English Portugues Japanese

海外大会

2022年05月04日

【結果】ミカ・ガウヴァオンがハルクを極めて優勝・BJJスターズ8【ブラジリアン柔術】

00
5/1(日)、ブラジル・サンパウロでプロ柔術イベント「BJJスターズ」の8回目の大会が開催された。

今大会のメインは83kgのミドル級GPの賞金トーナメントで、その他にはADCCルールを使ったノーギ・グラップリングのワンマッチも多数行われている。

BJJスターズのプロモーターであるフェパことフェリッペ・ロペスとADCCのオーガナイザーのモー・ジャシムは協力関係にあるため、そのことが今大会でADCCルールのワンマッチが行われるようになったようだ。

今年は2019年の開催以来、3年ぶりに開催されるADCCの本戦があり、ONEでもグラップリングのワンマッチが組まれたりと、いま世界的にノーギ・グラップリングが隆盛を極めている。

そんな中、今大会ではギありの賞金トーナメントが開催されるのはギありの柔術愛好家にとっては喜ばしいことだろう。

今回は今大会で行われたミドル級GPの試合の結果を中心に紹介する。


■1回戦
01
ルーカス・バルボーザ
vs
ロベルト・ヒメネス

パワーのハルクとテクニックのヒメネスの対戦はハルクがいきなり腕十字を極めかけるなど終始優勢に試合を進め、スイープで2ポイントを獲得したハルクが2-0で勝利。



02
レオナルド・ララ
vs
ウォリソン・オリベイラ

昨年のブラジレイロのミドル決勝の再戦はララのハーフガードスイープに対し、ワリソンがパスを狙う展開で終盤にララがシープ&パスを決めて5-2の判定勝ち。



03
ミカ・ガウヴァォン
vs
レアンドロ・ロ

新鋭・ミカvsレジェンド・ロの図式という初対決は引き込んだミカがロをスイープで攻めていき、1アドバンテージ差で勝利したがロの攻める場面はほぼなくミカが完勝。



04
マウリシオ・オベイラ
vs
ペドロ・マチャド

ペドロはラッソーでマウリシオの動きを止めつ一進一退の攻防も膠着試合の様相を呈していき、試合はレフェリー判定でマウリシオが勝利した。




■準決勝
05
ルーカス・バルボーザ
vs
レオナルド・ララ

早々にダブルアンダーでパスしたハルクはすぐさま腕十字を極めて1分ほど一本勝ちという秒殺勝利。レオ・ララは前の試合で負ったヒザの負傷も影響したか。



06
ミカ・ガウヴァォン
vs
マウリシオ・オリヴェイラ

マウリシオが序盤にスイープし2ポイントを獲得するが、試合の途中でヒザそ負傷し試合ストップとなり、そのまま棄権となってミカが決勝戦進出となった。



■決勝戦
07
ルーカス・バルボーザ
vs
ミカ・ガウヴァォン

ミカがハルクに対して臆することなく真っ向勝負し、タックルでテイクダウンした際にバックに回り込んで絞めを極めて一本勝ち。ハルクを極めてGP優勝し、賞金10万レアル(約260万円)を獲得。



08
このGPでミカはレアンドロ・ロとルーカス・バルボーザという2人のムンジアル王者から勝利。
若干18歳の新鋭黒帯・ミカ、これは凄まじい偉業だったといえるだろう。



■ワンマッチ(上の選手が勝利)
b8
マリアナ・ロルツェット
vs
タイス・ロウレイロ

腕十字



b1
マルコス・ペチョ
vs
ルーカス・プロタシオ

ギロチン



b6
ビア・メスキータ
vs
ジュリア・ボッシャー

腕十字



b5
ファブリシオ・アンドレイ
vs
アレックス・ソドレ

腕十字



b4
グッテンバーグ・ペレイラ
vs
フェリッペ・アンドリュー

ギロチン



b3
フェリペ・プレギーサ
vs
エンリケ・カルドーゾ

ペナルティ



b2
デミアン・マイア
vs
アレックス・オリベイラ

三角絞め



A16060_I1
【Today's pick up】
ブルテリア柔術衣「シルバーフォックス・青」

肩当て部に日本製の超高級フェイクファー生地が使用されてるラグジュアリーキモノ。
裏地には煌びやかな豪華シルバーフォイルプリントも施されています。



A16060_I3
■「シルバーフォックス・青」詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2022年02月11日

【海外大会】IBJJFヨーロピアンに出場のヨースキ・ストー「出れる大会には全部出たい」【ブラジリアン柔術】

00
2/15-20の5日間、イタリアのローマで開催されるIBJJFヨーロピアン2022。

昨年はコロナ禍のため開催されず、2年ぶりの開催でポルトガルからイタリアに開催国も変更されている。

今大会にイチ早くエントリーしたのがヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)だ。

ヨースキは一昨年のヨーロピアンで階級別は準優勝、無差別で優勝し、その無差別で決勝戦は因縁の相手だった“フォオーミガ”ことハファエル・バルボーザに勝っての優勝だった。

そしてコロナ禍にありながらも果敢に海外大会に挑戦し、昨年は悲願のワールドマスターでの優勝も果たした。

そんなヨースキの2022年の初戦を控えたいまの心境を聞いた。



01
「出れる大会には全部出たい」



──昨年に続き、IBJJFヨーロピアンに出場しますね。


ヨースキ:2020年に無差別で優勝したヨーロピアン、また出られるのが嬉しいです。今回は開催地がこれまでのポルトガル・リスボンからイタリアのローマに変わりました。イタリアは行ったことがないので観光するのも楽しみです。

──昨年のワールドマスターでは優勝しましたが、そのときに怪我をしてました。けがの回復具合はどうですか?

ヨースキ:自分の試合の前の日の練習で肘を怪我したまま試合してとても大変でした。実はまだ肘が治ってないので、あまり練習ができてないんです。だから今回のヨーロピアンはミドルではなくミディアムヘビーで出ることにしました。



02
2021年のワールドマスターで優勝したヨースキ。
怪我を抱えたままの苦戦を制した。



──階級を下げるのではなく、あえて上げてのミディアムヘビーでのエントリーはかなり思い切った判断ですね。


ヨースキ:いま通常体重で85kgぐらいなので3〜4kgの減量でミドルで出られるんですが、あまり練習で無理をして怪我を悪化させたくないので、ナチュラル体重のミディアムヘビーにしました。どうせ無差別にも出るので、今回は減量しなくてもいいかな、と思いました。

──このコロナ禍での海外大会参戦はかなりハードルが高いことと思います。

ヨースキ:そうですね。公共の交通機関が使えないので岐阜の自宅から車で成田空港に向かいます。それから成田→ローマで、帰りはスペインに寄ってから帰国します。

──スペインにはなんで行くんですか?

ヨースキ:スペインにもImpacto Japan BJJの支部があるので、そこでセミナーの予定があるんです。大会翌日にスペインのフィゲレスへ行き、そこでセミナーをやってから帰国します。帰国してからは隔離があるので、2月いっぱいは指導もできないし試合にも出れませんね。本当はJBJJFの全日本マスターにも出たかったんですけど。去年のJBJJF全日本マスターはエントリーするときに間違えて無差別にしか出れなかったんです。階級と無差別で優勝したかったんですが残念です。



03
大会後はスペインに行き、セミナーを行うとのこと。
場所はフィゲレスで、ここはカタルーニャの地方都市だ。



04
Impacto Japan BJJはIBJJFのアカデミーランキングで7位にランクインしており、いまや国内だけでなく海外にも支部を持つアソシエーションとなっている。



──帰国してからの隔離があるのは本当に大変ですね。


ヨースキ:そうなんです。5月にはブラジルでやるブラジレイロにも出るので、5月もまた同じ隔離になるのはすごく辛いですね。

──ブラジレイロにも出るんですか。

ヨースキ:もうヨーロピアン、パン、ワールドマスターで優勝してるので、あとはブラジレイロでも勝ちたいんです。ブラジレイロはブラジルのサンパウロのバルエリってところで開催されるんですが、サンパウロのリオクラーロに実家があるので、お母さんも応援に来てくれる予定です。ブラジレイロも頑張ります。

──今月はヨーロピアンで5月はブラジレイロ。海外大会参戦が続きますね。

ヨースキ:もちろん日本国内の大会にもスケジュールの都合さえ合えば出ますよ。昨年12月に出るはずだったプロ柔術「ART.1」も試合できなかったので、それにも出たいし、ASJJFもSJJJFも、JBJJFにも出ます。出れる大会には全部出たいと考えてます。

──昨年は悲願のワールドマスター優勝しましたが、今年のヨースキも活躍しそうですね。頑張ってください。

ヨースキ:ありがとうございます。頑張ります!


ヨースキが出場するIBJJFヨーロピアンのマスター3黒帯は現地時間の土曜日に行われる。

朗報を期待したい。



05
【大会】
「IBJJFヨーロピアン2022」
日程:2/16-20
場所:ローマ、イタリア
■大会詳細はコチラから!




A15817_I1
【Today's Pick up】
BLACK BULL柔術衣「Comp Limited」

BLACK BULLの試合用ドーギ、コンプリミテッド。
ジャケットはがっしりとしてい重厚感があり、パンツには軽くて丈夫なリップストップ。繋ぎ目部分には補強&ダブルステッチ、トリプルステッチが施されており丈夫です。
■詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2022年01月30日

【海外】イゴール・タナベ、ラスベガスの賞金1万ドルGP出場【ブラジリアン柔術】

00
イゴール・タナベ(IGLOO)がまたも海外大会に出陣します。

昨年10月にはイギリスのウェールズで開催されたポラリスに出場し、トミー・ランガカーを相手に送り襟絞めで一本勝ちしたのは記憶に新しいところ。

トミー・ランガカーという強豪から一本勝ちしたこと、そして終始圧倒して極めにまで至った試合内容は日本のみならず世界中で話題となりました。

そしてその勝利が今回のオファーに至ったのは想像に難くありません。

今回イゴールが出場するのはアメリカのラスベガスで開催されているEUGで、これはEvolve Ur Gameの頭文字を取ったプロモーションです。

EUGでは賞金1万ドルのGPトーナメントを目玉にしており、過去にはアンディ・ムラサキ(160lbs優勝)やジョナタ・アウヴェス(170lbs優勝)、そしてノーギではジエゴ・パトらが優勝しています。



01
アンディ・ムラサキ



02
ジョナタ・アウヴェス



pato
ジエゴ・パト




そんなEUGの賞金1万ドルのGPトーナメント、今大会は180lbs=81kgで行われ、ここにイゴール・タナベが出場します。

通常体重100kg超えのイゴールにとって、この81kgというのはかなりの減量を強いられることとなりますが、過去にMMAでも同様な過酷なダイエットを敢行し、無事に計量パスしてること、そして大会まではまだ2ヶ月弱ほどあるので大丈夫でしょう。

このGPトーナメントは8人で争われますが、イゴール以外の出場選手はまだホナウド・ジュニオールの1人しか発表されてません。



05
ホナウド・ジュニオール



ホナウドといえばイゴールの天敵でもあり、過去に5度の対戦経験がありますが全敗という戦績です。

最後に試合したのは2019年のムンジアル・茶帯ミディアムヘビー準決勝で、その試合では三角絞めで一本負けをしています。

その前は紫帯で賞金トーナメントのROYALで対戦も、そこではオーバータイムで敗れました。

ですが、この戦績はすでに3年前のものであり、成長著しいいまのイゴールの実力ならこのホナウド超えもGP優勝も夢ではないはず。

もちろんこれからこのホナウドだけでなく数々の強豪たちがエントリーしてくると思われ、その他のトーナメントメンバーにも注目です。


イゴールの試合に向けてのコメント
「EUG出場が決まったのは凄く嬉しかったですね。
アンディ(ムラサキ)が出てるのを見てていつかは出てみたいなと思ってた大会だし招待されたときはホントに今からでも行きたいぐらい嬉しかったです。対戦相手はまだホナウド・ジュニオールしか決まってないんですけど、ホナウドはたぶん5回ぐらい負けてる選手で、まあ別にそんなコイツに勝ちたいっていう気持ちはないんですけど、トーナメントを優勝するためにホナウド・ジュニオールに勝つ必要があるんだったら、ぜひとも勝って優勝したいですね。別に誰かに勝つのが僕の目標ではなくて、(トーナメントに)優勝するのが僕の目標なんですよね。それが誰がこようが勝って優勝します。(優勝賞金の)1万ドルは(奥さんの)イングリッジに預けます(笑)。子供ももう1人産まれるんで、たぶん使い道はいっぱいあると思いますね。ポラリスでやったように日本を代表してまた世界に挑むんですけど、また必ずいいように活躍してくるので皆さん応援よろしくお願いします。」







03
「EUG検
日程:3/19
場所:ネバダ州ラスベガス

※FLOGRAPPLINGで配信予定



01
【過去記事】EUG #1、アンディ・ムラサキが黒帯デビュー戦でトーナメント優勝、賞金1万ドル獲得



00
【Today's Pickup】
ブルテリア柔術衣「ST 6.0」

このST=スタンダードシリーズはコスパに優れた廉価版でシンプルなデザインとお買い求め易い価格で大人気ラインです。
サイズもA0〜A3まで、さらに中間サイズもあって全13種類ものサイズバリエーションがあるのも高ポイント。



01
「ST 6.0」白の詳細&購入はコチラから!



02
「ST 6.0」青の詳細&購入はコチラから!



03
「ST 6.0」黒の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年07月03日

【結果】BJJスターズ6:絞め落とされても勝者に?!ハルクvsキングコングのモンスター対決が物議を醸す

00
6/26(土)、ブラジルのサンパウロで開催された「BJJスターズ6」。

今大会はブラジルで唯一、定期開催されているプロイベントだが、アメリカで開催されているWNOやF2Wに比べると開催頻度が多くない。

だが鳴り物入りで初開催されたBJJ BETがイベント開催から撤退し、コパ・ポジオも活動が休止中なことを考えると大会を継続して開催しているのは評価できることだろう。

メインには2月に開催された前回大会であるBJJスターズ5のヘビー級GPで優勝したフェリッペ・プレギーサとヘビー級のトップ選手であるパトリック・ガウジオの王座決定戦を据えた。

またセミファイナルにはADCC王者のマテウス・ジニスとプロ大会常連のルーカス・バルボーザをアメリカから招聘し、“キングコング”マテウスvs“ハルク”ルーカスのモンスター対決をPR。

メインをギで、セミはノーギでトップ選手同士の対戦を実現し、大きな話題となっていた。

そのメインはそこまでの試合が一本決着が少なく、ややエキサイトメントに欠ける雰囲気が漂っていたが、それを払拭するような激しさでプレギーサが絞めを極めてヘビー級GP王者の貫禄と実力を大いにアピールし、チャンピオンベルトも獲得した。

だが大会後に物議を醸しているのはセミファイナルで組まれたマテウスとハルクのノーギマッチでの“事件”だった。

試合はハルクのリードのまま試合終盤まで進み、試合が終了直前にマテウスが仕掛けたチョークにより、試合終了とほぼ同時にハルクが絞め落とされてしまった。

失神し動けなくなっているハルクのリプレイ動画は何度も流されて、勝敗が検討されたが最終的にはハルクの勝利に。

問題はハルクが気絶したのは試合終了を知らせるブザーの前か後なのかということだったが、レフェリー陣は「試合終了後」と判断したようだ。

この判定にマテウスは憤懣やるかたない表情だったが、近い将来にBJJスターズで両者の決着戦の実現を期待したい。

他には往年の名選手であるマイケル・ランギのレジェンドマッチや悪童・エルバース・サントスらが出場も、試合内容はいまひとつ。
そんな中でEUG2でミカ・ガウヴァオンに黒帯昇格後初黒星を喫したタイナン・ダルプラがキレのある動きを見せ、絞めで一本勝ちしたのは特筆モノの活躍だった。



01
フェリッペ・プレギーサ
vs
パトリック・ガウジオ
絞め



03
ルーカス・バルボーザ
vs
マテウス・ジニス
2-0



04
ユーリ・シモエス
vs
マハメッド・アリ
レフェリー判定



05
マイケル・ランギ
vs
クラウジオ・カロキンヤ
2-0



06
エルバース・サントス
vs
グッテンバーグ・ペレイラ
レフェリー判定



07
タイナン・ダルプラ
vs
アトス・ミランダ
絞め



08
ビアンカ・バジリオ
vs
ガブリエル・フェッシャー
8-0



09
ディミトリス・ソウザ
vs
ウドソン・マテウス
0-0/2-1




00
【Today's Pick up】
ブルテリア柔術衣「ウルトラライトFire」

ウルトラライトはその名の通りに軽量化に特化しており、デザインもシンプルでさらにお値段も手ごろというコストパフォーマンスに優れたモデル。
青・黒は完売で白のみが在庫ありです。



01
白の詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年04月30日

【大会】ハイサム出場の「WNO」はいよいよ明日開催!

00
かつては数か月に1回のペースで開催されていたWNOことWHO'S NUMBER ONEですが、最近は毎月開催になってます。

前回大会はゴードン・ライアンが、前々回大会はクレイグ・ジョーンズがメインに出場し、それぞれ一本勝ちで大会を盛り上げています。

当初は今大会でもメインに出場し、タイ・ルオトロとの対戦が予定されていたクレイグ・ジョーンズですが、コロナウイルスのワクチン接種後に体調不良となり欠場となってしまいました。

その代打としてF2Wで多数の実績を持つウイリアム・タケットが抜擢され、タイ・ルオトロとセミファイナルで対戦することとなりました。

そしてクレイグ・ジョーンズ欠場となり、メインに繰り上げとなったのはハファエル・ロバトJRギルバート・ドゥリーニョの顔合わせです。

そして日本的には元CARPE DIEMで現在はデトロイトのアセンブリーJJに在籍するリダ・ハイサムのWNO初登場でしょう。

ハイサムは昨年11月に渡米しアメリカ移住となり、拠点を移しながらIBJJFの大会やF2Wなどで実績を残しています。

それらが評価されて今回のWNO出場となりました。

残念ながら本戦ではなくプレリムでの前座マッチでの出場ですが、逆によかったのはプレリムは無料で視聴可能なことです。

本戦はFlograpplingの有料会員でければ見れませんが、プレリムは無料配信。

今大会は日本時間の5/1(土)、9:00から開始なので、ぜひハイサムのWNO初出場を視聴して欲しいと思います!


01
メインイベント
ハファエル・ロバトJR
vs
ギルバート・ドゥリーニョ

柔術黒帯にしてMMAでも数多くの戦績を残す両者の対戦。ロバトはレガシーとベラトールを主戦場としながら頭部に血種があることがわかりMMAは引退し柔術&グラップリングで試合復帰し、ドゥリーニョはUFCで現在も戦っている。



02
セミファイナル
ウイリアム・タケット
vs
タイ・ルオトロ

クレイグ欠場の代打出場となったウイリアムは先週末にはF2Wでヴァグナー・ホシャとタイトルマッチで対戦し判定負けも好勝負を展開していた。タイはクレイグとの対戦実現までは敗北は許されないので、この試合は勝利は当然、できるなら一本勝ちを見たい。



03
ニッキー・ライアン
vs
PJバーチ

前々回のWNOでロベルト・ヒメネスとの試合を負傷欠場したニッキー、2か月ぶりの試合復帰戦となる。対戦相手のPJバーチは10thの選手で試合出場は多いものの12勝11敗と勝ったり負けたりの選手。この試合はニッキーの一本勝ちの可能性がかなり高い。



04
アレックス・グウェン
vs
グレース・ガンドラム

当初はジェサ・カーンとの対戦が予定されていたガンドラムだが、ジェサ欠場でアレックスとの対戦に変更となった。アレックスは昨年のパンノーギ王者で一昨年は3位という実績を持つが、まだ茶帯なのでガンドラム相手にどれだけやれるかに注目だ。



05
イーサン・クレリンステン
vs
ケイド・ルオトロ

イーサンはADCC、WNO、KASAI、ポラリスなどに出場経験があるハイレベルなカナダ人グラップラー。対するケイドはまだ18歳の若き精鋭で双子のタイとともにWNO出場となり、兄弟揃っての勝利を飾りたいところだろう。



06
アンドリュー・ウィルセ
vs
デヴィッド・ガルモ

WNO本戦のオープニングを飾るのはアセンブリーJJを主宰するデヴィッド・ガルモだ・得意とするギロチンを武器にノーギ&グラップリングで猛威を振るっている。対するアンドリューは昨年のパンノーギ王者で実力者同士の好勝負必至だ。



07
ジェシカ・クレーン
vs
ローレン・シアーズ

まだ19歳の茶帯のジェシカは今大会が開催されるテキサス生まれの地元の選手。F2Wの女子マッチのレギュラーで青帯でムンジアル王者となっている。ジェシカと対戦するローレンもテキサス出身で、10thの紫帯だ。



08
リダ・ハイサム
vs
スローン・クライマー

必見のハイサムWNO初出場の相手はキーナン・コーネリアスのレギオンJJの黒帯、スローン。個性的なヒゲが特徴のアメリカ人選手で、F2Wの148&149で2連勝中の新鋭だ。最近のハイサムは判定勝ちばかりなので、そろそろ一本での勝利が見たい。



00
WNOの配信ページはコチラから!
※日本時間の5/1(土) AM9:00〜プレリムのみ無料視聴可能



j0
【Today's Pick up】
BLACK BULL「ライトジャケット・ミリタリー」

暖かくなってきたとはいえ、まだまだ朝晩は肌寒い今日この頃。
そんなときにぴったりなのがこのジャケットです。
ミリタリーテイストの薄手のジャケットはTシャツの上に着るのにちょうどいいです。
黒・ミリタリー緑・赤の3色展開で好評発売中です。



j2
黒の詳細&購入はコチラから!



j3
ミリタリー緑の詳細&購入はコチラから!



j4
赤の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年04月09日

【結果】EUG #1、アンディ・ムラサキが黒帯デビュー戦でトーナメント優勝、賞金1万ドル獲得

01
4/3にラスベガスで初開催されたEUG。

EUG=Evolve Ur Gameの頭文字を取ったプロモーション名で、大会主催はコブリンヤの黒帯でラスベガスにジムを構えるヘクター・バスケスが務めた。

いまアメリカでは大小様々な配信系の大会プロモーションがあるが、その中にあって初開催の大会から賞金1万ドルを用意したトーナメントを行うのはインパクトがあった。

またその参加メンバーも世界王者はもとよりIBJJFメジャートーナメントのチャンピオンクラスがずらりを顔を揃えていたのは壮観だった。

そしてトーナメントの体重もちょうどフェザーとライトの中間で、IBJJFの大会であったら見られなかったであろうレアな対戦が多数実現し、マニアたちを喜ばせた。

その中で優勝したのは今大会が黒帯デビュー戦というアンディ・ムラサキだ。

アンディは日本で生まれ育った日系ブラジル人で、ジュブナイル前のティーン時代からその素質と実力は高く評価されてきた逸材。

ティーンを卒業し、ジュブナイルの年齢になってからは海外のIBJJFトーナメントを席巻し、その勢いのまま海外の強豪ジムを渡り歩き、最終的にはサンディエゴのATOS HQに辿り着いた。

ここでアンドレ・ガウヴァオンやルーカス・ハルク、ホナウド・ジュニオール、カイナン・デュアルテなどトップ勢と研鑽の日々を送り、今年になって満を辞して黒帯昇格を果たした。

そこで迎えた黒帯デビュー戦が今大会で、抽選で決まったトーナメント1回戦はコブリンヤJRことケネディ・マシエルという超が付くほどの強豪だったが、これを破るアップセットで初戦を突破。

続く準決勝はジョニー・タマから勝利して勝ち上がってきたジアニ・グリッポで、ジアニはサイドからの三角絞めでタップアウト。

ジアニは2014年以来、階級別の試合ではタップしてなかったという記録があったが、それを破る一本勝ちは脅威に値するだろう。

こうして勝ち上がった決勝戦は2019年のムンジアル王者のマテウス・ガブリエルだったが、ガードに引き込んだマテウスをトップからパスのプレッシャーをかけ続け、レフリー判定勝ちをもぎ取った。

1階級下のフェザー級のムンジアル王者を黒帯デビュー戦で破ってトーナメント優勝というアンディ・ムラサキは快挙という他ないビッグアップセットだっただろう。

この優勝で黒帯デビュー戦でいきなり世界のトップ黒帯の一角というポジションを得たアンディ・ムラサキ、今週末にはアブダビで開催されるAJPワールドプロにも出場なので、そこでも活躍を期待したい。



00
ずらりと揃ったフェザー〜ライトの精鋭たち。
この8人で賞金1万ドルのワンデートーナメントが行われた。



02
強豪しかいないトーナメントで優勝したのは今大会で黒帯デビューのアンディ・ムラサキだった。
トーナメントの結果は以下の通り。

■1回戦

×ジョナタ・アウヴェスvs○マテウス・ガブリエル 2-4
○アンディ・トーマス・ムラサキvs×ケネディ・マシエル 0-0 レフリー判定勝ち
×アイザック・ドーダラインvs○マーシオ・アンドレ 0-0 レフリー判定
○ジアニ・グリッポvs×ジョニー・タマ 4-2

■準決勝
○マテウス・ガブリエルvs×マーシオ・アンドレ 0-0 レフリー判定
○アンディ・トーマス・ムラサキvs×ジアニ・グリッポ 三角絞め

■決勝戦
×マテウス・ガブリエルvs○アンディ・トーマス・ムラサキ 0-0 レフリー判定勝ち



03
女子黒帯のワンマッチはマイサ・バストスがジェサ・カーンを21-2という大差の判定で破り、チャンピオンベルトを獲得。



04
女子茶帯のワンマッチはジェニファー・アキノがジュリア・バルマンテから2度のスイープを決め4−0で勝利。




00
【Today's Pick up】
ブルテリア柔術衣「ウルトラライトFire」

ウルトラライトはその名の通りに軽量化に特化しており、デザインもシンプルでさらにお値段も手ごろというコストパフォーマンスに優れたモデル。
色は白・青・黒の3色展開も青&黒は完売で白のみが購入可能となっています。



01
白の詳細&購入はコチラから!



btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年04月03日

【大会】EUG Promotion #1

00
いまアメリカでは配信大会花盛り。

ほぼ毎週末に大会を開催しているF2W、今春から毎月開催になったWNOことWho'sNumber Oneはフローグラップリングで配信されている。

そしてUFCファイトパスでは日本の石井慧が定期参戦しているSUG(サブミッションアンダーグラウンド)にエディ・ブラボー主催のEBI(エディ・ブラボー・インビテーショナル)が視聴可能で、次回大会からはFITEで配信されるようになった「KUMITE」は高額賞金が懸かったワンデートーナメントが目玉だ。

これらの他にも小規模なローカルプロモーションが多々あり、それらを挙げたら枚挙にいとまがないほどだ。

そんなアメリカで新たに配信大会が旗揚げとなり、注目を集めている。

今回ラスベガスで初開催となるEUGはEvolve Ur Gameの略で、それがそのまま大会タイトルとなっており、第1回大会のメインは黒帯フェザー級の賞金トーナメントで、その他に女子のワンマッチ2試合が組まれている。

プロモーターはコブリンヤの黒帯でラスベガスでジムを主宰しているヘクター・バスケスだ。

この賞金トーナメントは一万ドルとベルトが賭けられており、当初予定されていたラインナップからは多少の変更がありながらも興味深い顔触れが揃った。

コブリンヤJR・ケネディ、先日開催されたオーランドオープン優勝のジアニ、ムンジアル王者・マテウス、ムンジアル準優勝のマルシーニョ、AOJのトップ黒帯・ジョナタ、さらにWNO出場のジョニー、入賞多数のアイザック、新黒帯・アンディと8人のトーナメントだ。

それに加えて女子ワンマッチはマイサ・バストスとジェサ・カーンのリマッチにジュリア・バルマンテとジェニファー・アキノの茶帯マッチと、女子マッチも勝敗が読めない勝負論のあるマッチメイクとなっている。

今大会は今週末の4/3にラスベガスで開催され、フローグラップリングで配信されるが、日本には時差の関係で日曜の午前中から視聴可能なので、フローグラップリングに加入している人にはぜひ見てもらいたいビッグイベントだ。



01
EUGの第1回大会は賞金1万ドル&チャンピオンベルトが懸かった8人の選手による賞金トーナメント。
階級は160lbsなので72kgとなり、ちょうどフェザーとライトの中間ぐらいだ。



02
当初はシェーン・ヒル・テイラー、チアゴ・マセドがエントリーしていたが紆余曲折あってこのメンバーに落ち着いた。
だが8人中3人がアリアンシの選手なのが気にかかる。



03
ケネディ・マシエル(アリアンシ)
コブリンヤJRとして知られるケネディ。
偉大なる父の遺伝子を受け継ぎ、ケネディもトップ選手と成長した。



04
ジアニ・グリッポ(アリアンシ)
先日行われたIBJJFオーランドオープンでも優勝したジアニ。
最近はミヤオ兄弟とも練習している姿がSNSで見られる。



05
アイザック・ドーダライン(アリアンシ)
所属はアリアンシだが現在はUNDIFITEDがオープンしたジムで指導しているアイザック。
ケネディとアイザックがLAにあるコブリンヤのジム、ジアニはNYのマルセリーニョのジムに所属している。



06
ジョニー・タマ(スタジオ76)
エクアドル人のジョニーもアリアンシ系の選手だが、現在はラスベガスのロベルト・ヒメネスのジムに在籍。ジョニーは先週行われたWNOに出場も、オリバー・タザに判定負け。



07
マーシオ・アンドレ(ノヴァウニオン)
マルシーニョことマーシオは昨年11月のF2W以来の試合出場。その試合ではライト級で出場し。サムエル・ナガイに判定負けを喫した。今大会ではベストウエイトのフェザーに近いため、よりよいパフォーマンスが期待できるはずだ。



08
ジョナタ・アウヴェス(AOJ)
コロナ禍にあっても積極的に試合出場しているジョナタ。オーランドオープン、ダラスオープンと連続出場&連続優勝の好調ぶり。今大会でも優勝候補筆頭に挙げられるのはジョナタで間違いないだろう。



09
マテウス・ガブリエル(チェックマット)
2019年のムンジアル王者、マテウスは昨年のIBJJFパンでケネディに勝利しており、現在のフェザー級で最強の一角として名を轟かせている。今大会ではライト級の選手との対戦も実現するので楽しみだ。



10
アンディ・トーマス・ムラサキ(ATOS)
今年の2月に満を持して黒帯昇格を果たしたアンディ・トーマス・ムラサキ。今大会が黒帯デビュー戦となるが、このメンバーの中にいても違和感がないほど色帯での実績は突出している。黒帯デビュー戦での金星も十分にあり得る。



11
女子黒帯マッチ
マイサ・バストス(GFチーム)
vs
ジェサ・カーン(AOJ)
当初、ジェサの相手はタミレス・アキノが予定されていたが欠場となり、その代打としてタミレスのチームメイト、マイサが緊急出場。この試合はAJPで対戦しており、そのときはマイサが勝利しているが、僅差の好勝負だった。今回も激戦必至だ。



12
女子茶帯マッチ
ジュリア・バルマンテ(コブリンヤラスベガス)
vs
ジェニファー・アキノ(ATOS)
今大会のプロモーターであるヘクター・バスケスのジュリアは若干二十歳の新鋭。対するジェニファーはタミレス・アキノの双子の妹でアンドレ・ガウヴァオンの茶帯にしてIBJJFパン王者。この両者の試合もどちらが勝つかわからない勝敗の読めない一戦だ。



00
「EUG Promotion #1」
配信時間:4/4(日) 10:00開始予定
■大会配信ページはコチラから!




00
【Today's Pick up】
ブルテリア「ラッシュガードFire」

ファイアパターンのロゴがかっこいいラッシュガード。
半袖と長袖の2種類が好評発売中!



02
半袖の詳細&購入はコチラから!



01
長袖の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2021年02月08日

【結果】BJJスターズ・ヘビー級GP

00
2/6(土)、ブラジルのサンパウロでプロ柔術イベントト「BJJスターズ」が開催された。

BJJスターズは今大会で5回目の開催となり、定着した感があるが、今回はコロナ禍の渦中での開催でありながらブラジル国内だけでなくアメリカからも選手を招聘してのカード編成で意気込みを感じさせた。

そんな今大会のメインはヘビー級GPで8人の賞金トーナメントだった。

ムンジアル王者のフェリッペ・プレギーサやニコラス・メレガリ、エルバース・サントス、ルーカス・バルボーザらの他に、グッテンバーグ・ペレイラやエリック・ムニス、ルイス・パンザなどの新鋭&ベテランたちをずらりと揃えた豪華トーナメントが実現。

そしていま流行りのオンラインベットで賭けの対象にもなるなど、大会はかつてないほどの規模となっている。

その他にも定番のレジェンドマッチには往年のムンジアル王者であるマリオ・ヘイスが5年ぶりに試合に挑む復帰戦もラインナップされた。

さらにヒールフック解禁となったIBJJFノーギルールを本家のIBJJFより先に施行して行うノーギマッチなど注目試合の連続だった。

それだけに4時間以上ものロングイベントになってしまったが、これはそれぞれの試合後に勝者の個別インタビューがあったために致し方ないかもしれないが、やや冗長感は否めなかった。

その部分が改善され、もっと試合と試合の合間がテンポよく進んでいたら時間短縮&視聴後の疲労感も軽減されたはずだけに、もったいなく感じた部分だ。

とはいえ、これだけの豪華メンバーを揃えて開催されたBJJスターズはブラジル最大のプロ柔術イベントの座を確固たるものにしたのは間違いないだろう。


02
ヘビー級GP

■1回戦
○フェリッペ・プレギーサ
vs
×ルイス・パンザ

GPは7分マッチ。引き込んでシングルレッグのプレギーサがスイープで先制。そこからベリンボロ的なムーブでバック狙いのパンザだが不発。そして50/50の流れからギロチンを仕掛けたプレギーサがタップを奪い一本勝ち。






○グッテンバーグ・ペレイラ
vs
×ニコラス・メレガリ

優勝本命のメレガリ、グッテンバーグのパスのアタックに苦戦。ハーフで凌いでいくもアドバンテージを献上し続ける。そのまま試合は終わり0-0/5-0でグッテンバーグ勝利のアップセット!







○エリック・ムニス
vs
×エルバース・サントス

デラヒーバから50/50を経由してスイープしたムニス。そして50/50のままエルバースとムニスがそれぞスイープし、4-2でムニス勝利に。この試合もアップセット!






×ユーリ・シモエス
vs
○ルーカス・バルボーザ

ADCC&ワールドノーギ王者のユーリとムンジアル&ワールドノーギ王者のハルクのチャンピオン対決。試合は序盤にテイクダウンし、ユーリのハーフをパス&ニーベリを決めたハルクが7-0で手堅く勝利。






■準決勝
○フェリッペ・プレギーサ
vs
×エリック・ムニス

試合開始早々にスイープに成功したムニス、そのままムニスがリードしたまま試合は進んでいくも試合終了間際にスイープ仕返したプレギーサが2-2/3-1のアドバンテージ差で辛勝し決勝戦進出を決めた。






○グッテンバーグ・ペレイラ
vs
×ルーカス・バルボーザ

メレガリに勝ったグッテンバーグ、ハルクも破る快進撃。引き込んでクローズドを起点にデラヒーバ、ラッソーと多彩なガードワークでハルクを翻弄。ノーポイント・ノーアドバンテージながらレフ判勝ちで決勝へ。






■決勝戦
○フェリッペ・プレギーサ
vs
×グッテンバーグ・ペレイラ

プレギーサが引き込んで50/50。そこからニアパスでグッテンバーグにアドバンが入る。しかしプレギーサがスイープでポイントを得て、さらにパスでアドバンテージも獲得し、2-0/2-1で勝利してGP制覇。






03
○レアンドロ・ロ
vs
×アレックス・ムニス

最近は往年の勢いも衰え髭には白毛も目立つようになってきたロが黒帯ルーキーのアレックスと対戦。アレックスはグスタボ・バチスタの代打で急遽出場した。試合は引き込みからスイープし、ニースライスのハーフから絞めを極めたロが一本勝ち。






04
○イザッキ・バイエンセ
vs
×ロベルト・ヒメネス

スーパーファイト常連のヒメネスとムンジアル王者・イザッキのノーギマッチ。スタンドの攻防が続く中、テイクダウン×2を決めたイザッキが4-0で勝利。






05
○ガブリエル・ロウロ
vs
×ミルトン・ヴィレイラ

ロウロのニックネーム、パリートはポルトガル語で爪楊枝の意味。対するミルチーニョはスピニングチョークの創始者として知られる。このノーギマッチはパリートがスイープ&パスから腕十字を極めて一本勝ち。



06
○マリオ・ヘイス
vs
×レオン・アマンシオ

2015年以来、6年ぶりに試合出場のマリオはレジェンド枠の5分の試合時間。引き込んでハーフガードのアマンシオに対し再三のパス狙いで試合時間ラスト30秒でパスガードに成功したマリオが3-0で勝利。






07
×タマラ・フェレイラ
vs
○ビア・メスキータ

IBJJFルールのノーギマッチはIBJJFより1か月先にBJJスターズで行われることに。早速ヒールフックを仕掛けていくビアだったが極めれず。試合はタマラがテイクダウン場外逃避でビアに2ポイントが入り2-0でビア勝利。






j0
【Today's Pick up】
BLACK BULL「ライトジャケット・ミリタリー」

そろそろ師走で本格的に寒くなってきました。
そんなときにぴったりなのがこのジャケットです。
ミリタリーテイストの薄手のジャケットはパーカーの上に着るのにちょうどいいです。
黒・ミリタリー緑・赤の3色展開で好評発売中です。



j2
黒の詳細&購入はコチラから!



j3
ミリタリー緑の詳細&購入はコチラから!



j4
赤の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




KBJJC_メンバー募集
橋本欽也が主宰するサブスクサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり柔術界の最新情報も満載。
随時、新メンバーを募集中です。詳細&参加はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年04月26日

【柔術プリースト】#403:COPA DE MARIANAS 2020

403op
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回はグアムで開催された「コパデ・マリアナス」を配信します。

グアムで定期開催されている2大大会の1つであるコパデ・マリアナスはグアムのローカル選手が多数参加しており、これを見ればグアムの柔術シーンがうかがい知れるだろうと思います。

ぜひ見てみてください!

配信試合は以下の通りです。


copa-de-marianas-2020
コパデ・マリアナス2020
2/29 GUAM・タイアン高校体育館



続きを読む

2020年03月21日

【レポ】コパデマリアナス2020:色帯

00
「コパデマリアナス2020」の紫帯には一昨年に開催された「マリアナスプロジャパン2018」の青帯で優勝したコリン・エディントンが招聘選手として参加していた。

マリアナスオープンの日本代表選手を決める予選大会的な位置づけとなっている「マリアナスプロジャパン」だが、マリアナスオープンに招聘されるのは黒帯と茶帯で、紫帯と青帯はマリアナスオープンに招聘されることとなっている。

続きを読む

2020年03月17日

【レポ】コパデマリアナス2020:黒帯&茶帯

copa-de-marianas-2020
2/29(土)、グアムにてフューリープロモーション主催「コパデマリアナス2020」が開催された。

グアムではマリアナスオープンがグアム外から強豪を多数招聘して開催されており広く知られているが、このコパデマリアナスはグアムの選手を中心としたローカルイベントとして地元密着で定着している。

続きを読む

2019年10月26日

【大会】女子賞金トーナメント「アブダビ・クイーン・オブ・マット」開催

00
アブダビ・ワールドプロ、アブダビ・グランドスラムツアー、そしてアブダビ・キングオブマットなど数々の賞金大会を主催するAJPが新たな賞金大会開催を発表しました。

その名も「アブダビ・クイーンオブマット」で、これは「アブダビ・キングオブマット」の女子版で、この大会は11/1にブラジル・リオデジャネイロのカリオカアリーナで開催されるアブダビ・グランドスラムツアー・リオデジャネイロ大会と同時開催されます。

昨年の冬に日本でも「クイーンオブマット」の大会名で女子の賞金トーナメントを開催されましたが、それも「アブダビ・キングオブマット」にインスパイアされて開催されたものでした。

そして今回、この「アブダビ・クイーンオブマット」がAJP主催で開催されることになり、日本版の「クイーンオブマット」の名称を継続して使用しての開催が難しくなってしまいましたが、これは仕方のないことでしょう。

そんな「アブダビ・クイーンオブマット」ですが、これまで女子選手たちから「男子のみで女子の賞金トーナメントがないのはおかしい!」と、これは性差別であるとの声明を女子選手たちが合同で発表していたこともあり、そういった差別をなくす意味でも開催が実現したのは喜ばしいことでしょう。

記念すべき「アブダビ・クイーンオブマット」の第1回大会は62kg以下の6人のリーグ戦で、「アブダビ・キングオブマット」と同様にインビテーションオンリーで、AJP系大会で優勝している強豪のみが招聘されています。

参戦予定の6選手は以下の通りです。


01
ルイザ・モンテイロ(ATOS)
優勝候補筆頭のルイザはムンジアル、ワールドノーギ、アブダビグランドスラムなど主要大会の優勝を総ナメ中。
そして今大会参戦の選手の中で最も階級が重いのでその体格差も有利になるはず。



02
ビアンカ・バジリオ(ATOS)
黒帯昇格後、目立った戦績が残せていなかったビアンカだが、先月のADCC優勝は記憶に新しいところ。
そしてコパポジオで今年のムンジアル決勝戦で敗れたアナ・シュミットをトーホールドで一本勝ちしリベンジ、その勢いのまま今大会も制せるか?!



03
マイサ・バストス(GFチーム)
いま最も勢いのある女子黒帯のマイサだが、-62kg以下の今大会ではルースターの体格では厳しい戦いになるのは容易に想像できる。
ルースターのマイサが強豪ぞろいの今大会でどれだけ勝ち星を挙げられるかに注目したい。



04
アマル・アムジャイ(CENSアカデミー)
ベルギー人柔術家のアマルはIBJJFよりもAJP主催大会を優先している選手で、AJP系大会の常連。
まだ茶帯だった2018年にアブダビワールドプロを制し、その名を知らしめた。
日本開催のアブダビ・グランドスラムツアー・日本大会にも2年連続参戦している。



05a
タリタ・アレンカー(アリアンシ)
2017年のムンジアル王者のタリタもここ数年はビッグタイトル獲得には至っていないのが現状だ。
とはいえF2WやPOLARISなどプロイベントには引っ張りだこで、そういったワンマッチ大会では好成績を残している。



06
アナ・ホドリゲス(アリアンシ)
今年の茶帯世界王者のアナはムンジアル優勝後に黒帯昇格したばかりのフレッシュな選手。
AJP主催大会は茶帯と黒帯が合同で行われるため、茶帯vs黒帯の試合も多かっただけに、新人黒帯とはいえ黒帯との対戦経験は豊富だ。



今大会は2つのグループ分けされ、それぞれでのグループで一番戦績が良かった選手が決勝戦で戦うシステムで、これはアブダビ・キングオブマットと同じ。

賞金額は公表されていませんが、恐らくアブダビ・キングオブマットと同額の1万ドルまたはその半額の5000ドルではないかと思われます。

なお今大会はAJPのYouTubeチャンネルで無料配信予定となっています。



Queens-2
【大会】
「アブダビ・クイーンオブマット」
■大会サイトはコチラから!



1222
【参加申し込み受付中】
「ABU DHABI INTERNATIONAL PRO NAGOYA GI&NO GI 2019」
日時:12/22(日)
会場:愛知県武道館
■大会詳細&申し込みはコチラから!

■過去のAJP関連ニュース&レポはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月24日

【大会】台湾柔術オープン2019、開催

taiwan
11/30(土)、台湾の台北にて中華ブラジリアン柔術協会主催の「台湾柔術オープン2019」が開催されます。

台湾では春にASJJFの台湾大会、夏に台湾インターナショナル、そして冬にこのタオ和オープンと大きな大会が3回定期開催中です。

その中でも比較的新しい大会なのがこの台湾オープンで、その他の大会に比べてややカジュアルな感じで気軽に出れることで初心者にも人気となっているそうです。

台湾は大の親日国としても知られており、日本と台湾は国際交流も盛んで、フライト時間も数時間という気軽さも魅力でしょう。

大会開催日数も1日のみでサクッと終わるので最短で大会前日入り&大会当日帰国というエクストリーム参戦も可能。

もちろん2泊3日ぐらいで大会&観光で行くのにちょうどいいと思います。

いつものように台湾の大会は日本人スタッフ&レフェリーが常駐しているので、その他の海外大会に比べて格段に参加しやすいのは間違いありません。

ぜひこの機会に海外大会デビューはいかがでしょうか?!



taiwan
【参加申し込み受付中】
「台湾柔術オープン2019」

【日時】11月30日(土) 午前9時開始予定

【会場】 臺北市立南湖高級中學(台湾・台北)
台北市内湖区康寧路3段220号(臺北市内湖區康寧路3段220號)

【主催】中華ブラジリアン柔術協会

【参加申し込み最終締め切り】11/21(木)

■日本語版サイトの大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】マイサ・バストス(22)、澤田真琴(45)、エドゥアルド・オリヴェイラ(44)、ダニエル・セインティ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年10月20日

【結果】BJJ STARS

00
10/19(土)、ブラジル・サンパウロで開催されたプロ柔術イベント「BJJ STARS」の試合結果です。

続きを読む

2019年09月19日

【大会】マリアナスプロジャパン2019、開催

mari
毎年グアムで開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン」の日本大会である「マリアナスプロジャパン」の開催が決定しました。

この日本大会はマリアナスプロの2019-2020シーズン開幕戦として行われ、今後は昨シーズンと同様に、ラスベガスやサンディエゴ、韓国などでも順次開催されていく予定になってます。

まずはこの日本で開催されますが、大会の大きな特徴は今大会の既定のカテゴリーで優勝すると来年グアムで開催されるマリアナスオープン本戦に参戦するためのトラベルパックが贈呈されることです。

トラベルパックとは、

居住地からグアムまでの往復航空券
グアム滞在時のホテル&食事
大会参加費
大会翌日のフェアウェルパーティ


がすべて無料で贈呈されます。

さらに大会に優勝して招聘選手として大会に参加する選手は大会前日に行われる記者会見に出席し、現地メディアの取材もあります。


15
■大会前日会見の様子はコチラから!



そしてそのトラベルパックが贈呈されるカテゴリーは以下の4つです。

アダルト黒帯オープンクラス
アダルト茶帯オープンクラス
アダルト紫帯オープンクラス
マスター1黒帯オープンクラス


この中でアダルト紫帯オープンクラスの優勝者のみ、マリアナスオープンではなく同じくグアムで開催されているコパデマリアナスへのトラベルパック贈呈となります。

過去にはこういった海外大会参戦への航空券が贈呈されていたドゥマウの年間ランキングサーキットやワールドプロ予選のような大会がたくさんありましたが、最近はほとんどなくなってしまいました。

最近では8月に開催されたコパブルテリアの紫オープン優勝者に海外往復航空券が贈呈され、大きな話題となったのは記憶に新しいところでしょう。


00
前回のマリアナスプロジャパンのオープンクラスで優勝して日本代表選手たち。
左から、佐野貴文(AXIS横浜)、トーマス・ミツ(CARPE DIEM)、
風間敏臣(パラエストラ川崎)、コリン・エディントン(UPRISING)。




大会に出て勝てば海外大会に出れるかも?というのは大きな魅力で、柔術をやっている人なら誰でも一度くらいは海外で試合してみたい!と思うはず。

そのチャンスをぜひ今大会で叶えてください!

ちなみに前回のマリアナスプロ日本大会は海外サイトのスムースコンプでのエントリーでしたが、今回からASJJFのサイトで参加申し込みできるようにしたのでより出やすくなりました。

もちろんトラベルパックが贈呈されるカテゴリー以外のレギュラートーナメントも同時開催するので、純粋に試合だけしたいという方も大歓迎です。

大会はキッズ、ジュブナイル、アダルト、マスター1&2の5カテゴリーが行われます

参加費も安めに設定しており、9/23の第一次締め切りまでの申し込みで階級別だけなら3000円で出場可能です。

また今年からグアム観光局のスポンサーも付き、さらにグレードアップした大会運営が可能となったので、グアムからも大会主催者のスティーブ・シミズを筆頭に多数の大会スタッフが来日し、国際的な顔ぶれが揃う予定となってます。

すでに参加申し込みは開始してるので、多数の参加をお待ちしています。


1434
【参加申し込み受付中】
「マリアナスプロジャパン2019」
日時:12/15(日)
会場:浦安市総合体育館(千葉・浦安)
※初回参加申し込み締め切りの9/23までにエントリーすれば3000円で参加可能

■詳細&参加申し込みはコチラから!



■今年のマリアナスオープンの大会レポは以下のリンクから。

00
日本から参戦した選手たちの試合


00
黒帯デビジョン2


08
黒帯デビジョン1


00
茶帯



【今日が誕生日の柔術家】サトシ・ソウザ(30)、ルーカス・レプリ(35)、加古拓渡(33)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月18日

【柔術プリースト】#378:TAIWAN INTERNATIONAL 2019

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは台湾の台北で開催された「TAIWAN INTERNATIONAL 2019」です。

配信試合は以下の通りです。


fb
「TAIWAN INTERNATIONAL 2019」
7/14(日)国立台北商業大学体育館(台湾・台北市)



01
マスター2黒帯ライト決勝戦
小山貴之(福住柔術)
vs
田端佑介(パラエストラ千葉)



02
マスター2黒帯オープンクラス決勝戦
ダン・レイド(ダニマルBJJ)
vs
田端佑介(パラエストラ千葉)



05
アダルト茶帯フェザー決勝戦
河野理人(EMAC)
vs
蘇文豪(ユニティ)



09
マスター2茶帯ミドル決勝戦
ディミトリ・テルフェア(The Bear's Den BJJ and MMA)
vs
亀田明宏(福住柔術)



02
BJJテクニックファイルは日沖発の「オモプラッタの極め方」です。



03
#378はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

IBJJFアジア2019大会総括

です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


04
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・マツクマ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年09月10日

【レポ】マリアナスオープン2019:茶帯

00
「マリアナスオープン2019」から茶帯の試合をレポートする。

茶帯にはオープンクラスのみに賞金が懸かっており、そこには総勢14人もの選手がエントリーしていた。

注目はやはりロベルト・ヒメネスだろう。

ロベルトはマリアナスプロ・ラスベガス大会で優勝し招聘選手としてマリアナスオープン本戦に参戦していたが、その実力者ぶりは頭1つどころか2つ3つほど抜けていた感がある。

続きを読む

2019年09月06日

【レポ】マリアナスオープン2019:黒帯デビジョン1

08
マリアナスオープン2019の黒帯トーナメントの軽量級、デビジョン1は参加予定だったイザッキの負傷欠場により、4人トーナメントとなってしまった。

そしてエントリーの顔ぶれからするとホナウド・ジュニオールの対抗馬がなく、ほとんど優勝の大本命と目されていた。

そして実際に試合もホナウドが2試合を極めての優勝を果たし、賞金3000ドルとチャンピオンベルトを手にしている。

続きを読む

2019年09月05日

【レポ】マリアナスオープン2019:黒帯デビジョン2

00
グアムで開催された「マリアナスオープン2019」の黒帯賞金トーナメントをレポートする。

黒帯は180lbs(約81kg)以下と以上で分けられており軽い方がデビジョン1で重い方をデビジョン2として区別していた。

ここに出ている選手のほとんどは各地域で開催されたマリアナスプロの優勝者たちで、グアムのローカル選手はデビジョン2のハビレル・ミレレツの1人だけ。

これはローカルの黒帯のほとんどがジムの代表やインストラクターたちで、トップ選手たちが相手であったとしても生徒も前で負けるのはよくない、との考えがあるからだろうと推測されていた。

続きを読む

2019年09月04日

【動画】マリアナスオープン2019:日本から参戦した選手たちの試合

00
先週の土曜にグアムで開催されたマリアナスオープン2019。

昨年はFlo Grapplingでライブストリーミングがありましたが、今年は諸事情があり配信がありませんでした。

なので今回BJJ-WAVE収録用に持参したビデオカメラがオフィシャルカメラ扱いになって映像収録&使用許可が出たので、日本から参戦した選手の試合動画を先行公開します。

続きを読む

2019年09月01日

【結果】マリアナスオープン2019:主な結果

01
8/31(土)、グアムのフェニックスセンターで開催された「マリアナスオープン2019」の主な結果です。


続きを読む

2019年08月31日

【大会】マリアナスオープン2019:記者会見

00
8/31(土)、グアムのフェニックスセンターで開催される「マリアナスオープン2019」の記者会見と前日計量がパシフィックスターホテル・ボールルームで行われた。

この会見には賞金トーナメントであるアダルト黒帯と茶帯に出場する選手たちが参加し、集まった地元メディアとの質疑応答などを行い、翌日に迫った大会のプロモーションに務めていた。

続きを読む

2019年08月29日

【大会】開催間近!マリアナスオープン2019

00
毎年グアムで開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン2019」の開催が近づいてます。

マリアナスオープンの開催は8/31(土)で、すでにグアム入りしている選手のいるようです。

日本からは黒帯でリダ・ハイサムと加藤鉄史、茶帯で佐野貴文の3選手が招聘選手として出場します。

黒帯の賞金トーナメントに出場予定の選手は以下の通りです。

続きを読む

2019年07月25日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2019:Part.2

00
台湾国際、レポート後編は会場の様子や色帯、キッズの日本人選手の活躍を紹介したい。

観光地としても人気の台湾は、日本はもとより周辺国からもアクセスしやすいことがあり、例年多くの国々の柔術家が台湾国際に参戦している。

海の日を含む3連休だったことで日本からの参加者も多かったが、タイやベトナム、さらにはインドを拠点とする日本人柔術家も参戦。

大会の告知から開催まで時間が限られていたにも関わらず、これだけ選手が集まるのも本大会が支持されていることの証しだろう。

続きを読む

2019年07月21日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2019:Part.1

fb
7/14(日)、台湾・台北市の国立台北商業大学体育館で「台湾国際柔術チャンピオンシップ2019」が開催された。

本大会は中華ブラジリアン柔術協会が主催、台湾BJJが共催する台湾最大の柔術トーナメントで、その歴史は10年以上を誇る。

続きを読む

2019年07月20日

【結果】TAIWAN INTERNATIONAL 2019:主な結果

fb
7/14(日)、台湾台北市の国立台北商業大学体育館で開催された中華ブラジリアン柔術協会主催&台湾ブラジリアン柔術アカデミー共催「TAIWAN INTERNATIONAL JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2019」の主な結果です。


続きを読む