English Portugues Japanese

IBJJF

2019年06月17日

【レポ】ムンジアル2019:黒帯決勝戦 Part.4

IMG_1063
ムンジアル黒帯決勝の最後のレポートは女子のヘビー以降の重量級カテゴリーをまとめで紹介する。

ここ数年のムンジアルの女子黒帯無差別はガヴィ・ガルシア、ドミニカ・オベレニテ、タイアニ・ポルフィリオらのアリアンシ勢が猛威を振るっていたが、ガヴィがステロイドチェックに引っかかってそれを機にMMA転向し、ドミニカも柔術をセミリタイア、さらにタイアニもステロイド発覚で4年間のサスペンドと、3人とも今年のムンジアルには不参加となっていた。

続きを読む

2019年06月14日

【レポ】ムンジアル2019:黒帯決勝戦 Part.3

02
ムンジアルの女子黒帯決勝戦では新世代のチャンピオンのマイサ・バストスの黒帯初戴冠が印象に残った。

色帯時代のマイサはライトフェザーで試合をしていたが今年からルースターに階級を落としてヨーロピアン、パン、そしてワールドプロも連覇。

ブラジレイロは対戦相手不在でライトフェザーでエントリーし準優勝に終わったものの、ルースターでは敵なし状態で、その勢いのままムンジアルも制覇してしまった。

続きを読む

2019年06月13日

【レポ】ムンジアル2019:黒帯決勝戦 Part.2

00
ムンジアルの最大の注目は黒帯無差別の決勝戦で、この試合は男女とも階級別の試合が全て終わった後のメインイベント的なポジションで行われるのが常だ。

2017年から今年まで、3年連続で同じ対戦となった黒帯無差別決勝戦はブシェシャとロの顔合わせで、この2人はプライベートでも親交があり、また練習仲間でもあるという間柄。

そのために昨年の無差別決勝では階級別の試合で負傷したロにブシェシャが勝ちを譲って、試合なしの不戦勝でロが無差別優勝を果たしたが、これはロの望むところではなかっただろう。

続きを読む

2019年06月11日

【レポ】ムンジアル2019:黒帯決勝戦 Part.1

00
ムンジアルの黒帯決勝戦のレポート、まずはルースターからミドルまでを紹介したい。

年々、出場するためのハードルが上がり続けているムンジアルの黒帯カテゴリーは今年からエントリーに必要なポイントが80ポイントになり、日本から参加する選手もグッと少なくなってしまった。

続きを読む

2019年06月08日

【結果】ムンジアル2019:最終日の結果

00
5/30-6/2までロサンゼルスのロングビーチで開催されていたIBJJF主催「ムンジアル2019」の大会最終日の主な結果です。


続きを読む

2019年06月04日

【結果】ムンジアル2019:黒帯の主な結果

world2019
5/30-6/2の4日間、ロサンゼルスのロングビーチで開催されたIBJJF主催「ムンジアル2019」の黒帯の主な結果です。


続きを読む

2019年06月03日

【ムンジアル】大会最終日の組み合わせ

world2019
5/30-6/2までロサンゼルスのロングビーチで開催されているIBJJF主催「ムンジアル2019」の大会最終日の対戦組み合わせです。

続きを読む

【結果】ムンジアル2019:3日目の結果

IMG_0408x
5/30-6/2までロサンゼルスのロングビーチで開催されているIBJJF主催「ムンジアル2019」の大会3日目の主な結果です。


続きを読む

2019年06月02日

【結果】ムンジアル2019:2日目の結果

00
5/30-6/2までロサンゼルスのロングビーチで開催されているIBJJF主催「ムンジアル2019」の大会2日目の主な結果です。


続きを読む

2019年06月01日

【結果】ムンジアル2019:初日の結果

m
5/30-6/2までロサンゼルスのロングビーチで開催されているIBJJF主催「ムンジアル2019」の大会初日の主な結果です。


続きを読む

2019年05月11日

【ニュース】タイアニ・ポルフィリオ、ステロイドチェックで陽性反応

12
衝撃的なニュースが飛び込んできました。

昨年のムンジアル・女子黒帯Wゴールドのタイアニ・ポルフィリオがUSADAのチェックにパスできず4年間の出場停止処分となったのです。


続きを読む

2019年05月07日

【結果】ブラジレイロ2019:アダルト黒帯の結果

00c
5/5(日)、ブラジル・サンパウロのジナシオ・ジョゼ・コレアにて開催されたCBJJ主催「ブラジレイロ2019」のアダルト黒帯の結果です。

ブラジレイロはポルトガル語でブラジル選手権という意味で、英語ではブラジリアンナショナルとなり、日本でいうところの全日本選手権のブラジル版です。

続きを読む

2019年02月19日

【結果】パンキッズ2019:主な入賞者

pk
2/17(日)、ロサンゼルス・ロングビーチで開催されたIBJJF主催「パンキッズ2019」の主な入賞者です。


続きを読む

2019年01月22日

【結果】ヨーロピアン2019:アダルト黒帯の結果

00
1/20(日)、ポルトガル・リスボンのオジベオラスにて開催されたIBJJF主催「ヨーロピアン2019」のアダルト黒帯の結果です。


続きを読む

2019年01月21日

【結果】ヨーロピアン2019:日本から参戦した選手の入賞者・その2

00
現在、ポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2019」。

続きを読む

2019年01月19日

【結果】ヨーロピアン2019:日本から参戦した選手の入賞者

00
現在、ポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2019」。

今大会は1/15から1/20までの6日間の開催で世界最大規模を誇っています。

続きを読む

2018年12月18日

【結果】IBJJFワールドノーギ2018:アダルト黒帯の主な結果

00
ロサンゼルス・アナハイムのアナハイムコンベンションセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドノーギ2018」のアダルト黒帯の主な結果です。


続きを読む

2018年12月17日

【結果】IBJJFワールドノーギ2018:日本から参戦した選手の主な結果

World-No-Gi-2018-Poster
ロサンゼルス・アナハイムのアナハイムコンベンションセンターで開催されているIBJJFワールドノーギ2018の日本から参戦した選手の主な結果です。


続きを読む

2018年11月12日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:アダルト紫帯

00
IBJJFロングビーチインターナショナル2018で個人的に最も注目していたのはアダルト紫帯のオープンクラスだ。

アダルト紫帯のオープンクラスには階級別で優勝・入賞した強豪がこぞってエントリーし過酷な潰し合いの様相を呈していた。

それはアフィリエーションアカデミーの関係にあるAOJとATOSの選手でも関係なく、1回戦でATOSvsAOJの顔合わせも実現していた。

続きを読む

2018年11月11日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:まとめ

00
IBJJFロングビーチインターナショナル、その他の試合まとめを紹介する。

前述した通りに1☆というローカル大会レベルの今大会だったが、そこはIBJJFブランドだけに名の知れた強豪選手が多数参戦して華を添えていた。

続きを読む

2018年11月06日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:アダルト黒帯

00
11/4(日)、カリフォルニア・ロングビーチのウォルターピラミッドにてIBJJF主催「ロングビーチインターナショナル」が開催された。

この会場はムンジアルが開催されてることで知られているが、ムンジアル以外の大会も行われており、今大会の他にワールドノーギや過去にはワールドマスターも行われている。

続きを読む

2018年09月23日

【結果】IBJJFパンノーギ2018

00
先週末にアメリカ・ニューヨークで開催されたIBJJF主催「ノーギパン2018」のアダルト黒帯の結果です。

今大会には昨年フィンランドで開催されたADCCでWゴールドだったゴードン・ライアン(ヘンゾグレイシー)がIBJJF大会に初エントリーしたことで大きな注目を集めていました。

ゴードンがエントリーしたのはアダルト黒帯のウルトラヘビーとオープンクラスで、その階級&無差別の5試合すべてを一本勝ちしてWゴールドを達成。

特にオープンクラス決勝戦はATOSのカイナン・デュエルテをも極め、キング・オブ・ニューヨークの名を欲しいままにしています。

続きを読む

2018年09月16日

【レポ】IBJJFアジア2018:マスター黒帯その2

00
IBJJFアジアの最後の試合レポートはマスター黒帯のマスター3以降の試合をまとめて紹介する。

毎年マスター黒帯ではレジェンドクラスのベテラン黒帯が参戦し大会に花を添えているが、今年はレジェンド中のレジェンド、メガトン・ディアスが参加申し込み直前にエントリーし驚かせた。

メガトンはかのマッケンジー・ダーンの父親にして自身も多数のタイトルを持つ偉大なる柔術家。

今大会の1週間前にもラスベガスで開催されたワールドマスターでWゴールドを獲得しており、2週連続の試合参戦となる。

続きを読む

2018年09月15日

【レポ】IBJJFアジア2018:マスター黒帯その1

00
アダルト黒帯の試合レポートは既報の通りだが、今回は30歳以上のカテゴリーである黒帯のマスター1と2の試合を紹介したい。

マスター1はアダルト黒帯のすぐ上の年齢カテゴリーで、中にはアダルトでも十分に戦える選手が多数いたが、その中でも注目だったのはエドゥアルド・テレスだ。

テレスはアンドレ・ガウヴァオン、コブリンヤ、ルーカス・レプリらを輩出した伝説のチーム"TT Jiu Jitsu"をフェルナンド・テレレとともに創設したレジェンド。

とはいえテレスはまだ現役バリバリでマスターカテゴリーながらサンディエゴ周辺の大会を中心に試合をしている。

続きを読む

2018年09月14日

【レポ】IBJJFアジア2018:女子まとめ

00
IBJJFアジアのレポートも大詰め、今回は女子の試合まとめを紹介する。

女子の黒帯では日本vs海外のワンマッチ決勝戦×4が行われたが、その全ての試合で日本人選手が一本負けに終わった。

女子の黒帯マッチがIBJJFアジアでこんなにも組まれるようになったのは日本にも女子の黒帯が増えたことの表れではあるが、結果は厳しいものとなってしまった。

続きを読む

2018年09月13日

【レポ】IBJJFアジア2018:青帯まとめ

00
IBJJFアジアのレポート、今回はアダルト&ジュブナイル青帯の主な試合をピックアップする。

大会2日目と最終日の2日間にわたって行われた青帯トーナメントは、紫帯同様国内在住選手の活躍が目立った。

続きを読む

2018年09月11日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト紫帯

00
IBJJFアジアのアダルト紫帯のレポートをお届けする。

アダルト紫帯には日本の柔術シーンの次代を担うであろういまが旬な選手たちが多く出場していた。

どの階級の優勝者も才能溢れる若手の有望株で、成長著しいトップ選手たちだった。

特筆すべきことはアダルトの他の帯色では海外勢の活躍が目立っていたが、紫帯は国内在住の選手が多く優勝したことだ。

続きを読む

2018年09月10日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト茶帯

00
大会最終日の3日目が午後からアダルト茶帯の試合が行われた。

茶帯は黒帯の一歩手前の帯色で、アジア最大規模の今大会で優勝した選手は黒帯でも通用する実力を持っているといえよう。

アダルト茶帯はルースターからフェザーまでは国内の選手が優勝し、ライト以上は海外の選手または日本在住の外国人選手が優勝を果たしている。

またオープンクラスは表彰台に上がった選手全員が外国人選手が独占し、海外勢の活躍が目立っていた。

続きを読む

2018年09月09日

【レポ】IBJJFアジア2018:アダルト黒帯

00
IBJJFアジアの大会2日目は最も注目度の高いアダルト黒帯の試合から幕開け。

直前になって岩崎正寛、クレベル・コイケ、マルコス・ソウザ、加古拓渡、ジャン・インソンら優勝候補たち続々と欠場となってしまったのは残念だったが、それでもなおアジア最強を決めるに相応しい顔ぶれが揃った。

続きを読む

2018年09月08日

【レポ】IBJJFアジア2018:女子アダルト紫帯

00
9/7-9の3日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されているIBJJF主催「IBJJFアジア選手権2018」の大会初日が行われた。

大会初日は女子のアダルト紫帯がメインで、その他は白帯とマスター青帯が行われたが今回は女子のアダルト紫帯をレポートしたい。

続きを読む