English Portugues Japanese

Jiu Jitsu Priest CUP

2015年05月01日

【レポ】『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』Part.2

プリーストカップ仙台の紫帯はワンマッチ決勝戦が多かったが一本決着が続出し好勝負となった。

特にルースター、ライトフェザー、アブソルートの決勝3試合は絞めでの一本勝ちで、まさに柔術!と唸らされるテクニックは見応え充分。

前回レポートした黒帯、茶帯でも一本決着が多く、今大会は極めが頻発しており、アグレッシブに攻める試合が多数見れたのが印象的だった。

また関東から遠征してきた選手らが着実に実績を残していたのは、地方と首都圏の大会数の差=経験値の差かもしれない。

地方でも大会が多くなったとはいえ、毎週末に大会が行われている首都圏に比べたらまだまだ少ないのは明白。

その差を埋めるためにも地方の選手も今大会に参戦した関東の選手のようにどんどん遠征して試合経験を積んで欲しいと思う。


01
アダルト紫帯ルースター決勝戦
高松佳孝(REDIPS)
vs
五十嵐優(ブレイブハート)
東京でも多くの大会に参戦しているREDIPSの高松が遠征出場。
ガードから三角絞めを極め3:02 一本勝ちで優勝。



続きを読む

2015年04月30日

【レポ】『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』Part.1

プリーストカップ初の東北開催となる仙台大会は地元の老舗アカデミー、草柔会仙台の協力の元に開催された。

東京で開催しているフォーマットをそのまま仙台に持ち込み、USTREMによる実況・解説付きの大会生配信、アイドルを起用したメダルガール、スーパーファイトなども実施。

特にメダルガールは地方大会初導入で、来月のグループデビューを控えたジュニアアイドル2人が参加しメダル贈呈や選手インタビュー、そしてUST解説にも飛び入りし大会に華を添えている。

試合は地元勢はもちろんのこと、近隣県からも多くの選手が参加し黒帯マッチも組まれるなど盛況だった。

まずは黒帯&茶帯、そしてスーパーファイトの試合から紹介したい。


01
シニア1黒帯フェザー決勝戦
伊藤正規(ハイブリッドレスリング山田道場)
vs
芳原零(ブレイブハート)
今大会唯一の黒帯マッチはシニア1のワンマッチ決勝戦。



続きを読む

2015年04月27日

【結果】Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI:主な結果

フ?リーストカッフ?2015仙台_修正
4/26(日)、宮城県仙台市の宮城県武道館で開催された「Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI」の公式結果です。


続きを読む

2015年04月19日

【大会】4/26『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』追加情報

フ?リーストカッフ?2015仙台_修正
4/26(日)、宮城県仙台の仙台武道館で開催する『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』追加情報です。

大会後に開催するチャリティ合同セミナーに追加の黒帯が決定しました!

まずは今大会の開催協力をして頂いている草柔会仙台の岩渕貴司代表もテクニックを披露して下さることになりました。

岩渕代表は90年代から柔術を始めた大ベテランで東北の柔術界をけん引する第一人者でその指導力には定評があります。

もう一人はJiu Jitsu NERDのデザイナーでもある森雄大さん。

森さんはかの植松直哉氏が認めた初めての黒帯で、今大会にはUSTREAMの解説兼レフェリーとして参加してくれます。


iwa
岩渕貴司(草柔会仙台)



mori
森雄大(ネクサセンス)



この2名を追加し黒帯4人&茶帯2人の合計6人のチャリティ合同セミナーとなります。

チャリティ合同セミナーは大会参加者は1000円、一般参加は2000円で参加可能なので、ぜひこの機会にセミナーに参加し、チャリティにもご協力頂きたいと思います。

そして仙台に本社がある螢椒妊プラスインターナショナル様が大会協賛に加わって頂けました。

螢椒妊プラスインターナショナル様からプロテインドリンク「ブルードラゴン」を提供して頂いたので参加選手への賞品として贈呈予定です。


ha
「ブルードラゴン」詳細はコチラから!


またアパレルブランド「Las Conchas」からも新作の柔術衣が大会賞品として提供頂きました。

なおこのLas Conchas柔術衣は5/10に浅草で開催される「COPA Las Conchas 2015」の会場で先行発売予定です。


las
■「Las Conchas」柔術衣、詳細はコチラから!



最後にメダルガールの紹介をしたいところですが、いま参加して頂けるアイドルグループの最終調整中です。

当初予定していたアイドルグループからメンバーが脱退し人数が揃わないということで急遽、他のグループのマネージメントを紹介して頂き、週明けに最終決定の見込みとなっているので、いましばらくお待ちを!

そんな感じで開催までに1週間となった『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』の出場申し込みの最終締め切りは4/20(月)まで。

大会参加者にはノベルティのクリアファイル贈呈に加え、Jiu Jitsu NERDのバックナンバーのおまけ付き。

さらに参加者全員対象のクジ引きは協賛各社から提供された豪華賞品が当たるハズレなしの大盤振る舞いで、クリアファイル&Jiu Jitsu NERDバックナンバー+αが全員プレゼント!

『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』は4/20(月)の23:59をもって出場申し込み締め切りとなるので、出場を検討している方は締め切りまでにお申し込み下さい!


cl
全員プレゼントの特製クリアファイル。
大会ポスター&プリーストのスカルロゴの両面デザイン。


08
大会入賞者には参加人数に関わらず入賞者全員にメダルを贈呈。




フ?リーストカッフ?2015仙台_修正
【出場選手募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』
日時:4/26(日)
会場:仙台市武道館(宮城県)

参加費:
最終締め切り 4/20(月) 7000円
※アブソルート出場は各+1000円
■大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2015年04月09日

【セミナー】4/26『プリーストカップ仙台』で合同チャリティセミナー開催

フ?リーストカッフ?2015仙台_修正
4/26(日)、宮城県仙台市の仙台市武道館で開催される『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』でチャリティセミナーの開催が決定しました。

このセミナーはベストセラー教則DVD『ドクトル柔術』『ドクトル柔術ツヴァイ』で知られる大内敬がメイン講師を務め、その他に橋本欽也、堀込茂由、後藤悠司のミューズ柔術アカデミーのインストラクターズもゲスト講師として参加します。

ドクトル大内はすでに多くのセミナー経験があり、過去のプリーストカップでもセミナーを行いました。

ou
大内“ドクトル”敬(パラエストラ小岩&綾瀬)


ミューズ柔術アカデミーのインストラクターズが外部で指導をするのは稀で今回は貴重な機会といえるでしょう。

特に一心柔術の代表を務める後藤悠司の本場仕込みのジナスティカ・ナチュラルはぜひ一度体験して欲しい素晴らしいムーブメントです。


mu
左から
後藤悠司(一心柔術)橋本欽也(ミューズ柔術アカデミー)堀込茂由(パラエストラ小岩&綾瀬)




他にもゲスト講師の参加もあるかも?!

今回のセミナーの収益は日本赤十字社を通して東日本大震災義援金として全額を寄付します。

参加費は大会参加者は1000円・一般は2000円で大会当日に申し込み受付、セミナーの動画撮影もOK(ネット公開NG)です。

ぜひ多数のご参加をお待ちしております。

なお今大会の3次締め切りは明日の4/10(金)までとなっています。

明日中に出場申し込みメールをすればOKで、大会に出場すればセミナーも1000円で受講可能となってるので、この機会に出場申し込みをオススメします。



フ?リーストカッフ?2015仙台_修正
【明日第3次締め切り】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』
日時:4/26(日)
会場:仙台市武道館(宮城県)
【参加費】
三次締め切り 4/10(金) 6000円
最終締め切り 4/20(月) 7000円
※アブソルート出場は各+1000円
■大会情報はコチラから!


■エントリーリストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2015年02月21日

【柔術プリースト】#168:プリーストカップ Part.2 通常トーナメント

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは前回に引き続き番組の冠大会、プリーストカップで行われた通常トーナメントです。

スーパーファイトはワンマッチですが通常トーナメントは1カテゴリー数試合をまとめて見られるのがいいところ。

今大会では特に紫帯をピックアップしフェザーの大沢ケンジ、ミディアムヘビー&アブソルートのペザオン、そして2015年から青帯となったルアナ・ディアスを大特集。

この3選手の試合ぶりをたっぷりと見てもらいたいと思います。

配信試合は以下の通りです。



01
■マスター黒帯ライト決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
広瀬貴行(パラエストラTB)



03
■マスター茶帯ヘビー決勝戦
Nick Greene(Ralph Gracie)
vs
荒井勇二(Over Limit BJJ)



04
■マスター茶帯ライト決勝戦
後藤悠司(一心柔術)
vs
Rodrigo de Souza(Impacto Japan BJJ)



07
■マスター茶帯ミドル決勝戦
石川弘道(ネクサセンス)
vs
Graeme Shelvey(Nova Uniao Japan)



■アダルト茶帯アブソルート準決勝
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
vs
ケンジ・シオザキ(Over Limit BJJ)


■アダルト茶帯アブソルート決勝戦
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
vs
荒井勇二(Over Limit BJJ)


01
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)


■アダルト茶ルースター決勝戦
中村洋介(DRAGON'S DEN)
vs
伊藤正純(ねわざワールド品川)



■アダルト紫帯ミディアムヘビー1回戦
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
小島健作(VISCA)


■アダルト紫帯ミディアムヘビー決勝戦
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
マイケル・ハリソン(ペドロ・サワー)


■アダルト紫帯アブソルート1回戦
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
小花光広(パラエストラ東京)

■アダルト紫帯アブソルート2回戦
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
小島啓祐(ダムファイトジャパン)

■アダルト紫帯アブソルート準決勝
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
中平和(マッハ道場)

■アダルト紫帯アブソルート決勝戦
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
ユージ・タニグチ(INFIGHT JAPAN)


07
“ペザオン”エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)



■アダルト青帯フェザー決勝戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
ヴァネッサ・ツジ(ノヴァウニオンジャパン)

■アダルト青帯アブソルート1回戦
ケイコ・ナカガネク(小川柔術)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)

■アダルト青帯アブソルート1回戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
ヴァネッサ・ツジ(ノヴァウニオンジャパン)

■アダルト青帯アブソルート1回戦
ケイコ・ナカガネク(小川柔術)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)


10
ルアナ・ディアス(東海BJJ)


■アダルト紫帯フェザー1回戦
大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS)
vs
乙訓貴雄(パラエストラ八王子)

■アダルト紫帯フェザー準決勝
大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS)
vs
石毛倫太郎(CARPE DIEM)

■アダルト紫帯フェザー決勝戦
大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS)
vs
茶圓俊平(ねわざワールド)


04
大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS)


■アダルト紫帯ミドル決勝戦
江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)
vs
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)


05
江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)



スーパーファイトに引き続き登場のシュシャ、MMAで活躍中の江藤選手の柔術デビュー戦、そしてヨースキvs広瀬の結着戦と注目試合の数々。

とはいえ、最大の見どころはやはりペザオンの圧倒的な強さに他なりません。

ペザオンは今大会で全6試合を戦い、その全試合を一本勝ちし、さらにそのほとんどが秒殺勝利でした。

まさに圧勝というにふさわしい勝ちっぷりを堪能して下さい!



2
収録メンバーは解説に森雄大、アシスタントはKNUからもかぴんが参加。



3
BJJテクニックファイルは現在来日中のシェイン・スズキが初登場。
シェインが得意とするラペラを引き出しての三角絞めを紹介。



■#168はコチラから!





フ?リーストカッフ?2015仙台_修正
【出場選手募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』
日時:4/26(日)
会場:仙台市武道館(宮城県)

参加費:
一次締め切り 2/27(金) 4000円
二次締め切り 3/20(金) 5000円
三次締め切り 4/10(金) 6000円
最終締め切り 4/20(月) 7000円
※アブソルート出場は各+1000円
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ミリアン・カルドソ(29)、ジェファーソン・エフェン(39)


©Bull Terrier Fight Gear


2015年02月15日

【柔術プリースト】#167:プリーストカップ Part.1 スーパーファイト

168
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは番組の冠大会、プリーストカップ!

そのプリーストカップ・東京大会の模様を2週に渡って紹介します。

初回はスーパーファイトの試合の数々を見て頂きます。

スーパーファイトは女子と茶帯、黒帯と注目試合が多数ありますので注目です!

配信試合は以下の通りです。


01
アダルト白帯ライトフェザー
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)
vs
石黒遥希(ブルテリア・ボンサイ)



04
アダルト青帯フェザー
横山武司(パラエストラ渋谷)
vs
石黒翔也(ブルテリア・ボンサイ)



14
アダルト茶帯ルースター
澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)
vs
宮尾司(ダムファイトジャパン)



08
アダルト茶帯ライト
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)



10
アダルト黒帯ミディアムヘビー
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
新明佑介(トライフォース柔術アカデミー)



13
アダルト黒帯ライト
嶌崎公次(クラブバーバリアン)
vs
クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)



127
BJJテクニックファイルはブルーノ・アモーリンによる
ワームガードに対するパスのバリエーションです。



jjp168
今回の収録は解説で森雄大、アシスタントには大会でメダルガールも務めてくれた
KNUのもかぴんこと武下もかさんが収録初参加。



■#167はコチラから!



フ?リーストカッフ?2015仙台_修正
【出場選手募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』
日時:4/26(日)
会場:仙台市武道館(宮城県)

参加費:
一次締め切り 2/27(金) 4000円
二次締め切り 3/20(金) 5000円
三次締め切り 4/10(金) 6000円
最終締め切り 4/20(月) 7000円
※アブソルート出場は各+1000円
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】高亀洋介(37)



©Bull Terrier Fight Gear


2015年02月13日

【出場者募集中】4/26:Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI

sendai2015
プリーストカップの初の東北大会『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』開催決定!

大会ホストとして草柔会仙台に開催協力してもらって春の仙台でアツい大会を開催したいと思います。

東京で行っているプリーストカップのフォーマットをそのまま仙台に持ち込んで、大会のUSTREM生配信や参加者全員にノベルティ配布、スポンサー提供の豪華賞品が当たる抽選会を実施。

そして大会の冠スポンサーであるShoyorollから世界的にレアなドーギをアダルトの青帯から黒帯までのアブソルート優勝者(4名以上のトーナメントの場合のみ)に贈呈。

IMG_1609
Shoyorollのレアキモノ入手のチャンス!


さらに地方大会初の現役アイドルを起用してのメダルガールも鋭意交渉中!

USTREMの生配信では数々のイベントMCで知られるセラチェン春山が実況しながらゲスト解説として草柔会仙台の岩渕貴司氏を予定。

大会レフェリーはエジソン・カゴハラ&ドクトル大内が務め、物販でケニー板橋(Las Conchas)も参加します。

また大会だけでなくチャリティセミナーの開催も予定してます。

参加申し込みはメールで受付中。

大会詳細は大会ブログへ。

コチラから!


sendai2015
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI』

日時:4/26(日)
会場:仙台市武道館(宮城県)

参加費:
一次締め切り 2/27(金) 4000円
二次締め切り 3/20(金) 5000円
三次締め切り 4/10(金) 6000円
最終締め切り 4/20(月) 7000円
※アブソルート出場は各+1000円

■年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 

■申し込み方法:メールにて受付

メールアドレス: reversaling@gmail.com

件名に「プリーストカップ仙台・出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。

申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。

【出場申し込みフォーム/Entry form】(コピペしてお申し込み下さい/Send by copy/paste)
名前/Name: 
所属/Team:
帯色/belt:
階級/weight: 
年齢カテゴリー/age categry:
アブソエントリー有無/Absolute Yes or No:

【重要なお知らせ】
エントリーを携帯電話やスマートフォンからされた場合、参加費振込先などを明記した返信メールが届かないケースが多いようです。お申し込みの際は「reversaking@gmail.com」からの返信メールが受信できるように設定しておいてください。

エントリー後の選手都合による欠場、出場キャンセルは返金不可です。

その他、大会詳細は大会ブログに随時更新。

コチラから!

エントリーリストは第一次締め切り以降に発表予定。

■プリーストカップの大会レポはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2015年01月21日

【レポ】『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』大会2日目

1/12と18の2日間に渡って開催された『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』の大会2日目はスーパーファイトとアダルト色帯の試合が行われた。

スーパーファイトの試合の様子は既報の通りだが、通常のトーナメントも多数の強豪選手が参戦し大きな盛り上がりを見せた。

特にスーパーファイトにも出場したシュシャことホブソン・タンノとJiu Jitsu NERD制定のBJJアワードで新人賞を獲得したペザオンことエリクソン・タケウチは素晴らしい活躍だった。

両者とも全試合を一本勝ちで優勝しアブソルートの副賞であるSHOYOROLLのギを獲得。

スーパーファイト&新人賞のトロフィーに加え、メダル&ドーギを持ち帰り、2015年度の初試合で好スタートを切っている。

さらにMMAで無敗を誇る江藤公洋が柔術初試合ながら紫帯を巻いて出場した。

柔術デビューながらも階級別1試合を勝利してを優勝、さらにアブソでも3位入賞を果たしそのポテンシャルの高さを見せている。

その江藤の師匠である大沢ケンジも激戦区・紫帯フェザーで3試合を勝ち抜き優勝、大会後に茶帯昇格を山崎剛に認められた。

新年1発目の恒例行事となったプリーストカップは年に1回の東京大会の他に地方大会の開催となっているが早くも次回大会の開催が決定済み。

次回は4/26(日)、宮城県仙台市で草柔会仙台をホストアカデミーに迎えて開催予定。

その大会詳細は決まり次第の告知となっている。



01
スーパーファイトで世羅に勝利したシュシャはアブソでも
荒井勇二(Over Limit BJJ)から三角絞めで4:05 一本勝ち。
守りのカタいスロースからも極めきるのはさすが。
BJJアワードのベストサブミッション賞を獲得したシュシャの極めの強さはホンモノだ。



02
シュシャはBJJアワードのベストサブミッション賞のトロフィー、スーパーファイト勝利の
トロフィーに加えアブソ優勝のメダルと副賞のギも獲得。
今大会の2日後にはヨーロピアン参戦に向けリスボンに旅立つ。



00
アダルト茶帯で唯一行われた階級別の試合だったルースター。
伊藤正純(ねわざワールド品川/チグローン柔術)、中村洋介(DRAGON'S DEN)、
宮尾司(ダムファイトジャパン)の3人巴戦で争われ、決勝は伊東が中村を
小手絞りで1:58 一本勝ちで優勝。



03
紫ルースター優勝はジウソン・ソネ(INFIGHT JAPAN)。
初戦を送り襟絞めで一本勝ちし決勝戦もP0-0、A3-0という僅差の試合を制した。



04
MMAを引退した和術慧舟會HEARTS代表の大沢ケンジは「黒帯になるまでは
継続して試合に出続ける」と今大会にも急遽出場。
紫フェザーで3試合を戦い、9-0、11-0から反則勝ち、決勝も8-0で完封勝利で優勝。
大会後に茶帯に昇格を果たす。



05
柔術デビューが紫帯という江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)。
MMA5戦負けなしだが柔術の実力は未知数だったが階級別はP10-0で完勝。
アブソでは2試合連続の不戦勝でいきなり準決勝となり、その試合では
ユージ・タニグチに6:27 腕十字で一本負けも3位入賞。



06
紫帯で突出した存在なのがエリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)。
階級別&無差別で全試合一本勝ちで、そのほとんどが秒殺勝利という圧勝ぶり。




07
ペザオンは今大会で全6試合を戦い、その試合時間合計は
10分足らず!
この試合の数々は柔術プリーストで紹介予定なので
楽しみにして欲しい。


08
今年から青帯で試合出場のマテウス・オンダ(東海BJJ)が青帯デビュー。
ライトフェザーは危なげなく優勝もアブソは準々決勝で敗れ入賞ならず。



09
ともにMMAで活躍中の女子アダルト紫帯ライトフェザーのワンマッチ決勝戦は
高野聡美(クラブバーバリアン)と前澤智(パラエストラ八戸)の初顔合わせ。
引き込んだ高野がスイープに成功しP2-0で勝利。



10
女子白帯のエース格、ルアナ・ディアス(東海BJJ)も青帯デビュー。
アブソ決勝でアジア王者のケイコ・ナカガネク(小川柔術)からP8-5で勝利し、
青帯初大会でいきなり階級&アブソの2階級制覇。
ルアナの勢いは青帯になっても衰えてないようだ。



©Bull Terrier Fight Gear


2015年01月20日

【レポ】『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』スーパーファイト

『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』では全7試合のスーパーファイトが組まれ、大会2日目にはそのほとんどの6試合が行われた。

どの試合もスーパーファイトとして組むに値する見どころの多い対戦で勝負論のある興味深いカードとなった。

これらのスーパーファイトは柔術プリーストの番組スポンサーがスポンサードする選手に試合の機会を作ろうという趣旨で組まれたもの。

地方から遠征してきた選手も少なくなくスーパーファイトならではのレア感のある対戦は注目度も高かったといえるだろう。


01
アダルト白帯ライトフェザー
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)
vs
石黒遥希(ブルテリア・ボンサイ)
15歳になったばかりのレベッカはNY発のキモノブランドVHTSがスポンサードする
国内唯一の選手。
対する石黒は現役女子高生のJK柔術家。



02
試合経験で勝るレベッカに積極的に攻めていく石黒という試合展開ながら
要所要所でレベッカがポジショニングで圧倒しポイントを重ねていく。



03
最終的にはP8−0でレベッカ勝利。
国内唯一のVHTSのスポンサード選手として見事に勝利した。



04
アダルト青帯フェザー
横山武司(パラエストラ渋谷)
vs
石黒翔也(ブルテリア・ボンサイ)
プリーストの番組スポンサー・逸鉄の推薦で出場が決まった横山。
その対戦相手の石黒も横山と同じく今春に高校卒業を控える18歳同士という
フレッシュな初顔合わせ。


05
試合序盤はWガードの展開からスタートしたが、そこからアドバンテージ1つ石黒がリード。
だが下になった横山が三角絞めに捕える!



06
これが極まって3:57、一本勝ちした横山。
まだ十代だけにこれからまだまだ伸びていくだろう。



07
アダルト茶帯ライト
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
今回組まれたスーパーファイトの中で一番の注目度だったのがこの対戦。
Jiu Jitsu NERD制定のベストサブミッション賞受賞のシュシャと
全日本2冠王の世羅の注目の初対決!



08
前評判では世羅有利かと思われていたこの対戦だったが予想に反して
シュシャが優位に試合を進める。
引き込んでオモプラッタからスイープを2回決めてP4−0に。



09
そのまま試合は終わりシュシャ勝利。
5日後にヨーロピアンでの試合を控えるシュシャが連戦をものともせず
好調をアピール。



10
アダルト黒帯ミディアムヘビー
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
新明佑介(トライフォース柔術アカデミー)
この対戦も注目の一戦。ハイペースに試合をこなすアンデルソンもシュシャと同じく
ヨーロピアン参戦を控えている。
新明は昨年のヒクソン杯以来の試合参戦だ。



11
引き込んだアンデルソンが試合開始早々に得意の三角絞め!
そこから腕を極め三角腕十字で秒殺一本勝ち!



12
試合時間は1:03、なんと63秒という早業で極めたアンデルソン。
新明は持ち前の粘りを見せる間もなく敗れてしまった。



13
アダルト黒帯ライト
嶌崎公次(クラブバーバリアン)
vs
クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)
ISAMIのスポンサード受けて出場が決まった嶌崎が対戦を希望したのがこのクレベル。
クレベルは今後、MMAに専念するためにこれが事実上の柔術ラストマッチとなる。



14
両社とも運動量が多いアグレッシブな選手だけに好勝負が期待されたが
クレベルの動きが嶌崎を上回った。
先手、先手で攻めていき最後は三角絞めでフィニッシュ!



15
3分ジャストで柔術ラストマッチを勝利で飾ったクレベル。
目標とするUFC参戦は今年中に叶うのか今後も注目していきたい。



16
女子アダルト紫帯ルースター
ケシア・タケウチ(小川柔術)
vs
前澤智(パラエストラ八戸)
本来ならスーパーファイト第3試合で行われるはずだったこの試合は
ケシアが寝坊して会場入りが遅れたために最終試合となった。
これが紫帯デビュー戦のケシアはMMAでも活躍中の前澤と初対戦。



17
会場入りして着替えてすぐ試合という慌ただしさながらも
得意とするスパイダーからのスイープで先制点。
前澤もフィジカルの強さを武器に反撃を試みる。



18
だが最後までケシアの巧みなガードワークを攻略できずに
P2−0でケシア勝利。
逸鉄の推薦でスーパーファイト出場となったケシア、今年は
3度目の正直でムンジアル優勝を目指すという。



【今日が誕生日の柔術家】シャンジ・ヒベイロ(34)、ヘナート・タバレス、オーランド・モンテイロ、渡邊秀一(40)



©Bull Terrier Fight Gear


2015年01月19日

【結果】『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』2日目の主な結果

cup2015 tokyo
1/18(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催された『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』大会2日目の主な結果です。


【アダルト茶帯】
16
アブソルート
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 荒井勇二(Over Limit BJJ)
3 位 ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)、ケンジ・シオザキ(Over Limit BJJ)



12
ルースター
優 勝 伊藤正純(ねわざワールド品川/チグローン柔術)
準優勝 中村洋介(DRAGON'S DEN)
3 位 宮尾司(ダムファイトジャパン)



【アダルト紫帯】
19
アブソルート
優 勝 Erikson Takeuchi(Impacto Japan BJJ)
準優勝 Yudi Taniguti(Infight Japan)
3 位 江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)中平和(マッハ道場)



10
ルースター
優 勝 Gilson Sone(Infight Japan)
準優勝 田中知希(パラエストラ千葉)



01
フェザー
優 勝 大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS)
準優勝 茶圓俊平(ねわざワールド)
3 位 福島雄一郎(いわきK-3)Rintaro Ishige(Carpe Diem)



06
ライト
優 勝 中平和(マッハ道場)
準優勝 高岡和樹(WK Suruga)
3 位 Robson Kimura(Nova Uniao Japan)



07
ミドル
優 勝 江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)
準優勝 Thomas Mietz(Carpe Diem)
3 位 小島啓佑(ダムファイトジャパン)



05
ミディアムヘビー
優 勝 Erikson Takeuchi(Impacto Japan BJJ)
準優勝 Michael Harrison(Foreign Athlete)
3 位 小島健作(VISCA)



18
スーパーヘビー
優 勝 Yudi Taniguti(Infight Japan)



【アダルト青帯】
17
アブソルート
優 勝 岩正憲(ストライプル取手)
準優勝 Noritsugu Hidehiko(PUREBRED大宮)
3 位 Allam Shiozaki(Over Limit BJJ)Steve Grigdesby(AXIS)



02
ルースター
優 勝 吉田和行(パイシャオン)
準優勝 Bruno Shiozaki(Over Limit BJJ)
3 位 大和田聖(グラバカ柔術クラブ)



03
ライトフェザー
優 勝 Matheus Onda(Tokai BJJ)
準優勝 高橋拓也(ストライプル取手)
3 位 上田直毅(パラエストラ東京)中島聡士(和術慧舟會HEARTS)



08
フェザー
優 勝 橋詰哲也(クラブバーバリアン)
準優勝 村山大介(マスタージャパン)
3 位 田原基志(Dragon's den)宮本貴央(リバーサルジム新宿Me,We)



09
ライト
優 勝 中村憲輔(リバーサルジム新宿Me,We)
準優勝 Allam Shiozaki(Over Limit BJJ)
3 位 TOMOHIRO,MORIKAWA(いわきK-3)



11
ミドル
優 勝 佐藤竜也(いわきK−3)
準優勝 加藤丈晴(リバーサルジム新宿 Me,We)
3 位 Rafael Bugao Ono(Nova Uniao Japan)Devin Fields(Uprising Jiu-Jitsu)



04
ミディアムヘビー
優 勝 沼田隆志(ねわざワールド小江戸)
準優勝 Steve Grigdesby(AXIS)



【女子】
15
アダルト紫帯ライトフェザー
優 勝 高野聡美(クラブバーバリアン)
準優勝 前澤智(パラエストラ八戸)



14
アダルト青帯アブソルート
優 勝 Luana Dias(Tokai BJJ)
準優勝 Keiko Nakaganeku(Ogawa Team)
3 位 Vanessa Tsuji(Nova Uniao Japan)



13
アダルト青帯ライト
優 勝 Luana Dias(Tokai BJJ)
準優勝 Vanessa Tsuji(Nova Uniao Japan)



©Bull Terrier Fight Gear


2015年01月14日

【レポ】1/12『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』初日

1/12(月・祝)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』が開催された。

毎年恒例の年初め大会として定着した感がある今大会は今年は初の2日間に渡っての開催となり、大会初日は白帯全カテゴリーとマスター以上の色帯、そしてスーパーファイト1試合が行われた。

マスター以上のカテゴリーでは黒帯でヨーロピアン参戦を控えるヨースキ・ストーとJBJJF全日本以来の試合となる広瀬貴行がワンマッチ決勝戦で対戦。

茶帯ではこれが茶帯初試合のヨースキの義弟、ホドリゴ・デ・ソウザ、一心柔術代表の後藤悠司、サンフランシスコから来日のカート・オシアンダー門下のニック・グリーンら多彩な顔ぶれが揃っている。

スーパーファイトに出場した澤田伸大は柔術プリーストの番組スポンサーであるスクランブルから推薦されて出場し、茶帯デビュー戦ながら得意とするガードからワキをすくって極める腕十字で一本勝ち。

このテクニックはAOJの韓国人黒帯、チョイ・ワンチョイが得意とするチョイバーと同じだが、これを澤田はサワダバーとして自らも好んで使っているようだ。

今週末の日曜日には大会2日目が同じ台東リバーサイドスポーツセンターで開催され、そこでは通常のトーナメントの他にスーパーファイト6試合、BJJアワードの表彰式などが開催される。

大会2日目も初日同様にUSTREAMでの生配信が実施予定で、またそのUSTREAMのアドレスから大会初日の実況・解説付きの試合動画アーカイブも見ることが可能なのでぜひチェックして欲しい。

■USTREAM配信アドレスはコチラから!


01
マスター黒帯ライト決勝戦
○ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
×広瀬貴行(パラエストラTB)
茶帯・黒帯で2試合し1勝1敗の両者の3戦目はヨースキがスイープの2ポイントで勝利。
広瀬もヨースキの攻めを凌ぎきって極めを許さず。



02
マスター黒帯ライト表彰台
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 広瀬貴行(パラエストラTB)



03
マスター茶帯ヘビー決勝戦
○Nick Greene(Ralph Gracie)
vs
×荒井勇二(Over Limit BJJ)
サンフランシスコのハウフグレイシーアカデミーから来日のニックはずんぐりした体格に
似合わずテクニカルな選手。
ヒップスローやバックマウントなどで大量ポイントを獲得しP12-0で荒井を完封し勝利。



04
マスター茶帯ライト決勝戦
○後藤悠司(一心柔術)
vs
×Rodrigo de Souza(Impacto Japan BJJ)
茶帯デビュー戦のホドリゴがややナーヴァスになったか消極的な試合展開。
両者とも動き少なくP0-0、A0-0からレフェリー判定で僅差の試合を後藤が制した。



05
マスター茶帯アブソルート決勝戦
○荒井勇二(Over Limit BJJ)
vs
×後藤悠司(一心柔術)
欠場が相次いだアブソは荒井と後藤のワンマッチ決勝戦。
体格で勝る荒井がハーフからスイープし手堅い試合でP2-0で勝利したが、
試合内容はかなりビミョー。
荒井は大会2日目のアダルトにも出場予定なので、そこでの奮起を期待したい。



06
マスター茶帯ライトフェザー決勝戦
○浜野武士(ポゴナ・クラブジム)
vs
×岡市尚士(リバーサルジム新宿Me,We)
拮抗した試合はP0-0、A1-0で浜野選手が勝利。



07
マスター茶帯ミドル決勝戦
○石川弘道(ネクサセンス)
vs
×Graeme Shelvey(Nova Uniao Japan)
引き込んだシェルビーの三角絞めを凌ぎパス&マウントで石川がP7-0で勝利して優勝。



08
シニア2茶帯アブソルート決勝戦
○石川弘道(ネクサセンス)
vs
×中嶋史雄(トライフォース新宿)
アブソルートでもトップポジションから優位に試合を進めた石川がP9-0で勝利、2階級制覇。



10
シニア1茶帯フェザー決勝戦
○原口武一(和術慧舟會群馬道場)
vs
×中嶋史雄(トライフォース新宿)
引き込んだ中島を原口がパスガードしP3-0で勝利。



09
シニア1茶帯アブソルート決勝戦
○Rodrigo de Souza(Impacto Japan BJJ)
vs
×原口武一(和術慧舟會群馬道場)
階級別で敗れたホドリゴがガードから絞め&スイープのコンビネーションで
スイープ&マウント×2でP12-0で勝利。



11
シニア1紫帯アブソルート決勝戦
○中野幹徳(パラエストラ八戸)
vs
×金子一真(RBアカデミー)
青森から参戦の中野が体格差のある相手から一方的な試合展開で
P13-0で勝利し2つの金メダルを持ち帰った。



12
アダルト白帯アブソルート優勝のErick Meneghin(Checkmat Japan)は
ライトフェザーでアブソ優勝の快挙。
4試合を勝ち抜いて優勝し階級別でも準優勝している。



13
大会初日唯一のスーパーファイトは澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)vs
宮尾司(ダムファイトジャパン)の一戦。
茶帯ルースターのワンマッチが組まれた。



14
サワダバーと称するガードからワキをすくって極める腕十字で一本勝ちした澤田。
見事に茶帯デビュー戦を一本勝利で飾った。
■試合動画はコチラから!



15
「茶帯デビュー戦で緊張していたんですが、途中から
緊張も解けていい動きができたと思います。
自分の得意技ができてよかったです。」



■大会初日の試合画像はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】柳沢友也(28)



©Bull Terrier Fight Gear


2015年01月13日

【結果】『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』初日

cup2015 tokyo
1/12(月・祝)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催された『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』大会初日の主な結果です。


続きを読む

2015年01月03日

【プリーストカップ】スーパーファイト、世羅vsシュシャ決定!

cup2015 tokyo
1/12&18に東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する「Jiu Jitsu Priest CUP 2014」のスーパーファイト追加カードが決定したのでお知らせします。

追加カードは世羅智茂(GROUND CORE)vs“シュシャ”ことホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)です。

世羅選手は柔術プリーストのスポンサーでもある螳鐡瓦離好櫂鵐機質手で2013年のワールドプロの紫帯世界王者で2014年のJBJJF全日本で2階級制覇したことで知られています。


17
世羅智茂(GROUND CORE)


対するシュシャは2014年に大きく飛躍した選手の一人で紫帯でヨーロピアン3位、ムンジアル準優勝、アジアオープンでは茶帯で2階級制覇しました。

またレギュラー参戦中のドゥマウでは2014年無敗で出場した大会の全てで優勝するという驚異的な記録を残しています。


IMG_8400
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)


そんな世羅選手とシュシャが注目の初対決実現!

世羅選手はもういつ黒帯を巻いてもおかしくないだけに、この機会でシュシャとの試合を組めたのはいいタイミングでした。

まさにどちらが勝つかわからない実力者同士の初対決、お見逃しなく!

またプリーストカップの大会2日目、1月18日開催分の申し込み締め切りを延長します。

大会2日目はアダルトの青帯から黒帯とスーパーファイトが開催されます。

大会初日の12日開催分の締め切りはこれまで通りの1/5(月)ですが、大会2日目の18日開催分は1/12(月・祝)の申し込み分まで有効とします。

まだまだ参加可能なプリーストカップ、多数の申し込みをお待ちしています!


cup2015 tokyo
【出場申し込み受付中】
1/12(月・祝):アダルト&マスター白帯&マスター青紫茶黒帯
1/18(日):アダルト青紫茶黒帯
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
最終締め切り:
12日開催分:1/5 (月)
18日開催分:1/12(月)
■大会詳細はコチラから!

■エントリーリストはコチラから!


【スーパーファイト】
■アダルト黒帯ライト
嶌崎公次(クラブバーバリアン)
vs
クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト黒帯ミディアムヘビー
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
新明佑介(トライフォース柔術アカデミー)

■アダルト茶帯ルースター
澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)
vs
宮尾司(ダムファイトジャパン)
※この試合のみ1/12に開催

■アダルト茶帯ライト NEW!!
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)

■女子アダルト紫帯ルースター
ケシア・タケウチ(小川柔術)
vs
前澤智(パラエストラ八戸)

■アダルト青帯フェザー
横山武司(パラエストラ渋谷)
vs
石黒翔也(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト白帯ライトフェザー
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)
vs
石黒遥希(ブルテリア・ボンサイ)






©Bull Terrier Fight Gear


2014年12月25日

【プリーストカップ】スーパーファイト第2弾カード決定

cup2015 tokyo
1/12&18の2日間、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する『Jiu Jitsu Priest CUP 2014』。

先日スーパーファイトの開催を発表しましたがスーパーファイトの追加対戦カードが決定したのでお知らせします。

追加カードは以下の試合です。

続きを読む

2014年12月20日

【プリーストカップ】スーパーファイト出場予定選手決定

cup2015 tokyo
1/12&18の2日間、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する『Jiu Jitsu Priest CUP 2014』。

今年で3回目の開催となり、2015年は初の2日間に渡って行うプリーストカップは2015年の年明け一発目の大会として定着してきたことと思います。

今年は初の試みとして柔術プリーストのスポンサー様がサポートする選手のスーパーファイトを組む予定ですが、その現時点で決定済みの出場予定選手を紹介します。


01
ブルテリア推薦選手
クレベル・コイケ(ボンサイ)



02
イサミ推薦選手
嶌崎公次(クラブバーバリアン)



03
Las Conchas推薦選手
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)



04
SCRAMBLE推薦選手
澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)



05
逸鉄推薦選手
横山武司(パラエストラ渋谷)



06
VHTS推薦選手
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)




以上の6選手のスーパーファイト出場が決まっており、この中からクレベル・コイケvs嶌崎公次の対戦が決定済みです。

この一戦は先に出場が決まっていた嶌崎選手のリクエストで実現した対戦でもちろん初対決。

両者ともポジショニングの巧みさはもちろん極めも強いので一本決着となるであろうスーパーファイト、好試合が期待できます。

もう1試合が決定済みで青帯フェザー級の横山武司と対戦するのはクレベルの愛弟子的存在の石黒翔也(ブルテリア・ボンサイ)のティーンエイジャー対決。

横山選手と石黒選手はともに高校3年で同じ年齢。

今年のパンでベスト8の横山選手とコパブルテリア&ブルテリアオープン優勝の石黒選手の対戦は十代らしいアグレッシブマッチとなることでしょう。


07
石黒翔也(ブルテリア・ボンサイ)



この他にもスーパーファイト出場予定選手がいますので、追加参戦選手が決まり次第改めて告知したいと思います。

そして大会メダルも到着しました。

今回のメダルは柔術プリーストのロゴデザインのモチーフとなったメタルバンド、ジューダスプリーストの名盤「ブリティッシュ・スティール」のジャケのカミソリを象った斬新なデザイン。

オモテ面はIBJJFのメダルを意識したデザインにしつつも裏面はカミソリというデザイナーのセラチェン春山氏のこだわりが凝縮された渾身の作品です。


08
大会メダルは優勝から3位までの入賞者全員に贈呈されます。
あえての単色でメダル表面を鏡面加工したギラギラバージョン!



10850220_811850382204374_78453390278600764_n
メダル裏面はジューダスプリーストの「ブリティッシュ・スティール」を
模したカミソリのデザイン。



british
「見事メダルを勝ち取った皆さんには、是非本家「British Steel持ち」で
記念撮影して欲しいと思います」byセラチェン春山




そして大会に協賛して頂いたスポンサー各社様からも続々と賞品が到着中。

Shoyoroll、VHTS、SCRAMBLEから届いた海外直送品をドドーン!と大放出予定。



09
メインスポンサーのShoyorollからは日本未発売モデルの「BEAST」白バージョンを含む
レアキモノ各種。
このキモノはアダルト色帯のアブソ優勝者に贈呈されます。



10
VHTSからは新作「BE WATER」と「G-CHAINZ」、そしてラッシュガードなど。



11
SCRAMBLEはパーカー&Tシャツ、その他にラッシュガードや
小物を多数。



12
新作の"PRESSAO" プルオーバーはまだ日本未入荷の最新アイテム。



13
Tシャツは本国でベストセラーとなった「KAMINARI」を
多数提供して頂きました!




これらの賞品は大会参加者全員が対象のクジ引きの景品にもなってるので誰にでも当たるチャンスがあります!

以上の他にも賞品はまだまだ追加中です。

もちろん今回も大会参加者全員に参加賞のノベルティも用意。

解説付きの大会生配信、メダルガール、豪華賞品が当たるクジ引き、参加賞、そしてスーパーファイトと例年以上の盛りだくさんぶりのプリーストカップ東京大会。

東京でやるプリーストカップはこの1回のみなので、ぜひ参加して頂きたいと思います!



cup2015 tokyo
【出場申し込み受付中】
1/12(月・祝):アダルト&マスター白帯&マスター青紫茶黒帯
1/18(日):アダルト青紫茶黒帯
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
台東リバーサイド(東京・浅草)
■大会詳細はコチラから!

■エントリーリストはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・サイボーグ・アヴェルー(34)、スティーブ・マグダレノ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年11月21日

【出場選手募集】1/12&18『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』

cup2015 tokyo
2015年1月12日(月・祝)と18日(日)の2日間、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』の出場者を募集中です。

今大会はYouTubeの「橋本欽也の柔術プリースト」が主催する大会で、年間3大会ほどを開催していますが東京大会は年1回のみの開催。

東京大会は毎年1月に定期開催しており、これで3回目の開催となりました。

また今回も例年通りに参加者全員に参加賞のノベルティ、スポンサー各社から提供された豪華賞品が当たる抽選会、実況&解説ありの大会生配信、メダルガール、スーパーファイトなど多数の企画を実施予定です。

そして大海の冠スポンサーであるShoyoroll提供の世界的にレアなドーギを青帯から黒帯までのアブソルート優勝者に贈呈。


スクリーンショット (71)
Shoyorollのドーギを色帯のアブソ優勝者に贈呈!


入手困難なShoyorollのレアキモノ入手のチャンスをお見逃しなく!



cup2015 tokyo
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2015 TOKYO』

■日時/Date:
1/12(月・祝):白帯全カテゴリー/マスター以上の黒帯
12,Jan:Adult & Master White belt/Blue,Purple,Brown and Black Masters

1/18(日):アダルト黒帯
18,Jan:Adult Blue,Purple,Brown and Black belt

■会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
Place:Taito Riverside Sports Center/Asakusa,TOKYO

■出場費/Entry Fee:
・第一次締め切り:12/8(月) 4000円
First deadline:8,Dec/4000 yen
・第二次締め切り:12/26(金) 5000円
2nd deadline:26,Dec/5000 yen
・最終締め切り:1/5 (月) 6000円
Final Deadline:5,Jan/6000 yen
※無差別級追加エントリー 各+1000円
※Add Absolute 1000 yen plus

■年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
Age categiry:Adult/Master/Senior 1,2,3

■申し込み方法:メールにて受付
Entry:by E-mail
メールアドレス/Address: reversaling@gmail.com

件名に「プリーストカップ東京・出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。

申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。

【出場申し込みフォーム/Entry form】(コピペしてお申し込み下さい/Send by copy & paste)
名前/Name: 
所属/Team:
帯色/belt:
階級/weight: 
年齢カテゴリー/age categry:
アブソエントリー有無/Absolute Yes or No:

その他、大会詳細はreversalingのブログに随時更新。

コチラから!

エントリーリストは第一次締め切り以降に発表します。

■プリーストカップの大会レポはコチラから!

■プリーストカップの大会動画は以下のリンクから!


GIFU 2014 Part.2

GIFU 2014 Part.1

OKINAWA 2014

TOKYO 2014 Part.2

TOKYO 2014 Part.1

TOKUSHIMA 2013

NIIGATA 2013

TOKYO 2013









【今日が誕生日の柔術家】ヒクソン・グレイシー(56)、フラビオ・ベーリンギ(77)、ダニエル・オテロ(32)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年09月08日

【柔術プリースト】#145:Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回に引き続き岐阜で開催した「Jiu Jitsu Priest CUP」の岐阜大会パート2を配信します。

前回は黒帯が中心でしたが今回は茶帯とグラップリングの試合をお送りします。

配信試合は以下の通りです。


01
■茶帯ライトフェザー決勝戦
後藤貴史vs高橋健太



03
■茶帯フェザー決勝戦
ヴァンデレイ・タカサキvsヒカルド・ヤギ



9R3A0578Fb
■茶帯ライト1回戦
阪上亮介vsホブソン・タンノ



04
■茶帯ライト決勝戦
クレベル・コイケvsホブソン・タンノ



06
■茶帯アブソルート準決勝
ヴァンデレイ・タカサキvsクレベル・コイケ



07
■茶帯アブソルート準決勝
阪上亮介vsホブソン・タンノ



08
■茶帯アブソルート決勝戦
クレベル・コイケvsホブソン・タンノ


■グラップリング
Andrei Liu vs Alan Yamashita

■グラップリング
Robson Tanno vs Matsuhara Shintaro




今大会のMVP的な活躍をした“シュシャ”ことホブソン・タンノを大フーチュア!

グラップリングの試合前&試合後、柔術では茶帯デビュー戦の前にもインタビューしてます。

日系ブラジリアンならではのビミョーな日本語が味わい深い!

その試合ぶりはもちろん、「ソーデスネー!」が口癖と見受けられるシュシャのインタビューにもぜひ注目してください!

2
シュシャの日本語インタビュー。
試合前&試合後と完全フォローしてます!


3
今回は編集ミスで2つ同時配信となったBJJファイル。
次回が最終回の新川テク、視聴者プレゼントもあるのでお楽しみに!


■#145はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年09月02日

【柔術プリースト】#144:Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU Part.1

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは8/10に岐阜県で開催した「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU」のPart.1です。

Part.1は黒帯と女子の試合をお送りします。

紹介する試合は以下の通り。

09
■女子青帯ライトフェザー決勝戦
Kessya Takeuchi(Ogawa Team)
vs
Priscila Goncalves(Rocha)


9R3A0053x
■女子茶帯アブソルート
Isabelle de Souza(Impacto Japan BJJ)
vs
江本敦子(ヒロBJJ)


12
■スーパーファイト
アダルト黒帯ルースター・ワンマッチ
戸所誠哲(パラエストラ岐阜)
vs
ホベルト・タケシ(Rocha)



07
■アダルト黒帯ミドル級1回戦
Anderson Takahashi(Rocha)
vs
伊東元喜(柔専館)


10a
■アダルト黒帯ミドル級決勝戦
Anderson Takahashi(Rocha)
vs
Leandro Kussano(Kussano Team)



02
■アダルト黒帯アブソルート1回戦
Leandro Kussano(Kussano Team)
vs
伊東元喜(柔専館)


03
■アダルト黒帯アブソルート準決勝
Leandro Kussano(Kussano Team)
vs
Marcos Souza(Bullterrier Bonsai)


9R3A2297Fb
■アダルト黒帯アブソルート準決勝
Anderson Takahashi(Rocha)
vs
Maxime Fontaine(Gracie Barra Tokyo)


05
■アダルト黒帯アブソルート決勝戦
Marcos Souza(Bullterrier Bonsai)
vs
Anderson Takahashi(Rocha)



注目試合はマルキーニョスことマルコス・ソウザの2014年の国内初試合、さらにアンデルソンvsクサノの黒帯初対決、そしてマスターシニア・インターナショナル茶帯王者・江本敦子の凱旋試合など。

もちろんスーパーファイトの黒帯ルースターのワンマッチ、戸所vsホベルトの一戦も必見!

大激闘の末に一本決着となり、まさにスーパーファイトにふさわしい好勝負でした。

どの試合も見逃せないベストファイトの連続なので、ぜひ見て頂きたいと思います!


2
BJJコレクション紹介はヒクソン・グレイシーのドキュメンタリー、「王者の真実」のビデオ。
今作は国内廃盤でDVD化もされてなくて、字幕版はこのビデオしか存在しないレアモノ!



3
BJJテクニックファイルには関西柔術シーンの重鎮、新川武志が遂に登場!
基本に忠実なスイープをレクチャー。



■#144はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】JTトーレス(25)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年08月19日

【レポ】Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU:紫帯ほか

『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』最後の試合レポートは紫帯決勝戦と女子の試合。

紫帯の階級別はわずか4階級のみ、女子も茶帯・青帯で1階級ずつとやや寂しいもの。

フェザーもワンマッチで組まれていたものの対戦相手が台風の影響で会場入りできずに無念の欠場に。

その他にもこの台風により欠場者が相次ぎ、その欠場者数は10名以上となってしまったのは残念だった。


01
ルースター決勝戦
○宮尾司(LENTE BJJ CIRCLE)
vs
×荒川順也(草野道場)
P2-2、A2-0



続きを読む

2014年08月17日

【レポ】Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU:茶帯まとめ

『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』は茶帯デビュー戦の爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵝Ε織鵐里蛤緇緡鴫陲ライトにエントリー。

ここにクレベル・コイケも参加し注目の3人トーナメントとなった。

まず初戦で茶帯デビュー戦同士のシュシャと対戦し、その勝者がクレベルとの決勝戦という組み合わせ。

誰と誰が当たっても好試合必至という興味深い対戦とが実現した。

9R3A0578Fb
ライト1回戦
○ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
vs
×阪上亮介(チームレグナム)
ともに茶帯デビュー戦となる両者の試合は5:00、腕十字でシュシャ一本勝ち。



続きを読む

2014年08月15日

【レポ】Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU:黒帯階級別&スーパーファイト

黒帯階級別はミドル級の1階級のみとなり、ここは3選手がエントリー。

当初はアンデルソンと伊東の2選手のワンマッチ決勝になるかと思われたがミディアムヘビーで一人エントリーだったレアンドロ・クサノが減量してミドル級に階級変更。

これによりアンデルソン、伊東、クサノの強豪3人が顔を揃えることとなった。

ここで注目はやはり新黒帯のアンデルソン。

アンデルソンはすでに7/20のドゥマウ浅草大会で黒帯デビュー戦を戦い階級別でヨースキに一本負けするもアブソでは優勝し黒帯として初タイトルを手にしている。

今大会が黒帯2戦目でクサノとも伊東とも黒帯を巻いてからは初対決となった。


07
ミドル1回戦
○アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
×伊東元喜(柔専館)
3人トーナメントも今大会は巴戦ではなく通常のトーナメント。
1回戦を戦ったアンデルソンと伊東はアンデルソンが送り襟絞めで3:59、一本勝ち。



続きを読む

2014年08月13日

【レポ】Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU:黒帯アブソ

8/10(日)、岐阜県可児市の練成館で開催された「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU」。

今大会は2014年のプリーストカップの浅草・沖縄に続く第3回大会で200人を超す参加者があり過去最大人数を集めた。

岐阜県という土地柄もあり日系ブラジリアンも多く参戦し割合的には日本人・ブラジリアンで半々といったところ。

そして黒帯でマルキーニョス、アンデルソン、クサノ、茶帯でクレベル、シュシャ&パンテーラ、紫帯でボヤデイロら日系ブラジリアンの強豪選手がこぞってエントリーし、各アカデミーの熱烈な応援合戦もあり大きな盛り上がりを見せた。

そんなプリーストカップ岐阜大会、まずは黒帯アブソから試合をレポートしていく。

黒帯アブソにはマルキーニョスが締め切り直前に緊急参戦、なんと今大会が2014年の日本国内初試合となった。

昨年は柔術よりもMMAに比重を置いていたマルキーニョスだけにひさびさの柔術参戦に注目が集まった。


02
1回戦
○レアンドロ・クサノ(クサノチーム)
vs
×伊東元喜(柔専館)
アグレッシブに攻めるクサノの猛攻を凌ぎつつ反撃のチャンスをうかがう伊東だったが
ポジションが入れ替わった瞬間に腕十字を極められ、5:47クサノ勝利。



続きを読む

2014年08月11日

【結果】『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

gf
8/10(日)、岐阜県可児市の錬成館で開催された『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』の主な結果です。


続きを読む

2014年07月27日

【明日】二次締め切り:8/10『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

gf
8/10(日)、岐阜県可児市の錬成館で開催される『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』の二次締め切りが明日の7/28(月)までとなっています。

現在、柔術&ノーギ合わせて130名ほどの参加者があり、黒帯もアンデルソン・タカハシ、伊東元喜、レアンドロ・クサノの3選手がエントリー中。

■エントリーリストはコチラから!

この3選手は揃ってアブソにもエントリーしてるので階級別&無差別と激戦が展開されるのは必至。

さらに通常のトーナメント以外に黒帯スーパーファイトもあります。

対戦カードは地元・岐阜の戸所誠哲(パラエストラ岐阜)とブラジル帰りの強豪、ホベルト・タケシ(ホシャ柔術)の一戦で、この試合は黒帯ガロ級契約・通常ルールで行われます。


tm
戸所誠哲(パラエストラ岐阜)



rk
ホベルト・タケシ(ホシャ柔術)



今大会の第二次締め切りである7/28(月)までに申し込めば、柔術・ノーギどちらかなら4000円、両方の場合は7000円で、アブソルートに追加エントリーは各+1000円です。

参加者全員プレゼントに豪華賞品が当たる抽選会もあります。

大会スポンサーのLas Conchasの大会物販も大セール予定!

今年最後のプリーストカップ、奮ってご参加を!



gf
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
※無差別級追加エントリー 各+1000円

年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円


keyc1
大会参加者全員に贈呈されるノベルティ、
今大会のために作成したキーホルダー。
もちろん非売品のレアアイテム!

【出場申し込みフォーム】
(コピペしてメールでお申し込み下さい)
名前: 
所属:
出場種目:柔術・ノーギ・両方
<柔術>
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
<ノーギ>
クラス:
階級:
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
住所:
電話:

■出場申し込みメールアドレス:reversaling@gmail.com

■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ナイジャ・イーストン(27)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月07日

【本日】8/10『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』

gf
8/10(土)、岐阜県可児市の錬成館で開催される柔術&ノーギ同時開催の『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』の第一次締め切りが本日までとなっています。

この第一次締め切り終了後にエントリーリストを公開し、その後の7/28(月)が第二次締め切り、8/1(金)が最終締め切りです。

第一次締切までに申し込みすれば柔術・ノーギどちらかだと3000円、両方出場でも5000円のお得プライス!

これが第二次締め切り(7/28)になると柔術・ノーギどちらかで4000円(両方7000円)です。

プリーストカップ恒例の参加者全員に配布されるノベルティは今大会のために作成したキーホルダー!

そして大会参加者全員が対象の大会スポンサーから提供された豪華賞品が当たる抽選会もあります。

今大会の男子アダルト無差別級の優勝者には大会特別協賛に名を連ねるShoyorollの柔術衣を贈呈。

この柔術衣は世界的に入手困難なレアキモノを大放出します。

さらに今大会では黒帯のスーパーファイトを組む予定で、それには地元・パラエストラ岐阜のエース、戸所誠哲が出場予定です。


keyc1
大会参加者全員に贈呈されるノベルティ、キーホルダー。
もちろん非売品のレアアイテム!



09
黒帯スーパーファイトに出場する戸所誠哲(パラエストラ岐阜)。
地元・岐阜のメンツを賭けて強豪外国人選手と対戦予定!




その他、大会独自企画満載のプリーストカップ岐阜、多数の参加をお待ちしてます!


gf
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
第一次締め切り:7/7(月)
柔術・ノーギどちらか 3000円 両方 5000円
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
※無差別級追加エントリー 各+1000円
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円
■大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年06月08日

【告知】8/10『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』

gf
プリーストカップ岐阜大会、開催決定!

今年は1月に浅草、4月に沖縄で大会を開催したプリーストカップの次回大会は岐阜県で行います。

今大会はパラエストラ岐阜の開催協力で実現し、ギ&ノーギを同時開催です。

毎回恒例の参加者全員にノベルティの配布&豪華賞品が当たる抽選会、メダルガール、大会生配信などなどを実施。

さらに今回も大会スポンサーのShoyorollのギがアダルトの青帯から黒帯のアブソ優勝者に贈呈されます。

いま世界的に入手困難なShoyorollのギを入手するチャンス!

多数のご参加をお待ちしております!

また、今大会のポスターをセブンイレブンのネットプリントに登録しました。

セブンイレブンに設置されているマルチコピー機でデータ登録されているポスターが100円でA4サイズ&フルカラープリントできます。

jpegデータをプリントするよりもキレイな仕上がりです。

登録番号は 14945235 となっていますので、ぜひご活用を!


gf
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
第一次締め切り:7/7(月)
柔術・ノーギどちらか 3000円 両方 5000円
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
無差別級追加エントリー 各+1000円

年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

■柔術
帯別・体重別・年齢別のオープントーナメント。
※アブソのみのエントリーは不可。

ノーギ
クラス分け(ビギナー/初級、アドバンス/中級、エキスパート/上級)、体重別、年齢別のオープントーナメント。階級はIBJJFのノーギに準ずる。
※ビギナー&アドバンスはノーギ柔術ルール、エキスパートのみ外掛け&ヒールフックOK

申し込み(Registration)方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com

件名に「プリーストカップ岐阜出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。

申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。

【出場申し込みフォーム】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
出場種目:柔術・ノーギ・両方
<柔術>
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
<ノーギ>
クラス:
階級:
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
住所:
電話:

その他、大会詳細は大会ブログに随時更新。

エントリーリストは第一次締め切り以降に大会ブログにて発表します。


■大会ブログはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年04月17日

【レポ】プリーストカップ沖縄:ノーギ・エキスパート

プリーストカップ沖縄は柔術だけでなくノーギも同時開催されました。

最近はノーギの大会を開催してもあまり選手が集まらないというのが定説になりつつありますが、今大会には述べ人数で50人以上が集まり、ビギナー・アドバンス・エキスパートの3つのカテゴリーで試合が行われました。

このエキスパートでは柔術ルールを踏襲しながらもヒールフックが有効となる特殊なもの。

ヒールフックがあるかないかで戦術がガラリと変わるだけに、ヒールフックに対応してるか否かが重要なポイントの1つです。

さらにこのノーギ・エキスパートには招待選手でZSTのグラップリング賞金トーナメント・GT-F王者の杉本寛樹選手が階級&アブソで参加しており、地元勢との対戦に注目が集まりました。


01
ノーギ・アダルト・エキスパート・ガロ決勝戦
杉本寛樹(AXIS千葉)
vs
饒辺直也(グランドスラム A.P.P)
ワンマッチ決勝のガロは柔術と同じく引き込んだ杉本選手が
ガードから攻める試合展開。



続きを読む

2014年04月16日

【レポ】プリーストカップ沖縄:アダルト紫帯

アダルト紫帯にゲスト選手として参戦した杉本寛樹選手(AXIS千葉)がガロ&アブソルートの2階級にエントリー。

ガロのトップ選手として知られる杉本選手ですが、アブソルートでも活躍できるか?!に注目が集まりました。

前述した通りに沖縄には在日米軍のパワー系の選手が多く、テクニシャンの杉本選手も苦戦は必至。

注目の紫帯トーナメントとなりました。


01
ガロ決勝戦
杉本寛樹(AXIS千葉)
vs
津波古康友(THEパラエストラ沖縄)
ワンマッチ決勝戦のこの試合は引き込みに合わせたテイクダウンで
先制ポイントを許すもスイープ&マウントで逆転。



続きを読む

2014年04月15日

【レポ】プリーストカップ沖縄:アダルト茶帯ペナ&アブソルート

4/13(日)、沖縄県那覇市の沖縄県立武道館で開催した『Jiu Jistu Priest CUP 2014 OKINAWA』。

沖縄の柔術シーンはここ数年で飛躍的に発展しており、現在は沖縄の最古参ジムであるイヴァン・サカモトのFPBJJO(フレジソン・パイシャオン・ブラジリアン柔術・沖縄の略)を筆頭に多くのジムがオープンしています。

そんな沖縄で開催した今大会の参加者の約半数が沖縄の米軍基地で駐屯するアメリカ人の軍人というのはやや異色な感じがしました。

ですが軍人の多くは3年が経過すると他の駐屯地に異動するので白帯・青帯がほとんどとはいえ、米兵ならではのパワーを活かした柔術はアグレッシヴの一言!

あのパワーにテクニックを備えたら日本人選手にとって大きな脅威となるでしょう。

2014年初のプリーストカップツアー第一弾の沖縄大会からまずは茶帯のレポートをお送りします。


01
ペナ1回戦
有川大介(VOLCANO柔術)
vs
ミヤギ・タカシ(FPBJJO)
茶帯はペナとアブソの2階級のみでした。
ペナは3人エントリーで初戦は有川選手がミヤギ選手から
2回のパスを成功させP6-0で勝利。



続きを読む