English Portugues Japanese

IBJJF

2013年11月12日

【レポ】アジアオープン2013:シニア黒帯の試合

03
昨年のアジアオーオプンにはミヤオ兄弟やキット・デール、イザッキ・パイヴァなど海外の強豪が参戦してました。

今年のアジアオープンにはシニアでビッグネームがエントリー!

それがホドリゴ・メデイロスです。

ホドリゴ。メデイロスというとコンプリドを連想しますが、このメデイロスは別人で、カーウソン・グレイシーの黒帯でいまにわかに脚光を浴びているクラーク・グレイシーの師匠に当たる人物。

そして名著の誉れ高い「The Essential Guard」の著者として記憶されてる方も多いのではないでしょうか?!


続きを読む

2013年11月09日

【レポ】アジアオープン2013:マスター黒帯の試合

マスター黒帯の試合はベテランらしい落ち着いた試合展開が多く、キャリアに裏打ちされた駆け引きや戦略が垣間見えてアダルトとはまた違った柔術の面白さがありました。

試合時間も6分と短いので、その短時間の中で試合を作っていく展開の早さもポイントでしょう。

このマスター黒帯は日系ブラジリアンと国外から参戦した選手の活躍が目立ちました。


01
マスター黒帯レーヴィ級1回戦
ヨースキ・ストー(Impacto BJJ)
vs
大南亮(グレイシーバッハJAPAN)
1回戦でいきなり強豪同士の対戦が実現!
ワールドマスシニ3位のヨースキと昨年のアジア王者、大南選手の
対戦は2−0でヨースキが辛勝。



続きを読む

2013年11月08日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト黒帯階級別

アジアで唯一開催されているIBJJF主催大会、それがこのアジアオープン。

これまで2年に1度の開催でしたが今年から毎年開催となり、昨年に続き海外から出場してきた強豪選手と国内のトップ選手の戦いが各カテゴリーで見られました。

アダルト黒帯の階級別はIBJJF主催大会らしい国際色豊かな顔ぶれが揃い、アジア最強を決めるに相応しいハイレベルな攻防の連続でした。


01
ガロ決勝戦
芝本幸司(トライフォース)
vs
澤田真琴(Dragon's Den)
IBJJF主催大会レギュラーの芝本選手と全日本選手権をチーム優勝に導いた
澤田選手の対戦は芝本選手がポジショニングで圧倒し17-0で完勝。


続きを読む

2013年11月06日

【大会結果】11/3 Worlds No Gi 2014:アダルト黒帯の主な結果

00
11/2&3、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「Worlds No Gi 2013」のアダルト黒帯決勝戦の結果です。


続きを読む

2013年10月30日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト黒帯ガロ&ペナ

本日はアダルト黒帯階級別の試合レポート、ガロ&ペナです。

まずはガロ級から。

ガロ級は4名がエントリー。優勝候補の筆頭は芝本幸司選手で間違いないでしょう。

昨年は日本人初のヨーロピアン選手権アダルト黒帯王者に輝き、その後もパン選手権3位、ムンジアルも最終日に勝ち残りベスト8、アジア選手権優勝という活躍の年となりました。

今年も国際舞台での活躍を続け、ヨーロピアン選手権準優勝、ムンジアルは初日に2010年茶帯プルーマ級の世界王者ミルトン・バストスを秒殺して勝利し最終日まで勝ち残りベスト8、JBJJF全日本選手権にも参戦し、危なげ無く優勝を飾っています。

まさに日本が世界に誇れる最強ガロ級選手といってよいでしょう。

追随するのは国際経験も豊富な澤田真琴選手や、関西の軽量級を代表する柔術家の吉岡広明選手、今年黒帯昇格を果たして早速国際タイトルを狙って海外から参戦してきたヘンゾ・グレイシーアカデミーからの刺客グン・ナといった面々です。


IMG_5877
<アダルト黒帯ガロ級準決勝>
吉岡広明(パラエストラ)
VS
澤田真琴(Dragon's Den)
引き込んだ吉岡選手に対し、澤田選手はパスガードのプレッシャー掛け続けます。吉岡選手はラバーガードなどを駆使しますが、パスガードでアドバンテージを取得し澤田選手の優位な展開に。


続きを読む

2013年10月29日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト黒アブソ

IBJJF主催大会ではアブソルートは階級別で入賞した選手にしか出場権がなく、誰もが出れるものではありません。

なので、アブソルートのトーナメントは各階級のメダリストという強豪のみが競い合うという過酷なものになっています。

ムンジアルの黒帯アブソの優勝者が柔術界の最高権威なのは誰もが認めるところで、このアジアオープンというアジア最大のトーナメントのアダルト黒帯アブソルートこそ、アジア最強の黒帯決定戦といっていいものでしょう。

このアダルト黒アブソには9選手がエントリー。

日本人選手5人に外国人選手4人という、まさにアジア最強決定戦に相応しい国際色豊かなトーナメントです。


01
1回戦
ヴィセンチ・ゴメス(サウスサイドMMAアカデミー)
vs
小山貴之(福住柔術)



続きを読む

2013年10月28日

【大会結果】アジアオープン2013:大会2日目の主な結果

10/27(日)、東京都足立区の東京武道館にてIBJJF主催「Asian Open 2013 」が開催されました。

その大会2日日の主な大会結果です。


【マスター黒帯】
01
アブソルート
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto BJJ)
準優勝 アサダ・トシオ(Impacto BJJ)
3 位 佐藤和弥(パラエストラ)、アルベルト・アラウージョ(グレイシーバッハ)



続きを読む

2013年10月27日

【大会結果 】アジアオープン2013:大会初日の主な結果

10/26(土)、東京都足立区の東京武道館にてIBJJF主催「Asian Open 2013 」が開催されました。

その大会初日の主な大会結果です。


【アダルト黒帯】
01
オープンクラス
優 勝 ウィリアム・フェレイラ・ディアス(ノヴァウニオン)
準優勝 ヴィセンチ・ゴメス(サウスサイドMMAアカデミー)
3 位 細川顯(アライブ)、金子竜也(パラエストラ)



続きを読む

2013年10月13日

【レポ】マスター&シニア2013:シニア黒帯

マスター&シニア2013のマスター以上のカテゴリーには往年の名選手の姿がたくさん!

かつてはムンジアルの舞台で凌ぎを削ったトップ中のトップ選手も、いまは自分の年齢カテゴリーで身の丈にあった試合をしています。

日本では今でも爛▲瀬襯隼蠑綣腟銑瓩根強いですが、こういった選手たちのイキイキとした姿を見れば、その考えも変わるのではないでしょうか?!


01
シニア1黒帯で2冠に輝いたサウロ・ヒベイロ(ヒベイロ柔術)。
スペルペサード決勝はvsホベルト・ゴドイ(ゴドイ柔術)との対戦で、
まさに2000年初期のムンジアルを思わせる顔合わせでした。



続きを読む

2013年10月12日

【レポ】マスター&シニア2013:マスター黒帯

10/5&6、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア・ワールズ 2013」は昨年は1日のみの開催でしたが、今年は倍増し2日間で行われました。

マスター&シニアとはいえ、黒帯にはムンジアルの表彰台レベルの現役バリバリの選手もいたり、往年の名選手が自分の年齢カテゴリーで悠々と試合をしていたりと見応えは充分でした。

今回はマスター黒帯の優勝者の試合を中心に紹介します。


01
マスター黒帯ガロ優勝はファビオ・パッソス(アリアンシ)。
ファビオはアダルトでも活躍中の現役バリバリ。
優勝を決めた瞬間にコブラポーズでコブリンヤにアピール!



続きを読む

2013年10月09日

【マスシニ2013】大会2日目の主な日本人選手の結果

09
10/6(日)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア世界選手権 2013」の大会2日目の主な日本人選手の結果です。


続きを読む

2013年10月08日

【マスシニ2013】大会2日目の入賞者

00
10/6(日)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア世界選手権 2013」の大会2日目の主な入賞者です。


続きを読む

2013年10月07日

【マスシニ2013】大会初日の主な結果

00
10/5(土)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア世界選手権 2013」の大会初日の主な結果です。


続きを読む

2013年10月01日

【動画】IBJJF TV:アメリカンナショナルズ2013

o
9/14&15にLAのアーヴァインで2日間に渡って開催されたIBJJF主催「アメリカンナショナルズ2013」。

今大会はギとノーギが行われましたが、世界王者クラスのビッグネームの出場はなかったものの、たくさんの試合をこなそうとするイキのいい新鋭たちの好試合が続出し、大いに盛り上がったようです。

この大会の試合動画がIBJJF TVでギとノーギの2本にまとめられて紹介されています。

ギ編ではTIFで初来日したチョイ・ワンチョイvsAJアガザームの他にプロサーファーのジョエル・トゥード、アメリカンナショナル4回優勝のサミール・シャントレ、爛乾螢薀魯鵐畢瓮泪献奪鼻Ε悒ぅ検亀ガードのエドゥアルド・テレスらの試合が紹介されています。

アブソではAJvsサミール、AJvsヴィトー・エンリケというマニア向けの好カードも!

ノーギ編ではテレスの試合がふんだんに紹介されてて嬉しい!

ハーフガードからキムラを極めるクラシックスタイルbyブドージェイクでレアな一本勝ちし、階級別を優勝するとアブソでも奮闘!

ホドリゴ・フレイタスvsモイジーニョでこのアグレッシブマッチを制したモイジーニョからシブく判定勝ちする姿は必見!

このモイジーニョ、元ソウルファイターズで現カイオアソシエーションの所属で、いまカイオ&サミールに次ぐ第3の男として急成長中の有望株。

なのでアブソとはいえモイジーニョが勝つんじゃ?!と思ってたところをテレスが勝利したのでちょっと驚いてしまいました。

テレス、まだまだイケるんじゃん!と思ったのも束の間、次戦のvsAJであっさりヤラれちゃっててがっくり!

でもお得意の亀ガードをガンガン繰り出してて嬉しかったです。

ギ&ノーギを通して見るとAJがMVP的な大活躍を見せてました。

まだ黒帯になったばかりのAJですが、今後は必ず頭角を現してくるのは間違いないでしょう。

ギ編&ノーギ編とも7分前後でまとめられてるので、サクッと見れちゃいます。

ぜひ見てみて下さい!


■ギ編はコチラ、ノーギ編はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年09月08日

【大会結果】アメリカンナショナル2013:主な結果

9/7&8にLAのカーソンで開催されたUSBJJF主催「アメリカン・ナショナル2013」の柔術部門の主な結果です。

このアメリカンナショナルは大会名通りに全米選手権でアメリカではムンジアル、パンに次ぐ大会で2002年にスタート。

初開催当時はまだ黒帯の試合はほとんど行われず、ローカル大会の1つのような扱いでした。

ですが現在ではエントリー数も2000人を数えるようになり、選手も世界王者クラスから若手有望株などが参戦しており注目度の高い大会となっています。

アダルト以外ではマスター黒帯でフェルナンド・サカイ、シニア1でブドービデオのジェイク・マッキーとGIに来日&DVD付き教則本のパイオニアのアルバート・クレーンが表彰台に。

またシニア3ではメガトンがペナながらアブソで優勝し2階級制覇の活躍をしています。


01
アダルト黒帯プルーマ
優 勝 ファビオ・パッソス(アリアンシ)
準優勝 ミルトン・バストス(パラゴン)
3 位 グスタヴォ・アーネスト(マッハセンキ)、ブランドン・ミュリンス(グレイシーバッハ)



続きを読む

2013年08月09日

【海外】江本敦子選手がマスターシニア・インターナショナルで優勝!

1
元パラエストラ小岩でかつては覆面の女子プロレスラー「闘牛・空」として活躍していた江本敦子選手。

江本選手は現在ブラジルに仕事で滞在中で、現地では元ボンサイ柔術・現99柔術のフェルナンド・ヴァレンベンのアカデミーで練習中です。

ブラジル滞在から早1年が経過し、先月の7月末にブラジル・リオデジャネイロのチジューカ・テニスクルービで開催されたIBJJF主催「マスターシニア・インターナショナル」の女子マスター茶帯のメジオで優勝、アブソルートでも3位入賞という快挙を成し遂げました。

その江本選手から近況報告のメールが届いたので紹介します!

『ご無沙汰しております。牛こと江本です。

早いもんで、ブラジルに来て、一年があっと言う間に過ぎてしまいました。

さて、ご存知かと思いますが、いま私は元ボンサイ柔術のフェルナンド・ヴァレンベンが主宰する99の道場で練習しています。

橋本さんと友だちだとか。世の中狭いもんですね。

先日リオのインターナショナルオープンのマスターに出て、女子マスター茶帯メジオで優勝しました。

気がつけば私もマスターですよ。年とりました。

この大会、最初道場のみんなも出ると言っていたのに、蓋を開けたら出場するのは私一人。

リオも行ったことないし、チジューカの会場がどこにあるかも
知らないのに、一人で行くはめになりました。

ブラジルに来てから体重がだいぶ減ったので今回は1階級落としてメジオにエントリーしたのですが、会場に二時間半前に着いて体重を計ったらまさかの850gオーバー。

道場の体重計が壊れてたとしか思えません。(だっていつもギ着てもマイナス2キロだったのに)

そんでなんとか2時間で900g落として、試合20分前にぎりぎりの68.50kgで(ギ着用で69kgまで)計量パス。

ラッシュガードも脱いで、走ったり、トイレ行ったり、出せるもん全部出しました。

試合は三人エントリーの巴戦でしたが、一回戦はマウントからのアームロックで一本勝ち、二回戦はテイクダウンとって(大内DVD秘伝の隅返しから)、2ー0のポイントで優勝することができました。

アブソにもエントリーしたんですが、一回戦目で今回のアブソルートで優勝した明らかに性別反則な男みたいな人とあたり、9ー0のポイントで負けて3位になりました。


2
アブソ表彰台。
江本選手は初戦敗退も4人エントリーで3位入賞!



色んな困難がありましたが、リオの大会出場は今回がラストチャンスだったため、(来年7月2日に日本に帰国するから)一人でも出てよかったです。

恐ろしい所だと思っていたリオもちょうどローマ法皇が来てて、町中警察と軍隊とキリスト教信者だらけで、安心だったし、生ローマ法皇も見られました。

一人で地下鉄とバスにも乗れるようになって、リオ観光も満喫しました。

リオから帰ってきたら、まさか優勝するとは思ってなかったみたいで、(多分フェルンンドも)地元の新聞に載ったり、ローカルのテレビが取材に来たり、ちょっとした騒ぎになりました。

今月8月24日と25日にサンパウロでも国際大会がありますが、今度は見に行くだけにしようかと思っています。

横浜のヒロブラジリアン柔術の馬場さんがその大会に出るので、日本からの荷物をお願いがてら会いに行こうと思っています。

ブラジルに居るのはあと一年を切りましたが、柔術の本場を楽しんで帰ろうと思います。

ブラジル普通に楽しいですよ!

長くなりましたが、一年分のご報告です。

チャオ!

江本敦子』


3
地元のTV取材時の様子。
この動画はコチラから!



4
江本選手の優勝は現地でも大きなニュースとなりました。
江本選手は来年7月に帰国予定ということで、あと1年は
ブラジルで仕事をしながら柔術を続けるそうです。



【今日が誕生日の柔術家】フェルナンド・ヤマサキ


©Bull Terrier Fight Gear


2013年07月13日

【柔術プリースト】#93:ムンジアル2013特集

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは6月にLAで開催されたムンジアルです。

ムンジアルの大会3日目と最終日に行われた日本人選手の試合を厳選してお送りします。

3日目に行われた試合の中からホベルト・サトシ・ソウザとマルコス・ソウザ“マルキーニョス”の試合、そして大会最終日の試合から佐々幸範選手と芝本幸司選手の準々決勝の試合を見て頂きます。

2
ホベルト・サトシ・ソウザは2回戦、3回戦の2試合を収録。



3
マルキーニョスは1&2回戦を配信します!



4
佐々幸範選手は準々決勝のvsサムエル・ブラガ戦と
準決勝のvsアリ・ファリアス戦を配信。


5
芝本幸司選手は準々決勝でのvsイヴァニエル・オリヴェイラ戦を見て頂きます。




そして今大会のハイライトの1つであるキーナン・コーネリアスvsパウロ・ミヤオの茶帯アブソルート決勝戦も特別収録。

これは間違いなくムンジアルの歴史に残るであろう一戦であり、これまでどうしてもパウロが勝てなかったキーナンに遂に初勝利を挙げた記念すべき試合。

またパウロも日系ブラジリアンなので、ある意味日本人選手といえなくもないので、今回特別に配信した次第です。


6
因縁の対決の決着戦、パウロ・ミヤオvsキーナン・コーネリアスを特別収録!


今大会には他にも多くの日本人選手が参戦していましたが、ビデオ撮影を頼んでいた人間のミスで、そのほとんどを撮り逃してしまい、このような厳選した試合のみの配信となってしまいました。

他の日本人選手に試合の配信を期待されていた方々も多いかと思いますが、そのような事情があったためなので、ご了承ください。

そして今回は新MCを迎えて英語版ナレーションを試してみました。

新MCのV.V.Meiこと山口芽生はカリフォルニア生まれの帰国子女で英語はネイティブレベル。

先月配信したミヤオ特集での日本語・英語・ポルトガル語の三ヶ国語対応がなかなか好評だったので、今回はまた新たな試みで自分が日本語で話し、その内容を英語に翻訳するという二か国語対応にしてみました。

これもどういう反応があるか楽しみです。

そんな感じでムンジアルでの日本人選手の激闘の数々、ぜひチェックしてみて下さい!



7
レギュラーコーナーのBJJテクニックファイルは
ヘナート・シウバの2回目。
今回はパスガードからのアームロックを紹介!



★#93はコチラから!




08
【好評発売中】
『BJJテクニックファイル Vol.1』
106分収録 3000円
★詳細はコチラから、購入はコチラから!







★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月26日

【柔術プリースト】#91:ミヤオ兄弟inパン&WPJJC!

01
日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

前回の配信からちょっと間が空いてしまいましたが、最新回は新たな試み!

なんと日本語、英語、ポルトガル語の3ヵ国語のトライリンガル対応での配信です。

とは言うものの、実況・解説部分までトライリンガルでできるかっつーとそれはさすがにまだ無理なのでVTRフリ前のみという中途半端感は否めませんがご容赦頂きたい!

今回の配信では祝!ミヤオ兄弟・黒帯昇格ということで1本まるまるミヤオ特集です。


02
つい昨日、満を持して黒帯昇格を果たしたミヤオ兄弟!
今回はミヤオ兄弟大特集です!


ミヤオ兄弟のパン選手権とアブダビ・ワールドプロでの試合ぶりをまとめて1時間、全部がミヤオの試合だけというミヤオ尽くし!

物議を醸したパウロvsキーナンinWPJJCやジョアオがパスガードされて負けた試合、パウロvsクレベル、そしてミヤオvsミヤオのWPJJC決勝戦などなど、どれもが必見の試合の連続。

過去に配信したミヤオ兄弟が参戦したドゥマウ伊勢崎大会がすでに3万回以上の再生回数で4万回に届きそうな勢いなので、今回のもかなりの反響が期待できそうです。

★ミヤオ兄弟参戦のDUMAU伊勢崎大会はコチラから!

これはムンジアルでLAに行ったときに収録したもので、収録場所はヒルトンホテル!

収録メンバーも非常にレアで、今後このメンバーでの収録は諸事情により実現不可だと思われます。

そんないろんな意味で必見なミヤオ特集、ぜひご覧下さい!


03
収録メンバーは今回限りのこの4人!
左から橋本、ケシア、湯浅、岩崎のムンジアル2013のツアーメンバー。
英語担当を橋本、ポル語担当をケシアが務めてくれてます。



04
BJJテクニックファイルは広瀬氏による「重くないニーインザベリー」。
タイトルだけ見ると?なテクニック。
要チェックです!


★♯91はコチラから!









A9483_I1
【好評発売中】
『コパ・ブルテリア 2012』
155分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】ファビアナ・ボルジェス(25)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月07日

【柔術プリースト】# 90:パン選手権2013特集!

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

いま配信してる最新エピソードは3月に行われたパン選手権!

世間はムンジアルが終わったばかりでパン選手権はDVDも出てるのに今頃配信かよ!という感はなきにしもあらず。

配信が遅れたのにはいろんな事情があるのですが、今後はもう少しタイムラグがないようにしていきたい所存ではあります。

今回は日本人選手の試合を中心に構成しています。

青帯で優勝した杉本寛樹選手に高須宝亀選手、そして茶帯のサダ・クリモリ、玉木強選手、セリンゲロ、黒帯の岩崎正寛選手、吉岡崇人選手、金古一朗選手、柿澤剛之選手などなど、日本でも著名な選手の試合が目白押し!

そしてスタジオゲストにはJiu Jitsu NERDのデザイナーであり、外国人選手にも詳しい爛蝓璽癲辞瓩海反考座膸瓩鵬辰─日本人初のブラジレイロ優勝という快挙を成し遂げた爛澄璽轡洵瓩海氾菘塚蟻請手のネクサセンス勢を解説に迎えています。

マニアックな解説とともに日本人選手の世界での戦いの数々をぜひご覧下さい。


2
青帯ガロで全試合を一本勝ちで優勝した
杉本寛樹選手(AXIS柔術アカデミー)。
「いたらゴメンネ(笑)」でお馴染み!


3
玉木強選手(トライフォース青山)は大会前にカイオの
トレーニングキャンプに参加してからの出場でした。



4
ヨーロピアンに続き国際大会に連続参戦の岩崎正寛選手(HALEO TOP TEAM)は
大ベテランのマリオ・ヘイスとの対戦に!



6
ヨーロピアン準優勝の芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)は
Wガードの攻防の末に初戦敗退という過酷な現実!



7
BJJテクニックファイルは広瀬貴行選手のマウントからの絞め&腕十字の
コンビネーションです。
極めの連携テクニックは実用度が高いので必修でしょう。



★#90はコチラから!










A9483_I1
【好評発売中】
『コパ・ブルテリア 2012』
155分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年12月16日

【IBJJF】プロリーグの結果と試合動画


12/8(土)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催のプロ大会「IBJJ Pro League」。

これはIBJJFが初めて開催した賞金トーナメントで、階級カテゴリーが独自なものとなっており、またIBBJJFが制定する黒帯ランキングから選ばれた招聘選手しか出場できないことで通常のトーナメントと違う顔合わせが実現することで多く注目を集めていました。

続きを読む

2012年10月10日

【試合結果】マスター&シニア・ワールド 2012:その他の日本人選手の結果


10/7(日)、カリフォルニア州ロサンゼルスのカリフォルニア州立大学ロングビーチ校体育館で開催されたIBJJF主催「マスター&シニア・ワールド 2012」に出場した入賞選手以外の選手の結果です。



続きを読む

2012年10月09日

【試合結果】マスター&シニア・ワールド 2012:日本人選手の入賞者


10/7(日)、カリフォルニア州ロサンゼルスのカリフォルニア州立大学ロングビーチ校体育館で開催されたIBJJF主催「マスター&シニア・ワールド 2012」で入賞した日本人選手の結果です。


続きを読む

2012年09月20日

【柔術プリースト】# 63『ブラジル特集#2 リオオープン2012』


日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は全3回に渡ってお送りするブラジル特集のPart.2!

ブラジル・リオデジャネイロのチジューカテニスクルービで行われたIBJJF主催『リオオープン2012』の模様をお送りします!

柔術の本場・ブラジルのブラジル人同士のアツい対戦の数々をご覧頂きたいと思います。

特に女子の各階級の決勝戦、2階級制覇を果たしたホミーニョの試合の数々は必見!

女子とはいえアグレッシブに動き、一本決着も多かったので男子とそん色ない試合内容といえるでしょう。

ホミーニョの試合はホミーニョの勝ちパターン爛泪Ε鵐箸らの十字絞め瓩極まりまくりで、見ていて惚れ惚れするほど。

女子もホミーニョも極めまくりなのはさすがブラジル!

見応え充分な内容の濃さ!と断言します!







毎回のレギュラーコーナー「BJJテクニックファイル」は今回からリバーサルジム東京スタンドアウトの片岡誠人氏が登場!

第1回目は自身が得意とするハーフガードからのスイープを教えてくれています。

試合&テクニックと内容満載な柔術プリースト、今回も要チェックです!


BJJテクニックファイルは初登場のリバーサルジム東京スタンドアウト・片岡誠人氏。
27:26から!


★#63はコチラから!









【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年09月15日

【柔術プリースト】# 62:ブラジル特集 Part.1 マスター&シニア2012


日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

#62から3回に渡ってお送りするブラジル特集のPart.1!

1回目の今週は6年ぶりに訪れた柔術の本場、ブラジルの大会を紹介します!

その大会とはブラジル・リオデジャネイロのチジューカにあるチジューカ・テニク・クルービで開催されたIBJJF主催「インターナショナル・マスター&シニア2012」です。

続きを読む

2012年08月04日

リオインターナショナルオープン2012:アダルト女子黒帯決勝戦

リオオープンの女子決勝は男子決勝と同じタイミングの別マットでひっそりと行われていました。

男子の試合は多くのカメラマンやTVカメラまで入っていたのに女子の試合に報道陣は皆無。

ビア・メスキータやルイザ・モンテイロ、タリタ・ノゲイラら世界王者が多く出場しているというのに!

この落差には驚きました。

そんな中、自分だけが試合撮影していたレアな試合画像の数々を紹介します!



ペナ
ヴァネッサ・マリア・オリベイラ(グレイシーバッハ)
vs
ミッシェル・タバレス(グレイシーウマイタ)
バッハの初心者クラスのインストラクターを務めるヴァネッサとMMAはノヴァウニオン、
柔術はウマイタと2重所属のミッシェルの対戦。



続きを読む

2012年08月03日

リオインターナショナルオープン2012:各階級決勝戦

前回までのレポートでリオオープン黒帯アブソルート級、メイオペサード級の決勝戦の模様をお届けしてきました。

本日は男子黒帯のその他の階級決勝戦をひとまとめにしてお届けしたいと思います!

決勝戦のカードはムンジアルには出場できないもののかなりの実力を兼ね備えているであろう選手ばかりが勝ち上がって来ました。


IMG_4727
<アダルト黒帯ガロ級決勝戦>
イバニエル・オリベイラ(ヒベイロJJ)
VS
ワシントン・ルイス・ド・リマ(TOP BROTHER)



続きを読む

2012年08月02日

リオインターナショナルオープン2012:黒帯メイオペサード級決勝戦

前回は黒帯アブソルート級決勝戦の試合模様をお届けしましたが、今回は黒帯メイオペサード級の決勝戦の模様をお届け致します!

黒帯メイオペサード級の決勝戦には、今年のムンジアルで久々に王者に返り咲いたホミーニョが下馬評通り勝ち上がって来ました。

IMG_4642
<アダルト黒帯メイオペサード級決勝戦>
ホムロ・バハウ(グレイシーバッハ)
VS
ホドリゴ・ファジャルド(グレイシーバッハ)
バッハ対決となったこのカード。同門対決ですが試合はガチンコで行われました。



続きを読む

2012年08月01日

リオインターナショナルオープン2012:黒帯アブソルート級決勝戦

2012年7月26日〜29日にかけてブラジルのチジューカ・テニス・クルービで開催されたリオインターナショナルオープン2012。

その大会の最後を締めくくるのはアダルト黒帯のアブソルート級決勝戦です。

アダルト黒帯アブソルート級決勝戦はホミーニョことホムロ・バハウ(グレイシーバッハ)とイゴール・シウバ(GFチーム)の対戦となりました。

ホミーニョはアダルト黒帯メイオペサード級を優勝、対するイゴールはペサディシモ級で3位入賞を果たしています。


IMG_5119
<アダルト黒帯アブソルート級決勝戦>
ホムロ・バハウ(グレイシーバッハ)
VS
イゴール・シウバ(GFチーム)
イゴールが引き込んで試合スタート。ホミーニョはそれにあわせてパスガードを狙います。



続きを読む

2012年07月31日

【大会結果】リオ・オープン2012:アダルト黒帯の試合結果

7月30日(日)、ブラジル・リオデジャネイロのチジューカ・テニス・クルービにて開催されたIBJJF主催「リオ・オープン2012」のアダルト黒帯の試合結果です。


■黒帯

アブソルート
優 勝 ホムロ・バハル(グレイシーバッハ)
準優勝 イゴール・シウバ(GFチーム)
3 位 ヴィニシウス・マリーニョ(GFチーム)、ディエゴ・アラウージョ(ソウルファイターズ)



続きを読む

2012年07月20日

【柔術プリースト】# 55はムンジアル2012特集!


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組である「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回はブラジリアン柔術界で最大のイベントであるムンジアルの様子を大公開します!

IBJJFの主催大会はブドービデオがオンライン配信しており、それを見た方も多かったかと思います。

ですが数多いマルチマットで日本人選手の試合をピンポイントでチェックするのは正直シンドい!はず。

なので今回はクレベル・コイケ、湯浅麗歌子、ホベルト・サトシ・ソウザを大フューチュア。

この3選手の全試合を見て頂きたいと思います。

クレベルの三角絞めで絞め落とす極めの強さ、湯浅選手の絞め落とされての大号泣、サトシの黒帯3位入賞の快挙という歴史的な試合の数々をぜひ見てみて下さい!



3位入賞のクレベル、5試合を完全紹介!



絞め落とされる姿は驚愕!



黒帯3位というサトシも快挙、これも完全詳報です!



毎回好評のレギュラーコーナー、BJJテクニックファイルは「クローズドガードからの三角絞め」です。

ガードから三角絞めを極めにいくのですが、相手のラペラを引き出して仕掛けるというちょっと変わったテクニックです。

これも要チェックでしょう!


adidasの柔術部門のトップ、ハウル・モントルフォのテクニック!



番組アシスタントはKNUの小湊あやさん(左)&長澤ちはるさん(右)が参加!
長澤さんのちょーテキトーなコメントがいろんな意味で最高です!



海外映像も豊富な柔術プリースト、毎週アップデートされてますので、過去アーカイブも含め毎回必見ですよ!

OPタイトルコールが柔術とはまったく関係ないメキシカン・ルチャドーラってとこにもぜひ注目して頂きたいポイントです。




★#55はコチラから!








【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear