English Portugues Japanese

その他の大会

2015年04月05日

【結果】コパ・デ・バンコク2015:主な結果

01
4/4(土)、タイ・バンコクのナショナルスタジアム体育館で開催された「コパ・デ・バンコク2015」の主な結果です。


続きを読む

2015年03月24日

【レポ】COPA DE SAITAMA JIU JITSU & NOGI 2015:アダルト青帯・その他

10
Over Limit BJJやINFIGHT JAPANに所属する若手選手の活躍が光ったアダルト青帯。

階級別・アブソの決勝を中心に、その他の注目試合もここで紹介する。

なかなかレポートする機会のない青帯&白帯の試合だが、今後活躍が期待できる将来有望な選手が多数いるので、ぜひチェックして頂きたい。


続きを読む

2015年03月21日

【結果】『COPA DE SAITAMA JIU JITSU & NOGI 2015』

00
3/15(日)、埼玉・おけがわサンアリーナで開催されたINFIGHT JAPAN主催『COPA DE SAITAMA JIU JITSU & NOGI 2015』の主な結果です。


続きを読む

2015年01月12日

【結果】ポラリス

00
1/10(土)、イギリスのカ−ディフで開催されたプロ柔術「ポラリス」の試合結果です。



続きを読む

2015年01月09日

【プロ柔術】ポラリス、開催直前!

スクリーンショット (103)
いよいよ今週末、現地時間の1/10(土)に開催が迫ったイギリス発のプロ柔術イベント、ポラリス。

当初予定されていた柔術マッチのJTトーレスvsヴィトー・エスティマがキャンセルとなり、代替えカードとしてマーチン・ヘルドvsゲイリー・トノンが追加されています。

すでに選手の多くはイギリス入りして最終調整中で大会まで待ったなし!とった様子です。

続きを読む

2014年10月27日

【結果】プロ柔術『MATSURI』第6戦

m1
10/26(日)、大阪・世界館で開催されたMATSURI実行委員会主催プロ柔術『MATSURI』第6戦「誰がために鐘は鳴る」の公式結果です。

なお名前&体重、極まり技の表記は主催者発表のものをそのまま載せています。

続きを読む

2014年08月18日

【柔術プリースト】#142:TAIWAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014 Part.2

1
今回配信するのは前回に引き続き台湾インターナショナル2014のPart.2。

Part.2は色帯&キッズの試合を中心に紹介します。

配信試合は以下の通りです。


2
■アダルト茶帯アブソルート1回戦
若山達也(若柔術)
vs
橋本帝富(Q23アカデミー&ATTタイランド)


3
■アダルト茶帯アブソルート1回戦
藤井徹(RBアカデミー)
vs
上田百蔵(THEパラエストラ沖縄)


18
■アダルト茶帯アブソルート決勝戦
若山達也(若柔術)
vs
上田百蔵(THEパラエストラ沖縄)


14
■アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
藤井徹(RBアカデミー)
vs
若山達也(若柔術)



23
■アダルト青帯ルースター
北山貴博(グラスコ柔術アカデミー)


01b
今大会で活躍したキッズ柔術家たち。
ルアナ・ディアス、イゴール・タナベ、マテウス・オンダ、ホベルチ・オダの
試合をまとめて紹介!


2
BJJテクニックファイルはラルフ・ゴーのテクニック。
デラヒーバからのオモプラッタのバリエーションを紹介。


3
コレクション紹介はJTトーレスモデルのノースリーブ。
選手直々に送ってプレゼントしてくれた大事な1枚です。


■#142はコチラから!



■前回の台湾Part.1はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】中井祐樹(44)、ダニエル・モラエス(33)、オズワルド・ケイシーニョ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年08月12日

【柔術プリースト】TAIWAN INTERNATIONAL 2014 Part.1

a
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは先月末に開催された台湾インターナショナル2014。

大会後2週間という短いタイムラグで国際大会を2回に分けてたっぷりと配信します。

Part.1は黒帯&ノーギの試合を中心にベストマッチをセレクトしました。

配信試合は以下の通りです。


11
■マスター黒帯ライト決勝戦
ヨースキ・ストー(Over Limit BJJ)
vs
荒牧誠(香港柔術)


12
■マスター黒帯アブソルート決勝戦
ヨースキ・ストー(Over Limit BJJ)
vs
新川武志(吹田柔術)


02
■マスター黒帯フェザー級1回戦
松根良太(THEパラエストラ沖縄)
vs
村上直(ストレート柔術)


03
■マスター黒帯フェザー決勝戦
松根良太(THEパラエストラ沖縄)
vs
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)


06
■アダルト黒帯ミドル1回戦
ホドリゴ・カポラル(GRIPS)
vs
嶌崎公次(クラブバーバリアン)


9R3A7445Fb
■アダルト黒帯ミドル1回戦
瀧澤恵介(九龍柔術)
vs
クリストファー・NG(台湾BJJ)


07
■アダルト黒帯ミドル決勝戦
ホドリゴ・カポラル(GRIPS)
vs
瀧澤恵介(九龍柔術)



08
■アダルト黒帯アブソルート決勝戦
ホドリゴ・カポラル(GRIPS)
vs
クリストファー・NG(台湾BJJ)


09
■マスター・エリート-88kg決勝戦
新川武志(吹田柔術)
vs
?




どーですか、この台湾で行われたとは思えないほどの日本人率の高さ!

ヨースキvs荒牧、松根vsエジソンの2試合に加え、嶌崎vsカポラルのワールドクラスの一戦まで!

かと思えばドゥマウ関西?みたいなヨースキvs新川も台湾で行われたかと思うと感慨深いでしょう。

そんな台湾インターナショナルのPart.1、どの試合も必見です!


b
レギュラーコーナー・BJJテクニックファイルは
ラルフ・ゴーのオモプラッタのバリエーション。
高度なテクはさすがATOS!



■#141はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】松本義彦(31)、ネルソン・モンテイロ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年08月03日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2014:NO-GI

01
大会2日目はノーギのトーナメント。

3面進行だった大会初日の柔術に比べ、ノーギは2面で海外から参戦の選手も多くなくローカル選手中心の大会となった。

競技人口を比較するとノーギは柔術の半数以下というのは日本も台湾も同じ状況のようだ。

ノーギはビギナー、アドバンス、エリートと3つのカテゴリー分けで階級も柔術に比べると細かくないので、やや体格差のある対戦も見られた。


続きを読む

2014年08月02日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2014:GI Part.2

「TAIWAN INTERNATIONAL 2014」では茶帯トーナメントも黒帯に負けぬほどの強豪が顔を揃えた。

階級別はワンマッチが2試合のみだったがアブソルートは階級別に出ていた選手が全員エントリーし、さながら総当たり戦のように多彩な顔合わせが実現した。

そして今大会で大きなインパクトを残したのが14〜15歳のキッズ勢だった。

ドゥマウでも活躍中のキッズ柔術家がアダルトで参戦し5人中4人が優勝、もう一人も準優勝。

さらに白帯と青帯、女子白帯のアブソルート3つも優勝し、5人で7つの金メダルを獲得するという活躍を果たした。

日本でいうなら中学生の年齢の選手が文字通りオトナ顔負けの試合ぶりで台湾の柔術シーンに衝撃を残したのだった。


続きを読む

2014年07月31日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2014:GI Part.1

01
7/26&27の2日間、台湾の台北にある台湾大学体育館で台湾BJJ主催「TAIWAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014」が開催された。

昨年の大会では参加者130名ほどだったが今年は参加者が倍増し台湾のみならず日本、香港、上海、タイ、ベトナムなど近隣諸国から230人ものエントリーがあり大盛況。

大会初日はギありの柔術で2日目はノーギが行われたが、参加者は初日の柔術に集中し、初の3面での進行となった。

この柔術には香港からホドリゴ・カポラル、沖縄から修斗の元世界王者の松根良太が参戦、さらにエジソン・カゴハラ、ヨースキ・ストーら日系ブラジリアンも参加し多彩なメンバーが顔を揃えた。

まずは大会初日に開催された柔術から黒帯の試合を紹介する。


続きを読む

2014年07月28日

【結果】7/26&27「TAIWAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014」

taiwan
7/26&27の2日間、台湾・台北市の台湾大学体育館で開催された台湾BJJ主催「TAIWAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014」の主な結果です。


続きを読む

2014年07月11日

【大会】台湾インターナショナル GI&NO-GI 2014、締め切り間近!

taiwan
7/26&27の2日間に渡り台湾の台北にある台湾大学で開催される台湾BJJ主催「台湾インターナショナル GI&NO-GI 2014」。

今大会は台湾最大のギ&ノーギ大会で昨年は130名を超す参加者がありましたが今年は締め切り前の時点で180名がエントリー済みとのことで過去最大規模となるの確実です。

昨年の大会はブラジルブログ、柔術プリーストでも取り上げています。

■大会レポはコチラコチラから、プリーストはコチラから!

日本からの参加者も倍増しており、黒帯では松根良太、嶌崎公次、エジソン・カゴハラ、ヨースキ・ストーがエントリー。

茶帯で若柔術・若山達也も試合出場予定。

さらに日系ブラジリアンの参加も予定されていますが、こちらはビザ取得の可否次第のようです。


ma
松根良太(THEパラエストラ沖縄)



ed
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)



sh
嶌崎公次(クラブバーバリアン)


2
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)




その他にも香港から瀧澤恵介も出場予定とのことで、これだけのメンバーが集まればプチ・アジアオープン的な豪華メンバーといっていいでしょう。

台湾は日本からも近く、LCCで行けば往復3万円足らずで行けるのも魅力。

そして台湾が大の親日国家であり日本人に対し非常に友好的で過去自分が訪れた国々の中でも随一です。

まだ出場申し込みも航空券の予約も間に合います!

柔術のみなら金曜に日本を出発し土曜に試合して日曜に帰国という強行日程も可能。

ぜひこの機会に台湾を訪れてみてはいかがでしょうか?!



taiwan
【出場申し込み受付中】
『台湾インターナショナル GI&NO-GI 2014』
日時:7/26&27 (26日:柔術 27日:ノーギ)
会場:台湾大学
締切:7/18(金)まで
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クロン・グレイシー、オスカー・ジュニオール、ジョアオ・アシス



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月09日

【本日二次締め切り】6/29 ASJJF『JAPAN OPEN 2014』

01
6/29(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるASJJF主催「JAPAN OPEN 2014」の第二次締め切りが本日となっています。

これは「柔術をオリンピック競技に!」をスローガンに掲げてスタートした連盟であるSJJIF(Sport Jiu Jitsu International Federation)の日本組織であるASJJF(Asian Sport Jiu Jitsu Federation)の初主催大会。

いま主流となっているIBJJFルールとは少し違うアドバンテージなし&レフェリー判定なしで、ノーポイントで試合が終わった場合は延長戦でサドンデスに突入という特殊ルールです。

さらにアブソルートは3位入賞した選手のみが出場可能というのも国内大会では珍しい点でしょう。

今大会には連盟会長のジョアオ・シウバの来日も予定されておりASJJF初開催らしく大々的に行われるとのこと。


01
SJJIF会長 ジョアオ・シウバ



大会運営はドゥマウのエジソン・カゴハラが協力しており、エジソンはASJJFのスタッフとしても名を連ねています。

そんなASJJF初大会「JAPAN OPEN 2014」の第二次締め切りがアメリカ時間の6/9となっており、日本時間で明日です。

まだエントリーはそれほど多くはないのですが、すでにドゥマウの常連選手らが名を連ねています。

ムンジアルに出場した高本裕和選手、アンデルソン・タカハシ、ケビン・キムラらがLA滞在時にジョアオ・シウバのアカデミーを訪れ、出稽古をさせてもらいながら大会参加を表明しました。


02
高本&アンデルソンはすでにエントリー済み。
ジュベニウ青帯のケビンも出場を検討中。



06
さらに1月のプリーストカップ以来の柔術参戦となる弘中邦佳選手もエントリー中!



12
女子では驚異の14歳、ルアナ・ヒカリ・ディアスがアダルト&ジュベニウでWエントリー。
またワールドプロ王者&パンアジア2冠のマテウス・オンダも出場します。



03
ジョアオのアカデミーに貼られていた今大会のフライヤー。
アメリカ本土からも選手参戦がある予定とのこと。


04
すでに日本に到着している大会メダル。
直径9cmの大型でメダル全面に鏡面加工が施されている豪華版。



05
ジョアオのコメント
「今大会は私たちの記念すべきアジア初開催大会です。今後はこの日本を皮切りにアジア全土で大会を開催していく意向で、すでに韓国と台湾、そしてフィリピンと交渉中で、10月にはASJJFのアジア大会の開催も決定済みです。私たちはこれから柔術をさらに発展させるためにオリンピック競技にしたいと考えています。そのためには非営利団体でなければいけません。利益よりも大事なことがあると確信し、こうやって多くの方々の協力を得てアジアで初の大会開催にまでこぎ着けました。すでに他国では多くの大会を開催してますが、アジアではこれが初めてでこれを大きな一歩して今後も頑張っていきたいと考えてますので、ぜひ多くの選手に試合出場して頂きたいと思います。ではみなさん会場でお会いしましょう。」



初開催ながら大きな注目を集めている今大会、最終締め切りは6/19となっています。

本日までに申し込みをすれば5000円、それ以降は6000円となります。

出場を検討してる方はお早めにお申し込みを!


01
【出場申し込み受付中】
『Japan Open Jiu-Jitsu
Championship 2014』
日時:6/29(日)
会場:台東リバーサイド
スポーツセンター(東京・浅草)
主催:ASJJF
■大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年05月17日

【レポ】『PAN ASIAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014』Part.2

『PAN ASIAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014』には近隣諸国から多くの選手が参加していました。

その中でも一番のビッグネームはATOSのホドリゴ・カポラルでしょう。

カポラルは現在香港在住で現地のアカデミー「GRIPS」のメインインストラクターとして指導中ですが、いまだにトップレベルのコンディションをキープ中。

先日のワールドプロでも入賞こそならなかったものの世界王者のルーカス・レプリから勝利したのは記憶に新しいところでしょう。

そんなカポラルは今大会に参加し柔術&ノーギの両方で2階級制覇し4つの金メダルを獲得しています。


01
今年のパンアジアの一番の大物、ホドリゴ・カポラル(ATOS)。
黒帯-79kg&アブソルートに参戦し、初戦を2011年の茶帯ムンジアル王者の
ブルーノ・アモーリン(Equilibrium MMA)から勝利し決勝へ。



続きを読む

2014年05月16日

【レポ】『PAN ASIAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014』Part.1

5/10&11の2日間に渡ってフィリピンのマニアにて『PAN ASIAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014』が開催されました。

今大会はIBJJFのアジアオープンに匹敵するアジア最大の大会で今回で9回目という歴史ある大会で参加国も15ヵ国・参加者数も650人に及びます。

会場もモール・オブ・アジアという巨大ショッピングモールのイベント広場での開催で普通の買い物客も観客と化して試合に見入る場面もあり、一般層に対するアピールも絶大でした。

特に今年はドゥマウが大会スポンサーに名を連ね、日本からも多数の選手を派遣し、その多くが好成績を収めています。

まずは日本から参戦した選手の試合を中心にレポートします。


01
大会会場のモール・オブ・アジア。
マニラでも最大規模を誇るショッピングモールです。



続きを読む

2014年05月12日

【結果】『PAN ASIAN INTERNATIONAL BJJ & NO-GI 2014』大会2日目の結果

00
5/11(日)、フィリピン・マニラのモール・オブ・アジアで開催された「PAN ASIAN INTERNATIONAL BJJ & NO-GI 2014」の大会2日目の主な結果です。



続きを読む

2014年05月11日

【結果】『PAN ASIAN INTERNATIONAL BJJ & NO-GI 2014』大会初日の結果

01
5/10(土)、フィリピン・マニラのモール・オブ・アジアで開催された「PAN ASIAN INTERNATIONAL BJJ & NO-GI 2014」の大会初日の主な結果です。


続きを読む

2014年04月22日

【柔術プリースト】#127:COPA DE GUNMA 2014

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは4/6(日)に群馬県伊勢崎市で開催された「COPA DE GUNMA 2014」です。

今大会はヘナート・シウバ率いるINFIGHT勢が多数出場し好成績を残したのは記憶に新しいところ。

その中から厳選した試合の数々を見て頂きます。

紫帯では昨年のTIFにも出場したジウソン・ソネ、茶帯はOver Limit BJJからINFIGHTに電撃移籍したアレッサンドロ・エト、そしてノーギ&黒帯はINFIGHTのエース、ファビオ・スガワラをピックアップ!

INFIGHTの精鋭たちの試合はアグレッシブで見応え充分!

特にファビオ・スガワラvs塚田市太郎の黒帯アブソのワンマッチ決勝戦は塚田選手がリベンジを果たすべく敵地に乗り込んで実現した一戦。

この試合は両者の試合前&試合後のコメントもあるのでそちらも合わせてお楽しみ下さい!


04
INFIGHT JAPANのエース、ファビオ・スガワラの試合は
3試合を配信。
柔術の階級別&、無差別に加えノーギも!



09
Over Limit BJJからINFIGHTに電撃移籍!
アレッサンドロ・エト



2
レギュラーコーナー・BJJテクニックファイルはアサダ・トシオ編の続き。
今回はサイドからの変形のラペラチョークをレクチャー!



■#127はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】フェルナンド・マルガリーダ(34)、セオドロ・カナル(33)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月14日

【柔術プリースト】#126:COPA Las Conchas 2014 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

最新エピソードは前回に引き続き3/30に開催された「COPA Las Conchas 2014」を配信します。

前回は茶帯と女子、今回は紫帯を大特集!

紫帯には大会を主催したラス・コンチャスがスポンサードする爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵝Ε織鵐痢↓爛僖鵐董璽薛瓮凜.鵐瀬譽ぁΕ織サキ、峯岸零弥の3選手が出場。

この国内トップ紫帯のシュシャ&パンテーラのImpacto BJJコンビと峯岸選手の初対戦が階級とアブソの2階級に渡って実現しました。

将来を嘱望されているまだ十代の峯岸選手がシュシャ&パンテーラにどう挑んだか?!に注目して頂きたいと思います。


続きを読む

2014年04月10日

【レポ】COPA DE GUNMA 2014

4/6(日)、群馬県・伊勢崎市の伊勢崎市民プラザでINFIGHT JAPAN主催「COPA DE GUNMA 2014」が開催されました。

伊勢崎では年に2回のINFIGHT主催大会があり、このCOPA DE GUNMAが春に、GUNMA OPENが秋に定期開催されています。

最近では珍しい柔術とノーギを同時開催している大会ですが、やはりノーギは試合数が少なく大会メインは柔術でした。

試合マットは1面のみでまったり進行のゆるやかな大会というのもたまにはいいな、と思わせるものがあったのですが、いかんせん都内から2時間以上という移動時間はちょっとシンドい!

ですがちょっとした旅気分を味わいながら試合出場ができるのはいいかもしれません。

試合で活躍したのはINFIGHTのエース的存在のファビオ・スガワラ。

ファビオは昨年黒帯になった選手ですが、最近子供が産まれて試合出場の機会が激減していました。

今大会は昨年12月以来の試合で柔術&ノーギにW出場もノーギでは反則負けを喫しW優勝は達成できずも柔術では圧勝し面木を保ったといえるでしょう。


01
マスター黒帯ペサード決勝戦
○ファビオ・スガワラ(Infight Japan)
vs
×フェルナンド・プラド(グレイシーバッハ山梨)
P0-0、A1-0で勝利もかなり僅差の試合でした。



続きを読む

2014年04月09日

【柔術プリースト】#125:COPA Las Conchas 2014 Part.1

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは3/30(日)に浅草で開催されたCOPA Las Conchas 2014です。

一時期は大会後1ヶ月以上もタイムラグがあったプリーストですが今回はほぼ撮って出し状態でタイムリー!

このコパラスコン、番組スポンサーでもあるので特別に2回に分けて紹介します。

その1回目は注目の初対決、アンデルソン・タカハシvsシュレック関根の一戦をメインに一本決着が続出した女子の試合です。

アンデルソンvsシュレックは茶帯アブソ決勝戦で実現したビッグカードで緊張感のある試合内容となって試合時間8分が短く感じられるほど。

そして女子では若干14歳のレベッカがアダルトの試合に出て2試合連続の秒殺勝利で、その2試合の合計試合時間が1分未満というのは特筆モノ!

レベッカは若さと強さを兼ね備えた逸材なので今後も要注目でしょう。



07
注目の初対決、アンデルソンvsシュレック!
茶帯最大のビッグカードが遂に実現です。



02
2試合連続一本勝ちのレベッカ。
ブラジル育ちで日本に来てまだ3ヶ月という期待の逸材!



レギュラーコーナーのBJJテクニックファイルは初登場のアサダ・トシオがデラヒーバガードのパスをレクチャー。

他にも今大会後に行われたアンデルソン・タカハシのセミナーの様子も特別収録。

さらにレギュラーになりつつある新商品レビューはヴィトー・エスティマの教則DVD2本を紹介。

試合にテクニックに新商品と今回も内容充実!

ぜひ見て下さい!


2
アサダ・トシオのデラヒーバに対するパス。
いいテクニックです!



■#125はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月08日

【告知】6/29 ASJJF「ジャパンオープン2014」

01
6/29(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるASJJF主催「ジャパンオープン2014」。

今回が初開催となりますが、まずこのASJJFから説明しましょう。

このASJJFとはAsian Sports Jiu Jitsu Federation(アジアスポーツ柔術連盟)の略で、SJJIFのアジア支部です。

SJJIFはSports Jiu Jitsu International Federationの略で、会長はジョアオ・シウバ。

ジョアオが「IBJJFが柔術をオリンピック競技にするつもりがないなら自分がやる!」と目標に掲げて設立したのが、SJJIFの始まりです。


srt
SJJIF会長
ジョアオ・シウバ



柔術をオリンピック競技に加えるにはいろいろな条件があり、その1つとして北米、南米、オセアニア、ヨーロッパ、アジア、アフリカの中の60ヵ国以上で競技が行われていることがあります。

そのアジア部門を取り仕切るのがASJJFで今大会がSJJIF/ASJJFのアジア初開催となります。

世界大会もすでに開催済みで、世界大会は昨年の12月に本家・IBJJFのムンジアルと同じくロングビーチのピラミッドで開催され、ギ&ノーギが同時開催されています。


04
昨年12月に開催された世界大会のポスター。
ギ&ノーギで2日間に渡って大会が行われました。



今大会運営の協力はドゥマウを主催するエジソン・カゴハラが務め、ASJJFの代表も兼任。

今後、ASJJFは日本国内でジャパンオープンの他にアジアオープンの開催が決定しており、アジアオープンは11/1&2に愛知県半田市の青山記念武道館で行われます。

また日本以外のアジア諸国でも大会を主催する意向があり、すでにいくつかの国では大会開催の最終調整段階にあるとのこと。

このSJJIF/ASJJFの大会はIBJJFのルールとは若干の違いがあり、大きな違いはアドバンテージがないこと、レフェリー判定がないことでしょう。

アドバンテージがなく、レフェリー判定がないので、同ポイントの場合は延長戦に突入し、サドンデスで最初にポイントを取った選手が勝利となります。

他にも3位決定戦があったり、試合時間が違っていたり、黒帯ではカニ挟みが有効だったりと様々な部分でIBJJFとルールが違います。

なのでルール詳細はオフィシャルHPにて確認を。

コチラから!

今大会の出場申し込み受付はすでにスタートしており、ASJJFのサイトから申し込み可能。

出場費用は5/29までの第一次締切で4000円、6/9までの第二次締め切りで5000円、最終締め切りの6/19で6000円となっています。

この大会にはSJJIF会長のジョアオ・シウバも来日予定です。

これから大きな大会になっていく可能性があるASJJFの記念すべき第1回大会、出場してみてはいかがでしょうか?!


01
【出場選手募集中】
『Japan Open Jiu-Jitsu Championship 2014』
日時:6/29(日)
開場:台東リバーサイドスポーツセンター
主催:ASJJF
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ハファエル・ナカウチ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月07日

【結果】COPA DE GUNMA 2014:主な結果

c_03gu
4/6(日)、群馬県伊勢崎市の伊勢崎市民プラザで開催されたINFIGHT JAPAN主催「COPA DE GUNMA BJJ & GRAPPLING 2014」の主な結果です。



m
アダルト黒帯アブソルート
優勝 ファビオ・スガワラ(Infight Japan)
準優勝 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



k
マスター黒帯アブソルート
優勝 中嶋祐輔(中嶋道場)
準優勝 フェルナンド・プラド(グレイシーバッハ山梨)
3 位 西村暁(Infight Japan)



e
マスター黒帯レーヴィ
優勝 中嶋祐輔(中嶋道場)
準優勝 西村暁(Infight Japan)



r
マスター黒帯メイオペサード
優勝 ファビオ・スガワラ(Infight Japan)
準優勝 フェルナンド・プラド(グレイシーバッハ山梨)



l
マスター茶帯アブソルート
優勝 アレッサンドロ・エト
準優勝 花輪裕樹(RBアカデミー)
3 位 パウロ・ウメムラ(チェックマットジャパン)



02
マスター茶帯プルーマ
優勝  藤井徹(RBアカデミー)
準優勝 パウロ・ウメムラ(チェックマットジャパン)



01
マスター茶帯レーヴィ
優 勝 セルジオ・ヨシダ(小川柔術)
準優勝 ウビラジャラ・ユキモト(小川柔術)



j
アダルト紫帯アブソルート
優勝 ルーク・モリ
準優勝 ヒサノ・トモユキ(AXIS群馬)



h
アダルト紫帯ガロ
優勝 ジウソン・ソネ
準優勝 宮尾司(フリー)



i
アダルト紫帯レーヴィ
優勝 ヒサノ・トモユキ(AXIS群馬)
準優勝 サウロ・イノウエ(Infight Japan)



t
ジュベニウ白ガロ
優勝 ブルーノ・シオザキ(チェックマットジャパン)
準優勝 ヴィトー・ヨシダ(Infight Japan)
3 位 マテウス・ミヤシロ(Infight Japan)


y
ジュベニウ白レーヴィ
優勝 オオミナミ・カツトヨ(T-BLOOD)
準優勝 ウイリアン・サイオ(Infight Japan)



d
インファンティウ白灰ガロ
優勝 カワシマ・ソウ(Infight Japan)
準優勝 クボタ・ユウスケ(ノヴァウニオン太田)



f
インファンティウ白灰プルーマ
優勝 ショウダ・レン(ノヴァウニオン太田)
準優勝 ガブリエル・ニシオカ(Infight Japan)



g
インファンティウ白灰メジオ
優勝 ショウダ・ガク(ノヴァウニオン太田)
準優勝 ハファエル・クワハラ(Infight Japan)



【今日が誕生日の柔術家】ビア・メスキータ(23)、トーマス・ファン、



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月06日

【レポ】COPA Las Conchas 2014:アダルト女子全階級

コパラスコンの女子の試合は一本決着の連続でした。

試合数こそ多くないものの、階級別&無差別の全9試合の全ての試合が一本で決まったのは稀なことでしょう。

注目は白ペナのレベッカ・ロボ。

レベッカは本来はプルーマですが相手がいなかったために階級アップのペナで出場も2試合とも1分かからずの秒殺勝利で優勝。

アダルトに出てますが、実際はまだ中学生の14歳というから末恐ろしい逸材です。

このレベッカの試合を含む今大会の女子の試合の数々は柔術プリーストで配信予定なのでぜひ見て頂きたいと思います。


01
白ペナ1回戦
○レベッカ・ロボ(Infight)
vs
×河野麻子(ヒロBJJ)
0:32 裸絞め



続きを読む

2014年04月04日

【レポ】COPA Las Conchas 2014:アダルト紫帯アブソルート

アダルト紫帯アブソルートは事前発表されたトーナメントから多少の変更があり、欠場&追加で最終的には10人がエントリー。

特筆すべきは関東のみならず関西・東海・九州と地方参戦選手も多くエントリーしていたことでしょう。

その中でも存在感を見せつけたのはやはりパンテーラとシュシャでした。

パンテーラのポイント&アドバンテージを意識した試合巧者ぶり、シュシャの極め重視のアグレッシブさと、二人の試合スタイルは両極端ながらもトーナメントで勝ち上がる術を身につけているのが強みです。

特にシュシャの極めの強さは突出しており、階級別でも2試合を極めて優勝、そしてこのアブソルートでも2試合を極めて決勝戦進出。

反対ブロックのパンテーラはレフリー判定&ポイント差で僅差の試合を競り勝つ薄氷の勝利ながらも決勝まで勝ち上がり、シュシャ&パンテーラのImpacto BJJで優勝をシェア。

階級別に続きアブソでもシュシャ&パンテーラが猛威を振るったのでした。


01
アブソ1回戦
×北添哲也(AXIS)
vs
○本江一超(VISCA)
4:11 外掛反則



続きを読む

2014年04月03日

【レポ】COPA Las Conchas 2014:アダルト紫帯階級別

アダルト紫帯にもLas Conchasがスポンサードする日系ブラジリアン、爛僖鵐董璽薛瓩海肇凜.鵐瀬譽ぁΕ織サキ&爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵝Ε織鵐里Impacto BJJの2選手がはるばる愛知県から遠征して参戦。

この二人はヨーロピアンのメダリストでパンテーラは準優勝、シュシャは3位に入賞しています。

ちなみにヴァンダレイのあだ名のパンテーラの由来は豹のタトゥーがあるからで、ホブソンのシュシャはブラジルのTV番組のキャラクターのシュシャに似てたから、とのことです。

そんなパンテーラ&シュシャが階級別では危なげなくそれぞれ優勝。

特にシュシャは2試合連続で極めての勝利で相変わらずの極めの強さを発揮しています。


01
レーヴィ1回戦
○ホブソン・タンノ爛轡絅轡祗瓠Impacto BJJ)
vs
×木野輝彦(ねわざワールド柏)
3:06 送り襟絞め


続きを読む

2014年04月02日

【レポ】COPA Las Conchas 2014:アダルト茶帯

3/30(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催された「COPA Las Conchas 2014」。

今年で3回目の開催で昨年に比べ参加者も3割ほど増え、大会ラッシュの東京においてのこの参加者数を集めたのは健闘といえるでしょう。

今大会は黒帯の参加者こそなかったものの、茶帯にはLas Conchas がスポンサードするトップ選手、アンデルソン・タカハシがエントリー。

さらにそれに呼応するように関根爛轡絅譽奪畚┝も参戦表明するなどし、この両者の初対決に注目が集まりました。

コパラスコン、試合レポートはこのアダルト茶帯から紹介します。


00
アブソのみだったシュレックですがアンデルソンは階級別にも出場。
メジオ級ワンマッチ決勝戦で今泉貴史選手(アンプラグド国分寺)と対戦し、
0:49で腕を極めて一本勝ち。


続きを読む

2014年03月31日

【結果】3/30『COPA Las Conchas 2014』

C_02las
3/30(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたミューズエンタープライズ/Las Conchas主催『COPA Las Conchas 2014』の主な結果です。


続きを読む

2014年03月09日

【第二次締め切り】3/30『COPA Las Conchas 2014』

C_02las
3/30(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催される『COPA Las Conchas 2014』の第二次締め切りが明日の3/10(月)となっています。

明日中に申し込みすれば階級別のみ4000円(アブソ出場は+1000円)で、最終週締切の3/20(木)では5000円なりますので、出場を検討している方は、この二次締め切りまでのお申し込みがお得です。

すでに100人を超える申し込みがあり、エントリーリストも公開中です。

■エントリーリストはコチラから!

年に1度のCOPA Las Conchas、ぜひ出場してみてはいかがでしょうか?!


C_02las
『COPA Las Conchas 2014』
主催:Las Conchas、螢潺紂璽坤┘鵐拭璽廛薀ぅ
協賛:BULL TERRIER / FULL FORCE / DUMAU / SCRAMBLE / KEDYSON
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
日時:3/30(日)
出場費:
第二次締め切り:3/10 4000円
最終締め切り:3/20 5000円
無差別級追加エントリー +1000円(Absoluto +1000yen)
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

申し込み(Registration)方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com

下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。

【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
年齢カテゴリー:
帯色:
階級: 
アブソエントリー有無:
住所:
電話:



©Bull Terrier Fight Gear