English Portugues Japanese

IBJJF

2017年03月16日

【大会】パンで見たい7つのドリームマッチ

FLO GRAPPLINGで今週から開幕するパン2017のプレビュー記事をアップしていたので、それをもとに独自の視点での見どころを交えて紹介します。

ここでは「パンで見たい7つのドリームマッチ」と題して今大会で実現しそうな注目の7試合をピックアップしています。

どの対戦も興味深く好勝負になるのは間違いないでしょう!

■アダルト黒帯ヘビー級
レアンドロ・ロvsニコラス・メレガリ


ロは今年のヨーロピアンでヘビー級に階級アップし初めてオープンクラスでを制してWゴールドを達成しました。

このパンでもロはヘビーでエントリーしており、ヨーロピアンに続きWゴールドなるか?!に期待が集まっています。

そしてニコラスはマリオ・ヘイスの黒帯でヨーロピアンには不出場でした。

過去にこの両者はコパ・ポジオで対戦したことがあり、当時はまだ茶帯だったニコラスにロはポイントを許したものの、4-2で勝利しています。

その他にもヘビー級にはマテウス・ジニス、ディミトリス・ソウザ、カリーム・カリファ、タナー・ライスらもエントリーしているので、ロvsマレガリの対戦実現の前にも注目の顔合わせは多そうです。


3
レアンドロ・ロ



16
ニコラス・メレガリ



■アダルト黒帯ミドル級
イザッキ・バイエンスvsクラーク・グレイシー


昨年黒帯に昇格したイザッキはすでに黒帯でも活躍中でヨーロピアンこそ入賞を逃したものの、コパ・ポジオでは優勝を飾りました。

対するクラークはテクニカルにして冷戦沈着でアグレッシブなイザッキとは相反したスタイルなので、この2人の試合も興味深いです。


kk
イザッキ・バイエンス



po
クラーク・グレイシー



■女子アダルト黒帯フェザー級
ビアンカ・バジリオvsマッケンジー・ダーン


紫帯&茶帯でムンジアルを制したビアンカ、今年は黒帯で初めてメジャートナメント参戦のビアンカは若干21歳の新鋭。

このビアンカは過去のJiu Jitsu NERDでもインタビューを掲載し紫帯時代から注目していた将来のスター候補生です。

そしてマッケンジーは現在女子の黒帯の中で最も成功した選手で、現在のビアンカの活躍ぶりはかつてのマッケンジーをイメージさせます。

もしビアンカがマッケンジーと戦えば好勝負になるのは間違いないはず。


02
ビアンカ・バジリオ



09

マッケンジー・ダーン


■アダルト黒帯ライト級
マーシオ・アンドレvsヘナート・カヌート


茶帯でメジャートナメントを制し今年から黒帯で参戦するカヌートは極めが強く試合を見ていて面白い選手の一人。

マルシーニョはまだ22歳とはいえ、すでに黒帯でヨーロピアン&ワールドプロを制し、ムンジアルでも準優勝するなどトップ選手として確固たる地位を築いています。

両者ともアグレッシブな試合が信条だけにアツい戦いが繰り広げられると思われます。


05
マーシオ・アンドレ



canu
ヘナート・カヌート



■女子アダルト黒帯オープンクラス
ガヴィ・ガルシアvsジェシカ・フロウラース


今年のパンで柔術復帰のガヴィは2年ぶりの柔術参戦。

久しぶりの柔術の試合は初対戦になる選手も多く、その初顔合わせはどれも興味深いものになるはず。

とはいえ一番の興味は2年前のADCC・ブラジル大会で敗れたジェシカ・フロウラースとのリマッチ。

当時は茶帯だったジェシカはADCCの女子ヘビー級準決勝でガヴィと対戦しスイープのポイントでアップセットを起こしました。

この敗戦からMMAに本格転向したガヴィはこの対戦が実現するならリベンジに燃えるのは想像に難くないでしょう。

ガヴィのリベンジ達成か、はたまたジェシカの返り討ちか?!


03
ガヴィ・ガルシア



07
ジェシカ・フロウラース



■アダルト黒帯ヘビー級
モハメッド・アリvsエルバース・サントス


アリは元チーム・ノゲイラで現在はロイド・アーヴィンに在籍中。

対するエルバースは元ギゴ柔術〜現アルメイダ柔術所属で、今大会にはアルメイダ柔術がアソシエーションを交わしたATOS名義でエントリーしています。

ですがエルバースは過去にロイド・アーヴィンにも在籍していたこともあり、この2人は元チームメイトという間柄で、まだ対戦は実現していません。

アリvsエルバースの重量級同士の対戦はド迫力マッチとなるのは約束されたようなものでしょう。


06
エルバース・サントス


■アダルト黒帯ミディアムヘビー級
キーナン・コーネリアスvsディロン・ダニス


最近音沙汰がなかったキーナンが今大会で復活し、黒帯になって初めてのパン制覇に意欲的。

デイロン・ダニスは過去にはミドル級で試合していましたがミディアムヘビーに階級アップしたのはvsキーナンを見据えてのことでしょうか?!

まだブラジル人黒帯が大多数を占めるアダルト黒帯のカテゴリーの中でアメリカ人同士の対戦が注目試合としてピックアップされるのは期待の表れでもあるでしょう。


16
キーナン・コーネリアス



02
ディロン・ダニス



pban
■フローグラップリングによるライブストリーミングはコチラから!




01
【3/18 発売】
『Jiu Jitsu NERD Vol.9』

フルカラー64ページ 定価700円
<インタビュー>
マーカス・アルメイダ"ブシェシャ"
ウゴ・デゥアルチ

<大会レポート>
ムンジアル
ワールドマスター
SJJIFワールド
その他国内大会多数

<特集>
リオデジャネイロ柔術マップ
2016年10大ニュース&BJJ AWARD選考座談会

■『Jiu Jitsu NERD Vol.9』詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月17日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:その他の試合まとめ

9/10&11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」。

レポートのラストは、大会最終日からマスター黒帯、そしてティーンの活躍が目立ったアダルト・ジュブナイル青帯の主な試合を紹介する。


1
マスター黒帯ライト級決勝は、ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)vs ブルーノ・エンリケ(グレイシーバッハ)。ブルーノの腕十字にカウンターでヨースキがパスを仕掛けるなど一進一退の熱闘は、P0-0、A1-1のイーブンでタイムアップ。レフェリー判定でブルーノが優勝を手にした。



続きを読む

2016年09月15日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:アダルト紫帯

1fb
引き続き9/10&11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」のレポートをお届けしたい。

アダルト黒帯、茶帯の主な試合は先行してレポートしたが、今日から2回にわたってこれまで紹介できなかった試合についてフォローしていく。

続きを読む

2016年09月12日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:大会2日目

0fb
9/10&11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」の2日目は大会最終日。

行われたはアダルト茶帯・青帯、マスター黒帯・紫帯、そしてジュブナイル青帯、女子白帯のトーナメントだ。

その中からアダルト茶帯の主な試合を紹介する。

続きを読む

2016年09月11日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:大会初日

0
9/10(土)、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」。

今大会はアジア最大の柔術大会で今年は2日間で1300人もの参加者があり過去最大規模で行われた。

初日はアダルト黒帯、アダルト紫帯、そしてマスター茶帯・青帯、ノービスのトーナメントが行われた。

続きを読む

2016年06月02日

【ムンジアル】日系ブラジリアン大挙参戦!

01
6/2-5の4日間、LAのロングビーチで開催されるIBJJF主催ムンジアル。

LAに向かうフライトで同じ便だった日系ブラジリアンの選手の面々を紹介します。

続きを読む

2015年11月09日

【結果】ワールドノーギ2015

1
11/7-8、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「ワールドノーギ2015」の黒帯の主な結果です。


続きを読む

2015年10月08日

【動画】ワールドマスター2015 感想座談会

wm5
海外大会から帰国した際に恒例で収録している感想座談会シリーズ。

今回は先月末に開催されたラスベガスで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」を収録しました。

参加者は大会に行った橋本欽也、エジソン・カゴハラ、後藤悠司に加え聞き手として森雄大氏の4人です。

いつものようにざっくばらんに大会のあれこれを話しています。

試合以外に感じたことや見たこと、聞いたこと、どんなことがあったかなど実際に大会に行った人でしか知り得ない情報が満載です。

今大会は締め切りの1ヵ月以上も前に早期締め切りとなった人気ぶりで会場もこれまでのピラミッドからラスベガスに移ってどうなったか、来年以降はどうなるのかの展望など真面目な話もしています。

来年以降、大会出場を検討している方には有益な情報も多いかと思いますのでぜひ見て頂きたいと思います。

そして動画視聴者向けのプレゼントも用意しました!

まずはすでにLAでは人気となっているオーガニックエナジードリンク「PURPS(パープス)」のFUELとHYDROの2本セット。

この「PURPS」はメンデス兄弟やAOJの選手らを多数サポートしており、そのロゴを覚えてる方も多いかと思います。

■PURPSのサイトはコチラから!

味はベリーっぽくもあり、ややクセがありますがそれが逆に病みつきになり自分はLAに行く度に箱買いして日本に持ち帰って飲んでます。

まだ「PURPS」は日本未発売なのでなかなか飲む機会はないはずなので、興味がある方はぜひご応募を。


2015-10-06 21.44.15
オーガニックエナジードリンク「PURPS」2本セット。
プロサーファー、ケリー・スレーターが考案しRVCAが開発に携わった健康的なエナジードリンク!



そしてもう1つはサンフランシスコはサンノゼにある新進気鋭のニューブランド「WANT VS NEED(ウォントバーサスニード)」のTシャツです。

■「WANT VS NEED」のサイトはコチラから!

ラスベガスでの大会の後にサンフランシスコに飛び、スポンサーしてもらっているMixcloudの「BJJ-WAVE」についてのミーティングの際にお土産として頂いた中から1枚をプレゼントとして提供します。

4種類ある中から1枚を選んで応募して下さい。


2015-10-06 21.43.55
「WANT VS NEED」のTシャツ。
この中から1枚をプレゼント!



申し込みアドレスは動画の中で告知しています。

ご意見&ご感想などを添えてお申し込み下さい。

海外直輸入のレアアイテム、この機会をお見逃しなく!

■動画はコチラから!






【今日が誕生日の柔術家】マリオ・デルガド(39)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月30日

【結果】ワールドマスター2015:2日目の結果

01
9/26(土)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会2日目に日本から参戦した選手の結果です。

漏れがあった場合はコメント欄よりご連絡ください。


続きを読む

2015年09月29日

【結果】ワールドマスター2015:2日目の結果 入賞者

01
9/26(土)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会2日目の試合で入賞した選手の結果です。

今大会では黒帯だけでなく色帯でも多数のメダリストが誕生し、ひさびさに海外大会でのメダルラッシュとなりました。

この好成績に触発され、来年はさらに日本からの参加者が激増するのは間違いないでしょう。


【黒帯】
02
マスター2ライトフェザー
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
1回戦 アームロックで 4:39 一本勝ち
2回戦 P6-6 A1-0
準決勝 P2-2、A0-1
※3位入賞



03
マスター2ライト
時任琢磨(PUREBRED大宮)
1回戦 P4-2
2回戦 P2-2 A1-0
3回戦 アンクルで一本勝ち
準決勝 3:11 腕十字で一本負け
※3位入賞



04
マスター3ライトフェザー
フラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)
準決勝 P0-3
※3位入賞



05
マスター3フェザー
アズマ・エメルソン(Over Limit BJJ)
1回戦 腕十字で3:49 一本勝ち
2回戦 三角絞めで一本勝ち
準決勝 2:39 送り襟絞めで一本負け
※3位入賞



06
マスター3フェザー
井上和浩(ストライプル茨城)
1回戦 P2-2 A3-0
2回戦 P0-0 A0-0 レフェリー判定勝ち
準決勝 P0-0、A1-4
※3位入賞



【茶帯】
07
マスター1フェザー
後藤悠司(一心柔術)
1回戦 4:12 絞めで一本勝ち
2回戦 P4-0
3回戦 P0-0、A3-3、ペナルティ2-1
準決勝 P0-4
※3位入賞



08
マスター1スーパーヘビー
榊原和正(小川柔術)
1回戦 P3-0
準決勝 P0-13
※3位入賞



09
マスター2ライト
アレッサンドロ・エト(INFIGHT JAPAN)
1回戦 P2-0
2回戦 レフェリー判定勝ち
準決勝 P0-2
※3位入賞



10
マスター3ルースター
桜井貴之(ねわざワールド)
決勝戦 P0-0、A0-0、レフェリー判定負け
※準優勝



11
マスター3ライトフェザー
竹平幸央(吹田柔術)
準決勝 P0-4
※3位入賞



12
マスター3フェザー
姜宗憲(グラスコ柔術アカデミー)
1回戦 P5-0
準決勝 P0-9
※3位入賞



13
マスター4ミドル
田中和文(TATORU)
決勝戦 P0-6
※準優勝



マスター5ミドル
大中秀幸(トライフォース柔術アカデミー)
1回戦 P0-0、A3-0
決勝戦 P0-0、A0-2
※準優勝



【紫帯】
マスター1ルースター
佐藤智彦(トライフォース柔術アカデミー)
1回戦 P2-0
準決勝 P0-2
※3位入賞



14
マスター1ライトフェザー
皆戸孝典(Impacto Japan BJJ)
1回戦 不戦勝
2回戦 4:18 フットロックで一本勝ち
3回戦 P6-4
準決勝 P2-2、レフェリー判定負け
※3位入賞



■漏れがあった場合はコメント欄よりお知らせください。



【今日が誕生日の柔術家】アンドレ・ガウヴァオン(33)、マイケル・リエラJr()



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月28日

【結果】ワールドマスター2015:2日目の結果 優勝者

01
9/26(土)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会2日目の主な結果です。

まずは優勝した選手を紹介します。

アダルトでは厳しい戦いが続く黒帯ですが、マスターではマスター1からマスター5まで各年齢カテゴリーで優勝者が出ています。


続きを読む

2015年09月27日

【結果】ワールドマスター2015:初日の結果

9/25(金)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会初日の主な結果です。


【黒帯】
【マスター2】
01
ライトフェザー
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
1回戦 アームロックで 4:39 一本勝ち
2回戦 P6-6 A1-0
※準決勝進出



続きを読む

2015年09月26日

【配信】ワールドマスター2015:オンライン無料配信実施

1
本日よりネバダ州ラスベガスで開催されるIBJJF主催「ワールドマスター2015」のオンライン無料配信が実施されます。

この配信は大会2日目の黒帯準決勝からとなりますが、無料でリアルタイムで視聴可能。

いま世界的に大会の配信が無料・有料で行われていますが、IBJJFはその先駆けとして多くの大会を配信しています。

かつては大会の試合を見るのはDVDで大会後数か月は待たなくてはならなかったですが、いまはオンラインでリアルタイム配信、それも無料で見られるのも多いのは嬉しい限り。

今年も日本から多くの黒帯が参戦してるので、ぜひPCのモニター越しに応援して頂きたいと思います!


2
■配信ページはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ネイサン・アダムソン(32)、ホジャー・グレイシー(34)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月16日

【レポ】アジアオープン2015:アダルト茶帯

00
昨年のアダルト茶帯のオープンクラスの決勝戦での劇的な大逆転勝利で2014年のベストバウトを残したホブソン・タンノ"シュシャ"。

そのシュシャがまた今年も大仕事をやってのけた。

続きを読む

2015年09月15日

【レポ】アジアオープン2015:アダルト黒帯

01
9/12&13の2日間、東京・綾瀬の東京武道館にてアジアで唯一のIBJJF主催大会であるアジアオープンが開催された。

今年のムンジアルから導入された黒帯のムンジアル出場権50ポイント制により昨年のアジアオープンには外国人選手が多数出場したが、今大会では昨年以上の強豪が多数エントリー。

その結果、ルースターとライトフェザー以外は日本で開催されたに関わらずに日本人選手が優勝できないという結果に終わった。

続きを読む

2015年09月14日

【結果】アジアオープン2015:アダルト茶帯の主な結果

00
9/13(日)、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2015」のアダルト茶帯&マスター黒帯の主な結果です。


続きを読む

2015年09月13日

【結果】アジアオープン2015:アダルト黒帯の主な結果

ao2015a
9/12(土)、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2015」のアダルト黒帯の主な結果です。


続きを読む

2014年11月18日

【柔術プリースト】#155:ワールドマスターズ2014

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは11/1&2にLAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「ワールドマスターズ2014」です。

この大会は30歳以上の選手のみが出場できる世界大会で、今年も日本から多くの選手が参戦し優勝者も輩出しました。

中でも特筆モノなのが3度目の正直で優勝を果たしたエジソン・カゴハラと高須宝亀の2選手でしょう。

エジソンは黒帯で、高須選手は紫帯で優勝し世界王者となりました。

他にも国内トップの中村大輔&金古一朗に加え、トライフォース柔術アカデミー総代表である早川光由の電撃参戦もあり、話題になったのは記憶に新しいところ。

そんなワールドマスターズから厳選した試合の数々を紹介します。

配信試合は以下の通りです。


03
■マスター1黒帯ライト1回戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)


07
■マスター2黒帯フェザー1回戦
早川光由(トライフォース柔術アカデミー)
vs
アレッシャンドレ・コンシエロ(グレイシーバッハ)


04
■マスター1紫帯ライトフェザー決勝戦
高須宝亀(小川柔術)
vs
ティモシー・フール(ヒベイロ柔術)



02
■マスター3黒帯ライトフェザー準決勝
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
正田正治(ストライプル・オハナ)


10
■マスター3黒帯ライトフェザー決勝戦
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
マルセロ・パチェ(カーウソングレイシーチーム)


14
■女子マスター2黒帯アブソルート決勝戦
八木沼志保(ネクサセンス)
vs
ルカ・ディアス(グレイシーウマイタ)


02
■マスター1黒帯フェザー準決勝
中村大輔(グラバカ柔術クラブ)
vs
デニウソン・ピメンタ(GFチーム)


05
■マスター2黒帯ライトフェザー1回戦
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
vs
バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)


05
■マスター2黒帯ライトフェザー準決勝
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
vs
ベルナルド・ピテウ(ノヴァウニオン)



スタジオゲストでエジソン・カゴハラが参加し、自分で自分の試合を解説。

さらに試合を見終わったら勝利の感動が甦ったのか、また感極まって涙ぐむというエモーショナルな一面も見せてます。

負けても泣くし勝っても泣くエジソンの自己解説も必見です!


2
BJJテクニックファイルはホドリゴ・オオニシ編。
今回は「スパイダーガードをパスしての腕十字」です。



■#155はコチラから!




cup2015 tokyo
【開催決定】
1/12(月・祝)18(日)
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
台東リバーサイド(東京・浅草)



01
【発売中】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
■道場卸受付中!コチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月07日

【結果】ワールドノーギ2014:アダルト黒帯決勝戦の結果

01
10/4&5にLAのアズサのフェリックスイベントセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドノーギ2014」のアダルト黒帯決勝戦の結果です。


続きを読む

2014年07月12日

【柔術プリースト番外編】ムンジアル2014:感想雑談

xe2
先週&今週と2回に分けて配信した柔術プリーストのムンジアル編がお陰さまで好評です。

日本人選手中心の構成で漏れた試合も多かったですが主要な試合はあらかた紹介できました。

なのでこの前編・後編の2回を見れば今年のムンジアルの日本人選手の戦いぶりは見て頂けます。

黒帯はベスト8以上はブドービデオが発売するDVDに収録されるので、そちらに気を遣ってあえて配信しませんでした。

その点はご了承下さい。

ですが2回戦だったためにDVDに収録されるかどうかわからないパウロ・ミヤオvs柳沢友也戦の名勝負や日本人同士の対戦となった金古一朗vs小山貴之戦のベスト8進出を賭けて戦った一戦、そして一本勝ちの連続で勝ち上がったサトシのイリミネーション・ラウンドの試合などが埋もれずに映像が残せたのはよかったです。

これらの試合はぜひ見て頂きたい激闘でした。

そんな柔術プリーストで紹介した試合以外の部分を雑談形式で話しているのが今回紹介する柔術プリースト番外編のムンジアル2014:感想雑談です。

この感想雑談、実は去年のムンジアル後にも収録したのですが、それは配信できないような余計なことをしゃべりまくってしまい残念ながらお蔵入りとなってしまいました。

そのことを踏まえて収録したヨーロピアン後の感想雑談は帰国翌日の収録だったこともあり、マニア層からなかなか好反応を頂けました。

感想雑談は螢侫襯侫ースのアカウントではなく個人アカウントでのアップとなっており、ツイッターとFacebookでしか告知してなかったので、まだ知らない方も多いかと思い、今更ながら紹介した次第です。

プリーストのムンジアル編を見た後にこの感想雑談を見れば、より一層ムンジアルのことが伝わるかと思います。

雑談なので試合映像などは一切ないもでラジオ代わりにでも見て下さい。

コチラから!


■プリースト・ムンジアル編 Part.1はコチラ、Part.2はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月08日

【柔術プリースト】#136:ムンジアル2014 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回の続編でムンジアル2014のPart.2です。

Part.2では茶帯と黒帯のペナ以上の階級を紹介しています。

配信試合リストです。

【茶帯】
■茶ガロ決勝戦
ウェンデル・オサキ(小川柔術)
vs
伊東圭(AXIS)

■茶メジオ1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
マルコス・ヴィニシウス・ティノコ(アリアンシ・インターナショナル)

■女子茶プルーマ決勝戦
湯浅麗歌子(パラエストラ品川)
vs
パトリシア・フォンテス(チェックマット)

【黒帯】
■黒ペナ2回戦
岩崎正寛(CARPE DIEM)
vs
レアンドロ・カスカオン(BTT)

■黒レーヴィ1回戦
細川顕(ALIVE)
vs


■黒レーヴィ1回戦
チョイ・ワンチョイ(ATOS)
vs


■黒レーヴィ2回戦
サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
金子竜也(パラエストラ東京)

■黒レーヴィ3回戦
サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
AJアガザーム(グレイシーバッハ)

■黒メジオ3回戦
マルコス・ソウザ(ATOS)
vs
ヴィトー・オリヴェイラ(GFチーム)



ぜひ見てもらいたいのはやはりサトシ・ソウザの試合です。

ムンジアルという大舞台で一本勝ちの連続で大会最終日に勝ち残る奮闘ぶりでした。


07
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)



例によってベスト8以降の試合はDVDに収録されるので、ここでは未配信となりますのでご了承を。

その他、レギュラーコーナーも充実な今回の柔術プリースト、ぜひ見てみてください!


2
BJJテクニックファイルはJP瓩海肇献腑鵝Ε撻疋蹐離謄ニック。
今回はサイドポジションのエスケープです。



3
コレクション紹介は99年発売のムック本「闘うココロ 闘うカラダ」。
日本柔術シーン創成期を彩った1冊!



■#136はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アデミール・オオタ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月01日

【柔術プリースト】#135:ムンジアル2014 Part.1

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

昨日から配信スタートした最新回はムンジアル2014!

終わったばかりのムンジアル2014の試合を今回と次回の2回に分けて大公開します!

この配信にあたってIBJJFに映像の使用許可を取ってのオフィシャルアッロード!

ですがDVD化の予定があるブドービデオに気を遣ってDVDに入らないであろう色帯と黒帯の1回戦&2回戦が中心となっているのをご了承ください。

Part.1で配信してる試合は以下のとおりです。


■紫ガロ準々決勝
石井拓(ATOS)
vs
杉本寛樹(AXIS千葉)

■女子青ガロ準決勝
ケシア・タケウチ(小川柔術)
vs
ケティ・ヤマシタ(アリアンシ)

■黒ガロ1回戦
イ・サンス(トラスト)
vs
ジョン・カルロス倉岡(AXIS)

■黒プルーマ
加古拓渡(GSB)
vs
トーマス・リスボア(アリアンシ)

■黒ガロ1回戦
吉岡崇人(徳島柔術)
vs
ジョアオ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)

■黒ガロ1回戦
芝本幸司(トライフォース)
vs


■黒ガロ2回戦
ジョン・カルロス倉岡(AXIS)
vs
ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)

■黒プルーマ2回戦
柳沢友也(PUREBRED大宮)
vs
パウロ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)

■黒プルーマ2回戦
山田秀之(デラヒーバジャパン)
vs
ラエルシオ・フェルナンデス(アリアンシ)

■黒プルーマ2回戦
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
vs
小山貴之(福住柔術)



日本人の試合がメインではありますがミヤオ兄弟やブルーノ・マルファシーニ、ラエルシオ・フェルナンデスら世界の強豪が相手なので、さながら狷本vs世界瓩箸い辰人輿蝓

どの試合も必見!というモノのみを厳選してますので試合内容はもちろんですが資料的価値も高いと自負しております。

こうやって映像を残すというのは非常に大事なこと。

今回と次回はいつも以上に必見といえるでしょう。

試合だけでなくレギュラーコーナーもありますので、そちらもトバさずにぜひ見てください!


2
コレクション紹介はまだ柔術衣の入手自体が難しかった99年末に
ゲットした自身初の青キモノ。
果たしてどうやって手に入れたのか、その入手経路はいかに?!



3
BJJテクニックファイルは爍複亅瓩海肇献腑鵝Ε撻疋蹇
今は亡きカーウソン・グレイシーの黒帯であるJPのテクニックを初公開!


コチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・マツモト(34)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年05月23日

【大会】IBJJFアジアンオープン開催決定!今年は愛知で開催に

ao_IBJJF
唯一のアジア圏でのIBJJF主催大会であるアジアンオープン。

今年は例年開催してきた会場が使えずに開催が危ぶまれていましたが、この度IBJJFから開催決定のリリースがありました。

日時は11/8&9の2日間で場所は愛知県武道館です。

一時期は開催できないかも、という話でしたが今年も開催されるのは喜ばしいことです。

また今大会1週間前の11/1&2にはASJJF(アジアンスポーツ柔術連盟)主催のアジアオープンも開催されるのが早々に発表されています。

asjj ao
ASJJF(アジアンスポーツ柔術連盟)主催の
アジアオープン大会ポスター。
今大会は11/1&2の2日間、青山記念武道館で開催。



なので2週連続で連盟違いのアジア大会が開催されるということになります。

まさにこれは過去に2つの世界選手権、ムンンジアルとコパドムンドが1週間違いで開催されていた12年前のブラジルと状況と同じ!

これは海外から大会に出る選手は1回の来日で2大会に出れるというのは好都合でしょう。

この2大会は海外からの参戦も多くなることが見込まれるので今から非常に楽しみです。



【今日が誕生日の柔術家】タミー・グレゴ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月01日

【柔術プリースト】#124:パン選手権2014

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはまだ終わったばかりのパン選手権2014です。

一時期は大会終了後2ヶ月遅れとかザラでしたが、今回はタイムリー!

LAのアーヴァインで開催されたIBJJFのパン選手権から日本人選手の試合を中心にお送りします。

配信するのは以下の選手の試合です。

■アダルト紫帯ガロ
石井拓(AOJ)

■アダルト茶帯プルーマ
玉木強(CARPE DIEM)

■アダルト茶帯ペナ
田井達也(ラグナロク柔術)
佐藤晶彦(CARPE DIEM)

■マスター2黒帯ペナ
アレッシャンドリ・オガワ(小川柔術)

■マスター4黒帯レーヴィ
竹内政司(X-TREME柔術アカデミー)

■アダルト黒帯メイオペサード
サダ・クリモリ(Impacto BJJ)

■アダルト黒帯ガロ級
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)


特筆すべきはやはりアダルトカテゴリーで日本人として唯一の優勝者となった石井選手とヨーロピアン&パンで2大会連続入賞の芝本選手でしょう。


08
石井拓(AOJ)



01
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)



石井選手はメンデス兄弟の愛弟子でAOJで単身修行中。

いうなればヤングライオンが海外武者修行でメキシコやヨーロッパに行っている感じでしょうか?!

そんな若武者・石井選手の準決勝&決勝戦を見て頂きます。

芝本選手も初戦では見事な一本勝ちしましたが、続く準決勝戦では50/50からのスイープ合戦の末に絞めで失神という衝撃的なフィニッシュに。

まさに激闘といえる一戦でした。

さらにマスター2黒帯で見事に準優勝となったオガワの試合も1回戦から決勝戦までの3試合全てを配信、そしてサダvsキーナンの初対戦も!

今回もここでしか見られない映像満載です!

番組冒頭では新コーナーの新作DVD紹介もスタート!

初回は大好評発売中のマイケル・ランギの新作DVD3巻をレビューしてます。

ぜひ見てみて下さい!


2
新コーナー、新作DVD紹介はイサミ東京店の店長・中里くんによる
マイケル・ランギ 3部作のレビューです。
ランギDVDはブルテリア&イサミ各店舗で好評発売中!
■購入は以下から!

b
スパイダー


c
リバースデラヒーバ


a
デラヒーバ


3
レギュラーコーナー「BJJテクニックファイル」は
ヨースキ・ストーのテイクダウンから腕十字のコンビネーション。
20:54からスタート!


■#124はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



oki2
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 OKINAWA』

日時:4/13(日)
会場:沖縄県立武道館(奥武山公園・那覇)
■会場詳細はコチラから!

大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
最終締め切り:4/7 (月)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
無差別級追加エントリー 各+1000円
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円
■大会詳細はコチラから!


なお今大会に新たにスポンサーが追加されました。

いま世界的に人気ブランドの『Shoyoroll』です。

Shoyorollから賞品として柔術衣の提供を頂いたので、それを柔術部門の青・紫・茶帯のアダルト無差別級優勝者に副賞として贈呈したいと思います。

このShoyorollの柔術衣は国内外で入手困難で、一度生産したモデルの再生産はないというレアキモノ。

奮ってご参加を!

syr
LAにあるSYRのオフィスにてヴィンスと直接ミーティングが実現し、
大会スポンサーシップ契約が締結されました。
今後のプリーストカップには2015年1月まで開催の全ての大会で
柔術衣が賞品として用意されます。




©Bull Terrier Fight Gear


2014年03月08日

【パン2014】IBJJF TVでライブブロードキャスト実施

1
来週の水曜日からLAのアーヴァインで開催されるIBJJF主催「パン選手権2014」。

今大会のインターネット生配信がIBJJF TVで実施されます。

この生配信は全12面ある各マットを選ぶことができるマルチマット方式で、さらに1日ごとの購入も可能。

価格は全5日間&リプレイで$49.95(約5000円)、茶帯&黒帯の試合が行われる土曜&日曜の2日間&リプレイで$24.95(約2500円)、その他は1日あたり$10.95(約1100円)となっています。

最終日のみの購入はできずに黒帯の試合が見たい場合は週末2日間の$24.95を支払わなければなりません。

今年のパン選手権は日本人選手の参加が少なめですが、それ以外の見所は多く、ミヤオ兄弟が兄弟揃っての参戦やカイオのウルトラヘビー級のエントリーなど話題性も充分。

とにかくLAで行われている大会が日本にいながらにして見られるのは柔術マニアにとっては嬉しいことでしょう。

全日を見るのはさすがにシンドいですが週末の茶&黒帯だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか?!


2
■IBJJF TV、詳細&購入はコチラから!






©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月24日

【ヨーロピアン】ヨーロピアン2014:大会初日の様子

01
1/23(木)から4日間に渡ってポルトガルのリスボンで開催されるIBJJF主催「ヨーロピアン2014」。

大会会場はいつもと同じカサル・ヴィストソです。

続きを読む

2013年12月03日

【柔術プリースト】#108:ワールド・マスター&シニア 2013

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今週配信したのは10月にLAで開催されたIBJJF主催「ワールド・マスター&シニア2013」です。

この大会は30歳以上の選手のみが出場できる世界大会で、その名の通りマスターとシニアの選手のための世界選手権です。

そこに出場した日本人選手の試合を中心に紹介します!

塚田市太郎、ヨースキ・ストー、正田正治、エジソン・カゴハラ、金古一朗、八木沼志保、大内敬、新川武志、荒牧誠、桑原幸一などなど、日本を代表するマスシニ世代の選手が大挙参戦し、好成績を収めました。

中でもエジソン・カゴハラの奮闘ぶりは見ものでしょう。

さらに試合後のインタビューではコメント最中に悔し涙を流すエジソンの姿も。

まさかそこまで本気で今大会に賭けてたとは!

2年連続参戦だったエジソン、来年の再チャレンジに期待せずにはいられません。

そんなアツい中年柔術家たちの激闘の数々、ぜひ見て頂きたいと思います!


3
負けて悔し涙のエジソン!
そこまで今大会に賭けてたなんて知りませんでした!



06
1回戦負けでもこんなにビッグスマイルの人もいるのに!
エラい違いです!



2
BJJテクニックファイルは香港柔術・荒牧誠氏のテクニック。
これから数週間に渡って得意技を紹介してくれます!



■#108はコチラから!




フ〓リーストカッフ〓2014東京
【大会告知】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014』
日時:1/19(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クリスチアーノ・マルセロ(36)、デヴィッド・ジュリアーノ・レモス(31)、シャンチ・アベーリャ(32)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年11月17日

【レポ】アジアオープン2013:女子の試合

アジアオープン2013の最後の試合レポートは女子の試合です。

今大会では茶帯、黒帯の試合は組まれずに紫帯までの試合となりました。

女子でも男子と同様に海外勢の来日が多く日本vs世界の試合が見られたのはアジアオープンならでは。

国際色豊かな女子の試合の数々をまとめて紹介します。


01
紫帯プルーマで優勝した芝本さおり選手(トライフォース)は
芝本幸司婦人。
長く怪我で試合から遠ざかっていましたが試合復帰&優勝。
大会後に茶帯昇格が発表されました。



続きを読む

【レポ】アジアオープン2013:アダルト紫帯の試合

アダルト紫帯は各階級ごとに将来を嘱望された若手選手がおり、また彼らが前評判通りの活躍をして大会を盛り上げました。

中でも特筆すべきは嶋田裕太選手(ネクサセンス)でしょう。

日本人初のブラジレイロ王者&ムンジアル準優勝、そしてLAで開催されたプロ柔術、Jiu Jitsu Battleにも出場と国内はもちろん海外でも注目されている若手有望株です。


01
嶋田裕太(ネクサセンス)


続きを読む

2013年11月13日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト茶帯の試合

01
大会2日目の最後に行われたアダルト茶帯のアブソルートのトーナメント。

そのトーナメント組み合わせが決して意図的なものではないのでしょうが、クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)にとって非常に厳しいものになっていました。

1回戦でメイオペサード優勝のサダ・クリモリ(Impacto BJJ)、2回戦でメジオ優勝のアンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)と1・2回戦からライバルと戦わなければなりません。

続きを読む