English Portugues Japanese

その他の大会

2018年12月14日

【結果】EBI 18:女子ストローウエイト級トーナメント

00
12/9(日)、テキサス・オースティンのオンニットアカデミーで開催された「EBI 18」の試合結果です。

今大会は女子選手16人によるストロー級のワンデートーナメントで日本からは湯浅麗歌子が参戦しました。

このトーナメントで4回勝利して優勝したのはマイサ・バストス(GFチーム)で、決勝戦でパティ・フォンテス(チェックマット)に延長戦で勝利しての戴冠でした。

またマイサは準決勝で湯浅麗歌子からフェイスクランクで一本勝ちしての決勝戦進出で、準々決勝ではフィオナ・ワトソン(ファイトクラブBJJ)からもヒザ十字で一本勝ちしています。

マイサに決勝戦で敗れたパティは2回戦でAOJのジェサ・カーンからトーホルドで一本勝ち、準決勝もガビー・ロメロ(レジェンズMMA)からキムラで一本勝ちしており、マイサもパティも極めが際立った試合ぶりでした。

EBI18の全試合結果は以下の通り。

■1回戦
○パティ・フォンテスvsアキヤマ・チサキ× RNC
○ジェサ・カーンvsアナリヤ・カルザダ× 腕十字
○ガビー・ロメロvsメーガン・パルドゥーチョ× 延長戦
○マイサ・バストスvsファビアナ・ジョルジ× 延長戦
○フィオナ・ワトソンvsニナ・ナビッド× 延長戦
○ダニエル・ケリーvsリラ・クルズ× 延長戦
○湯浅麗歌子vsソフィア・アマランテ ×RNC

■2回戦
○パティ・フォンテスvsジェサ・カーン× トーホルド
○ガビー・ロメロvsッチェルシー・アグアヨ× アームロック
○マイサ・バストスvsフィオナ・ワトソン ヒザ十字
○湯浅麗歌子vsダニエル・ケリー× 延長戦

■準決勝
○パティ・フォンテスvsガビー・ロメロ× キムラ
○マイサ・バストスvs湯浅麗歌子× フェイスクランク

■決勝戦
○マイサ・バストスvsパティ・フォンテス× 延長戦


01




優勝したマイサ・バストスは97年生まれの21歳で、今年のムンジアルの後に黒帯になったばかりの新鋭。

とはいえ、色帯時代からムンジアルを始め数々のメジャートーナメントで優勝しており、日本には7月のグランドスラム東京と9月のIBJJFアジアに来日し、ともに一本勝ちで優勝しています。

ムンジアルではジュブナイル青帯と紫帯で優勝していますが、茶帯では2年連続で優勝ならずで今年は準優勝、昨年は3位入賞に終わりました。

そして黒帯昇格後にアメリカンナショナルで黒帯で初優勝を果たし、グランドスラム東京とIBJJFアジアで連続優勝。

いま最も注目すべき新鋭黒帯のマイサはこれまではライトフェザーで試合していましたが、今後はルースターに階級変更の意向。

ライトフェザーには同じGFチームのアマンダ・ノゲイラが、ルースターにはタミレス・アキノがいますが、タミレスはヒザを手術してまだリハビリ中で試合ができないので、同じチーム内で階級が被らないようにとルースターにいくことにしたとのこと。

すでに来年のヨーロピアンにはルースターでエントリーしており、ここで初めてルースターでの試合参戦となる見込みです。

また今週末に開催されるIBJJFワールドノーギにはライトフェザーでエントリーしていて、ここにはパティ・フォンテス、ソフィア・アマランテ、フィオナ・ワトソンも同じ階級に出ているため、早くも再戦が実現するかもしれません。

今週末のワールドノーギ、そして来年のヨーロピアンもマイサの試合ぶりは注目必須でしょう。


01
EBI 18で優勝したマイサ・バストス(GFチーム)。
GFチーム総帥のジュリオ・セサールに今年のムンジアルの後に黒帯を授与されました。



02
青帯は2014年にジュブナイル2で、紫帯では2015年がフェザー、2016年はライトフェザーと3年連続でムンジアル制覇。



03
茶帯時代のマイサはヨーロピアンやパンは優勝するもムンジアルでは優勝できず。
昨年は3位で、今年は準優勝に終わりました。



14
7月にはグランドスラム東京に-48kgで参戦し2試合とも極めて優勝。
9月はIBJJFアジアで再来日し、ライトフェザーで優勝しています。



02
内山裕規vsマイサ・バストスのスパーリング動画はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ウドソン・ボルジェス、ダニー・ストルフィ



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年12月10日

【レポ】NEWAZA MANIA 01:ライト級トーナメント

00
初開催のグラップリング賞金トーナメント「NEWAZA MANIA」のライト級トーナメントはホブソン・タンノと平尾悠人の黒帯柔術家と茶帯の杉本寛樹、そしてMMAを主戦場にする馬場勇気の4人で争われた。

グラップリングとはいえヒールフック&外掛けなしという柔術ルールに酷似しており、これは柔術家に有利なルールといえる。

そして会場がレストラン&バーという特殊なシチュエーションのため、一般客の見る側に勝敗をわかりやすくするためにオンリーサブミッションで行われたが、この点も柔術家に優位に働いたと思われる。

このルールで強さを発揮したのはシュシャことホブソン・タンノだ。

続きを読む

2018年12月09日

【レポ】NEWAZA MANIA 01:ヘビー級トーナメント

00
12/8(土)、東京・渋谷にあるTOKYO FIGHT CLUBにて開催された「NEWAZA MANIA 01」。

この大会はグラップリングの賞金トーナメントで70kg以下のライトと-100kgのヘビーの2階級・4人トーナメントで賞金はそれぞれ4万円が用意されていた。

開催決定から大会まで約束2週間ほどしか準備時間がなく、ルールの制定から選手の募集まで急ピッチで進められ、半ば見切り発車的な感じで行わざるを得ない状況になってしまった。

ルールはヒールフック&スラムなしのオンリーサブミッションで試合時間は5分、そして時間切れの場合はバックグラブからスタートし、極めるかエスケープした時間の短さで勝敗が決まるEBIルールに酷似したものと決まった。

続きを読む

2018年12月02日

【レポ】MATSURI:黒帯の試合

01
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

引き続きMATSURIのレポートを書かせて頂きます。

今回は黒帯の試合の様子をお送りいたします。

続きを読む

2018年12月01日

【柔術プリースト】#346:MARIANAS PRO JAPAN 2018

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

諸事情により数週間のブランクがありましたが今回から毎週配信に戻ります。

今回配信するのは10月に初開催されたグアムのマリアナスオープンの日本予選「マリアナスプロジャパン2018」です。

今大会のオープンクラス優勝者が来年4月にグアムで開催されるマリアナスオープン本戦に出場できるとのことで多くの強豪が参戦しました。

その中から厳選した試合を配信します。

配信試合は以下の通りです。


mar
「マリアナスプロジャパン2018」
10/21 東京・浅草、台東リバーサイドスポーツセンター



07
参考試合
ベア・パシレオ(CARPE DIEM)
vs
ローニン・タケウチ(ATOS)



08
KIDS / 66-75 LBS Final
大野智樹(CARPE DIEM)
vs
ローニン・タケウチ(ATOS)



アダルト青帯160LBS
トミー・ヤノ(CARPE DIEM)
vs
ルーカス・タニムラ(一心柔術)



03
アダルト紫帯190LBS決勝戦
ケイゾー・オサキ(クサノチーム)
vs
汐田昌史(飛翔塾)



02
アダルト紫帯175LBS決勝戦
風間敏臣(パラエストラ川崎)
vs
丹羽怜音(AXIS横浜)



07
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
風間敏臣(パラエストラ川崎)
vs
ケイゾー・オサキ(クサノチーム)



03
アダルト茶帯オープンクラス準決勝
佐野貴文(AXIS横浜)
vs
岡崎孝哉(CARPE DIEM)



04
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
佐野貴文(AXIS横浜)
vs
サニー・ウェビ(ENDURE BJJ)



01
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
トーマス・ミツ
vs
エジソン・カゴハラ



02
BJJテクニックファイルはスロース荒井が紹介する基本テク「Wアンダーからのハンマーチョーク」です。



03
#346はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

LACON GAMES総括
QUEEN OF MAT総括
ブルテリアオープン総括
石井慧、ワールドノーギ参戦
IBJJF黒帯証明書到着
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


04
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年11月21日

【レポ】『MILD CUP 3』

01
こんにちは、CARPE DIEM girlz BJJの中尾美季です。

私が主催する『MILD CUP(マイルド カップ) 3』という女子限定の柔術イベントを11/18(日)にCARPE DIEM girlz BJJで行いましたので、そのレポートを書かせていただきます。

『MILD CUP』は、2015年に女性限定のワンマッチ大会として初めて開催しました。きっかけは、「友人を試合に出したい」という思いつき。

その友人は「今年こそは試合に出る」と毎年言いながらも、年齢や階級、練習頻度などを理由に、試合に出ることを躊躇していました。

続きを読む

2018年11月10日

【レポ】MATSURI:茶帯の試合

00
こんにちは、内山です。

前回の紫帯に引き続き、試合の様子及び結果を書かせて頂きます!

今回は茶帯のレポートです。

続きを読む

2018年11月08日

【レポ】MATSURI:紫帯の試合

00
こんにちは、内山です。

今回は大阪で行なわれているプロ柔術 “MATSURI” 第10戦の試合を観て来ました。

場所は大阪・世界館。弁天町駅から徒歩5分位のところにあります。

第10回のアニバーサリーと言うこともあり、20試合行なわれました。

続きを読む

2018年11月05日

【結果】スパイダーインビテーショナル2018決勝戦:主な結果

00
11/3(土)、韓国・ソウルで開催された「スパイダーインビテーショナル2018決勝戦」の主な結果です。


続きを読む

2018年10月28日

【レポ】マリアナスプロジャパン2018:階級別

mar
「マリアナスプロジャパン2018」の階級別の試合を紹介する。

今大会のオープンクラス優勝者には来年4月にグアムで開催されるマリアナスオープン参加のためのトラベルパックが贈呈されることは既報の通りだが、そのオープンクラスに出場するためには階級別で優勝しなければならなかった。

だが階級別の試合が組まれたのが少なかったために、急遽トーナメントの入賞者がオープンクラス参加可能となり条件が緩和された。

続きを読む

2018年10月26日

【柔術プリースト】#345:COPA DE HONG KONG 2018

00
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは香港で開催された「COPA DE HONG KONG」です。

柔術プリーストでは初めて配信する今大会、ぜひ見てみてください。

配信試合は以下の通りです。


00
「COPA DE HONG KONG 2018」
9/15(土) TSTコミュニティホール(香港・九龍)



アダルト茶帯フェザー1回戦
ガス・リアム(九龍柔術)
vs
極趙 / (CHECKMAT China)




07
アダルト茶帯フェザー決勝戦
レイ・ヤマモト(九龍柔術)
vs
極趙 / (CHECKMAT China)



04
アダルト黒帯ライト決勝戦
パウロ・アンドレ(ORC FIGHT CLUB)
vs
クイントン・アレンサ(GF TEAM INTERNATIONAL)



05
アダルト黒帯ミドル決勝戦
レオナルド・マルケス(ATOS Hong Kong)
vs
ファグナー・カルドソ(GF TEAM INTERNATIONAL)



アダルト黒帯オープンクラス1回戦
レオナルド・ダ・シウバ(SKY BJJ)
vs
ファビオ・サンパイオ(EVOLUTION FIGHT ACADEMY)
5:02 フットロック



アダルト黒帯オープンクラス準決勝
レオナルド・マルケス(ATOS Hong Kong)
vs
イ・ヒョンレイ(Techne BJJ)
2-2/5-3



アダルト黒帯オープンクラス準決勝
ファビオ・サンパイオ(EVOLUTION FIGHT ACADEMY)
vs
レオナルド・ホドリゲス(IMPAKT MMA)
7:04 モンジバカ



02
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
レオナルド・マルケス(ATOS Hong Kong)
vs
ファビオ・サンパイオ(EVOLUTION FIGHT ACADEMY)



01
BJJテクニックファイルはエジソン・カゴハラの黒帯、スロース荒井が初登場。
テクニックは「クローズドガードからのスイープ&マウント」です。



02
#345はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

マリアナスプロジャパン総括
LAツアースケジュール
SJJIFワールド展望
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


04
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年10月23日

【レポ】マリアナスプロジャパン2018:オープンクラス

00
10/21(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催された「マリアナスプロジャパン2018」。

この大会は毎年グアムで開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン」の日本予選を兼ねて開催されたもの。

今大会のアダルトのオープンクラスの優勝者にグアムまでの航空券&ホテルのトラベルパックが贈呈され、大会参加費も無料という大盤振る舞い。

続きを読む

2018年10月22日

【結果】マリアナスプロジャパン2018:主な結果

mar
10/21(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催された「マリアナスプロジャパン2018」の主な結果です。


続きを読む

2018年09月20日

【レポ】COPA DE HK 2018

00
9/15(土)、香港の九龍にあるTSTコミュニティホールにて九龍柔術主催「COPA DE HK 2018」が開催された。

香港で唯一の柔術大会として親しまれている今大会は2007年に初開催され、翌年の2008年には時の世界王者、アンドレ・ガウヴァオンを招聘して華々しく行われ、その大会の模様は柔術魂の付属DVDにて見ることができる。

続きを読む

2018年09月04日

【柔術プリースト】#338:TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018

00
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは台湾で行われた「TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018」です。

この大会から厳選した試合を配信します。

配信試合は以下の通りです。


01
「TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018」



アダルト紫帯ミディアムヘビー決勝戦
ジェリー・チェン(Taiwan BJJ)
vs
レ・ドゥイクン(Ronin BJJ Hanoi)



06
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
河野理人(EMAC)
vs
林右(武聖館)



01
マスター2黒帯スーパーヘビー決勝戦
新川武志(吹田柔術)
vs
ダン・レイド(ダニマルBJJ)



03
マスター2黒帯オープンクラス1回戦
ダン・レイド(ダニマルBJJ)
vs
瀧澤恵介(九龍柔術)



マスター2黒帯オープンクラス1回戦
新川武志(吹田柔術)
vs
ダン・レイド(ダニマルBJJ)



01
マスター2黒帯オープンクラス決勝戦
ダン・レイド(ダニマルBJJ)

vs
瀧澤恵介(九龍柔術)



02
BJJテクニックファイルは台湾のジェフ・リウによる「オープンガードに対する腕十字」です。



03
#338はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ワールドマスター総括
アジアンゲームズ総括
マイサ・バストス・セミナー開催
LASCON GAMES開催告知黒帯昇格コーナー
@JAM総括
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


0827
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年09月02日

【大会】マリアナスプロジャパン、参加申し込み受付中

mar
10/21(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催される「マリアナスプロジャパン」の参加申し込みが受付中です。

コチラから!

この大会はグアムで開催されているマリアナスオープンの日本大会で、今回が記念すべき第1回大会となっています。

試合はキッズ(5歳〜12歳)、ティーン(13歳〜17歳)、アダルト&マスターで、すべてドーギありの柔術のみ。

今大会の最大の注目ポイントはアダルトの紫帯・茶帯・黒帯のオープンクラス優勝者(注・黒帯のみ本戦の賞金トーナメントのリミットの関係でオープンクラスも-94.5kgまでに制限)に来年4月にグアムで開催されるマリアナスオープンの本戦に招聘されることです。

招聘=トラベルパックで、この中には大会参加費、日本からグアムまでの航空券、グアム滞在時のホテルのすべてが主催者がフルカバーします。

さながらマリアナスオープン日本予選という趣の今大会は大会運営もグアムからスタッフが来日して行い、また参加申し込みも英語表記オンリーという国際戦。

大会もグアムのアイランドムード溢れた雰囲気で行う予定になってるので、これまでの大会とはやや違った空間になることでしょう。

ただ参加申し込みが英語表記のみなので、そこにやや苦戦するかもですが、それも海外運営主催大会ならではということでチャレンジしてもらえたらと思います。

また今大会のあとには2019年1月に韓国・ソウルでマリアナスプロ韓国大会が開催されますが、その大会でトラベルパックが贈呈されるのは黒帯と茶帯のみなので、日本大会の方が優遇されています。

ちなみにこの韓国大会は2019年1月20日、ソウル市内での開催が決定してます。

初開催のせいか、まだ参加者が集まってない現状のようですが、逆にいえばグアムへのトラベルパック獲得のチャンスでもあります。

現状では少ないエントリーですが、キッズ部門に大野智輝、アダルトで後藤琢磨がエントリー中です。

ですが参戦を予定していたイゴール・タナベがスケジュールの都合でエントリーキャンセルとなってしまったのは残念なことです。


05
大野智輝(CARPE DIEM)



01
後藤琢磨(仙台草柔会)




今年のマリアナスオープンには日本からCARPE DIEMの岩崎正寛が参戦して3位入賞し、ヨーロピアン準優勝に続くビッグタイトルを獲得してワールドクラスの柔術家として大きく飛躍を果たしました。


01
■その大会レポはコチラ、岩崎のインタビューはコチラから!



そんなマリアナスオープンに日本代表として参戦できるチャンス!

海外での大会に参戦できる機会はなかなかないと思うので、ぜひ今大会に参戦してグアムの大会の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか?


mar
【参加申し込み受付中】
「マリアナスプロジャパン」
■詳細&申し込みはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】JTトーレス(29)、ジョナサン・サタヴァ、黒木麻衣子



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月31日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018:その2

14
台湾国際は2日間の開催で初日が柔術、2日目はキッズとノーギが行われている。

この台湾もその他の国と同様にノーギの参加者は少なく、また初日の柔術の試合で満足したのか、エントリーしていた選手の欠場が相次いでいた。

続きを読む

2018年07月28日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018:その1

0721
7/21-22の2日間、台湾・台北市の南港スポーツセンターで開催されたChinese Taipei BJJ Asociation主催「TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018」は台湾最大の柔術&ノーギ大会として定着している。

毎年7月に定期開催されており、その歴史は10年以上にも及んでいtる。

特筆すべきはその大会運営の円滑さだ。

続きを読む

2018年07月23日

【結果】TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018

0721
7/21-22の2日間、台湾・台北市の南港スポーツセンターで開催されたChinese Taipei BJJ Asociation主催「TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018」の主な結果です。


続きを読む

2018年07月06日

【大会】マリアナスプロジャパン、参加申し込み開始

mar
10/21(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催される「マリアナスプロジャパン」の参加申し込みが開始されました。

コチラから!

この大会はグアムで開催されているマリアナスオープンの日本大会で、今回が初開催となります。

試合はキッズ(5歳〜12歳)、ティーン(13歳〜17歳)、アダルト&マスターとなってます。

今大会の注目ポイントはアダルトの紫帯・茶帯・黒帯のオープンクラス優勝者に来年4月にグアムで開催されるマリアナスオープンの本戦に招聘される点でしょう。

招聘ということは大会参加費、航空券、ホテル代のすべてが無料となります。

さらに大会翌日にビーチで行うBBQパーティ付き!

滞在もプール付き&ビーチまで徒歩5分という好立地にある高級ホテルです。

マリアナスオープンは世界中から強豪選手が多数エントリーしてくる賞金トーナメントで、回を重ねるごとに開催規模が大きくなっており、今年は賞金総額2万ドルという高額なものになりました。

そこに日本から岩崎正寛が参戦し、3位入賞したのは記憶に新しいところでしょう。

■その大会レポはコチラ、岩崎のインタビューはコチラから!

そんなマリアナスオープンに日本代表として参戦できるチャンス!

マリアナスプロジャパンは要注目です!


mar
【参加申し込み受付中】
「マリアナスプロジャパン」
■詳細&申し込みはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年06月29日

【大会】台湾国際BJJ/NO-GI 2018、参加者募集中!

0721
7/21-22の2日間、台湾・台北の南港スポーツセンターで開催される「台湾国際BJJ/NO-GI 2018」の参加募集が開始されています。

今大会は台湾で最も歴史のある大会で、台湾のみならず近隣諸国から多数の選手が集まる国際大会となっています。

過去の大会はこのブラジルブログや柔術プリーストでも紹介しており、また日本からの参加者も多いので、すっかりお馴染ではないかと思います。

もちろん今年もブラジルブログ、柔術プリースト、Jiu Jitsu NERDと橋本欽也系メディアで完全フルカバー予定。

日本からLas Conchasやブドービデオジャパンもブース出店し、大会で物販を行います。

また大会運営スタッフも大会主催の小笠原誠を筆頭に日本人スタッフや日本語での対応可能な台湾人などが常駐しており、日本からの参加者に優しい大会となってます。

レフェリーも日本人が多数務める予定で、大会運営もスムーズなのは言わずもがな。

日本から気軽に参加できる国外の国際大会として知られる台湾国際、一度参加してみてはいかがでしょうか?!

大会参加はすでに受付中で、最終締め切りは7/13(金)まで。

大会初日は柔術で2日目はノーギ&キッズ柔術の2日間での開催で、黒帯は大会参加費無料です。


0721
【参加者募集中】
『台湾国際BJJ/NO-GI 2018』
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】マリオ・アイエロ(56)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年06月21日

【レポ】High Rollerz BJJ

00
今回は、先日紹介したROYALの翌日、6/10(日)にLAのダウンタウンにあるクラブスペース・311LIVEで開催されたHigh Rollerz BJJの模様をお伝えしたい。

Big and Mighty Production主催のHigh Rollerz BJJは、カンナビス(大麻)と柔術の融合をコンセプトに、エディ・ブラボー、ジェフ・グローバー、ニック・ディアスら柔術・MMA界で日頃から大麻好きを公言している面々が集結して行われた柔術イベント。賞金ではなく<1ポンドのハイクオリティな大麻>を賭けて、青帯から黒帯までの無差別16人トーナメントと、ジェフvsMMAファイターのジョルジ・カラカニヤンのスーパーファイトが行われた。

続きを読む

2018年06月14日

【レポ】ロイヤルインビテーショナル

01
ムンジアル終幕の1週間後の6/9(土)、ロサンゼルス・バーバンクのマッシュルファーム本社内にて「ロイヤルインビテーショナル掘廚開催された。

今大会はジョエル・チューダーが主催する青帯から茶帯までの合同賞金トーナメントで帯色関係なく試合をするのが特徴だ。

続きを読む

2018年05月19日

【レポ】福岡国際2018:大会翌日セミナー

20
こんにちは、「マスタージャパン福岡」の荒牧誠です。

簡単に自己紹介しますと、2016年4月に帰国するまでは、約8年間香港で、ブラジリアン柔術ジム「香港柔術」の指導・運営をしておりました。

現在も、香港には、定期的に指導に行き、海外の様々な国際大会でレフェリーとして招聘して頂いたり、たまにスペシャルマッチに出場したりしております。

さて、私共マスタージャパン福岡主催にて、2018年2月24日(土)に福岡・かすやドーム/メインアリーナにおいて、2018年福岡国際柔術選手権を開催いたしました。

大会自体のレポートなどは、ブラジルブログ様が掲載してくださっておりますので、今回は、その大会翌日に行われた特別セミナー&オープンマットについてレポートさせていただきます。


続きを読む

2018年05月08日

【サンディエゴ日記】コパ・パシフィカ2018:大会レポート

00
今回はサンディエゴ日記・番外編として「コパ・パシフィカ2018」の大会レポを紹介します。

この大会はホイラー・グレイシーの黒帯5段であるクレバー・ルシアーノが主催している大会であり、今回で21回目を迎えたイベントです。

続きを読む

2018年04月29日

【レポ】マリアナスオープン2018:レギュラートーナメント

00
マリアナスオープンの最後の大会レポはレギュラートーナメント。

黒帯の賞金トーナメント以外に茶帯のオープンクラスにも賞金が賭けられており、そのトーナメントはマリアナスオープンのテキサス・エルパソ大会優勝のコディ・スティールが優勝している。

またキッズや紫帯以下のカテゴリーも実施されたが大会前に勃発した他チームのボイコットにより参加者が激減し、やや寂しいトーナメントとなってしまった。

続きを読む

2018年04月28日

【レポ】マリアナスオープン2018:黒帯デビジョン2

00
マリアナスオープンのデビジョン2はヘビー級で210lbs以下で行われた。

大会直前に参加予定だった優勝候補の一人、ルーカス"ハルク"バルボーザが欠場となりエントリーキャンセルに。

だがその他にも昨年から連続参戦したタナー・ライスに加え、ジャクソン・ソウザやモハメッド・アリらプレギーサの連覇を阻もうと強豪がグアムに集結。

特に1回戦でジャッキーvsアリの潰し合いが組まれたのはトーナメントきっての注目カードとなっていた。

続きを読む

2018年04月23日

【レポ】マリアナスオープン2018:黒帯デビジョン1

00
4/22(日)、グアムのフェニックスセンターで「マリアナスオープン2018」が開催された。

例年通りに今大会でもグアム外から多数の強豪黒帯を招聘して賞金トーナメントが行われ、見どころの多い大会となっている。

黒帯賞金トーナメントは180lbsのデビジョン1と210lbsのデビジョン2が行われたが、まずは日本から岩崎とトーマスが参戦したデビジョン1の試合からレポートしたい。

続きを読む

2018年04月22日

【大会】マリアナスオープン2018:記者会見

00
4/22(日)、グアムのフェニックスセンターで開催される「マリアナスオープン2018」の記者会見がニッコーホテルで行われた。

この会見には黒帯の賞金トーナメントに出場する全選手が出席し公開計量と地元メディアの質疑応答などが行われた。

実はオフィシャルの計量は同日の朝にすでに済ませており、エリック・シアンを除いた選手たちがパスし、公開計量は形だけのものとなっている。

なお計量をパスできなかったエリック・シアンは賞金を獲得した場合はその半額が対戦相手に渡されるペナルティが課せられるという。

今大会の最大の注目は日本から参戦の岩崎正寛とトーマス・ミツのCARPE DIEMコンビの試合だろう。

両者ともライト級トーナメントの180lbs以下のデビジョン1にエントリーし、岩崎はギルバート・ドゥリーニョと、トーマスはディエゴ・ロマーリョと対戦することになっている。

ドゥリーニョは2012年のムンジアル王者で、その他にもワールドプロやワールドノーギでも優勝している世界3冠王者。

現在はMMAに専念しており、UFCでは8戦を戦い、6勝2敗の戦績で、今大会の1週間前にはUFCアリゾナ大会のセミファイナルでダン・モレットからパンチでKO勝ちしている。

すっかりMMAファイターとなったドゥリーニョだが、いま柔術は日に2回の指導をこなしており、また週に1回はホベルト・サイボーグと練習するなどトックラスのコンディションをキープしているるそうだ。

またトーマスの相手のディエゴはブラジルのレシフェ・ペルナンブコ出身の選手でゼ・ハジオラの黒帯。

まだインターナショナルタイトルはないものの、ブラジレイロは10回もの優勝経験がある新鋭で現在はカリフォルニア・ロサンゼルスのZRチームでルーカス・ホシャの練習パートナーとして日々トレーニングに明け暮れているとのこと。

トーマスのことは知らないというが「誰が相手でも対応できるようにすべての局面を想定した練習をしてきたからトーナメントでの試合ぶりに注目して欲しい。」と自信を覗かせていた。

岩崎もトーマスもまずは1回戦を勝つことが課題といえる強豪と野対戦となっているので、明日のトーナメントを楽しみにしたい。


01
ディビジョン1(180lbs)の出場選手



02
ギルバート・ドゥリーニョ(ゼニスJJ)



03
ディエゴ・ロマーリョ(ZRチーム)



04
ディビジョン2(210lbs)出場選手



p
「マリアナスオープン2018」はFloGrapplingで視聴可能。
コチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月12日

【柔術プリースト】#323:FUKUOKA INTERNATIONAL 2018

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は初開催された「FUKUOKA INTERNATIONAL」から女子の賞金トーナメント「福岡GP」を配信します。

女子ならではの華やかな試合の数々、ぜひ見てください。

配信試合は以下の通りです。



02
2/24(土)粕屋ドーム(福岡県博多)
「FUKUOKA INTERNATIONAL 福岡GP」



01
ライトフェザー級1回戦
山口芽生(チェックマットCDJJ TOKYO)vs甲斐真由美(ねわざワールド東九州)



02
ライトフェザー級1回戦
黒木麻衣子(AXIS福岡)vsマギー・オチョア(ATOSフィリピン)



03
ライトフェザー級決勝戦
山口芽生(チェックマットCDJJ TOKYO)vs黒木麻衣子(AXIS福岡)



06
ライト級1回戦
坂本陽(TATORU)vs左近允梨乙子(パラエストラ北九州)



07
ライト級準決勝
大望(ねわざワールドISC)vsアニー・ラミレス(チェックマットCDJJ TOKYO)



08
ライト級準決勝
左近允梨乙子(パラエストラ北九州)vs内山裕規(カルペディエム)



09
ライト級決勝戦
内山裕規(カルペディエム)vsアニー・ラミレス(チェックマットCDJJ TOKYO)



03
BJJテクニックファイルはエミリー・クォークの「シンガードからのスイープ」です。



04
#323はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

特別編「ブルテリア創業史」
特別編 ゲスト:石黒翔也&石黒遥希


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


06
■「ブルテリア創業史」動画版はコチラ、音声版はコチラから!



05
■「石黒兄妹ゲスト回」動画版はコチラ、音声版はコチラから!





patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear