English Portugues Japanese

GOZOコラム

2018年02月14日

【Review Wednesday】「WORLD KIMONO COLLECTION」by塩田GOZO

GOZO
こんにちは。パラエストラ八王子・dois国分寺代表の塩田ことゴーゾーです。

以前より購入したかった柔術衣の本、「WORLD KIMONO COLLECTION」を遅ればせながら、ようやく入手しました。

では早速「Review Wednesday」いってみましょう!

それは20年以上前のお話。当時のスーパータイガーセンタージムに入会し、そこで入門用として柔道衣素材の柔術衣を入手したのが、記念すべき自分の初KIMONOでした。

そして、しばらくするとアメリカの雑誌「ブラック・ベルト」で、クルーガンスの柔術衣を発見。当然のように一目惚れし、迷うことなく即決で海外から通販(笑)。 カタチから入るタイプではないんですが...ざわざわ。

その後も、ブラジルで購入してもらったKFことキモノスファイターやマシャードも愛用。当時はブラジル製を着用することが「お、コイツやるな。」という、一種のステータスでした(笑)。

また、レオジーニョが着ていたケイコの柔術衣に“KEIKO”というネーミングセンスはどうなんだ?と思いつつも、これまた一目惚れし、ブラジルから輸入して販売までしていました。

現在だとショーヨーロールが高級ブランドとして名を馳せていますが、シャオリンやマーシオフェイトーザが着ていたVASCOの柔術衣が当時のお洒落ブランドでした。そういう所からも時代を感じることができます。

こちらの本は、意図せずともそんな自分のお気に入り歴代柔術衣たちに想いを馳せながら、当時の思い出にふけってしまう一冊。当時流行った歌を耳にすると、その頃の思い出も蘇ってくるアレですね。あとは「あ、コレ持ってる。」ていうのが見つかると地味に嬉しいという、ナゾの楽しみもあります。

また、現在のトレンドを知るにも、コレクター魂に火をつけるにも、何にせよ、マニアにはたまらない一冊なのです。ゴーゾーは、この本の企画の時点でマニアックすぎて、狂喜乱舞。ウヒョヒョードル。

というわけで、続編にゴーゾーのオリジナルブランドのファイシャプレッタが登場することを願いながら、今回のレビューは終了です。

マストバイ!!


10
【発売中】
「WORLD KIMONO COLLECTION」
フルカラー 50P 1000円
■詳細&購入はコチラから!

■過去のレビューはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ジョン・バチスタ・ヨシムラ(36)、トニー・パッソス(38)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年01月09日

【GOZOコラム】セミナーのお話

1
新年あけましておめでとうございます。

パラエストラ八王子・dois国分寺代表の塩田ことゴーゾーです。

今年もよろしくお願いします。

今回は昨年の11/8に行われたヒカルジーニョのセミナーをもとに、これからセミナーに参加しようと考えている方に向けてお話してみようと思います。

続きを読む

2017年12月09日

【GOZOコラム】吉岡大さんとの思い出

こんにちは、パラエストラ八王子・dois国分寺代表の塩田ことゴーゾーです。

先月、10月9日は吉岡さんの1周忌でした。

もう1年。まだ1年。どちらとも言えず、自分の中ではまだ消化できずにいます。

この先もきっとこの感覚は変わらないのでしょう。

下記は永六輔さんの言葉を簡単に引用したものです。

「人の死は一度だけではありません。最初の死は医学的に死亡診断書を書かれた時でも、死者を覚えている人がいる限りその人の心の中で生き続けている。最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなった時。」

こちらを引用させていただくなら、吉岡さんはまだ最後の死はまだ迎えていないことになります。

日々の日常の中で、柔術をしている時や何かのきっかけで吉岡さんを思い出し偲ぶ機会があればと思い、今回は一周忌の節目ということで、iPhoneに残っていた吉岡さんの指導動画を公開しようと思います。

2013年6月、パラエストラ八王子にてベリンボロの基本を指導してもらった時の動画です。

撮影がブレブレなのはご勘弁ください。

そこはゴーゾークオリティ…笑





吉岡さんとの交友の始まりは、当時埼玉の大宮にあったスーパータイガーセンタージムで、エンセン井上さんから柔術を習い始めたところからです。

かれこれ20年以上も前の話です。

2人とも青春時代を柔術一色で明け暮れることになりました。



g1
第1回全日本ブラジリアン柔術選手権で優勝したPUREBRED大宮のメンバーで。
左から吉岡さん、野口君、エンセンさん、渡辺千景、桑原君、塩田



g2
2004年ブラジルでのムンジアルに出場したメンバーとコルコバードの丘で。
3列目左から、吉岡さん、遠山君、小野瀬君、関口さん、2列目 澤田君、塩田、白井君、1列目 鹿又。




誰よりも柔術に情熱を注いだ吉岡さんですが、色々と便利なツールがあるご時世にも関わらず、テクニック動画などは残念ながらほとんど残っていません。

なので、この動画はかなりレアなのではないでしょうか。

実際に関わったことのある人はご存知だと思いますが、吉岡大という情熱の塊が発していた熱量は凄まじいものがありました。

この先、自分も歳をとり、どんどん柔術の若手も出てきます。

その人たちの中に吉岡さんのような情熱の塊がまた現れ、その時吉岡さんを思い出すかもしれませんし、吉岡さんに影響を受けた若手に遭遇することもあるかもしれません。

どんな形であれ、吉岡大の情熱の余韻がこの先も消えることなく、存在し続けるよう…そう願っています。



11
パラエストラ八王子/dois国分寺ではゴーゾー優勝記念キャンペーンを継続実施中!
■詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】カレン・アウトゥーンス(32)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月07日

【GOZOコラム】ルール講習会

s1
有難いことに、この度ブラジルブログさんからオファーをいただき、定期的にコラムを掲載させていただくことになりました。パラエストラ八王子・dois国分寺 代表の塩田(ゴーゾーの方が馴染み深い?)です。どうぞよろしくお願いします。

今後は月1回くらいのペースでコラムの掲載をさせていただく予定です。内容は、自分の柔術を軸に様々な観点から書こうと思っていますので、どうぞお付き合い下さい。

さて今回、第1回目は『IBJJFルール講習会』です。

続きを読む