English Portugues Japanese

帯叩き

2014年05月13日

【帯叩き】黒帯授与式 in フィリピン

5/12(月)、フィリピンのマニラにあるステファン・カンフィウスのアカデミー「KMA Fitness & Martial Arts」にて黒帯授与式が行われました。

これは先週末に開催されたパンアジアに合わせて来比したステファンの師匠である柔術七段・赤黒帯のファブリシオ・マルティンスにより3人に黒帯が授与されました。

今回授与されたのはフィリピン人、韓国人、日本人と国籍は違いますがアジア人という共通点があり、日本以外のアジアでも着々と黒帯が増えてます。

ファブリシオによるとこの授与式はブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナにある本部道場でやるのとほぼ同じ形式だそうで、これがファブリシオ・アカデミー流の黒帯昇段式ということで紹介したいと思います。


01
フィリピンのマニラにあるステファン・カンフィウスのアカデミー
「KMA Fitness & Martial Arts」。



続きを読む

2013年12月06日

【帯叩き】ハファ&ギィ・メンデス兄弟

1206
今年も残すところ1ヶ月を切りました。

海外ではムンジアルの後と年度末の年に2回が帯昇進の時期でそのタイミングで帯昇進が行われることが多いですが、日本では大きな大会後に帯昇進することが主流のように感じます。

すでに国内ではアジアオープンやヒクソン杯などの大きな大会が終わったので、その大会後に帯昇進した方も多かったことでしょう。

そこで帯昇進時のセレモニーについてです。

帯が昇進するときに帯が昇進した人を仲間が帯で叩いて祝う、いわゆる狢喘,瓩箸いι習があるのは柔術をやっている方なら知っていることと思います。

中には実際に帯叩きをやられてその痛みを味わった方もいるのではないでしょうか。

ですが自分はいま茶帯ですが、過去に帯叩きをされたことはないし、叩いたこともありません。

白帯から青帯になったときは中井祐樹先生からパーティで授与され、青帯から紫帯になったときは当時指導していたパラエストラ葛西のクラスに自分の最初の柔術の先生である鶴屋浩先生が来てくれて、クラス後に紫帯を渡されました。

そして紫帯から茶帯になったのは昨年の今頃のことで、実力的にはほぼ同じと思われるチームメイトがアジアオープンで優勝して茶帯を巻かれたついでのような感じで自分も茶帯になったのです。

その3回の帯昇進がありましたが、3回とも帯叩きはなく普通に帯を渡され、帯を巻いて記念撮影して終わり、という簡易的なものでした。

これは自分の場合ですが、チームメイトのときほぼ同じで帯叩きはなし。

なので帯昇進時のお約束的な帯叩きは叩かれる側としてはもちろん、叩く側でも一度も体験していません。

この帯叩きの風習はいま個人的に思うところがあって、いろんな人たちに意見を聞いています。

まずはハファ&ギィのメンデス兄弟に聞いた帯叩きについての意見を紹介します。

現在の柔術シーンの中で最先端技術を有し、実力・知名度とも世界トップクラスのメンデス兄弟。

彼らは昨年の7月に念願だった自身のアカデミー、Art of Jiu Jitsuを設立し、1年ほどで生徒数500人を数えるほどになりました。

またつい先日はメンデス兄弟として初めての黒帯も授与しています。

そんなメンデス兄弟は帯叩きについての意見です。

『私たちは帯叩きはしません。

なぜなら帯叩きは相手に痛みを与えてしまうものだから好きではないのです。

これは一部の人たちには好まれている風習ですが、いま私たちは女性や子供、そして高齢の生徒も多いので、彼らには好まれることではないでしょう。

それに柔術を練習している人たちは楽しむため、フィットネス目的でやっている人たちが多くなっています。

なので彼らのためにもベルトプロモーションのセレモニーは帯叩きのような相手に苦痛を与えるものではなく、楽しいものにする必要があると考えています。』


これはあくまでもメンデス兄弟のアカデミー、AOJでのことで同じATOSでもアンドレ・ガウヴァオンのアカデミーでは違うかもしれません。

今後、この帯叩きについての意見はシリーズ化して国内外の帯叩き事情を聞いていきたいと思ってます。

次回は2週間後に来日するミヤオ兄弟にシセロコスタアカデミーでの帯叩き事情を聞く予定です。

ミヤオ兄弟も帯叩きでブッ叩かれたのか?!

それとも普通に帯を渡されてそれ巻いて終わりだったのか?!

そのあたりのことも興味あります。

お楽しみに!



【今日が誕生日の柔術家】ホイラー・グレイシー(48)



©Bull Terrier Fight Gear