English Portugues Japanese

IBJJF

2014年07月08日

【柔術プリースト】#136:ムンジアル2014 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回の続編でムンジアル2014のPart.2です。

Part.2では茶帯と黒帯のペナ以上の階級を紹介しています。

配信試合リストです。

【茶帯】
■茶ガロ決勝戦
ウェンデル・オサキ(小川柔術)
vs
伊東圭(AXIS)

■茶メジオ1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
マルコス・ヴィニシウス・ティノコ(アリアンシ・インターナショナル)

■女子茶プルーマ決勝戦
湯浅麗歌子(パラエストラ品川)
vs
パトリシア・フォンテス(チェックマット)

【黒帯】
■黒ペナ2回戦
岩崎正寛(CARPE DIEM)
vs
レアンドロ・カスカオン(BTT)

■黒レーヴィ1回戦
細川顕(ALIVE)
vs


■黒レーヴィ1回戦
チョイ・ワンチョイ(ATOS)
vs


■黒レーヴィ2回戦
サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
金子竜也(パラエストラ東京)

■黒レーヴィ3回戦
サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
AJアガザーム(グレイシーバッハ)

■黒メジオ3回戦
マルコス・ソウザ(ATOS)
vs
ヴィトー・オリヴェイラ(GFチーム)



ぜひ見てもらいたいのはやはりサトシ・ソウザの試合です。

ムンジアルという大舞台で一本勝ちの連続で大会最終日に勝ち残る奮闘ぶりでした。


07
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)



例によってベスト8以降の試合はDVDに収録されるので、ここでは未配信となりますのでご了承を。

その他、レギュラーコーナーも充実な今回の柔術プリースト、ぜひ見てみてください!


2
BJJテクニックファイルはJP瓩海肇献腑鵝Ε撻疋蹐離謄ニック。
今回はサイドポジションのエスケープです。



3
コレクション紹介は99年発売のムック本「闘うココロ 闘うカラダ」。
日本柔術シーン創成期を彩った1冊!



■#136はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アデミール・オオタ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月01日

【柔術プリースト】#135:ムンジアル2014 Part.1

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

昨日から配信スタートした最新回はムンジアル2014!

終わったばかりのムンジアル2014の試合を今回と次回の2回に分けて大公開します!

この配信にあたってIBJJFに映像の使用許可を取ってのオフィシャルアッロード!

ですがDVD化の予定があるブドービデオに気を遣ってDVDに入らないであろう色帯と黒帯の1回戦&2回戦が中心となっているのをご了承ください。

Part.1で配信してる試合は以下のとおりです。


■紫ガロ準々決勝
石井拓(ATOS)
vs
杉本寛樹(AXIS千葉)

■女子青ガロ準決勝
ケシア・タケウチ(小川柔術)
vs
ケティ・ヤマシタ(アリアンシ)

■黒ガロ1回戦
イ・サンス(トラスト)
vs
ジョン・カルロス倉岡(AXIS)

■黒プルーマ
加古拓渡(GSB)
vs
トーマス・リスボア(アリアンシ)

■黒ガロ1回戦
吉岡崇人(徳島柔術)
vs
ジョアオ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)

■黒ガロ1回戦
芝本幸司(トライフォース)
vs


■黒ガロ2回戦
ジョン・カルロス倉岡(AXIS)
vs
ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)

■黒プルーマ2回戦
柳沢友也(PUREBRED大宮)
vs
パウロ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)

■黒プルーマ2回戦
山田秀之(デラヒーバジャパン)
vs
ラエルシオ・フェルナンデス(アリアンシ)

■黒プルーマ2回戦
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
vs
小山貴之(福住柔術)



日本人の試合がメインではありますがミヤオ兄弟やブルーノ・マルファシーニ、ラエルシオ・フェルナンデスら世界の強豪が相手なので、さながら狷本vs世界瓩箸い辰人輿蝓

どの試合も必見!というモノのみを厳選してますので試合内容はもちろんですが資料的価値も高いと自負しております。

こうやって映像を残すというのは非常に大事なこと。

今回と次回はいつも以上に必見といえるでしょう。

試合だけでなくレギュラーコーナーもありますので、そちらもトバさずにぜひ見てください!


2
コレクション紹介はまだ柔術衣の入手自体が難しかった99年末に
ゲットした自身初の青キモノ。
果たしてどうやって手に入れたのか、その入手経路はいかに?!



3
BJJテクニックファイルは爍複亅瓩海肇献腑鵝Ε撻疋蹇
今は亡きカーウソン・グレイシーの黒帯であるJPのテクニックを初公開!


コチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・マツモト(34)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年05月23日

【大会】IBJJFアジアンオープン開催決定!今年は愛知で開催に

ao_IBJJF
唯一のアジア圏でのIBJJF主催大会であるアジアンオープン。

今年は例年開催してきた会場が使えずに開催が危ぶまれていましたが、この度IBJJFから開催決定のリリースがありました。

日時は11/8&9の2日間で場所は愛知県武道館です。

一時期は開催できないかも、という話でしたが今年も開催されるのは喜ばしいことです。

また今大会1週間前の11/1&2にはASJJF(アジアンスポーツ柔術連盟)主催のアジアオープンも開催されるのが早々に発表されています。

asjj ao
ASJJF(アジアンスポーツ柔術連盟)主催の
アジアオープン大会ポスター。
今大会は11/1&2の2日間、青山記念武道館で開催。



なので2週連続で連盟違いのアジア大会が開催されるということになります。

まさにこれは過去に2つの世界選手権、ムンンジアルとコパドムンドが1週間違いで開催されていた12年前のブラジルと状況と同じ!

これは海外から大会に出る選手は1回の来日で2大会に出れるというのは好都合でしょう。

この2大会は海外からの参戦も多くなることが見込まれるので今から非常に楽しみです。



【今日が誕生日の柔術家】タミー・グレゴ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月01日

【柔術プリースト】#124:パン選手権2014

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはまだ終わったばかりのパン選手権2014です。

一時期は大会終了後2ヶ月遅れとかザラでしたが、今回はタイムリー!

LAのアーヴァインで開催されたIBJJFのパン選手権から日本人選手の試合を中心にお送りします。

配信するのは以下の選手の試合です。

■アダルト紫帯ガロ
石井拓(AOJ)

■アダルト茶帯プルーマ
玉木強(CARPE DIEM)

■アダルト茶帯ペナ
田井達也(ラグナロク柔術)
佐藤晶彦(CARPE DIEM)

■マスター2黒帯ペナ
アレッシャンドリ・オガワ(小川柔術)

■マスター4黒帯レーヴィ
竹内政司(X-TREME柔術アカデミー)

■アダルト黒帯メイオペサード
サダ・クリモリ(Impacto BJJ)

■アダルト黒帯ガロ級
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)


特筆すべきはやはりアダルトカテゴリーで日本人として唯一の優勝者となった石井選手とヨーロピアン&パンで2大会連続入賞の芝本選手でしょう。


08
石井拓(AOJ)



01
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)



石井選手はメンデス兄弟の愛弟子でAOJで単身修行中。

いうなればヤングライオンが海外武者修行でメキシコやヨーロッパに行っている感じでしょうか?!

そんな若武者・石井選手の準決勝&決勝戦を見て頂きます。

芝本選手も初戦では見事な一本勝ちしましたが、続く準決勝戦では50/50からのスイープ合戦の末に絞めで失神という衝撃的なフィニッシュに。

まさに激闘といえる一戦でした。

さらにマスター2黒帯で見事に準優勝となったオガワの試合も1回戦から決勝戦までの3試合全てを配信、そしてサダvsキーナンの初対戦も!

今回もここでしか見られない映像満載です!

番組冒頭では新コーナーの新作DVD紹介もスタート!

初回は大好評発売中のマイケル・ランギの新作DVD3巻をレビューしてます。

ぜひ見てみて下さい!


2
新コーナー、新作DVD紹介はイサミ東京店の店長・中里くんによる
マイケル・ランギ 3部作のレビューです。
ランギDVDはブルテリア&イサミ各店舗で好評発売中!
■購入は以下から!

b
スパイダー


c
リバースデラヒーバ


a
デラヒーバ


3
レギュラーコーナー「BJJテクニックファイル」は
ヨースキ・ストーのテイクダウンから腕十字のコンビネーション。
20:54からスタート!


■#124はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



oki2
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 OKINAWA』

日時:4/13(日)
会場:沖縄県立武道館(奥武山公園・那覇)
■会場詳細はコチラから!

大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
最終締め切り:4/7 (月)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
無差別級追加エントリー 各+1000円
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円
■大会詳細はコチラから!


なお今大会に新たにスポンサーが追加されました。

いま世界的に人気ブランドの『Shoyoroll』です。

Shoyorollから賞品として柔術衣の提供を頂いたので、それを柔術部門の青・紫・茶帯のアダルト無差別級優勝者に副賞として贈呈したいと思います。

このShoyorollの柔術衣は国内外で入手困難で、一度生産したモデルの再生産はないというレアキモノ。

奮ってご参加を!

syr
LAにあるSYRのオフィスにてヴィンスと直接ミーティングが実現し、
大会スポンサーシップ契約が締結されました。
今後のプリーストカップには2015年1月まで開催の全ての大会で
柔術衣が賞品として用意されます。




©Bull Terrier Fight Gear


2014年03月08日

【パン2014】IBJJF TVでライブブロードキャスト実施

1
来週の水曜日からLAのアーヴァインで開催されるIBJJF主催「パン選手権2014」。

今大会のインターネット生配信がIBJJF TVで実施されます。

この生配信は全12面ある各マットを選ぶことができるマルチマット方式で、さらに1日ごとの購入も可能。

価格は全5日間&リプレイで$49.95(約5000円)、茶帯&黒帯の試合が行われる土曜&日曜の2日間&リプレイで$24.95(約2500円)、その他は1日あたり$10.95(約1100円)となっています。

最終日のみの購入はできずに黒帯の試合が見たい場合は週末2日間の$24.95を支払わなければなりません。

今年のパン選手権は日本人選手の参加が少なめですが、それ以外の見所は多く、ミヤオ兄弟が兄弟揃っての参戦やカイオのウルトラヘビー級のエントリーなど話題性も充分。

とにかくLAで行われている大会が日本にいながらにして見られるのは柔術マニアにとっては嬉しいことでしょう。

全日を見るのはさすがにシンドいですが週末の茶&黒帯だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか?!


2
■IBJJF TV、詳細&購入はコチラから!






©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月24日

【ヨーロピアン】ヨーロピアン2014:大会初日の様子

01
1/23(木)から4日間に渡ってポルトガルのリスボンで開催されるIBJJF主催「ヨーロピアン2014」。

大会会場はいつもと同じカサル・ヴィストソです。

続きを読む

2013年12月03日

【柔術プリースト】#108:ワールド・マスター&シニア 2013

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今週配信したのは10月にLAで開催されたIBJJF主催「ワールド・マスター&シニア2013」です。

この大会は30歳以上の選手のみが出場できる世界大会で、その名の通りマスターとシニアの選手のための世界選手権です。

そこに出場した日本人選手の試合を中心に紹介します!

塚田市太郎、ヨースキ・ストー、正田正治、エジソン・カゴハラ、金古一朗、八木沼志保、大内敬、新川武志、荒牧誠、桑原幸一などなど、日本を代表するマスシニ世代の選手が大挙参戦し、好成績を収めました。

中でもエジソン・カゴハラの奮闘ぶりは見ものでしょう。

さらに試合後のインタビューではコメント最中に悔し涙を流すエジソンの姿も。

まさかそこまで本気で今大会に賭けてたとは!

2年連続参戦だったエジソン、来年の再チャレンジに期待せずにはいられません。

そんなアツい中年柔術家たちの激闘の数々、ぜひ見て頂きたいと思います!


3
負けて悔し涙のエジソン!
そこまで今大会に賭けてたなんて知りませんでした!



06
1回戦負けでもこんなにビッグスマイルの人もいるのに!
エラい違いです!



2
BJJテクニックファイルは香港柔術・荒牧誠氏のテクニック。
これから数週間に渡って得意技を紹介してくれます!



■#108はコチラから!




フ〓リーストカッフ〓2014東京
【大会告知】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014』
日時:1/19(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クリスチアーノ・マルセロ(36)、デヴィッド・ジュリアーノ・レモス(31)、シャンチ・アベーリャ(32)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年11月17日

【レポ】アジアオープン2013:女子の試合

アジアオープン2013の最後の試合レポートは女子の試合です。

今大会では茶帯、黒帯の試合は組まれずに紫帯までの試合となりました。

女子でも男子と同様に海外勢の来日が多く日本vs世界の試合が見られたのはアジアオープンならでは。

国際色豊かな女子の試合の数々をまとめて紹介します。


01
紫帯プルーマで優勝した芝本さおり選手(トライフォース)は
芝本幸司婦人。
長く怪我で試合から遠ざかっていましたが試合復帰&優勝。
大会後に茶帯昇格が発表されました。



続きを読む

【レポ】アジアオープン2013:アダルト紫帯の試合

アダルト紫帯は各階級ごとに将来を嘱望された若手選手がおり、また彼らが前評判通りの活躍をして大会を盛り上げました。

中でも特筆すべきは嶋田裕太選手(ネクサセンス)でしょう。

日本人初のブラジレイロ王者&ムンジアル準優勝、そしてLAで開催されたプロ柔術、Jiu Jitsu Battleにも出場と国内はもちろん海外でも注目されている若手有望株です。


01
嶋田裕太(ネクサセンス)


続きを読む

2013年11月13日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト茶帯の試合

01
大会2日目の最後に行われたアダルト茶帯のアブソルートのトーナメント。

そのトーナメント組み合わせが決して意図的なものではないのでしょうが、クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)にとって非常に厳しいものになっていました。

1回戦でメイオペサード優勝のサダ・クリモリ(Impacto BJJ)、2回戦でメジオ優勝のアンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)と1・2回戦からライバルと戦わなければなりません。

続きを読む

2013年11月12日

【レポ】アジアオープン2013:シニア黒帯の試合

03
昨年のアジアオーオプンにはミヤオ兄弟やキット・デール、イザッキ・パイヴァなど海外の強豪が参戦してました。

今年のアジアオープンにはシニアでビッグネームがエントリー!

それがホドリゴ・メデイロスです。

ホドリゴ。メデイロスというとコンプリドを連想しますが、このメデイロスは別人で、カーウソン・グレイシーの黒帯でいまにわかに脚光を浴びているクラーク・グレイシーの師匠に当たる人物。

そして名著の誉れ高い「The Essential Guard」の著者として記憶されてる方も多いのではないでしょうか?!


続きを読む

2013年11月09日

【レポ】アジアオープン2013:マスター黒帯の試合

マスター黒帯の試合はベテランらしい落ち着いた試合展開が多く、キャリアに裏打ちされた駆け引きや戦略が垣間見えてアダルトとはまた違った柔術の面白さがありました。

試合時間も6分と短いので、その短時間の中で試合を作っていく展開の早さもポイントでしょう。

このマスター黒帯は日系ブラジリアンと国外から参戦した選手の活躍が目立ちました。


01
マスター黒帯レーヴィ級1回戦
ヨースキ・ストー(Impacto BJJ)
vs
大南亮(グレイシーバッハJAPAN)
1回戦でいきなり強豪同士の対戦が実現!
ワールドマスシニ3位のヨースキと昨年のアジア王者、大南選手の
対戦は2−0でヨースキが辛勝。



続きを読む

2013年11月08日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト黒帯階級別

アジアで唯一開催されているIBJJF主催大会、それがこのアジアオープン。

これまで2年に1度の開催でしたが今年から毎年開催となり、昨年に続き海外から出場してきた強豪選手と国内のトップ選手の戦いが各カテゴリーで見られました。

アダルト黒帯の階級別はIBJJF主催大会らしい国際色豊かな顔ぶれが揃い、アジア最強を決めるに相応しいハイレベルな攻防の連続でした。


01
ガロ決勝戦
芝本幸司(トライフォース)
vs
澤田真琴(Dragon's Den)
IBJJF主催大会レギュラーの芝本選手と全日本選手権をチーム優勝に導いた
澤田選手の対戦は芝本選手がポジショニングで圧倒し17-0で完勝。


続きを読む

2013年11月06日

【大会結果】11/3 Worlds No Gi 2014:アダルト黒帯の主な結果

00
11/2&3、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「Worlds No Gi 2013」のアダルト黒帯決勝戦の結果です。


続きを読む

2013年10月30日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト黒帯ガロ&ペナ

本日はアダルト黒帯階級別の試合レポート、ガロ&ペナです。

まずはガロ級から。

ガロ級は4名がエントリー。優勝候補の筆頭は芝本幸司選手で間違いないでしょう。

昨年は日本人初のヨーロピアン選手権アダルト黒帯王者に輝き、その後もパン選手権3位、ムンジアルも最終日に勝ち残りベスト8、アジア選手権優勝という活躍の年となりました。

今年も国際舞台での活躍を続け、ヨーロピアン選手権準優勝、ムンジアルは初日に2010年茶帯プルーマ級の世界王者ミルトン・バストスを秒殺して勝利し最終日まで勝ち残りベスト8、JBJJF全日本選手権にも参戦し、危なげ無く優勝を飾っています。

まさに日本が世界に誇れる最強ガロ級選手といってよいでしょう。

追随するのは国際経験も豊富な澤田真琴選手や、関西の軽量級を代表する柔術家の吉岡広明選手、今年黒帯昇格を果たして早速国際タイトルを狙って海外から参戦してきたヘンゾ・グレイシーアカデミーからの刺客グン・ナといった面々です。


IMG_5877
<アダルト黒帯ガロ級準決勝>
吉岡広明(パラエストラ)
VS
澤田真琴(Dragon's Den)
引き込んだ吉岡選手に対し、澤田選手はパスガードのプレッシャー掛け続けます。吉岡選手はラバーガードなどを駆使しますが、パスガードでアドバンテージを取得し澤田選手の優位な展開に。


続きを読む

2013年10月29日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト黒アブソ

IBJJF主催大会ではアブソルートは階級別で入賞した選手にしか出場権がなく、誰もが出れるものではありません。

なので、アブソルートのトーナメントは各階級のメダリストという強豪のみが競い合うという過酷なものになっています。

ムンジアルの黒帯アブソの優勝者が柔術界の最高権威なのは誰もが認めるところで、このアジアオープンというアジア最大のトーナメントのアダルト黒帯アブソルートこそ、アジア最強の黒帯決定戦といっていいものでしょう。

このアダルト黒アブソには9選手がエントリー。

日本人選手5人に外国人選手4人という、まさにアジア最強決定戦に相応しい国際色豊かなトーナメントです。


01
1回戦
ヴィセンチ・ゴメス(サウスサイドMMAアカデミー)
vs
小山貴之(福住柔術)



続きを読む

2013年10月28日

【大会結果】アジアオープン2013:大会2日目の主な結果

10/27(日)、東京都足立区の東京武道館にてIBJJF主催「Asian Open 2013 」が開催されました。

その大会2日日の主な大会結果です。


【マスター黒帯】
01
アブソルート
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto BJJ)
準優勝 アサダ・トシオ(Impacto BJJ)
3 位 佐藤和弥(パラエストラ)、アルベルト・アラウージョ(グレイシーバッハ)



続きを読む

2013年10月27日

【大会結果 】アジアオープン2013:大会初日の主な結果

10/26(土)、東京都足立区の東京武道館にてIBJJF主催「Asian Open 2013 」が開催されました。

その大会初日の主な大会結果です。


【アダルト黒帯】
01
オープンクラス
優 勝 ウィリアム・フェレイラ・ディアス(ノヴァウニオン)
準優勝 ヴィセンチ・ゴメス(サウスサイドMMAアカデミー)
3 位 細川顯(アライブ)、金子竜也(パラエストラ)



続きを読む

2013年10月13日

【レポ】マスター&シニア2013:シニア黒帯

マスター&シニア2013のマスター以上のカテゴリーには往年の名選手の姿がたくさん!

かつてはムンジアルの舞台で凌ぎを削ったトップ中のトップ選手も、いまは自分の年齢カテゴリーで身の丈にあった試合をしています。

日本では今でも爛▲瀬襯隼蠑綣腟銑瓩根強いですが、こういった選手たちのイキイキとした姿を見れば、その考えも変わるのではないでしょうか?!


01
シニア1黒帯で2冠に輝いたサウロ・ヒベイロ(ヒベイロ柔術)。
スペルペサード決勝はvsホベルト・ゴドイ(ゴドイ柔術)との対戦で、
まさに2000年初期のムンジアルを思わせる顔合わせでした。



続きを読む

2013年10月12日

【レポ】マスター&シニア2013:マスター黒帯

10/5&6、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア・ワールズ 2013」は昨年は1日のみの開催でしたが、今年は倍増し2日間で行われました。

マスター&シニアとはいえ、黒帯にはムンジアルの表彰台レベルの現役バリバリの選手もいたり、往年の名選手が自分の年齢カテゴリーで悠々と試合をしていたりと見応えは充分でした。

今回はマスター黒帯の優勝者の試合を中心に紹介します。


01
マスター黒帯ガロ優勝はファビオ・パッソス(アリアンシ)。
ファビオはアダルトでも活躍中の現役バリバリ。
優勝を決めた瞬間にコブラポーズでコブリンヤにアピール!



続きを読む

2013年10月09日

【マスシニ2013】大会2日目の主な日本人選手の結果

09
10/6(日)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア世界選手権 2013」の大会2日目の主な日本人選手の結果です。


続きを読む

2013年10月08日

【マスシニ2013】大会2日目の入賞者

00
10/6(日)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア世界選手権 2013」の大会2日目の主な入賞者です。


続きを読む

2013年10月07日

【マスシニ2013】大会初日の主な結果

00
10/5(土)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催「マスター&シニア世界選手権 2013」の大会初日の主な結果です。


続きを読む

2013年10月01日

【動画】IBJJF TV:アメリカンナショナルズ2013

o
9/14&15にLAのアーヴァインで2日間に渡って開催されたIBJJF主催「アメリカンナショナルズ2013」。

今大会はギとノーギが行われましたが、世界王者クラスのビッグネームの出場はなかったものの、たくさんの試合をこなそうとするイキのいい新鋭たちの好試合が続出し、大いに盛り上がったようです。

この大会の試合動画がIBJJF TVでギとノーギの2本にまとめられて紹介されています。

ギ編ではTIFで初来日したチョイ・ワンチョイvsAJアガザームの他にプロサーファーのジョエル・トゥード、アメリカンナショナル4回優勝のサミール・シャントレ、爛乾螢薀魯鵐畢瓮泪献奪鼻Ε悒ぅ検亀ガードのエドゥアルド・テレスらの試合が紹介されています。

アブソではAJvsサミール、AJvsヴィトー・エンリケというマニア向けの好カードも!

ノーギ編ではテレスの試合がふんだんに紹介されてて嬉しい!

ハーフガードからキムラを極めるクラシックスタイルbyブドージェイクでレアな一本勝ちし、階級別を優勝するとアブソでも奮闘!

ホドリゴ・フレイタスvsモイジーニョでこのアグレッシブマッチを制したモイジーニョからシブく判定勝ちする姿は必見!

このモイジーニョ、元ソウルファイターズで現カイオアソシエーションの所属で、いまカイオ&サミールに次ぐ第3の男として急成長中の有望株。

なのでアブソとはいえモイジーニョが勝つんじゃ?!と思ってたところをテレスが勝利したのでちょっと驚いてしまいました。

テレス、まだまだイケるんじゃん!と思ったのも束の間、次戦のvsAJであっさりヤラれちゃっててがっくり!

でもお得意の亀ガードをガンガン繰り出してて嬉しかったです。

ギ&ノーギを通して見るとAJがMVP的な大活躍を見せてました。

まだ黒帯になったばかりのAJですが、今後は必ず頭角を現してくるのは間違いないでしょう。

ギ編&ノーギ編とも7分前後でまとめられてるので、サクッと見れちゃいます。

ぜひ見てみて下さい!


■ギ編はコチラ、ノーギ編はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年09月08日

【大会結果】アメリカンナショナル2013:主な結果

9/7&8にLAのカーソンで開催されたUSBJJF主催「アメリカン・ナショナル2013」の柔術部門の主な結果です。

このアメリカンナショナルは大会名通りに全米選手権でアメリカではムンジアル、パンに次ぐ大会で2002年にスタート。

初開催当時はまだ黒帯の試合はほとんど行われず、ローカル大会の1つのような扱いでした。

ですが現在ではエントリー数も2000人を数えるようになり、選手も世界王者クラスから若手有望株などが参戦しており注目度の高い大会となっています。

アダルト以外ではマスター黒帯でフェルナンド・サカイ、シニア1でブドービデオのジェイク・マッキーとGIに来日&DVD付き教則本のパイオニアのアルバート・クレーンが表彰台に。

またシニア3ではメガトンがペナながらアブソで優勝し2階級制覇の活躍をしています。


01
アダルト黒帯プルーマ
優 勝 ファビオ・パッソス(アリアンシ)
準優勝 ミルトン・バストス(パラゴン)
3 位 グスタヴォ・アーネスト(マッハセンキ)、ブランドン・ミュリンス(グレイシーバッハ)



続きを読む

2013年08月09日

【海外】江本敦子選手がマスターシニア・インターナショナルで優勝!

1
元パラエストラ小岩でかつては覆面の女子プロレスラー「闘牛・空」として活躍していた江本敦子選手。

江本選手は現在ブラジルに仕事で滞在中で、現地では元ボンサイ柔術・現99柔術のフェルナンド・ヴァレンベンのアカデミーで練習中です。

ブラジル滞在から早1年が経過し、先月の7月末にブラジル・リオデジャネイロのチジューカ・テニスクルービで開催されたIBJJF主催「マスターシニア・インターナショナル」の女子マスター茶帯のメジオで優勝、アブソルートでも3位入賞という快挙を成し遂げました。

その江本選手から近況報告のメールが届いたので紹介します!

『ご無沙汰しております。牛こと江本です。

早いもんで、ブラジルに来て、一年があっと言う間に過ぎてしまいました。

さて、ご存知かと思いますが、いま私は元ボンサイ柔術のフェルナンド・ヴァレンベンが主宰する99の道場で練習しています。

橋本さんと友だちだとか。世の中狭いもんですね。

先日リオのインターナショナルオープンのマスターに出て、女子マスター茶帯メジオで優勝しました。

気がつけば私もマスターですよ。年とりました。

この大会、最初道場のみんなも出ると言っていたのに、蓋を開けたら出場するのは私一人。

リオも行ったことないし、チジューカの会場がどこにあるかも
知らないのに、一人で行くはめになりました。

ブラジルに来てから体重がだいぶ減ったので今回は1階級落としてメジオにエントリーしたのですが、会場に二時間半前に着いて体重を計ったらまさかの850gオーバー。

道場の体重計が壊れてたとしか思えません。(だっていつもギ着てもマイナス2キロだったのに)

そんでなんとか2時間で900g落として、試合20分前にぎりぎりの68.50kgで(ギ着用で69kgまで)計量パス。

ラッシュガードも脱いで、走ったり、トイレ行ったり、出せるもん全部出しました。

試合は三人エントリーの巴戦でしたが、一回戦はマウントからのアームロックで一本勝ち、二回戦はテイクダウンとって(大内DVD秘伝の隅返しから)、2ー0のポイントで優勝することができました。

アブソにもエントリーしたんですが、一回戦目で今回のアブソルートで優勝した明らかに性別反則な男みたいな人とあたり、9ー0のポイントで負けて3位になりました。


2
アブソ表彰台。
江本選手は初戦敗退も4人エントリーで3位入賞!



色んな困難がありましたが、リオの大会出場は今回がラストチャンスだったため、(来年7月2日に日本に帰国するから)一人でも出てよかったです。

恐ろしい所だと思っていたリオもちょうどローマ法皇が来てて、町中警察と軍隊とキリスト教信者だらけで、安心だったし、生ローマ法皇も見られました。

一人で地下鉄とバスにも乗れるようになって、リオ観光も満喫しました。

リオから帰ってきたら、まさか優勝するとは思ってなかったみたいで、(多分フェルンンドも)地元の新聞に載ったり、ローカルのテレビが取材に来たり、ちょっとした騒ぎになりました。

今月8月24日と25日にサンパウロでも国際大会がありますが、今度は見に行くだけにしようかと思っています。

横浜のヒロブラジリアン柔術の馬場さんがその大会に出るので、日本からの荷物をお願いがてら会いに行こうと思っています。

ブラジルに居るのはあと一年を切りましたが、柔術の本場を楽しんで帰ろうと思います。

ブラジル普通に楽しいですよ!

長くなりましたが、一年分のご報告です。

チャオ!

江本敦子』


3
地元のTV取材時の様子。
この動画はコチラから!



4
江本選手の優勝は現地でも大きなニュースとなりました。
江本選手は来年7月に帰国予定ということで、あと1年は
ブラジルで仕事をしながら柔術を続けるそうです。



【今日が誕生日の柔術家】フェルナンド・ヤマサキ


©Bull Terrier Fight Gear


2013年07月13日

【柔術プリースト】#93:ムンジアル2013特集

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは6月にLAで開催されたムンジアルです。

ムンジアルの大会3日目と最終日に行われた日本人選手の試合を厳選してお送りします。

3日目に行われた試合の中からホベルト・サトシ・ソウザとマルコス・ソウザ“マルキーニョス”の試合、そして大会最終日の試合から佐々幸範選手と芝本幸司選手の準々決勝の試合を見て頂きます。

2
ホベルト・サトシ・ソウザは2回戦、3回戦の2試合を収録。



3
マルキーニョスは1&2回戦を配信します!



4
佐々幸範選手は準々決勝のvsサムエル・ブラガ戦と
準決勝のvsアリ・ファリアス戦を配信。


5
芝本幸司選手は準々決勝でのvsイヴァニエル・オリヴェイラ戦を見て頂きます。




そして今大会のハイライトの1つであるキーナン・コーネリアスvsパウロ・ミヤオの茶帯アブソルート決勝戦も特別収録。

これは間違いなくムンジアルの歴史に残るであろう一戦であり、これまでどうしてもパウロが勝てなかったキーナンに遂に初勝利を挙げた記念すべき試合。

またパウロも日系ブラジリアンなので、ある意味日本人選手といえなくもないので、今回特別に配信した次第です。


6
因縁の対決の決着戦、パウロ・ミヤオvsキーナン・コーネリアスを特別収録!


今大会には他にも多くの日本人選手が参戦していましたが、ビデオ撮影を頼んでいた人間のミスで、そのほとんどを撮り逃してしまい、このような厳選した試合のみの配信となってしまいました。

他の日本人選手に試合の配信を期待されていた方々も多いかと思いますが、そのような事情があったためなので、ご了承ください。

そして今回は新MCを迎えて英語版ナレーションを試してみました。

新MCのV.V.Meiこと山口芽生はカリフォルニア生まれの帰国子女で英語はネイティブレベル。

先月配信したミヤオ特集での日本語・英語・ポルトガル語の三ヶ国語対応がなかなか好評だったので、今回はまた新たな試みで自分が日本語で話し、その内容を英語に翻訳するという二か国語対応にしてみました。

これもどういう反応があるか楽しみです。

そんな感じでムンジアルでの日本人選手の激闘の数々、ぜひチェックしてみて下さい!



7
レギュラーコーナーのBJJテクニックファイルは
ヘナート・シウバの2回目。
今回はパスガードからのアームロックを紹介!



★#93はコチラから!




08
【好評発売中】
『BJJテクニックファイル Vol.1』
106分収録 3000円
★詳細はコチラから、購入はコチラから!







★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月26日

【柔術プリースト】#91:ミヤオ兄弟inパン&WPJJC!

01
日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

前回の配信からちょっと間が空いてしまいましたが、最新回は新たな試み!

なんと日本語、英語、ポルトガル語の3ヵ国語のトライリンガル対応での配信です。

とは言うものの、実況・解説部分までトライリンガルでできるかっつーとそれはさすがにまだ無理なのでVTRフリ前のみという中途半端感は否めませんがご容赦頂きたい!

今回の配信では祝!ミヤオ兄弟・黒帯昇格ということで1本まるまるミヤオ特集です。


02
つい昨日、満を持して黒帯昇格を果たしたミヤオ兄弟!
今回はミヤオ兄弟大特集です!


ミヤオ兄弟のパン選手権とアブダビ・ワールドプロでの試合ぶりをまとめて1時間、全部がミヤオの試合だけというミヤオ尽くし!

物議を醸したパウロvsキーナンinWPJJCやジョアオがパスガードされて負けた試合、パウロvsクレベル、そしてミヤオvsミヤオのWPJJC決勝戦などなど、どれもが必見の試合の連続。

過去に配信したミヤオ兄弟が参戦したドゥマウ伊勢崎大会がすでに3万回以上の再生回数で4万回に届きそうな勢いなので、今回のもかなりの反響が期待できそうです。

★ミヤオ兄弟参戦のDUMAU伊勢崎大会はコチラから!

これはムンジアルでLAに行ったときに収録したもので、収録場所はヒルトンホテル!

収録メンバーも非常にレアで、今後このメンバーでの収録は諸事情により実現不可だと思われます。

そんないろんな意味で必見なミヤオ特集、ぜひご覧下さい!


03
収録メンバーは今回限りのこの4人!
左から橋本、ケシア、湯浅、岩崎のムンジアル2013のツアーメンバー。
英語担当を橋本、ポル語担当をケシアが務めてくれてます。



04
BJJテクニックファイルは広瀬氏による「重くないニーインザベリー」。
タイトルだけ見ると?なテクニック。
要チェックです!


★♯91はコチラから!









A9483_I1
【好評発売中】
『コパ・ブルテリア 2012』
155分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】ファビアナ・ボルジェス(25)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月07日

【柔術プリースト】# 90:パン選手権2013特集!

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

いま配信してる最新エピソードは3月に行われたパン選手権!

世間はムンジアルが終わったばかりでパン選手権はDVDも出てるのに今頃配信かよ!という感はなきにしもあらず。

配信が遅れたのにはいろんな事情があるのですが、今後はもう少しタイムラグがないようにしていきたい所存ではあります。

今回は日本人選手の試合を中心に構成しています。

青帯で優勝した杉本寛樹選手に高須宝亀選手、そして茶帯のサダ・クリモリ、玉木強選手、セリンゲロ、黒帯の岩崎正寛選手、吉岡崇人選手、金古一朗選手、柿澤剛之選手などなど、日本でも著名な選手の試合が目白押し!

そしてスタジオゲストにはJiu Jitsu NERDのデザイナーであり、外国人選手にも詳しい爛蝓璽癲辞瓩海反考座膸瓩鵬辰─日本人初のブラジレイロ優勝という快挙を成し遂げた爛澄璽轡洵瓩海氾菘塚蟻請手のネクサセンス勢を解説に迎えています。

マニアックな解説とともに日本人選手の世界での戦いの数々をぜひご覧下さい。


2
青帯ガロで全試合を一本勝ちで優勝した
杉本寛樹選手(AXIS柔術アカデミー)。
「いたらゴメンネ(笑)」でお馴染み!


3
玉木強選手(トライフォース青山)は大会前にカイオの
トレーニングキャンプに参加してからの出場でした。



4
ヨーロピアンに続き国際大会に連続参戦の岩崎正寛選手(HALEO TOP TEAM)は
大ベテランのマリオ・ヘイスとの対戦に!



6
ヨーロピアン準優勝の芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)は
Wガードの攻防の末に初戦敗退という過酷な現実!



7
BJJテクニックファイルは広瀬貴行選手のマウントからの絞め&腕十字の
コンビネーションです。
極めの連携テクニックは実用度が高いので必修でしょう。



★#90はコチラから!










A9483_I1
【好評発売中】
『コパ・ブルテリア 2012』
155分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年12月16日

【IBJJF】プロリーグの結果と試合動画


12/8(土)、LAのロングビーチで開催されたIBJJF主催のプロ大会「IBJJ Pro League」。

これはIBJJFが初めて開催した賞金トーナメントで、階級カテゴリーが独自なものとなっており、またIBBJJFが制定する黒帯ランキングから選ばれた招聘選手しか出場できないことで通常のトーナメントと違う顔合わせが実現することで多く注目を集めていました。

続きを読む