English Portugues Japanese

海外大会

2019年06月18日

【結果】アブダビグランドスラム・モスクワ大会

00
AJP(アブダビジュウジュツプロ)主催の賞金トーナメントツアーのアブダビグランドスラムのモスクワ大会が初開催された。

この大会はAJPの2019/2020シーズンの開幕戦で、またムンジアル後の初のビッグトーナメントでもあり、ムンジアル後に黒帯昇格を果たした選手たちの黒帯デビューの場でもあった。

その黒帯デビュー戦を戦った選手たちの中にはムンジアルの後に黒帯になったタリソン・ソアレス、ジョナス・アンドラージ、ジエゴ・パト、ヴィトー・ウゴなどがおり、彼らの試合ぶりは大きな注目を集めていた。

続きを読む

2019年05月03日

【レポ】アブダビワールドプロ2019:女子アダルト黒帯

00
アブダビワールドプロの女子アダルト黒帯は男子より階級が2つ少なく、5階級のみの開催だった。

女子は男子に比べて参加者数も少なく、それに比例して試合数も少ないが、それでも男子と同等の優勝賞金が出るのは当たり前のこととはいえ素晴らしいことだ。

続きを読む

2019年05月02日

【レポ】アブダビワールドプロ2019:アダルト黒帯

x
アブダビワールドプロの大会最終日はアダルト黒帯の男女の決勝戦のみが行われた。

前日に準決勝までが行われて決まった決勝戦は特設マットの1面のみでVIPシートに陣取ったアブダビの重要人物ら見守る中でスタートした。

続きを読む

2019年04月28日

【結果】アブダビワールドマスターズ2019:マスター1黒帯

00
UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで階差されたアブダビワールドプロはアダルトの世界大会という位置づけだが、それに先駆けてキッズとマスターの世界大会もそれぞれ開催されていた。

今年はアブダビワールドプロのマスター部門はアブダビワールドマスターとして開催され、マスター1黒帯には優勝賞金5000ドルが用意されていたのは特筆すべきことだ。

続きを読む

2019年04月27日

【結果】アブダビワールドプロ2019:アダルト黒帯の結果

00
4/26(金)、UAE・アブダビのムバダラアリーナで開催されたUAE JJ主催「アブダビワールドプロ2019」のアダルト黒帯の主な結果です。


続きを読む

2019年04月26日

【結果】アブダビワールドプロ2019:茶&黒帯

00d
ワールドプロの大会2日目は茶帯と黒帯の準決勝戦までが行われた。

黒帯は-56kgに戸所誠哲と澤田伸大が、-94kgにリダ・ハイサムがエントリー。

-56kgはトーナメントではなく総当たり戦で、総勢5人の戦績の上位2人が決勝に進出する仕組みだった。

続きを読む

2019年04月25日

【結果】アブダビワールドプロ2019:紫帯

00c
4/20-26の7日間に渡ってUAE・アブダビのムダバラアリーナで開催されているUAE JJ主催「アブダビワールドプロ2019」。

大会自体は4/20からスタートしており、最初はキッズ男子、キッズ女子、ジュブナイル、マスターと順次開催されていき、4/23からアダルト部門が開幕した。

アダルト部門の大会初日は青帯と紫帯が行われたが、その中から紫帯の試合を紹介したい。

続きを読む

2019年04月24日

【結果】アブダビワールドマスターズ2019

00
4/23(火)、UAE・アブダビのムダバラアリーナで開催されたUAE JJ主催「アブダビワールドマスターズ2019」に日本から参戦した選手たちの試合をレポートする。

今年はアブダビワールドプロのマスター部門にもマスター1には優勝には5000ドルという高額な賞金が懸かるようになり、格段にグレードとレベルが上がったといえるだろう。

続きを読む

2017年07月17日

【結果】アブダビグランドスラム東京2017:主な結果

01
7/15(土)、千葉県幕張・幕張メッセで開催されたUAE JJ主催「アブダビグランドスラム東京2017」の主な結果です。


【アダルト黒帯】
56kg
優 勝 ジョン・カルロス・クラオカ(AXIS)
準優勝 戸所誠哲(パラエストラ岐阜)
3 位 伊東圭(アンビシャス柔術アカデミー)



62kg
優 勝 川嶋和哉(パラエストラ千葉)
準優勝 ギリャルメ・カルバーリョ(アリアンシ)
3 位 山田秀之(トライフォース)



69kg
優 勝 チェ・ワンキ(ジョンフランクルBJJ)
準優勝 白木大輔(CARPE DIEM)
3 位 アレッシャンドレ・ヴィレイラ(BTT)


06
チェ・ワンキ(ジョンフランクルBJJ)



77kg
優 勝 サトシ・ソウザ(ボンサイ)
準優勝 チアゴ・ブラボー(ブラザ)
3 位 クレベル・コイケ(ボンサイ)



04
サトシ・ソウザ(ボンサイ)



85kg
優 勝 イザッキ・バイエンセ(アリアンシ)
準優勝 ジャイミ・カヌート(GFチーム)
3 位 ルーカス・バルボーザ(ATOS)



05
イザッキ・バイエンセ(アリアンシ)



94kg
優 勝 マルコス・ソウザ(ボンサイ)
準優勝 アダム・ワルジンスキ(Zlomiarz Team Gdansk)
3 位 アラン・フィデリス(ボンサイ)



110kg
優 勝 チョイ・ドングァ(Jiu Jitsu lab)
準優勝 アンデウソン・アマカワ(Impacto Japan BJJ)
3 位 



【マスター1黒帯】
62kg
優 勝 ガブリエル・モラエス(アリアンシ)
準優勝 ジョルジ・サントス(UAE JJ)
3 位 高橋健太(GSB)



69kg
優 勝 中村大輔(パトスタジオ)
準優勝 イタロ・ヌーンス(UAE JJ)
3 位 アレッシャンドレ・オガワ(小川柔術)



07
中村大輔(パトスタジオ)



77kg
優 勝 ペドロ・ベッサ(ペドロベッサJJ)
準優勝 後藤悠司(一心柔術)
3 位 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



02
ペドロ・ベッサ(ペドロベッサJJ)



85kg
優 勝 ペドロ・ジョルダオン(グレイシーバッハBH)
準優勝 レアンドロ・クサノ(クサノチーム)
3 位 アドリアーノ・リマ(UAE JJ)



94kg
優 勝 セルソ・カンポス(UAE JJ)
準優勝 アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
3 位 エドゥアルド・マチャド(UAE JJ)



110kg
優 勝 サダ・クリモリ(INFIGHT JAPAN)
準優勝 キム・クェンウ(DCBS)
3 位 エジムンド・カバウカンチ・ジュニオール(JAWS)



【アダルト茶帯】
62kg
優 勝 エロス・バルヨット(ATOS)
準優勝 パウロ・ヤギヌマ(ダムファイトジャパン)
3 位 メエディ・アラオウイ(GFチーム)



69kg
優 勝 チョ・ヨンセム(ジョンフランクル)
準優勝 マーシオ・メデイロス(Impacto Japan BJJ)
3 位 ヨコヤマ・キョウスケ(クレイジービー)



77kg
優 勝 渡辺和樹(CARPE DIEM)
準優勝 ジョン・ドンヨン(クリスキムBJJ)
3 位 もりべ・しんすけ(REDISP)



85kg
優 勝 トーマス・ミツ(CARPE DIEM)
準優勝 ヴィトー・メデイロス(INFIGHT JAPAN)
3 位 ムリーロ・リマ・タバレス(UAE JJ)



94kg
優 勝 マテウス・フェリッペ(チェックマット)
準優勝 リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
3 位 スカイ・ロベル(グレイシーバッハノースリッジ)



女子茶帯49kg
優 勝 マイサ・バストス(GFチーム)
準優勝 松本彩(ドラゴンズデン)
3 位 プリシラ・ゴンサウベス(ホシャ)



女子茶黒帯55kg
優 勝 黒木麻衣子(AXIS)
準優勝 芝本さおり(トライフォース)



女子茶黒帯62kg
優 勝 ラリッサ・パエス(UAE JJ)
準優勝 ナタリア・ズンバ(UAE JJ)



女子茶黒帯70kg
優 勝 プリシラ・セルケイラ(UAE JJ)
準優勝 ジェシカ・アンドラージ(GFチーム)
3 位 キャロライン・マルセリーノ(UAE JJ)



女子茶黒帯90kg
優 勝 ナチエリ・ジーザス(PSLPBシセロコスタ)
準優勝 イングリッジ・フランコ(RUL BJJ)
3 位 リーアン・ジェノベーゼ(AXIS)



03
ナチエリ・ジーザス(PSLPBシセロコスタ)



■その他の公式結果はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年10月27日

【レポ】アブダビグランドスラム東京:Part.2

「アブダビグランドスラム東京」は黒帯以外でも注目選手が多数参戦していた。

その筆頭がグスタボ・バチスタだ。

グスタボは今年のヨーロピアンとワールドプロ、ムンジアルの3冠を果たしており、アダルト茶帯の-85kg級のトーナメントで全試合一本勝ちで優勝。

元シセロコスタ、現Ns Brotherhoodに所属し、レアンドロ・ロとトレーニングを共にするグスタボは、クレイトン・マノエル、エリック・フォート、トーマス・ミツら国内最強レベルの茶帯勢を一蹴し、圧倒的な実力を見せつけていた。

その他、海外の強豪選手の活躍が光った茶帯のトーナメント、そして紫・青帯の注目試合を振り返ってみたい。


2fb
アダルト茶帯85kg準決勝
○グスタボ・バチスタ(NS Brotherhood)
vs
×トーマス・ミツ(CARPE DIEM)
初戦をP2-0で突破したトーマス。一方のグスタボは初戦でクレイトン・マノエル(ダムファイトジャパン)、2回戦でエリック・フォート(ノヴァウニオン)をニーバーで下して準決勝へ。



続きを読む

2016年10月26日

【レポ】アブダビグランドスラム東京:Part.1

1fb
10/23(日)、埼玉県深谷市のビッグタートル深谷で開催されたUAEJJ / JJFJ主催の賞金トーナメント「アブダビグランドスラム東京」。

本大会はUAEJJが主催するチャンピオンシップシリーズのひとつで、今シーズンは9月に行われたLA大会を皮切りに、今回の東京、11月のリオデジャネイロ、来年4月のアブダビ本戦、そして3月のロンドン大会が予定されている。

続きを読む

2016年10月24日

【結果】アブダビグランドスラム東京:主な結果

00
10/23(日)、埼玉県深谷市のビッグタートル深谷で開催されたUAEJJ / JJFJ主催の賞金トーナメント「アブダビグランドスラム東京」の主な結果です。


続きを読む