English Portugues Japanese

IBJJF

2020年09月06日

【ニュース】IBJJFルール講習会・ウェビナーの日本語版開催

00
IBJJFが開催しているルール講習会のウェブ版のセミナー、ウェブ+セミナーでウェビナーとして定期的に開催されてます。

これまでは英語版とポルトガル語版でしか行われていませんでしたが、このたび日本語版が初開催されることとなりました。

続きを読む

2020年08月22日

【ニュース】IBJJFパン、10月にフロリダで開催へ!

pan2020
日本時間の8/21の朝、急に知らされたニュースに驚かされました。

それはコロナパンデミックにより大会開催の1週間前に急遽開催延期となっていたIBJJFパンが10月に開催されるという突然のニュースでした。

このIBJJFパン開催に先立ってIBJJFは来月にテキサスのオースティンとオクラホマ州オクラホマでオープン大会の開催を発表しており、その2大会はすでに参加申し込みも受付開始しています。

そしてここにきて、10/8-11の4日間、フロリダ州オーランドのキシミーにあるシルバースパーズアリーナでIBJJFパンが開催されることとなりました。

フロリダではIBJJFよりも先にAJPがアブダビグランドスラムツアーの開催を発表しており、それは9/27にフロリダのマイアミで開催予定ですが、まさかその直後にIBJJFパンが開催されることになるとは予想だにしてませんでした。



スクリーンショット (774)
■AJPグランドスラムツアー・フロリダ大会の詳細はコチラから!



この大会開催告知と同時に参加申し込み受付も開始しており、その他の大会と同様にIBJJFが独自に制定したセーフティープロトコルに則って大会は開催され、参加人数の制限や一般観客の入場不可、選手1人につにコーチ1人だけ帯同可能など、様々な制限がある様子です。

大会開催まで2カ月を切っているこのタイミングでの発表は異例のことで、まさに青天の霹靂といったところ。

コロナパンデミックが収まる気配のないアメリカだけに開催延期のまま年内の開催はないのでは?と思われていたIBJJFパンが開催されること、そしてアダルト黒帯は通常ならば大会参加に必要な出場ポイントが免除されており、誰でも出れるというのは朗報です。

とはいえ世界的に見てもまだコロナパンデミック真っ最中のアメリカ、そしてその中でも特に酷い状況のままといっていい都市の1つであるフロリダでの開催は、罹患のリスクも高いだけに出場するのにかなりハードルが高いと言わざるを得ません。

それだけでなく日本からアメリカに行くにはいまだ渡航制限があり、8月20日現在、米国疾病予防管理センター(CDC)は日本の感染症危険情報度合いをレベル3(渡航中止勧告)としています。

そのため日本から米国へ渡航する場合は入国から14日間にわたり、ホテル等の宿泊施設にて待機を命じられます。

なのでもしアメリカに入国したのなら2週間の隔離があり、またアメリカから帰国した場合も同様なので、往復で合計で4週間もの行動制限が課せられてしまいます。

■「新型コロナウイルス・アメリカ入国制限と対象国の最新情報」はコチラから!

それに加え、もしアメリカ滞在中にコロナウイルスに罹患してしまった場合、その治療費は莫大な金額となるのは明白で、その金額はゆうに数万ドル、日本円で数百万円にもなることを覚悟しなくてはなりません。

果たしてそこまでのリスクを覚悟してまで参戦すべきかどうか、慎重に判断すべきことでしょう。


pan2020
■IBJJFパン・大会詳細はコチラから!



00
【Today's pick up】
ブルテリア柔術衣「MUSHIN ver.9」

好評発売中のブルテリアの新作「MUSHIN ver.9」。
RIZINでサトシ・ソウザが着用したことにより、発売前から問い合わせが殺到した人気モデル。
売り切れる前にGETだぜ!



01
■白はコチラ



m04
■青はコチラ



m07
■黒はコチラ




btt
©Bull Terrier Fight Gear



kb
橋本欽也が主宰するオンラインサロン「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり最新情報も満載。
現在、新メンバーを募集中で、サロン詳細&加入はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



ダウンロード
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年07月08日

【レポ】IBJJFオンラインルール講習会"ウェビナー"

00
いまだ続く世界的なコロナパンデミック。

とはいえアメリカでは来月から大会再開が予定されており、AJPの世界各地で大会開催のスケジュールが発表されています。

ですがIBJJFだけは既報の通りに2020年の大会開催はなしで、それと同様に大会開催と同時開催されていたルール講習会の実施もありませんでした。

ルール講習会はレフリー候補生の育成だけでなく、黒帯登録や段位取得に必要な資格でもあるため、このルール講習を受けられないと諸々の申請ができないということになってしまいます。

そのためにIBJJFが行ったのがオンラインでのルール講習会、ウェビナーです。

続きを読む

2020年06月24日

【告知】IBJJFがウェブ上のルール講習会"ルールウェビナー"を実施

w1
IBJJFがウェブ上のルール講習会"ルールウェビナー"を6/28と7/4(現地時間)に実施します。

コロナショックのせいで2020年度の大会キャンセルを早い段階で決断し告知したIBJJFですが、そのせいで大会に付随した行われていたルール講習会も不開催となってしまっていました。

ルール講習会はただ単にルールを勉強するだけでなく、レフェリーライセンス取得のための勉強会だけでなく、このルール講習会に出ないと黒帯の登録や段位取得もできなくなってしまいます。

そのため黒帯の登録や段位取得申請のためにウェブ上でルール講習会を行うルールウェビナーなるオンラインセミナーを行います。

続きを読む

2020年06月09日

【画像】ブラジル時代のムンジアル:その2(試合動画もあり)

i1
前にも紹介したブラジルで開催されていた時代のムンジアルの画像を紹介します。

初開催だった96年から2006年までの11年間はブラジル・リオデジャネイロのチジューカテニスクルービで開催されていました。

この会場は照明が暗く、またマットが黄×緑のブラジルカラーで写真が撮りにくかったことを覚えてます。

また進行がブラジリアンタイムで、時間通りに始まらないのは当たり前で、遅れに遅れて試合が終わるのは夜中になってしまうこともあり、それ故にブラジルで警官に襲われたという事件もありました。

■ブラジル警官襲撃事件の紹介者コチラから!

そんなこともあったブラジル時代のムンジアルの懐かしい画像の数々、ぜひ見てみて下さい。


続きを読む

2020年05月28日

【動画】IBJJFヨーロピアン2020

euros20
IBJJFがオフィシャルチャンネルにヨーロピアン2020の試合動画を多数公開しています。

この試合動画の数々は有料動画配信サイトのフローグラップリングでライブストリーミングされ、その後はアーカイブも公開されていましたが、フローの有料会員しか見れませんでした。

それらが一挙公開されたので、無料視聴可能となりました。

その中にはアダルト黒帯の決勝戦をも含んでおり、橋本知之が優勝したルースター決勝戦やキーナン・コーネリアスが一本負けしたオープンクラス決勝戦、そしてマイキー・ムスメシがエントリーして話題になったオープンクラスも公開中です。

続きを読む

2020年05月25日

【ニュース】IBJJFが2020年の大会休止&ジム再開ガイドライン公開

IBJJF-covid-banner02
IBJJFはウェブサイトで2020年のカレンダーに掲載されているすべてのイベントをサスペンドしたことを明らかにしました。

この声明文の中でIBJJFは新型コロナウイルス収束後の大会のインフラ整備について様々なレベルの政府や地域社会と協力して取り組んでいることも伝えています。

そしてすでに2020年のIBJJFメンバーシップを更新済の会員は2020年3月1日に遡って会費が免除され、イベントスケジュールが再開されるまでの間はその会費が免除されるとのことです。

さらにIBJJFは新型コロナウイルスのパンデミックからジムを安全に再開するためのガイドラインをまとめた文書をPDFで公開しました。

続きを読む

2020年05月01日

【画像】ブラジル時代のムンジアル

i1
IBJJFがSNSで懐かしい画像を多数アップしています。

それはまだムンジアルがブラジルで開催されていた頃の画像で、初開催の96年から2006年までの10年間に撮影されたものです。

続きを読む

2020年03月19日

【ニュース】IBJJF、ムンジアルも開催延期に!

world-2020-home-update
つい先日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、IBJJFパンと当面の大会開催の全てのキャンセルを発表したIBJJFがムンジアルをも開催延期にすることを発表しました。

アメリカ政府は8週間の予定で50人以上のイベント開催自粛を要請してましたが、ムンジアルの開催は5月の最終週の開催が恒例となっており、この8週間の自粛要請期間には当てはまりませんが、IBJJFは事態長期化を懸念したか、早々にムンジアル開催延期を決定したようです。

これによりIBJJFが制定するランキングの集計時期やポイント算出など、様々な問題が起こりえますが、いまはそれよりもウイルス感染拡大回避を優先したということかと思われます。

一応は8週間の自粛期間を設けるとのことでしたが、これは最短であり場合によっては延長もあり得るため、最悪の場合は8月のワールドマスターも開催できるかどうかといったところでしょう。

日本では徐々に新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化しつつありますが、海外ではまだまだ猛威を振るっており、特にアメリカでは深刻な様子で、スーパーやガソリンスタンド、ドラッグストア以外は続々とクローズされており、ワールドマスターの開催地として知られるラスベガスでもカジノが一時休業するという異常事態になってます。

ラスベガスのカジノは24時間営業で不眠不休として知られてますが、その街のシンボルともいえるカジノが一時的とはいえ営業されていないというのは過去に例がないのではないでしょうか。

また多数の強豪ジムがあるロサンゼルスでは監獄でのウイルス感染リスクを減らすために受刑者の解放措置が取られることとなったようで、ロサンゼルスの街はさらなる不安を余儀なくされているとのことです。

■そのニュース詳細はコチラから!

さらにこの一時的な閉店により失業者が多数出ることも確実視されており、物資の不足も相まって人々が暴徒化して暴動が起こることも懸念されています。

そういったこともありいまは自衛のために銃砲店に人が殺到していて、ますます混沌の度合いが増してきています。

国内では今週末にJBJJFが宮城と岡山で大会開催を再開し、ASJJFやSJJJFも徐々に大会再開となっていくと思われますが、国外ではまだまだ大会開催の再開時期は不明なままです。


■IBJJFのムンジアル開催延期のニュースはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2020年03月14日

【大会】IBJJF主催大会、4月末まで全大会開催キャンセルに!

i1
日本時間の3/12の早朝に急遽告知されたIBJJFパンのキャンセルは世界の柔術シーンに大きな衝撃を与えました。

なにしろIBJJFパンはムンジアルと同じく96年から開催され続けている歴史があり、ムンジアルの次に重要視されている大会でもあります。

そのIBJJFパンが大会1週間前という土壇場でキャンセルされたことはこのコロナウイルスの世界的なパンデミックの深刻さを表してるといえるでしょう。

続きを読む

2020年03月12日

【大会】IBJJFパンも延期に!

p
いよいよ来週に開催が迫っていたIBJJFパン。

ですが開催1週間前の今日、ロサンゼルス時間の14:00過ぎにIBJJFのウェブサイトで発表があり、コロナウイルス感染予防のため開催延期となることが知らされました。

96年に初開催されたIBJJFパンですが、延期またはキャンセルとなるのは初めてのことで、WHOのパンデミック宣言もあり、いよいよ世界的に感染被害が本格化してきた様相です。

続きを読む

2020年02月16日

【レポ】IBJJFパンキッズ2020:2日目

pk
2月8、9日、ロサンゼルスのロングビーチで開催されているIBJJF主催「パンキッズ2020」大会2日目はCARPE DIEMが誇る中学生勢が多数出場した。

中学生達のコンペティションクラス「カルペディエム・ユース」としてブラジリアン柔術に打ち込む彼らの戦いぶりを伝えたい。

続きを読む

2020年02月15日

【レポ】IBJJFパンキッズ2020:初日

pk
2月8、9日ロサンゼルスのロングビーチで開催されているIBJJF主催「パンキッズ2020」。

その大会初日に行われた女子ジュニア1灰帯ルースター級で中川輝世羅 (CARPE DIEM HOPE) が優勝を果たした。

続きを読む

2020年02月11日

【結果】IBJJFパンキッズ2020:主な入賞者

pk
2/8-9の2日間、カリフォルニア州ロサンゼルスのロングビーチで開催されたIBJJF主催「パンキッズ2020」の主な入賞者です。


続きを読む

2020年02月09日

【レポ】IBJJFヨーロピアン2020:黒帯決勝戦・その2

00
IBJJFヨーロピアン2020、女子のアダルト黒帯決勝戦をレポートする。

女子は男子に比べて選手層が薄いのは疑いようのない事実ではあるが、トップ選手の何人かは男子にも劣らないテクニックと実力を持っている。

今大会でWゴールドを達成したフィオン・デービースもそんな実力派の一人で、これまではその容姿端麗具合から"ビジュアル先行型"と思われていた。

続きを読む

2020年02月07日

【レポ】IBJJFヨーロピアン2020:黒帯決勝戦・その1

00
2020年のIBJJFシーズンオープナーイベントのヨーロピアン。

毎年この大会からムンジアルまでのIBJJFサーキットが始まっていくのが通例となっている。

今大会で大きな話題となったのは橋本知之がタリソンから勝利してのヨーロピアン制覇とキーナンの一本負けだった。

続きを読む

2020年02月02日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その5

euros20
ポルトガルのリスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」の女子アダルト紫帯&女子ジュブナイル青帯の結果です。

続きを読む

2020年01月31日

【結果】IBJJFヨーロピアン2020:アダルト黒帯の結果

euros20
1/26(日)、ポルトガル・リスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」のアダルト黒帯の結果です。


続きを読む

2020年01月28日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その4

euros20
ポルトガルのリスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」のマスター黒帯の主な結果です。


続きを読む

2020年01月27日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その3

euros20
1/26(日)、ポルトガルのリスボンで開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2020」最終日のアダルト&ジュブナイルの主な結果です。

続きを読む

2020年01月26日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その2

euros20
現在、ポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2020」の主な結果です。

続きを読む

2020年01月23日

【結果】ヨーロピアン2020:主な結果・その1

euros20
現在、ポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2020」の主な結果です。

続きを読む

2020年01月21日

【大会】IBJJFヨーロピアン2020に日本から出場する主な選手

euros20
1/21〜26までの6日間、ポルトガルのリスボンで開催されるIBJJF主催「ヨーロピアン2020」に日本から出場する主な選手です。

日本から以下の選手たちが参戦しています。


続きを読む

2019年11月22日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019:女子

08
IBJJFのロングビーチインターナショナルオープンの女子の試合を紹介する。

女子の試合はローカル大会ゆえに黒帯は3試合、茶帯はオープンクラスの1試合のみしか行われなかった。

やはり男子に比べると女子の選手はそう多くなく、IBJJF主催大会と言えどもローカル大会ともなるとこれぐらいしか組まれないのが実情なのだ。

続きを読む

2019年11月19日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019:その他の試合

00
前回は「IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019」のアダルト黒帯の決勝戦を紹介したが、今回はその他の試合をレポートしていく。

紫帯ではムンジアルレベルの屈指の好カードが実現している。

それがジャンセン・ゴメスvsマテウス・ホドリゲスの一戦で、ジャンセンは今年のムンジアル王者で茶帯のジョナタ・ゴメスの弟。

ジャンセン&ジョナタともファベーラで生まれ育ち、父親はヒカジーニョの黒帯のアントニオ・カーロスという柔術一家の出身だ。

続きを読む

2019年11月18日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナルオープン2019:アダルト黒帯

00
11/3(日)、ロサンゼルス・ロングビーチで開催されたIBJJF主催「ロングビーチインターナショナルオープン2019」のレポートを紹介する。

この大会はムンジアルでお馴染みのUCLAロングビーチ校の体育館施設であるピラミッドで開催されており、同会場は他にムンジアル、パンキッズでも使われているロサンゼルスの柔術の聖地的な場所といっていいだろう。

続きを読む

2019年11月17日

【速報】リダ・ハイサム、IBJJF NYフォールオープンで優勝

hai
11/16(土)、ニューヨークのCCNYで開催されたIBJJF主催「ニューヨーク・フォールインターナショナルオープン2019」でリダ・ハイサムが優勝しました。

ハイサムはアダルト黒帯ヘビーにエントリーし、4試合を戦い抜いての優勝で、その4試合のうち決勝戦を含む3試合で一本勝ちという快勝ぶりでした。

今大会に先立ってNY入りして現地のアカデミーで練習していたハイサムはヘンゾグレイシー・アカデミーでゴードン・ライアン&ジョン・ダナハーと、マルセロガルシア・アカデミーでも嶋田裕太やポール・シュライナーらとマットをシェアして様子。

そういった入念な準備が功を奏して今回の好成績に繋がったのは間違いないでしょう。

土曜日がギで日曜日はノーギが行われますが、ノーギには不出場のハイサム、その理由を尋ねると「申し込みが遅れたために早期締め切りとなってエントリーできなかった」とのこと。

昨年のIBJJFアジアでも事務手続きの不備でエントリーできなかったハイサムはこういったケアレスミスが多いように感じます。

本来であれば今大会のノーギで優勝または入賞してポイントを獲得し、来月ロサンゼルスで開催されるワールドノーギに出るという目標があったにも関わらずにこの体たらくは残念という他ありません。

これだけの戦績を残せるほどの実力がありながらも本人の注意不足によるエントリーミスは非常にもったいないので、せっかくの好成績を残したばかりではありますがハイサムには猛省を促したいと思います。

とはいえ、全米でもロサンゼルスに次いで柔術が盛んな土地柄であるニューヨークで開催されたビッグトーナメントで優勝したのは快挙なので、残り少なくなったニューヨーク滞在でもさらなる研鑽をして今月末のクインテットのワンマッチに向けて最終調整をしてくることでしょう。

クインテットでのハイサムの試合ぶりにも期待大です。



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月22日

【レポ】IBJJFアジア:ジュブナイル青帯

00
前回のレポートではアダルト青帯の試合を紹介したが、今回はジュブナイル青帯をレポートする。

柔術の帯色で青帯はアダルトとジュブナイルの年齢分けがあり、ムンジアルやパン選手権などはジュブナイルも1と2に分かれており、ジュブナイル1は16歳、ジュブナイル2は17歳の1年のみがエントリー可能になっている。

だが今大会ではジュブナイルは1と2の分別はなく、1と2をまとめてジュブナイル青帯として試合が行われた。

続きを読む

2019年09月21日

【レポ】IBJJFアジア:アダルト青帯

00
柔術において青帯というのは白帯の次の段階の帯で、レベル的には初心者を脱したぐらいと思われる。

だが今大会のような国際大会で優勝するような選手ならば、すでに紫帯でも通用するレベルにあるといっていい。

青帯はIBJJF規定の帯の修了年数は2年とすべての帯の中で最長であり、それだけに青帯といえども選手のスキルレベルは様々で玉石混合。

そんな中においてこのアジア最大規模の大会で優勝した選手たちは、これからも活躍が期待できるだけに、今後も要チェックだろう。

続きを読む

2019年09月17日

【レポ】IBJJFアジア2019:女子アダルト紫帯&茶帯

00x
大会初日に行われた女子のアダルト紫帯と大会最終日に行われた女子アダルト茶帯をレポートする。

紫帯にはムンジアルにも出場していた石黒遥希、カロリーナ・クワハラ、フェルナンダ・クリストが揃って優勝し、盤石の強さを見せていた。

逆に茶帯には日本勢の参戦はなく、また試合があったのはフェザーとオープンクラスの2階級のみで、やや寂しい状況だった。

続きを読む