English Portugues Japanese

海外大会

2020年06月29日

【結果】3GC「KUMITE 掘廛蹈戰襯函Ε劵瓮優后▲痢璽大会を制し歓喜の涙

00
賞金1万ドルの8人トーナメント「KUMITE(組手)」をメインに大会を開催している3GCことサードコーストグラップリング。

初回はミドル、前回はヘビーのドーギトーナメントで、今回はノーギの180lbs=約90kgでトーナメントが行われた。

ノーギということでギありトーナメントに比べバラエティに富んだメンバーが集まり、帯色を超えた顔合わせも実現するなど興味深い対戦が続出した。

3GCは大会独自のルールを制定しており、サブミッションを極めるか11ポイント先取で勝利となる。

続きを読む

2020年06月08日

【結果】3GC「KUMITE1」賞金1万ドル・8人トーナメント

01
6/6(土)、テキサス州ダラスにて3GC(サードコーストグラップリング)が主催する賞金トーナメント「KUMITE1」が開催された。

今年はコロナショックにより1月にIBJJFヨーロピアンが開催されたのみで、それ以外では主だったギのトーナメントは中止・延期となっており、このイベントがIBJJFヨーロピアン以来のビッグトーナメントといえるだろう。

このトーナメントは賞金1万ドルが懸けられたプロトーナメントで、全米各地から強豪選手8人が招聘されている。

続きを読む

2020年04月26日

【柔術プリースト】#403:COPA DE MARIANAS 2020

403op
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回はグアムで開催された「コパデ・マリアナス」を配信します。

グアムで定期開催されている2大大会の1つであるコパデ・マリアナスはグアムのローカル選手が多数参加しており、これを見ればグアムの柔術シーンがうかがい知れるだろうと思います。

ぜひ見てみてください!

配信試合は以下の通りです。


copa-de-marianas-2020
コパデ・マリアナス2020
2/29 GUAM・タイアン高校体育館



続きを読む

2020年03月21日

【レポ】コパデマリアナス2020:色帯

00
「コパデマリアナス2020」の紫帯には一昨年に開催された「マリアナスプロジャパン2018」の青帯で優勝したコリン・エディントンが招聘選手として参加していた。

マリアナスオープンの日本代表選手を決める予選大会的な位置づけとなっている「マリアナスプロジャパン」だが、マリアナスオープンに招聘されるのは黒帯と茶帯で、紫帯と青帯はマリアナスオープンに招聘されることとなっている。

続きを読む

2020年03月17日

【レポ】コパデマリアナス2020:黒帯&茶帯

copa-de-marianas-2020
2/29(土)、グアムにてフューリープロモーション主催「コパデマリアナス2020」が開催された。

グアムではマリアナスオープンがグアム外から強豪を多数招聘して開催されており広く知られているが、このコパデマリアナスはグアムの選手を中心としたローカルイベントとして地元密着で定着している。

続きを読む

2019年10月26日

【大会】女子賞金トーナメント「アブダビ・クイーン・オブ・マット」開催

00
アブダビ・ワールドプロ、アブダビ・グランドスラムツアー、そしてアブダビ・キングオブマットなど数々の賞金大会を主催するAJPが新たな賞金大会開催を発表しました。

その名も「アブダビ・クイーンオブマット」で、これは「アブダビ・キングオブマット」の女子版で、この大会は11/1にブラジル・リオデジャネイロのカリオカアリーナで開催されるアブダビ・グランドスラムツアー・リオデジャネイロ大会と同時開催されます。

昨年の冬に日本でも「クイーンオブマット」の大会名で女子の賞金トーナメントを開催されましたが、それも「アブダビ・キングオブマット」にインスパイアされて開催されたものでした。

そして今回、この「アブダビ・クイーンオブマット」がAJP主催で開催されることになり、日本版の「クイーンオブマット」の名称を継続して使用しての開催が難しくなってしまいましたが、これは仕方のないことでしょう。

そんな「アブダビ・クイーンオブマット」ですが、これまで女子選手たちから「男子のみで女子の賞金トーナメントがないのはおかしい!」と、これは性差別であるとの声明を女子選手たちが合同で発表していたこともあり、そういった差別をなくす意味でも開催が実現したのは喜ばしいことでしょう。

記念すべき「アブダビ・クイーンオブマット」の第1回大会は62kg以下の6人のリーグ戦で、「アブダビ・キングオブマット」と同様にインビテーションオンリーで、AJP系大会で優勝している強豪のみが招聘されています。

参戦予定の6選手は以下の通りです。


01
ルイザ・モンテイロ(ATOS)
優勝候補筆頭のルイザはムンジアル、ワールドノーギ、アブダビグランドスラムなど主要大会の優勝を総ナメ中。
そして今大会参戦の選手の中で最も階級が重いのでその体格差も有利になるはず。



02
ビアンカ・バジリオ(ATOS)
黒帯昇格後、目立った戦績が残せていなかったビアンカだが、先月のADCC優勝は記憶に新しいところ。
そしてコパポジオで今年のムンジアル決勝戦で敗れたアナ・シュミットをトーホールドで一本勝ちしリベンジ、その勢いのまま今大会も制せるか?!



03
マイサ・バストス(GFチーム)
いま最も勢いのある女子黒帯のマイサだが、-62kg以下の今大会ではルースターの体格では厳しい戦いになるのは容易に想像できる。
ルースターのマイサが強豪ぞろいの今大会でどれだけ勝ち星を挙げられるかに注目したい。



04
アマル・アムジャイ(CENSアカデミー)
ベルギー人柔術家のアマルはIBJJFよりもAJP主催大会を優先している選手で、AJP系大会の常連。
まだ茶帯だった2018年にアブダビワールドプロを制し、その名を知らしめた。
日本開催のアブダビ・グランドスラムツアー・日本大会にも2年連続参戦している。



05a
タリタ・アレンカー(アリアンシ)
2017年のムンジアル王者のタリタもここ数年はビッグタイトル獲得には至っていないのが現状だ。
とはいえF2WやPOLARISなどプロイベントには引っ張りだこで、そういったワンマッチ大会では好成績を残している。



06
アナ・ホドリゲス(アリアンシ)
今年の茶帯世界王者のアナはムンジアル優勝後に黒帯昇格したばかりのフレッシュな選手。
AJP主催大会は茶帯と黒帯が合同で行われるため、茶帯vs黒帯の試合も多かっただけに、新人黒帯とはいえ黒帯との対戦経験は豊富だ。



今大会は2つのグループ分けされ、それぞれでのグループで一番戦績が良かった選手が決勝戦で戦うシステムで、これはアブダビ・キングオブマットと同じ。

賞金額は公表されていませんが、恐らくアブダビ・キングオブマットと同額の1万ドルまたはその半額の5000ドルではないかと思われます。

なお今大会はAJPのYouTubeチャンネルで無料配信予定となっています。



Queens-2
【大会】
「アブダビ・クイーンオブマット」
■大会サイトはコチラから!



1222
【参加申し込み受付中】
「ABU DHABI INTERNATIONAL PRO NAGOYA GI&NO GI 2019」
日時:12/22(日)
会場:愛知県武道館
■大会詳細&申し込みはコチラから!

■過去のAJP関連ニュース&レポはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月24日

【大会】台湾柔術オープン2019、開催

taiwan
11/30(土)、台湾の台北にて中華ブラジリアン柔術協会主催の「台湾柔術オープン2019」が開催されます。

台湾では春にASJJFの台湾大会、夏に台湾インターナショナル、そして冬にこのタオ和オープンと大きな大会が3回定期開催中です。

その中でも比較的新しい大会なのがこの台湾オープンで、その他の大会に比べてややカジュアルな感じで気軽に出れることで初心者にも人気となっているそうです。

台湾は大の親日国としても知られており、日本と台湾は国際交流も盛んで、フライト時間も数時間という気軽さも魅力でしょう。

大会開催日数も1日のみでサクッと終わるので最短で大会前日入り&大会当日帰国というエクストリーム参戦も可能。

もちろん2泊3日ぐらいで大会&観光で行くのにちょうどいいと思います。

いつものように台湾の大会は日本人スタッフ&レフェリーが常駐しているので、その他の海外大会に比べて格段に参加しやすいのは間違いありません。

ぜひこの機会に海外大会デビューはいかがでしょうか?!



taiwan
【参加申し込み受付中】
「台湾柔術オープン2019」

【日時】11月30日(土) 午前9時開始予定

【会場】 臺北市立南湖高級中學(台湾・台北)
台北市内湖区康寧路3段220号(臺北市内湖區康寧路3段220號)

【主催】中華ブラジリアン柔術協会

【参加申し込み最終締め切り】11/21(木)

■日本語版サイトの大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】マイサ・バストス(22)、澤田真琴(45)、エドゥアルド・オリヴェイラ(44)、ダニエル・セインティ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月20日

【結果】BJJ STARS

00
10/19(土)、ブラジル・サンパウロで開催されたプロ柔術イベント「BJJ STARS」の試合結果です。

続きを読む

2019年09月19日

【大会】マリアナスプロジャパン2019、開催

mari
毎年グアムで開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン」の日本大会である「マリアナスプロジャパン」の開催が決定しました。

この日本大会はマリアナスプロの2019-2020シーズン開幕戦として行われ、今後は昨シーズンと同様に、ラスベガスやサンディエゴ、韓国などでも順次開催されていく予定になってます。

まずはこの日本で開催されますが、大会の大きな特徴は今大会の既定のカテゴリーで優勝すると来年グアムで開催されるマリアナスオープン本戦に参戦するためのトラベルパックが贈呈されることです。

トラベルパックとは、

居住地からグアムまでの往復航空券
グアム滞在時のホテル&食事
大会参加費
大会翌日のフェアウェルパーティ


がすべて無料で贈呈されます。

さらに大会に優勝して招聘選手として大会に参加する選手は大会前日に行われる記者会見に出席し、現地メディアの取材もあります。


15
■大会前日会見の様子はコチラから!



そしてそのトラベルパックが贈呈されるカテゴリーは以下の4つです。

アダルト黒帯オープンクラス
アダルト茶帯オープンクラス
アダルト紫帯オープンクラス
マスター1黒帯オープンクラス


この中でアダルト紫帯オープンクラスの優勝者のみ、マリアナスオープンではなく同じくグアムで開催されているコパデマリアナスへのトラベルパック贈呈となります。

過去にはこういった海外大会参戦への航空券が贈呈されていたドゥマウの年間ランキングサーキットやワールドプロ予選のような大会がたくさんありましたが、最近はほとんどなくなってしまいました。

最近では8月に開催されたコパブルテリアの紫オープン優勝者に海外往復航空券が贈呈され、大きな話題となったのは記憶に新しいところでしょう。


00
前回のマリアナスプロジャパンのオープンクラスで優勝して日本代表選手たち。
左から、佐野貴文(AXIS横浜)、トーマス・ミツ(CARPE DIEM)、
風間敏臣(パラエストラ川崎)、コリン・エディントン(UPRISING)。




大会に出て勝てば海外大会に出れるかも?というのは大きな魅力で、柔術をやっている人なら誰でも一度くらいは海外で試合してみたい!と思うはず。

そのチャンスをぜひ今大会で叶えてください!

ちなみに前回のマリアナスプロ日本大会は海外サイトのスムースコンプでのエントリーでしたが、今回からASJJFのサイトで参加申し込みできるようにしたのでより出やすくなりました。

もちろんトラベルパックが贈呈されるカテゴリー以外のレギュラートーナメントも同時開催するので、純粋に試合だけしたいという方も大歓迎です。

大会はキッズ、ジュブナイル、アダルト、マスター1&2の5カテゴリーが行われます

参加費も安めに設定しており、9/23の第一次締め切りまでの申し込みで階級別だけなら3000円で出場可能です。

また今年からグアム観光局のスポンサーも付き、さらにグレードアップした大会運営が可能となったので、グアムからも大会主催者のスティーブ・シミズを筆頭に多数の大会スタッフが来日し、国際的な顔ぶれが揃う予定となってます。

すでに参加申し込みは開始してるので、多数の参加をお待ちしています。


1434
【参加申し込み受付中】
「マリアナスプロジャパン2019」
日時:12/15(日)
会場:浦安市総合体育館(千葉・浦安)
※初回参加申し込み締め切りの9/23までにエントリーすれば3000円で参加可能

■詳細&参加申し込みはコチラから!



■今年のマリアナスオープンの大会レポは以下のリンクから。

00
日本から参戦した選手たちの試合


00
黒帯デビジョン2


08
黒帯デビジョン1


00
茶帯



【今日が誕生日の柔術家】サトシ・ソウザ(30)、ルーカス・レプリ(35)、加古拓渡(33)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月18日

【柔術プリースト】#378:TAIWAN INTERNATIONAL 2019

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは台湾の台北で開催された「TAIWAN INTERNATIONAL 2019」です。

配信試合は以下の通りです。


fb
「TAIWAN INTERNATIONAL 2019」
7/14(日)国立台北商業大学体育館(台湾・台北市)



01
マスター2黒帯ライト決勝戦
小山貴之(福住柔術)
vs
田端佑介(パラエストラ千葉)



02
マスター2黒帯オープンクラス決勝戦
ダン・レイド(ダニマルBJJ)
vs
田端佑介(パラエストラ千葉)



05
アダルト茶帯フェザー決勝戦
河野理人(EMAC)
vs
蘇文豪(ユニティ)



09
マスター2茶帯ミドル決勝戦
ディミトリ・テルフェア(The Bear's Den BJJ and MMA)
vs
亀田明宏(福住柔術)



02
BJJテクニックファイルは日沖発の「オモプラッタの極め方」です。



03
#378はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

IBJJFアジア2019大会総括

です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


04
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・マツクマ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月10日

【レポ】マリアナスオープン2019:茶帯

00
「マリアナスオープン2019」から茶帯の試合をレポートする。

茶帯にはオープンクラスのみに賞金が懸かっており、そこには総勢14人もの選手がエントリーしていた。

注目はやはりロベルト・ヒメネスだろう。

ロベルトはマリアナスプロ・ラスベガス大会で優勝し招聘選手としてマリアナスオープン本戦に参戦していたが、その実力者ぶりは頭1つどころか2つ3つほど抜けていた感がある。

続きを読む

2019年09月06日

【レポ】マリアナスオープン2019:黒帯デビジョン1

08
マリアナスオープン2019の黒帯トーナメントの軽量級、デビジョン1は参加予定だったイザッキの負傷欠場により、4人トーナメントとなってしまった。

そしてエントリーの顔ぶれからするとホナウド・ジュニオールの対抗馬がなく、ほとんど優勝の大本命と目されていた。

そして実際に試合もホナウドが2試合を極めての優勝を果たし、賞金3000ドルとチャンピオンベルトを手にしている。

続きを読む

2019年09月05日

【レポ】マリアナスオープン2019:黒帯デビジョン2

00
グアムで開催された「マリアナスオープン2019」の黒帯賞金トーナメントをレポートする。

黒帯は180lbs(約81kg)以下と以上で分けられており軽い方がデビジョン1で重い方をデビジョン2として区別していた。

ここに出ている選手のほとんどは各地域で開催されたマリアナスプロの優勝者たちで、グアムのローカル選手はデビジョン2のハビレル・ミレレツの1人だけ。

これはローカルの黒帯のほとんどがジムの代表やインストラクターたちで、トップ選手たちが相手であったとしても生徒も前で負けるのはよくない、との考えがあるからだろうと推測されていた。

続きを読む

2019年09月04日

【動画】マリアナスオープン2019:日本から参戦した選手たちの試合

00
先週の土曜にグアムで開催されたマリアナスオープン2019。

昨年はFlo Grapplingでライブストリーミングがありましたが、今年は諸事情があり配信がありませんでした。

なので今回BJJ-WAVE収録用に持参したビデオカメラがオフィシャルカメラ扱いになって映像収録&使用許可が出たので、日本から参戦した選手の試合動画を先行公開します。

続きを読む

2019年09月01日

【結果】マリアナスオープン2019:主な結果

01
8/31(土)、グアムのフェニックスセンターで開催された「マリアナスオープン2019」の主な結果です。


続きを読む

2019年08月31日

【大会】マリアナスオープン2019:記者会見

00
8/31(土)、グアムのフェニックスセンターで開催される「マリアナスオープン2019」の記者会見と前日計量がパシフィックスターホテル・ボールルームで行われた。

この会見には賞金トーナメントであるアダルト黒帯と茶帯に出場する選手たちが参加し、集まった地元メディアとの質疑応答などを行い、翌日に迫った大会のプロモーションに務めていた。

続きを読む

2019年08月29日

【大会】開催間近!マリアナスオープン2019

00
毎年グアムで開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン2019」の開催が近づいてます。

マリアナスオープンの開催は8/31(土)で、すでにグアム入りしている選手のいるようです。

日本からは黒帯でリダ・ハイサムと加藤鉄史、茶帯で佐野貴文の3選手が招聘選手として出場します。

黒帯の賞金トーナメントに出場予定の選手は以下の通りです。

続きを読む

2019年07月25日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2019:Part.2

00
台湾国際、レポート後編は会場の様子や色帯、キッズの日本人選手の活躍を紹介したい。

観光地としても人気の台湾は、日本はもとより周辺国からもアクセスしやすいことがあり、例年多くの国々の柔術家が台湾国際に参戦している。

海の日を含む3連休だったことで日本からの参加者も多かったが、タイやベトナム、さらにはインドを拠点とする日本人柔術家も参戦。

大会の告知から開催まで時間が限られていたにも関わらず、これだけ選手が集まるのも本大会が支持されていることの証しだろう。

続きを読む

2019年07月21日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2019:Part.1

fb
7/14(日)、台湾・台北市の国立台北商業大学体育館で「台湾国際柔術チャンピオンシップ2019」が開催された。

本大会は中華ブラジリアン柔術協会が主催、台湾BJJが共催する台湾最大の柔術トーナメントで、その歴史は10年以上を誇る。

続きを読む

2019年07月20日

【結果】TAIWAN INTERNATIONAL 2019:主な結果

fb
7/14(日)、台湾台北市の国立台北商業大学体育館で開催された中華ブラジリアン柔術協会主催&台湾ブラジリアン柔術アカデミー共催「TAIWAN INTERNATIONAL JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2019」の主な結果です。


続きを読む