English Portugues Japanese

世界のタタミから

2020年09月13日

【柔術プリースト】#420:CARPE DIEM HIROO

420op
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回はジム紹介で東京・広尾にある「CARPE DIEM HIROO」を訪問しました。

ここでリダ・ハイサムをガイドに迎え、ジム内部の様子やクラスの様子などを見て頂きます。

国内でも有数のメガジムであるCARPE DIEM HIROOは7月に現在の場所に移転しリニューアルオープンしたばかりです。

その圧巻のジム設備などをぜひ見てみてください!


01
今回の柔術プリーストはCARPE DIEM HIROOでロケ収録という初の試み。



02
ジムの案内役はCARPE DIEM HIROO所属のリダ・ハイサムです。



03
クラスの様子もチラ見せ。
橋本知之の指導が見れるのは貴重でしょう。



04
大柳敬人のノーギクラスは英語での説明も同時に行ってました。



05
内山裕規のガールズクラスもダイジェストで紹介してます。



■#420はコチラから!








x3
【Today's Pick up】
ブルテリア「2ウェイバックパック」

ダッフルバッグにもバックパックにもなる2Way仕様のバックパック。生地にPVC加工を施した600ディールのナイロンを使用しているので、防水性、耐久性ともに抜群。必要に応じてバックパックや、ダッフルバッグとして使い分けができ、52Lのゆとりのある容量があるので練習からアウトドア、小旅行まで幅広く使えます。
■詳細&購入はコチラから!









btt
©Bull Terrier Fight Gear



KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年09月02日

【ジム紹介】アサダ・トシオの新チーム「BJJ CORE JAPAN」

00
6月末、突如Impacto Japan BJJを離脱したアサダ・トシオ。

その後、アサダは独自にチームを創設、そのチーム名も新たに「BJJ CORE JAPAN」に決定しました。

今後はこのチーム名で活動していくこととなり、心機一転鋭意活動中です。

Impacto Japan BJJを離脱した際には独占インタビューをこのブログに掲載し大きな注目を集めました。

そのときのインタビューは以下のリンクから。


IMG_1907
アサダ・トシオ新しいことを始める時期がきたんだ」はコチラから!



続きを読む

2020年08月06日

【ジム紹介】IGLOO BJJ

00
2017年の8月に東京・世田谷の駒沢大学駅近くにオープンしたIGLOO BJJ。

ここはインストラクターそれぞれの個性が際立つ、独特の雰囲気を持つジムで、この夏にオープン3周年を迎える比較的新しいジムだ。

このIGLOOのインストラクター陣は日本全国のジムから集まってきており、それがジムのカラーにもなっているのが特徴。

そのインストラクターらが大挙して参戦したグラップリング大会「GTF.4」では3階級の全てを優勝したのは記憶に新しいところで、またその前の大会の「GTF.3」でもイグルー所属の岩本健汰が優勝しており、2大会併せて4階級制覇という偉業を成し遂げている。

続きを読む

2020年05月22日

【世界のタタミから】ノヴァウニオン沖縄

00
世界中の柔術ジムを訪問し紹介する「世界のタタミから」、今回は日本の沖縄にあるノヴァウニオン沖縄を紹介する。

沖縄には米軍基地が多数あることが知られているが、このノヴァウニオン沖縄も米軍基地内にある。

そのノヴァウニオン沖縄は那覇市の隣町の浦添市にあるキャンプキンザー内にあり、ここで週に2回の練習が行われている。

指導するのはノヴァウニオン沖縄代表のフラビオ・タナカで、フラビオはエリオ・ダミアニの黒帯。

ちなみにそのエリオも現在は沖縄に移住してきており、時折指導もしているようだ。

続きを読む

2020年03月02日

【世界のタタミから】オーバーリミット品川:東京

00
去る1月21日、アジア各地で拡大しているオーバーリミット・アソシエーションの総帥であるエジソン・カゴハラが都内に「オーバーリミット品川」をオープンさせた。

この道場は常設された空手道場の休館日である火曜・木曜に道場をレンタルする形で運営されている。

続きを読む

2020年02月19日

【世界のタタミから】リバーサルジム沖縄 CROSS×LINE:沖縄

00
久しぶりに更新する「世界のタタミから」、今回は沖縄編として「リバーサルジム沖縄 CROSS×LINE」を紹介します。

このジムはかつてパンクラスで絶対王者として君臨していた砂辺光久が主宰する老舗ジムで、昨年9月に若山達也の若柔術と業務提携という事実上の買収をし、若柔術を改装しリニューアルオープンさせました。

そしてこのCROSS×LINEでも柔術クラスが開講され、CROSS×LINEと若柔術の合同練習日として毎週月曜日にここで柔術クラスが開講されています。

続きを読む

2019年10月05日

【世界のタタミから】名古屋:Impacto Japan BJJ 九番団地

00
いま日系ブラジル人系ジムの中で最大規模を誇るのがImpacto Japan BJJだ。

Impacto Japan BJJはアサダ・トシオとヨースキ・ストーの2人が中心となって結成され、その後は離合集散を経て現在は国内外に多数のアソシエーションを持っている。

続きを読む

2019年09月08日

【世界のタタミから】グアム:ハイツ・アカデミー

00
グアムのハガニアにあるハイツ・アカデミーはちょっと変わった柔術ジムだ。

どこが変わってるのか?というと、世にも珍しいキッズのみという点は珍しいだろう。

オープンしたのは約2年前で、インストラクターのテレンス・ヴィラベルデとオマー・ダミアンが2人が共同で運営している。

この2人とも元はピュアブレッドグアムの黒帯で、そこから枝分かれした形になっているが、現在はアソシエーション関係はなく独立したアカデミーとなっている。

いま世界的にキッズ柔術家の増加は目覚ましく、このグアムでも大会参加者の3割ほどはキッズということもあり、かなりの盛り上がりを見せている。

そこでピュアブレッドグアムでキッズクラスのインストラクターを務めていた2人が作ったのがこのジムなのだ。

なんでオトナのクラスを作らないのか?というと「近隣に他のジムがたくさんあるから」だそうで、テレンスもオマーも自身の練習はそういった近くのジムに出稽古という形で参加している様子だ。

ただここはウェブサイトなどもないのでクラススケジュールや料金などの詳細が不明なのが難点。

もし行くならばクラスがあるであろう夕方ぐらいを狙っていくのがいいだろう。


01
ジムの建物には看板などもなく案内人がいなかったらわからないレベル。



02
ドアを開けると階段が白、灰、黄、橙、と帯色順になってるのが面白い。
いいアイデア!



03
マットスペースは7m×12mで手ごろなサイズ。
キッズのみなら十分な広さだろう。



04
クラスは3クラスあって、4歳から6歳、7歳から10歳、そしてそれ以上となってるようだ。



05
インストラクターのオマーとテレンス。
2人とも黒帯で指導歴も長い。



06
もし家族旅行でグアムに行ったら、ぜひ子供を連れて出稽古して欲しいジムだ。



x
Heights Academy, Brazilian Jiu-Jitsu for Kids
347 W O'Brien Dr, Hagatna, 96910 Guam
■Facebookページはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年03月03日

【ジム】CARPE DIEM JIYUGAOKA、オープン!

00
3/1(金)、東京・自由が丘にCARPE DIEMの新たな支部「CARPE DIEM JIYUGAOKA」がオープンしました。

ここはCARPE DIEM HIROOのインストラクターだったトーマス・ミツ(黒帯)が代表を務め、その他に石黒翔也(茶帯)とトミー・ヤノ(青帯)が名を連ねます。

続きを読む

2018年11月04日

【世界のタタミから】ティファナ:クラーク・グレイシー・メヒコ

00
世界の柔術ジムを探訪して紹介する「世界のタタミから」、今回はメキシコ編を紹介する。

メキシコのティファナはメキシコとアメリカの国境の街でサンディエゴの隣町。

サンディエゴから徒歩で行ける気軽さでアメリカに比べ物価が半額以下のティファナで週末を過ごすサンディエゴの住人も多い。

そんなティファナのメインストリートであるアベニウ・レボリウションにあるのがこのクラーク・グレイシー・メキシコだ。

続きを読む

2018年10月25日

【世界のタタミから】ノースカロライナ:ルーカスレプリBJJ&フィットネス

00
こんにちは、内山裕規です!

いつもはレビューウェンスディを担当させてもらってますが、今回は世界の柔術ジムを紹介している「世界のタタミから」をお届けします。

紹介するのはノースカロライナ州・シャーロットにあるルーカス・レプリのジムです。

続きを読む

2018年10月08日

【世界のタタミから】熊本:TATORU

00
世界の柔術ジムを紹介している「世界のタタミから」だが、今回は国内のジムを紹介したい。

九州・熊本にあるTATORUは創設4年ですでに生徒数230名を超え、九州最大といっても過言ではない規模を誇っている。

ジムの特色として格闘技ジムにありがちな「汚い・臭い・怖い」の3Kのイメージを払拭し、明るくキレイで爽やかで、格闘技ジムというよりもフィットネスジムのような印象を受けた。

内装もイメージ画像の他に観葉植物が飾られていたり、イス&テーブルにタウン誌などが置かれ、サロン的な雰囲気がある。

続きを読む

2018年10月01日

【世界のタタミから】ベトナム:サイゴンJJ

00
ベトナムの首都・ハノイにあるホーチミン市の旧名であるサイゴンを冠したジム、サイゴンJJ。

サイゴンJJはスターフィットネスというスポーツクラブの中にあるマットスペースに開設されているジムで、オープンは2006年。

アメリカからベトナムに移住してきたジムマネージャーのスティーブ・チップマンが大の格闘技好きで、このスターフィットネスに赴任してきた際に柔術クラスを取り入れたのが始まりだ。

続きを読む

2018年09月30日

【世界のタタミから】タイ:ARETE BJJ

00
いまアジアの中でも柔術シーンの盛り上がりが顕著なのがタイのバンコクだ。

バンコクでは昨年、アジアンゲームズのトライアル的な大会も開催されており、ローカルの人たちへの柔術の認知度も上がってきている。

そのタイのバンコクでトップ3アカデミーに数えられるていのが、アダム・カユーンのQ23、モーガン・パーキンスのバンコクファイトラボ、そして今回紹介するARETE(アレテー)BJJだ。

アレテーはカナダ人のアンドリュー・マクドナルドと日本人の中村光博の2人によってノヴァウニオンのタイ支部として2014年に創設され、今年の3月に現在の場所に移転し、さらに大規模なジムになった。

続きを読む

2018年09月27日

【世界のタタミから】ミャンマー:BJJミャンマー

00
ヤンゴン空港から1時間ほどの場所にあるダウンタウンにあるBJJミャンマー。

ここはミャンマーで唯一の柔術ジムだ。

創設は2014年で創設者は女性のタミ・ウイリス氏。

タミ氏はイギリスのカーウソン・グレイシー系のジムで柔術を始めたが、仕事の関係でミャンマーに移住後、現地でも柔術をやりたいとの思いでこのジムをスポーツクラブ内で作ったそうだ。

続きを読む

2018年09月22日

【世界のタタミから】CARPE DIEMシンガポール

00
いま日本を席巻している先鋭柔術ジムのCARPE DIEMが初めてアジアに出した支部がこのCARPE DIEMシンガポールだ。

このジムはシンガポールの鉄道であるMRTのセラングーン駅から徒歩5分ぐらいの場所にある小さな商業施設の一角にある。

CARPE DIEMといえば広く豪華な設備として知られているが、ここは例外で中に入ってすぐに受付があり、そこからすぐにマットスペースとなっていて、そのマットスペースも柔術の試合マット1面分に足りないぐらいの規模だ。

続きを読む

2017年07月13日

【道場紹介】世界のタタミから:沖縄・若柔術

01
沖縄県那覇市にある若柔術は2013年4月にオープンし、今年で5年目を迎える。

道場代表の若山達也はかのアンドレ・ガウヴァオンに黒帯を授与された初めての日本人として知られる。

続きを読む

2017年06月29日

【世界のタタミから】セブ:パトスタジオ・セブ

01
いまセブで最も新しいチームなのが今回紹介するパトスタジオ・セブだ。

パトスタジオ・セブはセブで最古だったデフタックヒベイロから派生してできたチームで始動は6/1とまだできて間もない。

続きを読む

2017年04月07日

【世界のタタミから】KINGS MMA:ロサンゼルス

01
柔術アカデミー過密地帯のロサンゼルスにあるKINGS MMA。

ここは元シュートボクセのハファエル・コルデイロが開いたジムで柔術というよりもムエタイ&MMAで知られている。

いま日本のRIZINに参戦中のギャビ・ガルシアがMMAデビューに備えて打撃練習をしていたのもこのジムだ。

だがギャビは現在はこのジムを離脱し近隣にあるクレバー・ルシアーノのアカデミーに在籍しているようだ。

ギャビ以外にもADCC王者のオーランド・サンチェスやUFCで活躍中のファブリシオ・ヴェウドゥム、そしてRINGSに来日していたヘナート・ババルらもプロ練習で汗を流している。

残念ながら訪れた日にコルデイロは不在だったが、柔術部門のインストラクター、ヒカルド・テスティのクラスを見学することができた。

テスティはグレイシーバッハの黒帯で自身もMMAで活躍しており、過去にはストライクフォースなどで試合をしていた選手で、このKINGS MMAではギ&ノーギのメインインストラクターとして指導中だ。

このジムは柔術とムエタイのクラスが同時進行されており、月謝も別々で徴収される。

もし柔術とムエタイの2つを学びたい場合は$240となかなかのお値段だ。

ちなみに月謝は柔術・ムエタイとも$205で、半年先払いの場合は1か月あたり$185で1年先払いだと$160になる。

出稽古の場合は$25/1日で練習可能だ。


02
LAのハンティントンビーチにあるKINGS MMA。
オープンは9:00からでクローズも21:00と12時間営業だ。



03
中に入ってすぐにあるメインマットはムエタイクラスが行われていた。
立ち技クラスも盛況の様子。



04
海外のジムに行くと女子の参加者の多さに驚く。
ブラジルでもアメリカでも必ず1クラスに数人は女子が練習している。



05
メインマットの反対側にあるサブマットはメインの半分ぐらいの広さ。
ここではヒカルド・テスティによるノーギのクラスが行われていた。



06
サブマットの奥にあるミニサイズのケージではMMAのパーソナルトレーニング中。
ここはMMA&ムエタイのプロ選手が多数在籍しているという。



07
KINGS MMAのオフィシャルユニフォームはVULKAN製。
ラッシュガードにファイトパンツ、ボードショーツなどが販売中。


08
ジムの壁にUFCのチャンピオンベルトが飾られていた。
これはファブリシオ・ヴェウドゥムが獲得したもの。



09
海外のジムではメモラビリアの類はケースに入れられキレイに陳列されている。
ここは柔術ジムではないのでメダルは飾られていなかったがプラークやトロフィーは豊富。



10
最上段にはマスター・コルデイロの写真とトロフィー類が置かれていたが、埃などなく掃除がいきわたっていた。



11
棚の下段に飾られていたのはコルデイロが現役時代に獲得したというIVCのチャンピオンベルト。
コルデイロは99年に日本で行われた佐藤ルミナ戦での敗戦を最後に現役を引退しコーチに転身している。



12
壁には過去にコルデイロがコーチしていたヴァンダレイ・シウバ、ティト・オーティス、ファブリシオ・ヴェウドゥムらのチームシャツがズラリ。
その他にも有名・無名を問わず多数の選手をコーチしている。



km
KINGS MMA
7391 Warner Avenue
Huntington Beach CA 92647
■オフィシャルサイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ビア・メスキータ(26)、トーマス・ファン



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月04日

【世界のタタミから】ブシドーJJ:サンパウロ

01
自分がサンパウロに行った際にはいつもお世話になっているのが日系ブラジリアンのミシェル・ヤマシタだ。

ミシェルは日本にいたときに柔術を始めて茶帯のときにブラジルに帰国。

その後、マルコ・バルボーザのバルボーザ柔術で練習を続けてバルボーザから黒帯を巻かれ、自身のアカデミーであるブシドー柔術を設立し、現在は4つの支部を持っている。

ブシドー柔術の本部はミシェルの自宅から車で10分程度の距離にあるフィットネスジムの中にあり、そこで毎日指導に当たっている。

続きを読む

2017年02月16日

【道場紹介】Ns Brotherhood

01
ブラジル・サンパウロのパライーゾにあるレアンドロ・ロのNsブラザーフッド。

このNsはニュースクールの意で、ロが練習だけに専念したいとシセロ・コスタから独立して作った新しいチームです。

ブラジルのジムの多くはスポーツクラブの中にマットスペースがあって、そこで運営されていますが、このNsブラザーフッドも例外ではありません。

ブラザーフッドが入っているのは「バイオ・フィットネス」というスポーツクラブで入り口は小さめですが奥行きがあり、中に入るとズラリとトレッドミルが並んでいました。

地下には各種ウエイトトレーニングのマシンが並んだフィジカルトレーニングとヨガのフロア、そしてマットスペースがあります。

マットスペースには自重運動をよくやるというロの希望があったのかどうか謎ですがチンニングバーや吊り輪、そしてハンマー&タイヤのセットなどが置かれていました。

肝心のマットスペースですが、これが意外にもそう大きくはなく、幅7m×奥行19mというブラジルのジムにしては普通よりやや小ぢんまりとした印象でした。

このマットスペースで昼夜2回のクラスがあり、昼はスパーのみで夜は通常のクラスです。

面白いのはロが作ったチームなのにも関わらずにロ自身は一切クラス指導をしていないこと!

あくまでも自分自身の練習のためのチームで現役選手でいる限りは指導の類はしたくないんだとか。

そういえばロはその他のトップ選手に比べるとセミナーの数は極端に少ないかもしれません。

それもそのはず、ロはかなりの金額のスポンサー収入があるようで、指導やセミナーなどでお金を稼がなくても充分に暮らせる金額をスポンサーから得ているという話でした。

そして多くの黒帯は月謝などが無料になっていて、そのせいかいまサンパウロの多くの黒帯がこのチームに移籍してきています。

最近では女子の黒帯世界王者のタリタ・ノゲイラがハイアングレイシーチームから移籍したのは記憶に新しいところでしょう。

今回このジムに行った日には特別ゲストとしてロと親交のあるマーカス・アルメイダ"ブシェシャ"がスパーに参加。

これまでもブシェシャがサンパウロに戻っている際にはちょくちょく姿を見せているようです。

スパーは6分1Rで休憩は2分の繰り返しで最初の1時間はほぼ全員がブッ続けでスパーしていました。

それもゆったりしたスパーではなく試合と変わらないようなガチモードでした。

ブシェシャとロの組み合わせも1時間半の間で3回行われかなり激しいスパーを目の当たりにし、その迫力に言葉を失ったほど。

時間にルーズなブラジリアンらしく1時間遅れで始まった練習も2時間弱で終了し、みんな遅めのランチに出かけていき、夜にはまた練習しに来るそうです。

いつも思うのですがブラジル人は昼夜とも練習してて、いつ仕事してるのかホントに謎です。

レアンドロ・ロ率いるNsブラザーフッド、昼のスパーは黒帯なら参加費無料らしいので、ブラジルのサンパウロに行った際には足を運んでみてはいかがでしょうか?!


02
メトロのパライーゾ駅から徒歩10分ぐらいの場所にあるフィットネスクラブ「BIO FITNESS」。
この中にNsブラザーフッドはあります。



03
入り口は小さかったのに中に入るとかなりの奥行き!
トレッドミルも10台以上が並んでました。



04
地下がメインフロアで半分がウエイトトレーニングとヨガルームなどのスペースです。



05
その反対側にマットスペースがあり、自重運動ができる器具なども揃ってました。



06
大きなタイヤを転がしたり、ハンマーでタイヤを叩いたりとマシンを使わないトレーニングができるのはその他のジムと違う点でしょう。



07
マットスペースは縦長で奥行きは20mほど。
色違いのマットで3面が作られてました。



08
昼のスパークラスには30人ほどが参加。
この日はブシェシャが参加予定だったので、いつもより多かったようです。



09
3面のうち一番奥は女性のみでの使用でした。
男女混合スパーではなく女性は女性のみで組んでやっており、偶数だったために全員がスパーに入りっ放しだったのには驚きました。


10
手前の2面が男性スパー。
結構な人数でのスパーで人がぶつかってスパーが中断するのもしばしば目にしました。



11
Nsブラザーフッドは女性も多いらしく前述したタリタ・ノゲイラの他にルイザ・モンテイロも在籍。
黒帯世界王者が2人もいるのはサンパウロではアリアンシとここだけでしょう。



12
この日のスパーで目立った動きをしていたのは紫帯のブルーナ・カッペレット。
柔術を始めて4年目の紫帯で柔術オンリーで生活してるんだそう。
ブルーナは今年ムンジアルに出場予定で好成績を期待。



13
練習とはいえロvsブシェシャがこんな間近で見られるとはラッキー。
試合さながらのガチスパーでマットサイドでもお構いなしでやり合ってる激しさでした。



14
過去に日本でも試合したことがあるポータンドのジェラルド・ラビンスキーも練習に来てました。
いまはこのNsブラザーフッドで練習しパン&ムンジアルに向けてブラジル滞在するそうです。



15
練習後はみんなで集まってテクニックをあれこれ試してました。
こういった技術談義が新たなテクニックを生むので見ていて興味深かったです。



16
最後に練習参加者で集合写真を撮って終了。
ジムに来てから1時間待ちにはまいりましたが、待っただけある内容の濃い練習が見れたので大満足です!



17
ロの目標はムンジアルのオープンクラス制覇。
そのために現在91kgまで増量しました。
ムンジアルでブシェシャvsロの試合が実現するか?!



18
Ns.Brotherhood
Rua Jose Getulio 223
Sao Paulo,BRAZIL
■Ns.Brotherhoodのフォトギャラリーはコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年07月01日

【世界のタタミから】ルイス・フォンセカ柔術:メキシコ

01
今年のムンジアルの後に3年ぶりにメキシコに行ってきました。

このメキシコでは柔術なしのバケーションの予定でしたがムンジアルの会場で知り合ったメキシコ人に大会後にメキシコに行く、とつい話してしまったら「ぜひ友人のアカデミーを訪ねて欲しい」と熱烈に誘われ仕方なく行くことに!

それがこのルイス・フォンセカ柔術です。

続きを読む

2007年08月23日

JIU-JITSU PRO GEAR

柔術ショップ「JIU-JITSU PRO GEAR」に行ったら毎回恒例のレフェリー講習会が行われていました。

パンナムの大会前にも行われていましたが、今回は人数も少なめ。



店内にマットを敷いてレフェリー講習会です!


でも審判部長のアルバロは身振り手振りを交えてシチュエーションごとの対応をレクチャーしていました。

特に足関節技についての質問が多かったです。



足関節技はレフェリングも難しそうです!
様々なシチュエーションでの質問が飛び交ってました!


このプロギア、なかなかの品揃えで日本では見れない商品も多々ありました。

今ではブラジルのものでもアメリカでも日本に入ってきてるので、日本で入手できないものはほぼ無いと思われますが、それでも初めて見たアイテムがありました。





ケイコのピンクのロゴの女子用キモノや






子供用のラッシュガードまで!


珍しい商品がたくさんあります!

もしLAに行くことがあったら足を運ぶことをオススメします!

追記:ケイコのピンクのロゴの女子用キモノはブルテリアに在庫があるそうです!
さすがの品揃えですね!
ここから買えます!



JIU-JITSU PRO GEAR
4646 Manhattan Beach Blvd
Lawndale, CA 90260
Local: (310) 370-0116