English Portugues Japanese

UAE

2019年11月30日

【大会】アブダビ・クイーンオブマット・ヘビー級開催

1
いま世界の柔術シーンで最も高額な賞金を懸けて大会を開催しているAJP(アブダビ・ジウジツ・プロツアー)。

そのAJPはこれまで男子版のプロ大会「キングオブマット」を開催してきましたが、今年から「キングオブマットの女子版である「クイーンオブマット」も開催するようになりました。

女子賞金大会「クイーンオブマット」の記念すべき第1回大会を11月にライト級で開催したのは記憶に新しいところです。

■大会レポートはコチラから!

続きを読む

2019年11月25日

【大会】開催まであと一か月!AJP NAGOYA

1
12/22(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催されるAJP主催「アブダビ・インターナショナルプロ・ナゴヤ」。

今大会の参加申し込みはすでに開始されており、多数の選手のエントリーがありますが、AJP主催大会は参加申し込みの締め切りが2回しかなく、その初回の参加申し込み締め切りが迫っています。

初回の参加申し込み締め切りは11/30(土)で、その次の参加申し込み締め切りは最終締め切りとなる12/17(火)です。

この初回の参加申し込み締め切りまでにエントリーすれば参加費はオトナは$50、日本円で約5500円ほどで、キッズは$35、約4000円という低価格に設定されています。

これ以降の最終参加申し込みだとオトナは$70でキッズは$40となるので、今から参加を検討してる方は11/30までの初回の参加申し込み締め切りでエントリーした方がいいでしょう。

そして今大会のすべてのカテゴリーの優勝者に来年4月にアブダビで開催予定のアブダビ・ワールドプロ参戦のための航空券が贈呈されます。

これは海外で試合したい方にとって大きなチャンスでしょう。

これまでAJPは日本では7月のアブダビ・グランドスラムツアー・東京大会のみが開催されていましたが、今後はこの名古屋大会を皮切りに日本国内で多数開催予定となっています。

その記念すべき初回大会、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?


1222
【参加申し込み受付中】
「ABU DHABI INTERNATIONAL PRO NAGOYA GI&NO GI 2019」
日時:12/22(日)
会場:愛知県武道館
■大会詳細&申し込みはコチラから!

■AJP JAPANのFacebookページはコチラ、Instagramはコチラから!

■過去のAJP関連ニュース&レポはコチラから!



mari
【参加申し込み受付中】
「マリアナスプロジャパン2019」
日時:12/15(日)
会場:浦安市総合体育館(千葉・浦安)
■参加申し込みはコチラから!





00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年11月03日

【結果】アブダビ・クイーンオブマット・ライト級

00
11/1(金)、ブラジル・リオデジャネイロのカリオカアリーナで開催された女子賞金大会「アブダビ・クイーンオブマット」。

今大会はAJPがかねてより開催していた賞金大会「アブダビ・キングオブマット」の女子版だ。

大会システムは男子と同じくエントリーした選手を2グループに分けてリーグ戦を行い、その上位2選手同士が対戦した勝者が決勝戦に進出することになっている。

続きを読む

2019年10月26日

【大会】女子賞金トーナメント「アブダビ・クイーン・オブ・マット」開催

00
アブダビ・ワールドプロ、アブダビ・グランドスラムツアー、そしてアブダビ・キングオブマットなど数々の賞金大会を主催するAJPが新たな賞金大会開催を発表しました。

その名も「アブダビ・クイーンオブマット」で、これは「アブダビ・キングオブマット」の女子版で、この大会は11/1にブラジル・リオデジャネイロのカリオカアリーナで開催されるアブダビ・グランドスラムツアー・リオデジャネイロ大会と同時開催されます。

昨年の冬に日本でも「クイーンオブマット」の大会名で女子の賞金トーナメントを開催されましたが、それも「アブダビ・キングオブマット」にインスパイアされて開催されたものでした。

そして今回、この「アブダビ・クイーンオブマット」がAJP主催で開催されることになり、日本版の「クイーンオブマット」の名称を継続して使用しての開催が難しくなってしまいましたが、これは仕方のないことでしょう。

そんな「アブダビ・クイーンオブマット」ですが、これまで女子選手たちから「男子のみで女子の賞金トーナメントがないのはおかしい!」と、これは性差別であるとの声明を女子選手たちが合同で発表していたこともあり、そういった差別をなくす意味でも開催が実現したのは喜ばしいことでしょう。

記念すべき「アブダビ・クイーンオブマット」の第1回大会は62kg以下の6人のリーグ戦で、「アブダビ・キングオブマット」と同様にインビテーションオンリーで、AJP系大会で優勝している強豪のみが招聘されています。

参戦予定の6選手は以下の通りです。


01
ルイザ・モンテイロ(ATOS)
優勝候補筆頭のルイザはムンジアル、ワールドノーギ、アブダビグランドスラムなど主要大会の優勝を総ナメ中。
そして今大会参戦の選手の中で最も階級が重いのでその体格差も有利になるはず。



02
ビアンカ・バジリオ(ATOS)
黒帯昇格後、目立った戦績が残せていなかったビアンカだが、先月のADCC優勝は記憶に新しいところ。
そしてコパポジオで今年のムンジアル決勝戦で敗れたアナ・シュミットをトーホールドで一本勝ちしリベンジ、その勢いのまま今大会も制せるか?!



03
マイサ・バストス(GFチーム)
いま最も勢いのある女子黒帯のマイサだが、-62kg以下の今大会ではルースターの体格では厳しい戦いになるのは容易に想像できる。
ルースターのマイサが強豪ぞろいの今大会でどれだけ勝ち星を挙げられるかに注目したい。



04
アマル・アムジャイ(CENSアカデミー)
ベルギー人柔術家のアマルはIBJJFよりもAJP主催大会を優先している選手で、AJP系大会の常連。
まだ茶帯だった2018年にアブダビワールドプロを制し、その名を知らしめた。
日本開催のアブダビ・グランドスラムツアー・日本大会にも2年連続参戦している。



05a
タリタ・アレンカー(アリアンシ)
2017年のムンジアル王者のタリタもここ数年はビッグタイトル獲得には至っていないのが現状だ。
とはいえF2WやPOLARISなどプロイベントには引っ張りだこで、そういったワンマッチ大会では好成績を残している。



06
アナ・ホドリゲス(アリアンシ)
今年の茶帯世界王者のアナはムンジアル優勝後に黒帯昇格したばかりのフレッシュな選手。
AJP主催大会は茶帯と黒帯が合同で行われるため、茶帯vs黒帯の試合も多かっただけに、新人黒帯とはいえ黒帯との対戦経験は豊富だ。



今大会は2つのグループ分けされ、それぞれでのグループで一番戦績が良かった選手が決勝戦で戦うシステムで、これはアブダビ・キングオブマットと同じ。

賞金額は公表されていませんが、恐らくアブダビ・キングオブマットと同額の1万ドルまたはその半額の5000ドルではないかと思われます。

なお今大会はAJPのYouTubeチャンネルで無料配信予定となっています。



Queens-2
【大会】
「アブダビ・クイーンオブマット」
■大会サイトはコチラから!



1222
【参加申し込み受付中】
「ABU DHABI INTERNATIONAL PRO NAGOYA GI&NO GI 2019」
日時:12/22(日)
会場:愛知県武道館
■大会詳細&申し込みはコチラから!

■過去のAJP関連ニュース&レポはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月24日

【大会】「アブダビ・インターナショナルプロ・ナゴヤ ギ&ノーギ」開催!

1222
12/22(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館にてAJP主催「アブダビ・インターナショナルプロ・ナゴヤ ギ&ノーギ」が開催されます。

今大会を主催するAJPは正式名称をアブダビ柔術プロツアーといい、これまではUAE JJとして大会を運営していた組織がAJPとしてリニューアルされ、今期の2020/2021シーズンからAJPとして活動しています。

ここ数年の間、アブダビ系の大会は日本においてはアブダビ・グランドスラムツアー・東京大会がメインとなって大会を行っていましたが、AJPとしてリニューアルされた以後は日本やアジアでの大会開催を増やす意向で、この日本においても東京以外の都市での大会開催も視野に入れています。

その東京外で開催する大会としてこの名古屋大会が企画され実現しました。

続きを読む

2019年09月20日

【結果】アブダビ・キングオブマット:ミドル級トーナメント

00
先週末の9/14-15の2日間、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されていたAJP主催「アブダビ・グランドスラムツアー・ロサンゼルス大会」の中で、賞金マッチ「アブダビ・キングオブマット」のミドル級トーナメントが行われた。

この「アブダビ・キングオブマット」はインビテーションオンリーのプロイベントでアブダビ・グランドスラムツアーと同様に高額賞金が賭けられている。

これに出られるのは過去のアブダビ・グランドスラムツアーの優勝者やアブダビ・キングオブマットで優勝・入賞した選手のみで、その誰もが優勝候補ともいえる強豪が揃った大会となっている。

続きを読む

2019年08月10日

【レポ】アブダビグランドスラムツアー東京大会:女子まとめ

00
AJP主催大会の女子カテゴリーは茶帯と黒帯が同一カテゴリーで行われるのが特徴で、ワールドプロやアブダビグランドスラムツアーなどは茶帯と黒帯が対戦する、ここでしか見られない対戦が続出する。

2018-2019シーズンの女子ランキング1位のガブリエリ・ペッサーニャは茶帯時代からこの茶黒カテゴリーで無敗を誇り、ペッサーニャが勝利した選手の中には今年の女子黒帯のムンジアル王者のナチエリ・ジーザスもおり、過去に行われたペッサーニャvsナチエリの対戦はペッサーニャの全勝になっている。

続きを読む

2019年08月03日

【レポ】アブダビグランドスラムツアー東京大会:マスター1黒帯決勝戦

00
アブダビグランドスラムツアー東京大会でマスターカテゴリーで賞金が出たのはマスター1黒帯のみだった。

4月に開催されたワールドプロでもイゴール・シウバやマルコス・ティノコらアダルトでも充分に通用するトップ選手らがエントリーしていたが、それは今大会でも同じだった。

ざっと列記するとサミール・シャントレ、ヤン・カブラル、アラン・フィンホ、イゴール・シウバなどそうそうたる顔ぶれがマスター1黒帯に揃っていた。

特に"テレレ2世"として色帯時代に華々しくデビューし、数々のビッグタイトルを獲得しているアラン・フィンホの初来日が実現したのは喜ばしいことだ。

フィンホはテレレと同じくリオデジャネイロ最大のファベーラの1つであるカンダガーロの出身で幼少期よりテレレと共に練習していた選手。

色帯の頃には同じ世代のトップ選手であるマイケル・ランギやドゥリーニョ、オタービオ・ソウザらとしのぎを削っており、ランギとドゥリーニョ相手には無敗で、オタービオにはムンジアルで負傷棄権するまで無敗を誇っていたのだからその強豪ぶりは推して知るべしだろう。

続きを読む

2019年08月01日

【レポ】アブダビグランドスラムツアー東京大会:アダルト黒帯決勝戦

12
7/28-29の2日間、東京・大田区の大田区体育館にてAJP主催「アブダビグランドスラムツアー東京」が開催された。

これまでは1日のみの開催だったが今年からは2日間となり、また既報の通りに賞金マッチ「キングオブマット」も同時開催されるなど、前回大会よりさらに規模を拡大して行われた。

続きを読む

2019年07月29日

【結果】アブダビグランドスラムツアー東京大会

12
7/28(日)、東京・大田区の大田区体育館で開催されたAJP主催「アブダビグランドスラムツアー東京大会」の主な結果です。


続きを読む

2019年07月28日

【結果】アブダビ・キング・オブ・マット・ライト級

00
7/27(土)、東京・大田区の大田区体育館でAJP主催「アブダビ・キング・オブ・マット・ライト級」が開催された。

過去にはアブダビ・グランドスラムツアー東京大会は開催されてきたがインビテーションオンリーの賞金マッチの「アブダビ・キング・オブ・マット」は今回が初開催で、グループAとグループBの2組に分かれたリーグ戦で、それぞれのリーグ戦を勝ち残った選手同士で決勝戦を争う。

その優勝賞金は1万ドルで準優勝は6000ドル、3位は3000ドルで総額19000ドル、日本円にして200万円以上もの高額賞金が賭けられている。

続きを読む

2019年07月09日

【告知】アブダビグランドスラムツアー東京大会:ルール講習会

xx
7/27-28の2日間に渡って開催されるAJP(アブダビ・ジウジツ・プロツアー)主催「アブダビグランドスラムツアー東京大会」。

この大会に先駆けて7/26(金)に大会が開催される大田区体育館にてAJP主催のルール講習会が開催されます。

基本的に柔術のポイントシステムはほぼ同じですが、そのポイントを入れるタイミングやポジションによる解釈、その他のレギュレーションなどは各連盟ごとに細かな差異があるため、その大会を主催する連盟や主催者によってまったくの別モノと言っても過言ではありません。

このアブダビグランドスラムツアーもご多分に漏れず、いま世界の柔術シーンの主流となっているIBJJFルールとの違いがあるため、レフェリー育成も兼ねて初めて開催されることとなった次第です。

続きを読む

2019年07月05日

【大会】キング・オブ・マット、ライト級トーナメント開催!

00
7/27-28の2日間、東京・大田区の大田区体育館で開催されるAJP主催「アブダビグランドスラムツアー・東京大会」にて賞金トーナメント「キング・オブ・マット」が開催されます。

このキング・オブ・マットはアブダビグランドスラムツアーと同時に開催されている賞金トーナメントで、前回大会のモスクワ大会ではヘビー級トーナメントが開催されていました。

これまでもアブダビグランドスラムツアーの東京大会は開催されていましたが、キング・オブ・マットが開催されるのは今回が初めてで、行われるのはライト級トーナメントです。

続きを読む

2019年06月18日

【結果】アブダビグランドスラム・モスクワ大会

00
AJP(アブダビジュウジュツプロ)主催の賞金トーナメントツアーのアブダビグランドスラムのモスクワ大会が初開催された。

この大会はAJPの2019/2020シーズンの開幕戦で、またムンジアル後の初のビッグトーナメントでもあり、ムンジアル後に黒帯昇格を果たした選手たちの黒帯デビューの場でもあった。

その黒帯デビュー戦を戦った選手たちの中にはムンジアルの後に黒帯になったタリソン・ソアレス、ジョナス・アンドラージ、ジエゴ・パト、ヴィトー・ウゴなどがおり、彼らの試合ぶりは大きな注目を集めていた。

続きを読む

2019年05月03日

【レポ】アブダビワールドプロ2019:女子アダルト黒帯

00
アブダビワールドプロの女子アダルト黒帯は男子より階級が2つ少なく、5階級のみの開催だった。

女子は男子に比べて参加者数も少なく、それに比例して試合数も少ないが、それでも男子と同等の優勝賞金が出るのは当たり前のこととはいえ素晴らしいことだ。

続きを読む

2019年05月02日

【レポ】アブダビワールドプロ2019:アダルト黒帯

x
アブダビワールドプロの大会最終日はアダルト黒帯の男女の決勝戦のみが行われた。

前日に準決勝までが行われて決まった決勝戦は特設マットの1面のみでVIPシートに陣取ったアブダビの重要人物ら見守る中でスタートした。

続きを読む

2019年04月28日

【結果】アブダビワールドマスターズ2019:マスター1黒帯

00
UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで階差されたアブダビワールドプロはアダルトの世界大会という位置づけだが、それに先駆けてキッズとマスターの世界大会もそれぞれ開催されていた。

今年はアブダビワールドプロのマスター部門はアブダビワールドマスターとして開催され、マスター1黒帯には優勝賞金5000ドルが用意されていたのは特筆すべきことだ。

続きを読む

2019年04月27日

【結果】アブダビワールドプロ2019:アダルト黒帯の結果

00
4/26(金)、UAE・アブダビのムバダラアリーナで開催されたUAE JJ主催「アブダビワールドプロ2019」のアダルト黒帯の主な結果です。


続きを読む

2019年04月26日

【結果】アブダビワールドプロ2019:茶&黒帯

00d
ワールドプロの大会2日目は茶帯と黒帯の準決勝戦までが行われた。

黒帯は-56kgに戸所誠哲と澤田伸大が、-94kgにリダ・ハイサムがエントリー。

-56kgはトーナメントではなく総当たり戦で、総勢5人の戦績の上位2人が決勝に進出する仕組みだった。

続きを読む

2019年04月25日

【結果】アブダビワールドプロ2019:紫帯

00c
4/20-26の7日間に渡ってUAE・アブダビのムダバラアリーナで開催されているUAE JJ主催「アブダビワールドプロ2019」。

大会自体は4/20からスタートしており、最初はキッズ男子、キッズ女子、ジュブナイル、マスターと順次開催されていき、4/23からアダルト部門が開幕した。

アダルト部門の大会初日は青帯と紫帯が行われたが、その中から紫帯の試合を紹介したい。

続きを読む

2019年04月24日

【結果】アブダビワールドマスターズ2019

00
4/23(火)、UAE・アブダビのムダバラアリーナで開催されたUAE JJ主催「アブダビワールドマスターズ2019」に日本から参戦した選手たちの試合をレポートする。

今年はアブダビワールドプロのマスター部門にもマスター1には優勝には5000ドルという高額な賞金が懸かるようになり、格段にグレードとレベルが上がったといえるだろう。

続きを読む

2017年07月17日

【結果】アブダビグランドスラム東京2017:主な結果

01
7/15(土)、千葉県幕張・幕張メッセで開催されたUAE JJ主催「アブダビグランドスラム東京2017」の主な結果です。


【アダルト黒帯】
56kg
優 勝 ジョン・カルロス・クラオカ(AXIS)
準優勝 戸所誠哲(パラエストラ岐阜)
3 位 伊東圭(アンビシャス柔術アカデミー)



62kg
優 勝 川嶋和哉(パラエストラ千葉)
準優勝 ギリャルメ・カルバーリョ(アリアンシ)
3 位 山田秀之(トライフォース)



69kg
優 勝 チェ・ワンキ(ジョンフランクルBJJ)
準優勝 白木大輔(CARPE DIEM)
3 位 アレッシャンドレ・ヴィレイラ(BTT)


06
チェ・ワンキ(ジョンフランクルBJJ)



77kg
優 勝 サトシ・ソウザ(ボンサイ)
準優勝 チアゴ・ブラボー(ブラザ)
3 位 クレベル・コイケ(ボンサイ)



04
サトシ・ソウザ(ボンサイ)



85kg
優 勝 イザッキ・バイエンセ(アリアンシ)
準優勝 ジャイミ・カヌート(GFチーム)
3 位 ルーカス・バルボーザ(ATOS)



05
イザッキ・バイエンセ(アリアンシ)



94kg
優 勝 マルコス・ソウザ(ボンサイ)
準優勝 アダム・ワルジンスキ(Zlomiarz Team Gdansk)
3 位 アラン・フィデリス(ボンサイ)



110kg
優 勝 チョイ・ドングァ(Jiu Jitsu lab)
準優勝 アンデウソン・アマカワ(Impacto Japan BJJ)
3 位 



【マスター1黒帯】
62kg
優 勝 ガブリエル・モラエス(アリアンシ)
準優勝 ジョルジ・サントス(UAE JJ)
3 位 高橋健太(GSB)



69kg
優 勝 中村大輔(パトスタジオ)
準優勝 イタロ・ヌーンス(UAE JJ)
3 位 アレッシャンドレ・オガワ(小川柔術)



07
中村大輔(パトスタジオ)



77kg
優 勝 ペドロ・ベッサ(ペドロベッサJJ)
準優勝 後藤悠司(一心柔術)
3 位 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



02
ペドロ・ベッサ(ペドロベッサJJ)



85kg
優 勝 ペドロ・ジョルダオン(グレイシーバッハBH)
準優勝 レアンドロ・クサノ(クサノチーム)
3 位 アドリアーノ・リマ(UAE JJ)



94kg
優 勝 セルソ・カンポス(UAE JJ)
準優勝 アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
3 位 エドゥアルド・マチャド(UAE JJ)



110kg
優 勝 サダ・クリモリ(INFIGHT JAPAN)
準優勝 キム・クェンウ(DCBS)
3 位 エジムンド・カバウカンチ・ジュニオール(JAWS)



【アダルト茶帯】
62kg
優 勝 エロス・バルヨット(ATOS)
準優勝 パウロ・ヤギヌマ(ダムファイトジャパン)
3 位 メエディ・アラオウイ(GFチーム)



69kg
優 勝 チョ・ヨンセム(ジョンフランクル)
準優勝 マーシオ・メデイロス(Impacto Japan BJJ)
3 位 ヨコヤマ・キョウスケ(クレイジービー)



77kg
優 勝 渡辺和樹(CARPE DIEM)
準優勝 ジョン・ドンヨン(クリスキムBJJ)
3 位 もりべ・しんすけ(REDISP)



85kg
優 勝 トーマス・ミツ(CARPE DIEM)
準優勝 ヴィトー・メデイロス(INFIGHT JAPAN)
3 位 ムリーロ・リマ・タバレス(UAE JJ)



94kg
優 勝 マテウス・フェリッペ(チェックマット)
準優勝 リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
3 位 スカイ・ロベル(グレイシーバッハノースリッジ)



女子茶帯49kg
優 勝 マイサ・バストス(GFチーム)
準優勝 松本彩(ドラゴンズデン)
3 位 プリシラ・ゴンサウベス(ホシャ)



女子茶黒帯55kg
優 勝 黒木麻衣子(AXIS)
準優勝 芝本さおり(トライフォース)



女子茶黒帯62kg
優 勝 ラリッサ・パエス(UAE JJ)
準優勝 ナタリア・ズンバ(UAE JJ)



女子茶黒帯70kg
優 勝 プリシラ・セルケイラ(UAE JJ)
準優勝 ジェシカ・アンドラージ(GFチーム)
3 位 キャロライン・マルセリーノ(UAE JJ)



女子茶黒帯90kg
優 勝 ナチエリ・ジーザス(PSLPBシセロコスタ)
準優勝 イングリッジ・フランコ(RUL BJJ)
3 位 リーアン・ジェノベーゼ(AXIS)



03
ナチエリ・ジーザス(PSLPBシセロコスタ)



■その他の公式結果はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年10月27日

【レポ】アブダビグランドスラム東京:Part.2

「アブダビグランドスラム東京」は黒帯以外でも注目選手が多数参戦していた。

その筆頭がグスタボ・バチスタだ。

グスタボは今年のヨーロピアンとワールドプロ、ムンジアルの3冠を果たしており、アダルト茶帯の-85kg級のトーナメントで全試合一本勝ちで優勝。

元シセロコスタ、現Ns Brotherhoodに所属し、レアンドロ・ロとトレーニングを共にするグスタボは、クレイトン・マノエル、エリック・フォート、トーマス・ミツら国内最強レベルの茶帯勢を一蹴し、圧倒的な実力を見せつけていた。

その他、海外の強豪選手の活躍が光った茶帯のトーナメント、そして紫・青帯の注目試合を振り返ってみたい。


2fb
アダルト茶帯85kg準決勝
○グスタボ・バチスタ(NS Brotherhood)
vs
×トーマス・ミツ(CARPE DIEM)
初戦をP2-0で突破したトーマス。一方のグスタボは初戦でクレイトン・マノエル(ダムファイトジャパン)、2回戦でエリック・フォート(ノヴァウニオン)をニーバーで下して準決勝へ。



続きを読む

2016年10月26日

【レポ】アブダビグランドスラム東京:Part.1

1fb
10/23(日)、埼玉県深谷市のビッグタートル深谷で開催されたUAEJJ / JJFJ主催の賞金トーナメント「アブダビグランドスラム東京」。

本大会はUAEJJが主催するチャンピオンシップシリーズのひとつで、今シーズンは9月に行われたLA大会を皮切りに、今回の東京、11月のリオデジャネイロ、来年4月のアブダビ本戦、そして3月のロンドン大会が予定されている。

続きを読む

2016年10月24日

【結果】アブダビグランドスラム東京:主な結果

00
10/23(日)、埼玉県深谷市のビッグタートル深谷で開催されたUAEJJ / JJFJ主催の賞金トーナメント「アブダビグランドスラム東京」の主な結果です。


続きを読む