング重視の練習が活かせたということでした。



約2年ぶりの国内総合の試合は寝技テクを発揮し判定勝利でした!



続きを読む

2012年07月19日

【新商品】GRACIE MAG#184レビューby杉山しずか


こんにちは、杉山しずかです。

今回もグレイシーマガジンレビューを担当させていただきます。

表紙はマーカス・ブシェシャ!

今回のグレマガはほとんど2012年世界大会特集!!

今回の主な内容は、以下の通りです。

〈Face to face〉ブシェシャ 22歳のビーストの変身

〈Intro〉跳び十字ガイド(シャンジ・ヒベイロ)
    なぜ首を冷やすのか知ろう!
    9つの勝つ秘訣(紫帯・キーナン・コーネリアス)

〈White Page〉子供の部で勝つためには

〈Cover Story〉世界が沸いた瞬間
       2012世界大会各階級特集
        
〈MMA〉ヒカルド・アルメイダ(元UFCファイター)の近況

〈PROFILE〉災難にも打ち勝つために(WECチャンピオンVarner)

〈Profile〉カーリー・グレイシーの息子、クラークの柔術キャリア

〈TRAINING PROGRAM〉チャンピオンの武器
          ミッシェル・ニコリニが2012世界大会で使った4つのテクニック
・ Xガードからのアキレス
・ オモプラッタ
・ コムロックからの三角
・ フックガードからのスウィープ

〈TRANING FOR WORRIORS〉押す、引くのトレーニング

〈GMA ARENA〉2012世界大会 選手と選手をサポートする一流選手たち

〈ANTHOLOGY〉不変のもの(2005ADCC マルセロ・ガルシア)

その中から今回はCover Storyからの2012世界大会での戦いについてのブシェシャとホドウフォ・ヴィレイラ、レオ・ノゲイラの言葉をピックアップ。

「諦める前に僕は今までマットの上で得てきたこと思い浮かべる。そうすることでたとえ負けたとしても満足できる」

「10分間の中で勝つことだけを考え、それ以外の感情を抑える」byブシェシャ

「テイクダウンされたとき(ブシェシャによって)、それがテイクダウンの2ポイントだったとしてもわたしはアドバンテージポイントに向かい続けてる」byホドウフォ・ヴィレイラ

「今までトレーニングしてきのはこの結果だけを期待していたんだ」byレオ・ノゲイラ


なんかみんなかっこいいですね!

このCover Storyでは17ページに渡って躍動感ある世界大会のチャンピオンたちの様子が載っています!

ぜひチェックしてみてくださいね!




【発売中】
GRACIE MAG#184
★購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ハウル・モントルフォ、ダニエル・チャールズ



©Bull Terrier Fight Gear


2012年07月18日

杉山しずかの『やんしぃ日記 日本編 Part.1 〜日本でのトレーニング開始編〜』

こんにちは、オーストラリアから帰国してもう3か月が経過しました。

ということで、今回からのやんしぃ日記は日本でのわたしの柔術奮闘記ということで、オーストラリア編から日本編へ!

日本編第一弾は『やんしぃ日記 日本編 Part.1 〜日本でのトレーニング開始編〜』をお送りさせていただきます!

帰国後すぐに国際大会を控えている湯浅麗歌子選手や茂木康子選手らと柔術のスパーリング。

渡豪前、特にグラップリングや柔術を指導あおぐことなく感覚でやっていた私を知っている彼女らはスパー中もスパー後も、「しぃやん変わったね!締まったし綺麗な柔術をしてる!」と。

自分でもスパーしていてもわかる技が多くなっていたし、フィジカルトレーニングのせいでかなり力もついたようで動きたいように動けたようにも感じていました。 



柔術大会観戦もしました!



続きを読む

2012年05月14日

【新商品】GRACIE MAG#181レビューby杉山しずか


こんにちは、杉山しずかです。

毎度恒例GRACIEMAGレビュー、レギュラーレビュアーとなった杉山しずかが今回も担当させていただきます。

表紙は謎の紫帯柔術家!

すみません、状況がわかりませんが、かっこいいです。

今回の主な内容は以下の通りです。

続きを読む

2012年05月06日

【新商品】GRACIE MAG#180レビューby杉山しずか


今回のGRACIEMAGレビューも前回に引き続き、杉山しずかが担当させていただきます。

#180の表紙は柔術フォトグラファー、Gustavo Aragaoによる躍動感あるフォト!

今回の主な内容は以下の通りです。

まずヘンゾ・グレイシーからのコメントを中心に『World Jiu-Jitsu Expo 2012』の特集。

『World Jiu-Jitsu Expo 2012』はUSAカリフォルニア ロングビーチコンベンションセンターにて5月12日におこなわれるビッグイベントで、BJJやMMAの選手サイン会やセミナー、スーパーファイト、BJJアワードなどが行われるそうです。

〈Face to face〉The lawman IBJJFのレフェリーAlvaro Mansorによる変わっていく柔術ルールの解説

〈White Page〉柔術はまるで本をかくようなもの

〈Intro〉今までとは違う2012年ヒューストン オープン

オールスター柔術トーナメントから学ぶこと in カリフォルニア

〈CHOKE MMA〉表紙はシウバVS岡見勇信!
レフェリーの判定の背景にあるもの
チェール・ソネンへの5つの質問 
なんでソネン選手に大統領になったらどうしたいか とかきいてるのか???

ドミニククルーズから学ぶ

〈COVER STORY〉柔術55個の秘訣   
このページ、写真がかっこよすぎです。

〈EUROPEAN CHAMPIONSHIP 2012〉なぜ誰もRODOLFO VIEIRAの王座を奪取できないのか?

〈TRAINING FOR WARRIORS〉設備が無くても問題ない!2人組でのフィジカルトレーニング   
「東京」と胸に書かれた柔道着を着た日本人?がデモンストレーションをしています。いったい・・・。

〈GMA EUROS〉ヨーロッパチャンピオンシップ2012 
ホベルトサトシ選手の姿も1ページで掲載!

〈GMA ARENA USA〉ヒューストンインターナショナルオープン

その中から今回は謎の東京柔道家が登場しているTRAINING FOR WARRIORSを詳しくご紹介します。

こちらでは、ウエイト器具やマシーンがなくてもできるトレーニングを紹介していました。

1:2人組 バックスクワット
パートナー(持ち上げられる方は身体をまっすぐに保つ)を肩の上に横向きに担ぎ、膝の位置まで腰を落としてスクワット8回 姿勢を保って行う

2:2人組 ランジ
1のときと同じようにパートナーを担ぎ、姿勢を保ちながら片足を前に出してもう片方の足の膝がつくくらいまでかがみ、立ち上がるを6回

3:2人組 引き上げ
パートナー(立っている自分の脚の間に寝かせる)の両手首のGiを持ち、姿勢を保って背筋を使い、左、右、交互に引き上げる どちらも8回ずつ

4:2人組 押し上げ
自分は寝転がり、パートナー(上四方の方向で腕立ての姿勢)と手を合わせ、胸筋を使い、左、右、交互に押し上げるを6回ずつ行う

文字だけでお分かりいただけたでしょうか?

かなりきつそうなトレーニングに見えます。

わたしもマシーンを使って筋トレをしないのでさっそく今日から実践してみようと思います!



GRACIE MAG#180
■購入はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2012年04月29日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」オーストラリアラスト日記〜恐怖の帯叩き編〜

10回目を迎えたやんしぃ日記も今回で最後。今回は「オーストラリアラスト日記〜恐怖の帯叩き編〜」をお送りします。

 FMJJジムではこのときすでに6か月ほどトレーニングさせてもらっていましたが、柔術のクラスでは二度と同じテクニックをすることがなく、毎回新しいテクニックを教えてもらうので必死で毎日の練習についていっていました。

そしていつもクラスの終わりには練習生は一列に正座してその日の練習の感想を言います。


これを英語で毎日言わなくてはいけないのが結構わたしには緊張の一瞬でした。



続きを読む

2012年04月16日

GRACIE MAG #179 レビューby杉山しずか


毎月の恒例企画、グレイシーマガジンのレビューのコーナー。

今まではトライフォース柔術アカデミーのマネージャーである新明さんに長く執筆して頂いてましたが、今月からレビュアーが交代!

グレイシーマガジンのレビューと同じく毎月の恒例企画である「やんしい日記」でお馴染みの女子柔術家にして女子格闘家でもある杉山しずかさんにお願いすることになりました。

杉山さんはオーストラリアにて1年間の柔術修業を経て帰国しており、英語も堪能なことから今回の抜擢になりました。

これからは杉山さんの視点から見たレビューとなります。

続きを読む

2012年03月10日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.9〜Last fight in Australia編〜

今回は、オーストラリア武者修行最後の試合として出場したlock down3と私が今トレーニングさせてもらっているFMJJ(フルメタル柔術)にいらっしゃった阿部兄選手のセミナーに参加したことを中心に、題して「Last fight in Australia編」をお送りします。

 FMJJジムは、リバーサルオーストラリアジムとも呼ばれていて、ジムの壁にはリバーサルのマークがありますし、所属しているファイターやジム生のほとんどがリバーサルを練習でももちろん私服でも愛用しています。







続きを読む

2012年02月17日

【やんしい日記・番外編】杉山しずか、青帯に!


現在、オーストラリアで語学勉強と柔術の練習に勤しんでおり、当ブログでレギュラーコーナ「やんしい日記inオーストラリア」を好評連載中の杉山しずか選手がこの度、青帯に昇格しました。

杉山選手はすでに現地の柔術大会で白帯で優勝しており、この青帯昇格の実績は充分といっていいでしょう。

おめでとうございます!

続きを読む

2012年02月10日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.8〜豪風トレーニングDAY編〜

2012年一発目のやんしぃ日記、今年に入ってからすでに日が経ってしまいましたが、今回は、わたしのゴールドコーストでのある日の一日を紹介します。

と、いうことで今回は「やんしぃ日記8〜豪風トレーニングDAY編〜」をお送りします!

まずは起床、現在は一軒家に4人共同生活なので、シャワー室、洗濯機の取り合いを経て準備。



8:00AM、この日は雨が降りそうだったので、横浜のsoniq squardジム所属で現在はオーストラリアで暮らしているアキラさんが車で迎えに来てくれました。



続きを読む

2011年12月07日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.7〜メルボルンオープンin Melbourne編〜

久しぶりのやんしぃ日記、第7弾!

日本が大晦日の格闘技ビッグイベントに向けてどんどん冬の寒さも増すのとは反対に、夏真っ盛りを直前にビーチがますます混み合ってきたオーストラリアゴールドコーストから、今回はやんしぃ日記第7弾『メルボルンオープンin Melbourne編』をお送りします。

 柔術を習い始めて半年が経過した11月18〜20日、ここゴールドコーストからは南へシドニーを超えて飛行機で2時間のメルボルンで開催された「International Melbourne Open2011」に参加してきました。


この大会にはシドニーで一緒に練習していたRyan Gracie Teamとして
出場したため、メルボルン空港に到着すると、ちょうどシドニーから到着した
Gracie Teamと合流して、ホテルへ。




続きを読む

2011年10月20日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.6〜ゴールドコースト新ジム編〜

さて、杉山しずか海外修行第二の地は、サーファーと観光客のパラダイス、ゴールドコーストです。ということで今回は「やんしぃ日記パート6〜ゴールドコースト新ジム編〜」をお送りします!

シドニーでの4ヶ月を終えて、今度は、シドニーから北に飛行機で1時間半ほどのクイーンズランド州ゴールドコーストへやってきました。シドニーと比べてもかなりの気温差と太陽の日差しの強さに驚かされます!



わたしが部屋を借りているのは、バーレイヘッズ。
サーフィンの聖地として知られる美しい海のある静かな町です。
サーファーじゃないわたしにはもったいない場所です。




ゴールドコーストでの観光地として知られるサーファーズパラダイスからは少し南に位置します。

トレーニングでは日本でもよくランニングをしていましたが、いつも夜練習が終わってからの夜中だったりでなかなか日の光の中で走ることがなかったのですが、今ではこの綺麗なバーレイの海沿いを毎朝走っています。



フィットネス大国オーストラリアはさすが!ランニングコース沿いに空圧式筋トレマシーンや腹筋・背筋・自転車漕ぎマシーン・懸垂などあらゆる器具が並んでいます。フィットネスジムいらずですね!


なぜバーレイに住むことにしたのかというと、いつもサポートしてくださっているリバーサルさん、オーストラリアにも系列ジムがあるんです!



フルメタルとかいうから、正直ちょっとビビッていたんですが、みんな楽しく真剣にそして厳しくトレーニングしています。




それがここ!「FMJJフルメタル柔術」なんとも斬新な名前とそしてロゴ!



どうやら、聞いてみるとこのジムの名前の由来はスタンリー・キューブリックの映画の「FULL METAL JACKET」からきているらしいんです。

なんか、それを聞くとかっこいい気がしてきます。チームカラーのグリーンは格闘技ジムだけどフレンドリーな雰囲気がほしかったかららしく、日本大好きJUGGSUはもちろんロゴもカタカナと漢字を入れたみたいです。



これが元になった映画!




そして彼がこのジムの設立者で指導者のJUGGSU(ジャグズ)
とっても陽気だけど紳士でそしてとても丁寧でいろんなファイターを研究してるのが話していてよくわかります。日本語一生懸命使ってくれるのはいいんですが、だいたいミギ(右)とミミ(耳)は間違えちゃうみたいで、技の説明がわけわからなくなります。









ジムにはリバーサルの商品やわたしが載ってるカタログもあって、みんな全然今と違う!っと笑ってました。




FMJJでは柔術以外にもレスリングやグラップリング、ムエタイ、MMAそしてフィットネス強化のクラスがあるので、本当にいい練習ができています。


 わたしがここへ来る数週間前にはAACCの阿部兄選手がこのジムで指導していたり、このジムの選手GUYもZSTに出場して勝利していたり、まるで日本のジムにいるかのように日本の格闘技事情や日本の選手の話で打ち解けることができました。



練習後はだいたい近くのカフェでアサイーを食べて体を冷やします。



このジムには女子のファイターはいないんですが、JUGGSUのわかりやすい指導やムエタイのコーチの超厳しい指導でなんか強くなれそうです。すでに腕の太さが変わった気がします。

 そういえば、シドニーで開催されたCFC(Cage Fighting Championship)を観戦にいったときに会った全身リバーサルできめていたキアン選手もこのFMJJのJUGGSUからリバーサルを紹介されたとか。



キアンはリバーサル大好きで、今度CFCのチャンピオンに挑戦するとか!




テレビでおなじみのレフェリーとも写真撮らせてもらいました!



さて、わたしはというと、来月はメルボルンで開催されるInternational Open BJJ Competitionに出場予定です。

ということで、次回やんしぃ日記はそちらを報告したいと思います!!

おたのしみに!



★これまでの「やんしい日記」はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年09月07日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.5〜女子プロ練 in メルボルン編〜

オーストラリアの格闘技事情というのは、聞く人聞く人によって違うのですが、フィットネス大国として知られる通り一般の人たちにとってスポーツやエクササイズが当たり前なのに対して少し元気がないようです。

格闘技に対する違和感などはないようですが、実際総合格闘技や柔術をやっているひとは少ないといった感じでしょうか。 

オーストラリアの女子格闘技事情はというと、おそらくこれは日本と同様もしくはそれより規模は小さくなるかもしれません。 

そんなとき、グレイシーオセアニアのプリンセスこと、Lauraが私をAustralian Female Camp in Melbourne に誘ってくれてオーストラリアの強い女子選手たちが集まるというこのプロ練なるものに参加してきました。

と、いうことで今回は「やんしぃ日記パート5〜女子プロ練in メルボルン」をお送りします。



Laura主催によるプロ練のポスター



続きを読む

2011年07月23日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.4〜BJJ大会出場編/後編〜

グラップリングで優勝し、次に挑んだのは柔術の試合です。

記念すべき柔術デビュー戦!

柔術の試合はシード・・・つまり1回戦で勝った方と決勝ワンマッチです。

そして相手はグラップリングと同じ相手、ダイアナ(from Gracie Barra)でした。

グラップリングを闘ってとても力が強かったのを感じていたので、かなりドキドキしました。



やや緊張。
JEWELSとリバーサルのパッチでキメた着で挑みます。



続きを読む

2011年07月22日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.4〜BJJ大会出場編/前編〜

オーストラリアで柔術を習い始めて2か月半が経過。

早くも決戦の日を迎えました。

そこで今回は予期せぬ展開ながらも出場した「ニューサウスウエルス州BJJ大会出場編」をお送りします。

 Lauraの提案で試合に出場することになった私は、学校を終えるとすぐ練習へ向かい、週末も練習に没頭しました。

Gracie Oceaniaは、朝6時からのクラスやファイター用に昼間、そして夕方、夜、と一日中クラスがあります。

私がどの時間に行っても同じメンバーたちって、いったいどうやって生活しているのだろう?と不思議です。

 ある日の練習のあと、マリオに「しずぅか!」とチームメイトの前に呼ばれたので何かと思うと、なんとマリオが私の空手帯に1ストライプのテープを巻いてくれました!(理由はよくわかりません。)



初めての1ストライプをゲット!


続きを読む

2011年06月25日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.3〜柔術奮闘編〜

オーストラリア到着から1か月半が経過。そろそろこの町の雰囲気にも慣れてきました。

今回は柔術奮闘編をお送りします。

さて前回のつづき……10時出発と言ったのになかなか起きなかったホストブラザーのLawを叩き起こして一緒に練習へ出発!

ジムへ着くとこの日もLauraが笑顔で迎えてくれました。



JEWELSのスタッフ橋本さんが送ってくれたパッチと柔術魂を持って行ったら「I love柔術スピリッツ」といって読み込んでいた!


続きを読む

2011年05月25日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.2 〜柔術初体験編〜


オーストラリア到着から一週間経ち……ついに柔術に挑戦!

柔術は、柔道着を着て練習したり、試合にでたことはありますが、習ったことはなかったので、ついに本格挑戦です!

前日の夜、Lauraに電話すると、「OK!come on!」と超フレンドリー!

フレンドリーなのはいいんだけど、電話は1分も話さず終了。

ジムの名前、住所、Laura NGという人とMario横山という人などのヒントをもとになんとか場所を調べました。

当日は初めてのバスを駆使してジムに到着!


続きを読む

2011年05月09日

杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」Part.1


新企画がスタートします!

名づけて杉山しずかの「やんしい日記inオーストラリア」。

杉山しずかさんは“しいやん”の愛称で女子総合格闘技ジュエルスで活躍していた総合の選手です。

試合では空手仕込みの打撃でデビューから5連勝を飾り、華々しい活躍をしていたのをご存じの方も多いことでしょう。

が、杉山さんは現在、語学研修のためにオーストラリアに1年間の留学中で現地でも格闘技の練習をしたい、それも柔術をやってみたい!ということでオーストラリアの友人を紹介しました。

それでオーストラリアでの柔術事情や現地の様子、練習内容などをレポートして欲しいとお願いしたところ、レポートを快諾してくれた杉山さんから早速、第一弾のレポートが届いたので紹介したいと思います!



4月某日、ついにオーストラリアへ出発!
道着とかグローブとか入れたら、荷物軽く25キロオーバー!
3万7千円の超過料金払って出発・・・。
地震の影響?で成田→関西空港を経て→ケアンズ→シドニーと乗り継いで移動。
しかもシドニー空港で一個スーツケースが無くなるトラブルが!!!




とりあえず、スーツケースが無いまま最初の滞在先、ボンダイへ移動!
着いてそのまま3歳と6歳のオージーチルドレンと公園に遊びに行きました。




私が到着したのはちょうどイースターホリデーだったので、学校が始まるまで2日間は観光しました。
同じ家に住むブラジル人留学生(BJJ青帯)と有名なオペラハウスやハーバーブリッジのあるシドニーシティを観光。
学校の写真はまた載せますが、外国人ってほんと面白いって感じです。




滞在先のファミリーにリバーサルで作ってもらった杉Tをプレゼントしたら、めちゃくちゃ喜んでくれてみんなで着てくれました!
そのあと、JEWELSやSHAREDOGのサイトを見つけて「君はクレイジーだ!」って言われ続けました(笑)。




で、肝心のジム探し。
いくつかジムを見たけど、ついに目当てのグレイシーオセアニアジムに行くことに!
電車とバスを駆使してなんとか到着しました。
新品のリバーサル柔術着持って乗り込みます(笑)。



今回はここまで!

Part.2へ続きます!



©Bull Terrier Fight Gear