English Portugues Japanese

石井拓

2023年08月24日

【お知らせ】ヘンリー・エイキンス・セミナー in キネティックアーツ柔術・渋谷【ブラジリアン柔術】

1
ブラジルブログを御覧の皆様、こんばんは。

9月9日(土)&10日(日)に満を持して開催される、ヘンリーエイキンス先生のセミナーについて告知させて頂きます。

こちらのブログでも過去に何度もご紹介しているヘンリー先生は、ヒクソン・グレイシー先生の黒帯で、ヒクソン先生と最も時を過ごし、最短で黒帯を授与した人物です。

僕がヘンリー先生と最初に出会ったのは2015年のJiu Jiutsu NERDの記事でインタビューで取材をさせて頂いたことがきっかけでした。

インタビュー後に折角なので練習に参加させてもらい、その際にヘンリー先生の柔術が「コネクション」、「ウェイトディストリビューション」、をコンセプトとしていることを知りました。

実際にロールをしてみると、それまでに感じた事のない柔術を体感しました。

動きそのものはとてもシンプルで傍から見ていると、なぜその動きが通用するのか、理解できなかったのを覚えています。

セルフディフェンスをとても重視しているヘンリー先生ですが、普段の練習ではグランドより、スタンドから始まることを想定しているので、「打撃に対する防御」や「関節技」、「テイクダウン」に重きを置いています。

それはグランドにおいても同様で、基本的に相手が道着を着ていない、Tシャツの状態でも「極める」または、「ディフェンス」、そして「打撃を受けない距離」を何より気を付けるのがヘンリー先生の柔術の特徴です。



2




今回のセミナーでは2日間を通して各ポジションから「コネクション」、「ウェイトディストリビューション」に焦点を当てた内容になる予定です。

非常に抽象的な説明になりますが、この2つの要素はヘンリー先生の柔術において、僕も毎回タップをしている「デッドホエール・サイドコントロール」はもちろん、パスガード、そしてボトムからのクローズドガード、アームバーですらそれを感じられます。

なんと今回はヘンリーとの打合せ段階で、韓国柔術会の大御所のジョン・フランクル氏もチームで参加予定です。

ジョン氏とはタイでのキャンプでお会いした以来で、現在はヘンリー先生から柔術を学んでいるそうです。

他にもオーストラリアからは、かつてはグレイグ・ジョーンズのコーチでもあり、親戚でもあるマット・ジョーンズ氏もヘンリー先生を師事している一人で、このように世界中の師範クラスの柔術家たちがヘンリー先生からその特殊な要素を取り入れようとしています。

もちろん競技での柔術も素晴らしいですし、僕自身もかつては世界を目指していましたが、競技の難しい面として年齢が上がるにつれ練習量と身体の状態を保つのがとても不安でしたし、それを身体で感じていました。

ヘンリー先生の柔術は人生が終わるまで探求できる柔術ですので、そういった方々に感じてもらえれば幸いです。

江良拓



3
【参加受付中】
「ヘンリー・エイキンス・セミナー」
日程:9/9-10
場所:キネティックアーツ渋谷
料金:
1日 $150 両日 $250
■詳細&申し込みはコチラから!



hen_01
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・前編」



hen_02
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・後編」




00
【Today's Pickup】
クレベル・コイケ「武士」Tシャツ

いまRIZINで活躍中のクレベル・コイケとブルテリアのコラボTシャツ。フロントにはジャパニーズタトゥーアーティストによるクレベルと武士をイメージしたイラストをフルカラープリント。バックにはクレベル・コイケのシンボルロゴがプリントされています。



01
武士・白はコチラから!



02
武士・黒はコチラから!



03
武士・灰はコチラから!



06
ポペガTシャツ・白はコチラから!



07
ポペガTシャツ・黒はコチラから!



08
シグネイチャーTシャツ・白はコチラから!



09
シグネイチャーTシャツ・黒はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








muse
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月曜 / 20:00-22:00
水曜 / 20:00-22:00
土曜 / 11:00-13:00
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
web site
Twitter



3
代表&指導:橋本欽也(黒帯)




@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



BJJW-1
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2023年06月21日

【お知らせ】「キネティックアーツ柔術」渋谷駅前に9月オープン【ブラジリアン柔術】

00
ブラジルブログを御覧の皆様、こんにちは。

今回、9月上旬に渋谷駅新南口徒歩1分という好立地に「キネティックアーツ柔術」をオープンさせて頂くこととなりました。

キネティックアーツ柔術はキネティックアーツ渋谷という「頭と体と心を整え、鍛える次世代型フィットネススタジオ」でのプロジェクトの一部門として柔術を取り入れています。

キネティックアーツ(Kinetic Arts)とは、Kinetic(動くこと)をArts(巧みさ)と捉え、人の運動の芸術性と能力への敬意と感謝を表します。

人は動くことを通じて、能力や健康そして幸福を高めることができ、幼児〜高齢者まで、全ての人々が、それぞれに適したメソッドで、楽しみながら健康と幸福の基礎を創るコミュニティを意味します。

そしてこのスタジオでは柔術以外にもこの二つのプログラムもメインとなります。

「バルシューレ」:ドイツ生まれの幼児〜子供向け「教えない」ボール遊び運動プログラム

「ライフキネティック」:知覚×認知×運動=脳パフォーマンス向上で、「楽しく」脳活性化を図るプログラム

スタジオ内にはパーソナルジムやテラス付きフロントカフェも併設し、発酵系ジュース、スムージー、ビーガン対応メキシカンフードを提供予定です。

このスタジオを利用するだけで身体の内側からも健康的になれるような設計になっています。

そして僕と藤岡くん(藤岡くんは僕と一緒にヘンリー・エイキンス先生の柔術を追求する同志です)がメインで担当する「キネティックアーツ柔術」は週3日、早朝と夜に予定してます。


02
僕、ヘンリー・エイキンス、藤岡くん。



アメリカでは出勤前に柔術をするというアカデミーが多く、このスタジオでもそういったライフスタイルの方々にも受け入れられるよう対応したいと思います。

この柔術のコンセプトは以前からこちらのブログでもお伝えしているヘンリー・エイキンス先生の柔術をベースに勉強中の身ではありますが、お伝えしたいと考えています。

僕自身がそうだったのですが、アクロバティックな柔術はどうしてもその方の体力、柔軟性などの身体能力が必要になってくる部分があります。

ですがキネティックアーツ柔術は「歳をとっても長く続けられ、いつまでも探求できる柔術」を目指しています。

昨今のパンデミック以降、ズームなどを利用したリモートワークが中心の方も増えたりして、直接生身の人間と触れることが少なくなり人との繋がりも薄くなりがちです。

なので柔術ならではのコミュニケーションとしても良いかと思います。

また正式なオープン予定などが決まったら改めてお知らせさせて頂きます。

引き続きよろしくお願いいたします。



01
現在オープンに向け着々と工事が進んでいるキネティックアーツ渋谷。



03
キネティックアーツ柔術渋谷のInstagramはコチラから!




00
【Today's Pickup】
ブルテリア柔術衣「Basic 6.0」

今作はシンプルでコストパフォーマンスに優れたブルテリアの基本モデルです。値段も白が15900円、色モノが16900円と比較的安価で買いやすいお値段になってます。カラーバリエーションが豊富で白・青・黒・紺の4色展開で好評発売中。



01
「Basic 6.0」白の詳細&購入はコチラから!



05
「Basic 6.0」青の詳細&購入はコチラから!



06
「Basic 6.0」黒の詳細&購入はコチラから!



07
「Basic 6.0」紺の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








muse
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月曜 / 20:00-22:00
水曜 / 20:00-22:00
土曜 / 11:00-13:00
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
web site
Twitter



3
代表&指導:橋本欽也(黒帯)




@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



BJJW-1
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2023年06月16日

【遠征記】藤岡くんとヘンリー・Part.2【ブラジリアン柔術】

00
レッスン2日目はクロスカラーチョークとマウントのエスケープの予定でしたが、クロスカラーチョークのみ3時間習うという内容に。

ここで分かったことは、今までのクロスカラーチョークのイメージがかなり違ったということでした。

今までは手首をリラックスさせてフワ〜ときれいに落ちる、「優しい」というイメージでしたが、これが確かに手首はリラックスさせるのですが、それ以上に頸動脈へのプレッシャー、コネクションがとても重要だと学びました。

生易しくはなく、「確実に仕留めにいく」という感じでした。

実際にチョークを受けてみると、とにかく圧が凄まじいのです。

ピンポイントでコネクションを作り、そこにプレッシャーを加えます。

痛くはないのですがとにかく圧が強い。

これが難しいのです。

二本目の手をセットアップするときにプレッシャーが弱まったり、コネクションがずれたりすると極まりづらくなります。

3時間の中で、マウント、クローズドガード、オープンガード、ハーフガードでのチョークを教わり、あっという間に3時間が過ぎました。

その後にまたロールをしたのですが、ん…?デジャヴ…?以前同じ光景を見たような…、そんな感覚でした。



01
これはクロスカラーチョークではなく、ただの首絞め。
ヘンリー先生は意外とチャーミングです。




最終日はベースの重要性とバーリトゥードについて学びました。

「ベース」がテクニック以前にここまで重要だとは知らず、全てはベースから始まる、より強固なベースを作るためのドリルが集中力と体力を多く要しました。

バーリトゥードにあっては、こういった動きをするとこのような打撃をもらってしまうのでやるべきではない、打撃をもらわないような位置に組み付いてテイクダウンする、等自分の頭の位置、組み付き方、距離の詰め方を事細かにご指摘をいただきました。

バーリトゥードのオープンガードでは打撃をもらわないように相手との距離を保ちつつ、自分がアタックできるような体勢をとらなければならないと教わりました。

特に身体の様々な部位への攻撃は受けをしているこちらへの衝撃が大きく、精神的にくるものがあり、これが戦意を喪失することなのだと感じました。

太ももへのダメージ、違和感は未だに残ったままです。



02
セルフディフェンスやバーリトゥード、競技柔術ではない柔術をたくさん学ぶことが出来ました。
ヘンリー先生の柔術は奥深いです。




これで3日間のプライベートレッスンが終了しました。

ここでしか学べないものを学び、体感でき、実に貴重な体験でした。

最終日のレッスンの前に先生が、市街地から最も近い荒野の大地レッドロックキャニオンへ連れて行っていただけました。

日本では見ることのできない広大な大地、風景をこの目で見たときには大変感動しました。

タクさんが靴を履き忘れてサンダルで来てしまったのですが、その際も大丈夫かと気にかけてくれたりと心遣いが素晴らしかったです。

周りが崖のところで「ここで相撲をとろう」と冗談で言ったりとユーモア溢れる方でもありました。



04
ラスベガスの観光地、レッドロックキャニオンに連れてってくれました。



05
練習と観光、いい思い出になりました。




車内での話の中でジョン・フランクルという方の話も出ました。

彼は韓国の柔術界で最も有名な方のうちの1人で、韓国の柔術の黒帯の方々は6、7割彼から帯を頂いているとのこと。

プーケットの柔術キャンプで1度お会いしたことはありますが、まさかそこまで有名な方とは知らず、他にもベルナルド・ファリアとのエピソード等、色々な話を聞くことができました。

彼らのような有名な方々が評価をしていることは先生の偉大さを表していると思います。

またレッスンの最終日にもベースチェックや相手への組み付き方の動きをする際も、「Nao,Go!Go!」とキャンプやセミナーでは見ることができないような発破を掛けてくれたりと、とても熱く、尚且つ冷静に丁寧な技術説明をしてくれたりと、指導者として最高の方だと思いました。

長くなりましたが5日間で非常に重要で貴重な体験をすることができました。

今後の柔術においてもヒントを与えてくれた出来事だったと思います。

最後に、プライベートレッスンを受講するきっかけを作ってくださった練習仲間の笠島さんにも大変感謝しております。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。



06
ヘンリー先生の柔術を江良拓さんと学ぶことができて幸せです。
ありがとうございました。



00
【遠征記】藤岡くんとヘンリー・Part.1【ブラジリアン柔術】




01
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・番外編」




hen_01
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・前編」



hen_02
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・後編」




00
【Today's Pick up】
ブルテリア柔術衣「Heavy 3.0」

このヘビーモデルはなんといっても頑丈さと重厚な作りが特徴。
パンツとジャケットの襟部分にはリップストップ生地を採用し、生地の繋ぎ目部分には補強&ダブルステッチ、トリプルステッチが施して全体的にガッチリとした重厚感を演出。



01
「Heavy 3.0」白の詳細&購入はコチラから!



06
「Heavy 3.0」青の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








muse
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月曜 / 20:00-22:00
水曜 / 20:00-22:00
土曜 / 11:00-13:00
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
web site
Twitter



3
代表&指導:橋本欽也(黒帯)




@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



BJJW-1
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2023年06月15日

【遠征記】藤岡くんとヘンリー・Part.1【ブラジリアン柔術】

00
皆様こんにちは。

香取道場&Kinyaboyz会員の藤岡です。

今回、ヘンリー・エイキンス先生のプライベートレッスンの受講ということで、江良拓さんに同行し、ラスベガスへ行って参りました。

個人的には初めてのアメリカということもあり、自分なりに思ったことを書き連ねていきたいと思います。

まず初日ですが、日本からロサンゼルスを経由しラスベガスへ向かいました。ラスベガスへのフライトまで時間があったので、レンタカーを借りて市街を運転することになりました。

車の運転席が逆になっていることや基本的に右側通行等、交通ルールが日本と異なるところも多々ありました。

フリーウェイも走行しましたが、車線が7本くらいあり、車もガンガンとばしてくるので、日本と同じような感覚で慎重に運転したら逆に危ないと感じました。



01
LAはレンタカーないと移動も大変です!



タイミングを逃して降りる場所を間違えたりすることが何度かありました。

最初に向かったのはタクさんの元チームメイトのフォンセカ兄弟が経営している柔術ジムへ。

初対面にも関わらず気さくに話しかけていただけました。

マットスペースもかなり広く、こちらではTシャツと帯を頂けました。



02
フォンセカ兄弟のジムはAOJのアフィリエイトです。



次にショッピングモールへ行ったのですが、人がほとんどおらずガラガラの状態。

平日だったというのもあったのかもしれませんがそれにしては少なすぎなような気がしました。

これも昨今の経済状況が関連しているのかなと思いました。

モールに関わらず、街の至るところのお店のシャッターが閉まっていたりと、影響の大きさを感じました。

オーガニックマーケットにも向かいました。

置いてあるものはオーガニック、または遺伝子組み換えではないもの等。

店の大きさが日本とは比較にならないほどとにかく大きく、自分の想像を越える以上の品揃えでした。

タクさんが一日中ここにいられると言っていたのも納得ができます。

滞在期間中の朝食や間食はマーケットで購入したエナジーバーとりんごがメインでしたが、特に体調は崩すことなく乗り切ることができました。



03
タクさんオススメのマザーズマーケット。
オーガニックの食材が豊富です。



04
食事はエナジーバーとオーガニックのりんごをメインにしてました。
ヴィーガンのタクさんを見習ってます。




物価は高かったです。コーヒー1杯4〜5ドル、ラスベガスでもご飯を食べることになりますが、15〜20ドルくらいなので日本円で大体2100〜2800あたりでしょうか。

円安ドル高の影響は大きいなと思いました。



05
コーヒー飲むのも高くて大変でした。
円安はつらいです。




そしてフライトの時間が近づいてきたのでレンタカーを返却後空港へ向かい、ラスベガスへ。

翌日、お昼ごろにヘンリー先生のご自宅へ。

プーケットでの柔術キャンプ以来約3年ぶりの再会でした。

レッスン1日目は主にセルフディフェンスを中心に習いました。

セルフディフェンスでも崩されない「ベース」が大事ということを学び、極めの際のプレッシャーも体感しましたが「四方から包み込まれるような感覚+絶対に逃げられないような圧+ほんの少し力を加えれば折れる」といったイメージでしょうか。

そしてレッスンの最後に20分超のロールをしました。

その中でも驚きだったのは、マウントポジションとハーフガードのトップからのプレッシャーでした。

ハーフトップに関しては膝をついているのにも関わらず、思わずタップするような圧を感じました。

しかも教則で見た動きとはまた異なる姿勢だったので、これもまた驚きでした。

確かに先生は身体も大きいですし、体重もそれなりにあります。

が、体感して思ったことは明らかにフィジカルを生かしたものではないということです。

プレッシャーに関しても自分の身体にピンポイントでかかるので、逃げようにも逃げられない。

確実に仕留めに来るようなかたちと言ったところでしょうか。

以前プーケットのキャンプでロールしたときとはまた違ったものを感じました。

そのときは5分×2のみでしたが、あれは思えば体験版だったのだと。

プライベートレッスンでの長めのロールでしかわからない凄さを体感できたのは自分の中でもかなり大きな出来事だったと思います。

ただ、あまりにも次元が違いすぎて消化しきれていない自分がいます。

なぜあのようなプレッシャーがかけられるのか?これは自分の今後の課題でもあります。



06
※続きはPart.2へ



00
【Today's Pickup】
ブルテリア「スパッツ・Traditional」

スパッツはそのまま着用してもいいし、ドーギのアンダーパンツとして着用もいい、汎用性の高いアイテムです。最近はMMAでもスパッツで試合をする選手も増えてきており、その需要も高まってきています。このモデルも高品質でお馴染みのブルテリア製なので、クオリティは折り紙付き。多用途で使えるスパッツ、この機会にぜひお買い求めください。



01
■ブルテリア・スパッツ「Traditional」黒の詳細&購入はコチラから!



03
■ブルテリア・スパッツ「Traditional」白の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








muse
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月曜 / 20:00-22:00
水曜 / 20:00-22:00
土曜 / 11:00-13:00
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
web site
Twitter



3
代表&指導:橋本欽也(黒帯)




@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



BJJW-1
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2023年06月09日

【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・番外編」【ブラジリアン柔術】

01
ブラジルブログを御覧の皆様、こんばんは。

今回は前回ラスベガスでのヘンリーエイキンス先生のプライベートレッスン編とは別にロサンゼルス&ラスベガスの番外編として、現地の様子をレポートしたいと思います。

今回ラスベガスへの直行便がない為、一度ロサンゼルスを経由してでのルートとなりました。

同行した藤岡君が今回アメリカが初めてという事で、敢えてラスベガスへ向かうフライトは数時間開けており、早朝にロサンゼルスに到着し、午後まではLA観光という予定を立てました。

僕個人としてはロサンゼルスにハワイ時代からお世話になってきたグスタボさん&アレクシスさんのフォンセカ兄弟にお会いするのが一番の目的でした。

このお二人はAOJ時代にもお世話になっており、メンデス兄弟の黒帯でもあります。

フォンセカ兄弟が立ち上げた「AUTORE BJJ」はロサンゼルス空港から車で20分程のサンタモニカにあります。

特に看板などはなく入り口にも何も表記がなかったので本人たちを見つけるのに周りのお店などに聞き込みなどをして地下の駐車場で再会することができました。

マットスペースはアメリカならではの広々とした感じで、ロサンゼルスやラスベガスで柔術はパンデミック後にも関わらず人気がある印象でした。

再会の記念にロサンゼルス特有のデザインのロングTシャツを購入しました。

今回その他に、アサイボウルショップやアメリカで練習時によく通っていた、オーガニックスーパー「Mother's Market and Kitchen」にも向かったりなどにも寄りました。

コスタメサにある「バンザイボウル」が一番印象に残っているのですが、一時間半近く掛かるため、空港付近の「Oakberry Acai Bowls」に向かいました。

アメリカはオーガニック先進国なので、日本のスーパーが比にならない程、商品数、規模が大きかったです。あまりにも懐かしかったので一時間弱スーパー内で藤岡君にマザーズの魅力をご紹介しました。

パンデミックの影響かロサンゼルス付近のお店の活気が以前に比べ亡くなっていた印象でした。アサイボウルショップもお客が僕たち2人のみで、マザーズもあまり盛況でない様子だったのが残念でした。

でもいまはまたコロナ禍以前のように海外に行けるようになったのは嬉しいことです。

今後も海外に行き、現地で柔術を学ぶ機会が作れるように引き続き日本で切磋琢磨していきたいと思います。



02
フォンセカ兄弟の「AUTORE BJJ」はまだできたばかりの新しいジムです。



03
ジムのグッズのデザインもかっこよく自分用に購入させて頂きました。



04
アメリカ在住時に通っていたマザーズマーケット。オーガニックの食材が豊富で人気です。



05
アメリカのアサイーは日本のとはちょっと違う感じですが、これはこれで美味しいです。



hen_01
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・前編」



hen_02
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・後編」




00
【Today's Pickup】
ブルテリア柔術衣「Basic 6.0」

今作はシンプルでコストパフォーマンスに優れたブルテリアの基本モデルです。値段も白が15900円、色モノが16900円と比較的安価で買いやすいお値段になってます。カラーバリエーションが豊富で白・青・黒・紺の4色展開で好評発売中。



01
「Basic 6.0」白の詳細&購入はコチラから!



05
「Basic 6.0」青の詳細&購入はコチラから!



06
「Basic 6.0」黒の詳細&購入はコチラから!



07
「Basic 6.0」紺の詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2023年05月25日

【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・後編」【ブラジリアン柔術】

hen_02
ヘンリー・エイキンス先生のプライベートレッスン、2日目の内容としては1日目に最後に立ちから、寝技までを含めた稽古をしてもらい、その中でヘンリー先生が指摘した「クロスカラーチョーク」に焦点を当てました。

今回のレッスンはセルフディフェンスや立ちでのベースを徹底的に確認したいと思っており、もしグランドでのテクニックを聞けるのであればこのクロスカラーチョークを指導してもらいたかったので見事に理想的な内容でした。

言葉でそのディテールを表現するが難しいのですが、考え方は頸動脈を絞めるのにほんの僅かなプレッシャーと正しいコネクションを駆使すればクロスカラーチョークは強力な極め技となると断言してました。

クロスカラーチョークのグリップに関しては大きく分けて2種類あり、両手が下から襟を握るダブルアンダーグリップと2つ目のグリップが上から握るオーバーハンドグリップをヘンリー先生は多用します。

先ずに最初に修正していただいた点としては、1日目のロールの際にマウントでのグリップの位置が違っており僕が予想するよりもだいぶ手前で握るようこちらも事細かくグリップの握り方やプレッシャーのかけ方を徹底的に「クロスカラーチョーク」のみで3時間を指導いただきました。

ヘンリー先生曰く、柔術において複雑な動きや極め技は「コネクション」と「プレッシャー」が理解していれば、スイープ、パスガード、サブミッションなどすべてがシンプルな動きになると改めて説明していました。そしてクロスカラーチョークはマウント、クローズドガード、ハーフガードなどあらゆるポジションで使用可能と強調していました。

そして最終日の内容ですが、セルフディフェンス以前の大切な要素としてスタンドでの「ベース」を最初にレクチャーいただきました。

一見立ちでのベースは見落としがちなパートで、セルフディフェンスにおいて試合と違い地面がコンクリートの様に固く、かつ状況によってはガラスなどが散乱している可能性も想定しなければならないと冒頭に説明を受け、そこで立ち方での足の位置から先ず説明をいただき、方向的には横にも縦にも全方向に対してベースを取れる位置を意識しなければならないと説いてました。

実際にヘンリー先生を押し初めは普通に押せますが、一度ベースを取られると両腕を使い全力で押しても全く動じず、これが「ベース」なのだと実感しました。ちなみにこのベースは最近YouTubeでコラボしているベルナルド・ファリアのチャンネルでも近々公開予定とのことです。

まず最初に練習相手に四方向にベースをチェックし、これが見た目以上に難しく、ヘンリー先生も細かくチェックしていました。そしてその後相手が移動した際にそれに合わせ自分も最初と同じ距離を保ちつつ移動し、再度ベースを確認する流れを繰り返し行いました。

次に道着を握った状態から同じように四方向に動かしてもらいベースを確認しあい、ここもしっかりと相手にコネクションを作ってから相手をブロックしたり、相手が引いてきたときにしっかりと崩れないように意識する事をとても細かく指導を受けました。

見た目はかなり地味なのですが、実際にやってみると動きの誤魔化しが効かないため難しく、予想以上に集中力、体力を奪われます。
最後は相手に片腕で押された際にヘンリー先生が「ベース」と掛け声をするタイミングでベースを取り、押し返すという方法をレクチャーいただきました。これも非常に重要な事で今のコンペティションでこれを意識している選手がおらず、この要素が欠如していることをとても危惧されてました。

そしてその後セルフディフェンスと同様に大切な要素のバーリトゥードに対してもレクチャーいただきました。基本的に柔術家はスタンドでの打撃で相手を仕留めることを考えず、打撃をもらわない安全な距離を常に確保し、スキを見て組み付きそこからテイクダウンを仕掛けるということでした。ここもディテールを言葉にするのが難しいのですが、組み付く際に顔をプロテクトしつつ相手の打撃をブロックししつベースを保ちながら組み付くのですがとても細かな内容に奥が深いと実感しました。

最後にグランドでの打撃を意識したオープンガードとサイドコントロールをレクチャーしていただきました。オープンガードではニーシールドを活用し相手の打撃をもらわないようにうまく距離をとり、尚且つ自分が触れる位置取りをする事を意識し、隙あらば使い相手の動きを止めるように踵でのストライクをいくつか狙っていきます。打撃は柔術独自で、サイドにおいても基本的に拳は殴った際に痛める可能性も高く、肘や肘を多用するのが特徴的でした。

ここまで長文になりましたが、動画はもちろんですがセミナーやキャンプなどよりも遥かにヘンリー先生の技術を身体で感じる事ができて本当に感動しかなかったです。最終日の先生の指導も非常に熱が入っており、キャンプやセミナーでは決して見せない指導の姿にも非常に貴重な経験をすることができました。

今回のプライベートレッスンは改めて「柔術」を見直すとともに、ヒクソン先生が抽象的な説明に対し、ここまでこの柔術のディテールを言語化できるヘンリー先生の指導者としてのレベルの高さや最終日にラスベガス郊外にあるレッドロックキャニオンに連れて行っていただいたりと柔術以外でもその人柄を感じました。

初日、2日目の最後にロールした動画がのHIDDEN JIUJITSUのズームプログラム「Fireside Chat」にアップされるようですので、ヘンリー先生の実際の動きを見たい方はおすすめです。

■「Fireside Chats」はコチラから!



hen_01
【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・前編」



S__119037989
【レポ】江良拓セミナー・セルフレポート



2219
【Review Wednesday】ヘンリー・エイキンス「The Scarf Hold-The Soul Stealer」



00
【レポ】ヘンリー・エイキンス・トレーニングキャンプinタイby石井拓・その1



04
【レポ】ヘンリー・エイキンス・トレーニングキャンプinタイby石井拓・その2



00
ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓



34
【Review Wednesday】石井拓「なぜ世界はVEGANを選ぶのか」



00
【レポ】ヘンリー・エイキンス・トレーニングキャンプin藤岡直哉




00
【Today's Pickup】
ブルテリア・ラッシュガード「Tribal」

Tribal=トライバルとは英語で『種族の、部族の』と言った意味を持ち、このデザインはもともとサモアなどの赤道付近の太平洋諸島の部族の間で生まれました。サモアのトライバルデザインは数あるトライバルデザインの中で最も歴史のあるデザインです。



01
ラッシュガード「トライバル」白・半袖
■詳細&購入はコチラから!



02
ラッシュガード「トライバル」黒・半袖
■詳細&購入はコチラから!



03
ラッシュガード「トライバル」白・長袖
■詳細&購入はコチラから!



04
ラッシュガード「トライバル」黒・長袖
■詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








muse
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月曜 / 20:00-22:00
水曜 / 20:00-22:00
土曜 / 11:00-13:00
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
web site
Twitter



3
代表&指導:橋本欽也(黒帯)




@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



BJJW-1
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2023年05月24日

【レポート】江良拓「ヘンリー・エイキンス プライベートレッスン・前編」【ブラジリアン柔術】

hen_01
皆さん、こんにちは。

ヘンリー・エイキンス先生の柔術を探求している江良拓です。

今回は念願のヒクソン・グレイシー先生の黒帯である、ヘンリー・エイキンス先生のプライベートレッスンを受けることができましたのでお伝えしたいと思います。

以前からヘンリー先生はこちらのブログや柔術ナビさんでも記事にしていただいており、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

以前はロサンゼルス空港から車でほど近い、サンタモニカにあるDynamix MMAで指導されており、現在は世界中でキャンプやセミナーを開催し、ラスベガスの自宅ではプライベートレッスンを行っています。

今回なぜプライベートレッスンを受けたのかというと、以前開催予定だった幻の日本キャンプがコロナパンデミックにより中止になり、開催されてもだいぶ先の予定になるという理由からでした。

今回は日頃から僕をサポートしてくれている藤岡君も同行し、3日間・計9時間のレッスンを受ける事ができ、そしてヒクソン先生が柔術において最も大切な要素に”護身術”を挙げており、その基本を知ることがメインとなりました。

いつもヘンリー先生はそもそも柔術は護身術から始まっており、特に治安が日本に比べて悪いブラジルやアメリカでは何が起きるか予測ができず、怪我をしてしまった場合は自己責任になってしまったり、力の弱い子供や女性には特にこのセルフディフェンスのベースが特に大事で、突然車に連れ込まれて誘拐されるなどわずか数メートルを適切に防衛またはエスケープできるかが身を守れるが重要と語っています。

そしてその護身術は初めからグラウンドではなく、必ず立ちから始まるので「スタンド」での対処方法を先ず最初に知る必要があるとレクチャーが開始されました。

その際にとても肝心なのが、相手が顔面を突然殴る可能性もあるので必ず手を上げてディフェンスを怠ってはいけないということでした。

相手がいきなり組み付いたり殴りかかってくるといろんな可能性を考慮し、自分のスタンスを崩さないようにベースをしっかりと取るということを強調し、先ず相手が横か殴りかかってくるのをブロックしバランスを失わないかを細かくご指摘いただきました。

相手の打撃をブロックした後に組み付き、その際の注意点として相手のパンチや肘などの打撃をもらわないかの頭の位置取りをしっかりと確認するのを意識しなければならない、そして相手が逃げようとしたり暴れなるなどリアクションするのでしっかりと「ベース」保つ事が大切と語ってました。

この要素は以前、ヒクソン先生のセミナーに参加した際にスタンドでリラックスした状態から瞬時に「岩」の様にぶれない軸に切り替える練習を思い出しました。

初日はセルフディフェンスを意識した内容で

・打撃を防ぎ組み付いてからテイクダウン
・相手に手首を握られた状態からのベースの保ち方、エスケープ方法
・壁際で首を絞められた際のエスケープ、アタック方法


などが中心となる内容でした。

ヘンリー先生のオンラインプログラムである「HIDDEN JIUJITSU」でも同じ内容の動画はありますが、実際に先生の技を受けると動画とはまったく違った印象で、一見シンプルに見えるセルフディフェンスの技も随所にベースを意識したり、極めの際の”プレッシャー”がとにかく掛かってくるという印象でした。

ここまでセルフディフェンスにおいて細かく意識するとは思ってなかったので、改めて深い技術と再確認することができました。

非常に興味深かったです。



44800
ヘンリー・エイキンスの自宅にて受講したというプライベートレッスン。
レポートは後編に続きます!




00
【Today's Pickup】
ブルテリア「ロングスパッツ」

ロングスパッツはファイトパンツのインナーやギ・パンツのインナーにぴったりで1枚あると重宝します。特にグラップリング&ノーギのときにロンスパを履いてると足首やスネのスリップが少なくなるので三角絞めや腕十字を極め易くなるとかならないとか?!



01
ブルテリア・ロングスパッツ「Traditional・黒」
詳細&購入はコチラから!



02
ブルテリア・ロングスパッツ「Traditional・グレー」
詳細&購入はコチラから!



03
ブルテリア・ロングスパッツ「Traditional・ラスタ」
詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








muse
【会員募集中】
「ミューズ柔術アカデミー」
練習時間:

月曜 / 20:00-22:00
水曜 / 20:00-22:00
土曜 / 11:00-13:00
JR&大江戸線
代々木駅西口より徒歩2分
web site
Twitter



3
代表&指導:橋本欽也(黒帯)




@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



BJJW-1
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2022年07月24日

【告知】江良拓セミナー「プレッシャー&コネクション」【ブラジリアン柔術】

ts
ブラジルブログをご覧の皆さま、ご無沙汰しております、江良拓です。

今回、9月17日の土曜日に東京・代官山にあるHALEO代官山スタジオにてセミナーを開催させていただくことになりました。

今回のセミナーのテーマである「サイドコントロール」はこちらのブログで過去に何度かご紹介したヘンリー・エイキンス先生がお伝えしている「プレッシャー&コネクション」を僕なりに皆様にお伝えできればと思います。

ヘンリー・エイキンス先生とはヒクソン・グレイシー先生からアメリカ人で3人目に黒帯を授与され、ヒクソン先生がブラジルに帰国してた際にはヒクソングレイシーアカデミーのメインインストラクターを務めていた人物です。

いまブラジリアン柔術の主流である競技的な柔術とは異なり、護身術の要素を主体としています。

自分自身、2015年頃までは当時兄弟で世界チャンピオンであったハファ&ギィのメンデスブラザーズのArt of Jiujitsu(AOJ)で競技者としてトレーニングをしていました。

当時欽也さんが制作していた柔術専門誌「Jiu Jitsu NERD」の記事としてヘンリー・エイキンス先生にインタビューをする機会があり、そこで初めてヒクソン・グレイシー先生の「インビジブル柔術」という存在を知りました。

インタビューを伺っただけでは競技としての柔術で重要視されているポイントなどは無視した護身術としての柔術で、思想や概念だけが先行しているような印象を受けたのが正直な感想でした。








そのインタビューした当時のヘンリー・エイキンス先生はカリフォルニア州サンタモニカのDynamix MMAで週に2日ほど指導している程度でアメリカでの知名度も殆どなく、まさに知る人ぞ知る人物でした。

インタビューの後にヘンリー先生の柔術を体感することができるということで実際に肌を合わせることができ、その際に今まで自分がやってきた柔術では感じたことのない不思議なプレッシャーを感じ、柔術の概念が一変した事を覚えています。

それ以降、アメリカに行く際にはヘンリー先生のもとを訪れたり、タイのプーケットで行われた一週間のキャンプなどにも参加するなどして、ヘンリー先生から指導を受けていました。


00
■キャンプのレポはコチラコチラから!



今回改めて自分なりの解釈になりますが、ヘンリー・エイキンス先生から感じたものを少しでも感じていただける機会になればと思います。


830
【セミナー】
「プレッシャー&コネクション」
■日程

9/17 (土) 14:00 - 16:00 JST
■場所
HALEO代官山スタジオ
渋谷区猿楽町24-1 ルーブ2
■参加費用
5500円(定員10名)
※セミナー参加予約はコチラから!

江良拓(えら・たく)プロフィール
千葉県出身
2015年頃にヘンリーエイキンスと出会った事により今までなメンデス兄弟のAOJでやってきたモダンスタイルから切り替え、新たにヘンリーから柔術を学び始める。
■江良拓の過去の記事はコチラから!







00
【Today'sPickup】
ブルテリア「ロングスパッツ Standard3.0」

ロングスパッツは汎用性が高く、ギあり&ノーギの両方に使えます。ギありの場合はギ・パンツのアンダーとして、ノーギの場合はファイトショーツのアンダーとして使うのがいいでしょう。



01
フロントにブルテリアのロゴ、サイドにも横ロゴがプリントされてます。



03
フロント



04
バック



02
■詳細&購入はコチラから!




btt
©Bull Terrier Fight Gear








@kinyabjj

絞技で失神、気がついたとき絞め落とされたことに気づかず、試合が続いてると思ってレフリーにタックル!#ブ#ラジリアン柔術 ##術 ##節技 ##闘技 ##技#失#神

♬ オリジナル楽曲 - 柔術野郎




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



柔術プリースト_OP
日本初のブラジリアン柔術専門番組
「柔術プリースト」はコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組
「BJJ-WAVE」はコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



KINYABOYZTOKYO_newx
試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!
ぜひチャンネル登録お願いします!




patch7
KinyaBJJ.com

2020年06月17日

【Review Wednesday】ヴィーガンバーガー食レポ by 石井拓

00
こんばんは、ビーガンの伝道師・石井拓です。

今回はなんとかの有名なバーガーチェーンのモスバーガーで全国発売された「グリーンバーガー」についてレビューさせて頂きます。

なぜ今回このグリーンバーガーの食レポに至ったかというと、今年開催予定だったオリンピックに合わせて日本のバーガーチェーン店としては初の商品開発となったバター・卵などの乳製品を使用せず植物性のみの「プラントベースバーガー(ビーガンバーガー)」だからなのです。


01
モスバーガーで発売中の「グリーンバーガー」



続きを読む

2020年06月03日

【Review Wednesday】ヘンリー・エイキンス「The Scarf Hold-The Soul Stealer」

2219
こんばんは、石井拓です。

今回はヘンリー・エイキンスのBJJファナティックスから発売されている教則DVDをレビューをしてみたいと思います。

タイトルは「The Scarf Hold-The Soul Stealer」になります。

改めて紹介しますが、ヘンリー・エイキンスはヒクソン・グレイシー先生のアメリカ人として初めて黒帯を取得し、最もヒクソン先生と時間を共にし技術についても最も理解している弟子の一人とされています。


続きを読む

2020年04月28日

【レポ】ヘンリー・エイキンス・トレーニングキャンプinタイby石井拓・その2

04
こんにちは、石井です。

今回は前回に引き続き、タイのプーケットで行われたヘンリーエイキンス「Hidden Jiu Jitsu」のキャンプの後半部分をレポートしたいと思います。

2020年の元旦は少し観光しようと思いましたがさすがに元旦ということもあり街に出てもお店もほとんど閉まっていました。

実はプーケット在住の柔術紫帯のケン君という友達がいて、残念ながらキャンプには参加はしていませんでしたがヘンリーのオンランインには参加していたり、ヘンリーのことを知っている数少ない友人です。

このキャンプの間に観光に連れて行ってもらった際に立ち寄ったビーチがとてもきれいでそこの近くにある観光スポットで有名なプロムテッム岬からのサンセットはとても感動的でした。

続きを読む

2020年04月27日

【レポ】ヘンリー・エイキンス・トレーニングキャンプinタイby石井拓・その1

00
こんにちは、石井拓です。

今回は前回レビューさていただいた書籍に関連のあるヘンリー・エイキンスの2019年の年末から2020年の年始の1週間、タイのプーケットにて行われた「Hidden Jiu Jitsu 」のキャンプのレポートを前半と後半の2回に分けてレポートしたいと思います。

ここでヘンリー・エイキンスの記事を何回か取り上げているので知っている方もいるかもしれませんが、ヘンリー・エイキンスはかのヒクソン・グレイシーの黒帯で、最もヒクソン先生と時間を共にした黒帯といわれています。

続きを読む

2020年04月08日

【Review Wednesday】石井拓「なぜ世界はVEGANを選ぶのか」

34
皆さんご無沙汰してます、石井拓です。

今回「Review Wednesday」で自分の本のレビューを書く機会をいただき、セルフレビューを書くのはお恥ずかしいのですが、紹介させて頂きたいと思います。

本のタイトルは「なぜ世界はVEGANを選ぶのか」になります。

内容としては僕が普段ビーガンとして意識していることや20歳のころにアメリカで留学した際に柔術を始めたことをきっかけにどうしてビーガンを始めたのか、そしてビーガンをアメリカで継続していった事によって得られた意外な柔術への影響、そして現在追及しているヘンリー・エイキンスの柔術について書かせていただきました。

続きを読む

2018年05月10日

【レポ】マルコス・ソウザ・セミナーin KASHIMA DOJO

01
こんにちは、石井拓です。

4月28日(土)に茨城県神栖市にある三崎和雄さんの主宰し、自分がメインインストラクターをやらせて頂いてるKASHIMA DOJOにてマルコス・ソウザ選手の特別セミナーが開催されたのでレポートします。

続きを読む

2018年04月09日

【セルフレポ】石井拓・スペシャルクラス

taku1
こんにちは、石井です。

今回AOJからチームメイトであるニールさんが日本に旅行するのに合わせて欽也さんケニーさんご協力のもと、3/27と4/2の2週に渡り特別クラスをやらせて頂きました。

先日アメリカに行った際にニールさんとスパーする機会があり、そこで僕が普段練習してるサイドをニールさんに試したところニールさんが今度日本行くから教えてよ!

という流れもありクラスではサイドコントロールをやることにしました。

続きを読む

2018年03月26日

【告知】3/27代々木・石井拓スペシャルクラス開催

taku1
3/27(火)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて石井拓のスペシャルクラス開催が緊急決定しました。

石井拓はいま千葉県の香取道場で指導中で、そこでは自らが傾倒するヘンリー・エイキンス直伝のテクニックを教えてるとのこと。

ヘンリー・エイキンスはかのヒクソン・グレイシーの黒帯で、ヘンリーのスタイルはヒクソンの門下生をして「ヒクソンのコピーだ」と言わしめるほどヒクソンの柔術を忠実に再現していることで有名で、知る人ぞ知る達人です。

今回のスペシャルクラスでもそのヘンリーならではの技術の数々の一端を石井拓が指導予定です。


00
石井拓とヘンリー・エイキンス。
今年3月、ロサンゼルス・サンタモニカにあるダイナミクスMMAにて。




中でも一番のキモともいえる「デッドホエールサイドコントロール」は死んだクジラのように自らの体重を相手に預けることで通常のサイドポジションでは考えられないような高負荷のサイドポジションが可能になるというヘンリー・エイキンスの奥義。

先日自分もヘンリーのクラスを受けた際にスパーリングをしてヘンリーのデッドホエールサイドコントロールを受けてきましたが、これがかつてないほどの苦しさで息をするのもシンドいほどでした。

ヘンリーの体重は85kgほどで自分と変わらないぐらいなのに、あの重さは一体なんなんだ?!と不思議に思いますが、その秘密の一端が今回の石井拓スペシャルクラスで披露されます。


07
デッドホエールサイドコントロールを受けて苦悶の表情の石井拓。



体重の掛け方に秘密があるんですが、いま世間はモダン柔術全盛で相手を抑え込んで動けなくするよりも、相手と密着せずに適度なスペースを作って自分も相手も動けるようにするスタイルが主流になりつつあります。

そんな中で相手を抑え込んで動けなくするヘンリーの柔術は独自の技術体系を持っており、異質なものとも思えます。

またヘンリーは自らの柔術を「ヒドゥン柔術」と呼び、その名の通りに「隠されたもの」となっているので、いままでなかなか世に出てこなかったということもあります。

ですが昨年からヘンリーのオンラインプログラムが開始され、徐々にそのヒドゥン柔術の技術体系が明かされてきていますが、体重の掛け方やバランスの取り方などは映像では伝わり辛く、実際に受けてみないとわからないでしょう。

しかしライトフェザー級の石井拓がヘンリーのプレッシャーをどこまで再現できるかも謎ですが、このスペシャルクラスは興味深いものになるのは間違いないでしょう。


taku1
【当日参加OK】
『石井拓スペシャルクラス』
日時:3/27(火) 19:30-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
参加費:一般 2000円 / ミューズ会員 1000円
■ミューズ柔術アカデミーへのアクセスはコチラから!

■「ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓」はコチラから!

■「BJJ-WAVE特別編 ゲスト: 石井拓」はコチラから!






patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年03月25日

ヘンリー・エイキンス・クラス体験記 by 石井拓

00
今回カリフォルニアのロサンゼルスに行く機会があり、到着が火曜日で欽也さんにヘンリーの事をお伝えしたら、正午からヘンリークラスがある事がわかり、空港から直行する事になりました。

元々ヘンリーはビーガンと言うことで名前は知っていたのですが特に知り合いでは無かったです。

今から約三年前にロサンゼルスにいた現カルペディエムの岡崎孝哉くんからヘンリーの噂を聞いて興味を持ちました。

続きを読む

2018年02月19日

【レポ】ヒクソン・グレイシー・セミナーby石井拓

ta
ブラジルブログをご覧の皆さん、こんにちは。

石井拓です。

今回、ヒクソン・グレイシーのセミナーに参加してきたので、どんなセミナーだったのかレポートしたいと思います。

自分の備忘録的なメモを元にしてるので通常のレポートとは違う点をご了承ください。


4



【セミナーテーマ】

テクニックを紹介するのでなく自分のフィーリングを高めるためのコンセプトを理解し、相手ではなく、稽古の中で自分のフィーリングをどの様にして高めるかという事について。


【立ちでのベースについて】

どんな状況でも相手が襲ってきたら対応出来る立ち方を確認し、相手が触れない距離を保つこと。

足のポジションをよく確認し1インチでの違いが大事なので動きながら確認する事。

二人組になって端から端まで移動し一人が迫っていき、一人がうまく距離とベースをたもつドリル。

横に動くときは足を交差しないことを注意する。交差するとその際にクリンチなどのディフェンスが出来ないため。

ヒクソン先生は右利きだが右足と手を前に出す、だぜなら柔術ベースなので機器脚で前蹴りなどを使って間を制して出来だけ早くクリンチを持っていく事を考えなければならないため。


【相手をテイクダウンする時のベースについて】

肩を相手のサイドに付け、相手が押すまたは引くときのベースを確認する。

大切なのは腕を相手の胴体に回す時に腕に意識が行ってベースを無くさないように肩に意識をして感覚を大事にする事。

相手が引いてくる際に膝を内側に向け座るようにしてベースを保つこと。この時、後ろ足が浮かない様に注意し、必ず後ろ足に重心が来るようにする。

相手が引く際は足を掛け後ろ側にテイクダウンすること。

最も大事なのは高さではなく相手とのコネクションをつくりそこから力が伝わる様にフィーリングを大切にすること。

相手が自分から見て45度に来るように意識する。


【相手がパンチをしてくる時に対して】

二人組になり、一人が両拳を使って、ゆっくり相手に対して片方ずつ縦に回すようにしてパンチをだす様にする。(戦車のキャタピラが回転するように)

テイクダウンする側は相手の拳に体重が掛かるように距離を詰めながらクリンチまで持っていく。ここで大事なのは自分の頭をつかったり相手の拳だけでなく肘を抑えたりして”コネクション”を作ることを意識する。


【羽交い締めに対して】

ゼロからではなく、必ずどちらかのサイドの相手の腕にウェイトを掛けコネクションを作ること。

後ろを引っ張られても最初の形を崩すことなくベースをキープする事。


セミナー開始後、約2時間あたりのところでヒクソン先生が次はグランドをやろうということになりました。


【クローズドガード】

僕がヒクソン先生に指名されクローズドをする様指示。

ヒクソン先生が準備は良いかと尋ね、はい!と答えるとヒクソン先生がパンチを出す。

そこで先生は彼は準備が出来ていない。今日の柔術ではパンチに対しても警戒しなければいけない。稽古で常をそれを想定する事とおっしゃいました。

そこで今度はヒクソン先生がクローズドに。

僕がパンチをやると頭をサイドに振ってパンチ避ける。

その際大事なのは避けた瞬間に足を使って相手を寄せること。


【クローズドガードから相手がクローズドガード割に来た際の攻め方について】

引き続き受けは僕がやりました。

この時のヒクソン先生のクローズドガードのプレッシャーが物凄かったです。

一つは相手が膝を入れきたときはやや相手の後方に腰をきってスイープする。

この時、相手を起き上がらせないために上の膝を締めてコネクションをつくりプレッシャーをかける。

僕が起き上がろうとしてもプレッシャーが凄すぎて全く返せる気がしなかったです。

手をついた際に袖を持って起き上がる事が大切。

クローズドガードの際に既に両袖をコントロールし相手の手がついた瞬間にグリップをスイッチする事。

続いて相手が足を着いて立ち上がるのを防ぐ

ヒクソン先生にスタンドアップ!と言われ立とうとするが全く立てない…

空かさず立とうとするが全く膝が上がらない…

相手が立ち上がろうする際にリラックスして腰を床に付けることが大切。


1



【オープンガードについて】

今日のコンペティション柔術のオープンガードはいろんな形があるが、とのガードも相手を居心地良くしたままで本質を捉えていない事を指摘するヒクソン先生。

クローズドガードだろうかオープンガードだろうか、本質は一緒で通にコネクションをつくりプレッシャーを掛け続けることが大事と言う。

例えば両袖を掴んで相手の腕に膝を使ってプレッシャーを掛け相手を居心地悪くし、サブミッションを仕掛ける。

僕がまた受けをし、ヒクソン先生かオープンガードから僕の腕をキャッチし、先生がプールアウトと指示。

しかし締めがキツくて全く抜けない…

それと同時に抱えている腕のプレッシャーが凄すぎて動けない…

その瞬間に先生がふとレートアームロックを掛け、あまりのプレッシャーにすかさずタップをしてしまいました。

僕のパートナーの杉本さんもヒクソン先生のアームロックをくらい、プレッシャーが凄すぎて本気でやってたら折られてたと驚いていました…

ちなみに一瞬掛けられたアームロックが翌日まで痛みと違和感を感じるほど他のあるとは異次元のものと感じました。


【相手がタートルポジションでのプレッシャーの掛け方】

ヒクソン先生曰く、ライオンがシマウマを捉える先の事をイメージし獲物を必ず仕留める事を大切にすることだそうです。

相手が対上がる際には必ず片足から立ち上がり。肘を使って相手の腰をコントロールすること。相手が回転するときは肘でプレッシャーを掛け動きを感じサイドにつく。

相手が大きくて体格差がある時に立ってしまった場合は、シートベルトグリップを使って、外側から足を掛け、引いたり押したりするのではなく腰を使って足を高くフックしテイクダウンもしくは寝そべらせること。

テイクダウンする際に力を使うのではなく、常にリラックスしないと変な癖が付くので気をつけること。


【打撃について】

今のMMAに行く柔術家は特に基本となる柔術を忘れて、キックボクシングやボクシングをやろうとしているのは良くないと指摘してました。

相手がもし打撃の専門ならその得意分野で勝負してはならないと。

それは愨咾凌佑クロンと勝負するのと同じ事だと。

なので先生は柔術家なのて以下にクリンチをして柔術で勝負をするかを考えているそうです。


2



ここで午後3時間が経過しヒクソン先生への質問へ。


【呼吸法ついての質問に対して】

まず95%の人が正しい呼吸法を理解ておらず特に呼吸は良くないと指摘。

先生は状況に応じて、自分が寝る前、海に入る前、ストレスを感じてる時、などの様々な呼吸を使い分けているんだそうです。

いくつかの呼吸法を披露し、それぞれ全く違った方法で横隔膜を意識するブリージングエクササイズを実践しているそうです。

最後に先生は、”インビジブルパワー”を信じるなら、それは相手の体格や筋肉の量など目に見えるものとの対立では無いと。

If you believe invisible power …..から始まり、“インビジブルパワー”を理解し、そしてそれを柔術だけでなく日常生活の中で活かす事が大切なのだと指摘していました。

最後にヒクソン先生の受けをいくつかやらせて頂いて見た目だけでは決して理解出来ない技術があり、本当にINVISIBLE JIU-JITSUなのだと身体で感じ、とても感動しました。

またヒクソン先生のセミナーがあれば必ず参加したいと思います。


3



【今日が誕生日の柔術家】ブルーノ・ヤマモト(37)、デヴィッド・ガルモ(28)、メストレ・ピニャ(52)、エルベシオ・ペナ(57)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月17日

【レポ】ヒクソン・グレイシー・ワークショップ

01
2/11(日)、東京・駒沢の駒沢オリンピック公園屋内競技場で開催された「RICKSON GRACIE CUP 2018」内でヒクソン・グレイシーのワークショップが行われた。

通常、ヒクソンはヒクソン杯で来日した際にセミナーを開催しているが、このようなオープンスペースでワークショップを行うのは初めてのこと。

さらにこのワークショップは大会参加者は無料で受講で、大会の参加者でなくても観客は2Fの観客席から観覧可能。

またワークショップ最中の撮影もOKというこれまでの常識を覆したものとなった。

ヒクソンがこれまで開催してきたセミナーの参加資格はヒクソン・グレイシーのオフィシャルアソシエーションであるAXISの会員のみに限定されていたり、またセミナーも撮影NGという完全クローズドで行われていた。

それがワークショップというセミナーとは違う形式ながら通常なら1〜2万円はする参加費が実質無料で、自由に撮影ができるのは今まででは考えられないことだった。

これはヒクソンが最近になって方向転換しオンライントレーニングの開設に着手したこと、現在の競技柔術偏重の流れに警鐘を鳴らしていることなどが関係していると考えられる。

とはいえ、このような方向転換は歓迎すべきことで、いままで分厚い秘密のベールに隠されていたヒクソン・グレイシーの柔術がどんなものかという一端が垣間見れたのは貴重なこと。

そして実際にワークショップで披露されたのは通常のセミナーのようにテクニックのやり方や手順を教えるのではなく、体重の掛け方や崩し方、そしてセルフディフェンスに特化した内容だった。

これこそブラジリアン柔術ではないグレイシー柔術ならではといえる技術・哲学が1時間弱に渡ってヒクソン直々に伝授され、その技術の説得力に圧倒され続けてしまった。

ヒクソンがいうように「競技柔術は柔術の一部分でしかない」という言葉には100%同意で競技柔術以外の技術や柔術の本質を語った哲学も非常に興味深い。

今回のワークショップの動画は全編ノーカットでYouTubeにアップしてあるので、ぜひ見てみて欲しい。

ブラジリアン柔術=グレイシー柔術は競技柔術だけでないということに気づくことができれば、より広い視点で柔術を探求できることは間違いないはずだ。


■ヒクソンのワークショップ動画はコチラから!



02
ヒクソン杯の開会式の後にドーギに着替えてワークショップに臨んだヒクソン・グレイシー。
ワークショップは英語で行われ、通訳はJJFJ代表の渡辺孝正氏が務めた。



03
柔術=寝技のイメージがあるが、このワークショップでは主にスタンドでの攻防に多くの時間が費やされた。
キーワードはコネクション。



04
体重の掛け方・崩し方の説明では実際にヒクソンが相手に組み付いて実演。
ヒクソンの言葉通りに動くと相手を倒せたり、踏ん張れたりと、ほんのちょっとの違いが結果的に大きな差になることが教えられた。



05
ガードポジションではいきなりパンチを振るう場面も。
「ストリートではどんなシチュエーションになるか、すべてを想定しなければならない」とヒクソン。



06
参加費無料ということもあり、このワークショップの参加者はゆうに100人を超える人数が受講。
6面あった試合場も混み合うほどの盛況ぶりだった。




このワークショップ翌日には通常のセミナーも行ったヒクソン。

そのセミナーのレポートはセミナーに実際に参加した石井拓がレポート予定となっている。

いまモダン柔術からグレイシー柔術に180度方向転換し、オールドスクール系のテクニックに傾倒している石井のレポートは近日更新予定となっているので楽しみに待っていて欲しい。







【今日が誕生日の柔術家】カッシオ・ウェルネック(44)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年01月15日

【結果】COPA Las Conchas 2018:スーパーファイト

las01
1/14(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018」のスーパーファイトの結果です。


続きを読む

2017年12月22日

【レポ】and ROLL CAMP Chapter 3.“JAM VIBES”イベント編

000
12/26(土)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールにて開催された「and ROLL CAMP Chapter 3.“JAM VIBES”」。今回は交流戦以外のイベントの模様を紹介する。

続きを読む

2017年12月18日

【大会】COPA Las Conchas 2018:スーパーファイト決定

las01
2018年1/18(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018」のスーパーファイトが続々と決定してます。

今大会のスーパーファイトは主催のLas Conchasがスポンサードする選手を起用し、注目カードを多数実現しています。

今回は現在決定済みのスーパーファイトを見どころと共に紹介します。

現在決定しているスーパーファイトは以下の通りです。


■黒帯スーパーファイト
アダルト黒帯ミドル級・ASJJFルール
アンデルソン・タカハシ(ホシャ / TEAM Las Conchas)
vs
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)

今秋、満を持して黒帯昇格を果たしたフランス人柔術家のトーマス・ミツ。トーマスは11月に韓国で行われた大会での黒帯デビュー戦をWゴールドで飾ったのは記憶に新しいところ。そのトーマスの黒帯国内デビュー戦の相手は国内トップ黒帯のアンデルソン・タカハシとのスーパファイトに決まった。アンデルソンはいま選手としてより指導者としての道を歩み始めており、アンデルソンが指導するARESでは白・青帯が中心ながら大会では好成績を収めている。またアンデルソン自身は今夏のコパ・ブルテリア、そして先日はブルテルアオープンでそれぞれ優勝し、選手としても現役バリバリで相変わらずの強豪ぶりを見せつけていた。アンデルソンとトーマスの初対決はスーパファイトに相応しい好カードといえるだろう。


01
アンデルソン・タカハシ(ホシャ / TEAM Las Conchas)



02
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)



■ノーギ茶帯スーパーファイト
アダルト茶帯ライト級・IBJJFルール・外掛け&ヒールフックあり特別ルール
後藤拓磨(仙台草柔会 / TEAM Las Conchas)
vs
毛利部慎佑(REDIPS)

“がじゃいも”こと後藤の熱烈リクエストにより決定したこの試合は実現するまでに紆余曲折あった。当初は今夏に開催された柔術プリースト300回記念大会「RAM IT DOWN」でオファーされたが毛利部がJBJJF全日本直後とのことで成立ならずだった。それでも諦めきれなかった後藤が今大会のスーパーファイトで戦いたい相手は?との問いに真っ先に毛利部の名を挙げ再度のオファーとなった。当初毛利部側が難色を示すも後藤が試合をやれるなら相手側の提示するルールを丸呑みする、とのことでノーギ・IBJJFルール・外掛け&ヒールフックありという試合形式で対戦を受諾し試合実現となった。なぜノーギなのかというとIBJJFアジアで優勝している毛利部と同大会で2回戦負けの後藤が試合する意味あるのか?!とのことから今回はノーギマッチになった経緯がある。ここまでナメられまくっている後藤だが、前回のコパラスコンのトリプルゴールドで、先日のエストレージャス、ブルテリアオープンと2週連続の大会参戦できっちりと2大会連続優勝し、着実に実績を残している。そんな2人のノーギスーパーファイトは毛利部有利の予測は揺るがないが、ここは後藤の踏ん張りに期待したいところだ。



03
後藤拓磨(仙台草柔会 / TEAM Las Conchas)



04
毛利部慎佑(REDIPS)



■紫帯スーパーファイト
アダルト紫帯オープンクラス・ASJJFルール
イゴール・タナベ(RUL BJJ / TEAM Las Conchas)
vs
アンディーコング(パラエストラ小岩)

いま国内トップ紫帯の地位を確固たるものにしているイゴール・タナベがヨーロピアン参戦のためポルトガル遠征の出発前日にスーパーファイトに参戦。いまさらイゴールの経歴をここで紹介する必要はないとは思われるが2017年は飛躍の年で悲願だったムンジアルを制して、その勢いでJBJJF全日本、賞金トーナメント・RAM IT DOWN、コパ・ブルテリアと連続制覇し、その名を轟かせた。そんなイゴールの対戦相手は体重100kg超えの巨漢のお笑い芸人、アンディーコング。アンディーコングはお笑い芸人の傍らに柔術にも励んでおりIBJJFアジアでは青帯で優勝し紫帯昇格を果たした。柔術の他にも柔道にも精通しており、先日は柔道の団体戦に出場し、見事にチームを優勝に導いた。柔術&柔道の生粋の組業師にしてお笑い芸人という変わり種だが決してイロモノで片付けられない実力を秘めている。イゴールvsアンディーコングのスーパーファイトは重量級同士の激しいぶつかり合いが見られることだろう。



05
イゴール・タナベ(RUL BJJ / TEAM Las Conchas)



06
アンディーコング(パラエストラ小岩)



■ノーギ紫帯スーパーファイト
アダルト紫帯85kg契約・足関オールフリー特別ルール
飯嶋貴幸(Natural9 / TEAM Las Conchas)
vs
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)

今大会のためにアメリカ・サンディエゴから一時帰国してスーパーファイトに挑む飯嶋は生粋のMMAファイター。現在はサンディエゴにあるビクトリーMMAでジェフ・グローバー&ディーン・リスターと日々練習中でMMAではブラジル・クリチーバで行われたアルゼルトでキムラで一本勝ちといま上り調子の様子。その飯嶋は日本在住時に試合で負けているケビン・キムラとのリベンジマッチを希望しケビンが快諾。またルールも飯嶋が希望するオール足関フリーの特別ルールで行われることとなった。ケビンは体重が激増し90kgにもなってるようだが動きのよさは相変わらずで極めも強く名勝負を多数残している。このスーパーファイトはMMAvs柔術的な見方もでき、どちらが勝つにしても一本決着必至だろう。



07
飯嶋貴幸(Natural9 / TEAM Las Conchas)



08
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)



■特別試合・石井拓選手引退記念試合
試合時間15分・オンリーサブミッションマッチ(ヒザ十字&トーホールドなし)
石井拓(香取道場 / TEAM Las Conchas)
vs
佐野貴文(AXIS横浜)

今回、タクの希望により組まれた自身の選手引退試合、その相手はタク自らが指名した佐野に決まった。タクと佐野はともにアメリカ・コスタメサのAOJにて練習をしていた時期があり、公私ともに長く時間を過ごした仲だという。そんな2人だがタクが茶帯で佐野が紫帯だが、その帯色を超えての対戦が実現した。タクの自分の最後は佐野に看取って欲しいというを佐野が受け止めた一戦は涙なくしては見られない試合となるはずだ。
※記者会見の動画はコチラから!



09
石井拓(香取道場 / TEAM Las Conchas)



sa
佐野貴文(AXIS横浜)




今大会はまだ出場選手を募集中。

第3次締め切りは12/22(金)で、最終締め切りは来年の1/4(木)となっているので多数のご参加をお待ちしています!


las01
『COPA Las Conchas 2018 TOKYO』
■日時:1/14(日)
■会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



las02
『COPA Las Conchas 2018 OKINAWA』
■日時:2/25(日)
■会場:奥武山武道館(沖縄・那覇)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



me




【今日が誕生日の柔術家】エーサ・フラー、マルコス・ティノコ



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月16日

【告知】12/16代々木「and ROLL CAMP Chapter 3. "JAM VIBES"」

00
柔術&グラップリングとDJやサーフなどをコラボレーションしたイベントの「and ROLL CAMP」の3回目となるイベントの開催が決定しました。

続きを読む

2017年08月29日

【レポ】石井拓セミナーinパラエストラ柏

01
こんにちは、石井拓です。

前にこのブログで告知させて頂いた通り、8月20日の日曜日に千葉県柏市のパラエストラ柏さんにてセミナーをさせて頂きました。

続きを読む

2017年08月13日

【告知】8/20千葉「石井拓テクニックセミナー」

taku1
ブラジルブログをご覧の皆さま、こんにちわ。

今回はこの場をお借りして私、石井拓のセミナー告知をさせて頂きます。

私事ですが8月下旬に約2週間の予定でLAに渡航しますが、その前に急遽セミナーの開催が決定しました。

自分は2012年から2015年まで約3年間に渡り、ハファ&ギィのメンデス兄弟のアカデミーであるArt of Jiu Jitsu=AOJに在籍していました。

AOJ在籍時に紫帯でパン優勝&ムンジアル準優勝し茶帯を授与され、その後は茶帯でアメリカンナショナルズ優勝などの戦績を残しております。


taku3


その後は日本に完全帰国し現在は三崎和雄さんのご厚意により千葉県の香取道場と鹿島道場にて指導させて頂いております。

私自身、久しぶりのセミナー開催でやや緊張気味ですが、今回のセミナーではAOJで学んだ技術の中でも特に自信がある“ブラボーチョーク”に特化して指導したいと考えています。

これはギィ・メンデスが得意とする極め技の1つでギィさん直々に学んだ技術はシンプルながら重要なポイントがいくつもあります。

その他、セミナーでは以下の内容を考えております。

セミナー内容: ニースライドパス、ニースライドポジションからのラペラコントール、ブラボーチョーク、ダブルアンダーパス

自身の持てるテクニックを惜しみなく披露予定ですので、お時間のある方はぜひご参加ください。

セミナー中の動画撮影もOKですがSNSなどへのアップロードはご遠慮ください。

それでは多数のご参加をお待ちしています。

石井拓


05
「石井拓・テクニックセミナー」
日時:8/20(日)13:00〜90分ほどの予定
主催:パラエストラ柏
場所:パラエストラ柏
住所:千葉県柏市泉町 大新第2ビル2階 TEL 047-162-3778)
参加費:3000円


セミナー参加の申し込みはFacebookメッセンジャーでパラエストラ千葉・川嶋選手か石井拓本人までよろしくお願いします。

川嶋和哉 石井拓


taku2



■石井拓によるラッソーガードに対するパスガードのインストラクション動画はコチラから!






08




【今日が誕生日の柔術家】関根秀樹(44)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2014年03月15日

【パン2014】アダルト紫帯ガロで石井拓が優勝!

01
パン2014、大会初日と2日目と多くの日本人選手が出場しましたが、その多くが1、2回戦での敗退でベスト8まで勝ち残るのが精一杯という苦戦ぶりでした。

そんな中、遂に日本人メダリストが誕生!

アダルト紫帯ガロ級で4試合を勝ち抜いて優勝した石井拓選手。

石井選手は単身LAに渡ってメンデス兄弟の主宰するアカデミー、Art of Jiu Jitsu(AOJ)で柔術修行中の23歳。

今回はいつも以上に減量に苦戦し、そのあまりの辛さに「今回結果を残せなかったら引退しよう」という悲壮な決意をもっての試合出場でした。


続きを読む