English Portugues Japanese

WPJJC

2015年04月24日

【結果】WPJJC 2015:黒帯の主な結果

01
UAEのアブダビで開催されているWORLD PRO Jiu Jitsu Championship 2015の黒帯の主な結果です。


02
-65kg決勝
○ジャンニ・グリッポ(アリアンシ)
vs
×イザッキ・パイヴァ(サイコーJJ)
P0-0、A1-0



03
-75kg決勝
○ルーカス・レプリ(アリアンシ)
vs
×ガブリエル・ロウロ“パリート”(チェックマット)
送り襟絞め
※サトシ・ソウザはレプリに敗れ3位入賞


04
-85kg決勝
○レアンドロ・ロ(PSLPBシセロコスタ)
vs
×ヴィトー・エスティマ(グレイシーバッハ)
P0-0、A3-1



05
-95kg決勝
○フェリッペ・プレギーサ(グレイシーバッハ
vs
×ジャクソン・ソウザ(チェックマット))
P8-2



06
+95kg決勝
○マーカス・アルメイダ“ブシェシャ”(チェックマット)
vs
×アレックス・トランス(UAEチーム)
P2-0



【女子】
07
-55kg決勝
○マッケンジー・ダーン(ウマイタ)
vs
×ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)
P2-0



08
-65kg決勝
○ビア・メスキータ(ウマイタ)
vs
×ジェシカ・ドス・サントス(UAEチーム)
腕十字



09
-75kg決勝
○モニカ・エリアス(アリアンシ)
vs
×アナ・ロウラ・コルデイロ(グレイシーバッハ)
レフェリー判定



10
+75kg決勝
○ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)
vs
×ヴァネッサ・オリヴェイラ(UAEチーム)
4-0




all pics by Jiu Jitsu Style




【今日が誕生日の柔術家】マーシオ・ペジパーノ(37)、八木沼志保(41)、村田良蔵(35)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月21日

【結果】ワールドプロ2014:黒帯アブソの主な結果

s
ワールドプロ2014、大会最終日に行われた黒帯アブソのトーナメントの主要試合の主な結果です。


続きを読む

2014年04月19日

【速報】ワールドプロ2014:大会最終日の主な結果&動画

IMG_9599
ワールドプロ2014、大会最終日の主な結果です。

アダルト黒帯アブソルート
優 勝 マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
準優勝 ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
3 位 アンドレ・ガウヴァオン(Atos)
※ブシェシャが2連覇


アダルト茶黒帯アブソルート
優 勝 ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)
準優勝 ジャンニ・ラーソン(チェックマット)
3 位 ビア・メスキータ(グレイシーウマイタ)
※ガヴィが3連覇


アダルト茶帯アブソルート
優 勝 ファイサル・アルキトビ(UAE JJ)
準優勝 マーシオ・アンドレ(ノヴァウニオン)

【試合動画】
ホドウフォ・ヴィレイラvsブシェシャ

ホドウフォ・ヴィレイラvsレアンドロ・ロ

ブシェシャvsキーナン・コーネリアス

キーナン・コーネリアスvsアンドレ・ガウヴァオン

ホドリゴ・カバカvsブラウリオ・エスティマ

アンドレ・ガウヴァオンvsホドウフォ・ヴィレイラ

アンドレ・ガウヴァオンvsヘナート・カルドソ

アンドレ・ガウヴァオンvsホドリゴ・ファジャルド

ホミーニョvsマーカス・サントス

ブラウリオ・エスティマvsキーナン・コーネリアス

アンドレ・ガウヴァオンvsオタービオ・ソウザ

キーナン・コーネリアスvsヒカルド・エヴァンゲリスタ

ファイサル・アルキトビvsマーシオ・アンドレ

ブシャエシャvsヴィトー・エスティマ


©Bull Terrier Fight Gear

【結果】ワールドプロ2014:女子茶黒帯決勝戦の主な結果

xx
ワールドプロ2014、女子茶黒帯決勝戦の主な結果です。

続きを読む

2014年04月18日

【結果】ワールドプロ2014:黒帯決勝戦の主な結果

33
ワールドプロ2014、黒帯決勝戦の主な結果です。


続きを読む

2014年04月17日

【結果】ワールド柔術チルドレンカップ2014:日本からの入賞者

wpkids
4/15&16の2日間、UAEのアブダビで開催された「ワールド柔術チルドレンカップ2014」の日本から出場した選手の入賞者です。

続きを読む

【ワールドプロ】USTREAMで生配信!

Jiu-Jitsu-EN1
UAEのアブダビで開催されているワールドプロ。

日本時間の木曜日と金曜日の2日間で黒帯の試合が行われますが、その試合の数々がUSTREAMで無料で生配信されます。

パンやムンジアルは有料で$50ぐらいするのに、さすがオイルマネーで潤うアブダビ、太っ腹!

黒帯の試合開始時間は以下の通りで、表記はすべて日本時間です。

明日の午後はPCにかじりつきで日本チームの応援&海外トップ勢の試合を生観戦しましょう!

【黒帯試合開始時間】
<階級別・木曜>

64kg:5:30pm ※加古拓渡出場
70kg:2pm  ※チャールズ・ガスパー出場
76kg:2:50pm ※ヨースキ・ストー&サトシ・ソウザ出場
82kg:2pm ※マルコス・ソウザ出場
88kg:3:30pm
94kg:2pm
100kg:2pm
+100kg:2pm

<無差別・金曜>
OPEN:2pm

※この予定時間は変更の可能性があるとのことなので正式な時間は公式サイトを随時チェックして下さい。

■スケジュールはコチラから!

■トーナメント表はコチラから!


wp2
■配信アドレスはコチラから!


<追記>
大会を生中継しているドバイスポーツTVのネット配信でも見れます!

コチラから!


©Bull Terrier Fight Gear


2014年02月16日

【レポ】WPJJC 2014 日本予選:女子の試合

女子の試合は紫帯が行われずに茶帯と白・青帯のみでした。

茶帯は階級別は-66kgのみ1階級とアブソルートで、その-66kgも実際は軽い選手があえて階級アップしてエントリーして4人が揃うという状況。

なので階級別に出場した4選手がそのままアブソにも出場してトラベルパック獲得可能なトーナメントが成立したのでした。

青帯は本来はガロ級のケシア・タケウチ(小川柔術)が体格のハンデを感じさせずに階級&アブソで優勝。

ヨーロピアンに続く国際大会への出場を決めています。


01
-66kg1回戦
イザベレ・ソウザ(Impacto)
vs
湯浅麗歌子(パラエストラ品川)
ライバル関係にある両者はともに茶帯デビュー戦。
2年前のアジアオープン以来の対戦はイザがP4-2で勝利。



続きを読む

2014年02月15日

【レポ】WPJJC 2014 日本予選:紫帯の試合

今大会から各国の予選の規定が変更になって「予選が行われる国の国籍がある選手のみ出場可能」という規定が撤廃されました。

そのために今大会にも韓国やオーストラリア、ポーランドから選手が出場しており、日本予選なのに韓国vsポーランドやアメリカvsオーストラリアという対戦も。

そんな海外勢の中で突出した実力を見せたのがポーランドから単身来日して出場したジェラルド・ラビンスキー(コパカバーナ)です。

ジェラルドは階級別&軽量級アブソで優勝し2冠に輝き、トラベルパックを獲得、本戦行きを決めています。

かなりの強さでしたが、それもそのはずで去年は青帯でヨーロピアン優勝、パン&ムンジアルで準優勝をしている強豪。

紫帯1年目とはいえすでにトップクラスの実力を持ち、しかもまだ20歳という若さ!

この選手は今後も活躍するのは間違いないので今からチェックしておく必要がありそうです。


02
ジェラルド・ラビンスキー(コパカバーナ)は80kg&軽量級アブソで優勝。
今大会に出場した紫帯の中で突出した実力を見せました。


続きを読む

2014年02月14日

【レポ】WPJJC 2014 日本予選:茶帯の試合

WPJJC 2014 日本予選の茶帯は過去の本戦でも実績を残しているクレベル・コイケと関根爛轡絅譽奪畚┝のブルテリア・ボンサイの2選手が下馬評通りの活躍をしました。

クレベルが-88kg軽量級アブソと+88kg重量級アブソの2階級を制して本戦行きのトラベルパックを獲得しています。

ですがクレベル&シュレックも階級別トーナメントでは意外な苦戦をしており、クレベルは最後は一本で極める逆転勝ちでシュレックはまさかの敗北で国内2敗目を喫しての3位に。

そんな不調を感じさせる試合内容でも続くアブソルートではきっちりと優勝するのはさすがという他ありません。


10
-76kg級決勝戦
クレベル・コイケ(ボンサイ)
vs
ユンホ・ジヨン/Yune Ho Jeong(マチャドJJコリア)
ワンマッチ決勝だったこの階級、対戦相手の韓国人のユンホは
2011年の本戦で青帯3位の選手。
あっさり勝つかと思いや意外と苦戦し、最後の最後で絞めで一本。


続きを読む

2014年02月09日

【結果】WPJJC 2014 日本予選:主な結果

2/8(土)、東京・武蔵野市の武蔵野総合体育館で開催されたJJFJ主催「WPJJC 2014 日本予選」の主な結果です。


01
【黒帯】
アブソルート
優 勝 キット・デール(チェックマット・オーストラリア)
準優勝 ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ)
3 位 ペドロ・アキラ(ボンサイ)、加古拓渡(GSB)



続きを読む

2013年05月19日

【柔術プリースト】# 88:WPJJC 2013 with マルキーニョス&クレベル!

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

2日連続でのプリースト関連の更新となってしまいましたが、今日は新エピソード公開のお知らせです。

今回公開したのはアブダビで開催されたWPJJC 2013の大特集です。

日本人選手の試合はもちろん、黒帯の各階級決勝戦に加え昨年度の王者、サトシの全試合と初優勝を果たしたマルキーニョスの試合も2試合配信します。

なので今回は1時間以上の長尺となっていますが、試合に出場したマルキーニョスとクレベルが解説で参加してるので最後まで飽きることなく見てもらえることでしょう。

なにしろ編集・配信担当の螢侫襯侫ースの荒木氏が「過去3本の指に入るぐらいの完成度!」と高く評価してくれてるほど。

確かにマルキーニョスとクレベルの現役バリバリのトップ選手ならではの的確なコメントは曖昧な日本語とはいえ充分に説得力があります。


02
スト参加のクレベル&マルキーニョス!
この回はREAL FIGHTが行われた際の中国・上海のホテルで収録しました。




二人とも技術的なことや選手の経歴などさすがに詳しく、これだけでも価値あるでしょう。

そんなWPJJC 2013、ここでしか見れない貴重映像の数々を堪能して下さい!


04
ヨーロピアン以来の再戦となったタンキーニョvsコブリンヤ。
タンキーニョの華麗なスイープは必見!


06
ホドウフォは重量級なのに軽量級のような軽快な動き。
最後もきっちり極めての勝利!


07
アブソ決勝のブシェシャvsホドウフォは昨年のムンジアルのベストマッチの1つでした。
久々のリマッチは緊張感のある一戦でまたも名勝負に!



08
悲願のメジャータイトル獲得のマルキーニョス。
自分の試合を自ら解説!



10
昨年度の王者、サトシは全試合を網羅。
1回戦から3位決定までを完全収録です。


09
WPJJCの名物男、シュレック関根も青帯以来の優勝でした。
青帯&紫帯で優勝の快挙!


11
世界王者・ニコリニとの対戦となった湯浅麗歌子選手。
試合終了間際までリードしてた惜しい試合です。



12
紫帯-70kgで優勝した世羅智茂選手。
決勝戦も一本勝ちで優勝、その後茶帯に昇格です。



13
当初、負けた試合の解説なんてイヤだ!とゴネてたクレベル。
負けたとはいえ、いい試合でした。



03
レギュラーコーナー、BJJテクニックファイルは広瀬貴行編の第1弾。
地味柔術家の代表のような広瀬氏ですがテクニックはピカイチです!



★#88はコチラから!









【出場申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2013 in NIIGATA』
日時:5/26(日)
会場:黒崎地区総合体育館(新潟・新潟市)
今年1月に初開催したプリーストカップの地方大会。
今大会は柔術&ノーギを同時開催。大会の様子はUstで生配信!
そして大会後には大内爛疋トル畄鼻柔術セミナーも開催!
★詳細はコチラから!



A9483_I1
【好評発売中】
『コパ・ブルテリア 2012』
155分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月27日

【柔術プリースト】# 85:ジュエルスBJJ&グラップリングinWPJJC!


日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今週配信するのは女子総合格闘技ジュエルスの中で行われた女子のBJJマッチとグラップリングマッチです。

ジュエルスBJJマッチは3人の巴戦でグラップリングはワンマッチでした。

このBJJ巴戦に出た3選手は全員が注目選手といっても過言ではない顔ぶれが揃いました。

プロ格闘家の臼井環選手(PUREBRED川口REDIPS)、柔道ベースで2大会連続優勝で青帯昇格した阿部彩選手(徳島BJJ)、そして中学生ですがすでにオトナ以上の実力を持つ山口友花里選手(空手道白心会)です。

この3選手の巴戦の全試合をノーカット収録しています。



ジュエルスBJJ、もう中学生ならぬまだ中学生の山口友花里選手の
極めの強さに注目!



そしてワンマッチのグラップリングはレスリングでインカレ準優勝の実績がある杉本恵選手(AACC)と初グラップリングマッチに挑む三浦綾佳(U術)の一戦。

柔術とグラップリングで全4試合ですが、内容はいいのでぜひ見て欲しいと思います。

それだけではありません!

今回はアブダビで行われたWPJJCの選手ホテル内での収録だったので、そこらへんを選手がうろついてて、そこでガヴィ・ガルシアを発見!

その場で交渉してゲスト出演してもらいました!

しかもその通訳がサトシという豪華版!

ジュエルスBJJ&グラップリングに加え、大会直後のガヴィ&サトシのインタビューもあるという今回の柔術プリースト、ぜひ見て欲しいと思います!



番組後半にゲストでガヴィ&サトシが特別参加!
大会直後のインタビューとMMA挑戦の話も?!
必見です!



★#85はコチラから!








【出場申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2013 in NIIGATA』
日時:5/26(日)
会場:黒崎地区総合体育館(新潟・新潟市)
今年1月に初開催したプリーストカップの地方大会。
今大会は柔術&ノーギを同時開催。大会の様子はUstで生配信!
そして大会後には大内爛疋トル畄鼻柔術セミナーも開催!
★詳細はコチラから!







【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!







【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月24日

【WPJJC 2013】アダルト黒帯・階級別決勝戦

WPJJCの黒帯の階級別は優勝賞金が$8000、準優勝でも$3000という高額賞金。

今回で5周年というWPJJC、今では予選に勝てなくても自費で参加する選手も多くムンジアルと並ぶ世界大会として認知されてきました。

今年から茶帯と黒帯が別開催になりWPJJCならではの茶帯vs黒帯の対戦は見られなくなりましたが、それを抜きにしても豪華な顔合わせが実現。

8階級に渡って争われました。



-65kg決勝戦
サムエル・カンキエロ(UAE JJ)
vs
チアゴ・バヘット(チームバヘット)
昨年の-70kg王者、カンキエロが階級を落として参戦。
相手のチアゴは本来はガロ級の選手です。



続きを読む

2013年04月22日

【WPJJC 2013】黒帯アブソルートの試合

WPJJCは高額賞金が賭けられた賞金トーナメントですが、中でもアブソルートは賞金の他に特製のチャンピオンベルトが贈呈される特別なモノです。

特に黒帯は超高額賞金で男子が3万ドル、女子が1万ドル!

こんな賞金、WPJJC以外では獲得できないでしょう!

このアブソルートのトーナメントは大会最終日に開催され、まさに大会のメインを飾るに相応しい激闘が繰り広げられました。



黒帯準決勝はホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)とクラウジオ・カラザンス(ATOS)の対戦。
2010年の王者、カラザンスと2011&12の王者、ホドウフォの対戦は
テイクダウンにパス&マウントの9−0でホドウフォの圧勝!



続きを読む

2013年04月17日

【WPJJC 2013】完全詳報!マルキーニョス 優勝の軌跡 Part.2

マルキーニョスの決勝戦の相手はヴィトー・エスティマ(グレイシーバッハ)でした。

ヴィトーはムンジアル王者&ADCC王者のブラウリオ・エスティマの実弟で、兄貴の得意技であるインヴァーテッド・トライアングル(逆さ三角絞め)を武器に決勝戦に勝ち上がってきました。

特に準決勝戦ではクラウジオ・カラザンスからもこの技で一本勝ち、しかも秒殺勝利しており、今大会ではかなり調子のよさがうかがえます。

実績的にはマルキーニョスよりも格上と思える強敵のヴィトーとの決勝戦を紹介します。



決勝戦を前にやや緊張の面持ちのマルキーニョス。
初のビッグタイトル獲得なるか?!



続きを読む

2013年04月16日

【WPJJC 2013】完全詳報!マルキーニョス 優勝の軌跡 Part.1

WPJJC 2013で初のメジャータイトル獲得となる優勝を果たしたマルコス爛泪襯ーニョス瓮愁Ε供淵屮襯謄螢◆Ε椒鵐汽ぁ法

マルキーニョスはこれまで数多くの大会に参戦してきましたが、海外で行われる国際大会では昨年のヨーロピアンでの3位入賞が最高位でした。

潜在能力はサトシ以上とも評されるマルキーニョスも猝鬼Г亮体麓圻瓩箸いΕ櫂献轡腑鵑亡鼎鵑犬討い燭里現状。

そして昨年には柔術引退宣言&MMAデビューで、もう今後は柔術でのキャリアは望めないものと思われていました。

ですが突如、WPJJCの日本予選に出場すると圧倒的な強さで優勝し本戦への出場権を獲得。

過去5大会連続となる本戦出場で、3度目の正直ならぬ5度目の正直で4試合を戦い抜いての優勝でした。

今回は「マルキーニョス 優勝の軌跡」と題して2回の分けて全4試合を完全詳報します!



アダルト黒帯-82kg級に出場したマルキーニョス。
今回はATOSの所属名でエントリー、初戦の相手はヴィトー・ボンフィム(GFチーム)。
ボンフィムはMMAでも活躍中の選手で最近の戦績では
昨年のリオ・インターオープンで3位入賞しています。



続きを読む

2013年04月14日

【WPJJC 2013】大会最終日・アブソルートの主な結果

大会最終日に行われたアブソルート級の主な結果です。



黒帯
優 勝 マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
準優勝 ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
3 位 クラウジオ・カラザンス(ATOS)



続きを読む

2013年04月13日

【WPJJC 2013】大会3日目:黒帯階級別の主な結果

大会3日目に行われた黒帯階級別の主な結果です。



-64kg級
優 勝 チアゴ・バヘット・カルドソ(チーム・バヘット)
準優勝 サムエル・ヘルゾグ・カンキエロ(UAE JJ)
3 位 ガブリエル・マルティンス(グレイシーバッハ)


続きを読む

【WPJJC 2013】大会3日目:紫茶黒帯・階級別の日本人選手の結果

大会3日目に行われた男子・紫茶黒帯と女子紫〜黒帯の階級別の日本人選手の主な結果です。



マルコス・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
黒帯-82kg級
1回戦 vsヴィトー・ボンフィム 11-0
2回戦 vsヘナート・カルドソ 5-0
準決勝 vsオスカー・ジュニオール 5-4
決勝戦 vsヴィトー・エスティマ 2-0
■優勝



続きを読む

2013年04月12日

【WPJJC 2013】大会2日目:青帯の試合結果


大会2日目に行われた青帯の主な試合結果です。



ジエドレ・サンタナ爛椒筌妊ぅ蹲瓠淵椒鵐汽ぁ




1回戦で一本負け、初戦敗退。
ちなみにニックネームのボヤデイロとはポルトガル語で「ロデオ」の意味だそうです。



ジャクソン・ナガイ(JAWS)
初戦敗退。




湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
1回戦は絞めで一本勝ち、2回戦は一本背負でテイクダウンで先制。




しかしそこからバックマウントを奪われ4−0。




試合終盤にテイクダウンするもスイープされてしまい
6−2で2回戦敗退に終わりました。




昨年のムンジアル青ガロ優勝&アジア準優勝の
フィリピン人、エロス・バルヨット(ATOS)は3位入賞。
エロスもムンジアル優勝してもまだ青帯のまま!



女子青帯で優勝したのはアナ・キャロリーナ・ヴィレイラ(GFチーム)
ホドウフォの妹でした。
アナも昨年のムンジアルで優勝してますが、エロスと同じく
まだ青帯のままのようです。



なお白帯で出場したヴィニシウス・ブルット(Infight Japan)、佐々木亮(アラバンカ柔術アカデミー)はともに初戦敗退でした。


【今日が誕生日の柔術家】カリーム・バイロン、モニカ・エリアス、湯浅麗歌子



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月11日

【WPJJC 2013】大会初日・キッズの部の入賞


4/10(水)、UAE・アブダビのアブダビ・ナショナル・エキシビジョン・センターで開催中の「ワールドプロ柔術チャンピオンシップ2013」(以下、WPJJC)の大会初日に行われたキッズ部門の主な入賞者です。



ジュニア・-34.5kg オレンジ・黄色帯
優勝 鶴屋怜(パラエストラ松戸)
パラエストラ松戸・千葉・柏代表の鶴屋浩氏の息子、怜くんが優勝。




ジュニア・-34.5kg オレンジ・黄色帯
準優勝 丹羽飛龍(AXIS横浜)
決勝までの2試合を連続一本勝ちで勝ち上がるも決勝で鶴屋怜に8-4で敗れ準優勝です。

ジュニア・-42.5kg オレンジ・黄色帯
優勝 丹羽怜音(AXIS横浜)
全試合を通して危なげない試合運びで4試合中3試合で一本勝ちして優勝を果たしました。





柳生陽平(セキタニ・ゴールドチーム)
ティーン・-50.5kg・オレンジ・黄色帯で3位入賞。
初戦はV1アームロックで一本、準決勝で腕十字を極められ一本負けでした。




当初エントリーしていたジュニアの部では
相手不在の一人優勝で金メダルを獲得。




渡辺哲也(AXIS)
AXIS代表・渡辺孝正氏の長男、哲也くんは準決勝でガードからの腕十字を極め、
一本勝ちで決勝進出。




決勝はテイクダウンのポイントで0−2で敗れ準優勝でした。




ルーカス・タケダ(カーロストヨタBJJ)、初戦を突破も準決勝で送り襟絞めでタップ。



ですが3位入賞を果たしました。




バンフース小次郎(パラエストラ八王子)
初戦で丹羽飛龍(AXIS横浜)と対戦し、一本負け。
この階級には日本人選手が4選手エントリーしており、
どうしても対戦が避けられなかったようです。



【今日が誕生日の柔術家】ジョナタス・グージェウ(27)、ホセ・ジュニオール(28)



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月14日

【柔術プリースト】ワールドプロ2012の茶黒帯決勝戦をドドン!と大公開


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

最近は日本国外からの視聴も多く、英語字幕を付けろ!とのリクエストも多々あるようですが、そんなもんはコスト的に無理!

つーことで海外市場はガン無視し、当分は字幕なしの日本語オンリーのドメスティックバージョンでいく所存であります。

とか言いつつ、今回紹介するのはワールドプロ2012の茶黒帯決勝戦!

アブダビで開催された賞金トーナメント、ワールドプロで行われた茶黒帯決勝戦の激闘の数々を惜しげもなく大公開というのだから海外でも大注目(なはず)。

それも男子だけでなく女子の決勝戦も!

女子は茶黒帯ではなく紫帯から黒帯までの混合トーナメントだったのでムンジアル2階級制覇のガヴィ・ガルシアvs紫帯という対戦もあります。

これがまたガヴィの圧勝か?!と思いきや、そうでもないのが面白いとこではあります。

またミッシェル・ニコリニvsキーラ・グレイシーの対戦ではキーラの一本負けという衝撃の結末。

グレイシーのタップというのはもはや珍しいことではなくなっていますが、自分はグレイシー直撃世代なのでやや複雑な思いがあります。

やはりグレイシーの姓を持つものは強くあって欲しい!と強く思う今日この頃です。

男子決勝ではIBJJFのオフィシャルレフェリー・カリオカ門下生というフェルナンド・ヴィレイラがマナウス出身らしい俊敏な動きを見せているのに注目!

このフェルナンジーニョ、2004年のムンジアルでかのビビアーノ・フェルナンデスに勝利している実力者で、近年は生活費を稼ぐためにMMAに専念していましたが、高額な賞金に見事に釣られて突如として柔術復帰!

それでいてサクッ!と優勝してしまうのだからさすがです。



カリオカ門下生のフェルナンド・ヴィレイラ!



ですが最大の注目は黒帯アブソ決勝で実現したアンドレ・ガウヴァオンvsホドウフォ・ヴィレイラの対戦!

ムンジアル2冠のホドウフォにかつて牴童瓩噺討个譴織ウヴァオンが挑むこの一戦はホドウフォの豪快な投げ、そしてレアなガードワークが見れるシーンもあり興味深いことでしょう。



ホドウフォの柔道スローは迫力満点!




また珍しく下になる場面もありますが意外と器用なガードワークに驚きです。



スタジオゲストには前回のゲストの居残り参戦でフルメタル柔術のジャグス&杉山しずかさんが参加!

相変わらずの行き当たりばったり感ありありでビミョーですが、それだけに実現したレアな組み合わせ、そして2度と実現は不可能であろう4人でお送りします。



左からジャグス、杉山、橋本、セラチェンのレアな4人の組み合わせ!


今回も内容充実&初公開映像満載でお送りする柔術プリースト#51、ぜひご視聴をお願いします!


★#51はコチラから!








★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】シーコ・メンデス(32)



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月01日

【柔術プリースト】WPJJ 2012:日本人選手の試合を大特集!


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」、新エピソードを配信開始です。

柔術界的には今日からスタートのムンジアルの話題でもちきりですが、現在のLAは朝の9時ということで、まだお届けできるようなネタはなし!

ってことで毎週恒例の柔術プリースト更新ニュースとなりました。

ムンジアルネタは明日更新のブログをお待ち頂きたい!

今週から配信開始したのはワールドプロ2012から日本人の試合の数々を紹介します。

すでに紹介したホベルト・サトシ・ソウザの試合以外の主だった日本人選手の試合を収録できたものすべてを大公開。

マルキーニョス、クレベル、カリオカ、シュレック関根、塩田さやかなどなど。

特に見逃せないのはカリオカvsホドウフォというマニア好みの一戦!

実はシャンジともマナウス時代に指導していたりWPJJ 2012の-65kg級優勝のフェルナンド・ヴィレイラの師匠だったりと実はビッグネームなんじゃ?疑惑のカリオカと対戦するのはワールドプロ&ムンジアルの統一王者、ホドウフォ!

試合はややあっけないフィニッシュですが、こんな顔合わせが実現するのもワールドプロならではです。

他にも多くの見所があるWPJJ 2012・日本人選手特集、ぜひ見てみて下さい!


★#49はコチラから!








★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年05月24日

【柔術プリースト】WPJJ 2012:サトシ・ソウザ大特集!


日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

アリゾナ&LA、パン選手権と海外ネタが続きましたが、今週配信のも海外大会!

4月にUAEのアブダビで開催されたワールドプロ2012の大会の様子を3週に渡って紹介します。

まず最初に配信するのは茶黒帯で優勝したホベルト・サトシ・ソウザの試合をおいて他にないでしょう!

サトシの試合は決勝戦のvsルーカス・レプリ戦はすでにYouTubeにもありますが、1回戦のvsダビ・ハモスや2回戦のvsチアゴ・ブラガ戦などはこれが初公開ではないでしょうか?!

vsダビの逆転勝利のドラマチックさやvsチアゴでの一本勝ちの圧勝ぶりはぜひ見て頂きたい!

もちろん準決勝のvsJT、決勝のvsレプリも本邦初公開動画での紹介なので、これまで見れた動画とは一線を画すモノであるのは間違いありません。



1回戦のvsダビ・ハモスは劇的な逆転勝利!




2回戦、vsチアゴ・ブラガは一本で快勝!




準決勝、vsJTはヨーロピアン決勝のリマッチ!




決勝戦のvsレプリは緊張感みなぎる一戦です!




1回戦から決勝までの全4試合を完全公開!

サトシの試合後のコメントもあり!

ムンジアル参戦を控えたサトシの激闘の数々、必見です!

そしてスタジオアシスタントとして巨乳アイドルグループ・KNUから爛┘螢氏瓩海伴エリカさんと爐おるん瓩海筏般遒おるさんのお二人が参加。

柔術はズブの素人ながら懸命にコメントしようとするKNUの困惑の表情にも注目!


★エリカ氏ブログはコチラ、かおるんブログはコチラから!



★#48はコチラから







★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear