English Portugues Japanese

Review Wednesday

2020年03月04日

【Review Wednesday】佐野貴文・パーソナルトレーニング「プレイヤーフィット」

00
こんにちは、内山です!

レビューウェンズデーということで今回紹介させて頂くのはパーソナルトレーニングです。
今たくさんパーソナルトレーニングはありますが皆様はどうやって選びますか?

値段、質、場所...人によって選ぶ要素は違うと思います。

選ぶ事に困っている方におすすめするのはAXIS柔術の佐野貴文選手が指導するパーソナルトレーニング!

体験談をレビューさせていただきます。

続きを読む

2020年02月26日

【Review Wednesday】吉田豪「書評の星座」

go1
今週の「Review Wednesday」は橋本欽也が担当します。

紹介するのは発売されたばかりの吉田豪著「書評の星座」です。

これはゴング格闘技誌上で連載されている人気コラムの書籍化で、収録本数は147本という大ボリューム。

総ページ数も500ページに迫る勢いで、さらにページの端までびっしり文字が詰め込まれたかなり読みごたえがある1冊になってます。

書評という名の引用コラムなので、ネタになってる書籍そのものを読まなくてもこのコラムを読んでしまえばネタ元の書籍を読んだ気になってしまう弊害はあれど、とかくオカタい内容の記事が多いゴング格闘技において一服の清涼剤的な息抜きコラムで大好きでした。

そのコラムを14年分一挙に読めてしまうのは便利&ありがたい限り!

そしてこの書籍の担当編集は藁谷浩一さんで、藁谷さんは柔術黒帯。

また書籍デザインは戸倉巌さんで、戸倉さんは柔術茶帯。

そんな柔術コンビが編集&デザインを担当しているこの1冊、柔術を嗜むものとしては必携の1冊であると言っても過言ではないでしょう。

この書籍の発売を記念して今週金曜日には著者の吉田豪氏がゲストに中井祐樹氏を迎えてのトーク&サイン会イベントが予定されていましたが、いまはコロナウイルスによる自粛ムードにより今イベントは中止となり、その代わりにトークの模様をYouTube LIVEで生配信するということに変更されました。

YouTube LIVEでのトーク生配信はこの書籍を購入しなくても視聴可能ですが、アーカイブは残らない予定なので、ライブで見れない方は今イベントを主催する書泉グランデで当該書籍を購入すると後日、トークを収録したDVDがもらえるとのことです。

そのイベント内容は以下の通りです。


sh
「書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019」発売記念
吉田豪さん&中井祐樹さん“無観客試合(トーク)ライブ配信”


『書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019』発売を記念して、吉田豪さんのイベントを開催!トークゲストには格闘家の中井祐樹さんをお迎えしての“無観客試合(トーク)”をYouTubeでライブ配信いたします。

どんな格闘ウラ話が飛び出すのか、モニターの前で楽しみにご視聴ください。

※当日はイベント会場に入ることはできません。無観客で行います。
※イベント当日19時まで、ご新規でのご予約も行っております。
※ご予約済みでご希望の方には、キャンセル、ご返金等の対応もさせていただきます。
恐れ入りますが、書泉グランデBF(03-3295-0017)宛てにご連絡いただきますようお願い申し上げます。

【ライブ配信日時】
2月28日(金)19:00配信開始予定 
※トークは1時間を予定

【ライブ配信先】
ホーム社文芸図書編集部(HB)公式YouTubeチャンネル

【イベント当日19時までの書籍ご予約特典】
・著者サイン本(※記入済サイン本)
・著者生写真1枚
・2/28無観客試合(トーク)特別編集DVD1枚
※お引換期間:2020年3月6日(金)〜2020年3月31日(火)
※DVDご不要の方は、2020年2月29日(土)よりお引換可能です。

【出演者】
・吉田豪さん(著者)
・中井祐樹さん(トークゲスト/格闘家)

【イベントに関するお問い合わせ】
神保町・書泉グランデB1F スポーツ&格闘技コーナー
TEL:03-3295-0017(直通)
営業時間 平日10:00〜21:00 土日祝10:00〜20:00


■イベント詳細はコチラから!



と、いうことで、この機会にこの1冊を購入し、吉田豪&中井祐樹のトークライブを楽しんで欲しいと思います!


go_reviewpic
新商品紹介コーナーの動画はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2020年02月12日

【Review Wednesday】「CARPE DIEM online」by 内山裕規

image7
こんにちは、内山裕規です!

今回も毎度のことながらレビューウェンズデーをさせていただきます!

続きを読む

2020年02月05日

【Review Wednesday】マッサージガンby菅澤和也

00
初めまして!

香取道場&Kinyaboyz会員の菅澤和也です。

今回は最近日本で徐々に人気が出てきたマッサージガンをレビューしたいと思います。

続きを読む

2020年01月22日

【Review Wednesday】「闘うココロ 闘うカラダ」

R0002469
毎週水曜日に柔術に関するDVDや書籍、グッズなどをレビューするレビューウェンズデー、今週は橋本欽也が担当します。

今回紹介するのはマガジンハウスより発売された「闘うココロ 闘うカラダ」です。

この雑誌はまだ自分が柔術をやってるかやってなかったかわからないぐらいの99年に発売されたモノ。

もともと同じマガジンハウスから発売されてた「relax」でも修斗やその他の格闘技のことはちょくちょく取り上げてましたが、その格闘技部分に特化したのかこの1冊というワケです。

当時は修斗が盛り上がってて、その修斗の物販で発売されてたグラップルや宇野商店eフォースなどのTシャツも大人気で開場前に並ばないと買えないほどの勢いでした。

そのTシャツの過去に販売されたリストや選手のコスチューム、そしてジム紹介などに加えて、個人的にもっとも目を惹いたのが中井祐樹・ドーギコレクションです。

中井先生が当時所持していたドーギを一挙掲載し、「柔術衣ってこんなにたくさん種類あって、こんなにカッコいいのか!」と驚愕したものです。

自分が柔術を始めたきっかけの1つに、ここで見たような柔術衣を着てみたい&コレクションしたい!というのがあり、それが現在まで続いてるドーギコレクションの原点にもなってるのは間違いないです。

まだ茶帯を巻いてる中井先生がこのドーギは?とそれぞれのドーギの入手ルートや思い入れを語ってて、ドーギとはかくも奥深いモノなのか!と勝手に思い込み、ドーギ幻想が膨らんでいきました。

いつか自分でもこの誌面のようにドーギコレクションを1冊にまとめたい!という願いがあったのですが、それは2年前にブルテリアなら発売されてるドーギコレクション本で自分のドーギではないにしろ、その願望の半分ぐらいは叶いました。

なのであとは自分が持ってる柔術Tシャツコレクション本を作るのみ!

これも数年前からいつかやりたい!と思ってたことなのですが、いよいよ実現に至りそうなので個人的にも楽しみにしてます。

そんな感じで格闘技や柔術を違った視点から作られたこの1冊、機会があったらぜひ見てみて欲しいと思います!



n




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2020年01月15日

【Review Wednesday】「MY FAVORITE GI TECHNIQUES」byスロース荒井

R0000310
――――――ギでもノーギでも、この人物(ひと)の好きなテクニックは魅力的(ファンタスティック)!?

今回のレビューはジェフ・グローバー氏による教則DVD「MY FAVORITE GI TECHNIQUES」です。

続きを読む

2020年01月08日

【Review Wednesday】HALEOサプリメントレビューby大柳敬人

image1
はじめまして、CARPE DIEMの大柳敬人と申します。

今回は僕が普段使用しているHALEOのサプリメントについてレビューさせて頂きます。

HALEO様には3年前からサポートして頂いていて、サプリメントの提供以外にも代官山のジムでトレーニングの指導もして頂いています。

こちらが僕が今、減量のために摂っているサプリメントとそのタイミングです。

<大柳敬人・摂取サプリリスト>
■朝食後

イグナイト2錠

■昼食後
イグナイト2錠

■練習前
イグナイト2錠、Hyper Drive Energy2.0

■練習・トレーニング中
C3X

■練習後
ブルードラゴン、グルタミン 5g

■就寝前
FLOW 4錠、グルタミン 5g


イグナイトは緑茶エキス、ガラナ、ロディオロゼアなど代謝を促すとされる成分が含まれているので減量の際は必ず摂っています。

減量中は栄養の摂取が不十分なので筋肉が減らないように練習前後、練習中にたんぱく質やアミノ酸を摂取するように心掛けています。

Hyper Drive Energy2.0は必須アミノ酸のEAA、C3Xは筋肉にとって特に重要とされるアミノ酸のBCAAが含まれています。

グルタミンは必須アミノ酸の中でも特に免疫力に効果があるとされているので、減量中は体調管理のために就寝前にも摂取しています。

ブルードラゴンはシェイクする必要がなく手軽にたんぱく質を摂れるので練習後以外にも間食として飲むことも多いです。

僕は抹茶ラテ味がさっぱりとしていて好きです。

その他のストロベリー味、バニラ味も美味しいです。

FLOWはトリプトファン、テアニン、GABAのリラックス効果があるとされる三種類のアミノ酸が含まれている睡眠をサポートするサプリメントで、食事制限を続けているとよく眠れなくなるので使用しています。

色々な製品がありますが、痩せたい方はイグナイト、手軽にたんぱく質を摂りたい方はブルードラゴンをまず試して頂ければと思います。

HALEOの製品はバルクスポーツ(同社姉妹ブランド)、ブルテリアさん、Amazonなどのネット販売の他にHALEO代官山、HALEO仙台などの店舗でもお買い求め頂けます。


image2
HALEOのサプリ購入はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月25日

【Review Wednesday】Fight&Life:vol.76

fl2
みなさんおつかれさまです、元Jiu Jitsu NERDライターの成田です。

今年も残すところあとわずか。「年内にお願いできますか?」的な催促メールを秒でゴミ箱に放り込む殺伐とした年末を過ごしている方も多いのではないでしょうか?

というわけで今回は、月曜日に発売されたばかりの『Fight&Life vol.76』をレビューしたいと思います。

本ブログ主宰の橋本欽也さんが締切に追われる生活からやんごとなき領域に入って以降、いつのまにか本誌ページを担当させてもらえるようになった自分ですが、今回は“日本の中のブラジル”といわれる群馬県大泉が本拠地のインファイト・ジャパン代表ヘナート・シウバにインタビューしてきました。

実はこの企画、本誌が創刊したばかりの2007年にも行ってまして、その際は高島学さんがブラジリアンタウンのレポートからヘナートのインタビューまで担当されています。

それをどうしてまた?と疑問に思われるかもしれませんが、今年のアジア選手権でヘナートが久しぶりにビッグトーナメントに復帰したり、インファイトのヤングたちの活躍が顕著になってきたこともあって、10年以上を経た現在の街の様子や、道場、ヘナート自身の変化をこの機会に聞いてみようと再訪が決まったわけでした。

自分にとって初めての大泉は、「エジソン会長からサイゴン柔術用の帯とディプロマを受け取る」というミッションで鴻巣に寄り道したため、熊谷方面からバスで乗り込むという変則的なアプローチ。

街の塩梅を知ろうと徒歩でパトロールしてみたものの、カメラバッグにスーツケース(その日の夜に弁当屋こと小谷さんに会うためホーチミンへ出発でした)、そしてスーパーで衝動買いしたシマハホン2kgを引きずりながら歩き回っていたせいか、大泉のガッチーニャと運命的な出会いをするチャンスがなかったことが残念の極みであります。

とはいえ、仕事が終わって疲れているだろうに道場へ駆けつけてくれたヘナートのインタビューは、ミリアンやハルミのヘルプもあってワイワイと行うことができ、花金にもかかわらずメンバーも道場に集結してくれたりと、みなさんのサポートのおかげで何とかかたちにすることができた次第です(インファイトのみなさんに改めて感謝です!)。

本誌ではヘナートのインタビューを中心に、道場の雰囲気や、簡単ではあるものの若手選手の紹介もしていますので、ぜひ本屋でチェックしていただければと思います。

なお、個人的に楽しみにしている高島さんの恒例企画「Fight&Life格闘紀行」は沖縄編。

パラエストラ沖縄代表の松根さんとCROSS×LINE代表の砂辺選手の対談記事は、沖縄MMAシーンの変遷が語られる読み応えのあるもので、那覇市を中心に北は宜野湾市、南は南城市の各道場もマップ入りで紹介されています。

若柔術代表のワカさんも登場していますし(!)、来年2月にSJJJF沖縄大会が控える今、格闘紀行を読みながら出稽古旅の予定を立ててみるのも楽しいはず。

少なくとも自分はヤギ汁とお座敷のセクシーなポスターが恋しくてたまらなくなりました!


fl
【発売中】
「Fight&Life:vol.76」
■詳細&購入はコチラから!



0209
【参加申し込み開始】
SJJJF「沖縄柔術選手権」
日時:2/9(日)
会場:沖縄県立武道館(沖縄・那覇)
■詳細&申し込みはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月18日

【Review Wednesday】イマナリ・シリーズby内山裕規

u1
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

近年日本でも徐々にノーギが定着してきましたね。

QUINTETが日本でのノーギブームの火付け役になったのではないでしょうか。

その最中に入荷されたのがこのDVD”イマナリ・シリーズ”。

足関十段・今成正和選手の動きを細かく分析し、誰でも分かる様に解説しているのがこのDVDで技を教えているマーヴィン・キャステル & ブランドン・リム。

彼らはアメリカの10th Planetでインストラクターとしてテクニック教えております。

今回のテクニックは今成さんもやっている、スタンドの相手へインバーデットの様な形に入り、足に巻きつくように回る技、そしてその展開を教えております。

ハイレベルなノーギの道場で教えているだけあり、トリッキーに見えるような動きでもできるようになるカリキュラムとなっております。

チャプターの一つ一つわ分けてフレーム、フックなどを説明しているので、技を作るまでも難なくこなすことができます。

形を作った後は、倒れた相手、立っている相手へのアタックのバリエーションも12種類程入っており、相手がどのリアクションをとっても極めきるところまで持っていけるDVDとなっております。

まだノーギを始めていない方へ。

個人的にノーギの嬉しいところ、、、

それは荷物が少ない!

サラリーマンにとって道着を運ぶというのは会社によっては難しいところもありますよね。

しかしノーギなら荷物が少なくこっそりカバンに忍ばせるって事もできますよ。

理由はなんでも構いません。

荷物だるいな、と思う日があれば試しにノーギをやってみるのばどうでしょうか。

ちょっと脱線しましたが、イマナリ・シリーズ是非お買い求めください!



ima
【近日入荷予定】
「イマナリ・シリーズ/マーヴィン・キャステル&ブランドン・リム」






s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月11日

【Review Wednesday】ブラジリアンナショナルズ2007

b2007
毎週水曜日に柔術に関するDVDや書籍、グッズなどをレビューするレギュラーコーナーの「レビューウェンズディ」、今回は橋本欽也が担当します。

今回紹介するのはDVD「ブラジリアンナショナルズ2007」です。

いまやめっきりこういった大会モノのDVDは制作されなくなってしまい、教則DVDばかりですが、逆に昔は教則DVDなどがなくて大会の試合動画を死ぬほど見て一流選手の動きからテクニックを学んだものです。

そしてこのDVDですが、ブラジリアンナショナルズというのは全ブラジル選手権で、ポルトガル語でブラジレイロと言った方がわかりやすいかも。

かつてはムンジアルよりレベルが高い!と言われていたブラジレイロはブラジリアン柔術発祥の地であるブラジル全土からブラジル・ナンバーワンの称号を求めて強豪たちが集う、歴史ある大会です。

実際にいまもムンジアルで活躍する一流選手たちもわざわざブラジルまで行って今大会に参加しているのは周知の通り。

今年のブラジレイロではアイザック・ドーダラインが悲願のパウロ超えを果たしたり、マイサ・バストスがライトフェザーに出てコロッと負けてたりと、いろんなドラマがありました。

■ブラジレイロ2019の結果はコチラから!

そんなブラジレイロの2007年の大会のDVDが今作です。

出ている選手は、ホミーニョ、トッジィ、ロバトJr、セルシーニョ、タルシスなどなどで、個人的には2006年にムンジアルを制しているセルシーニョの全盛期の動きが見れたのは嬉しかったです。

そして今はセミリタイア状態のホミーニョやMMAでトップスターになったロバトJrの若き頃の試合も興味深かったです。

こういったトップ選手たちの試合での動きは本当に参考になります。

教則DVDはテクニックの手順を1つずつ丁寧に説明してくれるからわかりやすいけど、試合では3つぐらいの動きを同時に一瞬でやってたりするから何度も何度も見返してその手順を解明してた頃を懐かしく思い出しました。

すでに廃盤だと思われるグレイシーマガジン製のこのDVD、日本では買えないけど、アメリカのブドービデオではまだ販売中な様子なので、興味があるというマニアはぜひご購入を。

12年前のブラジルの大会が見れる、というのは貴重です!


b227a
【発売中】
「ブラジリアンナショナルズ2007」
<収録試合>
■決勝戦

Bernardo Pitel vs Carlos Vieira
Jonathas Gurgel vs Wilson Reis
Celso Venicius vs Michel Maia
Murilo Santana vs Robert Fonseca
Romulo Barral vs Alexandre de Souza
Roberto Tozi vs Thiago Gaia
Rafael Lovato vs Roberto Abreu
Luis Teodoro vs Charles Cachoeira
Luis Teodoro vs Rodrigo Cavaca

■ベストファイト
Wagner Amador vs Wilson Reis
Mario Ramos vs Jorge Brito
Robert Fonseca vs Aldo Januario
Alexandre de Souza vs Tarsis Humphreys
Roberto Abreu vs Gustavo Pires
Roberto Abreu vs Rodrigo Medeiros
Rafael Lovato vs Antonio Braga Neto
Michael Maia vs Tiago Gomes
Alan Douglas vs Michael Maia
Cicero Barbosa vs Celso Cenicius
Zorobabel Moreira vs Paulo Roberto
Claudio Calazans vs Celso Venicius
Charles Cachoeira vs Itano d Antonio

■詳細&購入はコチラから!(海外サイトです)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月04日

【Review Wednesday】リバーサルマガジン 創刊号by内山裕規

re
みなさん、こんにちは!

CARPE DIEMの内山裕規です。

あっという間に年末ですね。

こんなレビューを書いている私ですが、今週末の北海道の準備なんもしてません。

雪が降ってる様ですが、大丈夫なのか!?って感じです。苦笑

余談はさておき、今週のレビューウェンズデーはこれまでと違ったものを紹介させていただきます!

世代的に知らない方もいるはず!リバーサルマガジン!しかも創刊号!

発売は2004年なので柔術を始めた年数的に、自分も知りませんでした。すみません。苦笑

この表紙からレジェンド揃いです。

パラエストラ東京林俊介さん
トライフォースの総帥 早川光由先生
パラエストラCNW 鶴屋浩先生
アカデミアAz 和道先生

流石に15年前なので雰囲気が全く違います!

早速中身を見てみます。

記念すべき最初のページは早川先生のトライフォース設立の記事!

名前の由来はゼルダの伝説だったんですね、、。知らなかったです。。。

道場についてのインタビュー、そして早川先生が選手として海外に出て感じた事や黒帯になっての感想など、当時の貴重なお話が載っております。

今よりも情報を知り辛い時代に遠征や試合に行かれていた早川先生は、まさしくパイオニアと言える存在ですね。

そして15年でここまで道場が大きくなった理由の一部が覗けるインタビューとなっておりました。

次の内容はビビアーノフェルナンデスのインタビュー、そして彼と吉岡大さんのパンナムの試合の記事が載っています。

吉岡さんのコメント付というこれまた貴重なページ!

ポイント0-0 アドバン0-2でビビアーノが勝ったという接戦だったそう。

ちょっと膠着する場面も?となってました。

是非ご覧下さいと言いたいですが、なかなか無い一冊なので残念!

カゼカ・ムニエス、アルバート・クレーンのインタビューがあり、これは私も知ってるぞのバレット・ヨシダが登場。

インタビューの後に彼とカゼカのテクニックの紹介が!

今は書面でテクニックを出すことは少なくなりましたが、この当時はこれも貴重な情報源。

写真でわかりやすく説明されておりました。

テクニックの後は日本滞在記。

バレット・ヨシダの練習や行動の流れも載ってました。

バレット・ヨシダと松根良太さんがエキシビションマッチをしていたなんて知らなかった。。。

この時の情報ってネットにしっかり出てこないですからね。。。ちゃんとピンポイントで探せばあるんでしょうが、適当な検索では引っかからないので、色々な初めてとの面会。
とても新鮮な気持ちで読める一品です。

後半は試合レポートがはいっておりました!

パンナム2004
イサミカップ3
ESTREANTES DE JIU-JITSU 2004
コパ・パラエストラ・イーストジャパン2004(当時はパレストラ)
コパ・ドゥマウキモノス

この試合のレポートがまた面白い。

今は道場の代表をされてる先生方、レジェンドと呼ばれた選手の試合結果が載ってます!
面白いなと思うのは、

早川先生 vs 大賀先生
廣瀬先生 vs ヘナート・シウバ
北岡悟さん vs 遠山拓則さん(個人的に)
渡辺先生 vs 桑原先生
和道先生 vs アレッシャンドリ・オガワ

まだヘナートが試合に出れているのにびっくり!

怪我して試合できなくなってしまったんですよね。。。

他にも石川先生、時任さん、高谷さん、北出さん、丹先生、、、挙げればきりがないですね。

しかも結構みなさん色帯です。

そして青帯の青木真也さんのレポも!?

早稲田大学の道着で出場されてます。

パンナムに関しては小野瀬龍也さん(現 リバーサルジム川口リディプス代表)がパンナム茶帯ペナ(フェザー)級準優勝し、参戦日記を書いております。

当時から会場で食べるアサイーは気になる存在だったのが伺えますね。

冗談です、それだけではないですよ。

こんな感じだったんだーと、勝手な柔術歴史博物館状態。

文書で書き表せない自分がちょっと申し訳無いのですが、面白いです。

是非全冊読んでみたいなと思いました!

保存している方、持っている人いるでしょうか!?

もしあるなら是非読んで、一杯飲みながら語り合いたい一品です。


s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年11月27日

【Review Wednesday】イマナリ・シリーズbyスロース荒井

is
────手順が繋がりロールとなる! これが逆輸入テクニックだ!


今回のレビューは「イマナリ・シリーズ/マーヴィン・キャステル&ブランドン・リム」です。

登場するのは米国・10th Planet柔術に所属する二人。

全体を通して丁寧な解説が印象的で、一連のテクニックに対して、かなりの研磨を重ねたことが伺えます。

全18のチャプターからなる、この作品は大まかに以下の3部構成に分けることができるかと思います。

■イマナリロール(チャプター2〜9)
「イマナリロール」といえば飛び込むようにして、相手の足を極めるテクニック。

スピーディで、とても難しそうなイメージがありましたが8つのチャプターに分解して、細かくレクチャーしています。
例えばスタンド状態から座り込む動作、相手の脚に絡みつこうとする動作、脚を絡めて倒す動作などの段階があります。

各々の動きを繋げることで「イマナリロール」が完成される過程が繰り返し実演されていて、イメージを練りやすいと思います。

■スタンディングイマナリ(チャプター10〜13)
ここまでのチャプターとは違った手順で足を極める方法を紹介

■足関節技に対するディフェンス(チャプター14〜17)
スタンドポジュションとグランドポジュション各々のエスケープ方法を紹介。
これで足関節技も恐くない!?


それにしても日本人の名前が付いたテクニックが世界に広まっているのは面白いですね。
この作品で世界に通用するテクニックを身に付けてみてはいかがでしょうか?

それではHave a nice rolling life! See you again!



【筆者紹介】
荒井勇二 Arai Yuji
Twitter:@araiUG
普段フランスパンや食パンを持ち歩いているが、急いでいるときはロールケーキを買うと決めている。


ima
【近日入荷予定】
「イマナリ・シリーズ/マーヴィン・キャステル&ブランドン・リム」






00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年11月20日

【Review Wednesday】イマナリ・シリーズ/マーヴィン・キャステル&ブランドン・リム

ima
今週の「Review Wednesday」は橋本欽也が担当します。

今回紹介するのはブドービデオから発売されている「イマナリ・シリーズ/マーヴィン・キャステル&ブランドン・リム」です。

タイトルがまず凄くて、今成シリーズ!

この今成とは日本が世界に誇る足関マスター・今成正和氏のことで、今成氏が考案したテクニックの数々をマーヴィン・キャステルとブランドン・リムの両氏が実演しながらレクチャーするという内容になってます。

過去にも今成氏本人の実演・解説による教則DVDは多数発売されていますが、こうやって海外で外国人による教則DVDが発売されるというのは異例のことで、それだけ今成氏の技術に大きな注目が集まっていることの証明でもあります。

このDVDにはいまや今成氏の代名詞ともなっている「イマナリロール」はもちろんのこと、「スタンディング・イマナリ」と題された立ち技でのテクニックの数々や足関節のバリエーションが多数収録されてます。

特に「イマナリロール」はマジックだ!とまで言われるほどトリッキーなテクニックながら、今成氏自身が幾度となく試合という実戦で極めている信用と実績のある技術なので、それが事細かに説明されてるのは素晴らしいことと思います。

そしてテイクダウン、または引き込みからサブミッションまで最短距離で到達するためのコンビネーションも特筆モノでこれらのテクニックをマスターすれば今成氏ばりの秒殺一本勝ちも夢ではない?!

もちろん今作もブドービデオ製なので山本大気氏の日本語翻訳もあり。

この日本語翻訳は吹き替えなのですが、腰をヒップと言ったり、両手をツーハンドと言ったりと微妙な部分もあるけど、それもご愛敬。

いま日本ではクインテットというグラップリングイベントがあり、それが盛り上がってるのかそうでないのかよくわからない感じではありますが、クインテットのアマ部門開催によってにわかにグラップリング熱が高まったのは事実。

そういった人たちに向けて、この教則DVDはぴったりなのではないでしょうか?!


ima
【近日入荷予定】
「イマナリ・シリーズ/マーヴィン・キャステル&ブランドン・リム」






00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年11月13日

【Review Wednesday】『Fight&Life vol.75』

fl
みなさんおつかれさまです。ミューズ柔術アカデミー所属の成田です。

早速ですが今回のReview Wednesdayは、先月末に発売された隔月格闘技誌『ファイト&ライフ』の最新号vol.75を紹介したいと思います。

ムンジアル後の柔術特集(vol.73)、前号(vol.74)の岩本健汰選手やルーカス・レプリ選手のインタビューなど恒例の柔術・グラップリングページですが、今号は9月28・29日に開催されたADCCアナハイム大会のレポートというわけで、自分が担当させていただきました。

構成的には例年通り、スーパーファイトも含めた各階級の決勝の結果、日本勢の試合、そして今大会で活躍が目立ったタイ・ルオトロをはじめとした若手選手の紹介で約4ページという塩梅で、「ADCC新時代 生粋のグラップラ−、そして新世代の台頭」という見出しも、前回のフィンランド大会のレポとほぼ変わらずです!

ただ、昨今の出版事情を考えると紙モノでADCCに触れるのはファイト&ライフだけになりそうな気もしますので、ぜひ書店でチェックしていただければと思います。

いつも通り、後ろからページをめくっていただければすぐ辿り着く感じとなっています。

ちなみに、高島学さんの紀行モノ「Fight&Life格闘紀行:ベトナム・ホ−チミン編」では、本ブログの不定期連載「弁当屋小谷のベトナム日記」でおなじみの弁当屋こと小谷さんもキーパーソンの一人として登場。

MMAが認められていない国の格闘技事情、そしてベトナム版バーリトゥード(!)事情を知るのにうってつけの内容となってまして、こちらこそ世界の格闘技好きの方に読んでいただきたいです。


fl2
【発売中】
『Fight&Life vol.75』
■詳細&購入はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年11月06日

【Review Wednesday】「Shrimpin Ain't Easy」by内山裕規

y1
こんにちは、内山裕規です!

2019年も残り2ヶ月となりました。

月日が経つのは早いものですね。

今年も満足のいく年になりましたでしょうか。

余談はさておき、毎回の事ながらレビューウェンズデーということでレビューさせたいただきます。

今回紹介するのはブレント・リテルの「Shrimp ain't easy」です。

直訳すると「エビは簡単じゃない!」ですね。

たしかに逃げるのは辛いし、受けてる方は辛いですね。

だからって下手に逃げようとすると余計にポジション悪化させて体力もなくなって、やっちまったぜ、、、ってなりますよね。

そんな彼がエビ、逃げることだけをひとまとめにしたDVDがこちらです。

Jiu jitsu Timeのインタビューでも彼はエスケープが一番大切と言っていますね。

内容は言うこともなし、ひたすらエスケープ。

がっつりパスされた状態、マウント、ハーフガードなど、相手のポジションを変えてのエスケープを紹介しております。

まずは動作を見せて、次に説明しながら、途中で一人でムーブの方法を見せて、最後に一連の流れをやります。

途中の一人でのムーブがキレッキレすぎて驚きます。

それだけ何度もドリルして身体に覚えさせているのでしょうね。

説明は複雑でなく、ここで体をつける、止める、など分かりやすいものとなっております。

なので長すぎて途中から混乱するということはないですね。

えびが上手い人は後々技も上手くなると思ってます。

いま押さえ込まれたり、このポジションから困ってると言う方は是非一度ご覧ください!

また前作もエスケープのDVDを出していますので、よろしければそちらも合わせてご覧ください。


sh
【発売中】
「シュリンピン・エイント・イージー」ブレント・リテル
■詳細&購入はコチラから!



s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月30日

【Review Wednesday】「Shrimpin Ain't Easy」byスロース荒井

sh1
エビは簡単じゃない・・・・・・!?

今回のレビューはブレント・リテル(Brent Littell)氏による教則DVD「Shrimpin Ain't Easy」です。

この作品はタイトルにある通り、柔術の動作として広く知られてる″エビ(Shrimp)″を紹介することに終始しています。

サブミッションやスイープといったアタックは皆無で、不利な状況から逃れる技術にフォーカスしている点が珍しいといえるでしょう。

様々なエビ動作をポジュション別に紹介している百科事典のようで、スパーリングで相手の攻撃を防げなかったときの反省会用教材として随時活用したい作品です。

柔術におけるエビは重要な基本動作であり、手順は単純なものという認識がありましたが、本作を観るとバリエーションの豊富さに圧倒されます。

各キャプチャにおいて2人ペアでレクチャーしたのち、さらに細部を1人でレクチャーするという徹底ぶりがグッドです。

収録内容の目次(チャプター)がネット上で見つけることができなかったので、ここで紹介します。

1.Introduction
2.Basic Mount Shrimp
3.Far Side Mount Shrimp
4.Near Side Mount Shrimp
5.Mount Shrimp Recap
6.Side Control Shrimp
7.Twister Shrimp
8.kesa Shrimp
9.Underhook Escape
10.Side Control Recap
11.Super Hold Escape
12.Double Underhook Shrimp
13.Justice Srimp
14.Over the Shoulder Shrimp
15.Twister Half Guard Shrimp
16.Half Guard Recap
17.Rope Defense
18.Smash Shrimp
19.Knee Slice Shrimp
20.Knee Shield Recap
21.Outro
22.Bonus


様々な○○シュリンプ・・・という名前がカッコイイです。

ただ単に「エビをしろ!」ではなく「○○シュリンプをやれ!」と言えるようになったら知的さをアピールできそう。

それにしても「エビ」の呼び名が英語になっても直訳(Shrimp)で通じる(?)のは面白いと感じます。

わが国には「エビでタイを釣る」ということわざがあるように、エビを上達させることが栄光の勝利に、大金星に繋がるのかもしれませんね。

それではHave a nice Shrimpin life! See you again!


【筆者紹介】
荒井勇二 Arai Yuji
Twitter:@araiUG
KINYA BOYZ JIU-JITSU CLUB
MUSE JIU-JITSU ACADEMY
OVER LIMIT JIU-JITSU ACADEMY

エビ歴は20年を超える。柔道を始めたばかりの少年時代、準備運動として先輩たちが行うエビを初めて見たとき、そのムーヴの美しさに感動する。



sh
【発売中】
「シュリンピン・エイント・イージー」ブレント・リテル
■詳細&購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】マルコス・ノラト(47)、ブルーノ・アモーリン(34)、アリ・モンファラディ(20)、山田悦弘(41)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月23日

【Review Wednesday】「EL ARTE SUAVE:モダン柔術」by内山裕規

mo
こんにちは。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

最近は天候に恵まれず、15号、19号に引き続きダブル台風の影響で雨となるそうです。

被害に遭われた地域の皆様に、謹んでお見舞い申しあげます。

一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

また被害のなかった地域の方も雨は気圧的に怪我がしやすくなるそうです。

練習の際は気をつけてくださいね。

長くなりましたが今回もレビューをさせていただきました!

以前にシニストロのベーシックをレビューさせて頂きましたが、今回は同時にでたモダンをみさせていただきました。

こちらのDVDも50分未満の作りとなっておりサクッとみられるのが特徴ですね。

モダンって聞くと、ベリンボロとかなんでしょ?って思ったら方

私も思いましたが、構成は

デラヒーバ

リバースデラヒーバ

バックからのアタック


ざっくりと分けるとこの3つになります。

最初は引き込みからグリップ(デラヒーバ)の作り方を紹介。

襟を持てた時や相手が立っていた時のデラヒーバの作り方などいくつかバリエーションを紹介しておりました。

次に入っていたのが、デラヒーバを作った際の相手のアクションに対する自分の動きのドリルが2つ入っております。

一つはリバースデラヒーバで、もう一つはラッソーガードとなります。

このドリルをやると体がちゃんと使えるようになりそうという印象はあります。

次に技の紹介に入ります。

全てデラヒーバを作った後の相手のアクションに対する技で、

シットアップガードスイープ

ハーフボロ

アームバー

リバースデラヒーバスイープ


が入っておりました。

デラヒーバを始めたい、デラヒーバからの展開が少ないなぁと感じている方にはとてもオススメのDVDです。

デラヒーバの技の展開をした後は、ボゥアンドアローを始めとしたバックチョークを紹介しております。

相手に手を掴まれた際の対応もあるので、知っている人は復讐になりますし、知らない方は良い知識となるでしょう。

シニストロはとても説明がうまいのでわかりやすいDVDとなっております!

全体的に難易度は低めなので、これから技を増やしたいという方におすすめです。

シニストロのモダン是非見てみてください!


f1
【発売中】
「エルアーテ・スアヴェ:モダン柔術」
フランシスコ・イトゥラルデ
■詳細&購入はコチラから!







s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月16日

【Review Wednesday】「EL ARTE SUAVE:ベーシック」レビューbyスロース荒井

R0000308
大事なのはベーシック!? 手っ取り早く勝つためには、この作品だ!

今回のレビューはの教則DVDフランシスコ"シニストロ"イトゥラルデによる教則DVD「エルアーテ・スアヴェ:ベーシック柔術」です。

この作品は、大まかにいうと前半がガードポジュション(下からの攻め)、後半がトップポジョション(上からの攻め)といった内容です。

収録されているテクニックの多くは、道着をしっかりグリップしながら仕掛けるので再現性が高く、体力に自信が無い人でも使いやすそうだと感じました。

また、柔術の試合でよくありがちなポジュションを網羅しているため、試合で勝つために必要な要素を手っ取り早く吸収できると思います。

そのため、試合経験の少ない人・初めての試合に挑む人がこの作品の影響を受けたら、急成長を遂げて"化ける"ことが考えられます。

ちなみに著者のニックネーム"シニストロ"はブラジルのスラングで「普通でない」という意味があるそうです。

そんな"普通ではない"男にとってもきっと、ベーシック・テクニックが重要であるということなのでしょう。

それではHave a nice Jiu-Jitsu life! See you again!


f0
【発売中】
「エルアーテ・スアヴェ:ベーシック柔術」
フランシスコ・イトゥラルデ
■詳細&購入はコチラから!








【筆者紹介】
荒井勇二 Arai Yuji
Twitter:@araiUG
所属:KINYA BOYZ JIU-JITSU CLUB / MUSE JIU-JITSU ACADEMY / OVER LIMIT JIU-JITSU ACADEMY
ありふれた"普通"な現状に甘んじる事なく、限界突破(オーバーリミット)していきたい男。



【今日が誕生日の柔術家】クレベル・コイケ(30)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月09日

【Review Wednesday】「シュリンピン・エイント・イージー」ブレント・リデル

r1
毎週水曜日にDVDや書籍など柔術関連商品をレビューしている「Review Wednesday」、今回は橋本欽也が担当します。

紹介するのはブドービデオの新作DVD、ブレント・リデルによる「シュリンピン・エイント・イージー」です。

このDVDはそのタイトル通りにエビのやり方を徹底的にレクチャーしている内容になってます。

エビというのは柔術の基本動作で、これができなきゃ始まらない!的な基本動作にして超重要なムーブメントです。

一言にエビと言っても攻撃でも防御でも使う、非常に汎用性が高い動きで、初心者と上級者の違いはこのエビにあるといっても過言ではないと思います。

特にパスガードされたり、されそうになったときのリカバリーにエビの動きは必須で、そういったシチュエーションでのエビの使い方はこのDVDのメインコンテンツとなっており、様々なバリエーションが紹介されています。

柔術においてガードポジションから攻めることはかなり多く、そういった場合においてエビの動きができるかできないかによって、その成功率は大きく変わってきます。

そういった意味でも攻める場合でも防御で守る場合でも、どちらの場合でも重要な動きといえるのがエビなのです。

たかがエビ、されどエビ。

エビの基本動作をこのDVDでマスターし、あなたの柔術スキルをワンランクアップさせて下さい!

今作はブドービデオからの発売なので、いつものように日本語訳付きなので英語が苦手な方でもOK!

ぜひチェックしてみてください。


shu
【近日入荷予定】
「シュリンピン・エイント・イージー」ブレント・リデル



【今日が誕生日の柔術家】松本一郎(38)、ルカ・アタラ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月02日

【Review Wednesday】橋本知之「デラヒーバ66」by内山裕規

yu
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

あっという間にもう10月になりました!

1年が早いですね。

2019年も後2ヶ月、やり残したことがないように頑張りましょう。

さてさて今回もReview WednesdayとしてDVDのレビューをさせていただきます!

レビューさせて頂くのは橋本知之選手の『Dela Riva 66』です。

橋本選手の得意技であるデラヒーバとその展開を一挙公開しております。

66と書かれておりますが、技は70超載っており、収録時間も310分となってます。大容量!

普通の教則でも120分とか45分×4枚セットとかなのでそう考えるとお得感がありますね。
中を覗いてみると説明がとても細かいです。

彼がCARPE DIEMで指導される時も説明がとても細かくわかりやすいと言われております。
その指導がこのDVDで擬似体験できますよ!

ただいかんせん細かいので、説明時間も長いですし技もたくさんありますので、見終わってものにするまでは時間がかかるかも?

見終わった人いますかね。。。。

デラヒーバからの展開と書きましたが、デラヒーバパンツグリップから立ち上がってテイクダウン!!みたいな技はありません。

彼のファイトスタイルからご想像いただける通り、ベリンボロやクラブライド、ウェイターガードなどの技はが多々(ほぼ?)収録されておりますのでベリンボロできないよ!!って方には難易度が高いものとなっているかと思います。

その点は事前にご了承の上お買い求めください。

このDVD発売に伴いCARPE DIEMより航空券とホテル、そして橋本選手のプライベートレッスン2時間が当たる企画を行いました。

抽選の内容がとても豪華です。

初の試みなのではないでしょうか。

当選された方おめでとうございます!

彼のプライベートレッスンはとても良いです。

何が良いかって、どんなに単純な質問も難しい質問もしっかり理由をつけて返してくれるところ。単価も高いですが、満足度は◎

と脱線してしまいましたが、今回のDVDの総括はめっちゃ内容いいけど、人選ぶかも?です。

過去の今作のレビューで橋本欽也さんが「いろんな意味で問題作」と書いておりましたので、そちらもご参考に。



d2
【新発売】
橋本知之「デラヒーバ66」
■詳細&購入はコチラから!

■「デラヒーバ66」制作日記ツイッターはコチラから!



d1
同作の橋本欽也のレビューはコチラから!



sa
同作の成田サトシのレビューはコチラから!



c1
「カイオ・テハ・セミナーin三田」
日時:11/1(金)19:00-22:00
場所:CARPE DIEM MITA(東京・三田)
費用:10000円(1日)16000円(広尾・三田 2日間)



cc

「カイオ・テハ・セミナーin群馬」
日時:11/2(土)15:00-18:00
場所:INFIGHT JAPAN(群馬県・大泉市)
費用:8000円(予約)10000円(当日)
予約&問い合わせ
メール:reversaling@gmail.com
電話:080-5094-9873(ミリアン)
■群馬セミナーの告知ブログはコチラから!



「カイオ・テハ・セミナーin名古屋」
日時:11/3(日)13:00-16:00
場所:露橋スポーツセンター・柔道場(愛知・名古屋)
費用:8000円(予約)10000円(当日)



c2
「カイオ・テハ・セミナーin広尾」
日時:11/4(土)13:00-16:00
場所:CARPE DIEM HIROO(東京・広尾)
費用:10000円(1日)16000円(広尾・三田 2日間)



s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月25日

【Review Wednesday】橋本知之「デラヒーバ66」by成田サトシ

sa
みなさんおつかれさまです。MUSE柔術アカデミー準会員の成田です。

今回のレビューが橋本知之選手の「De La Riva 66」と聞いて、5時間超の大ボリューム作をそもそも全部見られるのかと気がかりでしたが、案の定無理でした! あらかじめお断りしておきます。

すでに500本以上売れているという本作、ぼんやり柔術層の自分が何か言うのはおこがましい&いまさら感が否めないのは承知の上で、気になるパートやダイジェスト映像を見てみると、名実ともに国内柔術界のトップ、世界水準の橋本選手のテクニックを、懇切丁寧な解説と安定のカメラワークで淡々と披露しまくっているのが、やっぱり本作の画期的なところだと感じました。

本作は難解という話もありますが、大会で写真を撮っていると「これってどうなってこうなったんだ……?」と混乱することがしばしばで、名前は聞くけど具体像が曖昧なままの旬のテクニックの仕組みや連携技を、理解や実践はできなくてもなんとなく知れるというのも、個人的に重宝できそうなところでした。

トップ柔術家から現在進行形の柔術をレクチャーしてもらえるという意味では、本作を通じて高度な試合を追いかける楽しみも増すのかな、と。

というわけで、練習は二の次の在宅柔術家の方にとっても、現代柔術シーンを身近に感じる上で持っておいて損のない一作ではないかと思った次第でした。



d2
【新発売】
橋本知之「デラヒーバ66」
■詳細&購入はコチラから!

■「デラヒーバ66」制作日記ツイッターはコチラから!



d1
同作の橋本欽也のレビューはコチラから!



c1
「カイオ・テハ・セミナーin三田」
日時:11/1(金)19:00-22:00
場所:CARPE DIEM MITA(東京・三田)
費用:10000円(1日)16000円(広尾・三田 2日間)



cc

「カイオ・テハ・セミナーin群馬」
日時:11/2(土)15:00-18:00
場所:INFIGHT JAPAN(群馬県・大泉市)
費用:8000円(予約)10000円(当日)
予約&問い合わせ
メール:reversaling@gmail.com
電話:080-5094-9873(ミリアン)
■群馬セミナーの告知ブログはコチラから!



「カイオ・テハ・セミナーin名古屋」
日時:11/3(日)13:00-16:00
場所:露橋スポーツセンター・柔道場(愛知・名古屋)
費用:8000円(予約)10000円(当日)



c2
「カイオ・テハ・セミナーin広尾」
日時:11/4(土)13:00-16:00
場所:CARPE DIEM HIROO(東京・広尾)
費用:10000円(1日)16000円(広尾・三田 2日間)



【今日が誕生日の柔術家】ホドウフォ・ヴィレイラ(30)、嶋田裕太(27)、アレックス・アバキアンツ(42)、パウロ・ピント(36)、丹裕(42)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月11日

【Review Wednesday】橋本知之「デラヒーバ66」

d1
今週の「Review Wednesday」は橋本欽也が担当します。

今回紹介するのは新発売されたばかりの新作ほやほやの「橋本知之・デラヒーバ66」です。

タイトルはヴィンセント・ギャロの「バッファロー'66」と関連があるのかないのか?!

たぶんないと思うけど、ちょっと気になりました。

この作品、最初に言いますがいろんな意味で問題作です!

いままでかつてないほどの難解さと高度さ、そして説明の細かさは参考書でいうならば最高位の学術書レベルです。

それだけに見る側の柔術スキルによってはできないテクニックも多々あるはずだけど、それは受け手側の問題であって、このDVDに罪はありません。

それに誰にでもできるような簡易的なテクニックばかりを収録してたのでは、YouTubeで無料で見れる教則動画が溢れまくってる現在においてわざわざ高いお金を出してまで買う必要はないはず。

これまでの教則モノの中にも1つや2つは一見して「こりゃ無理だ」と最初から思わせるテクニックはあるものですが、この橋本DVDはそれがいくつも連続して続いてくのだから自分の無知さがイヤになるレベルでした。

このDVDを見ていくにつれ、橋本知之の技術力の高さと緻密さがまざまざと感じられ、なにげない動作にもしっかりとそうしなければならないという理由があり、テクニックは偶然の産物ではなく必然の集大成なのだということがわかります。

その中でこうやってはいけないということも説明されていて、またこうしてしまうとこうなるからダメなのだ、という具体的な説明があるから、ただ単にダメだではなくダメなことにも理由があるということを話してるので、より理解度は深まります。

なので1つの技に対しての説明というか情報量が膨大になるので、それらを頭で覚えて、さらに身体でも覚えるとなるとかなりの時間を要するのは想像に難くないです。

そういった難易度高めのテクニックが2枚組・6時間超えで収録されてるのだから、すべてを習得するにはどれだけ時間がかかるのか?!と終わりなき旅路への出発を想起させられました。

果たしてこのDVDに収録されてるテクニックの数々を橋本知之と同じレベルで完コピできる人は何人いるんでしょうか?!

これは音楽に例えるとイングウェイ・マルムスティーンの速弾き完コピレベルの超難題でしょう。

でも難しいからこそチャレンジのし甲斐があるし、モノにしたときの感動は何物にも代えがたいものです。

さらにいえばそのテクニックの数々はあなたの今後の柔術生活において強力な武器になることは間違いありません。

またこのレベルの教則DVDが出てしまったら、これから発売される教則DVDも下手なモノは作れなくなるだけに、見る側だけでなく作る側にも影響を与えることになった今作を問題作と表現した次第です。

自分は柔術を始めた当初の教則ビデオの時代から数多くの教則ビデオ・DVDの類を数多く見てるし所持してるけど、その中で過去最高レベルの衝撃作でした。

この衝撃をみなさんにも共有してもらいたいので、ぜひ見てみて欲しいです。

そして橋本知之の師匠でもあるカイオ・テハの群馬セミナーも参加申し込み受付中なので、ぜひよろしくお願いします!

カイオ&橋本の群馬揃い踏みをぜひその目で見てください!



d2
【新発売】
橋本知之「デラヒーバ66」
■詳細&購入はコチラから!

■「デラヒーバ66」制作日記ツイッターはコチラから!



cc
【参加申し込み開始】
「カイオ・テハ・セミナーin群馬」
日時:11/2(土)15:00-18:00
場所:INFIGHT JAPAN(群馬県・大泉市)
費用:8000円(予約)10000円(当日)
予約&問い合わせ
メール:reversaling@gmail.com
電話:080-5094-9873(ミリアン)

■セミナー告知ブログはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クリスチアーニ・ユカリ・ソウザ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年08月28日

【Review Wednesday】桜庭和志「Kimura Hunting」byスロース荒井

ki
ーー遡ること68年前、グレイシーを破った日本人の名前から名付けられた必殺技・キムラロック=「キムラ」!

それから半世紀後。グレイシー・ハンターと呼ばれた日本人の得意技は、またしても「キムラ」だった!!

今回のレビューは桜庭和志氏の教則DVD「Kimura Hunting」です。

これはタイトルどおり、DVD4枚まるごとキムラロック(以下:キムラ)に特化した作品!

以前、紹介させて頂いた桜庭和志「Anti Jiu Jitsu」(2019年7月17日 ブラジルブログ)と同じようなノリで桜庭氏が自身のテクニックを詳しく解説して下さっております。

収録時間はディスク一枚あたり20〜30分程度、各ディスク毎にチャプターがひとつずつで目次が過去最高にシンプル!

今作ではインタビューなどは収録されておらず、テクニック解説に終始しております。

キムラを極めるポイントと、そこから派生した極め技を収録。

桜庭氏が質疑応答の形で解説するスタイルで進行していきます。

情報が多いのでキムラを極めたい人は必見!

これを観ることでキムラに関する不明点が次々と解決し、苦手な状況をひとつずつ潰していけることでしょう。

そして、サブミッションの成功への繋がりが鮮明に見えてきます。

次々と投げかけられる質問に対して即座に、自信を持って解決法を提示する桜庭氏は本当にカッコイイ。

これぞ必殺技!得意技を極めるとはこういう事なんだと感じました。

ここで学んだキムラを使って様々な獲物をハンティングしていきたいものです。

それではHave a nice Kimura Hunting life! See you again!



06
【筆者紹介】
荒井勇二 / Yuji Arai
Twitter:@araiUG
黒帯に昇格してから出場した柔術の試合で挙げた9回の一本勝ちのうち、6回がキムラロックによる決着。そのため「キムラユウジ」というニックネームを付けられたことがある。キムタクとTOKIOが好き。



【今日が誕生日の柔術家】ブルーノ・マルファシーニ、フェリッペ・ブエノ、エリック・ディーノ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年08月21日

【Review Wednesday】ジェフ・グローバー「My Favorite Gi Techniques」

jeff_gi
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

最近はアブダビグランドスラム、全日本、ワールドマスター、アジアと大きな試合が続きますね。

一番気合の入る時期と思いますので、怪我なく練習してくださいね!

さて今回のレビューはジェフ・グローバーの道着のテクニックDVD「My Favorite Gi Techniques」です。

前にノーギのDVDについては荒井さんが紹介してくださいましたが、今回は着ありのDVDを紹介させて頂きます。

DVDが始まって気になることが一つ。

帯が白帯です。

これは彼のユニークな部分を出しているのでしょうか?気になるところです!

また今までの教則と違うのが、この技に対するテクニック!と、区分けされているものでなくセミナーの一部始終を映している作りとなっております。

途中に雑談などが入りながら技の説明をしております。

最初はウォームアップから入ります。

ここも今までと違うところですね!

次にノーギでも使えるチョークを説明し、その後様々な形からチョークの入り方を説明していきます。

一気に極めにいく感じのチョークで、ちょっと独特の入り方をしております。笑

シングルレッグを解除してからのチョークも入っております!なかなか教則では珍しい入り方をしております。

その後はテイクダウン。

グリップを切ってからの背負い投げ、切れなかった際のシングルレッグやバック、ボディロックしてからのアキレスのテクニックを説明しております。

最後にバックののエスケープと思いきや、ひたすらレッグロッグの入り方をやります。

これは説明が難しいです苦笑

遠くから滑り込んで入ったり、回りながら入ったりと色々あります。

ちょっと覚えるまで苦労しそうな技のオンパレードでした!

最後に今までの技の総括をしております。

ここまで見ると最初のウォームアップドリルがなんだったのか理解できます。

がっつり沢山覚える!!というよりも、ちょっと一癖ついた技のDVDでした。

トークが面白いので楽しく観れるDVDとなっております。

ちょっと人と違う事やりたいんだよね!極め強くなりたいんだよね!という方におススメです!



jeff_gi
【発売中】
ジェフ・グローバー『MY FAVORITE GI TECHNIQUES』
■詳細&購入はコチラから!







s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】庄山真司(38)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年08月14日

【Review Wednesday】ジェフ・グローバー「My Favorite No Gi Techniques」

R0000312
ーーあの名選手の好きなテクニックとは!?

今回のレビューはジェフ・グローバー氏の「My Favorite No Gi Techniques」です。

本作に収録されているのは、スピード感のあるテクニックが多いと感じました。

また、あらゆる状況からサブミッションを狙いに行く超攻撃型な印象。

練習や試合で一本取れないと指摘されることが多く、一本取れるようになることが課題である現在の私が成長するきっかけとなりそうな作品だと思います。

スピーディな動きをしたい人、QUINTETルールの試合で活躍したい人に向いている作品ではないでしょうか。

これを観ればジェフ・グローバーのファンになってしまうかも?

収録されている内容を以下に示します。

1. アームドラッグドリル

2. スタンドアップドリル
1人でできるドリルを紹介。ちょっとした空き時間にも実践できる!
ダンスのような軽快なムーヴは格闘技をやった事ない人も親しめるかも?

3. マウントエスケープからディープハーフガード
抑え込まれても、このテクニックで逆転だ!

4. マウントからサブミッション
今度は上からの攻撃!ギロチン/三角絞め/オモプラッタなどを丁寧に解説。

5. フライング・トライアングル
仕掛けるのがちょっと怖そうだけど、これを観れば自信がついて恐怖心が和らぐのでは。
6. サイドコントロール・エスケープ
逆転のサブミッションを一気に取る方法を中心に紹介!
これでライバルは有利な状況になっても安心できない!?

7. エクササイズボール・ドリル
1人でできる!バランスボールを使った高度なドリル。バリエーションがとても沢山。難しそうだけど、これができれば観るものを魅了できるはず!そして、ロールにも活かせるはず!

8. ローリング
柔らかいムーヴが堪能できる!スパーリング映像。


そんな感じで内容盛り沢山な本作。

これに刺激を受けてMy Favorite Techniques(自分の好きなテクニック)を極めていきたいものです。

それではHave a nice NO-GI life! See you again!


【筆者紹介】
荒井勇二 Arai Yuji(Over Limit BJJ)
Twitter:@araiUG
インプット(吸収)したテクニックをアウトプット(発揮)できずに頭がパンクしそう。そんな状況を打破するために試行錯誤する男。



jeff_nogi
【発売中】
『マイフェイバリット ノーギ テクニック by ジェフ・グローバー』
■詳細&購入はコチラから!






00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年08月07日

【Review Wednesday】「EL ARTE SUAVE:ベーシック」レビューby内山裕規

s1
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

私はただいま絶賛夏休み中でございます。

みなさまは夏休みは何をして過ごされますか?

余談はさておき、いつもつまらないレビューで申し訳ないですが、今回紹介するのはシニストロの相性で知られるフランシスコ・イトゥラルデのDVDです。

彼は南米エクアドル出身で日本ではあまり馴染みのない選手ですが、エクアドルでは有名選手の一人です。

13歳から柔術を始め、青帯、紫帯時代ではムンジアルを制し、2016年のパンノーギで入賞をするなど活躍をしております。

ここら辺は前に橋本さんが書いたレビューを見るとわかりやすいかもです!

■そのレビューはコチラから!

"ベーシック"と"モダン"の2枚同時リリースされ、レベル分けがしっかりされているのが特徴です。

先にベーシックより観させていただきました。

ベーシックという名前をつけているだけあり、中身は白?青帯の方にオススメできる内容です。

最初は引き込み方から始まります。

引き込みの前にもスタンド時の注意点などを説明しています。

いつもあるシチュエーションですが、こう言って改めて聞けるのはありがたいですね。

引き込んだ後はクローズドガードのアタックです。

相手が立った際のベースの壊し方や、スイープ、腕十字、チョークなどのアタックを始め、相手がクローズドガードを割ってきた際のラッソーガードのスイープも載っております。

最初あー、確かにあるある!が満載なので観といて損はありません!

その後は自分がクローズドガードに入ってしまった際の対処とパスです。

白帯の試合で良く観られるのが、クローズドガードが割れずに終わるという事です。

だからといって闇雲に動くとマウントまで一直線になりかねません。

自分の中でまだ決まった対象方がないという方は、今回の対処法も選択肢の中に入れると幅が広がると思います。

といってもベーシックですので、あるよという方には簡単に感じでしまうかも?

最後にクローズドガードを割って相手をオープンガードにした際のパスとサブミッションまで紹介しておりました。

パスの際にもここを抑えると相手が反対に逃げれないなど、としっかりとポイントを教えてくれています。

ベーシックというだけあり、ほんとにベーシック!?

ただベーシックに自信がない方や再確認したい方には良いと思います!

時間も76分と短めなので、サクッと見れちゃいます。

もう一ついい点は日本語訳がありますので、英語に苦手意識がある方も観やすいと思います!

シニストロのベーシック教則DVD、いかがでしょうか?


f0
【発売中】
「エルアーテ・スアヴェ:ベーシック柔術」
フランシスコ・イトゥラルデ
■詳細&購入はコチラから!







s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



【今日が誕生日のルタリブレ】ジョイユ・デ・オリヴェイラ(50)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年07月31日

【Review Wednesday】「EL ARTE SUAVE:モダン柔術」

s1
最近よく聞く「モダン柔術」とは何か?その答えがここにある!?

今回のレビューはフランシスコ・シニストロ・イトゥラルデ選手による教則DVD「EL ARTE SUAVE:モダン柔術」です。

収録内容は「オープンガード」と「バックアタック」の2部構成。

まず「オープンガード」では主にスイープすることを目指します。

ここで紹介されているテクニックはデラヒーバガードを経由することが多いのが特徴です。

モダン柔術というと高度で難しいイメージがありましたが、この作品を観ると解説がわかりやすい事も相まって今夜の練習からスグに使えそうだと感じました。

派手に全身をクルクル回転させたり・・・といった難解な動作が少なく、身体能力が高くない人でも取り組みやすいと思います。

次に「バックアタック」では主に相手から一本取ることを目指します。

ポジショニングで優位に立つことができるが、そこからの攻め手に欠ける・・・という方にお勧めしたいです。

これを観ると簡単に真似できそうで、自分もきっと一本勝ちすることができるんだと自信が湧いてきます。

そんな感じでモダン柔術は意外と簡単にできるモノなのかもしれません。

柔軟性などに自信が無い人でも充分取り組めるケースが多いことでしょう。

個人的には、これまで使ってきたテクニックからの連絡変化として使えそうだと感じています。

日頃のスパーリングにおける「あのとき、こうすれば良かったんだ」という自分では気づかなかったアイディアを授かり、技のバリエーションが増える喜びを味わえました。

この作品から"モダン=いまどき"のテクニックを取り入れて、新しい境地を切り開いていきたいものです。

それではHave a nice modern Jiu-Jitsu life! See you again!


f1
【発売中】
「エルアーテ・スアヴェ:モダン柔術」
フランシスコ・イトゥラルデ
■詳細&購入はコチラから!







【筆者紹介】

荒井勇二 Arai Yuji(Over Limit BJJ)
Twitter:@araiUG
クレジットカードに加え、10種類以上の電子決済方法を利用してキャッシュレス生活を目指すモダン野郎。



【今日が誕生日の柔術家】イ・ヒョンレイ(35)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年07月24日

【Review Wednesday】「エルアーテ・スアヴェ」フランシスコ・イトゥラルデ

R0000246
シニストロのニックネームで愛されるフランシスコ・イトゥラルデ。

このシニストロは南米・エクアドル出身の柔術家で、同国出身の選手はミヤオをパスして一躍名を挙げたジョニー・タマや紫帯時代にムンジアルで階級&無差別の全試合を一本勝ちしたロベルト・ヒメネスらがおり、いまエクアドルはちょっとした強豪選手輩出国と言っていいかもしれない。

とはいえ、日本ではまだシニストロのことはあまり知られてないようなので、まずはシニストロのプロフィールから紹介したい。

シニストロは兄弟の勧めで柔術を始め、アリアンシのフェルナンド・ソルーコに師事し、黒帯も授与されている。

ジュブナイル時代から積極的には試合に出ていて、ジュブナイル青帯では2008-2009とムンジアルを連覇し、2011年には紫帯でも優勝を果たす活躍ぶり。

その後はパンノーギを茶帯&黒帯で優勝し、その他にもヨーロピアンインターナショナルやワールドノーギなどで入賞するなどして存在感を見せていたらしい。

だが黒帯になってからは主だったメジャータイトル獲得には至っておらず、その他大勢に埋もれてしまってる感もなきにしもあらずだが、これまでにニューヨークのファビオ・クレメンテのジムやアトランタのアリアンシHQ、そしてロサンゼルスのコブリンヤのジムなどを転々としながら柔術を学び、現在はサンディエゴのデルマーJJでメインインストラクターを務めている。

そんなシニストロ初の教則DVDはベーシックとモダンの2枚同時発売。

初心者向けにはベーシックを、中級・上級にはモダンをといった具合に、自身のスキルレベルによって買う方を選べばOKだ。

最近の教則DVDはこういったいろんなテクニックを満遍なく収録したものではなく、ある種のテクニックに特化したものがほとんどなので、特に学びたいテクニックがないのなら、とりあえずこのシニストロのDVDを買ってみるのもいいのでは?

このDVDは老舗DVDメーカーのブドービデオ製なので日本語翻訳もあるので英語がわからない方にも安心だ。

また日本人には必要ないと思われるが、スペイン語でも収録されてるのは珍しい。

どちらも1枚あたり1時間前後の収録時間なので、手軽に見ることができるのもオススメポイント。

収録時間はベーシックは67分でモダンは47分なので、2枚合わせても2時間足らずというお手軽さ。

ベーシックは基本のガードとパスガードが収録されており、モダンはオープンガードとバックアタックのテクニックがメインになっている。

まずはベーシックで基本を学んでからモダンでさらにハイレベルなテクニックに取り組むというのがいいだろう。

シニストロの教則DVD、ベーシックもモダンも一見の価値あり!とオススメしたい。



f0
【発売中】
「エルアーテ・スアヴェ:ベーシック柔術」
フランシスコ・イトゥラルデ
■詳細&購入はコチラから!







f1
【発売中】
「エルアーテ・スアヴェ:モダン柔術」
フランシスコ・イトゥラルデ
■詳細&購入はコチラから!








00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年07月17日

【Review Wednesday】桜庭和志「Anti Jiu Jitsu」

s_saku
世界を驚かせた"グレイシー・ハンター"のテクニックが、我々を魅了した"IQレスラー"の秘密がここにある!?

今回のレビューは桜庭和志氏による教則DVD4枚組「Anti Jiu Jitsu by Kazushi Sakuraba」です。

「アンチ柔術」・・・柔術と敵対するような作品タイトルでありますが、その内容は我々が強豪柔術家に対抗するための秘策となり得るかもしれません。

この作品は従来の教則DVDとは一線を画す、ユニークな内容!

その特徴を以下に記します。

・目次が極端に少ない(各ディスク1〜2項目)
多くの技を紹介するというよりは、厳選した得意技を掘り下げて派生させていくような内容

・アドリブ(?)でレクチャーが進行
桜庭氏が出演者から受けた質問に答えながら、技の解説をしてくれますが、そこから派生して思わぬ展開に!?

・桜庭氏が教えを請う場面も収録
桜庭氏のDVDなのに、桜庭氏が技を教わっている場面も長めに収録

・海外製DVDなのに英語がわからなくても、よく理解できる
桜庭氏が日本語で解説しているのを、別の出演者が随時英語に翻訳

・紹介した技が過去の試合で使われたこと匂わせている
PRIDE時代からのファンには嬉しい発言の数々

・全4部構成
PART1〜3がテクニック紹介、PART4がロングインタビュー


そんな感じで全体を通して桜庭氏が楽しそうに話しているのが印象的でした。

予想外の動きをすることで知られる桜庭氏ですが、DVDの内容も予想外。

そんな型破りなスタイルが人々を惹き付け、また強さの秘密だったのではないでしょうか。

それに倣って私もファンタジスタに近づきたいものです。

それではHave a fantastic fight life! See you again!


sa
【近日入荷予定】
「Anti Jiu Jitsu by Kazushi Sakuraba」



【筆者紹介】

荒井勇二 Arai Yuji(Over Limit BJJ)
Twitter:@araiUG
米兵と戦い、勝利した事から"米兵ハンター"の異名を持つ。
桜庭和志氏がアドバイザーに就任(すぐに離脱)したMMAイベントの旗揚げ興行「GFC01」(2017年/韓国・ソウル)に参戦している。







00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年07月10日

【Review Wednesday】ジェフ・グローバー『MY FAVORITE GI TECHNIQUES』

R0000256
みなさんおつかれさまです、MUSEの成田です。今回の「Review Wednesday」はジェフ・グローバーの『MY FAVORITE GI TECHNIQUES 』を紹介します。

Budo Videosから発売された本作はノーギ版も同時リリースされていますが、とりあえず今回紹介するのは柔術版。再生すると、まだ比較的髪の毛がフサフサなジェフ先生が白帯姿で登場し……もしかすると、どこかのセミナーで撮影された過去の映像をDVDとしてパッケージしたものかもしれません。

そのため、2人1組で淡々とテクニックを紹介する普通の教則モノと異なり、参加者からの質問も飛び出したりと和気藹々な感じの映像となっています。紹介されているは2人1組でのウォームアップに始まり、Seven Year Old Chokeのバリエーションや、テレレ流のシングルレッグのパス→バックへの移行、背負い投げ、スタンドから肘を落としてグリップを切ってのバックテイクやテイクダウン、スタンドからバックに回り背後から50/50に入れてフットロック、ドンキーガードからのテイクダウン→サイドへの移行、インバーテッドから50/50への移行……などなど。

ひとつの技にフォーカスするのではなく、スタンドから極め技までまんべんなく、ジェフお得意のテクニックが詰め込まれている塩梅です。パートナーが緑帯の青年だったり、ジェフの半分も身長がないようなキッズだったりというのはご愛敬ですが、紹介する技がどの選手をルーツにしているのかとか、セルフディフェンスについても触れていたりと、おちゃらけた印象ながらしっかりとした技術体系を持つジェフの真面目な一面も垣間見られる内容となっています。

今年はIGLOOでジェフのセミナーが開かれましたが、仕事や金銭的な都合で参加できなかった方、ジェフのクラスに参加してみたいけれどカリフォルニアには行けない!という方には特にオススメです。なお、本作はクロスレビューとして、次週はJiu Jitsu NERD元デザイナーの森さんが担当。数々のテクニックに精通した黒帯の森さんのレビューにご期待ください!



jeff_gi
【発売中】
ジェフ・グローバー『MY FAVORITE GI TECHNIQUES』
■詳細&購入はコチラから!





00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear