English Portugues Japanese

F2W

2020年07月13日

【結果】F2W 146:シャビエル・シウバがベルト獲得、カイオ&エドウィン勝利

00
7/10(金)、テキサス・ヒューストンにてF2W 146が開催された。

大会再開以降、ほぼ毎週末にイベントを主催していたが先週はアメリカの独立記念日のためにイベントがなく、2週間ぶりの開催となった。

今大会のメインはエドウィン・ナジミvsケイシーニョが組まれ、セミにはカイオ・テハのノーギマッチをラインナップ。

アンダーカードにはブルテリアがスポンサードするシャビエル・シウバのミドル級タイトルマッチもあり、なかなかに興味をそそられるカードが並んでいる。

メインのエドウィンvsケイシーニョはレギュラートーナメントでは階級が違うため、これまで対戦がなかったであろう顔合わせで、こういったレアな対戦が組まれるのがワンマッチ大会のいいところ。

ちなみにエドウィンはライトでケイシーニョはフェザーを主戦場にしているのでエドウィンの方が1階級上となり、やや体格差が感じられた。

試合はエドウィンがRNCを極めての一本勝ちし、相変わらずの極めの強さを見せつけていた。

そしてカイオのノーギマッチは対戦相手のゲイブ・タットルがノーギの専門ジム、10th PLANET所属ということもあり、好勝負が期待されたが終わってみればいつも通りのカイオの圧勝ぶりでゲイブのいいとこは全く見られず。

ただカイオもポジショニングで優位に試合を進めるも極めるまでには至らず、レフェリー判定勝ちとなったが、試合内容的にはやや凡戦の印象は拭えなかった。

茶帯ミドルのタイトルマッチに抜擢されたシャビエル・シウバはクレイ・メイフィールドの対戦となったが、シャビエルのバランス抜群のトップゲームが繰り広げられ、判定2-1のレフェリー判定勝ちも危ない場面はなく盤石の勝利といっていいだろう。

その他のカードはいつもの通りにネームバリューのある選手の名は見られず、ローカル大会のアンダーカードでしかなかったが、全35試合のロングイベントは会場で見るにしろ、オンラインで見るにしろ、見る側の根気も必要だ。

また次週のF2Wも注目カードが組まれており、メインでハファエル・ロバトJrvsエルトン・ジュニオールのライトヘビー級タイトルマッチとマヌエル・ヒバマールvsジョナタ・アウヴェスがマッチアップ。

さらに女子マッチとしてルイザ・モンテイロとエリザベス・クレイの黒帯vs茶帯マッチもラインナップされており、次週も見逃せない大会となりそうだ。


01
エドウィン・ナジミ(グレイシーバッハ)
vs
オズワルド・ケイシーニョ(ARES JJ)

エドウィン、ケイシーニョともにF2Wにはレギュラー参戦中。今回はそんなレギュラー参戦選手同士の対戦がメインを飾った。試合巧者のケイシーニョ、極めのエドウィンの図式だったが、試合はエドウィンの極めが上回り、バックマウントからRNCで一本勝ち。



02
しっかりとポジションを奪ってからRNCを極めきって一本勝ちしたエドウィン。
F2Wではミドル級のタイトルホルダーだけに今後もメインイベンターとして活躍していくのは間違いない。



03
カイオ・テハ(ブラザCTA)
vs
ゲイブ・タットル(10th PLANET)

セミで組まれたカイオ・テハのノーギマッチは10 PLANETの新鋭・ゲイブが相手。引き込んで攻めていったゲイブのガードワークを難なくパスし次々とポジションを奪っていく横綱相撲。だが極めには至らず判定勝ちになってしまった。試合終盤のカイオはスタミナ切れが顕著だった。



05
シャビエル・シウバ(カーウソングレイシー)
vs
クレイ・メイフィールド(ペジオサブミッションファイティング)

ガードワークに定評があるシャビエルだが、相手が引き込んだため、得意のガードを見せるチャンスがなかったが、バランスのいいトップゲームで安定した試合ぶり。結果は2-1の判定勝ちだが内容的に危ない場面はなく完勝といっていいだろう。



06
昨年は日本に長期滞在し大会に出まくっていたシャビエル。今年の春に茶帯になったがコロナショックで試合出場の機会がなかった。そしてついに今大会で茶帯デビューを果たし、見事に勝利&ベルト奪取の快挙だ。



00
シャビエル・シウバの茶帯昇格のニュースはコチラから!



ma
【Today's pick up】
ブルテリア「柔術衣マスク」

好評発売中の柔術衣素材を使ったマスクが再入荷。
Ver.1〜4まで、全種類在庫有り。
購入希望者は急げ!
■詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear



kb
橋本欽也が主宰するオンラインサロン「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB」。
様々なメンバーオンリーのコンテンツがあり最新情報も満載。
現在、新メンバーを募集中で、サロン詳細&加入はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



ダウンロード
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!




muse1
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月・火・金 / 19:30-22:00
土曜 / 11:00-13:00
費用:
7000円(レギュラー会員)
4000円(女性&学生)
5000円(週一会員)
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
Facebook
Twitter



patch7
KinyaBJJ.com

2020年06月28日

【結果】F2W 145:シャンジ&ゲイリー・トーナン、鮮やかな一本勝ちで大会を締めくくる

145_00
いま毎週末に大会を開催してるF2W(ファイト・トゥー・ウィン)が今週も大会を行い、メインでシャンジ・ヒベイロ、セミでゲイリー・トーナンの試合をマッチメイクした。

ここ数週間のF2Wはシャンジ門下のヴィトー・ウゴやハファエル・ロバトJrらが出場し大会を盛り上げており、シャンジ自身もセコンドとして会場に来場しており、そこで今回の出場オファーが行われたのは想像に難くないところ。

そしてシャンジ自身も大会出場の機会がなかったため、これを快諾したのではと推測するがどうだろうか。

続きを読む

2020年06月27日

【大会】今週末のF2W&KUMITE 靴梁膕餮どころ

f2w145
今週末の土曜&日曜の午前中にアメリカ・テキサスで「F2W(ファイト・トゥー・ウィン)と「KUMITE (クミテ)」が連日開催されます。

この大会はフローグラップリングで配信されるので日本でもフローグラップリングに加入すれば視聴可能となっています。

ですが日本ではあまり見ている人は多くないようで、もったいないと思うのですが、出てる選手に日本人もいないので、仕方ないかもしれません。

なので今回はこの2大会の見どころ紹介をしたいと思います。

続きを読む

2020年06月21日

【結果】F2W 144:ルーカス・ハルク、腕十字を極めて鮮烈な一本勝ちで王座獲得

00
コロナショックから回復しつつあるアメリカのグラップリングシーンは再び軌道に乗り、F2W(ファイト・トゥー・ウィン)はほぼ毎週末にイベントを開催するという公約を守っている。

F2Wのプロモーター、セス・ダニエルズは6年もの間、テキサス州ダラスでこのイベントを定期開催しており、今大会は144回目として開催された。

前回大会のメインイベントではヴィトー・ウゴvsフェリッペ・アンドリュー、セミファイナルでアナ・カロリナ・ヴィエイラvsナチエリ・ジーザスのタイトルマッチが行われたが、今大会でもメインとセミはタイトルマッチがマッチアップされている。

続きを読む

2020年06月20日

【告知】ZOOMでF2W&KUMITEのウォッチングパーティ開催

00
日本時間の今週末の土曜&日曜の午前中にフローグラップリングでライブストリーミングされるF2WとKUMITE。

この2大会の実況&解説をZOOMで行います。

コロナショック真っ最中だった4月中旬にF2Wが配信オンリーで大会を再開し、その後にWHO'S NUMBER ONE、KUMITEなど、アメリカでは様々な大会がフローグラップリングを通じてライブストリーミングされてきました。

ですが当然のことながら、こういった大会に日本人選手の参加はなく、日本の方々には馴染みがない外国人選手同士の対戦となるため、いまひとつ興味が持てなかったかと思います。

そういったことを日本語で実況&解説することにより、試合に出る選手のプロフィールや過去の実績、試合展開予想などを話してより興味を持ってもらうようにしようというのが今回の趣旨です。

続きを読む

2020年06月14日

【結果】F2W 143:ヴィトー・ウゴ、秒殺一本勝ちでヘビー級王座獲得

01
いま柔術シーンの中で最も勢いがあるのはF2W(Fight To Win)で間違いないだろう。

なにしろまだコロナショック真っ最中だった5月中旬から、ほぼ毎週のように大会を開催し、Flograpplingを通じてライブストリーミングして全世界にシェアしているのだ。

大会を再開した当初こそ、1大会あたりの試合数も少なく、またマットサイドのスタッフやレフェリーはマスク着用の厳戒態勢で行われていたが、大会再開から1か月が経ったいまは試合数も増え、スタッフのマスク着用率も大幅に下がったように感じた。

続きを読む

2020年06月12日

【大会】F2W:今後の大会見どころ紹介

F2W
いまアメリカで毎週のようにプロイベントを開催しているF2W(Fight To Win)。

周知の通りにコロナショックにより国内外でレギュラートーナメントの開催がなく、試合を見る機会がないため、こういったプロイベントの開催とライブストリーミングでの配信は非常に有難いところです。

かくいう自分もかつてはほぼ毎週末に大会があったため、F2WやKASAIなど海外のプロイベントまではチェックしきれない状況でした。

ですが現在はほぼ毎週末にプロイベントの開催&ライブストリーミングがあるので、それが楽しみになっています。

その中でも最もアクティブに大会を開催しているF2Wは次回大会と次々回大会のメインカードがすでに決まっているので、そのカードの見どころ紹介をします。

続きを読む

2020年06月07日

【結果】WHO'S NUMBER ONE:ゴードン・ライアン、時間無制限マッチで激勝

00
毎週毎週、精力的にイベントを開催しているF2Wがノーギイベント「WHO'S NUMBER ONE」をテキサス州ダラスで開催した。

これはギ&ノーギの混合イベントであるF2Wとは違い、全てがノーギマッチで組まれており、F2Wとは別枠の新ブランドとして行われている。

今大会のメインにはグラップリングで比類ない強さを見せているゴードン・ライアンのノータイムリミット&オンリーサブミッションマッチをラインナップ。

そしてメインカードにはゴードンの実弟であるニックも参戦しており、豪華カードがずらりと並んだ。

続きを読む

2020年06月02日

【結果】Fight To Win 142:ガヴィ・ガルシア、一本勝ちでノーギ王座獲得

00
5月中旬から3週間連続で配信オンリーの無観客大会を開催しているプロイベント「Fight To Win」が前回、前々回と同じくテキサス州ダラスで「Fight To Win 142」を開催した。

今は他大会がほぼなく、F2Wだけが毎週レギュラーでイベントを開催しており、大会配信を手掛ける有料配信サイトのFlograpplingも今大会の煽りに力を入れており、見どころ多い大会となっていた。

そんな中で一番の注目だったのは多数の強豪選手の試合を差し置いて組まれた女子のノーギマッチ、ガヴィ・ガルシアvsケンドール・リューシンだ。

ガヴィのこれまでの実績は今更書くまでもないがムンジアル王者&ADCC王者で近年はMMAにも進出し、日本ではRIZINを主戦場にして活躍中だ。

続きを読む

2020年05月26日

【結果】Fight To Win 141:ロバトJr、MMA引退も柔術で復帰し一本勝ちで王座防衛

00
先週末に2日間連続で配信オンリーの無観客大会を開催したプロイベント「Fight To Win」が今週も同じ場所であるテキサス州ダラスで「Fight To Win 141」を開催した。

今大会も先週同様に無観客&配信オンリーで開催され、大会は有料配信サイトのFlograpplingでライブストリーミングされている。

今大会の注目はメインイベントにラインナップされたハファエル・ロバトJrの柔術復帰戦だった。

ハファエル・ロバトJrはブラジル人以外で初めてのグランドスラムを達成(ヨーロピアン、パン、ブラジレイロ、ムンジアルのIBJJF4大大会優勝)した初めてのアメリカ人柔術家で、2014年からは主戦場をMMAに移し、ベラトールとレガシーFCで王座を獲得している選手。

だが脳の血管に発症した海綿状血管腫のために今年の2月にMMAを引退したが、MMAに比べ脳へのダメージが少ないと思われる柔術&グラップリングは試合可能ということで、今大会でギありの柔術マッチで試合復帰している。

続きを読む

2020年05月18日

【結果】コロナショック真っ最中の中での「Fight To Win 139&140」は2日間連続開催

00
コロナショック真っ最中のアメリカのテキサス州はダラスでプロ柔術イベント「Fight To Win」が2日間連続で開催された。

Fight To Win 139と140の2大会連続は通常は1大会で行う試合数を2日間に分割して行ったからなのは想像に難くない。

それはもちろん、COVID-19=新型コロナウイルス感染回避のためで、1大会あたりの試合数の減少に加えレフェリー&スタッフのマスク着用、そして当然のように無冠客で配信オンリーのイベントとして開催された。

日本では緊急事態宣言も一部の地域を除いて解除され、練習を再開し始めたジムも多く、一時期の厳戒態勢は解かれつつあるが、当ブログで好評連載中の「LA通信」で伝えられてる通りに、アメリカではまだまだ厳しい状況が続いている。

そんな中で開催された今大会だが、久しぶりにライブストリーミングされる柔術イベントとして注目も大きかったように思われる。

続きを読む