English Portugues Japanese

BJJ-WAVE

2019年09月07日

【BJJ-WAVE】マウリシオ&マルコス・ソウザ兄弟ゲスト回、配信中

00
YouTubeとMixcloudで毎週配信中の柔術&グラップリング情報番組「BJJ-WAVE」。

現在配信中の最新回はマウリシオ・ソウザとマルコス・ソウザのソウザ兄弟のゲスト回です。

ボンサイ柔術の創始者であるアジウソン・ソウザの長男のマウリシオは父の後を継いでボンサイ柔術のトップとして一大アソシエーションを統括しています。

普段はブラジル・サンパウロの本部で辣腕を振るっていますが、今回はクレベル・コイケの試合とマルキーニョスのRIZINデビュー前の強化キャンプのサポート、そしてボンサイ柔術ジャパンの設立15周年記念などが重なり、2年ぶりの来日が実現しました。

そのマウリシオにボンサイ柔術の現在と未来、そしていまや柔術ジムではなくMMAジムの印象の方が強くなってしまっているジムの現状についてどう考えているかなど、マウリシオの柔術観が知れる貴重なインタビューとなっているかと思います。

またマルキーニョスも来月にRIZINデビューを控えており、マルキーニョスがMMAについて語っていることも興味深いことかと思います。

そしてこのインタビューのこぼれ話として「ARZERETの福岡大会はなんで立ち消えになったのか?」ということを雑談中に聞いたら、マルキーニョス曰く「それはワタシのせい。ワタシがRIZINに出ることになったから、福岡大会のメインイベントをやることができなくなったから、大会がなくなってしまった。」とのことです。

マウリシオもマルキーニョスも日本語は日常会話レベルなら問題ないけど、インタビューだと込み入った話になるかと思い、通訳でASJJF会長のエジソン・カゴハラ氏にも同席して頂きました。

エジソンはマルキーニョスと三崎和雄氏の親子のような関係というあるエピソードを話したときに涙する場面もあり、感受性豊かな一面も見せていました。

その他にもいろいろと興味深いエピソード満載な今回のBJJ-WAVE、ぜひご視聴を!



b2
BJJ-WAVE ゲスト:マウリシオ・ソウザ&マルコス・ソウザ
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】村上太郎、アリアドネ・キムラ、片岡正人



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年08月23日

【動画】BJJ-WAVE、ヨースキ・ストーのゲスト回、配信中!

IMG_5628
毎週配信の柔術&グラップリング情報番組「BJJ-WAVE」。

そのゲスト回の最新回はヨースキ・ストーをゲストに迎えて収録しました。

ヨースキ・ストーは過去にこのブログでも紹介した通りにIBJJFのマスターインターナショナルのヨーロッパ・アジア・サウスアメリカの3大会で優勝し3冠を達成という偉業を成し遂げました。

そしていまヨースキはアメリカ・ラスベガスで開催中のワールドマスターに遠征中で、マスター2黒帯ミドルにエントリーし、まさに今日が試合となってます。

またヨースキはIBJJFの世界ランキングのマスター2黒帯で2位にもなるなど、今年の活躍ぶりは目覚ましいものがあります。

そんなヨースキの大会でのことやジムのこと、なぜ柔術を始めたのかなどを詳しく聞いているので、ぜひBJJ-WAVEをチェックしてみてください!


yoski
コチラから!


ヨースキがエントリーしているワールドマスターのマスター2黒帯ミドルは60人もの出場者がいて強豪も数多くいて、元ムンジアル王者のフレジソン・パイシャオンが優勝候補の筆頭といえるでしょう。

その他にもGFチームもガブリエル・マリーニョ、IBJJF世界ランキングでヨースキの次の3位にランクインしているデニス・ピント、MMAでも活躍していたダニーロ・シェアマン、ソウルファイターズの創始者の一人であり、ワールドマスター優勝の常連のハファエル・フォーミガなど、錚々たる顔ぶれが揃っています。

この強豪揃いのトーナメントでヨースキがどれだけ勝ち上がれるか、好成績を期待したいと思います。

ワールドマスターはFlo Grapplingで視聴可能です。

コチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・トッジィ(41)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年06月30日

【BJJ-WAVE】海外収録のゲスト回×2を公開中!

00
毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」は動画版をYouTubeで、音声版をMixcloudで配信中です。

基本的にはウィークリーニュースとしてその週にあった柔術&グラップリングに関することをあれこれ雑談を交えて話していますが、不定期で行っているゲスト回が毎回好評となっています。

今回収録したのはムンジアルで行ったロサンゼルスで収録したゲスト回×2です。

まずはカマ柔術の代表、デヴィッド・カマ編です。

デヴィッド・カマはヒクソンの黒帯で、最初期の非ブラジル人黒帯の名誉的称号である"ダーティダズン"の一人でもあり、ヒクソンのことはもちろん、アメリカにおける柔術の創成期のことや伝説的な第1回目のUFCのこと、そして現在に至るまでのカマ自身の柔術ヒストリーなど詳細に話してくれています。

通訳は過去に日本での収録時にゲストで参加してくれたグレッグ・ハヤシさんに務めて頂きました。

このグレッグさんもカマ柔術のメンバーなので、デヴィッドとのコミュニケーションもばっちりで楽しい収録になりました。

知られざるアメリカン柔術シーンのエピソードの数々は貴重です。


kama
BJJ-WAVE デヴィッド・カマ編はコチラから!



ロサンゼルス収録ゲスト回の2本目は津村康介編です。

ほとんどの人が「津村康介って誰?」と思うのは想像に難くないのですが、この津村くんはブルテリアUSAことXXVIサプライの代表を務めている方なのです。

津村くんとは数年前に知り合ってロサンゼルスに行くたびに友人として付き合わせてもらってますが、昨年にブルテリアのアメリカ進出のビジネスの話が持ち上がりました。

その相談を津村くんにしたところ、津村くん自身が興味があるとのことで自ら会社を立ち上げてビジネスがスタートした次第です。

まだスタートしたばかりでアメリカでの知名度はまだまだですが、すでにブルテリアブランドは海外でも確固たる地位を築いているので、ブレイクするのは時間の問題と思われます。

そのブレイク前夜のいま、ビジネス立ち上げの苦労などをこの収録で聞きました。

アメリカデビジネスする大変さや生みの苦しみを赤裸々に語っているので、これも興味深いかと思います。


tsumu2
BJJ-WAVE 津村康介編はコチラから!



今回紹介した2本のゲスト回はどちらも海外収録ならではの内容になっているのでぜひ視聴ください!



3
過去のBJJ-WAVE関連ニュースはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年05月29日

【公開中】BJJ-WAVEゲスト回、2エピソード公開中!

00
毎週YouTubeとMixcloudで配信中の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」。

BJJ-WAVEでは通常のレギュラー回の他にゲストを迎えて収録したゲスト回をイレギュラーで配信してますが、これが毎回好評となってます。

そのゲスト回を2つまとめて配信中なので、それを紹介します。

まずは名古屋市にあるMMAと柔術ジムのstArtの日沖発&前田桂の2人をゲストに迎え、ジムで収録した回です。

日沖選手は柔術よりもMMAでの試合ぶりが有名で、MMA選手としての認識ですが、その日沖選手の柔術観や柔術へのアプローチなどを聞いています。

もう1人の前田桂さんは一般には知られてないですが、知る人ぞ知る日本柔術シーンの影の立役者です。

90年代からロサンゼルスに移住し、現地で寿司職人をしながら柔術を嗜み、自身も選手として活躍しつつ、ロサンゼルスを訪れる柔術家や格闘家を幅広くサポートし、またMMAイベントへブッキングもするというマルチな暗躍ぶりでした。

知り合って10年以上という旧知の間柄である前田さんとの話は話題が多岐に渡って収拾不可になってますが、それだけ話が盛り上がったということでご了承頂きたいと思います。

stArt
■日沖発&前田桂編、動画はコチラ、音声版はコチラから!



そしてもう1つは日系ブラジリアンの雄、レアンドロ・クサノ編です。

新たに移転してリニューアルオープンしたクサノのジムを訪問して収録した回は残念なかまらマイクの不調で所々でノイズが入ってしまってますが、貴重なエピソード満載です。

クサノが柔術を始めたきっかけやイザッキ・パイヴァとの友情、MMAで試合してた当時のことやMMA復帰の気持ち、そして自身の柔術ヒストリーから独立、今後の展望までをしっかりと聞き出しています。

過去にも日系ブラジリアンをゲストに迎えて収録した回はありますが、その中でもトップクラスに日本語が流暢で日本人と同じレベルで突っ込んだ話ができてます。

日系ブラジリアンの人たちとは大会会場で顔を合わせても挨拶や雑談程度で、あまり深い話をする時間がないため、今回の収録でじっくり話を聞けたのはいい機会でした。

このレアンドロ・クサノ編もぜひ見て欲しいゲスト回です。


kusano
■レアンドロ・クサノ編、動画はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】キーラ・グレイシー(34)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年03月06日

【動画】BJJ-WAVE 特別企画「グレイシー柔術の誕生を語る」

gracie
毎週YouTubeとMixcloudで配信している柔術&グラップリングのニュース番組「BJJ-WAVE」。

BJJ-WAVEではレギュラー配信の他に不定期でゲストを呼んだり企画モノを配信していますが、今回もそんな企画モノの紹介です。

この動画は先日オンライン動画サイト「Netflix (ネットフリックス)」でグレイシー柔術をモチーフにしたドキュメンタリー映画『Dead or Alive』が配信されることが発表されました。






それに先駆けてグレイシー柔術の歴史を振り返る動画を企画し、収録したのが今回の動画です。

グレイシー柔術は日本の柔道家・前田光世がブラジルに渡り、グレイシーファミリーに柔道を教え、それをエリオとカーロスの兄弟が独自に技術を改変し、新たにグレイシー柔術として編み出したものと言われています。

その歴史と変遷をざっくりと解説する予定でしたが、いつもながらの雑談多めとなり脱線しまくったせいで肝心のグレイシー柔術の歴史よりも90年代の柔術&MMAの回顧録のような内容になってしまいました。

とはいえ、90年代はまだ柔術とMMAが地続きで、柔術を語るうえでMMAは外せないものでした。

当時は柔術の黒帯保持者はMMAでも強豪として恐れられており、いまのように柔術は柔術のみ、MMAはMMAという別ジャンルではなく柔術とMMAは密接な関係にあったのです。

日本の柔術創成期である90年代後半から2000年代初期に柔術を始めた人たちの多くは修斗やPRIDE、DEEPなどに来日した柔術の黒帯たちのMMAでの活躍に触発されたのがきっかけでしょう。

PRIDEが始まった初期はヒクソンやヘンゾ、ホイラーなどのグレイシーファミリー、それ以降では"ミノタウロ"ホドリゴ・ノゲイラやのちにUFCチャンピオンにもなったムリーロ・ブスタマンチ、そして今でも現役で活躍中のビビアーノ・フェルナンデスなどの柔術出身のMMAファイターたちの活躍で柔術を知り、自らも始めたというパターンが多かったです。

そんな時代の柔術を取り巻く環境やMMAでの柔術家たちの活躍、そしてそれらと密接に関係していたグレイシーファミリーのことを絡めながらざっくばらんに話しています。

本来の目的だったグレイシー柔術の歴史はやや薄めですが、当時を知ってる方には懐かしく、知らない世代の方には新鮮に感じられるエピソードの数々を話してるので、ぜひご視聴ください。

またこの企画は『Dead or Alive』のNetflixでの配信時期が決まり次第、改めてやりたいと思ってます。


■BJJ-WAVE 特別企画「グレイシー柔術の誕生を語る」はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】ヒカルド・エヴァンゲリスタ(33)、トーマス・リスボア(31)、シェイン・スズキ(27)、中田賢一郎



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年02月22日

【動画】BJJ-WAVEゲスト回、グレッグ・ハヤシ編

00
毎週配信している動画と音声による柔術ニュース番組「VHRS presents BJJ-WAVE」。

この番組では不定期で国内外からゲストをお迎えして収録しており好評を頂いてます。

今回はアメリカ・ロサンゼルス在住のグレッグ・ハヤシさんにご参加頂き、いろんな話を聞きました。

主なテーマはヒクソン・グレイシーについてです。

グレッグさんはPRIDEで見たヒクソンの強さに感銘を受けてヒクソンのジムに入門し、そこでヒクソンの練習や日常を垣間見てきました。

途中、柔術から離れていた時期もあったそうですが、また柔術を再開した際にはヒクソンの黒帯であるデヴィッド・カマのジムに入会し、現在もヒクソンのアソシエーションメンバーとして交流があるそうです。

そんなグレッグさんから練習を共にしていた90年代〜2000年代初期のヒクソンのことや、伝え聞いたヒクソン伝説、そして現在に至るまでのあれこれを話してもらってます。

そのエピソードの多くが実際に目にしてきたことなので説得力も抜群で新たなヒクソン伝説も満載。

そしてつい先日、満を持してUFCデビューを果たし、その試合で一本勝ちしたヒクソンの次男・クロンにまつわるエピソードもあり、興味深かったです。

とにかく全編に渡ってヒクソンやグレイシー柔術にまつわる話ばかりの1時間半、現在のいわゆる競技柔術とは違う、ブラジリアン柔術とグレイシー柔術が同義語だった時代のことが聞けたのは貴重でした。

公開から1週間も経っていない中、すでに1000回以上の視聴回数を数えた今回のグレッグ・ハヤシ編、ぜひチェックしてみてください!


gre
VHTS presents BJJ-WAVE
ゲスト:グレッグ・ハヤシ
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!







■過去のBJJ-WAVEはコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】マーシオ・スタンボウスキー(60)、アダム・マルチネス(48)、梅村寛(47)、坪井盛朗(45)、新明佑介(41)、榊原和正(39)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear