English Portugues Japanese

JLT

2017年04月02日

【柔術プリースト】#276:NO TIME LIMIT ONLY SUBMISSION MATCH

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは昨年のJLT03で組まれたスーパーファイト、ノータイムリミット&オンリーサブミッションマッチで行われた塚田市太郎vs後藤悠司の一戦です。

この試合はその名の通りに時間無制限で一本でのみ決着する特別試合です。

塚田、後藤とも過去にこのルールでの試合を経験しており、両者が対戦を希望し対戦が実現しました。

結果は100分超えのロングマッチとなり、膠着による両者失格という結果となったのですが、その過程をぜひ見てみて欲しいと思います。

配信バージョンは約半分の試合時間に編集されており、試合をした当事者の後藤悠司がゲスト解説で参加してるので、そのコメントも興味深いはずです。

過去に例がない1試合のみの配信ですが見応えは充分です!


0fb
スーパーファイト・時間無制限一本決着オンリーマッチ
後藤悠司(一心柔術)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



2
■#276はコチラから!




そして現在好評発売中の柔術専門誌『Jiu Jitsu NERD Vol.9』の見どころ紹介動画とパン選手権2017の総括座談会動画も併せて公開中です。

そちらもぜひチェックをお願いします!

■『Jiu Jitsu NERD Vol.9』見どころ紹介動画はコチラから!


■『パン選手権2017総括座談会動画はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年02月26日

【柔術プリースト】#271:Jiu Jitsu Liga de Tokio 03

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは昨年の12/15に代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 03」です。

この大会は3大会に渡るランキング戦の最終戦でランキングを巡るアツい戦いが多数行われました。

その中から厳選した試合を配信してます。

配信試合は以下の通りです。


3fb
アダルト青帯フェザー準決勝
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
鈴木真(CARPE DIEM)



アダルト青帯フェザー3位決定戦
鈴木真(CARPE DIEM)
vs
風間敏臣(ストライプル茨城)



8fb
アダルト青帯フェザー決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
大柳敬人(CARPE DIEM)



アダルト青帯オープンクラスライト準決勝
鈴木健太(一心柔術)
vs
大柳敬人(CARPE DIEM)



アダルト青帯オープンクラスライト3位決定戦
鈴木健太(一心柔術)
vs
風間敏臣(ストライプル茨城)



18fb
アダルト青帯オープンクラスライト決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
大柳敬人(CARPE DIEM)



アダルト紫帯フェザー決勝戦
寒河江寿泰(高田馬場道場)
vs
ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)



3fb
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
寒河江寿泰(高田馬場道場)
vs
ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)



1fb
アダルト茶帯ライトフェザー1回戦
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ)



3fb
アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)



5fb
アダルト茶帯ライト準決勝
フェリペ・アラオン(Impacto Japan BJJ)
vs
ホブソン・タカノ(ダムファイトジャパン)



6fb
アダルト茶帯ライト準決勝
ホブソン・タカノ(ダムファイトジャパン)
vs
マーシオ・メデイロス(Impacto Japan BJJ)



アダルト茶帯オープンクラスライト1回戦
ホブソン・タカノ(ダムファイトジャパン)
vs
ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ)



9fb
アダルト茶帯オープンクラス1回戦
フェリペ・アラオン(Impacto Japan BJJ)
vs
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)



10fb
アダルト茶帯オープンクラス準決勝
ホブソン・タカノ(ダムファイトジャパン)
vs
マーシオ・メデイロス(Impacto Japan BJJ)



11fb
アダルト茶帯オープンクラス準決勝
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)



13fb
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ホブソン・タカノ(ダムファイトジャパン)



2
BJJテクニックファイルはレティシア・ヒベイロの最終回。
ラストはこれまでに紹介したテクニックのレビューです。



3
■#271はコチラから



そして毎週更新の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」も最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

アルゼルト・ブラジル大会総括
コパドゥマウ総括
名古屋浜松ツアー
公武堂TV出演
コパブルテリア開催決定
KNU、ワンマン&新曲発売決定


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】後藤悠司(35)、エドゥアルド・ヒオス(32)、マジッド・ヘイジ(24)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月25日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 03:その他の試合&スーパーファイト

0fb
JLT03のレポート、最後は暫定ランキング3位の寒河江寿泰とJLT初参戦でIBJJFアジア王者のホベルチ・オダの一戦が組まれたアダルト紫帯をはじめ、マスター色帯、そして時間無制限&一本決着オンリーの特別ルールで組まれた後藤悠司vs塚田市太郎のスーパーファイトの模様を紹介する。

このJLTは回を重ねていくとランキング争いから脱落した選手が大会参加を見送っていき、最終戦は試合数も激減してしまいトータル20試合ほどのみに。

だが試合数こそ少なかったが、その試合のどれもが好勝負で一本決着も多く、密度が濃い大会となった。

とりあえず2016年のランキング戦は今大会で終了となったがランキングでスポンサー権利獲得という新たなコンセプトで行われた今大会はそれなりの話題を集め、スポンサーさせるに値する選手の発掘もでき初年度は成功といっていいだろう。

来年度も継続開催の予定なので、また来年もJLTに参加して欲しいと思う。


1fb
アダルト紫帯フェザー決勝
○ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)
vs
×寒河江寿泰(高田馬場道場) 
チアゴ・ファべーラの負傷欠場で、暫定ランキング3位の寒河江とJLT初参戦のホベルチのワンマッチ決勝となった紫フェザー。



2fb
ファべーラ相手に熱戦を繰り広げてきた寒河江だが、アジア王者ホベルチ相手には力及ばず。
P18-0から5:01、跳び付き腕十字を極めたホベルチが一本勝ちで階級別を制した。



3fb
アダルト紫帯オープンクラスライト決勝戦
○ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)
vs
×寒河江寿泰(高田馬場道場) 
無差別でもホベルチが圧倒し、P9-0から2:42 ボーアンドアローで完勝。
優勝は逃した寒河江だが、過去2大会の活躍による貯金も活き、ブルーノ・イシイと同ポイント3位でスポンサー権を獲得。



4fb
アダルト紫帯オープンクラスライト表彰台
優 勝 ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)
準優勝 寒河江寿泰(高田馬場道場) 



5fb
マスター紫帯オープンクラスライト
○小島健作(VISCA)
vs
×ディオゴ・ナカガワ(Impacto Japan BJJ)
JLT01で対戦済みの両者。前回勝利した小島が、階級別をP3-0で勝利。
同じ顔合わせとなった無差別でもP2-0から4:42、アームロックを極めた小島が一本勝ちでダブルゴールド。



6fb
マスター青帯ルースター決勝戦
○柿澤雄二(リバーサルジム新宿Me. We)
vs
×増田巧(VISCA)
ワンマッチ決勝のマスター青帯ルースターはP22-0から4:22、三角を極めた柿澤が勝利。



7fb
スーパーファイト
時間無制限一本決着オンリーマッチ
△後藤悠司(一心柔術)
vs
△塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
リーグ戦が終わってから行われた後藤対塚田のスーパーファイト。
時間無制限で一本決着のみの戦いは、上の塚田、下の後藤で、塚田が再三サイドを取るも、後藤は決定的なチャンスを与えない。



8fb
後藤の足関を塚田もエスケープし、試合時間は1時間を超えて滴っていた両者の汗が止まる。



9fb
そして1時間46分53秒、レフェリーのコールで突然の試合終了。



10fb
スタンドで再三続いた探り合いが膠着と判断されての幕引きとなったが、長時間の攻防によるお互いの疲労を考えた“水入り”として、後日再試合が組まれることも試合後すぐに決定した。



11fb
会場にいた誰もの記憶に残る一戦としてだけではなく、中井祐樹氏のツイートをきっかけに「日本格闘技史上何位の長さか?」という話題にも発展。
そこで話題に上った範囲では、96年1月の全日本組技選手権における高谷聡vs久富剛の3時間41分57秒(延べ)に次ぐ長さとして、記録にも残る戦いとなった。



12fb
3大会が終わり、来年のスポンサー権利を獲得した4選手。
各選手には2017年から1年間、「VHTS」「Phalanx」「WVSN」「Choice」によるポイントに応じたサポートが予定されている。



■今大会のフォトギャラリーはコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月24日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 03:アダルト茶帯

JLT03のアダルト茶帯は出場が予定されていた石井拓がヒザの負傷で残念ながら欠場。

しかしリーグ戦初出場となる日系ブラジリアンが多く参戦し、JLT初のライト級トーナメントを組むことができたほか、オープンクラスは全試合が一本決着と、見応えのある試合内容となった。

注目は、暫定ランキング2位のブルーノ・イシイと4位の今泉。

特に今泉は過去2大会で階級別トーナメントは一人優勝だったものの無差別では全試合を一本勝ちで連覇。

今大会は階級別&無差別を制覇しないことにはスポンサー権利獲得が難しいことから、減量を決行してライトフェザーにエントリー。

ブルーノ・イシイをはじめとするImpacto勢が今泉の快進撃をストップできるかが注目された。


1fb
アダルト茶帯ライトフェザー準決勝
○今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
×ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ)
今泉、ブルーノ・ヤマモト、ブルーノ・イシイの3人がエントリーしたライトフェザー。
トーナメント初戦は序盤の引き込み際で今泉がブルーノ・ヤマモトを三角に捉える。



続きを読む

2016年12月21日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 03:アダルト青帯

0fb
12/18(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで「Jiu Jitsu Liga de Tokio 03」が開催された。

『Jiu Jitsu NERD』制作陣が主催するJLTは、スポンサー権利をかけたリーグ戦という、おそらくこれまでにはなかった大会コンセプトで今年7月にスタート。

11月に開催したランキング対象外の平日大会のオープントーナメントを含めれば約半年で4回もの大会を行ったことになる。

来年のスポンサー権獲得を巡る戦いも今回がラスト。ランキング上位者のポイント争いに加えて、ランキングトップのマテウス・オンダを巡る若き精鋭たちのトーナメント、そして塚田市太郎と後藤悠司による時間無制限&一本決着オンリーのスーパーファイトも開催。

他大会と日時が被った不運もあり残念ながら参加者こそ少なかったものの最終戦に相応しい盛り上がりを見せた。

今回から3回にわたって大会の模様を詳細にレポートするが、まずは “国内青帯最強決定戦”の様相を呈したアダルト青帯のトーナメントからお伝えしたい。

今年のJBJJFとJJFJの全日本を制し、IBJJFのアジアオープンも優勝と快進撃を続けてきたマテウス・オンダ(東海BJJ)はJLTでも第1戦、2戦ともに階級別&無差別を制してランキングトップをキープしていたが、来年1月にブラジル・サンパウロへの帰国が決定。

帰国前にその牙城に迫ろうと、打倒マテウスを目指す大柳敬人(CARPE DIEM)を筆頭に、鈴木真(同)、風間敏臣(ストライプル茨城)らが参戦し、熱戦が展開された。


1fb
アダルト青帯フェザー1回戦
○風間敏臣(ストライプル茨城)
vs
×田中義篤(CARPE DIEM)
5月のJBJJF東日本選手権で階級別&無差別優勝、11月のデラヒーバ杯でも階級別を制している風間は19歳の専門学校生。



2fb
田中を三角絞めに入れると、バランスを崩したタイミングを逃さず腕十字を極めて3:30、一本勝ちで準決勝進出。



3fb
アダルト青帯フェザー準決勝
○マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
×鈴木真(CARPE DIEM)
大柳同様、マテウスからの初勝利を目指してCARPE DIEMから参戦した鈴木だが、序盤でラッソーからのスイープ、パスを許してしまう。



4fb
すかさずバックに回ったマテウスがチョークを極めて2:30、一本勝ち。決勝進出を決めた。



5fb
アダルト青帯フェザー準決勝
○大柳敬人(CARPE DIEM)
vs
×風間敏臣(ストライプル茨城)
勝てば決勝でマテウスと対戦とあって、互いに負けられない戦いはリバーサル合戦に。



6fb
P8-8から残り10秒を切ったところで大柳がきっちりトップを取り、P10-8で決勝進出。



7fb
アダルト青帯フェザー3位決定戦
○風間敏臣(ストライプル茨城)
vs
×鈴木真(CARPE DIEM)
3位決定戦は風間が快勝。P8-0から3:43、マウントからの腕十字を極めて鈴木を退けた。



8fb
アダルト青帯フェザー決勝戦
○マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
×大柳敬人(CARPE DIEM)
二人の対戦は11月のブルテリアオープン以来7回目。同大会では階級&無差別ともにマテウスに敗れ、悔し涙を流した大柳。今年最後に初勝利を飾れるかどうかに注目が集まったが……。



9fb
スイープをはじめ、場外際の攻防が逃避と見なされるなど、6ポイントを献上してしまった大柳が完封負け。マテウスがP6-0で階級別を制した。



10fb
アダルト青帯フェザー表彰台
優 勝 マテウス・オンダ(東海BJJ)
準優勝 大柳敬人(CARPE DIEM)
3 位 風間敏臣(ストライプル茨城)



11fb
アダルト青帯オープンクラスライト1回戦
○鈴木健太(一心柔術)
vs
×田中義篤(CARPE DIEM)
階級別3位決定戦で負傷した鈴木真が欠場し、JLT常連の一心柔術・鈴木健太を含む5人トーナメントで行われたオープンクラス。



12fb
スタンディングの探り合いが続いた初戦は、P2-2からのレフェリー判定で鈴木健太が田中を下して準決勝進出。



13fb
アダルト青帯オープンクラスライト準決勝
○マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
×風間敏臣(ストライプル茨城)
トップの取り合いとなったこの試合。階級別でテクニカルな攻防を見せていた風間だが、終盤ではマテウスに腕十字を狙われ、あわやというところでタイムアップ。P6-4でマテウスに軍配。



14fb
アダルト青帯オープンクラスライト準決勝
○大柳敬人(CARPE DIEM)
vs
×鈴木健太(一心柔術)
序盤でクローズドから三角をセットアップした大柳が1:46、アームロックを決めて一本勝ち。マテウスとの再戦に挑むことに。



15fb
アダルト青帯オープンクラスライト3位決定戦
○風間敏臣(ストライプル茨城)
vs
×鈴木健太(一心柔術)
3位決定戦はXガードからバックに回った風間が1:22、片羽絞めを極めて一本勝ち。階級別&無差別で3位入賞を果たした。



16fb
アダルト青帯オープンクラスライト決勝
○マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
×大柳敬人(CARPE DIEM)
階級別と同じ顔合わせの無差別決勝。大柳は序盤の引き込み際でマテウスの三角に捉えられたものの、エスケープに成功して立て直しを図る。



17fb
その後スイープを献上した大柳はトップを取り返すが……。



18fb
P2-2で残り時間1分を切り、再びマテウスにトップを奪われると、そのままポジションをキープされてタイムアップ。
P4-2でマテウスが勝利し、3大会すべてで階級別&無差別優勝と、文句なしの活躍でマテウスがJLTランキング1位を手にした。



19fb
「これがいまの実力」と、試合後はどこか吹っ切れたような表情を見せた大柳。次回の対戦がいつになるのか。大柳のリベンジに期待したい。



09
アダルト青帯オープンクラスライト表彰台
優 勝 マテウス・オンダ(東海BJJ)
準優勝 大柳敬人(CARPE DIEM)
3 位 風間敏臣(ストライプル茨城)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年12月18日

【結果】Jiu Jitsu Liga de Tokio 03

1218
12/18(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 03」の結果です。


続きを読む

2016年12月05日

【レポ】11/22 JLT WEEKDAY OPEN 2016

11/22(火)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールにて「JLT WEEKDAY OPEN 2016」が開催された。

これまで隔月で大会を開催し、その成績によってランキングを制定して年間スポンサー権を贈呈する大会を行ってきた「Jiu Jitsu Liga de Tokio」だが、今大会はそのスピンオフとして平日大会を行ったもの。

大会主旨として土曜や日曜、祝日など多く大会が開催される日に休みが取れない人たちに大会参加の機会を作ろうと企画しされたのが今大会だ。

平日開催で初開催にも関わらずにギ&ノーギで30試合余りが組まれ、これが初試合という大会デビューの選手も多数おり、試合を楽しんでもらえた様子。

また韓国からも参加者があり、国際戦も組まれ初めての平日大会は成功といっていいだろう。

参加者の一人は「柔術を始めてから5年が経っていたが、なかなか試合の機会がなくこれが初試合。今後も試合に出たいので定期開催して欲しい」との声もあった。

2017年は上半期と下半期の2回、この平日大会を開催予定となっているので週末に休みが取れない方々は次回大会を楽しみにして欲しい。


01
今大会はノーギも同時開催された。
韓国から参戦のニール・チョウ(ムーブメントBJJ)と後藤悠司(一心柔術)がアダルトエキスパートミドル&オープンクラスでワンマッチ決勝戦の2連戦。



続きを読む

2016年11月22日

【結果】JLT WEEKDAY OPEN GI&NO-GI 2016

1122p
11/22(火)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「JLT WEEKDAY OPEN GI&NO-GI 2016」の結果です。


【柔術】
01
アダルト青帯ライトフェザー
優 勝 鳥山瞬二郎(リバーサルジム川口REDIPS)
準優勝 利根川孝弘(パラエストラ吉祥寺)



02
アダルト青帯ライト
優 勝 小島健史(和術慧舟會AKZA)
準優勝 鈴木健太(一心柔術)



03
マスター青帯ミドル
優 勝 川崎聡士(ストライプル茨城)
準優勝 長谷川隆大(パラエストラ吉祥寺)



04
マスター白帯ライトフェザー
優 勝 Chan Ishizuka(秋本道場JungleJunction)
準優勝 的場淳一(ポゴナ・クラブジム)



マスター白帯ライト
優 勝 石川竜也(ねわざワールド小江戸)



05
マスター白帯ミドル
優 勝 吉田祐司(パラエストラTB)
準優勝 小倉健一(和術慧舟會HEARTS)



06
シニア白帯ルースター
優 勝 白須圭晃(デラヒーバジャパン)
準優勝 大久保直人(デラヒーバ ジャパン)
3 位 新倉敬二郎(RBアカデミー)



07
シニア白帯ライトフェザー
優 勝 岩間雅之(エクストリーム柔術アカデミー)
準優勝 松浦宏至(リバーサルジム川口リディプス)



08
シニア白帯フェザー
優 勝 足立正(Sora BJJ)
準優勝 ホン・ヒョンギ(パラエストラ小岩)
3 位 米田康穂(和術慧舟會HEARTS)



09
マスター青帯オープンクラスヘビー
優 勝 川崎聡士(ストライプル茨城)
準優勝 舘野桂(WIZARD BJJ)



10
マスター白帯オープンクラスライト
優 勝 Chan Ishizuka(秋本道場JungleJunction)
準優勝 石川竜也(ねわざワールド小江戸)



11
マスター白帯オープンクラスヘビー
優 勝 吉田祐司(パラエストラTB)



12
シニア白帯オープンクラスライト
優 勝 岩間雅之(エクストリーム柔術アカデミー)
準優勝 ホン・ヒョンギ(パラエストラ小岩)
3 位 米田康穂(和術慧舟會HEARTS)松浦宏至(リバーサルジム川口リディプス)



アダルト紫帯フェザー
優 勝 木村貴宏(AXIS横浜)



【NO-GI】
13
アダルトエキスパートミドル
優 勝 後藤悠司(一心柔術)
準優勝 Neal Cho(movement BJJ)



14
アダルトエキスパートオープンクラス
優 勝 後藤悠司(一心柔術)
準優勝 Neal Cho(movement BJJ)



15
マスタービギナーライトフェザー
優 勝 成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)
準優勝 的場淳一(ポゴナ・クラブジム)



16
シニアビギナーフェザー
優 勝 足立正(Sora BJJ)
準優勝 平賀公次(和術慧舟会GODS)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年11月18日

【柔術プリースト】#257:Jiu Jitsu Liga de Tokio 02

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は隔月開催のランキングリーグ戦大会「Jiu Jitsu Liga de Tokio 」の第2回大会を配信します。

第1回大会にエントリーし好成績を残した選手が連続参戦してさらに激戦を繰り広げています。

また柔術プリースト内の新商品紹介コーナーでお馴染の東京イサミ・中里店長やJiu Jitsu NERDライターのライター成田の試合もあります。

この2人の試合は一般人枠で見てもらえたら幸いです。

配信試合は以下の通りです。


9fb
アダルト青帯フェザー決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
丹羽怜音(AXIS横浜)



アダルト青帯オープンクラスライト準決勝
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
鈴木健太(一心柔術)



10fb
アダルト青帯オープンクラスライト3位決定戦
丹羽怜音(AXIS横浜)
vs
鈴木健太(一心柔術)



11fb
アダルト青帯オープンクラスライト準決勝
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
ペドロ・アキラ(INFIGHT JAPAN)



6fb
アダルト紫帯オープンクラスライト決勝戦
寒河江寿泰(高田馬場道場)
vs
チアゴ・ファヴェーラ(Impacto Japan BJJ)



6fb
アダルト茶帯オープンクラスライト準決勝
片山泰輔(CARPE DIEM)
vs
ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)



5fb
アダルト茶帯オープンクラスライト準決勝
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ブルーノ・イヤマモト(Impacto Japan BJJ)



8fb
アダルト茶帯オープンクラスライト決勝戦
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)



1
マスター白帯ライトフェザー決勝戦
タシロヒデキ(VISCA)
vs
成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)



2
マスター青帯ライトフェザー決勝戦
齋藤弘隆(CARPE DIEM)
vs
中里修久(ミューズ柔術アカデミー)



02
BJJテクニックファイルはワールドマスター王者、上谷田幸一の「テイクダウンからの流れ」です。



03
#257はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年10月30日

【大会】12/18『Jiu Jitsu Liga de Tokio 03』

1218
いよいよ来年度のスポンサー契約が懸かった2016年ランキングが決定するJLT03が開催されます。

ランキング上位にいる選手、さらにその他の選手が入り乱れての混戦となるのは間違いなし!

さらに今大会では時間無制限&一本決着オンリーのスーパファイト、後藤悠司(一心柔術)vs塚田市太郎(ダムファイトジャパン)も決定済み。

ランキング争い&スーパファイトと2016年度の最終戦を飾るに相応しい激戦が繰り広げられることでしょう。


ichi
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
『今回後藤さんと試合をやらせてもらう事になりました、塚田市太郎です。
後藤さんはテクニックもパワーもあるので、しっかり集中して試合したいですね。
時間無制限&オンリーサブミッションでの試合は過去に2回やらせてもらいましたが、まだいい結果を残せてないので、今度こそ3度目の正直で極めて勝ちたいと思っています。
応援よろしくお願いします!』



yuji
後藤悠司(一心柔術)
『スーパーファイト、時間無制限一本勝負 楽しみです。
このルールは自分からやりたいとお願いして組んでもらいました。
これは柔術の基本理念の一つであるサバイバル(生き残る)を体現でき、またサブミッションのみでの決着なので、このルールは自分に有利に働くと思います。
対戦相手の塚田選手は試合経験豊富でタフな相手なので粘り強く対抗してチャンスをモノにしたいです。』


なおJLTのランキング制度のポイント算出方法は以下の通り。

■基本ポイント
優勝:7
準優勝:3
3位:1
1人優勝:2

■年齢カテゴリ倍率
アダルト:×2
マスター:×1(30歳〜39歳)
シニア:×1(40歳以上)

■帯色倍率
白、青帯:×1
紫、茶帯:×1.5
黒:×2

■カテゴリ人数倍率
16人以上:×2
8〜15:×1.5
2〜7人:×1


この算出方法で入賞者にポイントを付与して年間ランキングを制定し、上位ランカー3名にはスポンサー権を贈呈します。


■ランキング最新版はコチラから!


参加申し込みは以下の要項をコピペしてメールにてお申し込みをお願いします。

【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
YESの場合LIGHT / HEAVYのどちらかを選択:

メールで申し込み後、折り返し参加費の振り込み先などを返信メールでお知らせします。

年度最終戦のJLT03、多数のご参加をお待ちしています!


1218
【参加申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 03』

会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:12/18(日) 開場/9:00 開始/10:00(予定)
参加費:
第一次締め切り(11/4) 3000円
第二次締め切り(11/18)4000円
第三次締め切り(12/5) 5000円
最終締め切り (12/12) 6000円
※オープンクラス出場+2000円


■申し込み方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com
件名に「JLT02 出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。
申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。

【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
YESの場合LIGHT / HEAVYのどちらかを選択:

■エントリーリストは第一次締め切り後にreversalingブログにて発表予定



【大会レポート】
JLT01 その1 その2
l
JLT02 その1 その2


【柔術プリースト】
■JLT01はコチラから!



1122p
【参加募集中】
『JLT WEEKDAY OPEN GI&NO-GI 2016』

日時:11/22(火)
会場:ミューズ音楽院ホール(代々木)
募集:柔術&ノーギ
費用:柔術&ノーギとも同じ
第一次締め切り(10/21) 3000円
第二次締め切り(10/31)4000円
第三次締め切り(11/8) 5000円
最終締め切り (11/15) 6000円
※オープンクラス出場+2000円
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】Marcus Norat(44)、山田悦弘(38)、Bruno Amorim(31)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年10月05日

【大会】11/22 JLT WEEKDAY OPEN GI&NO-GI 2016

1122p
現在隔月で大会を開催しランキング戦を行っているJiu Jitsu Liga de Tokio、略してJLTが初の試みとして平日の火曜日に大会を開催します。

この大会は「JLT WEEKDAY OPEN GI&NO-GI 2016」で、今大会はオープン戦扱いでランキング対象外となります。

柔術の大会は日曜日開催がほとんどで稀に土曜日や祝日の開催がありますが、土日&祝日に休みが取れない方にも試合出場の機会を作りたい、というのが今大会開催のきっかけです。

かねてから美容師や飲食店、サービス業の方々は平日が休みとなるので大会に出る機会がない、と聞いていました。

そういった人たちにぜひ今大会に出て頂きたいと考えてます。

あまり試合は組めないかもしれませんが、必ず需要はあるはずです。

ギとノーギを同時開催するので、この機会にぜひ大会参加をご検討下さい!


1122p
【参加募集中】
『JLT WEEKDAY OPEN GI&NO-GI 2016』

日時:11/22(火)
会場:ミューズ音楽院ホール(代々木)
募集:柔術&ノーギ
費用:柔術&ノーギとも同じ
第一次締め切り(10/21) 3000円
第二次締め切り(10/31)4000円
第三次締め切り(11/8) 5000円
最終締め切り (11/15) 6000円
※オープンクラス出場+2000円

【柔術】
全帯色、全階級、年齢カテゴリーはアダルト、マスター(30歳以上)、シニア(40歳以上)の3つで、オープンクラスはライト(-76kg)とヘビー(+76kg)の2階級。

【ノーギ】
階級、年齢カテゴリーは柔術に準じ、クラス分けはビギナー(白帯)、アドバンス(青&紫帯)、エキスパート(チャオ&黒帯)の3つとなります。

■参加申し込み:メールにて受付
reversaling@gmail.com /件名に「WEEKDAY OPEN出場」と入れて以下の項目をお知らせください。

【出場申し込みフォーム】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
※エントリーリストは第一次締め切り後にリバーサリングブログにて発表
コチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ロバート・ドライスデール(35)、マルセロ・グロッソ(43)、エミリー・クォーク(36)、ファイサル・アキトベ(29)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月30日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 02 Part.2

9/25(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 02」。

紫帯、青帯には、7月の第1戦でもっとも多くの入賞ポイントを稼いだ青帯のマテウス・オンダ、そして紫帯で暫定4位と入賞圏内の寒河江寿泰(高田馬場道場)や同5位のチアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)ら注目選手が集まっている。

そんなランキング争いの渦中にいる選手の試合を中心に、アダルト紫帯、青帯の主な試合をレポートする。


1fb
アダルト紫帯フェザーは、寒河江寿泰(高田馬場道場)、チアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)、そして山田大聖(太田道場)の3人トーナメント。
寒河江と山田の初戦は、山田がP0-0からのレフェリー判定で寒河江を下し、一本負けを喫した前回大会のリベンジを果たす。



続きを読む

2016年09月29日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 02 Part.1

9/25(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 02」。

JLTは『Jiu Jitsu NERD』制作陣が集まって主催する大会で、スポンサー権利をかけ、今年は全3回開催されるリーグ戦だ。

7月の第1戦では青帯のマテウス・オンダ(東海BJJ)がランキングトップとなるなど、帯色に限らずランキング争いが可能なポイントシステムを採用しているが、第1戦に参加できなかったり結果を残せなかった選手にとっては上位争いに食い込むことが難しくなったこともあり、第2戦の今回は前回に比べて約半数のエントリー数となった。

しかし参加者は少ないながらも既存大会とはひと味違うJLTならではのマッチアップが生まれ、最後まで目の離せない名勝負が繰り広げられた。

まずはアダルト茶帯トーナメントの模様をレポートする。

アダルト茶帯ライトフェザーは、ブルーノ・イシイ、ブルーノ・イヤマモトのImpacto Japan BJJ勢と、片山師斉(ポゴナ・クラブジム)、泰輔(CARPE DIEM)の片山兄弟の対決が予定されていた。

だが片山師斉が仕事の都合で欠場となってしまい、トーナメントは3人で行われることになった。


1fb
ブルーノ・イヤマモトと片山泰輔の初戦は、ブルーノがディープハーフ、ハーフガードからスイープを狙う展開に。



続きを読む

2016年09月25日

【結果】Jiu Jitsu Liga de Tokio 02

jlt2
9/25(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 02」の主な結果です。


【アダルト】
01
茶帯オープンクラスライト
優 勝 今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
準優勝 ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)
3 位 片山泰輔(CARPE DIEM)



02
茶帯ライトフェザー
優 勝 ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ブルーノ・イヤマモト(Impacto Japan BJJ)
3 位 片山泰輔(CARPE DIEM)



03
茶帯フェザー
優 勝 今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)



04
紫帯オープンクラス
優 勝 寒河江寿泰(高田馬場道場)
準優勝 Thiago Favela(Impacto Japan BJJ)
3 位 山田大聖(太田道場)



05
紫帯フェザー
優 勝 山田大聖(太田道場)
準優勝 寒河江寿泰(高田馬場道場)
3 位 Thiago Favela(Impacto Japan BJJ)



06
紫帯ライト
優 勝 田中明史(パラエストラ八王子)
準優勝 石井秀樹(グラップリ ブラジリアン柔術 空)



07
青帯オープンクラスライト
優 勝 Mateus Onda(Tokai BJJ)
準優勝 Pedro Akira(INFIGHT JAPAN)
3 位 丹羽怜音(AXIS横浜)



08
青帯ルースター
優 勝 Pedro Akira(INFIGHT JAPAN)
準優勝 染谷貴文(パラエストラ古河)



09
青帯フェザー
優 勝 Mateus Onda(Tokai BJJ)
準優勝 丹羽怜音(AXIS横浜)



10
青帯ライト
優 勝 鈴木健太(一心柔術)



【マスター】
11
青帯オープンクラスライト
優 勝 齋藤弘隆(CARPE DIEM)
準優勝 伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)



12
青帯ライトフェザー
優 勝 齋藤弘隆(CARPE DIEM)
準優勝 中里修久(ミューズ柔術アカデミー)



12a
青帯ライト
優 勝 横溝航(AXIS横浜)
準優勝 Douglas Fujimoto(INFIGHT JAPAN)
3 位 伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)



14
白帯オープンクラスライト
優 勝 タシロヒデキ(VISCA)
準優勝 成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)



15
白帯ライトフェザー
優 勝 成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)
準優勝 タシロヒデキ(VISCA)



16
白帯フェザー
優 勝 飯田拓海(パラエストラ古河)
準優勝 Emerson Nakau(INFIGHT JAPAN)



【シニア】
17
白帯オープンクラス
優 勝 山崎元(ストロングスピリット柔術)
準優勝 山下大輔(太田道場)



13
白帯ライトフェザー
優 勝 山崎元(ストロングスピリット柔術)
準優勝 山下大輔(太田道場)



【Jiu Jitsu Liga de Tokio 今後の大会予定】
11/22(火) WEEKDAY OPEN GI&NO-GI / ミューズ音楽院ホール
12/18(日) JLT 03 GI&NO-GI / ミューズ音楽院ホール



【今日が誕生日の柔術家】ホドウフォ・ヴィレイラ(27)、丹裕(39)、嶋田裕太(24)、パウロ・ピント(35)、デヴィッド・オヌマ




jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月01日

【柔術プリースト】#247:Jiu Jitsu Liga de Tokio 01

p247
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は7/17に東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』をお送りします。

今大会は記念すべき第1回目の大会で好勝負が続出し盛り上がりました。

その中から一本決着した試合を中心に配信します。

配信試合は以下の通りです。


8
アダルト青帯フェザー決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
惟村公郁(トライデントジム)



10
アダルト青帯ヘビー決勝戦
サム・ゴードン(吉祥寺フィット)
vs
四坂幸大(一心柔術)



11
アダルト青帯ウルトラヘビー決勝戦
江口弘晃(パラエストラ千葉)
vs
矢澤和敏(レナトゥス柔術アカデミー)



アダルト青帯オープンクラスライト1回戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
白石祐太郎(CARPE DIEM)



アダルト青帯オープンクラスライト準決勝
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
佐藤健士(和術慧舟會船橋道場)



9
アダルト青帯オープンクラスライト決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
イゴール・ウラタ(Impacto Japan BJJ)



1
アダルト紫帯ライトフェザー決勝戦
酒井啓道(パラエストラ渋谷)
vs
ブルーノ・イシイ (Impacto Japan BJJ)



2
アダルト紫帯オープンクラス準決勝
寒河江寿泰(高田馬場道場)
vs
チアゴ・ファヴェーラ(Impacto Japan BJJ)



アダルト紫帯オープンクラス準決勝
山田大聖(太田道場)
vs
ブルーノ・イシイ (Impacto Japan BJJ)



3
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)
vs
チアゴ・ファヴェーラ(Impacto Japan BJJ)



07
アダルト茶帯ルースター決勝戦
片山泰輔(CARPE DIEM)
vs
鶴巻陽司(AXIS)



11
アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
片山師斉(ポゴナ・クラブジム)
vs
ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ)



13
アダルト茶帯オープンクラスライト決勝戦
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ)



01
マスター黒帯フェザー決勝戦
エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)
vs
井上祐弥(Sado BJJ Club)



05
マスター黒帯オープンクラス
松村威(チーム野武士)
vs
井上祐弥(Sado BJJ Club)



247z
BJJテクニックファイルはフラビオ・タシロのサイドからのラペラチョーク,任后



■#247はコチラから!



jlt2
【参加申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:9/25(日)
参加費:
第一次締め切り(8/1)3000円
第二次締め切り(8/19)4000円
第三次締め切り(9/2)5000円
最終締め切り (9/16) 6000円
※オープンクラス出場+2000円
■大会詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年07月27日

【参加者募集中】9/25『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

jlt2
9/25(日)、 東京・代々木のミューズ音楽院ホールにてJiu Jitsu NERD presents『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』の参加申し込み受付を開始しました。

この大会は柔術専門誌「Jiu Jitsu NERD」の制作スタッフが集まって主催する新たな大会で7/17に第1回大会を7/17(日)に開催し、延べ人数で100人ほどが参加し盛況に終わりました。

■大会レポートはコチラコチラから!

今大会の最大の特徴である年間ランキングの制定と、そのランキング上位の選手に格闘技関連ブランドの「VHTS」「Phalanx」「WVSN」「Choice」のスポンサー権利獲得も好評で、すでにランキングも確定し、ポイント争いも今大会から本格化していくことでしょう。

試合は年齢カテゴリーはアダルト、マスター(30〜40歳)、シニア(41歳以上)で女子はアダルトのみで、階級分けはASJJFルールに準じますが、オープンクラスはライトとヘビーの2階級を設定し、ライトは76kg以下、ヘビーは76kg以上です。

ルールは大会独自のルールで、基本となるのはASJJFルールですが、サドンデスの延長戦はなく同ポイントの場合はレフェリー判定となります。

今大会の一番のキモであるランキング制度のポイント算出方法ですが、以下のようになっています。

■基本ポイント
優勝:7
準優勝:3
3位:1
1人優勝:2

■年齢カテゴリ倍率
アダルト:×2
マスター:×1(30歳〜39歳)
シニア:×1(40歳以上)

■帯色倍率
白、青帯:×1
紫、茶帯:×1.5
黒:×2

■カテゴリ人数倍率
16人以上:×2
8〜15:×1.5
2〜7人:×1


以上の算出方法で入賞者にポイントを付与して年間ランキングを制定し、上位ランカー3名にはスポンサー権を贈呈します。

■第1回大会終了後のランキングはコチラから!


参加申し込みはメールでの受け付けで、以下の出場申し込みフォームを漏れなく明記して「reversaling@gmail.com」までお申し込み下さい。

【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
YESの場合LIGHT / HEAVYのどちらかを選択:

メールで申し込み後、折り返し参加費の振り込み先などを返信メールでお知らせします。

多数のご参加、お待ちしています。


jlt2
【参加申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:9/25(日)
参加費:
第一次締め切り(8/1)3000円
第二次締め切り(8/19)4000円
第三次締め切り(9/2)5000円
最終締め切り (9/16) 6000円
※オープンクラス出場+2000円
■エントリーリストは第一次締め切り後にreversalingにて随時更新します。コチラから!



【今日が誕生日の柔術家】カーウソン・グレイシーJr(47)、ナイジャ・ロリンズ(29)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年07月21日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 01 / Part.2

年間ランキング制定のため、順位、年齢カテゴリー、帯色、カテゴリーのエントリー人数に応じて優勝者から3位までの選手にポイントが付与されるJLT。

今大会でもっとも多くのポイントを獲得したのが東海BJJのマテウス・オンダだ。

マテウスはアダルト青帯フェザーのワンマッチ決勝から、9人がエントリーしたオープンクラスライト決勝までの全4試合をすべて一本勝ちしてWゴールドを獲得、暫定トップに踊り出ている。

そのマテウスのあとには、Impacto Japan BJJのブルーノ・イシイ(紫帯)、一心柔術の四坂幸大(青帯)、そしてストライプル取手の萩原匡平(白帯)が続いている。

帯色を超えたスポンサー権獲得の戦いは、今後のリーグ戦の盛り上がりを左右する鍵のひとつとなりそうだ。

今回はランキング上位者を中心に、紫帯から白帯までの主な試合をレポートする。


1
アダルト紫帯ライトフェザーはワンマッチ決勝。大会の呼び出し係を務めてくれたブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)が酒井啓道(パラエストラ渋谷)にボー・アンド・アローを極め、2:51一本勝ちで階級別優勝。



2
ブルーノとともに大会スタッフとして活躍してくれたチアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)。階級別では1回戦、3位決定戦ともに一本負けを喫したが、オープンクラスライトでは階級別1回戦で対戦した寒河江寿泰(高田馬場道場)にP2-2からのレフェリー判定で勝利。



3
決勝は反対ブロックを勝ち上がってきた同門のブルーノ・イシイから勝ちを譲られ、オープンクラスライト優勝を果たした。



4
高田馬場道場の寒河江は、アダルト紫帯フェザー決勝で山田大聖(太田道場)と対戦し、スイープに合わせたカウンターの腕十字で6:49、一本勝ち。オープンクラスライト3位決定戦でも山田と再戦となり、こちらは0:37、アメリカーナを極めて秒殺勝利している。



5
極めの強さを見せた寒河江はランキング上位に食い込んでおり、第2回大会以降の活躍も期待したい。



6
アダルト紫帯ライトにはDEEPで活躍する上久保周哉(HONEY TRAP)がエントリー。一回戦は加藤丈晴(リバーサルジム新宿Me,We)、決勝は田中秀治(パラエストラ八王子)相手にレフェリー判定で勝利し階級別優勝。



7
7マスター紫帯ミディアムヘビーはワンマッチ決勝。台湾インターナショナルなどの海外大会にも積極的に参戦している小島健作(VISCA)が、ディオゴ・ナカガワ(Mars BJJ)を5:15、キムラで下して優勝するも、オープンクラスヘビー決勝では田端佑介(パラエストラ千葉)にレフェリー判定で敗退。



8
JLTランキング暫定トップのマテウス・オンダ(東海BJJ)。アダルト青帯フェザーのワンマッチ決勝はP26-0から腕十字を極め、2:53一本勝ち。



9
マテウスは、アダルト青帯オープンクラスライト1回戦、準決勝とチョークで一本勝ちし、決勝はイゴール・ウラタ(Impacto Japan BJJ)にスイープ、マウントからの腕十字で0:30、秒殺勝利。Wゴールドを獲得し、スポンサー権獲得に向けて一歩抜きん出た存在となった。



10
アダルト青帯の重量級で注目を集めたのが一心柔術の四坂幸大。アダルト青帯ヘビーワンマッチ決勝ではサム・ゴードン(Kichijohji Fit)を0:59、エゼキエルで退け優勝。



11
11オープンクラスヘビーでも初戦でバックチョーク、江口弘晃(パラエストラ千葉)相手の決勝ではマウントからのエゼキエルを極めてWゴールド。3試合すべてをチョーク、しかも1分以内で仕留める勝負強さも印象に残った。



12
白帯でランキング上位に入っているのが、ストライプル取手の萩原匡平。アダルト白帯ライトフェザーのワンマッチ決勝では、佐々木浩貴(ストライプル茨城)相手に2:25、十字絞めで勝利。



13
アダルト白帯オープンクラスライトではライト級を制した伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)と対戦し、P2-0で勝利。階級別&無差別優勝を果たした。



【今日が誕生日の柔術家】ヴィセンチ・ジュニオール(39)、井賀孝(46)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年07月19日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 01 / Part.1

00
7/17(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで初開催となった「Jiu Jitsu Liga de Tokio 01」。

自分が編集主幹を務める『Jiu Jitsu NERD』の制作陣が集まって主催する初の大会であり、スポンサー権利をかけるという、おそらく日本で初めての試みとなる大会がどのように受け入れられるか反応が気になるところではありましたが、エントリー数は100名近く、3位決定戦まで含めれば100試合ほどを組むことができました。

2016年は今回を含めて年3回の開催を予定していますが、まずは第1回大会を無事開催することができ、出場いただいた選手の方々と関係者の皆様にお礼申し上げます。(橋本)

そんなJLT01の熱戦が繰り広げられた試合の数々から、まずは黒帯・茶帯の試合レポートをお送りする。

「Jiu Jitsu Liga de Tokio」(JLT)は、『Jiu Jitsu NERD』制作陣が集まって主催する初の大会。

ASJJF-DUMAUやJBJJFの公認大会が増える中での新たな大会として、スポンサー権利をかけて行われる“リーグ戦”であること、そしてアドバンテージなしのASJJFルールを基本とし、サドンデスの延長戦は行わずにレフェリー判定で試合を決着することを特長としている。


01
ワンマッチ決勝となったマスター黒帯フェザーは、新潟県佐渡市から参戦の井上祐弥(Sado BJJ Club)とエメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)の対戦に。



02
エメルソンは開始早々、井上の右手を引き込んで腕十字を狙うが、井上はエスケープ。そのままエメルソンの左足を取り、0:25ヒザ十字を極めて一本勝ち。井上がワンマッチ決勝を制した。



03
マスター黒帯フェザー
優 勝 井上祐弥(Sado BJJ Club)
準優勝 エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)



04
04 当初はエントリーしていたエメルソンが負傷欠場し、井上と松村威(チーム野武士)の対戦となった黒帯オープンクラス決勝。



05
ハーフガードに入れられた松村だが、試合終盤でパスガードに成功し、P3-0で井上を下して優勝。



06
マスター黒帯オープンクラス決勝
優 勝 松村威(チーム野武士)
準優勝 井上祐弥(Sado BJJ Club)



07
アダルト茶帯階級別はルースターとライトフェザーのワンマッチ決勝が組まれた。ルースター決勝は、鶴巻陽司(AXIS)と片山泰輔(CARPE DIEM)の対戦に。



08
P4-4から鶴巻が片山にバックを取られかけるが、エスケープに成功。



09
その後、クローズドに入れた鶴巻が腕十字を極め、6:27一本勝ちで優勝した。



10
アダルト茶帯ライトフェザー決勝は、兄弟での参加となった片山師斉(ポゴナ・クラブジム)対、大会レフェリーも務めたブルーノ・ヤマモト (Impacto Japan BJJ) 。



11
引き込みに合わせたテイクダウンの片山、スイープで返したブルーノでP2-2で試合が進む。
中盤にブルーノをクローズドに入れた片山がパスを許さず、僅差のレフェリー判定でライトフェザーを制したが試合後にビデオ判定のひと悶着。



12
アダルト茶帯ライトフェザー
優 勝 片山師斉(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 Bruno iyamamoto (Impacto Japan BJJ)




JLTはオープンクラスをライト(76kg以下)とヘビー(76kg以上)に分け、軽量の選手でも入賞ポイントを獲得できるチャンスをつくっているのが特徴。

アダルト茶帯オープンクラスは76kg以下のライトのみが行われ、今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)、ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ) 、片山兄弟の4名がエントリー。


13
決勝はCARPE DIEMの片山泰輔に一本勝ちで勝利したブルーノと、P7-2で片山師斉を下した今泉の対戦に。



14
結果は秒殺試合。引き込んだ今泉がブルーノをすかさず三角に捉え、0:51三角絞めで一本勝ち。優勝を収めた。



15
アダルト茶帯オープンクラスライト
優 勝 今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
準優勝 Bruno iyamamoto (Impacto Japan BJJ)
3 位 片山師斉(ポゴナ・クラブジム)



925
【次回大会】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

会場:ミューズ音楽院ホール
日時:9/25(日)
※出場申し込みは近日開始



【今日が誕生日の柔術家】ダニエル・チャールズ(39)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年07月18日

【結果】Jiu Jitsu Liga de Tokio 01

JLTホ?スター
7/17(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 01」の試合結果です。


01fb
マスター黒帯オープンクラス
優 勝 松村威(チーム野武士)
準優勝 井上祐弥(Sado BJJ Club)



02fb
マスター黒帯フェザー
優 勝 井上祐弥(Sado BJJ Club)
準優勝 エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)



03fb
アダルト茶帯オープンクラスライト
優 勝 今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
準優勝 Bruno iyamamoto (Impacto Japan BJJ)
3 位 片山師斉(ポゴナ・クラブジム)



04fb
アダルト茶帯ルースター
優 勝 鶴巻陽司(AXIS)
準優勝 片山泰輔(CARPE DIEM)



05fb
アダルト茶帯ライトフェザー
優 勝 片山師斉(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 Bruno iyamamoto (Impacto Japan BJJ)



06fb
アダルト紫帯ライトフェザー
優 勝 Bruno Ishii (Impacto Japan BJJ)
準優勝 酒井啓道(パラエストラ渋谷)



07fb
アダルト紫帯フェザー
優 勝 寒河江寿泰(高田馬場道場)
準優勝 山田大聖(太田道場)
3 位 松藤裕晴(和術慧舟會船橋道場)



08fb
アダルト紫帯ライト
優 勝 上久保周哉(HONEY TRAP)
準優勝 田中秀治(パラエストラ八王子)
3 位 加藤丈晴(リバーサルジム新宿Me,We)



09fb
アダルト紫帯オープンクラスライト
優 勝 Thiago Favela (Impacto Japan BJJ)
準優勝 Bruno Ishii (Impacto Japan BJJ)
3 位 寒河江寿泰(高田馬場道場)



10fb
マスター紫帯ライト
優 勝 Diogo Nakagawa(Mars BJJ)
準優勝 田端佑介(パラエストラ千葉)



11fb
マスター紫帯ミディアムヘビー
優 勝 小島健作(VISCA)
準優勝 Diogo Nakagawa(Mars BJJ)



12fb
マスター紫帯オープンクラスヘビー
優 勝 田端佑介(パラエストラ千葉)
準優勝 小島健作(VISCA)



13fb
シニア紫帯フェザー
優 勝 高野内洋(AXIS千葉)
準優勝 乙訓貴雄(パラエストラ八王子)



14fb
アダルト青帯ルースター
優 勝 染谷貴文(パラエストラ古河)
準優勝 白石祐太朗(CARPE DIEM)
3 位 堤清二(WIZARD MMA GYM)



15fb
アダルト青帯ライトフェザー
優 勝 上田準也(ブレイブハート福島)
準優勝 阿部寛翔(パラエストラ千葉)
3 位 佐藤健士(和術慧舟會船橋道場)



16fb
アダルト青帯フェザー
優 勝 Matheus Onda(Tokai BJJ)
準優勝 惟村公郁(トライデントジム)



17fb
アダルト青帯ライト
優 勝 Luiz Takayama(Tokai BJJ)
準優勝 Igor Urata(Impacto Japan BJJ)



18fb
アダルト青帯ヘビー
優 勝 四坂幸大(一心柔術)
準優勝 Sam Gordon(Kichijohji Fit)



19fb
アダルト青帯ウルトラヘビー
優 勝 矢澤和敏(レナトゥス柔術アカデミー)
準優勝 江口弘晃(パラエストラ千葉)



20fb
アダルト青帯オープンクラスライト
優 勝 Matheus Onda(Tokai BJJ)
準優勝 Igor Urata(Impacto Japan BJJ)
3 位 Luiz Takayama(Tokai BJJ)



21fb
アダルト青帯オープンクラスヘビー
優 勝 四坂幸大(一心柔術)
準優勝 江口弘晃(パラエストラ千葉)
3 位 矢澤和敏(レナトゥス柔術アカデミー)



22fb
マスター青帯ライトフェザー
優 勝 畠中将(リバーサルジム立川ALPHA)
準優勝 伊藤政人(パトスタジオ)



23fb
マスター青帯フェザー
優 勝 山崎大樹(レナトゥス柔術アカデミー)
準優勝 水田博巳(サイレント柔術クラブ)
3 位 細山アキラ(ポゴナクラブ東大和)



24fb
マスター青帯オープンクラスライト
優 勝 山崎大樹(レナトゥス柔術アカデミー)
準優勝 伊藤政人(パトスタジオ)



25fb
アダルト白帯ライトフェザー
優 勝 萩原匡平(ストライプル取手)
準優勝 佐々木浩貴(ストライプル茨城)



26fb
アダルト白帯ライト
優 勝 河野大地(和術慧舟會大手町道場)
準優勝 伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)



27fb
アダルト白帯ミドル
優 勝 沼田哲哉(パラエストラ古河)
準優勝 望月翔太(トライデントジム)
3 位 荒木俊晴(nrcdねわざクラブ)



28fb
アダルト白帯ウルトラヘビー
優 勝 齊藤春樹(nrcdねわざクラブ)



29fb
アダルト白帯オープンクラスライト
優 勝 萩原匡平(ストライプル取手)
準優勝 河野大地(和術慧舟會大手町道場)
3 位 伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)



30fb
アダルト白帯オープンクラスヘビー
優 勝 荒木俊晴(nrcdねわざクラブ)
準優勝 沼田哲哉(パラエストラ古河)
3 位 山下文弥(nrcdねわざクラブ)



31fb
マスター白帯ライトフェザー
優 勝 梅澤慎也 (AXIS)
準優勝 児島敬(ストライプルオハナ)



32fb
マスター白帯フェザー
優 勝 岡田勝由(WIZARD MMA)
準優勝 飯田拓海(パラエストラ古河)
3 位 福山研太郎(相模原グラップラーズ)



33fb
マスター白帯ライト
優 勝 佐藤龍馬(リベルタ柔術)
準優勝 毛受寛貴(Natural 9)



34fb
マスター白帯ミドル
優 勝 山下文弥(nrcdねわざクラブ)
準優勝 大和智晃(ねわざワールド品川)



35fb
マスター白帯オープンクラスライト
優 勝 佐藤龍馬(リベルタ柔術)
準優勝 飯田拓海(パラエストラ古河)
3 位 福山研太郎(相模原グラップラーズ)



36fb
シニア白帯ルースター
優 勝 今井雄山(CARPE DIEM)
準優勝 タシロヒデキ(VISCA)



37fb
シニア白帯ライトフェザー
優 勝 樋口幸治(nrcdねわざクラブ)
準優勝 川村信洋(ストライプル取手)
3 位 白石光(秋本道場)



38fb
シニア白帯ライト
優 勝 松本耕一郎(Natural 9)
準優勝 酒寄貴旗(WIZARD MMA)



39fb
シニア白帯オープンクラスライト
優 勝 岡田勝由(WIZARD MMA)
準優勝 樋口幸治(nrcdねわざクラブ)
3 位 白石光(秋本道場)



925
【次回大会】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

会場:ミューズ音楽院ホール
日時:9/25(日)



【今日が誕生日の柔術家】ルイス・フォンセカ(41)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年06月10日

【6/10 第2次締め切り】7/17 代々木『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』

jlt1
7/17(日)、 東京・代々木のミューズ音楽院ホールにてJiu Jitsu NERD presents『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』。

今大会の第2次締め切りが本日6/10(金)までとなっています。

この大会では大会入賞者にポイントを付与し年間ランキングの制定と、そのランキング上位の選手に格闘技関連ブランドのスポンサー権利獲得という日本初の試みが最大の特徴でしょう。

そのスポンサーも豪華でNYのドーギブランド「VHTS」、ジオ・マルティネス&エディ・カミングスらをスポンサードする「Phalanx」、サンフランシスコのアパレルブランド「WVSN」、そしてサプリメントの「Choice」と、ギ&ラッシュのギア系、アパレル、サプリと柔術関連を網羅。

ただ出てメダルをもらうだけではないのがいいのではないでしょうか?!

そして今大会に新たなスポンサーが追加されました。

オーストラリアに拠点を置く英語学校の「バーレイヘッズランゲージカレッジ」です。


eng
■サイトはコチラから!


いま日本のみならず海外でも活躍する選手は多くなっていますが、海外大会に出る際に英語は必須で英語は世界の共通言語といっても過言ではないでしょう。

大会でランキング上位入賞者にはこの「バーレイヘッズランゲージカレッジ」で英語を学ぶチャンスがあります。

どのようなスポンサードになるのかは現在調整中ですが、英語を身に着けられるのは柔術以外でも役立つのは間違いありません。

またこのスクールの講師には柔術をやっている人も多く、ブラジル人も多数在籍しているそうなので、英語と柔術が同時に学べるというまたとない機会となりそうです。

そんな豪華スポンサーが多数協賛する『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』は独自ルールで行われ、基本となるのはASJJFルールですが、サドンデスの延長戦はなく同ポイントの場合はレフェリー判定となります。

また年齢カテゴリーはアダルト、マスター(30〜40歳)、シニア(41歳以上)で女子はアダルトのみの開催となるのでご注意を。

年間ランキングを制定するポイント算出方法は以下のリンクを参照してください。

コチラから!

大会参加の申し込みはメールでの受け付けで、以下の出場申し込みフォームを漏れなく明記して「reversaling@gmail.com」までお申し込み下さい。


【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
YESの場合LIGHT / HEAVYのどちらかを選択:

メールで申し込み後、折り返し参加費の振り込み先などを返信メールでお知らせします。

多数の参加、お待ちしています!


JLTホ?スター
【出場受付中】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio』

会場:ミューズ音楽院ホール
(東京・代々木)
日時:
第1回大会:7/17(日)
第2回大会:9/25(日)
年度最終戦:11〜12月開催予定

■出場申し込みはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月09日

【告知】7/17 代々木『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』参加申し込み受付開始

JLTホ?スター
7/17(日)、 東京・代々木のミューズ音楽院ホールにてJiu Jitsu NERD presents『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』(ジウジツ・リーガ・デ・トーキョー)の参加申し込み受付を開始しました。

この大会は柔術専門誌「Jiu Jitsu NERD」の制作スタッフが集まって主催する新たな大会で全帯色開催のオープントーナメントで、第1回大会を7/17(日)に開催し、第2回大会は9/25(日)、2016年の年度最終戦は11月または12月に開催予定です。

今大会の最大の特徴は大会入賞者にポイントを付与し年間ランキングの制定と、そのランキング上位の選手に格闘技関連ブランドのスポンサー権利獲得です。

そのスポンサーはNYのドーギブランド「VHTS」、ジオ・マルティネス&エディ・カミングスらをスポンサードする「Phalanx」、サンフランシスコのアパレルブランド「WVSN」、そしてサプリメントメーカーの「Choice」が決定済み。


03
VHTS JAPAN



04
PHALANX



05
WVSN



06
Choice



年齢カテゴリーはアダルト、マスター(30〜40歳)、シニア(41歳以上)で女子はアダルトのみ。

階級分けはASJJFルールに準じますが、オープンクラスはライトとヘビーの2階級を設定し、ライトは76kg以下、ヘビーは76kg以上です。

ルールは大会独自のルールで、基本となるのはASJJFルールですが、サドンデスの延長戦はなく同ポイントの場合はレフェリー判定です。

今大会の一番のキモであるランキング制度のポイント算出方法ですが、以下のようになっています。


■基本ポイント
優勝:7
準優勝:3
3位:1
1人優勝:2

■年齢カテゴリ倍率
アダルト:×2
マスター:×1(30歳〜39歳)
シニア:×1(40歳以上)

■帯色倍率
白、青帯:×1
紫、茶帯:×1.5
黒:×2

■カテゴリ人数倍率
16人以上:×2
8〜15:×1.5
2〜7人:×1


以上の算出方法で入賞者にポイントを付与して年間ランキングを制定し、上位ランカーにはスポンサー権を贈呈。

このランキングは年間を通じて争いますが、今年度は7/17の第1回大会、9/25の第2回大会、11月または12月開催予定の第3回大会で決定し、来年は隔月開催の年6回の大会で争います。

なので今年は3回の大会のみでスポンサー権が獲得できる大きなチャンス!

大会参加申し込みを開始しました。

参加申し込みはメールでの受け付けで、以下の出場申し込みフォームを漏れなく明記して「reversaling@gmail.com」までお申し込み下さい。

【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
YESの場合LIGHT / HEAVYのどちらかを選択:

メールで申し込み後、折り返し参加費の振り込み先などを返信メールでお知らせします。

多数の参加、お待ちしています。


02
大会会場のミューズ音楽院ホール。
今後はこの会場で隔月で大会開催予定です。



07
大会実行委員会は「Jiu Jitsu NERD」の制作フタッフで担当します。
左から
橋本欽也/大会統括
成田サトシ/写真&レポート
ケニー板橋/参加申し込み受付&会場確保
森雄大/ルールディレクター。
大会の開催概要は動画でも見れます。
コチラから!




01
【参加申し込み】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:7/17(日)
参加費:

第一次締め切り(5/27)3000円
第二次締め切り(6/10)4000円
第三次締め切り(6/24)5000円
最終締め切り (7/8) 6000円
※オープンクラス出場+2000円


■申し込み方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com
件名に「JLT01 出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。
申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。

【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
YESの場合LIGHT / HEAVYのどちらかを選択:

■エントリーリストはリバーサリングブログに随時掲載。コチラから!



■過去の『Jiu Jitsu Liga de Tokio』関連ニュースはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アンジェロ・カリオカ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年04月15日

【告知】7/17 代々木『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』開催

JLTホ?スター
7/17(日)、 東京・代々木のミューズ音楽院ホールにてJiu Jitsu NERD presents『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』の開催が決定しました。

この大会は柔術専門誌「Jiu Jitsu NERD」の制作スタッフが集まって主催する新たな大会で全帯色開催のオープントーナメント。

まず旗揚げ大会を7/17(日)に開催し、その後は隔月で開催予定となっています。

今大会の最大の特徴は大会入賞者にポイントを付与し年間ランキングの制定と、そのランキング上位の選手に格闘技関連ブランドのスポンサー権を贈呈することです。

そのスポンサーはNYのドーギブランド「VHTS」、ジオ・マルティネス&エディ・カミングスらをスポンサードする「Phalanx」、サンフランシスコのアパレルブランド「WVSN」、そしてサプリメントの「Choice」が決定済みで、この他にも追加予定です。


03
VHTS



04
PHALANX



05
WVSN



06
Choice



年齢カテゴリーはアダルト、マスター(30〜40歳)、シニア(41歳以上)で女子はアダルトのみ。

ルールは大会独自のルールで基本となるのはASJJFルールですが、サドンデスの延長戦はなく同ポイントの場合はレフェリー判定となり、またオープンクラスは76kgを区切りとしたオープンクラス・ライト/-76kgとオープンクラス・ヘビー/+76kgの2階級を行います。

今大会の一番のキモであるランキング制度のポイント掲載方法ですが、以下のようになっています。


■基本ポイント
優勝:7
準優勝:3
3位:1
1人優勝:2

■年齢カテゴリ倍率
アダルト:×2
マスター:×1(30歳〜39歳)
シニア:×1(40歳以上)

■帯色倍率
白、青帯:×1
紫、茶帯:×1.5
黒:×2

■カテゴリ人数倍率
16人以上:×2
8〜15:×1.5
2〜7人:×1


以上の算出方法で入賞者にポイントを付与して年間ランキングを制定し、上位ランカーにはスポンサー権を贈呈します。

このランキングは年間を通じて争いますが、今年度は7/17の第1回大会、9/25の第2回大会、11月または12月開催予定の第3回大会で決定し、来年は隔月開催の年6回の大会で争います。

なので今年は3回の大会のみでスポンサー権が獲得できる大きなチャンスです。

大会参加申し込みは近日開始予定となっていますので、いましばらくお待ちください。


02
大会会場のミューズ音楽院ホール。
今後はこの会場で隔月で大会開催予定です。



07
大会実行委員会は「Jiu Jitsu NERD」の制作フタッフで担当します。
左から橋本欽也/大会統括、成田サトシ/写真&レポート、ケニー板橋/参加申し込み受付&会場確保、森雄大/ルールディレクター。
大会の開催概要は動画でも見れます。
コチラから!



m
メダルデザイン。
このメダルは3位まで入賞した選手全員に贈呈します。



01
【開催決定】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio』
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:
第1回大会:7/17(日)
第2回大会:9/25(日)
年度最終戦:11〜12月開催予定



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear